総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「十部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 十部」 [部首索引


【十】十2+0=総画数2 U+5341 [シュウ、ジュウ/とお、と] [十]
◆数の名、十番目 {数字}
◆多い
◆全て、全て備わる、全て揃う、「【說文解字:十部:十】數之具也一爲東西丨爲南北則四方中央備矣…」
◆じゅう、部首名
漢字林(非部首部別)
【卂】十2+1=総画数3 U+5342 [シン/] [⺄乙ナ十卂]
◆羽の動きが素早くて見えないほど速く飛ぶ、同「迅」
漢字林(非部首部別)
【千】十2+1=総画数3 U+5343 [セン/ち] [ノ丿十千]
◆百の十倍 {数字}
◆数や回数が非常に(十・百よりも)多いさま
◆「秋千(シュウセン)」、ぶらんこ、同「鞦韆」
漢字林(非部首部別)
【卄】十2+1=総画数3 U+5344 [ジュウ、ニュウ/にじゅう] 【廿】[十2卄]
◆二十、「十」を二つ並べた形 {数字}
漢字林(非部首部別)
【廿】十3+1=総画数4 U+5EFF [ジュウ、ニュウ/にじゅう] 【卄】[十2廿]
◆二十、「十」を二つ並べた形 {数字}
漢字林(非部首部別)
【㔹】十2+2=総画数4 U+3539 [ロク/] 【忇】[十力㔹]
◆十人分に相当する功績、優れた働き
◆思う
【仐】人部
【卅】十2+2=総画数4 U+5345 [ソウ/さんじゅう] 【𠦃】[一ノ丿ナ十2廾3卅]
◆三十、「十」を三つ並べ「三十」を表す {数字}
漢字林(非部首部別)
【卆】十2+2=総画数4 U+5346 [ソツ、ソチ、シュツ/お・わる、お・える、つい・に、にわか・に] 【卒䘚𠥾】[ノ丿⺄九十卆]
◆下級の兵士、歩兵、上官に付き従い身の回りの世話をする兵
◆終わる、尽きる
◆大夫(タイフ、君主を補佐する重臣)の死、高位の人の死、同「𣨛」、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
◆終(つい)に、最後に
◆俄(にわか)に、急に、突然に
漢字林(非部首部別)
【升】十2+2=総画数4 U+5347 [ショウ/ます] 【𦫵】[ノチノ丿十千一ノ丿ナ十2廾升]
◆容量の単位、1升=10合 {各種単位}
◆容量を量る枡(ます)
◆布の経糸(たていと)の数の単位、【西京雜記】によれば1升=2䌰=10絲(10本)、【儀禮】によれば1升=80縷、いずれも布幅が示されていない、「【西京雜記:第五】五絲為䌰倍䌰為升倍升為𥿮倍𥿮為紀倍紀為緵倍緵為襚」「【儀禮注疏:喪服】…布八十縷為升…」「【禮記:雜記上】朝服十五升…(…正義曰朝服精細全用十五升布爲之…)」
◆昇(のぼ)る、上の方向に行く、同「昇」
◆登(のぼ)る、高い方(上の方)に進む、同「登」「陞」
◆穀物が実る、また熟す、同「登」
漢字林(非部首部別)
【午】十2+2=総画数4 U+5348 [ゴ/うま] [ノ丿一𠂉十午]
◆十二支の七番目 {十二支}、時刻では午前十二時を中心とした二時間、動物では馬、方角では南
◆農歴(中国の暦法)の五月
◆縦横に交差するさま
◆背く
漢字林(非部首部別)
【𠓝】入部
【𠤏】匕部
【𠥻】十2+2=総画数4 U+2097B [シツ、ジチ/と・く、と・し、はや・い、はや・し] 【疾𤶅𤶥𥎦𤕼𤕺𥏂𤕬𤖏𥏴𥏦𥐃】[レ𠄌I|丨丩十2𠥻]
◆病気、急に罹(かか)る病気、症状が急速に悪化する病気
◆病む、患(わずら)う、痛む
◆辛い、苦しい
◆怨(うら)む、憎む
◆嫉(そね)む、嫉妬(シット)する、同「嫉」
◆急に、速い、あっという間に、一瞬のうちに
【𠥼】十2+2=総画数4 U+2097C [/とと] [十2𠥼]
◆[日]姓用字
【𣂑】斤部
【卉】十2+3=総画数5 U+5349 [キ、ケ/] 【𠦄芔】[十一ノ丿ナ十2廾3卉]
◆草(くさ)、「芔」が本字
漢字林(非部首部別)
【半】十2+3=総画数5 U+534A [ハン/なか・ば] [ソハ二十2半]
◆凡そ二分の一、二分したものの片方
◆途中、距離や時間の中間付近
◆まだ完全でないさま
漢字林(非部首部別)
【卌】十2+3=総画数5 U+534C [シュウ/よんじゅう] 【𠦌】[十2卄4卌]
◆四十、「十が四つ」の意、同「𠦜」 {数字}
◆糞などの肥料を田畑に鋤(す)き込む何本かの刃が並んだ農具
漢字林(非部首部別)
【古】口部
【夲】大部
【𠥽】十2+3=総画数5 U+2097D [セイ/] [十ハ八一木本𠥽]
◆止める、「盛んに上に伸びようとする草木(木)」に「一」を加えて「伸びを止める」の意を表す、同「𠂔」
◆別「本」
【𠥾】十2+3=総画数5 U+2097E [ソツ、ソチ、シュツ/お・わる、お・える、つい・に、にわか・に] 【卒䘚卆】[ク𠂊人久十𠥾]
◆下級の兵士、歩兵、上官に付き従い身の回りの世話をする兵
◆終わる、尽きる
◆大夫(タイフ、君主を補佐する重臣)の死、高位の人の死、同「𣨛」、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
◆終(つい)に、最後に
◆俄(にわか)に、急に、突然に
【𠦀】十2+3=総画数5 U+20980 [ホウ/] 【𠤏】[上十𠦀]
◆保つ、そのままの状態を保ち続ける、同「保」
【𠦁】十2+3=総画数5 U+20981 [トウ、ツ、ト/ます] 【斗𣁬𣂑】[コ十𠦁]
◆液体や物を掬(すく)う柄杓(ひしゃく)、また柄杓状のもの
◆容量を量るための枡(ます) {新莽嘉量}
◆容量の単位、1斗=10升、約2リットル、但し時代により差がある {各種単位}
◆小さい
◆急に、突然に、同「陡」
◆闘(たたか)う、同「鬥」
◆「𠦁栱(トキョウ、トウキョウ)」、同「枓栱」、斗形(ますがた)、方形の木材(枓)と”U”字形の木材(栱)を組み合わせ建物の柱の上端に置き、それより上部の梁(はり)や桁(けた)を支える部材 {建物}
◆二十八宿北方玄武の一つ {二十八宿}
◆とます、部首名
【𨙩】邑部
【㔺】十2+4=総画数6 U+353A [セイ、セ/よ] 【世卋𠦔丗𠀍】[十2七せ㔺]
◆地位や家督を継(つ)いでから次の代(ダイ)に引き継ぐまでの期間、同「代」
◆家督(カトク)を継(つ)ぐ、「【前漢書(漢書):卷四十八:賈誼傳】…賈嘉最好學世其家(師古曰言繼其家業)」
◆同様の状態が続く期間、時代、特に三十年間を一区切りとした時代、「世代(セイダイ、セダイ)」
◆人などが存在・生活する空間や時間、「世界(セカイ)」「世間(セケン)」
【㔻】十2+4=総画数6 U+353B [ヒ/] 【丕𠦓】[不十㔻]
◆大きな、大いに
漢字林(非部首部別)
【卋】十2+4=総画数6 U+534B [セイ、セ/よ] 【世㔺𠦔丗𠀍】[十23十2廿卋]
◆地位や家督を継(つ)いでから次の代(ダイ)に引き継ぐまでの期間、同「代」
◆家督(カトク)を継(つ)ぐ、「【前漢書(漢書):卷四十八:賈誼傳】…賈嘉最好學世其家(師古曰言繼其家業)」
◆同様の状態が続く期間、時代、特に三十年間を一区切りとした時代、「世代(セイダイ、セダイ)」
◆人などが存在・生活する空間や時間、「世界(セカイ)」「世間(セケン)」
漢字林(非部首部別)
【卍】十2+4=総画数6 U+534D [マン、バン、モン/まんじ] 【卐】[十L𠃍𠃑卍]
◆仏教などで用いられる吉祥の印 {「卍」の筆順}
【华】十2+4=総画数6 U+534E [カ、ゲ、ケ/はな] 【華蕐𦰗𦾓𦻏䔢𠌶𣓚】[イ亻ヒ七𠤎匕化十华]
◆花(はな)、同「花」
◆花が咲き開くさま
◆花のように美しいさま、美しい光を放つさま、同「花」
◆栄えるさま、「栄華(エイガ)」
◆漢民族の国、中国、「華夏(カカ)」「中華(チュウカ)」
漢字林(非部首部別)
【协】十2+4=総画数6 U+534F [キョウ、ギョウ/] 【協】[十カ力、丶ハ办协]
◆多くの人が力を合わせる、また合わせてあることを為す、また成す
◆多くのものが程良く調和する、また調和することで大きな力を生む
【卐】十2+4=総画数6 U+5350 [マン、バン、モン/まんじ] 【卍】[十L𠃍𠃑卐]
◆仏教などで用いられる吉祥の印 {「卍」の筆順}
【早】日部
【旪】日部
【𠦂】十2+4=総画数6 U+20982 [トウ/] 【𠦍】[ンく水氺十𠦂]
◆力強く進む、勢いよく進む、同「夲」
【𠦃】十2+4=総画数6 U+20983 [ソウ/さんじゅう] 【卅】[十3𠦃]
◆三十、「十」を三つ並べ「三十」を表す {数字}
【𠦄】十2+4=総画数6 U+20984 [キ、ケ/] 【卉芔】[十3𠦄]
◆草(くさ)、「芔」が本字
【𠦅】十2+4=総画数6 U+20985 [未詳/] [ノ丿ナチノ丿十千2𠦅]
◆未詳、「【集韻:卷三:平聲三:蕭第三:𠦅夘戼】事之制也或作夘戼」「【字彙補:子集:十部:𠦅】與年同見韻會註」
【𠦆】十2+4=総画数6 U+20986 [ヒツ/] 【𠦒】[十日曰田申𠦆]
◆糞(ふん)を棄てるための箕(み)に似た形の器
【𠦇】十2+4=総画数6 U+20987 [未詳/] [一ノ2十𠦇]
◆未詳、「【集韻:卷五:上聲上:海第十五:亥𧰧𠦇】下改切說文荄也十月微陽起接盛隂…春秋傳亥有二首六身古作𧰧𠦇」
【𠦌】十2+4=総画数6 U+2098C [シュウ/よんじゅう] 【卌】[十2卄4𠦌]
◆四十、「十が四つ」の意、同「𠦜」 {数字}
◆糞などの肥料を田畑に鋤(す)き込む何本かの刃が並んだ農具
【𠦍】十2+4=総画数6 U+2098D [トウ/] 【𠦂】[人2仌十𠦍]
◆力強く進む、勢いよく進む、同「夲」
【𠦎】十2+4=総画数6 U+2098E [未詳/] [ハ八2十𠦎]
◆未詳
【皁】白部
【𠦑】十2+5=総画数7 U+20991 [シュク、スク/] 【叔𡬧𡬟𡭫𠁮𢆑】[一ノ丿ナ十2廾、丶4𠦑]
◆兄弟の上から三番目、兄弟は年長者から順に「伯・仲・叔・季」といい、「叔」は上から三番目に当たる
◆(妻の立場から)夫の弟
◆父親の弟、兄は「伯」
◆「𠦑父(シュクフ、おじ)」◇父親の弟◇[日]父母の弟、父母の妹の夫
◆「𠦑母(シュクボ、おば)」◇父親の弟の妻◇[日]父母の妹、父母の弟の妻
◆若い、年少の
◆末(すえ)、「叔世(シュクセイ、末世、衰退して滅びる寸前の世)」
◆拾(ひろ)い上げる、同「掓」
漢字林(非部首部別)
【𠦒】十2+5=総画数7 U+20992 [ヒツ/] 【𠦆】[三十4567𠦒]
◆糞(ふん)を棄てるための箕(み)に似た形の器
漢字林(非部首部別)
【𠦓】十2+5=総画数7 U+20993 [ヒ/] 【丕㔻】[一火灭十𠦓]
◆大きな、大いに
【𠦔】十2+5=総画数7 U+20994 [セイ、セ/よ] 【世卋㔺丗𠀍】[十3𠦃一𠦔]
◆地位や家督を継(つ)いでから次の代(ダイ)に引き継ぐまでの期間、同「代」
◆家督(カトク)を継(つ)ぐ、「【前漢書(漢書):卷四十八:賈誼傳】…賈嘉最好學世其家(師古曰言繼其家業)」
◆同様の状態が続く期間、時代、特に三十年間を一区切りとした時代、「世代(セイダイ、セダイ)」
◆人などが存在・生活する空間や時間、「世界(セカイ)」「世間(セケン)」
【𠦕】十2+5=総画数7 U+20995 [キョウ、ク/] 【𢀜𠦘】[エ工几十𠦕]
◆両手(両腕)で抱(かか)え持つ、抱(いだ)く、同「㧬」
【𥃭】目部
【𦉴】网部
【䘚】衣部
【卒】十2+6=総画数8 U+5352 [ソツ、ソチ、シュツ/お・わる、お・える、つい・に、にわか・に] 【䘚卆𠥾】[亠人2从𠅃十卒]
◆下級の兵士、歩兵、上官に付き従い身の回りの世話をする兵
◆終わる、尽きる
◆大夫(タイフ、君主を補佐する重臣)の死、高位の人の死、同「𣨛」、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
◆終(つい)に、最後に
◆俄(にわか)に、急に、突然に
漢字林(非部首部別)
【卓】十2+6=総画数8 U+5353 [タク/] 【㔬𠤚𢂦𠤟𠤞𢂚】[ト卜⺊日十早卓]
◆ひときわ大きいさま、ひときわ高いさま、抜きん出ているさま
◆[日]机、テーブルtable、中国では「桌」
漢字林(非部首部別)
【協】十2+6=総画数8 U+5354 [キョウ、ギョウ/] 【协】[十カ力3劦協]
◆多くの人が力を合わせる、また合わせてあることを為す、また成す
◆多くのものが程良く調和する、また調和することで大きな力を生む
【单】十2+6=総画数8 U+5355 [タン、セン、ゼン/ひとえ] 【単單𠦤𠫹】[ソ日田甲十单]
◆一つ、ただ一つ、それだけ、ただそれだけ、異質のものや別物が混ざっていない状態を指す
◆ひとえ◇重ならない、繰り返さない◇裏地のない衣服
漢字林(非部首部別)
【卖】十2+6=総画数8 U+5356 [バイ、メ、マイ/う・る] 【賣𧷓𧷵𧷷𧷨売】[十土フ乛、丶2⺀ノ斗大头买卖]
◆相手が欲しいと思っているものを渡して金銭(対価)を得る、金銭(対価)を渡して欲しいものを得るのは「買」
漢字林(非部首部別)
【直】目部
【卑】十2+6=総画数8 U+FA35 [ヒ/いや・しい、いや・しめる] 【卑𤰞𡭼𡮁】[ノ田甶十2卑卑]
◆下にあるさま、低いさま、高いのは「尊」、「【周易正義(周易注疏):卷十一:繫辭上】天尊地卑乾坤定矣」
◆身分や地位などが低い
◆下等な、下品な、劣(おと)る、賤(いや)しい、貧(まず)しい
◆低くする、下げる
【𠦘】十2+6=総画数8 U+20998 [キョウ、ク/] 【𢀜𠦕】[エ工几、丶凡⺄乙ナ十卂ノ𠁽巩十𠦘]
◆両手(両腕)で抱(かか)え持つ、抱(いだ)く、同「㧬」
【𠦙】十2+6=総画数8 U+20999 [シ/] 【𢺶𣏃】[十ヨ小木𠦙]
◆枝(えだ)、幹(みき)となる部分から枝状に分かれ出たもの、同「支」
◆分かれる、分かれ出る、幹(みき)となる部分から分かれる、同「支」
◆支える、落ちたり倒れたりしないように手や棒などを当てる、また当てて押さえる、同「支」
◆(資金・財源などを使途ごとに)割り当てる、また割り当てられた金を出す、支出する、支払う、同「支」
【𠦚】十2+6=総画数8 U+2099A [デン、ネン/] 【𠡦】[ノ丿十千カ力2十𠦚]
◆同「年」、唐の則天武后(ソクテンブコウ、武則天ブソクテン、624年~705年)が定めた則天文字の一つ、「千千力力(実際には「力」ではなく「万」)」の意、「偉業が千年万年と語り継がれる」の意
【𠦜】十2+6=総画数8 U+2099C [シュウ、ショ/] [十2廿4𠦜]
◆四十、「廿(二十)が二つ」の意、同「卌」 {数字}
◆古「庶」
漢字林(非部首部別)
【𠦝】十2+6=総画数8 U+2099D [/] [十日早2𠦝]
◆漢字の構成部分、「乾」「幹」「朝」「韓」などを構成する
漢字林(非部首部別)
【乹】乙部
【卑】十2+7=総画数9 U+5351 [ヒ/いや・しい、いや・しめる] 【卑𤰞𡭼𡮁】[ノ田甶十2卑卑]
◆下にあるさま、低いさま、高いのは「尊」、「【周易正義(周易注疏):卷十一:繫辭上】天尊地卑乾坤定矣」
◆身分や地位などが低い
◆下等な、下品な、劣(おと)る、賤(いや)しい、貧(まず)しい
◆低くする、下げる
漢字林(非部首部別)
【南】十2+7=総画数9 U+5357 [ナ、ナン/みなみ] 【𡴖𡴟】[十冂ソ丷一䒑二十干𢆉南]
◆みなみ、方位の一つ、背を北に向けた時に体の正面の方角
漢字林(非部首部別)
【倝】人部
【畞】田部
【皋】白部
【隼】隹部
【𠁱】丨部
【𠦤】十2+8=総画数10 U+209A4 [タン、セン、ゼン/ひとえ] 【単单單𠫹】[日田甲十𠦤]
◆一つ、ただ一つ、それだけ、ただそれだけ、異質のものや別物が混ざっていない状態を指す
◆ひとえ◇重ならない、繰り返さない◇裏地のない衣服
【𤱑】田部
【乾】乙部
【卙】十2+9=総画数11 U+5359 [シュウ/] [甘目匚一ノ丿L乚儿兀匹甚十卙]
◆「卙卙(シュウシュウ)」、多く集まり盛んなさま
【率】玄部
【皐】白部
【𠦪】十2+9=総画数11 U+209AA [コツ/] [十3𠦄大十本夲4𠦪]
◆速い
漢字林(非部首部別)
【𠦬】十2+9=総画数11 U+209AC [カイ、ケ/] [ノ丿イ人2从仌4𠈌𠂹十𠦬]
◆背骨(せぼね)、椎骨(ツイコツ)が連なり首から腰に至る骨、背の中央を小高く盛り上がりながら連なっている骨、同「𦟝(脊)」、「【說文解字注:𠦬部:𠦬】背呂也(呂下曰脊骨也脊兼骨肉言之呂則其骨…)」 {人体(胴部)}
【𠦮】十2+9=総画数11 U+209AE [未詳/] 【𡥳】[一Lヒフ、丶4灬大十本夲𠦮]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:乙部第五十三:𡥳𠦮】居語反二同」「【字彙補:寅集:子部:𡥳】居語切音舉義闕」
【𩖘】風部
【䭴】馬部
【凖】冫部
【博】十2+10=総画数12 U+535A [ハク、バク/] 【愽𩫯】[十十田由用、丶甫十、丶寸専尃博]
◆広い、多い、大きい、普(あまね)く
◆知識道理に広く通じている、「博識(ハクシキ)」
◆賭けごとをする、「六博(リクハク、盤ゲームboard gameの一種、六簙)」「博弈(バクエキ、碁や将棋などの盤ゲームboard game、ばくち、ギャンブルgamble)」
◆「博労(ハクロウ、バクロウ)」◇馬の善し悪しを見分ける人、伯楽(ハクラク)◇[日]馬の売買(の仲介)をする人
【戟】戈部
【朝】月(舟)部
【韩】韋部
【㔼】十2+11=総画数13 U+353C [シュン/] 【榫𢲜】[才扌ノ2隹推十㔼]
◆枘(ほぞ)、二本の木材を繋(つな)ぐ時に一本の端は凹状に作り(「枘穴(ほぞあな)」という)、もう一本の端は凸状に作って(「枘(ほぞ)」「筍(ジュン)」という)これを繋ぎ合わせる、その凸状の部分、同「枘」「筍」
【幹】干部
【𠦴】十2+11=総画数13 U+209B4 [シャ/くるま] 【車车𨏖𨎓】[二十十2廿L世𠦴]
◆二つの輪の中心に軸(車軸)を通しその上に人や物を運ぶための荷台を載せたもの {馬車}
◆軸を中心として回転するもの {車輪}、輪状のもの
【𠦵】十2+11=総画数13 U+209B5 [シ/] 【師师𠵀𢃋𢂖𩇱】[大口2人𠆢十仐𠦵]
◆兵士数を基にした軍隊の規模の単位、軍隊、周朝(前11世紀~前771年)では2,500人を単位とした、「【周禮:卷第三:地官司徒】乃會萬民之卒伍而用之五人爲伍五伍爲兩四兩爲卒五卒爲旅五旅爲師五師爲軍…(用謂使民事之伍兩卒旅師軍皆衆之名兩二十五人卒百人旅五百人師二千五百人軍萬二千五百人…)[†人数や呼称は時代や国によって異なる]」
◆多くの人々
◆人が多く集まり賑(にぎ)やかな所、「京師(ケイシ、人が多く賑やかな都みやこ)」
◆(多くの人を)教え導く、またそのような人、(多くの人を教導する)技芸に秀でている、またそのような人、(多くの人が)手本とすべきこと、またそのような人
【𠦶】十2+11=総画数13 U+209B6 [カク、キャク/かわ、あらた・める] 【革】[十2廿ノEヨ臼𦥑十𠦶]
◆かわ、動物の皮を剥いで毛を抜いたり乾かしたりしたもの、生皮は「皮」、鞣(なめ)したものは「韋」
◆あらた・める、改める
◆取り除く、取り消す
【𠦷】十2+11=総画数13 U+209B7 [ワツ、ワチ、アツ/めぐ・る] 【斡𨋼】[ト卜⺊日十早卓ム厶一ノ丿ナ十2廾弁𠦷]
◆めぐ・る、廻る、車輪や北斗七星のようにある点を中心として旋回する
【𠦸】十2+11=総画数13 U+209B8 [ラン/] 【𤔔𤔬𤔦𠧏𠧎𤕍𤔭𤔪𠮗𤔒𤔐𢮣𠭟】[言ンく十𠦸]
◆(乱れているものを)秩序ある状態にする、治(おさ)める、ごちゃごちゃしているものをすっきりさせる、同「亂(乱)」
【㲦】毛部
【斡】斗部
【榦】木部
【𢧢】戈部
【𣉙】日部
【𣎍】月(舟)部
【𣘒】木部
【𤌹】火部
【𨝌】邑部
【𠏉】人部
【𠧃】十2+13=総画数15 U+209C3 [ヒ、ビ/] 【脾腗𦜉𦜠】[十用、丶甫ノ田甶十2卑卑𠧃]
◆五臓(心・肝・脾・肺・腎)の一つ、「脾臓(ヒゾウ)」、胃の背側(体正面から見て胃の裏側)にある
◆腿(もも)、大腿(ダイタイ)部、脚の膝から上の部分、同「髀」「䏶」
【𠧄】十2+13=総画数15 U+209C4 [カン/みき] 【幹龫】[ト卜⺊日十早卓日二十干旱2𠧄]
◆植物の枝葉を支えている太い部分
◆物事の全体を支えている中心的な部分、物事の主要なまた重要な部分、同「干」
◆中心となって働く、主要なまた重要な仕事を担う
【翰】羽部
【螒】虫部
【𦩻】舟部
【𨿨】隹部
【韓】韋部
【𠧅】十2+15=総画数17 U+209C5 [ハイ、ヘ/] 【㗗】[冂2「冎口冋咼ノ田甶十2卑卑𠧅]
◆別(わ)ける、切って分(わ)ける、分けて離す、同「別」
【𠧈】十2+15=総画数17 U+209C8 [トン、タイ/] 【敦㪟𢼪𣀦𠧉】[十口古口2吅3品田甲十單𠧈]
◆手厚い、誠実で心がこもっている、丁寧な
◆強く促(うなが)す、急き立てる
◆食物を盛る蓋付き足付きの器、蓋と器を合わせるとほぼ球形になり、蓋には逆さまにして器として使えるように足が付く、主に祭礼の際に収穫した黍稷(ショショク、キビ、イネ科キビ属の植物)を盛る容器としも使われた {食器}
◆「𠧈煌(トンコウ)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近 {甘粛省}
【𦒋】羽部
【𧹳】赤部
【雗】隹部
【𠐱】人部
【𠧉】十2+16=総画数18 U+209C9 [トン、タイ/] 【敦㪟𢼪𣀦𠧈】[十口古口2吅3品田甲十單𠧉]
◆手厚い、誠実で心がこもっている、丁寧な
◆強く促(うなが)す、急き立てる
◆食物を盛る蓋付き足付きの器、蓋と器を合わせるとほぼ球形になり、蓋には逆さまにして器として使えるように足が付く、主に祭礼の際に収穫した黍稷(ショショク、キビ、イネ科キビ属の植物)を盛る容器としも使われた {食器}
◆「𠧉煌(トンコウ)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現在の甘粛省敦煌市付近 {甘粛省}
【𠧋】十2+16=総画数18 U+209CB [サイ、ザイ/] 【𡕀】[十几𠘨ノノ丿十千口ソ土、丶4灬黑熏𠧋]
◆同「載」、唐の則天武后(ソクテンブコウ、武則天ブソクテン、624年~705年)が定めた則天文字の一つ
【𠧎】十2+17=総画数19 U+209CE [ラン/] 【𤔔𤔬𤔦𠧏𤕍𤔭𤔪𠮗𤔒𤔐𢮣𠦸𠭟】[ノツ爪爫爫くム厶幺2口2ノ呂十𠧎]
◆(乱れているものを)秩序ある状態にする、治(おさ)める、ごちゃごちゃしているものをすっきりさせる、同「亂(乱)」
【𩏑】韋部
【𪂂】鳥部
【䮧】馬部
【𩙶】飛部
【卛】十2+19=総画数21 U+535B [ソツ、シュツ、スイ、リツ、リチ/ひき・いる] 【率】[糸2絲言䜌十卛]
◆鳥を捕らえるための網、一網打尽にする網
◆ひき・いる、全体(集団)が乱れないよう一つに纏(まと)める、「統率(トウソツ)」
◆従う、纏まり・基準などからはみ出ないようにする、道を誤らないように導(みちび)く、同「䢦」「𧗿」
◆規範、基準
◆全体として不釣り合い(不公平)にならないよう配分・配置する
◆幾つかのものを比べた時のそれぞれの量、割合、「比率(ヒリツ)」
◆あるがまま、まじけがない
漢字林(非部首部別)
【鶾】鳥部
【𠧏】十2+19=総画数21 U+209CF [ラン/] 【𤔔𤔬𤔦𠧎𤕍𤔭𤔪𠮗𤔒𤔐𢮣𠦸𠭟】[ノツ爪爫爫口2吕4くム厶幺十𠧏]
◆(乱れているものを)秩序ある状態にする、治(おさ)める、ごちゃごちゃしているものをすっきりさせる、同「亂(乱)」
【𪆘】鳥部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 十部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です