総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「田部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 田部」 [部首索引


田5+0=総画数5 U+7530 [テン、デン/た]
◆畦(あぜ)などで区画され平らに整地された耕作地、主に農作物を栽培する土地、同「佃」
◆狩(か)り、狩りをする、「田漁(デンギョ、漁猟)」「田犬(デンケン、狩猟犬)」、同「畋」「佃」
◆た、たへん、部首名
漢字林(非部首部別)
田5+0=総画数5 U+7531 [ユウ、ユ/よ・る、よし]
◆基(もと)づく、因(よ)る、「経由(ケイユ)」「由来(ユライ)」
◆~が元(もと)で、~によって、「原因(ゲンイン)」
◆(~という結果に至った)訳(わけ)、経緯(ケイイ、いきさつ)、「理由(リユウ)」
◆「由蘖(ユウゲツ)」、蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た新芽
漢字林(非部首部別)
田5+0=総画数5 U+7532 [コウ、キョウ、カン/きのえ、かぶと、よろい] 𠇚𡴌
◆きのえ、十干(ジッカン、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)の一番目、「甲乙(コウオツ、一番目と二番目、順位や等級・優劣)」 {十干}
◆序列・順序や等級の一番、一番目、「令甲(レイコウ、天子の命令、政令)」
◆身に着けて体を守るための防具、冑(かぶと、兜)や鎧(よろい)、「甲冑(カッチュウ)」
◆体やものを覆っている硬(かた)いもの、「龜甲(キッコウ、キコウ、亀甲、カメの甲羅)」「指甲(シコウ、手足の指の爪)」
◆[日]掌(てのひら)の反対側(裏側)、足裏(あしうら)の反対側(表側)
漢字林(非部首部別)
田5+0=総画数5 U+7533 [シン/さる、もう・す] 𦥔𤰶𦦀𤱓𢑚𠭙𣇗𠭜
◆さる、十二支の九番目、時刻では午後四時を中心とした二時間、方角では西南西、動物ではサル(猿)を当てる {十二支}
◆伸ばす、折れたり曲がっているものをまっすぐにする、同「伸」
◆引き締める、しっかりと縛(しば)る、固く結ぶ、「申命(シンメイ、しっかりと命ずる、堅く命ずる)」、「【說文解字注:申部:申】…韓子外儲說曰申之束之今本申譌紳申者引長束者約結…」「【釋名:釋天】身也物皆成其身體各申束之使備成也」
◆(特に上位者に対して、身なりを整えて)述べる、説明する
漢字林(非部首部別)
田5+0=総画数5 U+7534 [ソウ/]
◆未詳
◆[粤]「甴曱」、ゴキブリ(蜚蠊)
田5+0=総画数5 U+7535 [テン、デン/] 電𩃓𩂬𩂵𩃿𩅎𩅏
◆雷(かみなり)の光、稲妻(いなずま)
◆光や音のように一瞬で遠くまで届くもの、また伝わるもの
漢字林(非部首部別)
乙部
田5+1=総画数6 U+7536 [フツ、フチ/]
◆鬼(おに、人前に姿を現した死者)の頭
漢字林(非部首部別)
𤰓田5+1=総画数6 U+24C13 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:午集:田部:𤰓】一田切音㷑出道經農夫篇」
𤰔田5+1=総画数6 U+24C14 [/]
◆漢字の構成部分、「専」「恵」など
漢字林(非部首部別)
田5+2=総画数7 U+3F55 [ユウ、ユ/] 㕀𣔴
◆生え出たばかりの枝
◆蘖(ひこばえ)、切り株から生え出た枝、同「蘖」
田5+2=総画数7 U+3F56 [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷四:平聲四:覃第二十二:男】說文丈夫也从田从力言用力於田也古書作㽖」「【康熙字典:午集備考:田部:㽖】《篇韻》俗留字」
田5+2=総画数7 U+3F57 [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆畒𤱈𤱔𠭇畮畞𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
亠部
田5+2=総画数7 U+7537 [ダン、ナン/おとこ、お]
◆雄(ユウ、おす)としての特性を持つ人、女(雌めすとしての特性を持つ人)と対になる性の一方、「田畑で力仕事をする人」の意
◆息子(むすこ)
◆親に対しての息子の自称(ジショウ、「わたし」「自分」の意)
◆爵位(シャクイ、上位から「公・侯・伯・子・男」)の第五位
漢字林(非部首部別)
田5+2=総画数7 U+7538 [テン、デン/]
◆郊(コウ、都から百里以内の地)の外側千里また五百里以内の天子が治(おさ)める土地、「甸地(デンチ)」「甸邑(デンユウ)」
◆甸地から収穫される作物また産物、「甸師、甸人(デンシ、デンジン、主に甸地の耕作地や収穫物を管理する役人)」
◆(領地を)治める、管理する
◆「緬甸(メンデン)」、ビルマ(1943年~1945年)、現ミャンマー連邦共和国
漢字林(非部首部別)
田5+2=総画数7 U+7539 [ヘイ、ヒョウ/]
◆自分のことを置(お)いても義(ギ、信義・道義)を重んじようとする(仲間や他人を助けようとする)気質・気性、またそのような行為、またそのような人、「任俠(ニンキョウ)」、同「俜」「俠」
漢字林(非部首部別)
田5+2=総画数7 U+753A [テイ、チョウ/まち]
◆田畑を区切る細い道、土を盛って人が通れるように平らにした畦道(あぜみち)、同「圢」「䵺」
◆「町疃(テイタン)」、町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「𤲖疃」
◆[日]市街、「市」よりも小さく「村」よりも大きい行政上の区画
◆[日]面積の単位、1町=10反(たん)=100畝(せ)=3000坪=約9917.35m2 {各種単位}、距離の単位
◆[日]距離の単位、1町=60間(けん)=360尺=約109m
田5+2=総画数7 U+753C [テイ、チョウ/まち]
◆田畑を区切る細い道、土を盛って人が通れるように平らにした畦道(あぜみち)、同「圢」「䵺」
◆「甼疃(テイタン)」、町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「𤲖疃」
◆[日]市街、「市」よりも小さく「村」よりも大きい行政上の区画
◆[日]面積の単位、1町=10反(たん)=100畝(せ)=3000坪=約9917.35m2 {各種単位}、距離の単位
◆[日]距離の単位、1町=60間(けん)=360尺=約109m
𠓦入部
𤰕田5+2=総画数7 U+24C15 [ケン/]
◆田畑の間に通した用水路、【周禮】は幅・深さ共に一尺(周代前1046年~前771年では約19cm)程の水路とする、同「𤰝」、「洫」参照、「【周禮注疏:冬官考工記】廣尺深尺謂之𤰕」
𤰖田5+2=総画数7 U+24C16 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:田部:𤰖】同"畋"。见朝鲜本《龙龛》 (「【龍龕手鑑:卷一:田部第三十:𤱞{⿰田攴}】二俗畋正音田獵也又音殿平也」で「𤰖」は見当らない)
漢字林(非部首部別)
𤰘田5+2=総画数7 U+24C18 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:田部:𤰘】同"亩"」
𤰛田5+2=総画数7 U+24C1B [リュウ、ル/と・まる、と・める、とど・まる、とど・める] 留畱𤲢㽞𤱊畄
◆動きを止(と)める、動きを止めて同じ場所や状態に止(とど)まる
◆同じ状態が残る、同じ状態で残す
注解:「【改併五音類聚四聲篇海(五音篇海):卷三:田部第十八:𤰛】音留義同俗用」「【五音集韻:卷十二:陷第十三:𤏭】魚名山海經𤰛水多𤏭文之魚其狀如鮒…」
𤰜田5+2=総画数7 U+24C1C [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:田部:𤰜】同"亩"」
女部
田5+3=総画数8 U+753B [カイ、ガ、エ、カク、ワク/えが・く] 𤰱𡇍畫畵𤲿𤱪𦘕𦘚𤲯𨽶𡱮𠚇
◆筆で線を引く、また線を引いて区切る、同「划」
◆漢字の線や点の数(画数)を数える語
◆輪郭(リンカク)を描く
◆事に先立って案を作る、計画する、同「図」
◆絵、絵を描く、輪郭を描き(画)そこに色を付ける(絵)
漢字林(非部首部別)
田5+3=総画数8 U+753D [シン/] 𤰝
◆田畑の間の水路、用水路、【周禮】は幅・深さ共に一尺(周代前1046年~前771年では約19cm)程の水路とする、同「畎」「𤰕」、「【周禮注疏:冬官考工記】廣尺深尺謂之𤰕」
田5+3=総画数8 U+753E [サイ、シ/] 𠚋𠙾𠙹𠚀
◆酒を入れる容器
◆災(わざわ)い、同「菑」
◆野生のキジ(雉)の一種、東方に棲むという、同「鶅」
◆山東省莱蕪ライブ市を源とする川の名、同「淄」
◆ステロイドsteroid
漢字林(非部首部別)
田5+3=総画数8 U+753F [モウ、ミョウ/] 𤰡
◆他国から流れて来て居着(いつ)いた農夫、同「氓」
◆野良仕事をする人、農夫、百姓
◆卑しい人、無知な人
田5+3=総画数8 U+7540 [ヒ/] 畁𢌿
◆賜(たま)う、与える
漢字林(非部首部別)
田5+3=総画数8 U+7541 [ヒ/] 畀𢌿
◆賜(たま)う、与える
漢字林(非部首部別)
田5+3=総画数8 U+7542 [ボウ、ム、モ、リュウ、ル/]
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた畝(うね)、同「畝」「㙀」、「【王端毅奏議:卷七:再乞休致奏狀】…年踰七十謝事西歸雖居畎畂之中…」
◆未詳、「【廣韻(宋本廣韻):去聲:宥第四十九:溜:畂】百𠭇」
田5+3=総画数8 U+7543 [シュン/]
◆命令
◆法律
田5+3=総画数8 U+7544 [リュウ、ル/と・まる、と・める、とど・まる、とど・める] 留畱𤲢㽞𤱊𤰛
◆動きを止(と)める、動きを止めて同じ場所や状態に止(とど)まる
◆同じ状態が残る、同じ状態で残す
田5+3=総画数8 U+7545 [チョウ/]
◆途中で滞(とどこお)ったり閊(つか)えたりすることなくすっと通る、「流暢(リュウチョウ)」
◆(なにに妨げられることなく)思う存分に、のびのびとした
𢌿廾部
𢑖田5+3=総画数8 U+22456 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:午集:田部:𢑖】子老切音早晨也」
𤰝田5+3=総画数8 U+24C1D [シン/]
◆田畑の間の水路、用水路、【周禮】は幅・深さ共に一尺(周代前1046年~前771年では約19cm)程の水路とする、同「畎」「𤰕」、「【周禮注疏:冬官考工記】廣尺深尺謂之𤰕」
𤰞田5+3=総画数8 U+24C1E [ヒ/いや・しい、いや・しめる] 卑卑𡭼𡮁
◆下にあるさま、低いさま、高いのは「尊」、「【周易正義(周易注疏):卷十一:繫辭上】天尊地卑乾坤定矣」
◆身分や地位などが低い
◆下等な、下品な、劣(おと)る、賤(いや)しい、貧(まず)しい
◆低くする、下げる
漢字林(非部首部別)
𤰡田5+3=総画数8 U+24C21 [モウ、ミョウ/]
◆他国から流れて来て居着(いつ)いた農夫、同「氓」
◆野良仕事をする人、農夫、百姓
◆卑しい人、無知な人
𤰢田5+3=総画数8 U+24C22 [コウ/]
◆境界、同「㽘」
𤰣田5+3=総画数8 U+24C23 [イ、エ/おそ・れる、かしこ・まる] 畏𠂽𤱖𤰲𤰰
◆懼(おそ)れる、恐(おそ)れる、危害や不幸が及ぶかもしれないと怯(おび)える
◆力のあるものに圧倒(アットウ)される、威勢(イセイ)や威嚴(イゲン)に気圧(けお)される
◆(力があることを認めて)尊(とう)び敬(うやま)う
注解:鬼の頭{鬼-儿厶}と虎の爪を象った字で、「鬼の形相、爪を立てた虎」から「怖(こわ)い、恐ろしい」の意、「【正字通:午集上:田部:畏】…〇本作𤱖舊註旣引說文从{鬼-儿厶}虎省{鬼-儿厶}頭虎爪可𠂽當从{鬼-儿厶}作𤰲又沿俗从田載四畫謂今通从田失𠂽字本義非是…」
𤰧田5+3=総画数8 U+24C27 [キュウ、グ/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:田部第三十:𤰧{⿰田男}】二音舅」「【字彙補:午集:田部:𤰧】音義與舅同」
𤰨田5+3=総画数8 U+24C28 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:田部第三十:𤰨】舊藏作毗」「【字彙補:午集:田部:𤰨】音義未詳見五音篇韻」「【康熙字典:午集備考:田部:𤰨】《五音篇海》與鴊同」
田5+4=総画数9 U+3F58 [コウ/]
◆境界、同「𤰢」
◆東西に通る畦道(あぜみち、田畑を区切るために土を盛り上げた小道)、同「陌」
◆塩分を含む湖沼の水辺の湿地、同「䴚」「奋」
田5+4=総画数9 U+3F59 [未詳/]
◆未詳、「【集古錄:卷一:韓城鼎銘】…萬秊無彊(疆)用亯(享)用德㽙(疑允字)保■(其)孫子三■是■」
心部
比部
比部
田5+4=総画数9 U+7546 [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畒𤱈𤱔𠭇㽗畮畞𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
田5+4=総画数9 U+7547 [イン/] 𢼇
◆開墾する、田畑として使えるように土地を平らにする
田5+4=総画数9 U+7548 [ハン、ホン/]
◆田畑
田5+4=総画数9 U+7549 [フ、ブ/]
◆田を耕(たがや)す
田5+4=総画数9 U+754A [コウ、キョウ/たがや・す] 耕𦓮𥝷𣚣
◆田畑の土を掘り返す、土を柔らかくすると同時に土中に空気を入れる作業をいう
◆怠らず力を尽くす、「【揚子法言:卷第一:學行】曰耕道而得道獵德而得德是穫饗已」「【正字通:未集:耒部:耕】…凡致力不怠計之耕…」
田5+4=総画数9 U+754B [テン、デン/] 𤱞
◆田畑を耕(たがや)す、耕作する、同「佃」
◆狩(か)りをする、同「佃」「田」
田5+4=総画数9 U+754C [カイ、ケ/さかい]
◆境(さかい)、境目(さかいめ)、区切り、同「堺」「𨺬」
◆周(まわ)りが仕切られているところの内側、範囲(ハンイ)
漢字林(非部首部別)
田5+4=総画数9 U+754D [カイ、ケ/さかい]
◆境(さかい)、境目(さかいめ)、区切り、同「堺」「𨺬」
◆周(まわ)りが仕切られているところの内側、範囲(ハンイ)
田5+4=総画数9 U+754E [ケン/] 𤱶
◆田畑の間の水路、用水路、同「甽」「圳」
◆「畎畝(ケンポ)」◇田畑の筋状の溝と畝(うね)◇田畑◇田舎(いなか)
漢字林(非部首部別)
田5+4=総画数9 U+754F [イ、エ/おそ・れる、かしこ・まる] 𠂽𤱖𤰲𤰰𤰣
◆懼(おそ)れる、恐(おそ)れる、危害や不幸が及ぶかもしれないと怯(おび)える
◆力のあるものに圧倒(アットウ)される、威勢(イセイ)や威嚴(イゲン)に気圧(けお)される
◆(力があることを認めて)尊(とう)び敬(うやま)う
注解:鬼の頭{鬼-儿厶}と虎の爪を象った字で、「鬼の形相、爪を立てた虎」から「怖(こわ)い、恐ろしい」の意、「【正字通:午集上:田部:畏】…〇本作𤱖舊註旣引說文从{鬼-儿厶}虎省{鬼-儿厶}頭虎爪可𠂽當从{鬼-儿厶}作𤰲又沿俗从田載四畫謂今通从田失𠂽字本義非是…」
漢字林(非部首部別)
田5+4=総画数9 U+7550 [フク、ブク、ヒョク、ヒキ/]
◆鬲(レキ、二つの取っ手と三本の中空の足のある青銅器)で足のないもの {食器}、「【六藝之一錄:卷二百十四:畐】畐方六切無足鬲也…」
◆(器などが)いっぱいになる、満ちる
◆布の幅(はば)、布の横方向の長さ、同「幅」「䋹」
漢字林(非部首部別)
田5+4=総画数9 U+7551 [/はた、はたけ]
◆[日]焼畑(やきばた)、草などを焼き、その灰を肥料として農作物を栽培する耕作地
◆水を張らずに(但し水やりはする)農作物を栽培する耕作地、同「畠」
◆[日]専門分野
田5+4=総画数9 U+7552 [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆𤱈𤱔𠭇㽗畮畞𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
田5+4=総画数9 U+7553 [/]
◆[韓]韓国製漢字、音は「답(タプ)」
◆[韓]水田(スイデン)、田(た)
禸部
月(肉)部
月(肉)部
𠭇又部
𣐭木部
𣥤止部
𤰩田5+4=総画数9 U+24C29 [シャ、ヨ/] 畬畭
◆開墾し耕し続けて三年(或いは二年)が経ち、ようやく作物が収穫できるようになった田畑、一年未満の田畑は「菑」、「【爾雅注疏:釋地】田一歲曰菑(…)二歲曰新田(…)三歲曰畬」
◆草木を焼き払ってその灰を肥料とする田畑、焼き畑
漢字林(非部首部別)
𤰫田5+4=総画数9 U+24C2B [ホウ/くに] 邦𨛁𨚜𨚦𨛟邫𨚚𨛝
◆君主から与えられた領土、大きいものを「邦」、小さいものは「国」
◆国、国土、国家
𤰭田5+4=総画数9 U+24C2D [シ/]
◆耕(たがや)す、同「䎩」
𤰯田5+4=総画数9 U+24C2F [ショク、ソク/] 畟𠞅𦔎
◆「𤰯𤰯(ショクショク)」、田畑に耜(シ、日本で鋤すきと呼ばれるシャベルshovel状の農具)を深く差し込み耕すさま、また耕し平らに均(なら)すさま、「【毛詩注疏:卷二十八:周頌:良耜】畟畟良耜俶載南畝…(《傳》畟畟猶測測也《箋》云良善也農人測測以利善之耜熾菑是南畝也…) (「測測」は「深いさま」、「南畝」は「南向きの日当たりのよい田畑」)
𤰰田5+4=総画数9 U+24C30 [イ、エ/おそ・れる、かしこ・まる] 畏𠂽𤱖𤰲𤰣
◆懼(おそ)れる、恐(おそ)れる、危害や不幸が及ぶかもしれないと怯(おび)える
◆力のあるものに圧倒(アットウ)される、威勢(イセイ)や威嚴(イゲン)に気圧(けお)される
◆(力があることを認めて)尊(とう)び敬(うやま)う
注解:鬼の頭{鬼-儿厶}と虎の爪を象った字で、「鬼の形相、爪を立てた虎」から「怖(こわ)い、恐ろしい」の意、「【正字通:午集上:田部:畏】…〇本作𤱖舊註旣引說文从{鬼-儿厶}虎省{鬼-儿厶}頭虎爪可𠂽當从{鬼-儿厶}作𤰲又沿俗从田載四畫謂今通从田失𠂽字本義非是…」
𤰱田5+4=総画数9 U+24C31 [カイ、ガ、エ、カク、ワク/えが・く] 画𡇍畫畵𤲿𤱪𦘕𦘚𤲯𨽶𡱮𠚇
◆筆で線を引く、また線を引いて区切る、同「划」
◆漢字の線や点の数(画数)を数える語
◆輪郭(リンカク)を描く
◆事に先立って案を作る、計画する、同「図」
◆絵、絵を描く、輪郭を描き(画)そこに色を付ける(絵)
𤰴田5+4=総画数9 U+24C34 [未詳/]
◆未詳、「𤰣」の訛字か?、「【集韻:卷一:平聲:微第八:威𤰴𤱫畏】於非切說文姑也引漢律婦告威姑一曰有威可畏謂之威古作𤰴𤱫畏亦姓」
𤰵田5+4=総画数9 U+24C35 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:午集:田部:𤰵】與畏同洞靈震經刑之而不𤰵」
𤰶田5+4=総画数9 U+24C36 [シン/さる、もう・す] 申𦥔𦦀𤱓𢑚𠭙𣇗𠭜
◆さる、十二支の九番目、時刻では午後四時を中心とした二時間、方角では西南西、動物ではサル(猿)を当てる {十二支}
◆伸ばす、折れたり曲がっているものをまっすぐにする、同「伸」
◆引き締める、しっかりと縛(しば)る、固く結ぶ、「申命(シンメイ、しっかりと命ずる、堅く命ずる)」、「【說文解字注:申部:申】…韓子外儲說曰申之束之今本申譌紳申者引長束者約結…」「【釋名:釋天】身也物皆成其身體各申束之使備成也」
◆(特に上位者に対して、身なりを整えて)述べる、説明する
𤰸田5+4=総画数9 U+24C38 [未詳/]
◆未詳
𤰻田5+4=総画数9 U+24C3B [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𤰿田5+4=総画数9 U+24C3F [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:田部:𤰿】同"亩"」
𤱂田5+4=総画数9 U+24C42 [未詳/]
◆摴蒱(チョホ、五枚の棒状の板を使う古代のボードゲームboard game)の組み合わせの一つ、「摴」参照、「【五木經】𤱂采六開塞塔禿撅𢳚 𤱂賤也其采義未詳」(「𤱂采」は点数が低い組み合わせをいい、「開・塞・塔・禿・撅・𢳚(いずれも組み合わせの名)」が下位六組、但し【維基百科Wikipedia:樗蒲】によれば「開」は上位六組の一つとなっている)
𤱄田5+4=総画数9 U+24C44 [未詳/] 𤲴
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:田部第三十:𤱄𤲴】二俗音泉」「【字彙補:午集:田部:𤱄】從千切音泉義亦作𤲴」
𤱈田5+4=総画数9 U+24C48 [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆畒𤱔𠭇㽗畮畞𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
𤱊田5+4=総画数9 U+24C4A [リュウ、ル/と・まる、と・める、とど・まる、とど・める] 留畱𤲢㽞畄𤰛
◆動きを止(と)める、動きを止めて同じ場所や状態に止(とど)まる
◆同じ状態が残る、同じ状態で残す
𪽋田5+4=総画数9 U+2AF4B [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:水部第三:𤀂】舊藏作溺」
田5+5=総画数10 U+3F5C [エン、オン/]
◆田畑の面積の単位、一畹は三十畝とも十二畝ともいい不同、「【廣韻:上聲:阮第二十:婉:畹】田三十畒王逸云十二畒也」
漢字林(非部首部別)
田5+5=総画数10 U+7554 [ハン、バン/あぜ]
◆田畑の区切り(境界)、同「畦」
◆水(川・海・湖・池など)と地面の境目、岸辺(きしべ)、水面よりも高くなっているところ(地面が現れているところ)、同「溿」「泮」「沜」
◆自分の意に添わず離れて行く、離反する
◆「畔援(ハンエン)」「畔換(ハンカン)」、傍若無人(ボウジャクブジン)なさま、勝手気ままに振る舞うさま
漢字林(非部首部別)
田5+5=総画数10 U+7555 [キョウ、コウ/]
◆二つの隣り合った田
漢字林(非部首部別)
田5+5=総画数10 U+7556 [ワ、エ/]
◆「畖留」、古地名
田5+5=総画数10 U+7557 [トウ、フク、ブク/]
◆答える、同「答」「畣」
◆いっぱいになる、満ちる、同「畐」
◆天や神から授(さず)かる豊かな恵み、幸せ、同「福」
田5+5=総画数10 U+7558 [ナン/]
◆田の面積の単位、一畘=十畝
田5+5=総画数10 U+7559 [リュウ、ル/と・まる、と・める、とど・まる、とど・める] 畱𤲢㽞𤱊畄𤰛
◆動きを止(と)める、動きを止めて同じ場所や状態に止(とど)まる
◆同じ状態が残る、同じ状態で残す
漢字林(非部首部別)
田5+5=総画数10 U+755A [ホン/ふご、もっこ]
◆ふご、もっこ、竹・枝・縄などを籠状に編んだ物、食糧や土を運ぶのに用いる、同「𤲙」
◆土に差し込んで掘り起こしたり掬い取ったりするスプーンspoon状の農具、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、同「鍬」
漢字林(非部首部別)
田5+5=総画数10 U+755B [シン/] 𤱥𤱼𤱏
◆畦道(あぜみち)、田畑の境界を成す小道
◆境界
◆(神に祝いや願いの言葉を)述べる、申し上げる
田5+5=総画数10 U+755C [キク、チク/] 𤲸
◆人間が飼(か)い馴らした動物、同「𤛅」、「家畜(カチク)」
◆家畜を飼(か)う、飼い育てる、養(やしな)う、同「嘼」「蓄」
◆蓄(たくわ)える、同「蓄」
漢字林(非部首部別)
田5+5=総画数10 U+755D [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畆畒𤱈𤱔𠭇㽗畮畞𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
田5+5=総画数10 U+755E [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆畒𤱈𤱔𠭇㽗畮𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
田5+5=総画数10 U+755F [ショク、ソク/] 𤰯𠞅𦔎
◆「畟畟(ショクショク)」、田畑に耜(シ、日本で鋤すきと呼ばれるシャベルshovel状の農具)を深く差し込み耕すさま、また耕し平らに均(なら)すさま、「【毛詩注疏:卷二十八:周頌:良耜】畟畟良耜俶載南畝…(《傳》畟畟猶測測也《箋》云良善也農人測測以利善之耜熾菑是南畝也…) (「測測」は「深いさま」、「南畝」は「南向きの日当たりのよい田畑」)
漢字林(非部首部別)
田5+5=総画数10 U+7560 [/はた、はたけ]
◆[日]水を張らずに(但し水やりはする)農作物を栽培する耕作地、同「畑」
漢字林(非部首部別)
𡇍田3+5=総画数8 U+211CD [カイ、ガ、エ、カク、ワク/えが・く] 画𤰱畫畵𤲿𤱪𦘕𦘚𤲯𨽶𡱮𠚇
◆筆で線を引く、また線を引いて区切る、同「划」
◆漢字の線や点の数(画数)を数える語
◆輪郭(リンカク)を描く
◆事に先立って案を作る、計画する、同「図」
◆絵、絵を描く、輪郭を描き(画)そこに色を付ける(絵)
𤰲田5+5=総画数10 U+24C32 [イ、エ/おそ・れる、かしこ・まる] 畏𠂽𤱖𤰰𤰣
◆懼(おそ)れる、恐(おそ)れる、危害や不幸が及ぶかもしれないと怯(おび)える
◆力のあるものに圧倒(アットウ)される、威勢(イセイ)や威嚴(イゲン)に気圧(けお)される
◆(力があることを認めて)尊(とう)び敬(うやま)う
注解:鬼の頭{鬼-儿厶}と虎の爪を象った字で、「鬼の形相、爪を立てた虎」から「怖(こわ)い、恐ろしい」の意、「【正字通:午集上:田部:畏】…〇本作𤱖舊註旣引說文从{鬼-儿厶}虎省{鬼-儿厶}頭虎爪可𠂽當从{鬼-儿厶}作𤰲又沿俗从田載四畫謂今通从田失𠂽字本義非是…」
𤱍田5+5=総画数10 U+24C4D [ヒ/]
◆田を耕す
◆小高いさま
𤱏田5+5=総画数10 U+24C4F [シン/] 畛𤱥𤱼
◆畦道(あぜみち)、田畑の境界を成す小道
◆境界
◆(神に祝いや願いの言葉を)述べる、申し上げる
𤱐田5+5=総画数10 U+24C50 [ショ、ソ/] 𤴙㽰
◆木や竹を網状に組んだものを嵌(は)め込んだ窓、格子窓
𤱑田5+5=総画数10 U+24C51 [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆畒𤱈𤱔𠭇㽗畮畞亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
𤱒田5+5=総画数10 U+24C52 [リク、ロク/おか、くが] 陸陆𨽰𨽫𡽷
◆おか、くが、広い台地、土が厚く積み重なって水面より高くなったところ、水に覆われていない平らに広がる土地
◆水に覆われていない土地、「陸路(りくろ)」
◆途切れることなく次々に続く(続いている)さま、「陸続(リクゾク)」
◆高く(高いところに)跳び上がる
◆「六」の大写字(「二」は「貳」・「三」は「參」のような大文字のこと) {数字}
𤱓田5+5=総画数10 U+24C53 [シン/さる、もう・す] 申𦥔𤰶𦦀𢑚𠭙𣇗𠭜
◆さる、十二支の九番目、時刻では午後四時を中心とした二時間、方角では西南西、動物ではサル(猿)を当てる {十二支}
◆伸ばす、折れたり曲がっているものをまっすぐにする、同「伸」
◆引き締める、しっかりと縛(しば)る、固く結ぶ、「申命(シンメイ、しっかりと命ずる、堅く命ずる)」、「【說文解字注:申部:申】…韓子外儲說曰申之束之今本申譌紳申者引長束者約結…」「【釋名:釋天】身也物皆成其身體各申束之使備成也」
◆(特に上位者に対して、身なりを整えて)述べる、説明する
𤱔田5+5=総画数10 U+24C54 [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆畒𤱈𠭇㽗畮畞𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
𤱕田5+5=総画数10 U+24C55 [/]
◆同「氓」
𤱖田5+5=総画数10 U+24C56 [イ、エ/おそ・れる、かしこ・まる] 畏𠂽𤰲𤰰𤰣
◆懼(おそ)れる、恐(おそ)れる、危害や不幸が及ぶかもしれないと怯(おび)える
◆力のあるものに圧倒(アットウ)される、威勢(イセイ)や威嚴(イゲン)に気圧(けお)される
◆(力があることを認めて)尊(とう)び敬(うやま)う
注解:鬼の頭{鬼-儿厶}と虎の爪を象った字で、「鬼の形相、爪を立てた虎」から「怖(こわ)い、恐ろしい」の意、「【正字通:午集上:田部:畏】…〇本作𤱖舊註旣引說文从{鬼-儿厶}虎省{鬼-儿厶}頭虎爪可𠂽當从{鬼-儿厶}作𤰲又沿俗从田載四畫謂今通从田失𠂽字本義非是…」
𤱝田5+5=総画数10 U+24C5D [タン/] 疃𤲫
◆町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「畽」「墥」
◆シカ(鹿)の足跡、また通った跡、「【玉篇:卷二:田部第十三:疃】吐管切鹿跡也」
◆「䵺疃(テイタン)」、蟻塚(ありづか)、アリ(蟻)が巣を作るために運び出した地中の土が、出入口を中心として積み上げられ山のような形になったもの、同「䵺墥」「蟻封(ギホウ)」、同「垤」
𤱞田5+5=総画数10 U+24C5E [テン、デン/]
◆田畑を耕(たがや)す、耕作する、同「佃」
◆狩(か)りをする、同「佃」「田」
𤱟田5+5=総画数10 U+24C5F [コウ/]
◆未詳
𤱢田5+5=総画数10 U+24C62 [タイ、ダイ/]
◆「タイマイ(𤱢𤲰、瑇瑁)」、ウミガメ科タイマイ属のカメ(亀)、甲羅(コウラ)は「鼈甲(ベッコウ)」と呼ばれ装飾品などに用いられる
𤱤田5+5=総画数10 U+24C64 [未詳/]
◆未詳
𤽙白部
田5+6=総画数11 U+3F5E [リュウ、ル/と・まる、と・める、とど・まる、とど・める] 留畱𤲢𤱊畄𤰛
◆動きを止(と)める、動きを止めて同じ場所や状態に止(とど)まる
◆同じ状態が残る、同じ状態で残す
漢字林(非部首部別)
八部
田5+6=総画数11 U+7561 [カイ、ガイ/]
◆辺境(ヘンキョウ)の地、最果(さいは)ての地、同「垓」
田5+6=総画数11 U+7562 [ヒツ、ヒチ/] 𤲃𤲜毕
◆鳥などを捕らえるための長い柄の付いた網、一網打尽にする
◆全て、悉(ことごと)く
◆全て終わる、全て終える、尽きる、~し尽くす
◆二十八宿西方白虎の一つ {二十八宿}
漢字林(非部首部別)
田5+6=総画数11 U+7563 [トウ/]
◆答える、同「答」「畗」
漢字林(非部首部別)
田5+6=総画数11 U+7564 [シ、ジ/]
◆五帝(東・南・西・北・中央の五方の神)を祭る場所
漢字林(非部首部別)
田5+6=総画数11 U+7565 [リャク、ラク/]
◆治(おさ)める、統治する、またそのための方策、またその土地・領地、またその境界
◆掠(かす)める、奪い取る、同「掠」
◆主要な部分だけを残してそれ以外を省(はぶ)く
◆凡(おおよ)そ、大体(ダイタイ)
◆要約(ヨウヤク)、概要(ガイヨウ)、あらまし
漢字林(非部首部別)
田5+6=総画数11 U+7566 [ケイ、エ/あぜ、うね] 㽯𤳬
◆境目(さかいめ)として土を盛り上げたところ
◆田畑の区切り(境界)、同「畔」
◆田の面積の単位、1畦=50畝
◆[日]うね、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所、同「畝」
田5+6=総画数11 U+7567 [リャク、ラク/]
◆治(おさ)める、統治する、またそのための方策、またその土地・領地、またその境界
◆掠(かす)める、奪い取る、同「掠」
◆主要な部分だけを残してそれ以外を省(はぶ)く
◆凡(おおよ)そ、大体(ダイタイ)
◆要約(ヨウヤク)、概要(ガイヨウ)、あらまし
漢字林(非部首部別)
田5+6=総画数11 U+7568 [ハン、ホン/]
◆順に並んでいるものを次々に入れ替えながら繰り返すこと、また順番に当たること、同「番」
◆翻(ひるがえ)る、上に揚(あ)がりやがて表裏が逆になる、同「翻」
漢字林(非部首部別)
田5+6=総画数11 U+7569 [/けさ]
◆[日]袈裟(ケサ)、僧侶が肩から斜めに掛ける長方形の布
田5+6=総画数11 U+7570 [イ/こと・なる] 𠔱𢄖
◆こと・なる、(あれとは、これとは)別の、違った、同じでない
◆普通(平常、一般)とは違っている、怪しい
◆別々にする、分ける
◆簡「异」
漢字林(非部首部別)
糸部
𤱩田5+6=総画数11 U+24C69 [チョウ、ジョウ/]
◆田畑に水を引き入れるための溝、灌漑用の水路
◆田畑の畦(あぜ)
𤱪田5+6=総画数11 U+24C6A [カイ、ガ、エ、カク、ワク/えが・く] 画𤰱𡇍畫畵𤲿𦘕𦘚𤲯𨽶𡱮𠚇
◆筆で線を引く、また線を引いて区切る、同「划」
◆漢字の線や点の数(画数)を数える語
◆輪郭(リンカク)を描く
◆事に先立って案を作る、計画する、同「図」
◆絵、絵を描く、輪郭を描き(画)そこに色を付ける(絵)
漢字林(非部首部別)
𤱫田5+6=総画数11 U+24C6B [未詳/]
◆未詳、「𤱖」の訛字か?、「【集韻:卷一:平聲:微第八:威𤰴𤱫畏】於非切說文姑也引漢律婦告威姑一曰有威可畏謂之威古作𤰴𤱫畏亦姓」
𤱭田5+6=総画数11 U+24C6D [トウ/あ・たる] 当𢑐𡭠當
◆正面からぶつかる、正面から向き合う、相対する、同「噹」
◆適合する、相応しい
◆受け持つ、引き受ける
◆そうするべき、そうあるべき
◆この(this)、今、此処(ここ)
𤱱田5+6=総画数11 U+24C71 [サイ、ザイ/の・せる、の・る] 載載载𡙺
◆車や船などの上に乗る、乗って行く、また積む、積んで運ぶ
◆(平らなものの)上に乗る、また乗せる
◆本や帳面などに書き付ける
◆歳(サイ、とし)、年(ネン、とし)、「【爾雅注疏:釋天】載歲也夏曰歲(《注》取歲星行一次)商曰祀(《注》取四時一終)周曰年(《注》取禾一熟)唐虞曰載(《注》取物終更始) (「唐虞」は「唐堯トウギョウ」と「虞舜グシュン」、いずれも伝説上の人物で五帝の一人)
◆且(か)つ、~と同時に、その上に
◆10の44乗 {数字}
𤱲田5+6=総画数11 U+24C72 [キ/おに] 鬼𩲞𩳉𩳹𩲡𩲚𩴿𣆠𢇼
◆人の死後(肉体は滅びても)滅びず彷徨(さまよ)うとされる霊魂
◆(姿は見えないが)人に災いを齎(もたら)すもの
◆(鬼のように)恐ろしい、無慈悲な、並外れた
◆人の死後の世界
𤱳田5+6=総画数11 U+24C73 [コウ/] 垙𨹂
◆田の間の畦道
𤱶田5+6=総画数11 U+24C76 [ケン/]
◆田畑の間の水路、用水路、同「甽」「圳」
◆「𤱶畝(ケンポ)」◇田畑の筋状の溝と畝(うね)◇田畑◇田舎(いなか)
𤱺田5+6=総画数11 U+24C7A [ケイ、カイ/]
◆未詳、「【字彙補:午集:田部:𤱺】古位切音檜𤱺𡏛」
漢字林(非部首部別)
𤲅田5+6=総画数11 U+24C85 [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
田5+7=総画数12 U+3F5F [レツ、レチ/]
◆田畑を耕(たがや)す、土を掘り起こし柔らかくすると同時に土中に空気を入れる
田5+7=総画数12 U+3F60 [コウ、ギョウ/] 𤲍
◆未詳、「【集韻:卷十:入聲下:洽第三十二:㽠】溝相接」
土部
田5+7=総画数12 U+756A [ハン、ホン、バン/つがい、つが・う、つが・える]
◆順に並んでいるものを次々に入れ替えながら繰り返すこと、またその順位、またその順位に当たること、「輪番(リンバン、順番に交替しながら繰り返すこと)」「當番(トウバン、当番、交代で務める職務に就くこと)」
◆(指が放射状に伸びる)獣の足、同「𥸨」
◆(四周の特に西方の異民族を指す語で)外国の、外国人、同「蕃」
◆[日]見張り、見張り役をする
◆[日]つがい、(夫婦や雄雌などの)一対、二つで一組
漢字林(非部首部別)
田5+7=総画数12 U+756B [カイ、ガ、エ、カク、ワク/えが・く] 画𤰱𡇍畵𤲿𤱪𦘕𦘚𤲯𨽶𡱮𠚇
◆筆で線を引く、また線を引いて区切る、同「划」
◆漢字の線や点の数(画数)を数える語
◆輪郭(リンカク)を描く
◆事に先立って案を作る、計画する、同「図」
◆絵、絵を描く、輪郭を描き(画)そこに色を付ける(絵)
◆簡「划」
漢字林(非部首部別)
田5+7=総画数12 U+756C [シャ、ヨ/] 畭𤰩
◆開墾し耕し続けて三年(或いは二年)が経ち、ようやく作物が収穫できるようになった田畑、一年未満の田畑は「菑」、「【爾雅注疏:釋地】田一歲曰菑(…)二歲曰新田(…)三歲曰畬」
◆草木を焼き払ってその灰を肥料とする田畑、焼き畑
◆別「畲」
田5+7=総画数12 U+756D [シャ、ヨ/] 畬𤰩
◆開墾し耕し続けて三年(或いは二年)が経ち、ようやく作物が収穫できるようになった田畑、一年未満の田畑は「菑」、「【爾雅注疏:釋地】田一歲曰菑(…)二歲曰新田(…)三歲曰畬」
◆草木を焼き払ってその灰を肥料とする田畑、焼き畑
田5+7=総画数12 U+756E [ボウ、ム、モ、ホ/せ、うね] 畝畆畒𤱈𤱔𠭇㽗畞𤱑亩
◆種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、「畎畝(ケンポ、田畑の筋状の溝と畝、田畑、田舎いなか)」
◆田畑の面積の単位、史料により異同がある、古くは百歩=一畝であったが、今(唐代の頃)は二百四十歩=一畝、「【晉書:列傳第十七:傅𤣥】…古以步百為畆今以二百四十步為一畆…」「【農政全書:卷四:田制】司馬法六尺為歩歩百為畮…」 {各種単位}
田5+7=総画数12 U+756F [シュン/]
◆「田畯(デンシュン)」◇農夫、田夫(デンブ)◇農業に関わる物事を指導・監督する下級の役人、同「嗇夫(ショクフ)」
漢字林(非部首部別)
田5+7=総画数12 U+7571 [リュウ、ル/と・まる、と・める、とど・まる、とど・める] 留𤲢㽞𤱊畄𤰛
◆動きを止(と)める、動きを止めて同じ場所や状態に止(とど)まる
◆同じ状態が残る、同じ状態で残す
漢字林(非部首部別)
田5+7=総画数12 U+7572 [シャ/]
◆主に福建省・浙江省に居住する少数民族の名、「畲族(シャゾク、シェゾク)」 {福建省}
注解:別「畬」
田5+7=総画数12 U+7573 [チョウ、ジョウ/たたみ、たた・む] 疊疂叠曡𣆹𤴁疉㬪
◆薄いものが何層にも積み重なる、何度も同じことが繰り返される
◆たた・む、薄いものを折って重ねる
◆[日]たたみ、藁の床の表面にイグサ(藺草)の筵を張った敷物、薄い敷物を折って重ね厚くしたもの
田5+7=総画数12 U+7574 [チュウ、ジュウ/] 疇𤲮𢑔𢑜𢏚
◆(麻を栽培する)耕作地、畑
◆田畑の畦(あぜ、田畑を区切るために土を盛り上げた所)、畝(うね、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所)
◆類(たぐい)、同類、「範疇(ハンチュウ)」
◆以前から続いている、代々と続く
◆(誰と特定できない)誰か、同「𠷎」
𣓩木部
𤱥田5+7=総画数12 U+24C65 [シン/] 畛𤱼𤱏
◆畦道(あぜみち)、田畑の境界を成す小道
◆境界
◆(神に祝いや願いの言葉を)述べる、申し上げる
𤱼田5+7=総画数12 U+24C7C [シン/] 畛𤱥𤱏
◆畦道(あぜみち)、田畑の境界を成す小道
◆境界
◆(神に祝いや願いの言葉を)述べる、申し上げる
𤱿田5+7=総画数12 U+24C7F [イ/] 𢍚𣓑
◆草木が叢(むら)がり生い茂るさま
𤲃田5+7=総画数12 U+24C83 [ヒツ、ヒチ/] 畢𤲜毕
◆鳥などを捕らえるための長い柄の付いた網、一網打尽にする
◆全て、悉(ことごと)く
◆全て終わる、全て終える、尽きる、~し尽くす
◆二十八宿西方白虎の一つ {二十八宿}
𤲄田5+7=総画数12 U+24C84 [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆䰪𩴈𩲉𩱿𠃁𣷛𧱋𢑘𢑙𢑛𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪(ヨウカイ)、同「魅」
𤲆田5+7=総画数12 U+24C86 [未詳/]
◆未詳
𤲊田5+7=総画数12 U+24C8A [ホウ、フ/]
◆実(みの)り豊かなさま、同「豊」
𤲍田5+7=総画数12 U+24C8D [コウ、ギョウ/]
◆未詳、「【集韻:卷十:入聲下:洽第三十二:㽠】溝相接」
𤲎田5+7=総画数12 U+24C8E [テイ、チョウ/] 𤲖
◆「𤲎疃(テイタン)」、町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「町疃」、「【類篇:田部:𤲎】地典切𤲎疃鹿跡」
◆人に食べ物を届けるために田畑の中の道を行くさま、「【玉篇:卷二:田部第十三:𤲖】他典切餉田兒亦塵(鹿)跡」
𧵗貝部
田5+8=総画数13 U+3F62 [アン、オン/]
◆種を植える、耕(たがや)して種を土中に入れ土で掩(おお)う、同「䎨」「䅖」
田5+8=総画数13 U+3F63 [ヨク、イキ/] 域𡌳䧕𢨊
◆境界、区切り
◆境界の内側、周りを囲った内側、範囲
◆邦(くに)、領土、国土
木部
田5+8=総画数13 U+7575 [カイ、ガ、エ、カク、ワク/えが・く] 画𤰱𡇍畫𤲿𤱪𦘕𦘚𤲯𨽶𡱮𠚇
◆筆で線を引く、また線を引いて区切る、同「划」
◆漢字の線や点の数(画数)を数える語
◆輪郭(リンカク)を描く
◆事に先立って案を作る、計画する、同「図」
◆絵、絵を描く、輪郭を描き(画)そこに色を付ける(絵)
田5+8=総画数13 U+7576 [トウ/あ・たる] 当𢑐𡭠𤱭
◆正面からぶつかる、正面から向き合う、相対する、同「噹」
◆適合する、相応しい
◆受け持つ、引き受ける
◆そうするべき、そうあるべき
◆この(this)、今、此処(ここ)
漢字林(非部首部別)
田5+8=総画数13 U+7577 [テイ、タイ/なわて]
◆田畑の間を通る道
田5+8=総画数13 U+7578 [キ/]
◆"田"字状に(同じ形に)区画するときに残ってしまう田、同じ形に区画できない田
◆(等しく分けたときに出る)余り、残り、端数、「畸零(キレイ)」
◆形が整っていないさま、普通(平常、一般)とは違っているさま、風変りなさま、「畸人(キジン、風変りな人)」
田5+8=総画数13 U+7579 [エン、オン/]
◆田畑の面積の単位、一畹は三十畝とも十二畝ともいい不同、「【廣韻:上聲:阮第二十:婉:畹】田三十畒王逸云十二畒也」
田5+8=総画数13 U+757A [キョウ、コウ/] 疆壃疅
◆境(さかい)、界(さかい)、境目(さかいめ)、境界(キョウカイ)
漢字林(非部首部別)
𤲑田5+8=総画数13 U+24C91 [シュ/]
◆穀物を入れる籠
𤲒田5+8=総画数13 U+24C92 [ヘイ、ビョウ/] 𤳊
◆ガマ(蒲)の茎などを編んで作った籠
𤲓田5+8=総画数13 U+24C93 [ライ/]
◆(郊外の)耕作していない田畑、休耕田、雑草に覆われて荒れた田畑、同「萊」
𤲕田5+8=総画数13 U+24C95 [リン/]
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げたところ、同「壟」
𤲖田5+8=総画数13 U+24C96 [テイ、チョウ/] 𤲎
◆「𤲖疃(テイタン)」、町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「町疃」、「【類篇:田部:𤲎】地典切𤲎疃鹿跡」
◆人に食べ物を届けるために田畑の中の道を行くさま、「【玉篇:卷二:田部第十三:𤲖】他典切餉田兒亦塵(鹿)跡」
𤲘田5+8=総画数13 U+24C98 [チョウ/]
◆田畑が荒れて穀物が育たないさま
𤲙田5+8=総画数13 U+24C99 [ホン/] 奙𡘞𤲛𠫻𡙂𡙲𡘊
◆ガマ(蒲、ガマ科ガマ属の草)の茎などを編んで作った穀物の実や種などを入れる籠(かご)、食糧や土を運ぶのに用いる畚(もっこ)、同「畚」
𤲛田5+8=総画数13 U+24C9B [ホン/] 𤲙奙𡘞𠫻𡙂𡙲𡘊
◆ガマ(蒲、ガマ科ガマ属の草)の茎などを編んで作った穀物の実や種などを入れる籠(かご)、食糧や土を運ぶのに用いる畚(もっこ)、同「畚」
𤲜田5+8=総画数13 U+24C9C [ヒツ、ヒチ/] 畢𤲃毕
◆鳥などを捕らえるための長い柄の付いた網、一網打尽にする
◆全て、悉(ことごと)く
◆全て終わる、全て終える、尽きる、~し尽くす
◆二十八宿西方白虎の一つ {二十八宿}
𤲝田5+8=総画数13 U+24C9D [ソク、シキ、ショク/] 嗇𠹫啬𠾂𠻮𤲷𤳋
◆収穫した米などの食糧を倉庫に収(おさ)める、「吝嗇(リンショク、貯め込むばかりで出し惜しみすること)」、同「穡」「𠎸」
◆農耕、農業、農作業、同「穡」
◆「𤲝夫(ショクフ)」、同「農夫(ノウフ)」◇農業に関わる物事を指導・監督する下級の役人◇農夫、農民
𤲢田5+8=総画数13 U+24CA2 [リュウ、ル/と・まる、と・める、とど・まる、とど・める] 留畱㽞𤱊畄𤰛
◆動きを止(と)める、動きを止めて同じ場所や状態に止(とど)まる
◆同じ状態が残る、同じ状態で残す
𤲧田5+8=総画数13 U+24CA7 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:午集:田部:𤲧】與畆同見金鏡」
𨽶隶部
田5+9=総画数14 U+3F65 [ジュウ、ニュウ/]
◆肥えた田畑
田5+9=総画数14 U+3F67 [シ、ジ/]
◆地名、未詳
田5+9=総画数14 U+757B [ショウ、ジョウ/] 堘塖
◆田の畦(あぜ)、同「塍」
田5+9=総画数14 U+757C [チョウ/] 𤲘
◆田畑が荒れて穀物が育たないさま
田5+9=総画数14 U+757D [タン/]
◆町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「疃」「墥」、「【詩經集傳:詩經集傳卷三】戶無人出入則結網當之町畽舍傍隙地也無人焉故鹿以為場也」
𤲫田5+9=総画数14 U+24CAB [タン/] 疃𤱝
◆町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「畽」「墥」
◆シカ(鹿)の足跡、また通った跡、「【玉篇:卷二:田部第十三:疃】吐管切鹿跡也」
◆「䵺疃(テイタン)」、蟻塚(ありづか)、アリ(蟻)が巣を作るために運び出した地中の土が、出入口を中心として積み上げられ山のような形になったもの、同「䵺墥」「蟻封(ギホウ)」、同「垤」
𤲬田5+9=総画数14 U+24CAC [ゼン、ネン/] 𤳜㽭𤳟
◆城下(内郭と外郭の間の区域)の空いている土地に作られた田畑、「【說文解字:田部:𤲬】城下田也一曰𤲬郤也」
◆川沿いの土地、同「堧」「壖」
𤲮田5+9=総画数14 U+24CAE [チュウ、ジュウ/] 疇畴𢑔𢑜𢏚
◆(麻を栽培する)耕作地、畑
◆田畑の畦(あぜ、田畑を区切るために土を盛り上げた所)、畝(うね、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所)
◆類(たぐい)、同類、「範疇(ハンチュウ)」
◆以前から続いている、代々と続く
◆(誰と特定できない)誰か、同「𠷎」
𤲯田5+9=総画数14 U+24CAF [カイ、ガ、エ、カク、ワク/えが・く] 画𤰱𡇍畫畵𤲿𤱪𦘕𦘚𨽶𡱮𠚇
◆筆で線を引く、また線を引いて区切る、同「划」
◆漢字の線や点の数(画数)を数える語
◆輪郭(リンカク)を描く
◆事に先立って案を作る、計画する、同「図」
◆絵、絵を描く、輪郭を描き(画)そこに色を付ける(絵)
𤲰田5+9=総画数14 U+24CB0 [ボウ、モウ、バイ、マイ/] 瑁𤦛㺺𤣽
◆天子が諸侯を謁見する際に諸侯が持つ圭(ケイ)が自ら下賜したものであるかどうかを確かめるために被(かぶ)せる玉(ギョク、大変美しい石)
◆「𤱢𤲰、𣫹𤲰(タイマイ)」、ウミガメ科のカメ(亀)、甲羅(コウラ)は「鼈甲(ベッコウ)」と呼ばれ装飾品などに用いられる
𤲲田5+9=総画数14 U+24CB2 [フン/くそ] 糞粪𥻔𥻪𥼢𥻰𥼇𥼈𨤚𨤝𡐢
◆塵(ごみ)を掃(はら)う、払い除(の)ける、汚(よご)れを取り除く、同「𡊄」
◆動物が排泄する食べ物などの滓(かす)、大便、同「屎」
◆肥料を施(ほどこ)す、土地を肥(こ)やす
𤲳田5+9=総画数14 U+24CB3 [ヒ、ビ/] 狒𤝟𥝃𥝈𥝋𦦻𦦷𥜿𥝇𦦔𥝆𥝊𪒵𢀏𥍈
◆「𤲳𤲳、𤲳々(ヒヒ)」、オナガザル科ヒヒ属の哺乳類の総称、同「嘄陽、梟羊(キョウヨウ)」
𤲴田5+9=総画数14 U+24CB4 [未詳/] 𤱄
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:田部第三十:𤱄𤲴】二俗音泉」「【字彙補:午集:田部:𤱄】從千切音泉義亦作𤲴」
𤲵田5+9=総画数14 U+24CB5 [シ、ジ/]
◆蓄(たくわ)える、備える、準備しておく、同「畤」「偫」
𤲶田5+9=総画数14 U+24CB6 [レン/]
◆嬲(なぶ)る、悪ふざけする、からかう、苛(いじ)める、同「嬲」
◆双生児、双子(ふたご)、同「孿」
漢字林(非部首部別)
𤲸田5+9=総画数14 U+24CB8 [キク、チク/]
◆人間が飼(か)い馴らした動物、同「𤛅」、「家畜(カチク)」
◆家畜を飼(か)う、飼い育てる、養(やしな)う、同「嘼」「蓄」
◆蓄(たくわ)える、同「蓄」
漢字林(非部首部別)
田5+10=総画数15 U+3F66 [シュン、ジュン、イン、キン/]
◆開墾する、田畑として使えるように土地を平らにする
田5+10=総画数15 U+757E [ライ、ルイ/]
◆雷(かみなり)、同「雷」
◆田畑を区切るための土盛り、畦(あぜ)
◆防御のために土を盛り上げた土塁(どるい)
◆蔓を編んで作った土を運ぶための畚(もっこ)、同「虆」
漢字林(非部首部別)
田5+10=総画数15 U+757F [キ/]
◆都(みやこ)から千里(或いは五百里)以内の地域、それ以遠を「鄙」、都から千里は遠近の境目とされ、「近畿(キンキ)」はそれに由来する、同「圻」
◆国主の直轄地、「国畿(コッキ)」「王畿(オウキ)」
◆「九畿(キュウキ)」、国主の直轄地(都から千里以内)以遠の国主の統治権が及ぶ地、五百里毎に九つに分けたもの、同「九服(キュウフク)」、「【周禮注疏:夏官司馬】乃以九畿之籍施邦國之政職方千里曰國畿其外方五百里曰侯畿又其外方五百里曰甸畿又其外方五百里曰男畿又其外方五百里曰采畿又其外方五百里曰衛畿又其外方五百里曰蠻畿又其外方五百里曰夷畿又其外方五百里曰鎮畿又其外方五百里曰蕃畿(《注》畿猶限也自王城以外五千里為界…)」
漢字林(非部首部別)
𤲷田5+10=総画数15 U+24CB7 [ソク、シキ、ショク/] 嗇𠹫啬𠾂𠻮𤲝𤳋
◆収穫した米などの食糧を倉庫に収(おさ)める、「吝嗇(リンショク、貯め込むばかりで出し惜しみすること)」、同「穡」「𠎸」
◆農耕、農業、農作業、同「穡」
◆「𤲷夫(ショクフ)」、同「農夫(ノウフ)」◇農業に関わる物事を指導・監督する下級の役人◇農夫、農民
𤲺田5+10=総画数15 U+24CBA [ケイ、ゲ/]
◆人がやっと通れる程の小道、同「蹊」
𤲽田5+10=総画数15 U+24CBD [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:午集:田部:𨬛】古文校字」
𤲿田5+10=総画数15 U+24CBF [カイ、ガ、エ、カク、ワク/えが・く] 画𤰱𡇍畫畵𤱪𦘕𦘚𤲯𨽶𡱮𠚇
◆筆で線を引く、また線を引いて区切る、同「划」
◆漢字の線や点の数(画数)を数える語
◆輪郭(リンカク)を描く
◆事に先立って案を作る、計画する、同「図」
◆絵、絵を描く、輪郭を描き(画)そこに色を付ける(絵)
𤳀田5+10=総画数15 U+24CC0 [未詳/]
◆未詳
注解:「畿」の異体字か?
𤳅田5+10=総画数15 U+24CC5 [シャ/]
◆雪の中を行く
田5+11=総画数16 U+7580 [ソウ、ショウ/] 𦦘
◆鉄製・金属製(古くは木製・骨製など)の刃を取り付けたシャベルshovel状の農具、雑草などを取り除くために土を薄く削(そ)ぐ、土を掘って掬(すく)う、掘り起こした土を均(なら)す、などに使う、日本で「鋤(すき)」と呼ばれる農具、同「鍬」
田5+11=総画数16 U+7581 [リュウ、ル/]
◆田畑の草木を焼いてそこに種を播(ま)く、焼畑(やきばた)
◆田畑に溝を掘り水を引き入れる、灌漑する
田5+11=総画数16 U+7582 [チョウ、ジョウ/たたみ、たた・む] 畳疊叠曡𣆹𤴁疉㬪
◆薄いものが何層にも積み重なる、何度も同じことが繰り返される
◆たた・む、薄いものを折って重ねる
◆[日]たたみ、藁の床の表面にイグサ(藺草)の筵を張った敷物、薄い敷物を折って重ね厚くしたもの
鳥部
𤳈田5+11=総画数16 U+24CC8 [ショウ/]
◆アリ(蟻)やモグラ(土竜)などが作った土盛り、同「塲(場)」、「【集韻:卷三:平聲:陽第十:塲場𤳈𧐀】方言蚍蜉犂鼠之塲謂之坁塲一曰浮壤或作場𤳈𧐀」
𤳉田5+11=総画数16 U+24CC9 [カン/]
◆田畑を耕(たがや)す、土を掘り起こし砕き土中に空気を入れる、同「䎯」
𤳊田5+11=総画数16 U+24CCA [ヘイ、ビョウ/] 𤲒
◆ガマ(蒲)の茎などを編んで作った籠
𤳋田5+11=総画数16 U+24CCB [ソク、シキ、ショク/] 嗇𠹫啬𠾂𠻮𤲝𤲷
◆収穫した米などの食糧を倉庫に収(おさ)める、「吝嗇(リンショク、貯め込むばかりで出し惜しみすること)」、同「穡」「𠎸」
◆農耕、農業、農作業、同「穡」
◆「𤳋夫(ショクフ)」、同「農夫(ノウフ)」◇農業に関わる物事を指導・監督する下級の役人◇農夫、農民
𤳏田5+11=総画数16 U+24CCF [ルイ/]
◆田畑を区切るための土盛り、畦(あぜ)、同「畾」
𥝆禸部
田5+12=総画数17 U+7583 [タン/] 𤲫𤱝
◆町や村の外(はず)れで、シカ(鹿)などの動物が出没する普段は人が行かないようなところ、同「畽」「墥」
◆シカ(鹿)の足跡、また通った跡、「【玉篇:卷二:田部第十三:疃】吐管切鹿跡也」
◆「䵺疃(テイタン)」、蟻塚(ありづか)、アリ(蟻)が巣を作るために運び出した地中の土が、出入口を中心として積み上げられ山のような形になったもの、同「䵺墥」「蟻封(ギホウ)」、同「垤」
田5+12=総画数17 U+7584 [リン/] 𤳩
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所
𣜢禸部
𤳖田5+12=総画数17 U+24CD6 [ハン、バン、ハン、ホン/] 𤳗𤳛
◆輩(ともがら、やから)、同類の者の集団
𤳗田5+12=総画数17 U+24CD7 [ハン、バン、ハン、ホン/] 𤳖𤳛
◆輩(ともがら、やから)、同類の者の集団
𤳛田5+12=総画数17 U+24CDB [ハン、バン、ハン、ホン/] 𤳖𤳗
◆輩(ともがら、やから)、同類の者の集団
𤳜田5+12=総画数17 U+24CDC [ゼン、ネン/] 𤲬㽭𤳟
◆城下(内郭と外郭の間の区域)の空いている土地に作られた田畑、「【說文解字:田部:𤲬】城下田也一曰𤲬郤也」
◆川沿いの土地、同「堧」「壖」
𤳞田5+12=総画数17 U+24CDE [未詳/] 𤕌
◆未詳、「【石鼓文定本】𨙅溼旣坦{⿰弓⿱田田}里𤕌𤕌字彙作原溼旣坦疆理𤳿𤳿」
𤳟田5+12=総画数17 U+24CDF [ゼン、ネン/] 𤲬𤳜㽭
◆城下(内郭と外郭の間の区域)の空いている土地に作られた田畑、「【說文解字:田部:𤲬】城下田也一曰𤲬郤也」
◆川沿いの土地、同「堧」「壖」
田5+13=総画数18 U+3F6B [ヨウ、ユ/]
◆塞(ふさ)ぐ、同「壅」、「【集韻:卷一:平聲:鍾第三:𡓱壅㽫】塞也或从壅亦作㽫」
◆植物や堤防などの根元に土を盛る、同「壅」、「【正字通:午集上:田部:㽫】與壅通培田也…」
◆芡實(芡実、ケンジツ)、オニバスの種子、生薬として利用され強壮効果があるという未詳、同「雞壅、鷄壅(ケイヨウ)」、別名「鶏頭(ケイトウ)」、「【玉篇:卷二:田部第十三:㽫】於容切鷄頭也」 (但し「【正字通:午集上:田部:㽫】…芡實名雞雍非从田作㽫舊註誤土部壅註芡也亦非」は「雞雍、雞壅」を「雞㽫」と誤ったものとする)
田5+13=総画数18 U+3F6C [フク、ブク/]
◆次の、二次的な、主となるものに副(そ)える、同「副」
◆びっしりと詰まっている、「【廣韻:入聲:職第二十四:堛:㽬】多也密也」
土部
田5+13=総画数18 U+7585 [キョウ、コウ/] 疆壃畺
◆境(さかい)、界(さかい)、境目(さかいめ)、境界(キョウカイ)
𤴒田5+13=総画数18 U+24D12 [ルイ/] 鸓𪈦𪆼䴎𩁜𪉀
◆ムササビ(鼺鼠)やモモンガ(鼯鼠)などを含むリス科の滑空する哺乳類、別名「鸓鼠、鼺鼠(ルイソ)」「飛鸓、飛蠝、飛𤢹(ヒルイ)」「飛鼠(ヒソ)」「鼯鼠(ゴソ)」
田5+14=総画数19 U+3F6D [ゼン、ネン/] 𤲬𤳜𤳟
◆城下(内郭と外郭の間の区域)の空いている土地に作られた田畑、「【說文解字:田部:𤲬】城下田也一曰𤲬郤也」
◆川沿いの土地、同「堧」「壖」
田5+14=総画数19 U+7586 [キョウ、コウ/] 壃疅畺
◆境(さかい)、界(さかい)、境目(さかいめ)、境界(キョウカイ)
漢字林(非部首部別)
田5+14=総画数19 U+7587 [チュウ、ジュウ/] 畴𤲮𢑔𢑜𢏚
◆(麻を栽培する)耕作地、畑
◆田畑の畦(あぜ、田畑を区切るために土を盛り上げた所)、畝(うね、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所)
◆類(たぐい)、同類、「範疇(ハンチュウ)」
◆以前から続いている、代々と続く
◆(誰と特定できない)誰か、同「𠷎」
𤳩田5+14=総画数19 U+24CE9 [リン/]
◆畝(うね)、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所
𤳭田5+14=総画数19 U+24CED [コウ、キョウ/] 𤴀
◆(土地が痩せていて)作物が枯れ死ぬ
𤳯田5+14=総画数19 U+24CEF [ショ/]
◆籠また笊
𨢽酉部
田5+15=総画数20 U+3F6E [セイ、ショウ/ほし] 星𠻖𤯢曐皨𤽛
◆天体、天空で光る天体
◆(星のように)小さい、小さい点
◆ひときわ目立つ、またそのような人
◆二十八宿南方朱雀の一つ {二十八宿}
田5+15=総画数20 U+7588 [ヒョク、ヒキ/] 𠠦
◆割(さ)く、二つに割く、同「副」
石部
𤳬田5+15=総画数20 U+24CEC [ケイ、エ/あぜ、うね] 畦㽯
◆境目(さかいめ)として土を盛り上げたところ
◆田畑の区切り(境界)、同「畔」
◆田の面積の単位、1畦=50畝
𤳳田5+15=総画数20 U+24CF3 [ライ、キ、ケ/]
◆雷、古「雷」
◆「仲𤳳(チュウキ)」、殷代(約前17世紀~約前11世紀)の人で商朝の創建者である商湯に仕えた、同「仲虺」、別名「莱朱(ライシュ)」
漢字林(非部首部別)
𤳴田5+15=総画数20 U+24CF4 [ライ/]
◆未詳
𤳵田5+15=総画数20 U+24CF5 [未詳/]
◆未詳
糸部
缶部
𤳹田5+16=総画数21 U+24CF9 [キ、ケ/] 𤴄
◆「仲𤳹(チュウキ)」、殷代(約前17世紀~約前11世紀)の人で商朝の創建者である商湯に仕えた、同「仲𤳳」「仲虺」、別名「莱朱(ライシュ)」
𤳻田5+16=総画数21 U+24CFB [ルイ/] 累𤴈
◆同様のものごと(物・者や事・言など)が次へ次へと(以前のことに加えて更に同じことが)繰り返される、また積み重なる、同「纍」、同「絫」
◆次へ次へと繋(つな)がって行く、またそのようなこと、「累代(ルイダイ、何代にも亘ること)」「連累(レンルイ、巻き添えになること、累が及ぶこと)」
◆同じようなことが何度も繰り返されて(同じようなことを何度も繰り返さなくはならず)煩(わずら)わしい
田5+17=総画数22 U+7589 [チョウ、ジョウ/たたみ、たた・む] 畳疊疂叠曡𣆹𤴁㬪
◆薄いものが何層にも積み重なる、何度も同じことが繰り返される
◆たた・む、薄いものを折って重ねる
◆[日]たたみ、藁の床の表面にイグサ(藺草)の筵を張った敷物、薄い敷物を折って重ね厚くしたもの
漢字林(非部首部別)
田5+17=総画数22 U+758A [チョウ、ジョウ/たたみ、たた・む] 畳疂叠曡𣆹𤴁疉㬪
◆薄いものが何層にも積み重なる、何度も同じことが繰り返される
◆たた・む、薄いものを折って重ねる
◆[日]たたみ、藁の床の表面にイグサ(藺草)の筵を張った敷物、薄い敷物を折って重ね厚くしたもの
漢字林(非部首部別)
𤳿田5+17=総画数22 U+24CFF [未詳/] 𤴋
◆未詳、「【正字通:午集上:田部:𤴋】石鼓文疃字譌」、但し【石鼓文定本】では「𤕌」
𤴀田5+17=総画数22 U+24D00 [コウ、キョウ/] 𤳭
◆(土地が痩せていて)作物が枯れ死ぬ
𤴁田5+17=総画数22 U+24D01 [チョウ、ジョウ/たたみ、たた・む] 畳疊疂叠曡𣆹疉㬪
◆薄いものが何層にも積み重なる、何度も同じことが繰り返される
◆たた・む、薄いものを折って重ねる
◆[日]たたみ、藁の床の表面にイグサ(藺草)の筵を張った敷物、薄い敷物を折って重ね厚くしたもの
田5+18=総画数23 U+3F6F [ケイ、エ/あぜ、うね] 畦𤳬
◆境目(さかいめ)として土を盛り上げたところ
◆田畑の区切り(境界)、同「畔」
◆田の面積の単位、1畦=50畝
土部
𤴂田5+18=総画数23 U+24D02 [リャク、ラク/] 𧐋𧐣𧐯𧕌
◆「螶𤴂(キョリャク)」、カゲロウ(蜉蝣)、カゲロウ目の昆虫、同「螶𧎾」、別名「蜉蝣(フユウ)」
𤴄田5+18=総画数23 U+24D04 [キ、ケ/] 𤳹
◆「仲𤴄(チュウキ)」、殷代(約前17世紀~約前11世紀)の人で商朝の創建者である商湯に仕えた、同「仲𤳳」「仲虺」、別名「莱朱(ライシュ)」
𧕌虫部
𤴅田5+19=総画数24 U+24D05 [ロ、ル/] 罏𧈕
◆胴が膨らみ口が窄まった酒を入れる丈が長い瓶(かめ)、同「𤮧」
鳥部
𤴇田5+21=総画数26 U+24D07 [未詳/]
◆未詳、「【管子:侈靡】三堯在臧於縣返於連比若是者必從是𤴇亡乎」「【字彙補:午集:田部:𤴇】管子侈靡篇若是者必從是𤴇亡乎註即𤾪字敗也」「【漢語大字典:田部:𤴇】【中華字海:田部:𤴇】同"𤴊(櫑)"」「【中文大字典:田部:𤴇】與𤾪同」
𤴈田5+21=総画数26 U+24D08 [ルイ/] 累𤳻
◆同様のものごと(物・者や事・言など)が次へ次へと(以前のことに加えて更に同じことが)繰り返される、また積み重なる、同「纍」、同「絫」
◆次へ次へと繋(つな)がって行く、またそのようなこと、「累代(ルイダイ、何代にも亘ること)」「連累(レンルイ、巻き添えになること、累が及ぶこと)」
◆同じようなことが何度も繰り返されて(同じようなことを何度も繰り返さなくはならず)煩(わずら)わしい
𤴊田5+21=総画数26 U+24D0A [未詳/]
◆未詳
注解:「櫑」「罍」の異体字か?
𤴎田5+21=総画数26 U+24D0E [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:午集:田部:𤴎】《石鼓文》疃字《字彙》作𤳿誤」
𤴋田5+22=総画数27 U+24D0B [未詳/] 𤳿
◆未詳、「【正字通:午集上:田部:𤴋】石鼓文疃字譌」、但し【石鼓文定本】では「𤕌」
𤴌田5+22=総画数27 U+24D0C [ライ/かみなり、いかずち] 雷𩄣靁𩇓䨓𩂩𤴑𤴐
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光 {雷}
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
𤴐田5+27=総画数32 U+24D10 [ライ/かみなり、いかずち] 雷𩄣靁𩇓䨓𩂩𤴑𤴌
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光 {雷}
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
漢字林(非部首部別)
𦉩缶部
𤴑田5+28=総画数33 U+24D11 [ライ/かみなり、いかずち] 雷𩄣靁𩇓䨓𩂩𤴌𤴐
◆雲の内部や雲と地表の間に発生する放電現象、それに伴う音や光 {雷}
◆大地や大気を激しく揺るがすような大きな音、またそのような音のするもの
𪉀鳥部


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 田部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です