総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「手部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 手部」 [部首索引


手4+0=総画数4 U+624B [シュウ、シュ、ス/て、た] 𡴤𠂿
◆体や物体の一部で、胴から分かれ出て伸び、持つ・握る・叩く・ものを作る・操作するなどの機能を持つ部分、掌(たなごころ)と指を合わせた全体、腕の先の部分 {人体(上肢)}
◆自(みずか)ら、「自分の手で」「手ずから」の意
◆(手を使って)ものを作る、またその使い方、またその腕前、「手芸(シュゲイ)」「手法(シュホウ)」「上手(ジョウシュ、ジョウズ、うわて)」
◆て、部首名
漢字林(非部首部別)
手3+0=総画数3 U+624C [/]
◆てへん、部首名、「手」が偏(ヘン、漢字の左部)にあるときの字形
漢字林(非部首部別)
手3+0=総画数3 U+624D [サイ、ザイ/]
◆資質(シシツ)、素質(ソシツ)、もの本来が持つ性格や力、またそれを発揮すること、また発揮する人、「才能(サイノウ、素質と能力)」
◆僅(わず)か~、ほんの少し~、たった~、やっと~したばかり、同「財」「纔」
◆[日]「歳(サイ、とし、年齢)」の略字
漢字林(非部首部別)
手3+1=総画数4 U+624E [サツ、セチ/]
◆突き刺す、突き通す
◆束(たば)ねる、解(ほど)けないようにしっかりと束ねる、同「紮」
◆「掙扎(ソウサツ)」、藻掻(もが)く、足掻(あが)く、なんとかしようと必死になる、同「掙揣(ソウスイ)」「䦛䦟(ソウスイ)」
◆札(ふだ)、薄く小さい木片、同「札」
漢字林(非部首部別)
𢩥手4+1=総画数5 U+22A65 [シツ、シチ/うしな・う、う・せる]
◆指の間から(隙間から)するりと抜け出る、手にしていたもの(それまであったもの)をなくす
◆逸(イッ)する、なくす、なくなる
◆すべきことや選ぶべき道・時などを見逃(みのが)す
◆遣り損(やりそこな)う、すべきことを(うっかり)し忘れる、過(あやま)つ
𢩦手4+1=総画数5 U+22A66 [ケキ、キャク/] 丮𠃨
◆しっかりと(右)手に持つ、手に取りしっかりと握る、同「𡙕(執)」、逆(左手)は「𠨭」
手3+2=総画数5 U+39C3 [シュウ、ス、キュウ、ク/]
◆一つに纏(まと)める、一カ所に集める、同「収」
◆しっかりと結(ゆ)わく、ぎゅっと絞(し)める、同「摎」
力部
手3+2=総画数5 U+624F [キュウ、グ/]
◆緩(ゆる)い
手3+2=総画数5 U+6250 [ロク/]
◆(占いの時に筮を)指でしっかり挟む
手3+2=総画数5 U+6251 [ホク、ボク/]
◆撃つ、叩(たた)く
◆罰として打ち据(す)えるための木の棒、棒で打つ
◆繁「撲」
手3+2=総画数5 U+6252 [ハイ/]
◆手で掘る
◆手で払い除ける
◆割いて分ける
◆掏(す)る
手3+2=総画数5 U+6253 [テイ、チョウ、ダ/う・つ]
◆撃(う)つ、手や道具を物に当てる、叩(たた)く
◆~する、「打消(ダショウ、取り消す、打ち消す)」「打撃(ダゲキ、撃つ)」「打開(ダカイ、開ける)」「打算(ダサン、計算する)」「打傷(ダショウ、傷を負う、傷を負わせる)」「打倒(ダトウ、倒す)」「打頭(ダトウ、先頭に立つ)」
◆~(場所や時間など)から、同「从」
◆個数の単位、ダースdozen、1打=12個
漢字林(非部首部別)
手3+2=総画数5 U+6254 [ジョウ、ニョウ/]
◆強く引っ張る、同「𢫨」
◆放り投げる、投げ出す、投げ捨てる、同「擲」
手3+2=総画数5 U+6255 [フツ、ホチ、ヒツ/はら・う]
◆取る
◆手(や用具)を左右に振って不要なものや邪魔なものを他に追いやる、同「拂」、本来「拂」は別字だが古くから「拂」の異体字として「払」が用いられた
◆[日]代金を渡す
手3+2=総画数5 U+6256 [/さがす]
◆[日]未詳
𠓢入部
𠛃刀部
𢩨手3+2=総画数5 U+22A68 [コウ、キョウ/たく・み、うま・い]
◆技(わざ)、技術が秀(ひい)でているさま、器用なさま
◆上手(じょうず)な、上手(うま)い
◆技術、技量
𢩩手3+2=総画数5 U+22A69 [サ、シャ/さて]
◆物を突き刺して取る先端が枝分かれしたフォークfork状の道具、またそれで突き刺す、また突き刺して取る、同「杈」
◆簎(やす)、柄の先に先端を尖らせた"⊂∈"字状の金属(古くは骨など)を取り付けた突いて魚介を獲(と)るための漁具、またこれを使って魚介を獲る、同「杈」「簎」
◆未詳、「【廣韻:上平聲:佳第十三:扠:扠】以拳加人亦作搋」
◆[日]さて、話題を変える時の言葉、同「扨」
𢩫手3+2=総画数5 U+22A6B [シン/]
◆(上から手を翳し)指先で抓(つま)み取る、同「㧥」「扟」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢩫】俗㧥或作扟正所臻反从上擇取物也」
𢩬手4+2=総画数6 U+22A6C [カツ、ケチ/] 㓞𠛉𠛃
◆刀で文字などを刻(きざ)み込む、また彫(ほ)る、同「契」「栔」
手3+3=総画数6 U+39C6 [キン/]
◆ものを覆う
手3+3=総画数6 U+39C8 [イン/ひ・く] 引𢪉
◆(弓の弦を)手繰り寄せる
◆手前に寄せる、手前に寄せて受ける、手前に寄せて導く
◆退く
◆長さの単位 {各種単位}
手3+3=総画数6 U+6257 [サイ、ザイ/あ・る、いま・す] 在𡉈𥩴
◆そこに居(い)る、同じ状態で一定のところに留(とど)まっている、またその場所
◆~に於(お)いて、~(場所)で(at)
手3+3=総画数6 U+6258 [タク/] 𢩷
◆他人(ひと)の手や盆などの上にものを載(の)せる
◆託(たく)する、他人(ひと)に任(まか)せる、委(ゆだ)ねる、同「託」「乇」「仛」「侂」
◆物を受けるための皿や盆の類
手3+3=総画数6 U+6259 [ジョウ、チョウ/]
◆傷
手3+3=総画数6 U+625A [チョウ、シャク、テキ、チャク/]
◆素早く撃つ
◆引く
手3+3=総画数6 U+625B [コウ/]
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「舁」「掆」「𢱫」
手3+3=総画数6 U+625C [ウ/]
◆指揮する
◆弓を引く
手3+3=総画数6 U+625D [ウ/]
◆引く
手3+3=総画数6 U+625E [カン、ガン/]
◆防ぐ、くい止める、同「仠」「捍」「㪋」
◆弓籠手(ゆごて)、弾いた弓の弦が当たって傷付かないように腕に着ける防具、同「捍」
◆(麺打ちのように)丸い棒を圧(お)し転がすようにして平らに延(の)ばす、同「擀」
手3+3=総画数6 U+625F [シン/]
◆(上から手を翳かざし)指先で抓(つま)み取る、同「𢩫」「㧥」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢩫】俗㧥或作扟正所臻反从上擇取物也」「【說文解字注:虎部:虢】虎所攫畫明文也(攫者㕚所扟也畫者㕚所劃)」
注解:別「𢩲」
手3+3=総画数6 U+6260 [サ、シャ/さて] 𢩩
◆物を突き刺して取る先端が枝分かれしたフォークfork状の道具、またそれで突き刺す、また突き刺して取る、同「杈」
◆簎(やす)、柄の先に先端を尖らせた"⊂∈"字状の金属(古くは骨など)を取り付けた突いて魚介を獲(と)るための漁具、またこれを使って魚介を獲る、同「杈」「簎」
◆未詳、「【廣韻:上平聲:佳第十三:扠:扠】以拳加人亦作搋」
◆[日]さて、話題を変える時の言葉、同「扨」
手3+3=総画数6 U+6261 [タ、チ/] 𢫌
◆曳(ひ)く、引っ張る、綱などの長いもの(またその先に物を繋いだもの)を引き摺(ず)るようにして引っ張る、同「拕」「拸」
◆裂(さ)く、切り割(さ)く、同「搋」「析」
手3+3=総画数6 U+6262 [コツ、コチ、キツ、キチ/]
◆拭(ふ)く、拭(ぬぐ)い取る、同「㧉」
◆喜び勇(いさ)むさま
◆吹き出物や腫れ物などの突起物
手3+3=総画数6 U+6263 [コウ、ク/]
◆逸(はや)る馬を引いて抑(おさ)える、引っ張って止める
◆こんこん・とんとんと短く軽く繰り返し叩(たた)く、同「叩」
◆差し引く、同「控」
◆留具(とめぐ)、合わせの部分を繋(つな)ぎ留めるもの、ボタンbutton(釦)・バックルbuckle・紐など、同「釦」、「帶扣(タイコウ、帯の留め具)」「紐扣、鈕扣(ジュウコウ、ボタン)」 {服飾(留具)}
漢字林(非部首部別)
手3+3=総画数6 U+6264 [ゴツ、ゴチ/] 𢪁
◆揺(ゆ)すぶる、揺り動かす
手3+3=総画数6 U+6265 [トン/] 扽㩐
◆強く引っ張る、ぐいっと一気に引っ張る、同「𢻴」
手3+3=総画数6 U+6266 [セン/] 𢳍𢸯
◆刺し入れる
手3+3=総画数6 U+6267 [シュウ、シツ/と・る] 執𠙜𡘺𡙕𦎃𠌷𥝡
◆手に取りしっかりと握る、しっかりと手や目や頭などの中に入れる、掴(つか)まえて離さない
◆ぴったりと付く、ぴったりと付いて離れない、心が捉(とら)われる
◆しっかりと握り守る
◆自分のすべきことをしっかりと手に収めて行う
漢字林(非部首部別)
手3+3=総画数6 U+6268 [/さて]
◆[日]さて、話題を変える時の言葉、同「扠」
手3+3=総画数6 U+6269 [カク/ひろ・げる、ひろ・がる] 擴拡
◆大きく広げる、いっぱいに広げる、また広がる、一面に広がる、同「撗」「㨯」
手3+3=総画数6 U+626A [ボン、モン/]
◆手で触れる、手で軽く撫(な)でる、「扪心(モンシン、胸に手を当てること)」
手3+3=総画数6 U+626B [ソウ/は・く、はら・う]
◆箒(ほうき)などで埃(ほこり)や塵(ちり)などを払(はら)う、また払ってきれいにする、同「埽」
◆払い除(の)ける
手3+3=総画数6 U+626C [ヨウ/あ・がる] 揚敭𢾙𣈟𠭲
◆高く上がる、高く上げる
◆(気持ちや声などが)高まる、高める
◆(名前や評判などが)高まり広まる、広く伝わる
◆[日]熱した油の中に食材を入れて調理する
手3+3=総画数6 U+6271 [ソウ、ショウ、キュウ、コウ/しご・く、こ・く、あつか・う]
◆挟(はさ)む、狭いところに差し入れる、同「插(挿)」
◆引く、手前に引く、引き上げる
◆搔(か)き集める、一カ所に集める、また集め取る、集めて片付ける、「【禮記注疏(禮記正義):卷一:曲禮上】…以箕自鄕而扱之(《注》扱讀曰吸謂収糞時也箕去棄物以鄕尊者則不恭)」
◆拝礼して手を地に着ける
◆[日]しご・く、こ・く◇長いものを片手でぐっと握(にぎ)り、他方の手でそれを引く◇厳(きび)しく訓練する
◆[日]あつか・う、処理する、操作する
𢩭手3+3=総画数6 U+22A6D [ソン/]
◆細かく切り分ける、丁度良い具合に切り分ける
𢩮手3+3=総画数6 U+22A6E [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢩮】與即反拭也」「【正字通:卯集中:手部:𢩮】拭字之譌」
𢩱手3+3=総画数6 U+22A71 [ホウ、ボウ/] 𢪮
◆打つ、同「𢪋」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢪮𢩱】二俗𢪋通音棒打也」
𢩲手3+3=総画数6 U+22A72 [シン/]
◆振る、揺(ゆ)り動かす
注解:別「扟」
𢩷手4+3=総画数7 U+22A77 [タク/]
◆他人(ひと)の手や盆などの上にものを載(の)せる
◆託(たく)する、他人(ひと)に任(まか)せる、委(ゆだ)ねる、同「託」「乇」「仛」「侂」
◆物を受けるための皿や盆の類
𢩿手3+3=総画数6 U+22A7F [セイ、ゼイ/]
◆[喃]、分ける、「𢺺𢩿(チャゼイ、分ける)」
◆未詳、「【中華大字典:手部:𢩿】在本字見《正字通》[†「【正字通:丑集中:土部:在】…又姓晉汝南太守𢩿育…」は{⿰扌士}ではなく{⿰扌土}]」
𢪁手3+3=総画数6 U+22A81 [ゴツ、ゴチ/]
◆揺(ゆ)すぶる、揺り動かす
𢪂手3+3=総画数6 U+22A82 [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:卯集補遺:手部:𢪂】《川篇》火大切音饃摸也」「【中華字海:扌部:𢪂】"㧋"的讹字」
𨙰邑部
手3+4=総画数7 U+39C9 [カイ/]
◆拭(ふ)く、拭(ぬぐ)い取る、同「扢」
手3+4=総画数7 U+39CB [ケン/]
◆未詳、「【篇海類編:卷之八:身體類:手部:㧋】音𠵌上聲捵也」
手3+4=総画数7 U+39CC [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:㧌】俗撓正呼高反撓攪也下又奴巧反撓亂也」「【集韻:卷八:去聲下:号第三十七:毛㧌】擇也鄭康成說或从手通作芼」「【五音集韻:卷十一:号第十四:毛㧌】毛鷹鷂鸇」「【喻林:卷八十四:德行門】…諸衆生如阿修羅王能徧㧌動三有大城…」「【字彙:卯集:手部:㧌】莫報切音帽撼也」「【正字通:卯集中:手部:㧌】扽字之譌佩觿集扽撼也」
手3+4=総画数7 U+39CD [ホウ/]
◆「㧍拂(ホウフツ)」◇はっきりと見分けがつかないさま、よく似ていて紛(まぎ)らわしいさま◇はっきりと見分けはつかないがよく似ている、「まるで~のよう」「~にそっくり」のような意◇同「方弗」「仿佛」「彷彿」「眆䀟」「髣髴」「髣𩭬」
◆未詳、「【集韻:卷四:平聲四:搒㧍】相牽也」
手3+4=総画数7 U+39CE [ガ、ゲ/]
◆しっかりと掴(つか)む、しっかりと握(にぎ)る、同「㧖」「揢」
◆平らに押し展(の)ばす、同「砑」
◆「扠㧎(サガ)」、交叉(コウサ、交差)し入り組むさま、「【集韻:卷三:平聲:麻第九:㧎】技㧎不正[†「技㧎」は「扠㧎」の誤りか]」「【正字通:卯集中:手部:㧎】牛霞切音牙扠㧎不正貎與枒通…」
◆未詳、「【玉篇:卷六:手部第六十六:㧎】客加切將也」
手3+4=総画数7 U+39CF [コウ/] 掆𢭈
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「扛」「𢱫」「舁」
手3+4=総画数7 U+39D1 [キ/]
◆(こっち、あっち、向こう、など)手や指で指図(さしず)する、指示する、合図する、同「揮」
◆裂(さ)く
手3+4=総画数7 U+626D [ジュウ、ニュウ/]
◆手でぎゅっと握る、同「揪(揫)」
◆手で掴(つか)んで回す、手で捻(ひね)る
手3+4=総画数7 U+626E [フン、ハン、ヘン/] 𢮈𢪆
◆実際とは違う姿を装う
◆役を演じる
◆掻き回す
手3+4=総画数7 U+626F [シャ/]
◆引く、引っ張る、「【陔餘叢考:卷四十三】扯俗云以手牽物曰扯」
◆引き裂(さ)く、引きちぎる、同「撦」
手3+4=総画数7 U+6270 [ジョウ、ニョウ/] 擾𢹎𢺕
◆乱れる、入り乱れる、掻(か)き回して秩序ある状態を乱す
◆騒ぐ、騒がせる、騒いで混乱させる
◆様々なことが入り乱れて心穏やかでない、ざわざわとしている
◆馴(な)らす、手懐(てなず)ける、同「㹛」
手3+4=総画数7 U+6272 [ケン、ゲン、キン、ゴン/]
◆仕事、人の営みの基となる仕事、同「業」
◆(さっと)手で押さえる、取り押さえる、押さえて動けないようにする、同「擒」「㩒」「捦」
手3+4=総画数7 U+6273 [ハン、ヘン/]
◆引く、手前に引っ張る、引き寄せる、同「攀」「𢸅」
◆(去ろうとするものを、離れて行こうとするものを)引き留める、「【楚辭:卷第十四:哀時命】往者不可扳援兮徠者不可與期(…扳一作攀徠一作來補曰扳與攀同引也)」
◆「扳指(ハンシ)」、弓を射るときに弦(つる)を引く手の親指に嵌(は)める筒状(幅広の指輪状)の用具、射決(シャケツ)、同「韘」 {武器(弓)}
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6274 [カツ、ケチ/] 𢪅
◆擦(こす)る、擦り取る
手3+4=総画数7 U+6275 [オ、ウ、ヨ/お・いて、お・ける]
◆~(場所)で(at)、~(場合)に(on、in)、同「于」
◆「ああ」「おう」などの感嘆の声、同「烏」「𥾪」「𤚶」「𣱏」「𤕘」、「【集韻:卷二:平聲:模第十一:烏於𡗃𥾪】汪胡切說文孝鳥也孔子曰鳥𥃳呼也取其助氣故以為烏呼古作於𡗃𥾪亦姓」
手3+4=総画数7 U+6276 [フ、ブ/たす・ける]
◆手を添え助ける、支え助ける、同「𢻳」
◆「扶桑(フソウ)」◇東方の太陽が出るところにあるという神木、同「榑桑」◇東方の地◇日本の異称◇ブッソウゲ(仏桑華)、アオイ科フヨウ属の植物 {ブッソウゲ}
◆「右扶風(ユウフフウ)」、西漢代(セイカン、前漢、前202年~9年)に首都長安(チョウアン、現陝西省西安セイアン市)を中心に置かれた三つの行政区の一つ、京兆尹(ケイチヨウイン)・左馮翊(サヒヨウヨク)と合わせ「三輔(サンポ)」と呼ばれた、現陝西省宝鶏(ホウケイ)市扶風(フフウ)県 {陝西省}
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6277 [オウ/]
◆量(はか)る、「【字彙:卯集:手部:扷】於到切奧量也」
手3+4=総画数7 U+6278 [セツ、セチ/お・る、お・れる、おり]
◆まっすぐなものや平らなものを途中から"V"字形に曲げる、また曲げて畳む、同「㪿」、単に"U"字形のように曲げるのではなく折り目が付くようにしっかりと曲げることをいう
◆きっぱりと判断する
◆途中で曲がってしまっている、損(そこ)なう
◆まっすぐに行けない、途中で挫(くじ)ける、屈する
◆若くして死ぬ、「寿命を全(まっと)うすることなくその途中で死ぬ」の意、同「歽」
手3+4=総画数7 U+6279 [ヘイ、ハイ、ヒ/]
◆平手で叩(たた)く、同「𢱧」
◆良し悪(あ)しや是非を判定する
◆評価や意見、またその言葉、コメントcomment
手3+4=総画数7 U+627A [シ/]
◆掌で(ぴしゃりと、ぽんと)打つ、叩(たた)く
◆突き当たる、当たる、同「抵」
手3+4=総画数7 U+627B [シツ、シチ、ソン/]
◆髪を梳(す)く、髪を梳き整える、同「櫛」
◆損(そこ)なう、同「損」
手3+4=総画数7 U+627C [アク、ヤク/]
◆押(お)さえる、(動かないように)しっかりと押さえる、抑(おさ)える、同「㧖」
◆しっかりと掴(つか)む、しっかりと握(にぎ)る、同「㧖」「搤」「搹」
手3+4=総画数7 U+627D [トン/] 扥㩐
◆強く引っ張る、ぐいっと一気に引っ張る、同「𢻴」
手3+4=総画数7 U+627E [カ、ゲ、ソウ、ショウ/]
◆櫂(かい)を使って船を進める、またその櫂、同「划」
◆尋(たず)ねる、探(さが)す、探し求める
◆足(た)りない分(不足分)を補(おぎな)う
手4+4=総画数8 U+627F [ショウ、ジョウ/うけたまわ・る、う・ける] 𢪻𢌼𢪐
◆上にあるものを掌(てのひら)で受ける
◆上位者からの授(さず)かりものを下位者が恭(うやうや)しく両手で受ける、また受け取る
◆上位者からの命令や意向などを受ける、また受け入れる
◆(後の者が前の者の意志や言葉などを)受け継ぐ
◆「奉承(ホウショウ)」、相手を持ち上げる、煽(おだ)てる
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6280 [キ、ギ/わざ]
◆手足を使い巧(たく)みに物を作る或いは操(あやつ)る、またその能力や方法
◆藝(ゲイ、芸術、技芸)、巧みに演(エン)ずる、またその能力や方法
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6281 [エン、オン/] 𢯻
◆揺らす、揺り動かす
◆手に持って揺らし重さなどを量る
手3+4=総画数7 U+6282 [キョウ、ゴウ/]
◆乱れる、曲(ま)がる、歪(ゆが)む、「撟抂(キョウキョウ、乱れ・曲がり・歪みなどを本来の形に直し整えること)」、「【前漢書(漢書):卷十四:諸侯王表第二】宮室百官同制京師可謂撟抂過其正矣(師古曰撟與矯同抂曲也正曲曰矯…)」
手3+4=総画数7 U+6283 [ヘン、ベン/]
◆両手をぱんぱんと打ち鳴らす、拍子をとりながら両手を打ち鳴らす、同「拚」
手3+4=総画数7 U+6284 [ソウ、ショウ/す・く]
◆(さっと)奪い取る、掠(かす)め取る、盗み取る、同「鈔」
◆(さっと)掬(すく)い取る、掬い上げる、同「鈔」「摷」
◆書き写す、謄写(トウシャ)する、同「鈔」、「抄本(ショウホン)」
◆一部分だけを選び書き写す、またそれを一つに纏(まと)めた書物、同「鈔」
◆容量の単位、1合=10勺、1勺=10撮、1撮=10抄
◆[日]紙を漉(す)く
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6285 [コウ、ク/こだわ・る、かかわ・る]
◆「掌(てのひら)の中に入れ指を閉じて握(にぎ)る」「腕を回して抱(かか)える」のように、周りを取り囲んで押さえ自由に動けないようにする、束縛(ソクバク)する、「拘束(コウソク)」
◆こだわ・る、あることに囚(とら)われる、また縛(しば)られる、固執(コシツ)する、「拘泥(コウデイ)」
◆「不抅(フコウ、かかわらず)」◇~に縛られることなく◇~に関係なく
手3+4=総画数7 U+6286 [ブン、モン/] 𢪖𢵢
◆拭(ぬぐ)う、擦(こす)るようにして払う、同「㨉」
手3+4=総画数7 U+6287 [コツ、ゴチ、コチ/] 𢪏
◆掘る、穴を掘る
◆引く、引っ張る
手3+4=総画数7 U+6288 [ゲツ、ゴチ/]
◆折る、折れる
◆揺(ゆ)れる、揺れ動く
手3+4=総画数7 U+6289 [ケツ、ケチ/えぐ・る、こじ・る]
◆えぐ・る、こじ・る、細長いものを突き入れて埋まっているものを穿(ほじく)る、「剔抉(テキケツ)」
◆弓を射るときに弦(つる)を引く手の親指に嵌(は)め、弦に掛けて引く用具、「抉拾(ケツシュウ、弓を射るときに指や腕を保護する防具)」
手3+4=総画数7 U+628A [ハ、ヘ/たば、わ] 𢮤
◆手の中に入れてしっかりと握る、周りからしっかりと押さえる、しっかりと握って持つ
◆容器や道具の握り持つ部分 {農具(鋤鍬類)}
◆たば、わ、束ねたものを数える語、一般には一握り分を「1把」という
◆数詞の後に置いて凡その数であることを示す語、例「百把人、凡そ百人、百人ほど」
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+628B [シン/] 𢱶
◆挿す
手3+4=総画数7 U+628C [タン、シン/]
◆叩(たた)いて深く打ち込む、押し込む、同「㪛」
◆刺す、刺し込む
手3+4=総画数7 U+628D [ショウ、ジョウ/] 拯𢫒𢮋
◆手を貸して救う、(溺れた者などを)救い上げる、救い出す、同「氶」「丞」「撜」
手3+4=総画数7 U+628E [イン/]
◆失う、なくす、なくなる、失墜(シッツイ)する
手3+4=総画数7 U+628F [ガン/]
◆角(かど)を削って丸くする、角(かど)が取れて丸くなる、同「刓」
◆玩(もてあそ)ぶ、手に持って飽きずに愛(め)でる、同「玩」
手3+4=総画数7 U+6290 [ドツ、ノチ、ドウ、ノウ、ジュウ、ニュウ/]
◆手の中に入れる、手の中で揉(も)む
◆「搵抐(オンドツ)」、熱い物を冷(さ)ましたり染色するなどのために物を水などの液体に沈め手で押さえる、また押さえながら揉む
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6291 [ヨク、オク/おさ・える、そも、そもそも] 𢮮𢬃𢫽
◆おさ・える、上から下の方向に押さえ付ける、押え付けて立ったり起きたり(上の方に向かう動作)や目立ったり激しい動作をしないようにする
◆そもそも、文中に置いてそれまでの話を終わり(抑えて)新たな話を始める際に用いる語
◆そもそも、(そういう考えもあるが、そうではなくて)本来は
手3+4=総画数7 U+6292 [ショ、ジョ/]
◆汲(く)み出す、取り出す、中にあるものを外に出す
◆(心の中にある)考えや思いを言葉や態度で表す、考えや思いを述べる、同「攄」「捈」
◆解(ほぐ)す、弛(ゆる)める
手3+4=総画数7 U+6293 [ソウ、ショウ/つま・む、つね・る]
◆つま・む、(指や箸などの長いものを使って)掴(つか)む、また掴み取る、同「摘」「撮」
◆爪を立てて掻(か)く、同「搔」
◆[日]つね・る、指先で掴んで捻(ひね)る
手3+4=総画数7 U+6294 [ホウ、ブ/]
◆両手で掬(すく)う
◆両手で掬った量の単位
◆[日]など、等
手3+4=総画数7 U+6295 [トウ、ズ/な・げる] 𢫹
◆手に持っているものを放り出す、手放す
◆持っているものを他のものに入れる、また当てる
◆棄てる、諦める
◆止まる、滞在する
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6296 [トウ、ツ/]
◆小刻みに震(ふる)える、また震わす、揺(ゆ)さぶる
◆「抖擻、抖藪(トウソウ)」◇揺さぶり動かす◇(気持ちを)奮(ふる)い立たせる◇振り払う、払い除(の)ける、梵語の「頭陀(ズダ、dhūta)」の漢訳、「仏僧が修行すること」の意で「(煩悩を)振り払う」の意に用いられる
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6297 [コウ/あらが・う]
◆まっすぐなさま、まっすぐに立つさま、同「伉」
◆正面から対する、相対する、同「伉」
◆あらが・う、向かって来るものを正面から防ぎ止める、拒(こば)む
◆「拮抗(キッコウ)」、力の差が殆(ほとん)どなく優劣つけ難いさま、互いが譲らず勝敗・優劣が決まらないさま、同「頡頏(ケッコウ)」
手3+4=総画数7 U+6298 [セツ、セチ/お・る、お・れる、おり]
◆まっすぐなものや平らなものを途中から"V"字形に曲げる、また曲げて畳む、同「㪿」、単に"U"字形のように曲げるのではなく折り目が付くようにしっかりと曲げることをいう
◆きっぱりと判断する
◆途中で曲がってしまっている、損(そこ)なう
◆まっすぐに行けない、途中で挫(くじ)ける、屈する
◆若くして死ぬ、「寿命を全(まっと)うすることなくその途中で死ぬ」の意、同「歽」
◆[日]おり、機会、時
漢字林(非部首部別)
手3+4=総画数7 U+6299 [ホウ、ブ/]
◆掻(か)き寄せる、掻き集めて抱(かか)える
手3+4=総画数7 U+629A [フ、ブ/な・でる] 撫𢸮𢺌𢻲𢻬
◆手を滑らすようにして軽く摩(さす)る
◆摩るようにして愛(いと)おしむ、「愛撫(アイブ)」
◆摩るようにして優しく労(いた)わる、「慰撫(イブ)」
◆物の上に手を置く、手で軽く押える
◆軽くぽんぽんと叩(たた)く、同「拊」
◆手本をなぞって書く・描く、手本とするものに倣(なら)って書く・描く、同「摸」
手3+4=総画数7 U+629B [ホウ、ヒョウ/] 拋𢱹
◆放り投げる、放物線を描くように高く遠くに投げる
◆投げ棄てる
手3+4=総画数7 U+629C [ハツ、バチ、バツ/ぬ・く、ぬ・ける、ぬ・かす、ぬ・かる] 拔㧞𢬌𢪺
◆多くの中で一部だけが見えているところを掴んで引っ張り出す
◆多くの中から必要なもの或いは不必要なものを選んで取り出す
◆多くの中でそこだけ(それだけ)が突き出ている、他よりそこだけ(それだけ)が優れている
◆[日]肝心なところを見落とす
手3+4=総画数7 U+629D [オウ、ヨウ/ねじ・る、す・ねる、こじ・れる]
◆ねじ・る、竹のように撓(しな)り曲がる、また曲がってから折れる
◆す・ねる、素直に人の言うことを聞き入れない
◆こじ・れる、すんなりと運ばない
手3+4=総画数7 U+629E [タク、ジャク/えら・ぶ] 擇择
◆仕分けて選び出す、幾つかの中から選び出す、同「睪」「𢍰」
◆選(よ)り分ける
手3+4=総画数7 U+629F [タン、ダン/] 摶𢮨𢰁𢮛㩛
◆ばらばらのものを集めて纏(まと)める、また纏まって一塊になる
◆凭(もた)れる、頼りにする
◆専(もっぱ)ら、ひたすら
手3+4=総画数7 U+62A0 [コウ、ク/]
◆指で端(はじ)を持ちたくし上げる、提(さ)げる、裳(も、下半身に穿く衣服)の下端を持ち上げ裾(すそ、腰から下の部分)を垂らすようにする
◆手や指で探(さぐ)る、また探って引き上げる(取り出す)
手3+4=総画数7 U+62A1 [リン、ロン/]
◆仕分けて選び出す
◆(手や棒などを)振り回す
手3+4=総画数7 U+62A2 [ショウ、ソウ/]
◆向かって来るもの対してまっすぐに突く、また突き刺す
◆突き進む、先を争う
◆擦(こす)り取る、掠(かす)め取る
手3+4=総画数7 U+62A3 [未詳/]
◆未詳、「【儀禮集編:卷二十五:喪服第十一之四】…葛洪孔衍之徒抣有撰述…」
注解:「均」の書写の誤りか?
手3+4=総画数7 U+62A4 [コ、ゴ/まも・る]
◆周(まわ)りを囲んで中のものを守る、庇(かば)い守る、外からの災禍(サイカ)や危害(キガイ)などを防ぎ守る、「保護(ホゴ)」
手3+4=総画数7 U+62A5 [ホウ、ホ/むく・い、むく・いる、しら・せ] 報𡙈
◆相手から受けた物事に対して相応(ソウオウ)の物事で返す、相手に与えた物事に対して相応の物事が返ってくる、罪科の程度に相応する罰を与える(「罪を犯せば相応の罰が返ってくる」の意)
◆受けた命令や指示の結果を伝える、回答する、返答する
◆しら・せ、知らせる、伝える
手3+4=総画数7 U+62B8 [ソウ/]
◆手に提(さ)げて持つ、「【玉篇:卷六:手部第六十六:抸】阻合切挈也」
𢪄手3+4=総画数7 U+22A84 [ソツ、ゾチ/] 捽𢬪
◆手にぎゅっと握る
◆ぎゅっと握って抜き取る、或いは引っ張る
𢪅手3+4=総画数7 U+22A85 [カツ、ケチ/]
◆擦(こす)る、擦り取る
注解:別「扮」
𢪆手3+4=総画数7 U+22A86 [フン、ハン、ヘン/] 扮𢮈
◆実際とは違う姿を装う
◆役を演じる
◆掻き回す
𢪇手4+4=総画数8 U+22A87 [ショウ、ソウ/] 𢪫摪
◆側(そば)に寄り添い手を貸す、手助けする
𢪈手3+4=総画数7 U+22A88 [タン/]
◆両手に持つ
𢪉手3+4=総画数7 U+22A89 [イン/ひ・く] 引㧈
◆(弓の弦を)手繰り寄せる
◆手前に寄せる、手前に寄せて受ける、手前に寄せて導く
◆退く
◆長さの単位 {各種単位}
𢪊手3+4=総画数7 U+22A8A [ホク/]
◆撃つ、叩(たた)く、同「攴」
𢪋手3+4=総画数7 U+22A8B [ホウ、ブ、ボウ/]
◆両掌(てのひら)に載せて持つ、同「捧」「捀」
◆打つ、同「𢩱」
𢪌手3+4=総画数7 U+22A8C [ショウ、シュ/]
◆怯(おび)える、びくびくする、おどおどする
◆驚く、驚いて動揺する
𢪍手3+4=総画数7 U+22A8D [セツ、セチ/]
◆ちぎ(千切)る、小さく断(た)ち切る、同「擮」
𢪎手3+4=総画数7 U+22A8E [カ/]
◆未詳、「【廣韻:下平聲:卷二:戈第八:𢪎】撝也」
𢪏手3+4=総画数7 U+22A8F [コツ、ゴチ、コチ/]
◆掘る、穴を掘る
◆引く、引っ張る
𢪐手4+4=総画数8 U+22A90 [ショウ、ジョウ/うけたまわ・る、う・ける] 承𢪻𢌼
◆上にあるものを掌(てのひら)で受ける
◆上位者からの授(さず)かりものを下位者が恭(うやうや)しく両手で受ける、また受け取る
◆上位者からの命令や意向などを受ける、また受け入れる
◆(後の者が前の者の意志や言葉などを)受け継ぐ
◆「奉𢪐(ホウショウ)」、相手を持ち上げる、煽(おだ)てる
𢪑手3+4=総画数7 U+22A91 [カイ、キ、ケ/] 摡𢷽
◆洗う、汚れを洗い流す
◆汚れを拭(ふ)き取る、汚れを落とす
𢪒手4+4=総画数8 U+22A92 [キョウ、ク/]
◆両手
漢字林(非部首部別)
𢪓手4+4=総画数8 U+22A93 [ヨ/] 舁𦥠𠢈𦥹
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「扛」「𢱫」「掆」
𢪔手3+4=総画数7 U+22A94 [テイ、タイ/] 抵拞𠥯
◆至る、届く、着く
◆突き当たる、当たる、触れる、「抵触(テイショク)」、同「牴」「觝」
◆当たる、相当する
◆「𢪔挡(テイトウ)」、食(く)い止める、押し止(とど)める、防ぎ止める
◆「大𢪔(タイテイ)」、凡(おおよ)そ、大体、ほぼ、大略(タイリャク)
𢪕手3+4=総画数7 U+22A95 [キ、ゴ/] 𢭄
◆忌(い)む、憚(はばか)る、避ける、同「忌」
𢪖手4+4=総画数8 U+22A96 [ブン、モン/] 抆𢵢
◆拭(ぬぐ)う、擦(こす)るようにして払う、同「㨉」
𢪗手3+4=総画数7 U+22A97 [ホク/] 𢷏
◆軽く撃つ、軽く叩(はた)く、同「撲」
◆「𢪗地(プーディ)」、同「撲地」、「ぽん」「ぱっ」「ぎゅ」などという短い動きを表す副詞、例「𢷏地生、ぽんと生まれ出る」「𢷏地把、ぱっと握る」
𢪘手4+4=総画数8 U+22A98 [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𢪙手4+4=総画数8 U+22A99 [キョウ、ク/]
◆恭(うやうや)しく両手を(頭よりも高く)上げる、「奉(たてまつ)る」「賜(たまわ)る」などの際の動作をいう、同「廾」、「【類篇:卷三十四:𢪙】古勇切說文竦手也揚雄說廾从两手」
注解:別「拜(拝)」
漢字林(非部首部別)
𢪛手3+4=総画数7 U+22A9B [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢪛】武粉反𢪛拭也」「【中華字海:扌部:𢪛】同"牧"同"捫"」
𢪠手3+4=総画数7 U+22AA0 [ショウ、シュ/]
◆搗(つ)く、撞(つ)く、突く、同「舂」
◆打つ
𢪨手3+4=総画数7 U+22AA8 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢪨】舉也拒也遮也捍也」
𢪫手3+4=総画数7 U+22AAB [ショウ、ソウ/] 𢪇摪
◆側(そば)に寄り添い手を貸す、手助けする
𢪮手3+4=総画数7 U+22AAE [ホウ、ボウ/] 𢩱
◆打つ、同「𢪋」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢪮𢩱】二俗𢪋通音棒打也」
𢰘手3+4=総画数7 U+22C18 [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:卯集中:手部:𢰘】《篇海》騈迷切音鼙圓也〇按𢱰字之譌」
𤆎火部
𦙚月(肉)部
手3+5=総画数8 U+39D2 [ケツ/]
◆打つ、叩(たた)く
◆投げる
手3+5=総画数8 U+39D5 [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷六:上聲下:有第四十四:㧕】捫也」「【正字通:卯集中:手部:㧕】抑字之譌篇海本作{⿰扌丣}亦非」
手3+5=総画数8 U+39D6 [アク、ヤク/]
◆押(お)さえる、(動かないように)しっかりと押さえる、抑(おさ)える、同「扼」
◆しっかりと掴(つか)む、しっかりと握(にぎ)る、同「扼」「搤」「搹」「揢」「抲」
手3+5=総画数8 U+39D9 [ヒツ、ビチ/]
◆捩(ね)じる、両端を持って逆方向に回す、同「捩」
◆突き押す
手3+5=総画数8 U+39DA [ガ/] 𢭨
◆ものを掬うようにして取り出す
手4+5=総画数9 U+39DB [カン、ケン/] 掔𢴡
◆堅くしっかりしている、強くしっかりと握る
◆しっかりと握って引っ張る、同「𢴡」
手3+5=総画数8 U+39DE [ハツ、バチ、バツ/ぬ・く、ぬ・ける、ぬ・かす、ぬ・かる] 抜拔𢬌𢪺
◆多くの中で一部だけが見えているところを掴んで引っ張り出す
◆多くの中から必要なもの或いは不必要なものを選んで取り出す
◆多くの中でそこだけ(それだけ)が突き出ている、他よりそこだけ(それだけ)が優れている
◆[日]肝心なところを見落とす
手3+5=総画数8 U+39DF [カイ/] 擓㨤
◆掻く、強く擦る
手4+5=総画数9 U+39ED [キョウ、ク/] 㧬𢭤
◆両手(両腕)で抱(かか)え持つ、抱(いだ)く、同「𢀜」
◆手で頭よりも高く持ち上げる
手3+5=総画数8 U+39F0 [リャク、ラク/くすぐ・る] 擽攊
◆打つ、ぴしゃりと叩(たた)く
◆[日]くすぐ・る、軽く触れて撫(な)でる、こそばゆい感じにさせる
手3+5=総画数8 U+62A6 [ヘイ、ヒョウ/]
◆手に握る、(片手に)しっかりと握り持つ、同「柄」「秉」
手3+5=総画数8 U+62A7 [シ/]
◆平手で打つ
手3+5=総画数8 U+62A8 [ホウ、ヒョウ/]
◆弾(はじ)く
◆指弾する、過ちや誤りを厳しく指摘し責める
手3+5=総画数8 U+62A9 [タン/] 𢪈
◆両手に持つ
手3+5=総画数8 U+62AA [ホ、フ/]
◆手で軽く握り持つ
◆散り広がる、広く行き渡る
手3+5=総画数8 U+62AB [ヒ/ひら・く]
◆開く、開いて中が見えるように広げる、「披露(ヒロウ、中のものを開いて見せる)」
◆ひらひらと靡(なび)く、「披靡(ヒビ、ピミ、風に靡く)」
◆広げてひらりと上から掛ける、背や肩などに斜めに掛けて羽織る
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62AC [タイ、ダイ/もた・げる]
◆上げる、持ち上げる
◆何人かで力を合わせ物を持ち上げる
◆揺れ動く、「【玉篇:卷六:手部第六十六:擡】大才切動振也」
手3+5=総画数8 U+62AD [ヨウ、ユウ、ユ/]
◆臼(うす)などの器から中身を掬(すく)い出す、また掬い取る、同「舀」「揄」、「【周禮注疏:地官司徒第二】舂人奄二人女舂抭二人奚五人(《注》女舂抭女奴能舂與抭者抭抒臼也詩云或舂或抭)」
◆柄杓(ひしゃく)などの物を掬い取る道具、同「舀」、「【說文解字注:臼部:抭】舀或從手宂(…周禮舂人奄二人女舂抭二人奚五人鄭曰抭抒臼也引詩或春或抭禮有司徹篇執挑匕柄以挹湆注於疏匕鄭云挑…)」
手3+5=総画数8 U+62AE [シン/]
◆向きを変える、背(そむ)ける
手3+5=総画数8 U+62AF [サ、シャ/]
◆取り出す
手3+5=総画数8 U+62B0 [ヨウ、オウ/]
◆車を牽く牛馬を鞭打つ
手3+5=総画数8 U+62B1 [ホウ、ボウ/かか・える、だ・く、いだ・く]
◆腕を回し胸の中に入れる、中に包み込む
◆胸に(心に)考え・思いを持つ、同「懷」
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62B2 [カ/]
◆(背や肩に)ものを載(の)せる、背負(せお)う、担(にな)う、同「𢬲」「荷」
◆指図(さしず)する、指示する
◆しっかりと掴(つか)む、しっかりと握(にぎ)る、同「揢」
手3+5=総画数8 U+62B3 [ジ、ニ/]
◆動きを抑(おさ)える、押し止(とど)める、同「柅」
◆掻(か)き混ぜる、掻き混ぜて均一にする、「【齊民要術:羹臛法第七十六】豉汁於別鐺中湯煑一沸漉出滓澄而用之勿以杓抳則羹濁過不清」
手3+5=総画数8 U+62B4 [エイ/]
◆曳(ひ)く、引っ張る
手3+5=総画数8 U+62B5 [テイ、タイ/] 拞𢪔𠥯
◆至る、届く、着く
◆突き当たる、当たる、触れる、「抵触(テイショク)」、同「牴」「觝」
◆当たる、相当する
◆「抵挡(テイトウ)」、食(く)い止める、押し止(とど)める、防ぎ止める
◆「大抵(タイテイ)」、凡(おおよ)そ、大体、ほぼ、大略(タイリャク)
手3+5=総画数8 U+62B6 [チツ、チチ/]
◆鞭や棒で打つ、鞭打つ
手3+5=総画数8 U+62B7 [ヒ/]
◆広げる、開く
◆両手で捧げる
手3+5=総画数8 U+62B9 [バツ、マツ、マチ/]
◆手で擦(こす)るように拭(ふ)く、拭(ぬぐ)う
◆刷毛(はけ)で掃(は)くように塗(ぬ)る、全体が見えなくなるように塗る
◆「抹摋、抹殺(マッサツ)」◇塗って見えなくする◇消す、消し去る、なかったことにする
◆細かくする、細かいさま
注解:別「抺」
手3+5=総画数8 U+62BA [バイ、マイ/]
◆手で探る、よく見えないものを手で確かめる、同「摸」
注解:別「抹」
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62BB [シン/]
◆伸ばす、折れたり曲がっているものをまっすぐに伸ばす、引っ張って広げる、同「伸」
手3+5=総画数8 U+62BC [オウ、ヨウ/お・す、おさ・える]
◆手で力を加える、力を加え自由に動けないようにする、勝手に動かないようにする、拘束(コウソク)する
◆署名(ショメイ)する、署名、自署(ジショ)、「押署(オウショ)」「花押(カオウ、草書・崩し字・図案化した字などでの署名)」
◆金銭や物品の借りる時に(清算されるまで勝手に処分できない)代わりの金銭や物品を抵当(テイトウ)に入れる、「抵押(テイオウ)」
手3+5=総画数8 U+62BD [チュウ/ぬき・んでる]
◆中にあるものを引き出す、一部を抜き出す、抜き取る
◆ぬき・んでる、多くの中でそこだけ(それだけ、一部だけ)が突き出る、秀(ひい)でる、同「𢭆」「㩅」「抜」
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62BE [キョ、コ、キョウ、コウ/] 𢬱
◆持ち去る
◆両掌に載せて持つ
手3+5=総画数8 U+62BF [ビン、ミン/] 㨉捪𢰞
◆手で撫(な)でる
◆拭(ぬぐ)う、擦(こす)るようにして払う、同「抆」
手3+5=総画数8 U+62C0 [シュク/]
◆蓋のない箱型に作り、演奏の始まりに内側を叩いて鳴らす打楽器の名、演奏の最後に鳴らすのは「敔」、「【爾雅注疏:釋樂】所以鼓柷謂之止(《注》柷如漆桶方二尺四寸深一尺八寸中有椎柄連底挏之令左右撃止者其椎名)所以鼓敔謂之籈(《注》敔如伏虎背上有二十七鉏鋙刻以木長尺櫟之籈者其名)」 {楽器(打楽器)}
手3+5=総画数8 U+62C1 [未詳/]
◆未詳、「【字彙:卯集:手部:拁】求加音茄訓取也○又魚茄音牙訓慈也」「【正字通:卯集中:手部:拁】俗字音牙訓慈無稽」「【六藝之一錄:卷二百四十二:佩觿卷中:平聲自相對:枷拁】上音家枷杻也下巨迦翻擊」
手3+5=総画数8 U+62C2 [フツ、ホチ、ヒツ/はら・う]
◆手(や用具)を左右に振って不要なものや邪魔なものを他に追いやる、同「払」、本来「払」は別字だが古くから「拂」の異体字として「払」が用いられた
◆違(たが)う、背(そむ)く、逆(さか)らう、同「咈」
◆[日]代金を渡す、同「払」
手3+5=総画数8 U+62C3 [サ/]
◆親指と中指を開いて長さを測る、またその長さ
手3+5=総画数8 U+62C4 [チュウ/]
◆棒や杖を当てて支える
手3+5=総画数8 U+62C5 [タン/かつ・ぐ、にな・う]
◆(ゴミなどを払うように)軽く叩(はた)く、叩(たた)くようにして払う、同「撣」[†現在はこの意で「担」を用いることはない]
◆荷を肩に載せる、背に載せるのは「負」、同「擔」
◆荷や仕事を引き受ける、またその責任を負う、同「擔」
◆重量の単位、同「擔」、1担(擔)=2石 {各種単位}
注解:「担」は本来「擔」とは別字だが「擔」の異体字(同音同義字)として用いる
手3+5=総画数8 U+62C6 [タク、チャク/] 𢯪
◆裂裂(さ)ける、裂けて(裂いて)開く、切り裂く、切り開く、同「坼」
◆破る、打ち破る
手3+5=総画数8 U+62C7 [ボ、ボウ、ム、モ/]
◆親指、手足の親指、足は「𧿹」
手3+5=総画数8 U+62C8 [デン、ネン/]
◆指先で摘(つ)まむ、また摘まみ捻(ひね)る、また摘まみ取る
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62C9 [ロウ、ラツ/ひし・ぐ、ひしゃ・げる]
◆折る、圧(へ)し折る
◆引く、引っ張る、引き延ばす
◆[日]ひし・ぐ、ひしゃ・げる、押し潰(つぶ)す、押し潰されて形が変わる
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62CA [フ/]
◆軽くぽんぽんと叩(たた)く、同「撫」
◆軽く叩(たた)くようにして優しく労(いた)わる、同「撫」
◆しっかりと握る、器の把手(とって)、器や道具などの握り手(にぎりて、手で握る部分)
◆「搏拊(ハクフ)」「拊搏(フハク)」、革張りの小さな太鼓、「【尚書:虞書:益稷】夔曰戛擊鳴球搏拊琴瑟以詠」「【禮記:明堂位】拊搏玉磬揩擊大琴大瑟中琴小瑟四代之樂器也」
手3+5=総画数8 U+62CB [ホウ、ヒョウ/] 抛𢱹
◆放り投げる、放物線を描くように高く遠くに投げる
◆投げ棄てる
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62CC [ハン、バン/]
◆混ぜてかき回す、混ぜてかき回し溶かす、或いは液体と同化させる
◆(命などを)投げ出す、棄(す)てる
手3+5=総画数8 U+62CD [ハク、ヒャク、ヒョウ/] 𢫦
◆両手を(軽く、ぱんぱんと)打ち合せる
◆リズムrhythmや脈(みゃく)などの波状に繰り返される高低や強弱の一周期
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62CE [レイ、リョウ/] 㩕𢺰
◆手や腕や指にぶら下げるようにして持つ
手4+5=総画数9 U+62CF [ダ、ナ/] 拿㧱
◆手前に引く、手で引っ張る、同「𢮝」
◆手で取る、手で掴(つか)む、手で握(にぎ)る、手の中に収(おさ)める、同「挐」
◆捕(と)らえる、捕(つか)まえる
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62D0 [カイ、ゲ/かどわ・かす]
◆長いものが腕や足のように曲がる、足を引きながら歩く
◆かどわ・かす、騙す、騙して連れ去る
◆突いて体を支える杖(つえ)、同「枴」
手3+5=総画数8 U+62D1 [ケン、ゲン、カン/]
◆両側から押さえて挟(はさ)む、同「鉗」
◆(口などを)閉じる
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62D2 [キョ、ゴ/こば・む]
◆間隔が狭まらないように押し止める、近づこうとするものを阻(はば)む
◆受け入れない
手3+5=総画数8 U+62D3 [タク/ひら・く] 𢷌𢸨𢫳
◆切り開く、押し広げる、広げる
◆凹凸があるものに紙を当て上からたんぽ(綿などを丸め棒の先に取り付け墨を含ませたもの)で叩きながら文字や絵柄を写し取る、石摺(いしずり)、同「搨」
手3+5=総画数8 U+62D4 [ハツ、バチ、バツ/ぬ・く、ぬ・ける、ぬ・かす、ぬ・かる] 抜㧞𢬌𢪺
◆多くの中で一部だけが見えているところを掴んで引っ張り出す
◆多くの中から必要なもの或いは不必要なものを選んで取り出す
◆多くの中でそこだけ(それだけ)が突き出ている、他よりそこだけ(それだけ)が優れている
◆[日]肝心なところを見落とす
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62D5 [タ/]
◆曳(ひ)く、引っ張る、綱などの長いもの(またその先に物を繋いだもの)を引き摺(ず)るようにして引っ張る、同「扡」
手3+5=総画数8 U+62D6 [タ/]
◆曳(ひ)く、引っ張る、綱などの長いもの(またその先に物を繋いだもの)を引き摺(ず)るようにして引っ張る、同「扡」
手3+5=総画数8 U+62D7 [オウ、ヨウ/ねじ・る、す・ねる、こじ・れる]
◆ねじ・る、竹のように撓(しな)り曲がる、また曲がってから折れる
◆す・ねる、素直に人の言うことを聞き入れない
◆こじ・れる、すんなりと運ばない
手3+5=総画数8 U+62D8 [コウ、ク/こだわ・る、かかわ・る]
◆「掌(てのひら)の中に入れ指を閉じて握(にぎ)る」「腕を回して抱(かか)える」のように、周りを取り囲んで押さえ自由に動けないようにする、束縛(ソクバク)する、「拘束(コウソク)」
◆こだわ・る、あることに囚(とら)われる、また縛(しば)られる、固執(コシツ)する、「拘泥(コウデイ)」
◆「不拘(フコウ、かかわらず)」◇~に縛られることなく◇~に関係なく
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62D9 [セツ、セチ/つたな・い]
◆下手(へた)なさま、上手(うま)くないさま、同「䂐」
◆飾り気がないさま
◆(語の頭に付け謙遜して)自分の
手3+5=総画数8 U+62DA [ヘン、ベン、フン/] 𢪴𢱰𢷥
◆両手をぱんぱんと打ち鳴らす、拍子をとりながら両手を打ち鳴らす、同「抃」
◆鳥が翼を大きく羽ばたかせながら飛ぶ、同「翻」
◆掃(はら)う、払い除(の)ける、同「𡊄」「糞」
手3+5=総画数8 U+62DB [ショウ/まね・く]
◆手を振って人を呼び寄せる、声を掛けて呼び寄せるのは「召」
◆礼を尽くして人を自分のところに呼び寄せる
漢字林(非部首部別)
手4+5=総画数9 U+62DC [ハイ、ヘ/おが・む]
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、同「𣬊」「𢷎」、「【通典:卷四十八:禮八:諸侯大夫士宗廟】辨九拜一曰稽首二曰頓首三曰空首四曰振動五曰吉拜六曰凶拜七曰奇拜八曰褒拜九曰肅拜」
◆上位の人から物や位や命令などを授(さず)かる(謙譲語で「いただく」、「手を頭の上に差し上げて受ける」「ありがたく頂戴する」の意)
◆語の頭に付けて敬意を表す語、「拜会(ハイカイ、お目にかかる)」
漢字林(非部首部別)
手3+5=総画数8 U+62DD [ハイ、ヘ/おが・む]
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、同「𣬊」「𢷎」、「【通典:卷四十八:禮八:諸侯大夫士宗廟】辨九拜一曰稽首二曰頓首三曰空首四曰振動五曰吉拜六曰凶拜七曰奇拜八曰褒拜九曰肅拜」
◆上位の人から物や位や命令などを授(さず)かる(謙譲語で「いただく」、「手を頭の上に差し上げて受ける」「ありがたく頂戴する」の意)
◆語の頭に付けて敬意を表す語、「拜会(ハイカイ、お目にかかる)」
手3+5=総画数8 U+62DE [テイ、タイ/] 抵𢪔𠥯
◆至る、届く、着く
◆突き当たる、当たる、触れる、「抵触(テイショク)」、同「牴」「觝」
◆当たる、相当する
◆「拞挡(テイトウ)」、食(く)い止める、押し止(とど)める、防ぎ止める
◆「大拞(タイテイ)」、凡(おおよ)そ、大体、ほぼ、大略(タイリャク)
手3+5=総画数8 U+62DF [ギ、ゴ/なぞら・える、もど・き]
◆どうしようかと考える、どうしたらよいかと考える
◆他の物に似せる、よく似ている
◆他のよく似ている物事を例に引く、例える
手3+5=総画数8 U+62E0 [キョ、コ/よ・る] 據㨿㩀𢴃𢷛
◆依(よ)る、「依據、依拠(イキョ、よりどころとすること)」「憑據、憑拠(ヒョウコ、証拠ショウコ、正当であることを証明するための根拠)」、同簡「据」
◆「根據、根拠(コンキョ)」◇軍隊が攻撃・守備のための基点とする場所、集団が活動の基点とする場所◇物事が存在する(成立する)ための基本・根本となるもの
◆「據法、拠法(キョホウ)」、法に則(のっと)ること、法に従うこと
手3+5=総画数8 U+62E1 [カク/ひろ・げる、ひろ・がる] 擴扩
◆大きく広げる、いっぱいに広げる、また広がる、一面に広がる、同「撗」「㨯」
手3+5=総画数8 U+62E2 [ロウ、ル/]
◆集まる、集まって一つになる
◆寄せる、引き寄せる
◆(琵琶ビワなどの弦楽器の奏法で、弦を)押さえる、「【白氏長慶集:卷十二:琵琶行】輕攏(盧容切)慢撚(乃{⿰■㐱}切)抹復挑…」
◆梳(と)かす、髪を梳(す)き束ねる、「【紅樓夢:第九十八囬】…亂着攏頭穿衣…」
手3+5=総画数8 U+62E3 [カン、ケン/]
◆選(よ)り分ける、選択する、仕分けて選び出す、同「簡」「柬」
◆拾(ひろ)い上げる、拾い出す
手3+5=総画数8 U+62E4 [カ/]
◆両手でしっかり掴む
手3+5=総画数8 U+62E5 [ヨウ、ユ/いだ・く] 擁𢹬𢺠㨣𢶜𢹭
◆抱(かか)える、抱(だ)き抱(かか)える、両手で抱(いだ)く、「擁立(ヨウリツ、抱き抱えて立たせる)」
◆抱え込む、包み込む
◆囲い込む、囲い込んで自分のものにする
◆周(まわ)りを囲む、「擁護(ヨウゴ、周りを囲って護まもる)」「擁蔽(ヨウヘイ、周りを囲って覆おおう)」
手3+5=総画数8 U+62E6 [ラン/]
◆柵や欄干などの防護用の遮蔽物
手3+5=総画数8 U+62E7 [ノウ、ニョウ、ネイ/]
◆体の一部を指先で摘んで捩じる
◆抓(つね)る
手3+5=総画数8 U+62E8 [ハツ、ハチ、バチ/は・ねる]
◆草を刈り土を均(なら)す、乱れを治(おさ)める
◆指や棒のような細長いものの先で動かす、突(つつ)いて動かす
◆ぱっと開く、ぱっと跳ね上げる
◆「撥剌(ハツラツ)」、いっぱいに弓を引き絞る、今にも弾けそうに力が漲(みなぎ)る
手3+5=総画数8 U+62E9 [タク、ジャク/えら・ぶ] 擇択
◆仕分けて選び出す、幾つかの中から選び出す、同「睪」「𢍰」
◆選(よ)り分ける
漢字林(非部首部別)
𢪴手3+5=総画数8 U+22AB4 [ヘン、ベン、フン/] 拚𢱰𢷥
◆両手をぱんぱんと打ち鳴らす、拍子をとりながら両手を打ち鳴らす、同「抃」
◆鳥が翼を大きく羽ばたかせながら飛ぶ、同「翻」
◆掃(はら)う、払い除(の)ける、同「𡊄」「糞」
𢪵手3+5=総画数8 U+22AB5 [ショ、ソ/]
◆梁(やな)などを組んで魚を捕る
𢪸手4+5=総画数9 U+22AB8 [ワン/]
◆手首、「臂(ヒ、日本でいう「腕」)」と「手」を繋ぐ関節部分、同「腕」「𢯲」「𢮘」
𢪺手3+5=総画数8 U+22ABA [ハツ、バチ、バツ/ぬ・く、ぬ・ける、ぬ・かす、ぬ・かる] 抜拔㧞𢬌
◆多くの中で一部だけが見えているところを掴んで引っ張り出す
◆多くの中から必要なもの或いは不必要なものを選んで取り出す
◆多くの中でそこだけ(それだけ)が突き出ている、他よりそこだけ(それだけ)が優れている
◆[日]肝心なところを見落とす
𢪻手4+5=総画数9 U+22ABB [ショウ、ジョウ/うけたまわ・る、う・ける] 承𢌼𢪐
◆上にあるものを掌(てのひら)で受ける
◆上位者からの授(さず)かりものを下位者が恭(うやうや)しく両手で受ける、また受け取る
◆上位者からの命令や意向などを受ける、また受け入れる
◆(後の者が前の者の意志や言葉などを)受け継ぐ
◆「奉𢪻(ホウショウ)」、相手を持ち上げる、煽(おだ)てる
𢪼手3+5=総画数8 U+22ABC [ドウ、ニョウ/] 𢫤
◆爪を立てて掻(か)く、同「撓」
𢪽手4+5=総画数9 U+22ABD [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:卯集中:手部:𢪽】《說文長箋》古將字○按說文寸部將从寸𤖕省聲帥也手部𢪇从手爿聲扶也音義迥別至玉篇始以𢪇爲古文將字六書故亦云𢪇通作將則兩字已可離可合矣而趙宧光長箋復改𢪇爲𢪽云古文將字則又篆文𢪇字之誤恐亦未的存以俟考」
𢪿手4+5=総画数9 U+22ABF [コ、ク/] 𦍬
◆罪、重い罪、厳(きび)しい責めを負うべき罪、俗「辜」
漢字林(非部首部別)
𢫀手3+5=総画数8 U+22AC0 [ケン/ひ・く] 牽牵𤙺
◆(家畜や車などに綱を繋ぎ)引っ張る、また引っ張って前に進ませる、また引っ張られる、同「撁」
◆(綱などを繋いで)勝手な動きを抑(おさ)える、(綱などに繋がれて)勝手に動けない
◆ものに繋(つな)いで引っ張る綱(つな)
𢫆手3+5=総画数8 U+22AC6 [未詳/]
◆未詳
𢫈手3+5=総画数8 U+22AC8 [コ、ク/]
◆[閩]身を隠す
𢫉手3+5=総画数8 U+22AC9 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𢫉】同"夯"」
𢫌手3+5=総画数8 U+22ACC [タ、チ/]
◆曳(ひ)く、引っ張る、綱などの長いもの(またその先に物を繋いだもの)を引き摺(ず)るようにして引っ張る、同「拕」「拸」
◆裂(さ)く、切り割(さ)く、同「搋」「析」
𢫎手3+5=総画数8 U+22ACE [未詳/]
◆未詳
注解:「抱」の異体字か?
𢫑手3+5=総画数8 U+22AD1 [未詳/]
◆未詳
𢫒手3+5=総画数8 U+22AD2 [ショウ、ジョウ/] 拯𢮋抍
◆手を貸して救う、(溺れた者などを)救い上げる、救い出す、同「氶」「丞」「撜」
𢫘手3+5=総画数8 U+22AD8 [ロ、ル/]
◆手に取りしっかりと握(にぎ)る、手の中に収(おさ)める、握り持つ、「【中華古今注:卷中:程雅問拾攎鬼木】程雅問拾攎鬼木曰無患何也…」
◆未詳、「【方言:第十二】攎(音櫨)遫(音勑)張也」
𢫛手3+5=総画数8 U+22ADB [未詳/]
◆未詳
𢫣手3+5=総画数8 U+22AE3 [未詳/]
◆未詳
手3+6=総画数9 U+39D7 [シ/]
◆掴(つか)む、掴み取る
◆突く、突き当てる
手4+6=総画数10 U+39D8 [シ、ジ/]
◆積む、積み上げる
手3+6=総画数9 U+39E1 [ガイ/]
◆揺り動かす
手3+6=総画数9 U+39E2 [イン/]
◆因(ちな)む、基(もと)づく、依る、同「因」「仍」
手3+6=総画数9 U+39E5 [セン/]
◆指先で抓(つま)み取る、同「𢩫」「扟」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢩫】俗㧥或作扟正所臻反从上擇取物也」
手3+6=総画数9 U+39E6 [ケン/]
◆打つ、打って大きな音を立てる、またその音、同「揈」
手3+6=総画数9 U+39E8 [キュウ、グ/]
◆緩(ゆる)い
手3+6=総画数9 U+39EB [ジ、ニ/]
◆液体に浸(つ)け揉んで柔らかにする、また染(し)み込ませる、同「㨎」
手4+6=総画数10 U+39EC [キョウ、ク/] 𢭤㧭
◆両手(両腕)で抱(かか)え持つ、抱(いだ)く、同「𢀜」
◆手で頭よりも高く持ち上げる
漢字林(非部首部別)
手4+6=総画数10 U+39F1 [ダ、ナ/] 拏拿
◆手前に引く、手で引っ張る、同「𢮝」
◆手で取る、手で掴(つか)む、手で握(にぎ)る、手の中に収(おさ)める、同「挐」
◆捕(と)らえる、捕(つか)まえる
手3+6=総画数9 U+62EA [セン/] 𢰕𢫥
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「遷」「䙴」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、同「遷」「移」、「【遺山先生文集:卷第十六】…乃置家相下買田{⿰阝⿱夂𦈢}慮借二寺為拪息之地…」
手3+6=総画数9 U+62EB [コン、ゴン/]
◆引く、引っ張る
◆押し除(の)ける、追い出す、排除する
手3+6=総画数9 U+62EC [カツ、カチ/くく・る、くび・れる] 𢬸
◆袋などの口を解(ほど)けないように縛(しば)る、また縛って閉じる
◆幾つかのものを一つに纏(まと)める、纏めて束ねる
◆矢を弦(つる)に番(つが)える部分、矢筈(やはず) {武器(弓箭)}
◆[日]くび・れる、縛ったように途中が窄(すぼ)まる
漢字林(非部首部別)
手3+6=総画数9 U+62ED [ショク、シキ/ぬぐ・う、ふ・く]
◆表面をさぁっと擦(こす)るようにして汚(よご)れや濡(ぬ)れなどを取る、きれいにする
手3+6=総画数9 U+62EE [キツ、キチ、ケツ、ケチ/]
◆(握ったり抱かえたりするような時に)ぐっと力を入れる
◆「拮据(キッキョ)」◇ぐっと掴(つか)む、ぐっと摘(つ)まむ◇遣り繰り(やりくり)する、(生活するのに)苦労する、「【毛詩正義(毛詩註疏):卷十四:鴟鴞】予手拮据予所捋荼予所蓄租予口卒瘏(…《疏》正義曰毛以爲鴟鴞言已作巢之苦予手撠挶其草予所捋者是荼之草其室巢所用者皆是予之所蓄爲予手口盡病乃得成此室巢…)」
◆「拮抗(キッコウ)」、力や能力などの差が殆(ほとん)どなく優劣・甲乙付け難い(つけがたい)さま、同「頡頏(ケッコウ)」
手3+6=総画数9 U+62EF [ショウ、ジョウ/] 𢫒𢮋抍
◆手を貸して救う、(溺れた者などを)救い上げる、救い出す、同「氶」「丞」「撜」
手3+6=総画数9 U+62F0 [ニン/]
◆軽く握る、柔らかく掴む、同「搦」
手3+6=総画数9 U+62F1 [キョウ、ク/こまぬ・く、こまね・く]
◆両手を胸の前で組む(手を重ね合わせる・掌を合わせる・片方を拳にし片方でそれを包むようにするなど)、また両手を組んで礼をする
◆両腕を輪の形に組む、またそのような形、アーチarch状の形
◆両腕を輪の形に組んだときの大きさ、一抱(ひとかか)え
◆手を組んだまま何もしない
手4+6=総画数10 U+62F2 [キョウ、ク/]
◆両手を組ませて手枷(てかせ)を嵌(は)める、またその刑具、一説に穴が一つのもの(両手を嵌める)を指し、穴が二つのもの(両手を別々に嵌る)は「梏」という、足枷(あしかせ)は「桎」、「【周禮註疏刪翼:卷二十四】鄭司農云拲者兩手共一木也𤣥謂在手曰梏在足曰桎中罪不拲手足各一木」
手4+6=総画数10 U+62F3 [ケン、ゲン/こぶし]
◆全ての指を内側に折り込んで丸く握る、またその手、同「㩲」
◆「拳拳(ケンケン)」、(拳のように)固く変わらないさま、ひたむきなさま、「【前漢紀:孝武皇帝紀五】…遂下之於吏拳拳之忠終不能自明列…」
漢字林(非部首部別)
手3+6=総画数9 U+62F4 [セン/]
◆仕分けて選び出す
◆(綱などで)繋ぐ
◆人品(ジンピン)や能力を量り適格者を選ぶ
手3+6=総画数9 U+62F5 [ソン、ゾン/こしら・える]
◆拠(よ)る、拠りどころとする、同「据」
◆差し入れる、差し込む、同「挿」
◆[日]こしら・える、物を作る、作り上げる
手3+6=総画数9 U+62F6 [サツ、サチ/] 𢭓
◆隙間がない程までに近づく、また近くに寄せる、同「𢹵」「𥔨」
◆「挨拶(アイサツ)」◇ぎっしりと詰まって押し合い圧(へ)し合いするさま◇[日]人と付き合う際の礼儀としての言葉
◆「拶指(サッシ)」、指の間に円柱形の木の棒を挟(はさ)んで縛る刑、またその棒、本来は「桚指」、「拶指」は俗用
手3+6=総画数9 U+62F7 [コウ、ゴウ/]
◆(罪を責め)打ち据(す)える、「拷打(コウダ)」
◆鞭(むち)打つ、鞭で叩(たた)く、同「掠」
◆「拷問(コウモン、ゴウモン)」、打ち据えて罪を問い質(ただ)す
手3+6=総画数9 U+62F8 [イ、チ/]
◆(引いたり叩いたりして)不要なものを取り去る
◆引っ張る、綱などの長いもの(またその先に物を繋いだもの)を引き摺(ず)るようにして引っ張る、同「扡」
手3+6=総画数9 U+62F9 [キョウ、コウ/]
◆折る、曲げて折る、同「搚」
手3+6=総画数9 U+62FA [サク、シャク/]
◆手を貸して助ける
◆突き刺して獲物を獲る
手3+6=総画数9 U+62FB [カイ、ケ/]
◆ぶつかる、撞(つ)き当たる、衝(つ)き当たる、同「𧱉」「㞀」「豗」
手3+6=総画数9 U+62FC [ホウ、ヒョウ/]
◆結び付ける、繋(つな)ぎ合わせる
◆身を賭(と)する、身を犠牲にして励む
◆「拼音(ピンイン)」、中国で使われる漢字の発音表記
手3+6=総画数9 U+62FD [エイ、エ、エツ、エチ/] 捙𡲝
◆(車などに)綱を掛け踵(かかと)で踏ん張りながら後退(あとずさ、あとしざ)りに引っ張る
手3+6=総画数9 U+62FE [シュウ、ジュウ/ひろ・う]
◆落ちているもの(放置されてそのままになっているもの)を手で取る、また手に取って持ち上げる
◆集める、集めて手に収める
◆数の十、「十」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと) {数字}
◆弓籠手(ゆごて)、弾いた弓の弦(つる)が当たって傷付かないように腕に着(つ)ける革製の防具、同「韝」
漢字林(非部首部別)
手4+6=総画数10 U+62FF [ダ、ナ/] 拏㧱
◆手前に引く、手で引っ張る、同「𢮝」
◆手で取る、手で掴(つか)む、手で握(にぎ)る、手の中に収(おさ)める、同「挐」
◆捕(と)らえる、捕(つか)まえる
漢字林(非部首部別)
手3+6=総画数9 U+6300 [ハク、バク/]
◆裂く、裂ける
手3+6=総画数9 U+6301 [チ、ジ/も・つ]
◆ぐっと握(にぎ)る、しっかりと掴(つか)む
◆しっかりと守る、そのままの状態を保つ、「持久(ジキュウ、長く保ち続ける)」
◆しっかりと支える、「支持(シジ)」
◆「矜持(キョウジ)」◇堅(かた)く守る◇自重(ジチョウ)する◇自分の力(能力や才能など)を誇(ほこ)る、自負する、自惚(うぬぼ)れる、同「矜恃」
漢字林(非部首部別)
手3+6=総画数9 U+6302 [カイ、ケ、ケイ/]
◆画(カク)する、区切る、ものの境界
◆掛ける、引っ掛ける、引っ掛かる、同繁「掛」
手3+6=総画数9 U+6303 [チツ、チチ/]
◆棒状のもので撞(つ)く、搗(つ)く
◆穀物を刈る音
手3+6=総画数9 U+6304 [コウ/]
◆小さいものを広げて大きくする、中心から外方向に大きく広げる、同「拡」
手3+6=総画数9 U+6305 [タ、ダ/]
◆見当をつける、推(お)し量る、同「揣」
◆揺れる
◆未詳、「【廣韻:去聲:過第三十九:桗:挅】落帆」
手3+6=総画数9 U+6306 [タ、ダ/]
◆見当をつける、推(お)し量る、同「揣」
◆揺れる
◆未詳、「【廣韻:去聲:過第三十九:桗:挅】落帆」
手3+6=総画数9 U+6307 [シ/ゆび、ゆび・さす、さ・す] 𢫾
◆ゆび、手足の先に伸び出た体の一部 {人体(上肢)}
◆ゆび・さす、さ・す、物事の方向を示す
◆意図するところ、考え、意向、同「旨」
手4+6=総画数10 U+6308 [ケツ、ケチ、ケイ、ケ/] 𢭋
◆手に提(さ)げて持つ、手にぶら下げるようにして持つ
◆手で引き連れる
◆刻む、札などに文字を刻み込む、同「契」
漢字林(非部首部別)
手3+6=総画数9 U+6309 [アン/]
◆手や指で軽く押さえ付ける、柔らかく押さえる
◆一つずつしっかりと押さえて調べる、また考える
◆調べてみたところ~、あれこれ考えてみるに~
◆「按語(アンゴ)」、編者や著者などが調べ考えた結果付け加えた補足や注釈
手3+6=総画数9 U+630A [ロウ、ル/もてあそ・ぶ、いじ・る、いじ・くる] 弄㺯挵𠧗
◆(美しい石を)手に取り飽くことなく触れたり眺めたりする、また愛(め)でる
◆楽器を奏(かな)でる、「音楽を愛でる」の意
◆(相手が嫌がるのも構わずに)むやみに手を加える、意味もなくあれやこれやに手を出す
◆両側に家が建ち並ぶ路地、小路
手3+6=総画数9 U+630C [カク、キャク/]
◆手で殴り合う、取っ組み合って殴り合う、同「格」「𢼛」
手3+6=総画数9 U+630D [コウ、キョウ/]
◆あれとこれとを突き合わる、また照合する、また比較する、同「校」
手3+6=総画数9 U+630E [コ、ク/]
◆腕で抱(かか)えるようにして持つ、「【儀禮:卷第四:鄉飲酒禮】…工四人二瑟瑟先相者二人皆左何瑟後首挎越內弦右手相(…挎持也相瑟者則爲之持瑟其相歌者徒相也越瑟下孔也内弦側擔之者)…」
◆腕に提(さ)げる、手提げ持つ、ぶら下げるようにして持つ
◆首や肩に掛けてぶら下げる
手3+6=総画数9 U+630F [トウ、ズウ/]
◆突いたり引いたりする、またそうして掻(か)き混ぜる
◆「挏馬酒(トウバシュ)」、馬の乳に熱を加え攪拌し発酵させたヨーグルトyogurtのような乳製品、酒の味がして酔うという、別名「馬酪(バラク、マロウ)」
手4+6=総画数10 U+6310 [ジョ、ニョ、ダ、ナ/]
◆入り乱れる、絡(から)み合う、縺(もつ)れる、「紛挐(フンジョ)」
◆長く繋(つな)がり続く、絶えることなく続く、「【漢書:卷六十四下:嚴朱吾丘主父徐嚴終王賈傳第三十四下】…禍挐而不解(師古曰挐相連引也音女居反)兵休而復起…」
◆手に持つ、手で握(にぎ)る、手で掴(つか)む、捕(つか)まえる、同「拏」
漢字林(非部首部別)
手3+6=総画数9 U+6311 [チョウ、トウ/いど・む] 𢬹
◆煽(あお)いで騒ぎや火などの勢いを大きくする
◆焚(た)きつける、そうなるように仕向ける、唆(そそのか)してその気を起こさせる、「挑動(チョウドウ)」、同「誂」
◆突き入れて穿(ほじく)る
◆担(にな)う、棒に荷を掛けて担(かつ)ぐ
◆選ぶ、選り分ける
手3+6=総画数9 U+6312 [レツ、レチ/]
◆捩(よじ)る、捩(ね)じる、捻(ひね)る
手3+6=総画数9 U+6313 [タ、チャ/]
◆手を(腕を)開く、開き広げる、「挓挲(タサ)」、同「𢵍」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:挓𢵍】俗知格反裂也張也正作磔」「【集韻:卷三:平聲:麻第九:挱】挓挱開皃」
手3+6=総画数9 U+6314 [リョ、ロ/たび] 旅𣃨𢬜𣥏𣥐
◆兵士数を基にした軍隊の規模の単位、周朝(シュウ、西周、前11世紀~前771年)では500人を単位とした、「【周禮:卷第三:地官司徒】乃會萬民之卒伍而用之五人爲伍五伍爲兩四兩爲卒五卒爲旅五旅爲師五師爲軍…(用謂使民事之伍兩卒旅師軍皆衆之名兩二十五人卒百人旅五百人師二千五百人軍萬二千五百人…)[†人数や呼称は時代や国によって異なる]」
◆列を成(な)して行軍する、またその軍隊
◆(大勢で)遠くへ出掛ける
◆(多くのものが)列を成なす、連(つら)なる
◆供物(クモツ、そなえもの)を祭壇(サイダン)に並べ山や川の神を祀(まつ)る祭礼、同「祣」
◆周易の六十四卦の一つ、「火山旅(カザンリョ)」、䷷ {易経記号}
◆背骨(せぼね)、同「膂」
手3+6=総画数9 U+6315 [チョウ、ショウ/]
◆打つ
◆指先で摘(つ)まむ、また摘まみ捻(ひね)る、訛「𢬴」
◆俗「攝」、「【康熙字典:卯集中:手部:挕】《篇海》丁叶切音喋打也〇按𢬴字譌省俗借爲攝字」
手3+6=総画数9 U+6316 [アツ、エチ/]
◆穴を掘る、穿(ほじく)る、同「穵」
手3+6=総画数9 U+6317 [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:卯集中:手部:挗】《篇海》音義同抉《海篇》音掘」
手3+6=総画数9 U+6318 [/むし・る]
◆[日]掴んで引き抜く、また引き剥がす
手4+6=総画数10 U+6319 [キョ、コ/あ・げる、あ・がる、あ・げて、こぞ・る、こぞ・って] 擧𦦙舉举㪯
◆(ものを手で頭よりも上に)持ち上げる、手を高く上げる、「挙手(キョシュ)」
◆(問題点などを)取り上げる
◆(人などを)取り立てる、「推挙(スイキョ)」
◆事を起こす、行(おこな)う
◆(国や場所を)占領する
◆行い、行為
◆全て、悉(ことごと)く、残らずに、「挙国(キョコク、国を挙げて、国民全て)」
漢字林(非部首部別)
手4+6=総画数10 U+631A [シ/] 摯𢴷
◆しっかりと手に持つ、同「執」
◆面会する人(特に初対面の人)への礼物、手土産(てみやげ)、同「贄」
◆誠実なさま、心がこもっているさま
◆至(いた)る、それより先がない(これ以上はない)ところまで行き着く、隅々まで行き届く、同「𡠗」
◆獰猛な、荒々しい、同「鷙」、「【禮記注疏(禮記正義):卷三:曲禮上】…摯獸猛而能撃謂虎狼之屬也…」
手4+6=総画数10 U+631B [レン/つ・る]
◆断ち切れずに繋(つな)がる、繋がりが断ち切れない
◆繋いで引っ張る、引っ張られる
◆つ・る、筋(すじ)が縮んで一緒に肉も縮むような感じになる、互いに繋がっていて片方を引くと一方も一緒に引っ張られる、「痙攣(ケイレン)」
手3+6=総画数9 U+631C [ア/]
◆強(し)いる、無理に押し付ける、また売り付ける
◆「挜㩡(アラ)」、揺(ゆ)らす、振(ふ)る、振るう、振り回す
手3+6=総画数9 U+631D [タ/]
◆鼓(つづみ)などを叩(たた)く、打ち据える
◆「漁陽摻撾(ギョヨウサンタ)」、古代の楽曲の名、鼓による楽曲、「【世說新語:言語第二】衡揚枹為漁陽摻檛淵淵有金石聲四坐為之改容」
手3+6=総画数9 U+631E [タツ、タチ/] 撻𢹗𢺂𨘈𢾴𢽞𪯎
◆鞭(むち)や棒で打つ、打ち据える、鞭打つ、同「韃」
◆鞭打って励ます
手3+6=総画数9 U+631F [キョウ、ギョウ/はさ・む、はさ・まる]
◆ものを腋(わき)の下に入れ腕を降ろし脇腹との間で押さえる、両側から(落ちないように)押さえ支える、同「夾」
◆両側から押え付けて動かないようにする
◆両側から押え付けて身動きができないようにする、強く迫(せま)る
手3+6=総画数9 U+6320 [ドウ、ニョウ、トウ/たわ・む、しな・う]
◆たわ・む、しな・う、柔らかく弾力があって折れることなく曲る
◆乱す、掻(か)き乱す、攪乱(カクラン)する
◆爪を立てて掻(か)く
手3+6=総画数9 U+6321 [トウ/]
◆押し止(とど)める、遮(さえぎ)る、阻(はば)む、同「攩」
◆「抵挡(テイトウ)」、食(く)い止める、押し止(とど)める、防ぎ止める
◆「摒擋(ヘイトウ)」、取り除く、片付ける
手3+6=総画数9 U+6322 [キョウ/] 撟𢱪
◆(手を)挙(あ)げる、反(そ)らせて曲げるように一方(片方)だけを持ち上げる、同「矯」
◆狂いや歪(ゆが)みを調整して本来の曲がり具合にする、本来の形に整える、正しい形に直(なお)す、同「矯」
◆曲げる、歪める、むやみに(故意に)歪める、同「矯」、「【周禮注疏:秋官司寇】掌士之八成…五曰撟邦令(稱詐以有爲者〇撟音矯)」
手3+6=総画数9 U+6323 [ソウ、ショウ/]
◆ぐっと力を入れる(ぐっと引っ張る、ぐっと突っ張る、など)、必死になる
◆「挣揣(ソウスイ)」「挣扎(ソウサツ)」、なんとかしようと必死になる、足掻(あが)く、藻掻(もが)く、同「䦛䦟(ソウスイ)」
手3+6=総画数9 U+6324 [セイ、サイ/] 擠㨈𡬚
◆押し出す、ぎゅっと押して外に出す
◆ぎっしりと詰まる、ひしめき合う
手3+6=総画数9 U+6325 [キ/ふる・う] 揮𢰄𨍂
◆(手や旗を)右に左に振る、振り回す、同「㩣」
◆(手や旗を)振って指図(さしず)する、指示する、合図する、「指揮(シキ)」、同「撝」
◆(ぱっと)手を振って拭い落とす、また撒(ま)き散らす、発散する、「発揮(ハッキ)」
手3+6=総画数9 U+6326 [セン、ゼン/]
◆引き抜く、抜き取る、摘(つま)み取る
手3+6=総画数9 U+6327 [ク/]
◆姓用字
𢫤手3+6=総画数9 U+22AE4 [ドウ、ニョウ/] 𢪼
◆爪を立てて掻(か)く、同「撓」
𢫥手3+6=総画数9 U+22AE5 [セン/] 拪𢰕
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「遷」「䙴」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、同「遷」「移」、「【遺山先生文集:卷第十六】…乃置家相下買田{⿰阝⿱夂𦈢}慮借二寺為拪息之地…」
𢫦手3+6=総画数9 U+22AE6 [ハク、ヒャク、ヒョウ/]
◆両手を(軽く、ぱんぱんと)打ち合せる
◆リズムrhythmや脈(みゃく)などの波状に繰り返される高低や強弱の一周期
𢫧手3+6=総画数9 U+22AE7 [シュウ、ス/]
◆手に持つ、手にしっかりと握(にぎ)る、同「搊」
𢫨手3+6=総画数9 U+22AE8 [ジョウ、ニョウ、ジュウ、ニュウ/]
◆手で押す、強く押す
◆手を貸して助ける
◆強く引っ張る、同「扔」
𢫩手3+6=総画数9 U+22AE9 [コウ/] 薅𦵢𦼸𢬺𢴅𣐾
◆田畑の雑草を引き抜く、除草する、同「茠」
𢫪手4+6=総画数10 U+22AEA [ワン/] 𢯲𢮗
◆手首、「臂(ヒ、日本でいう「腕」)」と「手」を繋ぐ関節部分、同「腕」「𢮘」 {人体(上肢)}
◆手で握る、しっかりと握って持つ、同「𦙵」
𢫫手3+6=総画数9 U+22AEB [ロツ、ロチ/]
◆掴む
𢫭手3+6=総画数9 U+22AED [ジク、ニク/]
◆未詳、「【集韻:卷九:入聲上:屋第一:𢫭】摍𢫭不申」「【康熙字典:卯集中:手部:𢫭】…○按《說文》云朔而月見東方謂之縮肭肭亦作朒摍𢫭卽假借縮朒之義《正字通》云縮通作朒無作𢫭者又摍縮義別音義𠀤非此說亦泥」
𢫮手3+6=総画数9 U+22AEE [コウ/] 揯搄𢳖𢬎𢰨
◆強く引っ張る、同「緪」
𢫰手4+6=総画数10 U+22AF0 [タク、チャク/]
◆親指と中指を開いて長さを測る、同「搩」
𢫳手3+6=総画数9 U+22AF3 [タク/ひら・く] 拓𢷌𢸨
◆切り開く、押し広げる、広げる
◆凹凸があるものに紙を当て上からたんぽ(綿などを丸め棒の先に取り付け墨を含ませたもの)で叩きながら文字や絵柄を写し取る、石摺(いしずり)、同「搨」
𢫵手3+6=総画数9 U+22AF5 [シュク/]
◆未詳、「【集韻:卷九:入聲上:𣵽第二:𢫵】收早熟禾曰𢫵」
𢫶手4+6=総画数10 U+22AF6 [ハイ、ヘ/] 𣬊𣬓𢮠𡴬
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、またその作法、同「拜」
𢫷手3+6=総画数9 U+22AF7 [ワ/]
◆摘(つま)む、摘み取る
𢫹手3+6=総画数9 U+22AF9 [トウ、ズ/な・げる]
◆手に持っているものを放り出す、手放す
◆持っているものを他のものに入れる、また当てる
◆棄てる、諦める
◆止まる、滞在する
𢫼手3+6=総画数9 U+22AFC [ソウ/か・く] 搔掻𢸪𢮞𤔢
◆爪を立て引っ掛けるようにして引く、また爪立ててものを寄せ集める
◆騒ぐ、同「騒」
◆[日]手を忙(せわ)しく動かすさま
𢫽手3+6=総画数9 U+22AFD [ヨク、オク/おさ・える、そも、そもそも] 抑𢮮𢬃
◆おさ・える、上から下の方向に押さえ付ける、押え付けて立ったり起きたり(上の方に向かう動作)や目立ったり激しい動作をしないようにする
◆そもそも、文中に置いてそれまでの話を終わり(抑えて)新たな話を始める際に用いる語
◆そもそも、(そういう考えもあるが、そうではなくて)本来は
𢫾手3+6=総画数9 U+22AFE [シ/ゆび、ゆび・さす、さ・す]
◆ゆび、手足の先に伸び出た体の一部 {人体(上肢)}
◆ゆび・さす、さ・す、物事の方向を示す
◆意図するところ、考え、意向、同「旨」
𢬃手3+6=総画数9 U+22B03 [ヨク、オク/おさ・える、そも、そもそも] 抑𢮮𢫽
◆おさ・える、上から下の方向に押さえ付ける、押え付けて立ったり起きたり(上の方に向かう動作)や目立ったり激しい動作をしないようにする
◆そもそも、文中に置いてそれまでの話を終わり(抑えて)新たな話を始める際に用いる語
◆そもそも、(そういう考えもあるが、そうではなくて)本来は
𢬆手3+6=総画数9 U+22B06 [スウ、シュ/] 搊𢮢𢬟𢬞
◆ぐっと握(にぎ)る、しっかりと手に持つ、同「𢫧」
◆弦を弾(はじ)く、弦楽器を弾(ひ)く
𢬌手3+6=総画数9 U+22B0C [ハツ、バチ、バツ/ぬ・く、ぬ・ける、ぬ・かす、ぬ・かる] 抜拔㧞𢪺
◆多くの中で一部だけが見えているところを掴んで引っ張り出す
◆多くの中から必要なもの或いは不必要なものを選んで取り出す
◆多くの中でそこだけ(それだけ)が突き出ている、他よりそこだけ(それだけ)が優れている
◆[日]肝心なところを見落とす
𢬍手3+6=総画数9 U+22B0D [ヨウ/] 擪𢵤擫㩎
◆(笛などの孔を押さえるように)指で軽く押さえる、押さえて塞ぐ
𢬎手3+6=総画数9 U+22B0E [コウ/] 揯搄𢳖𢫮𢰨
◆強く引っ張る、同「緪」
𢬑手3+6=総画数9 U+22B11 [未詳/]
◆未詳
𢬘手3+6=総画数9 U+22B18 [未詳/]
◆未詳、「【岱史:卷十七:鄒德溥】…大夫松爾本𢬘劲節…」「【中華字海:扌部:𢬘】同"抱"」
𢬜手3+6=総画数9 U+22B1C [リョ、ロ/たび] 旅𣃨挔𣥏𣥐
◆兵士数を基にした軍隊の規模の単位、周朝(シュウ、西周、前11世紀~前771年)では500人を単位とした、「【周禮:卷第三:地官司徒】乃會萬民之卒伍而用之五人爲伍五伍爲兩四兩爲卒五卒爲旅五旅爲師五師爲軍…(用謂使民事之伍兩卒旅師軍皆衆之名兩二十五人卒百人旅五百人師二千五百人軍萬二千五百人…)[†人数や呼称は時代や国によって異なる]」
◆列を成(な)して行軍する、またその軍隊
◆(大勢で)遠くへ出掛ける
◆(多くのものが)列を成なす、連(つら)なる
◆供物(クモツ、そなえもの)を祭壇(サイダン)に並べ山や川の神を祀(まつ)る祭礼、同「祣」
◆周易の六十四卦の一つ、「火山旅(カザンリョ)」、䷷ {易経記号}
◆背骨(せぼね)、同「膂」
𢬞手3+6=総画数9 U+22B1E [スウ、シュ/] 搊𢮢𢬆𢬟
◆ぐっと握(にぎ)る、しっかりと手に持つ、同「𢫧」
◆弦を弾(はじ)く、弦楽器を弾(ひ)く
𢬟手3+6=総画数9 U+22B1F [スウ、シュ/] 搊𢮢𢬆𢬞
◆ぐっと握(にぎ)る、しっかりと手に持つ、同「𢫧」
◆弦を弾(はじ)く、弦楽器を弾(ひ)く
𢬡手3+6=総画数9 U+22B21 [未詳/]
◆未詳
𢬣手4+6=総画数10 U+22B23 [未詳/]
◆未詳
𢬪手3+6=総画数9 U+22B2A [ソツ、ゾチ/] 捽𢪄
◆手にぎゅっと握る
◆ぎゅっと握って抜き取る、或いは引っ張る
𢭎手3+6=総画数9 U+22B4E [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢭎】下江反𢭎䉶帆䉶音雙」
手3+7=総画数10 U+39E7 [ソ、ショ/と・く、す・く、くしけず・る] 梳𣐌𣓜𤴜𣙳
◆櫛(くし)、歯の目が比較的粗い櫛、目が細かいものは「篦」「枇」、総称して「櫛」、「【說文解字注:木部:櫛】梳比之總名也(比讀若毗疏者為梳密者為比)」
◆櫛で髪の毛を整える
手3+7=総画数10 U+39F4 [ガ/]
◆縒(よ)る、両掌(てのひら)で物を挟み左右の掌を逆方向に擦(こす)る、同「搓」
手3+7=総画数10 U+39F5 [ホウ、フ、ブ/]
◆手で土を掘る、また掘り起こす
◆掻き集める
手3+7=総画数10 U+39F6 [コウ、キョウ/]
◆琴の音、同「揁」
手3+7=総画数10 U+630B [シン/]
◆汚れや穢(けが)れを拭(ぬぐ)う、拭い清める
◆与える、与え助ける、同「給」「賑」
手3+7=総画数10 U+6328 [アイ、エ/] 𢰇
◆ぶつかるほど近くまで寄る、肩が触れるほどぴったりと並ぶ
◆押す、押し合う
◆被(こうむ)る、~される、同「捱」
◆引き延ばす、同「捱」
◆「挨拶(アイサツ)」◇ぎっしりと詰まって押し合い圧(へ)し合いするさま◇[日]人と付き合う際の礼儀としての言葉◇[日]会合などの大勢の人が集まる場で話をすること、またその話
手3+7=総画数10 U+6329 [タツ、タチ、セイ、セ/]
◆抜け出る、解き放たれる
◆棒などで叩(たた)く
◆拭(ぬぐ)う
手3+7=総画数10 U+632A [ダ、ナ/] 𢰓
◆両掌(てのひら)で物を揉(も)む、「【廣韻:下平聲:卷第二:歌第七:那:挪】搓挪」
手3+7=総画数10 U+632B [サ、ザ/くじ・く、くじ・ける] 𢲖
◆途中で折る、折れる
◆途中からそれまでのように進めなくなる
手3+7=総画数10 U+632C [ホツ、ボチ/]
◆抜く
手3+7=総画数10 U+632D [コウ、キョウ/] 𢯬
◆乱す、掻(か)き乱す、同「攪」「撓」
手3+7=総画数10 U+632E [テイ、タイ/]
◆涙や鼻水を拭(ぬぐ)う、拭(ふ)く、同「䶏」
手3+7=総画数10 U+632F [シン/ふ・る、ふ・るう]
◆揺(ゆ)する、揺るがす、揺り動かす
◆揺すって奮(ふる)い起こす、また奮い立たせる
◆励(はげ)ます、励まし救(すく)う
◆盛んなさま、勢(いきお)いがあるさま、「振振(シンシン)」
漢字林(非部首部別)
手3+7=総画数10 U+6330 [テイ、ジョウ/]
◆差し上げる
◆「挰掄」、仕分けて選び出す
手3+7=総画数10 U+6331 [サ、シャ/] 挲𢬰
◆摩(さす)る、撫(な)でる、「摩挲(マサ)」
◆「挓挱(タサ)」、手を(腕を)開く、開き広げる、「【集韻:卷三:平聲:麻第九:挱】挓挱開皃」
手4+7=総画数11 U+6332 [サ、シャ/] 挱𢬰
◆摩(さす)る、撫(な)でる、「摩挲(マサ)」
◆「挓挲(タサ)」、手を(腕を)開く、開き広げる、「【集韻:卷三:平聲:麻第九:挱】挓挱開皃」
手3+7=総画数10 U+6333 [ケン/]
◆撞(つ)く、棒状のもので突く
◆牽(ひ)く、引っ張る、同「牽」
手3+7=総画数10 U+6334 [バイ、マイ/] 𢯈𢮇
◆貪(むさぼ)る
◆恥じる、心から恥じる、同「愧」、「【方言:第二】挴㥾赧愧也晉曰挴或曰㥾秦晉之間凡愧而見上謂之𧹞(小雅曰面赤愧𧹞)梁宋曰㥾(勑㥾亦慙㒵也音匿)」
手3+7=総画数10 U+6335 [ロウ、ル/もてあそ・ぶ、いじ・る、いじ・くる] 弄㺯挊𠧗
◆(美しい石を)手に取り飽くことなく触れたり眺めたりする、また愛(め)でる
◆楽器を奏(かな)でる、「音楽を愛でる」の意
◆(相手が嫌がるのも構わずに)むやみに手を加える、意味もなくあれやこれやに手を出す
◆両側に家が建ち並ぶ路地、小路
手3+7=総画数10 U+6336 [キョク、コク/]
◆周りを取り囲んで押さえ中のものが動かないようにする、抱(かか)える、同「拘」
◆二本の棒に土などを運ぶための籠や台を取り付けたもの、前後二人でこれを担(かつ)ぎ上げて運ぶ、同「梮」
手3+7=総画数10 U+6337 [ホウ、ビョウ/] 搒𢮔
◆櫓(ロ)や櫂(かい)で舟を漕(こ)ぐ、舟を漕ぐ棒を「榜」
◆棒で罪人を打ち叩く、罪人を打ち叩く棒を「榜」
手3+7=総画数10 U+6338 [ケン/] 𢺃𢹕
◆拭う
手3+7=総画数10 U+6339 [ユウ、オウ/]
◆酒や水などを掬(すく)う、汲(く)む
◆気持などを抑(おさ)える、抑制(ヨクセイ)する
◆敬意を表すために胸の前で手を組む、「拱挹(コウユウ)」、同「拱揖」
漢字林(非部首部別)
手3+7=総画数10 U+633A [テイ、ジョウ、チョウ/]
◆まっすぐに突き出る、他よりも先に抜(ぬ)きん出る
◆(曲がらずに)まっすぐなさま、同「頲」
◆[日]長くまっすぐなものを数える語、同「梃」
手3+7=総画数10 U+633B [セン/]
◆延(の)びる、長引く
◆柔らかい
手3+7=総画数10 U+633C [ダ、ナ/]
◆軽く押さえるようにして擦(こす)る、揉(も)む、同「捼」
漢字林(非部首部別)
手3+7=総画数10 U+633D [バン、モン/ひ・く]
◆曳(ひ)く、引っ張る、同繁「輓」
◆柩(キュウ、ひつぎ、死者が納められた棺)を乗せた車を曳く、同「輓」
◆「挽歌(バンカ)」、柩を乗せた車を曳く時に歌う歌、人の死を悼(いた)む歌、同「輓歌」
◆[日]ひ・く、鋸(のこぎり)などで手前に引くようにして切る
手3+7=総画数10 U+633E [キョウ、ギョウ/はさ・む、はさ・まる]
◆ものを腋(わき)の下に入れ腕を降ろし脇腹との間で押さえる、両側から(落ちないように)押さえ支える、同「夾」
◆両側から押え付けて動かないようにする
◆両側から押え付けて身動きができないようにする、強く迫(せま)る
手3+7=総画数10 U+633F [ソウ、ショウ/さ・す] 插揷𢰔𢭉
◆細長いもの(先が尖ったもの)を刺し入れる
◆空いたところ(隙間や穴)に差し入れる
手3+7=総画数10 U+6340 [ホウ、ブ/]
◆両掌(てのひら)に載せて持つ、同「捧」「𢪋」
◆「捀子(ホウシ)」、籠や袋を背負い物を売り歩く人、「【太平廣記:卷二十八:神仙二十八:僧契虛】師可備食於商山逆旅中遇捀子(音奉即荷竹橐而販也)」
手3+7=総画数10 U+6341 [コウ、キョウ/]
◆乱れる、入り乱れる、同「攪」
手3+7=総画数10 U+6342 [ゴ、グ/] 𢫸
◆斜め("\""/"字状)に渡して対角に当てる、筋交い(すじかい)に当てる、斜交い(はすかい)に支える、同「梧」
◆「抵捂(テイゴ)」、互いにぶつかり合う、食い違う、同「柢梧」「牴牾」
◆「搘捂(シゴ)」、倒れないように柱や石などを当てて支える
手3+7=総画数10 U+6343 [クン/]
◆取る、採取する、収集する
手3+7=総画数10 U+6344 [キュウ、ク/]
◆土を籠(かご)や畚(もっこ)などに入れて集める、掻(か)き集める
◆救(すく)う、助ける、同「救」
手3+7=総画数10 U+6345 [トウ、ツウ/] 𢳟
◆引く、引っ張る、同「㪌」、「【廣韻:上聲:董第一:侗:捅】進前也」
◆棒や刀などで突(つ)く、突(つつ)く
◆突き刺す、突き破る
手3+7=総画数10 U+6346 [コン/] 𢮖
◆縛(しば)る、同「裍」「綑」「梱」「𡈳」
◆経糸(たていと)の間を緯糸(よこいと)を通した後、とんとんとしっかり打って固く織る、同「綑」、「【康熙字典:卯集中:手部:捆】…《註》捆猶叩㧻也欲使堅故叩之…《疏》捆逼而密緻也…」
◆(莚などに使う藁を柔らかくするために)しっかりと叩(たた)く
手3+7=総画数10 U+6347 [カク/] 𢷓
◆裂(さ)く、(土を)掘る
◆抜き取る、取り除く
手3+7=総画数10 U+6348 [ト、ズ、ド、チョ/]
◆折ったり巻いたりしてあるものを横に伸ばし広げる、同「舒」
◆(それまで外からは見えなかった)考えや思いを言葉や態度で表す、考えや思いを述べる、同「抒」
手3+7=総画数10 U+6349 [サク、ソク/とら・える、つか・まえる]
◆ぎゅっと掴(つか)まえる、掴まえて離さない、しっかりと手(や目や頭など)の中に収める
◆捕(つか)まえる、搦(から)め捕(と)る
◆「守捉(シュソク)」、唐朝(618年~907年)の国境周辺を警備する軍の組織の名
手3+7=総画数10 U+634A [ホウ、ブ/]
◆掻(か)き寄せる、掻き集めて抱(かか)える
手3+7=総画数10 U+634B [ラツ、ラチ/]
◆指で摘(つま)まみ取る、指先で摘み持つ、同「寽」
手3+7=総画数10 U+634C [ハツ、ハチ/さば・く、は・ける]
◆二つに分ける、別ける、分けて両脇に押し開く
◆八、「八」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと) {数字}
◆[日]さば・く、は・ける、物事をうまく仕分ける、物事がうまく流れる
手3+7=総画数10 U+634D [カン、ガン/]
◆防ぐ、くい止める、同「仠」「扞」「㪋」
◆弓籠手(ゆごて)、弾いた弓の弦が当たって傷付かないように腕に着ける防具、同「扞」
手3+7=総画数10 U+634E [ソウ、ショウ/]
◆ものの表面をさっと掠(かす)める
◆さっと払う、さっと払うように打つ
◆ものの表面を払うように削(そ)ぎ切る、掠め取る
漢字林(非部首部別)
手3+7=総画数10 U+634F [ネツ、デツ、ネチ/こ・ねる、つく・ねる]
◆掌(てのひら)や指で押さえる、押さえ延ばし纏めるという動作(蕎麦や饂飩を打つ際の動作)を繰り返す
◆押さえ延ばし纏めながら元の形とは全く違うものに作り上げる、実際にはないことやものをあるかのように作り上げる
◆あれやこれやと無理や屁理屈(へりくつ)を言う
手3+7=総画数10 U+6350 [エン/]
◆棄(す)てる、放り出す
◆投げ打つ、差し出す
◆損(そこ)なう、減らす
◆「棄捐(キエン)」、捨て去る、見捨てる
◆「捐身(エンシン)」、身を捨てる、身を削り尽くす、同「献身」
◆「捐助(エンジョ)」、金品を差し出して助ける、寄付する、「義捐(ギエン)」、同「援助」
◆「捐官(エンカン)」、金品を納めて(貯えを差し出して、貯えを減らしてその代わりに)官職を得る
◆「捐税(エンゼイ)」、(貯えを割いて納める)税金
◆「捐瘠(エンセキ)」、体の肉が削(そ)げ落ちる、痩(や)せ細る
手3+7=総画数10 U+6351 [ソク、ショク/]
◆軽く叩(たた)く
手3+7=総画数10 U+6352 [シュ、ショク、ソク/]
◆束(たば)ねる、一つに纏(まと)める、縛(しば)って一つにする、同「束」
◆装(よそお)う、装束(ショウゾク、衣裳や装身具などを始めとする身の回りのもの)を整える
◆身を(体を、気持ちを、姿勢を、態度を)ぐっと引き締める、体を強張(こわば)らせる、同「竦」「悚」
手3+7=総画数10 U+6354 [カク、サク、ザク/]
◆力を競い合う、同「角」
◆角(つの)で突き刺す、突き刺して獲物を獲る
手3+7=総画数10 U+6355 [ホ、ブ/つか・まえる、つか・まる、とら・える、とら・われる、と・る]
◆(逃げるものを追いかけて、或いは隠れているもの捜し出して)掴(つか)まえる、捉(つか)まえる、取り押さえる
漢字林(非部首部別)
手3+7=総画数10 U+6356 [カン、ガン/]
◆(宝石などを)削(けず)り磨(みが)く
手3+7=総画数10 U+6357 [ホ、ブ、チョク、チキ/はかど・る]
◆打つ
◆「捗攎(ホロ)」、未詳、「散らばった草を拾い集める」の意か?、「【集韻:卷二:平聲:模第十一:荹捗】荹攎收亂艸或从手」
◆[日]はかど・る、仕事が順調に進む
手3+7=総画数10 U+6358 [ソン、シュン/]
◆押す、手や指で軽く押さえ付ける
手3+7=総画数10 U+6359 [エイ、エ、エツ、エチ/] 拽𡲝
◆(車などに)綱を掛け踵(かかと)で踏ん張りながら後退(あとずさ、あとしざ)りに引っ張る
手3+7=総画数10 U+635A [サイ/]
◆両手で持ち高く上げる、捧げ持つ
手3+7=総画数10 U+635B [リョ、ロ/] 𢰈
◆兵士数を基にした軍隊の規模の単位、周朝(シュウ、西周、前11世紀~前771年)では500人を単位とした、同「𢬜(旅)」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢰈捛】二俗𢬜正音呂師旅也與旅字同」
◆未詳、「【鮚埼亭詩集:卷第五:嶰谷捛集行菴見黃葉滿庭偶然有作】」
手3+7=総画数10 U+635C [ソウ、シュ/さが・す] 搜摉𢯱𢱻𢅢𠮍
◆さが・す、隅々まで探(さぐ)る、また探(さが)し求める、丹念に調べる
手3+7=総画数10 U+635D [タツ、タチ、セイ、セ/]
◆抜け出る、解き放たれる
◆棒などで叩(たた)く
◆拭(ぬぐ)う
手3+7=総画数10 U+635E [ロウ/] 撈𢭐
◆水中のものを掬(すく)い上げる、手や網で掻(か)き寄せるようにして掬う
手3+7=総画数10 U+635F [ソン/そこ・なう、そこ・ねる] 損𢿃
◆減らす、失う、失(しっ)する、欠ける、傷付ける、貶(おとし)める、貶(けな)す、価値が低下したり状態が悪化したりすることを指す
手3+7=総画数10 U+6360 [ヒン/]
◆冢(つか、土を盛り上げた所)の穴の入り口
手3+7=総画数10 U+6361 [ケン/] 撿𢮦
◆型に嵌(は)めて自由を制限する、拘束する
◆しっかりと確認する、詳しく調べる、同「檢」
手3+7=総画数10 U+6362 [カン、ガン/か・える]
◆今あるものをそれまでのものとは別のものに替える
手3+7=総画数10 U+6363 [トウ/つ・く]
◆舂(うすづ)く、臼などの器に入れた穀物を満遍(まんべん)なく杵(きね)などで突く、同「擣」「㨶」
◆(棒などでとんとんと短く繰り返し)叩(たた)く、同「擣」
◆突っつく、突っつき回す、「搗乱(トウラン、突っついて面倒や騒ぎを起こす)」
手3+7=総画数10 U+6364 [未詳/]
◆未詳
手3+7=総画数10 U+6369 [レツ、レチ、レイ、ライ/ねじ・る、ね・じる、よじ・る、もじ・る]
◆両端を持って逆方向に回す、捻(ひね)る、「手(扌)を逆方向(戾)に回す」の意
◆曲げた指を伸ばす弾(はじ)く・手首を捻る・掌を返すなど手や手首を曲げ伸ばししたり回転させる動作、「手(扌)を逆方向(戾)に曲げる」の意
注解:本来は「扌戾」で「扌戻」の字形は日本だけです
手3+7=総画数10 U+63E4 [ショク、ソク/]
◆掴む
◆拭う
𢫸手3+7=総画数10 U+22AF8 [ゴ、グ/]
◆斜め("\""/"字状)に渡して対角に当てる、筋交い(すじかい)に当てる、斜交い(はすかい)に支える、同「梧」
◆「抵𢫸(テイゴ)」、互いにぶつかり合う、食い違う、同「柢梧」「牴牾」
◆「搘𢫸(シゴ)」、倒れないように柱や石などを当てて支える
𢬰手3+7=総画数10 U+22B30 [サ、シャ/] 挲挱
◆摩(さす)る、撫(な)でる、「摩挲(マサ)」
◆「挓𢬰(タサ)」、手を(腕を)開く、開き広げる、「【集韻:卷三:平聲:麻第九:挱】挓挱開皃」
𢬱手3+7=総画数10 U+22B31 [キョ、コ、キョウ、コウ/]
◆持ち去る
◆両掌に載せて持つ
𢬲手3+7=総画数10 U+22B32 [カ/]
◆(背や肩に)ものを載(の)せる、背負(せお)う、担(にな)う、同「抲」「荷」
𢬴手3+7=総画数10 U+22B34 [チョウ/]
◆指先で摘(つ)まむ、また摘まみ捻(ひね)る、同「拈」
𢬵手3+7=総画数10 U+22B35 [ヘン、ベン、フン、ハン、ホン/]
◆両手をぱんぱんと打ち鳴らす、拍子をとりながら両手を打ち鳴らす、同「抃」「拚」
◆(命などを)投げ出す、棄(す)てる、同「拌」
◆鳥が翼を大きく羽ばたかせながら飛ぶ、同「翻」
𢬶手3+7=総画数10 U+22B36 [シン/] 𢽪
◆撃(う)つ
𢬸手3+7=総画数10 U+22B38 [カツ、カチ/くく・る、くび・れる]
◆袋などの口を解(ほど)けないように縛(しば)る、また縛って閉じる
◆幾つかのものを一つに纏(まと)める、纏めて束ねる
◆矢を弦(つる)に番(つが)える部分、矢筈(やはず) {武器(弓箭)}
◆[日]くび・れる、縛ったように途中が窄(すぼ)まる
𢬹手3+7=総画数10 U+22B39 [チョウ、トウ/いど・む]
◆煽(あお)いで騒ぎや火などの勢いを大きくする
◆焚(た)きつける、そうなるように仕向ける、唆(そそのか)してその気を起こさせる、「挑動(チョウドウ)」、同「誂」
◆突き入れて穿(ほじく)る
◆担(にな)う、棒に荷を掛けて担(かつ)ぐ
◆選ぶ、選り分ける
𢬺手3+7=総画数10 U+22B3A [コウ/] 薅𦵢𦼸𢫩𢴅𣐾
◆田畑の雑草を引き抜く、除草する、同「茠」
𢬻手3+7=総画数10 U+22B3B [ジョウ、ニョウ/] 㘝𡆴
◆中に取り込む、同「囡」
𢬼手3+7=総画数10 U+22B3C [トン/]
◆手で押す、同「推」「㨡」
𢬽手3+7=総画数10 U+22B3D [ハイ、ヘ/] 捭𢮆
◆両手で左右にぐっと開く、両脇へ押し退(の)けるようにして開く、「【說文解字注:手部:捭】㒳手擊也(謂左右㒳手橫開旁擊也引申之爲鬼谷子之捭𨵵捭之者開也𨵵之者閉也禮記燔黍捭豚叚捭爲擘字)」
◆開いて平らにする、(塊肉に)切り込みを入れて開き平らにする、「【禮記注疏(禮記正義):卷二十一:禮運】夫禮之初始諸飲食其燔黍𢬽豚…(《注》…甑釋米𢬽肉加於燒石之上而食之耳…《疏》…燔黍𢬽豚者燔黍者以木洮釋黍米加於燒石之上以燔之故云燔黍或𢬽析豚肉加於燒石之而孰之故云𢬽豚…)」
◆毀(こぼ)つ、壊す
𢬿手3+7=総画数10 U+22B3F [カイ/]
◆手に持つ
𢭀手3+7=総画数10 U+22B40 [セン、ゼン/]
◆同「旋」
注解:「方」を「扌」に誤った字
𢭁手3+7=総画数10 U+22B41 [ケイ、ゲ/]
◆換(か)える、同「㨙」
𢭂手3+7=総画数10 U+22B42 [ロウ/]
◆閉じる、閉じ込める
𢭃手3+7=総画数10 U+22B43 [タン/]
◆短い、同「短」
𢭄手3+7=総画数10 U+22B44 [キ、ゴ/] 𢪕
◆忌(い)む、憚(はばか)る、避ける、同「忌」
𢭆手3+7=総画数10 U+22B46 [チュウ/]
◆抽(ぬき)んでる、秀(ひい)でる、多くの中でそこだけ(それだけ)が突き出ている、同「抽」「抜」
𢭇手3+7=総画数10 U+22B47 [ソウ、ス/] 揔捴摠搃𢵃𢷝
◆纏(まと)める、纏めて一つにする、同「總」「総」「惣」
◆全て、皆(みな)、遍(あまね)く、同「總」「総」「惣」
◆手に持つ
𢭈手3+7=総画数10 U+22B48 [コウ/] 掆㧏
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「扛」「𢱫」「舁」
𢭉手3+7=総画数10 U+22B49 [ソウ、ショウ/さ・す] 插揷挿𢰔
◆細長いもの(先が尖ったもの)を刺し入れる
◆空いたところ(隙間や穴)に差し入れる
𢭊手3+7=総画数10 U+22B4A [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] 揺搖摇㨱摿𢳘𢭌
◆上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす
𢭋手4+7=総画数11 U+22B4B [ケツ、ケチ、ケイ、ケ/]
◆手に提(さ)げて持つ、手にぶら下げるようにして持つ
◆手で引き連れる
◆刻む、札などに文字を刻み込む、同「契」
𢭌手3+7=総画数10 U+22B4C [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] 揺搖摇㨱摿𢭊𢳘
◆上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす
𢭍手3+7=総画数10 U+22B4D [スイ、シ/] 揣𢰚
◆重さを量(はか)る、高さや厚みなどを測(はか)る、同「㪜」
◆見当をつける、推(お)し量る、同「挅」
◆「𢭍度(シタク)」、相手の心中(思いや考え、またその深浅・軽重などの度合)を推(お)し測る(量る)、同「忖度(ソンタク)」
◆斉(ととの)える、きれいに揃える、「【道德真經註:卷之一】揣而銳之不可長保[†「きれいに斉えたものも長くは保てない」]」
◆「掙揣(ソウスイ)」、藻掻(もが)く、足掻(あが)く、なんとかしようと必死になる、同「掙扎(ソウサツ)」「䦛䦟(ソウスイ)」
𢭏手3+7=総画数10 U+22B4F [トウ/] 擣𢷬𢶈
◆杵(きね)などで搗(つ)く、(とんとんと)短く繰り返し突く、同「搗」「捯」
◆(棒などでとんとんと短く繰り返し)叩(たた)く、同「搗」
◆(敵を)突く、突撃する
𢭐手3+7=総画数10 U+22B50 [ロウ/] 撈捞
◆水中のものを掬(すく)い上げる、手や網で掻(か)き寄せるようにして掬う
𢭒手3+7=総画数10 U+22B52 [未詳/]
◆未詳、「【中華大字典:手部:𢭒】七活切曷韻搏也」「【中華字海:扌部:𢭒】同"搔"」
𢭓手3+7=総画数10 U+22B53 [サツ、サチ/]
◆隙間がない程までに近づく、また近くに寄せる、同「𢹵」「𥔨」
◆「挨拶(アイサツ)」◇ぎっしりと詰まって押し合い圧(へ)し合いするさま◇[日]人と付き合う際の礼儀としての言葉
◆「𢭓指(サッシ)」、指の間に円柱形の木の棒を挟(はさ)んで縛る刑、またその棒、本来は「桚指」、「𢭓指」は俗用
𢭗手3+7=総画数10 U+22B57 [ジョウ、ニョウ/] 攘𢺖
◆譲(ゆず)る、位・場所・立場などから自ら退(しりぞ)き空いたところを人に進める、同「讓」
◆(入り込もうとするところにあるものを)退ける、(入り込もうとするものを)払い除(の)ける、振り払う
◆(入り込んで)奪う、奪い取る、同「𣀮」
◆掻(か)き乱す、入り乱れる
𢭝手3+7=総画数10 U+22B5D [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:心部第四:𢭝】俗之忍反」「【中華字海:扌部:𢭝】"揔"的讹字」
𢭠手3+7=総画数10 U+22B60 [未詳/]
◆未詳
𢭤手4+7=総画数11 U+22B64 [キョウ、ク/] 㧬㧭
◆両手(両腕)で抱(かか)え持つ、抱(いだ)く、同「𢀜」
◆手で頭よりも高く持ち上げる
𢭨手3+7=総画数10 U+22B68 [ガ/]
◆ものを掬うようにして取り出す
𢭩手3+7=総画数10 U+22B69 [未詳/]
◆撞(つ)く、突(つ)く、同「撞」、「【漢語大字典:手部:𢭩】【中華字海:扌部:𢭩】同"撞"」
𢭮手3+7=総画数10 U+22B6E [未詳/]
◆未詳
𢭶手4+7=総画数11 U+22B76 [未詳/]
◆未詳
𪭷手3+7=総画数10 U+2AB77 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𪭷】同"抱"」
手3+8=総画数11 U+39FA [トウ、ドウ/]
◆裁縫の際に指先に被せる指サック、或いは指に嵌める環状の指貫(ゆびぬき)、同「𩎽」
手3+8=総画数11 U+39FB [タク、ソク/]
◆とんとんと叩(たた)く
◆突(つつ)く
手3+8=総画数11 U+39FC [ヒョウ/]
◆分け与える、分配(ブンパイ)する、同「俵」
手3+8=総画数11 U+39FE [コツ、コチ/]
◆叩(はた)く、塵(ちり)などを払い落とす
手3+8=総画数11 U+3A00 [ヘイ、ヒョウ/]
◆手に握る、(片手に)しっかりと握り持つ、同「柄」「秉」
手3+8=総画数11 U+3A01 [ショク、ジキ、チ、ジ/]
◆投げる
◆握る
◆歩く時に用いる杖
手3+8=総画数11 U+3A02 [トウ、ツウ/]
◆強く打つ
手3+8=総画数11 U+3A03 [キョウ/]
◆棒で撞く
手3+8=総画数11 U+3A04 [チョウ、ジョウ/]
◆鍬(シャベルshovel状の農具、日本でいう「鋤」)や鋤(振り下ろして土など掘り起こす農具、日本でいう「鍬」)などを土に突き刺す、また突き入れて掘り返す、土を掻き混ぜる、耕(たがや)す、同「𠠄」「趙」
手3+8=総画数11 U+3A05 [ダイ、ゼイ、ナイ/]
◆未詳、「【廣韻:去聲:寘第五:諉:㨅】内也又姓」「【集韻:卷七:去聲上:祭第十三:㨅】扟也」
手3+8=総画数11 U+3A06 [リン/]
◆惨(むご)たらしい、惨たらしく殺す
手4+8=総画数12 U+3A07 [ハン、バン/]
◆除く、取り除く
◆物を別の場所へ運ぶ、同「搬」
手3+8=総画数11 U+3A08 [セイ、サイ/] 擠挤𡬚
◆押し出す、ぎゅっと押して外に出す
◆ぎっしりと詰まる、ひしめき合う
手3+8=総画数11 U+6353 [ヤ/]
◆「捓揄(ヤユ)」、からかう、弄(もてあそ)ぶ、困らせたり怒らせたりして面白がる、同「擨𢶖」「歋歈」
手3+8=総画数11 U+6365 [ワン/]
◆手首、「臂(ヒ、日本でいう「腕」)」と「手」を繋ぐ関節部分、或いは肘から手首までの部分、同「腕」 {人体(上肢)}
◆捩(ねじ)る、同「𢺴」
手3+8=総画数11 U+6366 [キン、ゴン/]
◆さっと手で押さえる、掴(つか)む
◆捕(と)らえる、取り押さえる、押さえて動けないようにする、同「擒」「㩒」「扲」
手3+8=総画数11 U+6367 [ホウ、フ/ささ・げる]
◆両手で持つ、両掌(てのひら)に載(の)せて持つ、同「奉」
◆[日](神仏や大切な人などに)謹(つつし)んで差し上げる
手3+8=総画数11 U+6368 [シャ/す・てる]
◆手放(てばな)す、棄(す)てる、握った手を解(と)いて手の中のものを放(ほう)る、同簡「舍」
◆財物などを他に与える、施(ほどこ)す、「喜捨(キシャ)」「施捨(シシャ)」、同「舍」
注解:{⿰扌舍}が正字
手3+8=総画数11 U+636A [ビン、ミン/] 㨉抿𢰞
◆手で撫(な)でる
◆拭(ぬぐ)う、擦(こす)るようにして払う、同「抆」
手3+8=総画数11 U+636B [ボン、モン/]
◆手で触れる、手で軽く撫(な)でる、「捫心(モンシン、胸に手を当てること)」
手3+8=総画数11 U+636C [フ/]
◆防ぎ守る
◆撫(な)でる
手3+8=総画数11 U+636D [ハイ、ヘ/] 𢬽𢮆
◆両手で左右にぐっと開く、両脇へ押し退(の)けるようにして開く、「【說文解字注:手部:捭】㒳手擊也(謂左右㒳手橫開旁擊也引申之爲鬼谷子之捭𨵵捭之者開也𨵵之者閉也禮記燔黍捭豚叚捭爲擘字)」
◆開いて平らにする、(塊肉に)切り込みを入れて開き平らにする、「【禮記注疏(禮記正義):卷二十一:禮運】夫禮之初始諸飲食其燔黍𢬽豚…(《注》…甑釋米𢬽肉加於燒石之上而食之耳…《疏》…燔黍𢬽豚者燔黍者以木洮釋黍米加於燒石之上以燔之故云燔黍或𢬽析豚肉加於燒石之而孰之故云𢬽豚…)」
◆毀(こぼ)つ、壊す
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+636E [キョ、コ/す・える、す・わる]
◆拠(よ)る、他のものを拠りどころにする、依拠(イキョ)する、同繁「據」
◆「拮据(キッキョ)」◇ぐっと掴(つか)む、ぐっと摘(つ)まむ◇遣り繰り(やりくり)する、(生活するのに)苦労する、「【毛詩正義(毛詩註疏):卷十四:鴟鴞】予手拮据予所捋荼予所蓄租予口卒瘏(…《疏》正義曰毛以爲鴟鴞言已作巢之苦予手撠挶其草予所捋者是荼之草其室巢所用者皆是予之所蓄爲予手口盡病乃得成此室巢…)」
◆[日]す・える、動かないようにしっかりと置く、あるべき所に置く
◆[日]す・わる、座る、どっしりと腰を下ろす
手3+8=総画数11 U+636F [トウ/]
◆(とんとんと)短く繰り返し突く、同「擣」「搗」
◆同じ動作を繰り返す
◆紐(ひも)や縄(なわ)などを右手で掴(つか)み、それを頼りに左手で掴む、それを繰り返す、手繰(たぐ)る
手3+8=総画数11 U+6370 [ワ/]
◆「捰𢫷(ワワ)」、摘(つま)む、摘み取る
手3+8=総画数11 U+6371 [ガイ、ゲ、アイ、エ/]
◆被(こうむ)る、~される、同「挨」
◆引き延ばす、同「挨」「𨂉」
手3+8=総画数11 U+6372 [ケン、ゲン/ま・く、まく・る、めく・る]
◆拳(ケン、こぶし)を作る、意気盛んなさま
◆ま・く、転がすようにして筒状に巻き丸める、同「巻」
◆まく・る、めく・る、垂れているものなどを下から上に向かって巻き上げる、平らなものの一方を持ち反対方向に引くようにして全体を持ち上げて行く、同「𢃩」
◆「席捲(セッケン)」、土地を端から巻き丸めるように手中に収めること
手3+8=総画数11 U+6373 [ゲツ、ガチ/]
◆弾(はじ)く
手3+8=総画数11 U+6374 [ソウ、ス/] 揔摠搃𢭇𢵃𢷝
◆纏(まと)める、纏めて一つにする、同「總」「総」「惣」
◆全て、皆(みな)、遍(あまね)く、同「總」「総」「惣」
◆手に持つ
手3+8=総画数11 U+6375 [テン/]
◆突く、突き出す、棒などを当てぐいと押す
◆手で押す、掌(てのひら)を押し当てて延(の)ばす
手3+8=総画数11 U+6376 [スイ/] 𢴹
◆鞭(むち)
◆鞭・棒・手などで叩(たた)く、打つ、打ちつける
手3+8=総画数11 U+6377 [ショウ、ジョウ/はや・い] 㨗𢶝𢳿掶
◆勝つ、成し遂げる、目的を達する
◆成し遂げて利を得る、戦いや狩りで戦利品や獲物を得る、またそれによって得たもの
◆動作や反応・対応が素早い、機転(気転)が利く、同「疌」
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+6378 [トツ/]
◆滑らかなさま、すべすべしているさま
手3+8=総画数11 U+6379 [ホン、ボン/]
◆未詳、「【集韻:卷七:去聲上:𢚉第二十七:坌:捹】手亂皃」
手3+8=総画数11 U+637A [ダツ、ナチ、ナツ/お・す]
◆手や指で押さえる、押し付ける、同「𢮊」
◆筆画の一つ、左上から右下にはらう書き方、古くは「磔(タク)」といったが、現代(遅くとも清代以降)の中国では「捺(ナツ)」が用いられる {永字八法}
手3+8=総画数11 U+637B [デン、ネン、ジョウ、ニョウ/ひね・る、ね・じる、ねじ・る]
◆指で摘まんで回す、撚(よ)る
◆「捻子(ネンシ)」、指で撚(よ)って糸状にしたもの、紙を撚(よ)ったものを「紙捻子」、日本ではこより(紙縒・紙捻・紙撚)
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+637C [ダ、ナ/]
◆軽く押さえ擦(こす)る、摩(さす)る、揉(も)む、同「挼」
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+637D [ソツ、ゾチ/] 𢪄𢬪
◆手にぎゅっと握る
◆ぎゅっと握って抜き取る、或いは引っ張る
手3+8=総画数11 U+637E [ワツ、ワチ/]
◆中の物を手で探り取り出す、同「搯」「掏」
◆手で引っ張る、同「援」
◆刮(こそ)げる、表面を削り取る、同「擖」「搳」
手3+8=総画数11 U+637F [セイ、サイ/]
◆住処(すみか)住(す)まい、同「棲」
◆休む、休息する、同「棲」
手3+8=総画数11 U+6380 [ケン、コン、キン/]
◆ぐっと上げる、下から上に向かって押し上げる
手3+8=総画数11 U+6381 [チョウ/]
◆ぶつかる、当たる、触れる
手3+8=総画数11 U+6382 [テン/]
◆ものを手に載(の)せて重さを量(はか)る、また見当をつける
手3+8=総画数11 U+6383 [ソウ/は・く、はら・う]
◆箒(ほうき)などで埃(ほこり)や塵(ちり)などを払(はら)う、また払ってきれいにする、同「埽」
◆払い除(の)ける
手3+8=総画数11 U+6384 [リン、ロン/]
◆仕分けて選び出す
◆(手や棒などを)振り回す
手3+8=総画数11 U+6385 [セイ、ショウ、セン/]
◆掴む、掴み取る
手3+8=総画数11 U+6386 [コウ/] 㧏𢭈
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「扛」「𢱫」「舁」
手3+8=総画数11 U+6387 [テツ、テチ、タ、ダ/]
◆あちこちから拾い集める、また選び集める
◆「攛掇(サンダ、サンドゥア)」、嗾(けしか)ける、煽(あお)り立ててある事をさせる、唆(そそのか)す
手3+8=総画数11 U+6388 [シュウ、ジュ/さず・ける、さず・かる]
◆上位者が下位者に直接(手渡しで)与える、また教える、下位者が上位者から直接(手渡しで)賜(たまわ)る、また給(たま)わる
手3+8=総画数11 U+6389 [チョウ、ジョウ、トウ/] 𢴿
◆(「揺」よりも)大きく揺り動かす、振る、振り回す
◆回る、向きを変える
◆落とす、振り落とす
◆減る、なくなる
手3+8=総画数11 U+638A [ホウ、フ、ブ/]
◆手で土を掘る、また掘り起こす
◆掻き集める
手3+8=総画数11 U+638B [テイ、タイ/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:抵掋】通𢪔抵二正丁禮反拒也觸也」「【集韻:卷五:上聲上:薺第十一:掋】說文擠也或作掋」
手4+8=総画数12 U+638C [ショウ/たなごころ、てのひら、つかさど・る] 𤓯
◆たなごころ、てのひら、手のひら、手の指を除いた部分、動物などの場合は(前)足の裏、「手心(シュシン)」 {人体(上肢)}
◆つかさど・る、役目として受け持つ、受け持つ仕事の全体を主導・統括する、「役目や仕事を掌で受け持つ、制御する」の意
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+638D [コン、ゴン/] 𣬑
◆幾つかのものが混じり合い組み合わさり釣り合いの取れたものになる
手3+8=総画数11 U+638E [キ/] 𢰤
◆片方の足を後ろに引く
◆引く、引き止める
◆傾ける、傾く
手3+8=総画数11 U+638F [トウ、ドウ/す・る] 𣖑
◆中の物を手で探り取り出す、同「搯」「捾」
◆す・る、人の懐から金品を抜き取る
手3+8=総画数11 U+6390 [コウ、キョウ/]
◆(指先で)摘(つま)まむ、(爪を立てて)抓(つね)る、「【玉篇:卷六:手部第六十六:掐】口洽切掐抓也爪按曰掐」「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:掐】正苦甲反捻也爪掐也」
手3+8=総画数11 U+6391 [キ、ギ/] 𢮜
◆「扲掑」、強く勇ましいさま
手3+8=総画数11 U+6392 [ハイ、ベ/]
◆閉じているものを押して開(あ)ける、両側に押し開(ひら)く
◆斥(しりぞ)ける、押し退(の)ける、押し除(の)ける、追い遣(や)る、「排斥(ハイセキ)」
◆順に並べる、きちんと並べる、「排列(ハイレツ、配列)」
◆横方向の列(レツ)
◆敵の進攻を防ぐために横方向に兵を配置した隊、小隊(ショウタイ)
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+6393 [シュク/]
◆拾い上げる、同「叔」
手3+8=総画数11 U+6395 [リョウ/]
◆止める、力で押え付けて止める
手3+8=総画数11 U+6396 [エキ、ヤク/]
◆腋(エキ、わき)、腕の付け根の窪(くぼ)んだところ、同「腋」「亦」
◆腕を相手の腋に入れて支え助ける、同「腋」
◆脇(わき)、向かって左右の傍(そば)、傍(かたわ)ら、「掖門(エキモン、正門の両側にある小さな門)」
手3+8=総画数11 U+6397 [ア/]
◆強(し)いる、無理に押し付ける、また売り付ける
◆「掗㩡(アラ)」、揺(ゆ)らす、振(ふ)る、振るう、振り回す
手3+8=総画数11 U+6398 [クツ、グチ/ほ・る]
◆穴を穿(うが)って土や岩を取り出す
◆土や岩などを"U"字状(垂直方向)・"⊂"字状(水平方向)に穿つ、また抉(えぐ)る、同「堀」、そのようにしてできた穴、同「窟」
手3+8=総画数11 U+6399 [ソウ、ショウ/]
◆ぐっと力を入れる(ぐっと引っ張る、ぐっと突っ張る、など)、必死になる
◆「掙揣(ソウスイ)」「掙扎(ソウサツ)」、なんとかしようと必死になる、足掻(あが)く、藻掻(もが)く、同「䦛䦟(ソウスイ)」
手3+8=総画数11 U+639A [リョウ、ロウ/]
◆両方を揃える、整える
手3+8=総画数11 U+639B [カイ、ケ、カ/か・ける]
◆引っ懸(か)ける、ものの上に置いて両方また片方を垂らす、ぶら下げる、同「挂」
◆引っ懸かる、気になって心に(目に)止まる
◆簡「挂」
◆[日]体や物を斜めにしてその一方また一部を他の物に預(あず)ける
◆[日]仕事を受け持つ
◆[日]ものの上に被(かぶ)せて周りを垂らす
◆[日]費用や時間を費(つい)やす
◆[日]乗算
手3+8=総画数11 U+639C [ゲイ、ゲ/]
◆(赤子のように)手をぎゅっと握る
◆他の物に似せる
手3+8=総画数11 U+639D [カク、キャク、コク/]
◆手で裂(さ)く、手で引き裂く、またその音、同「㩇」
手3+8=総画数11 U+639E [セン、エン/] 𢴵
◆思うところを述べる
◆炎
◆尖らせる
◆迅速なさま、素早いさま
手3+8=総画数11 U+639F [テイ、ジョウ/おきて]
◆守るべき定(さだ)め、決まり、同「定」
◆定める、動いたり揺らいだりしない状態にする、同「定」
手3+8=総画数11 U+63A0 [リャク、ラク/かす・める、かす・れる] 𢱊
◆さっと触れて一瞬に通り過ぎる
◆さっと払(はら)う、さっと撫(な)でる
◆鞭(むち)打つ、鞭で叩(たた)く、同「拷」
◆さっと奪い取る、同「略」
◆永字八法の一つ、右上から左下にはらう書き方、現代中国では「彎」 {永字八法}
手3+8=総画数11 U+63A1 [サイ/と・る]
◆指先で摘(つま)み取る、選び取る、同簡「采」
◆燃料にする小さい木、大きいものは「薪」
手3+8=総画数11 U+63A2 [タン、トン/さぐ・る、さが・す] 𢲘
◆さぐ・る、奥まで手を伸ばし入れて確かめる、また調べる
◆さが・す、遠くまで出かけて確かめる、また調べる
◆確かめ調べたものの中から選び出す
手4+8=総画数12 U+63A3 [セイ、セ/] 𢮓𢳐𢳅𢊏𪘔
◆引く、引っ張る、同「摰」
◆引っ張って動きを押さえる、制御(セイギョ)する
◆引き上げる、引き抜く
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+63A4 [ヒョウ/]
◆矢筒(やづつ、矢を入れる筒状の容器)の蓋
手3+8=総画数11 U+63A5 [ショウ、セツ/つ・ぐ、は・ぐ]
◆二つのものが間近(まぢか)まで近づく、ぴったりと寄る
◆交(まじ)える、触れ合わせる
◆(人と)触れ合う、親しく交わる
◆近くまで寄ってくるもの(寄ってきたもの)を受け入れる
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+63A6 [テキ/]
◆「挑掦(ちょうてき)」、同「挑剔」、些細なことを穿(ほじく)り返して非難する、難癖(なんくせ)を付ける
手3+8=総画数11 U+63A7 [コウ、クウ/ひか・える]
◆(弦や手綱を)引く
◆引いて抑(おさ)える、制御する
◆差し引く、同「扣」、「控除(コウジョ)」
◆訴え出る、「控告(コウコク)」
◆[日]引いて一旦見合わせる、一歩引いてでしゃばらない
◆[日]後のために(後々のために、次のために)置いておく、用意しておく
手3+8=総画数11 U+63A8 [スイ、タイ、ツイ/お・す]
◆(前に向かって)押す、押し出す、押し開ける、押し広げる
◆前に向かって進む、また進める、「推移(スイイ)」
◆人に(人を)進める、また薦(すす)める、「推挙(スイキョ)」
◆考えを押し広げる、押し進める
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+63A9 [エン/おお・う]
◆上から覆(おお)う、被(かぶ)せる
◆他から見えないようにする、また閉める、また遮(さえぎ)る
◆中に(内に)入れる、しまい込む、隠す
手3+8=総画数11 U+63AA [ソ、ス/お・く、お・いて] 𢵄
◆置く、そのままにして置く
◆「刑措(ケイソ)」、刑罰法は扨置(さてお)いて、それを用いないこと
◆あるべき場所に置く、あるべき状態にする、「安措(アンソ)」
◆「挙措(キョソ)」、立ち振る舞い、動きや行い
◆[日]お・いて、(「~をおいて~ない」の用法で)~以外に~ない
漢字林(非部首部別)
手3+8=総画数11 U+63AB [シュ、ス/]
◆警戒のために夜回りをする
◆多く集まる
◆麻幹(あさがら)、アサ(麻、アサ科アサ属の草)の茎の皮を剥いで乾燥させたもの、同「黀」 {アサ}
手3+8=総画数11 U+63AC [キク/すく・う]
◆両手を上に向け皿状また椀状に作りそこに物を載(の)せる、また液体を汲(く)む、同「𥵱」、片手は「匊」
手3+8=総画数11 U+63AD [テン/]
◆硯の墨に筆を浸す、また浸して筆先を揃える
手3+8=総画数11 U+63AE [ケン/]
◆肩に担(かつ)ぐ、また担いで運ぶ
◆「掮客」、売買の仲介をする人
手3+8=総画数11 U+63AF [コウ/]
◆強く押え付ける
◆強く迫る
手3+8=総画数11 U+63B0 [バイ/]
◆両手で割(さ)く、捥(も)ぎ取る
◆折る、折って二つに分ける
手4+8=総画数12 U+63B1 [ショウ/]
◆「掱手(パーショウ)」、同「扒手」、掏摸(すり)
手3+8=総画数11 U+63B2 [ケイ、ケ、ケツ、ゲチ/かか・げる] 揭𢶆
◆高く上げる、高く差し上げる
◆(旗や目印などを付けた)棒や竿(さお)などを立てる、人の目に入るように高く上げる
◆持ち上げる、(衣服の裾すそなどを)たくし上げる
手3+8=総画数11 U+63B3 [ロ/]
◆捕らえる
◆掠め取る
手3+8=総画数11 U+63B4 [カク、キャク/つか・む] 摑𢹖𢮎𢐚𢧷𧤯
◆(耳や頬の辺りを)平手で殴る、びんたを食らわす
◆[日]つか・む、手の中に包み入れて握る、掌と指全体を使って握る
手3+8=総画数11 U+63B5 [/はば]
◆[日]「掵(はば)」、地名、秋田県横手市
◆[日]「掵上(はばうえ)」、地名、秋田県湯沢市
手3+8=総画数11 U+63B6 [ショウ、ジョウ/はや・い] 捷㨗𢶝𢳿
◆勝つ、成し遂げる、目的を達する
◆成し遂げて利を得る、戦いや狩りで戦利品や獲物を得る、またそれによって得たもの
◆動作や反応・対応が素早い、機転(気転)が利く、同「疌」
手3+8=総画数11 U+63B8 [タン、ダン、セン、ゼン/]
◆(ゴミなどを払うように)軽く叩(はた)く、叩(たた)くようにして払う、「撣子(たんし)、ゴミなどを払うはたき」
◆「撣族(シャンぞく)」、ミャンマーのシャン州一帯に居住する民族の名
手3+8=総画数11 U+63B9 [モウ、ミョウ/]
◆引っ張る、引き抜く
手3+8=総画数11 U+63BA [サン、ソン、セン/] 摻𢮥
◆(女性の手の指が)ほっそりとしているさま、同「傪」「攕」
◆手に握り持つ、手に取りしっかりと握る、同「執」
◆「渔阳掺挝(ギョヨウサンタ)」、古代の楽曲の名、鼓による楽曲、「【世說新語:言語第二】𢖍揚枹為漁陽摻檛淵淵有金石聲四坐爲之改容」
手3+8=総画数11 U+63BB [ソウ/か・く] 搔𢸪𢮞𢫼𤔢
◆爪を立て引っ掛けるようにして引く、また爪立ててものを寄せ集める
◆騒ぐ、同「騒」
◆[日]手を忙(せわ)しく動かすさま
手3+8=総画数11 U+63BC [カン、ケン/]
◆放り投げる、投げ付ける
◆何度も繰り返すことによって身に付ける、同「慣」
手3+8=総画数11 U+63BF [ダク、ニャク/]
◆握る
◆捏ねる、揉む
◆そうなるように仕向ける
手3+8=総画数11 U+63CF [ビョウ、ミョウ/えが・く、か・く]
◆ものの姿形(すがたかたち)を詳細に写す、絵を画(えが)く
毛部
𢮁手3+8=総画数11 U+22B81 [ヨ、オ/]
◆撃つ
𢮆手3+8=総画数11 U+22B86 [ハイ、ヘ/] 捭𢬽
◆両手で左右にぐっと開く、両脇へ押し退(の)けるようにして開く、「【說文解字注:手部:捭】㒳手擊也(謂左右㒳手橫開旁擊也引申之爲鬼谷子之捭𨵵捭之者開也𨵵之者閉也禮記燔黍捭豚叚捭爲擘字)」
◆開いて平らにする、(塊肉に)切り込みを入れて開き平らにする、「【禮記注疏(禮記正義):卷二十一:禮運】夫禮之初始諸飲食其燔黍𢬽豚…(《注》…甑釋米𢬽肉加於燒石之上而食之耳…《疏》…燔黍𢬽豚者燔黍者以木洮釋黍米加於燒石之上以燔之故云燔黍或𢬽析豚肉加於燒石之而孰之故云𢬽豚…)」
◆毀(こぼ)つ、壊す
𢮇手3+8=総画数11 U+22B87 [バイ、マイ/] 挴𢯈
◆貪(むさぼ)る
◆恥じる、心から恥じる、同「愧」、「【方言:第二】挴㥾赧愧也晉曰挴或曰㥾秦晉之間凡愧而見上謂之𧹞(小雅曰面赤愧𧹞)梁宋曰㥾(勑㥾亦慙㒵也音匿)」
𢮈手3+8=総画数11 U+22B88 [フン、ハン、ヘン/] 扮𢪆
◆実際とは違う姿を装う
◆役を演じる
◆掻き回す
𢮊手3+8=総画数11 U+22B8A [アツ、エチ/]
◆手や指で押さえる、押し付ける、同「捺」
𢮋手3+8=総画数11 U+22B8B [ショウ、ジョウ/] 拯𢫒抍
◆手を貸して救う、(溺れた者などを)救い上げる、救い出す、同「氶」「丞」「撜」
𢮌手3+8=総画数11 U+22B8C [未詳/]
◆未詳、「【字彙:卯集:手部:𢮌】丘瞎切音恰拔著也」「【正字通:卯集中:手部:𢮌】俗拮字」
𢮎手3+8=総画数11 U+22B8E [カク、キャク/つか・む] 摑掴𢹖𢐚𢧷𧤯
◆(耳や頬の辺りを)平手で殴る、びんたを食らわす
◆[日]つか・む、手の中に包み入れて握る、掌と指全体を使って握る
𢮑手3+8=総画数11 U+22B91 [ロク/]
◆揺らす
◆水中のものを網で掬ったり釣ったりして取る、不正な手段で物を取る、同「撈」
𢮒手3+8=総画数11 U+22B92 [ツイ、ズイ/] 搥𢱸
◆棒や手などで打つ、叩(たた)く
◆投げる、投げ付ける、同「擿」「擲」
𢮓手3+8=総画数11 U+22B93 [セイ、セ/] 掣𢳐𢳅𢊏𪘔
◆引く、引っ張る、同「摰」
◆引っ張って動きを押さえる、制御(セイギョ)する
◆引き上げる、引き抜く
𢮔手3+8=総画数11 U+22B94 [ホウ、ビョウ/] 搒挷
◆櫓(ロ)や櫂(かい)で舟を漕(こ)ぐ、舟を漕ぐ棒を「榜」
◆棒で罪人を打ち叩く、罪人を打ち叩く棒を「榜」
𢮕手3+8=総画数11 U+22B95 [セツ、ゼチ、チョウ、ジョウ/]
◆筮竹(ゼイチク、占いに使う棒)などを手に持ち一つ二つと数える、同「𢶅」
◆畳(たた)む、折り畳む
𢮖手3+8=総画数11 U+22B96 [コン/]
◆縛(しば)る、同「裍」「綑」「梱」「𡈳」
◆経糸(たていと)の間を緯糸(よこいと)を通した後、とんとんとしっかり打って固く織る、同「綑」、「【康熙字典:卯集中:手部:捆】…《註》捆猶叩㧻也欲使堅故叩之…《疏》捆逼而密緻也…」
◆(莚などに使う藁を柔らかくするために)しっかりと叩(たた)く
𢮗手4+8=総画数12 U+22B97 [ワン/] 𢯲𢫪
◆手首、「臂(ヒ、日本でいう「腕」)」と「手」を繋ぐ関節部分、同「腕」「𢮘」 {人体(上肢)}
◆手で握る、しっかりと握って持つ、同「𦙵」
𢮘手4+8=総画数12 U+22B98 [ワン/]
◆手首、「臂(ヒ、日本でいう「腕」)」と「手」を繋ぐ関節部分、同「腕」
𢮙手3+8=総画数11 U+22B99 [ケン、ゲン/]
◆「𢮙𢮙(ケンケン)」、(拳のように)固く変わらないさま、ひたむきなさま、同「拳拳」
𢮛手3+8=総画数11 U+22B9B [タン、ダン/] 摶抟𢮨𢰁㩛
◆ばらばらのものを集めて纏(まと)める、また纏まって一塊になる
◆凭(もた)れる、頼りにする
◆専(もっぱ)ら、ひたすら
𢮜手4+8=総画数12 U+22B9C [キ、ギ/]
◆「扲𢮜」、強く勇ましいさま
𢮝手4+8=総画数12 U+22B9D [ダ、ナ/]
◆手で取る、手前に引く、手で引っ張る、同「拏」
𢮞手3+8=総画数11 U+22B9E [ソウ/か・く] 搔掻𢸪𢫼𤔢
◆爪を立て引っ掛けるようにして引く、また爪立ててものを寄せ集める
◆騒ぐ、同「騒」
◆[日]手を忙(せわ)しく動かすさま
𢮟手4+8=総画数12 U+22B9F [カツ、ゲチ/] 舝𤛉𩎲
◆車輪の脱落を防ぐために軎(エイ、車軸両端の円筒状の部品)と車軸を固定するための楔(くさび)、同「轄」 {乗物(車輪)}
𢮠手4+8=総画数12 U+22BA0 [ハイ、ヘ/] 𣬊𣬓𡴬𢫶
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、またその作法、同「拜」
𢮡手3+8=総画数11 U+22BA1 [ガツ、ガチ/]
◆木を切り倒した後に残る、同「枿」
𢮢手3+8=総画数11 U+22BA2 [スウ、シュ/] 搊𢬆𢬟𢬞
◆ぐっと握(にぎ)る、しっかりと手に持つ、同「𢫧」
◆弦を弾(はじ)く、弦楽器を弾(ひ)く
𢮣手4+8=総画数12 U+22BA3 [ラン/] 𤔔𤔬𤔦𠧏𠧎𤕍𤔭𤔪𠮗𤔒𤔐𠦸𠭟
◆(乱れているものを)秩序ある状態にする、治(おさ)める、ごちゃごちゃしているものをすっきりさせる、同「亂(乱)」
𢮤手3+8=総画数11 U+22BA4 [ハ、ヘ/たば、わ]
◆手の中に入れてしっかりと握る、周りからしっかりと押さえる、しっかりと握って持つ
◆容器や道具の握り持つ部分 {農具(鋤鍬類)}
◆たば、わ、束ねたものを数える語、一般には一握り分を「1把」という
◆数詞の後に置いて凡その数であることを示す語、例「百把人、凡そ百人、百人ほど」
𢮥手3+8=総画数11 U+22BA5 [サン、ソン、セン/] 摻掺
◆(女性の手の指が)ほっそりとしているさま、同「傪」「攕」
◆手に握り持つ、手に取りしっかりと握る、同「執」
◆「漁陽𢮥撾(ギョヨウサンタ)」、古代の楽曲の名、鼓による楽曲、「【世說新語:言語第二】𢖍揚枹為漁陽摻檛淵淵有金石聲四坐爲之改容」
𢮦手3+8=総画数11 U+22BA6 [ケン/] 撿捡
◆型に嵌(は)めて自由を制限する、拘束する
◆しっかりと確認する、詳しく調べる、同「檢」
注解:日本製の簡体字で中国では殆ど使われない
𢮨手3+8=総画数11 U+22BA8 [タン、ダン/] 摶抟𢰁𢮛㩛
◆ばらばらのものを集めて纏(まと)める、また纏まって一塊になる
◆凭(もた)れる、頼りにする
◆専(もっぱ)ら、ひたすら
𢮪手3+8=総画数11 U+22BAA [未詳/]
◆未詳
𢮮手3+8=総画数11 U+22BAE [ヨク、オク/おさ・える、そも、そもそも] 抑𢬃𢫽
◆おさ・える、上から下の方向に押さえ付ける、押え付けて立ったり起きたり(上の方に向かう動作)や目立ったり激しい動作をしないようにする
◆そもそも、文中に置いてそれまでの話を終わり(抑えて)新たな話を始める際に用いる語
◆そもそも、(そういう考えもあるが、そうではなくて)本来は
𢯂手3+8=総画数11 U+22BC2 [未詳/]
◆未詳
𢯆手3+8=総画数11 U+22BC6 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:手部:𢯆】【中華字海:扌部:𢯆】"棧"的訛字」
𢯇手3+8=総画数11 U+22BC7 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢯇】伊入反𢯇{讓-吅}也進也又相居反取水具也」「【字彙補:卯集:手部:𢯇】同揖〇唐葉公碑又作■」
𢯈手3+8=総画数11 U+22BC8 [バイ、マイ/] 挴𢮇
◆貪(むさぼ)る
◆恥じる、心から恥じる、同「愧」、「【方言:第二】挴㥾赧愧也晉曰挴或曰㥾秦晉之間凡愧而見上謂之𧹞(小雅曰面赤愧𧹞)梁宋曰㥾(勑㥾亦慙㒵也音匿)」
𢯉手3+8=総画数11 U+22BC9 [ケイ、エ/]
◆換(か)える、取り替(か)える、同「換」
𢯊手3+8=総画数11 U+22BCA [タイ、ダイ/]
◆手にぎゅっと握る、「【漢語大字典:手部:𢯊】方言。扭;揪。」「【中華字海:扌部:𢯊】同"捏"」
𢯋手3+8=総画数11 U+22BCB [フ/]
◆斧(おの)で切る、同「斧」、「【中華字海:扌部:𢯋】音府 同"斧"、用斧砍」
𢯌手3+8=総画数11 U+22BCC [未詳/]
◆未詳
𢯍手3+8=総画数11 U+22BCD [未詳/]
◆未詳
𢯏手3+8=総画数11 U+22BCF [未詳/]
◆未詳
𢯞手3+8=総画数11 U+22BDE [未詳/]
◆未詳
𢯦手3+8=総画数11 U+22BE6 [ライ/]
◆未詳
𢯿手3+8=総画数11 U+22BFF [ホウ、ボウ/]
◆鳥が卵に覆いかぶさる、卵を抱(だ)く、同「𣭀」
手3+9=総画数12 U+3A09 [ビン、ミン/] 抿捪𢰞
◆手で撫(な)でる
◆拭(ぬぐ)う、擦(こす)るようにして払う、同「抆」
手3+9=総画数12 U+3A0A [イ、ユイ、タ、ダ/]
◆手で軽く触れるようにして探(さが)す、手探(てさぐ)りする、同「捫」
◆小さく細長く角が丸いさま、㨊圓(だえん、楕円)、同「楕」
◆棄てる、同「𢸦」
◆落ちる
手3+9=総画数12 U+3A0B [シャ/]
◆撃(う)つ、強く打つ、また叩(たた)く、同「𣛰」
手4+9=総画数13 U+3A0D [ホウ/]
◆防ぐ、守る
◆未詳、「【集韻:卷三:平聲:唐第十一:㨍】捍也並也」
手3+9=総画数12 U+3A0E [ゼン、ネン/]
◆液体に浸(つ)け揉んで柔らかにする、また染(し)み込ませる
手3+9=総画数12 U+3A0F [タン/]
◆未詳、「【通俗編:卷三十四:狀貌:槃㨏】又槃㨏宛轉也㨏音炭按俗有槃㨏不動語或作𨂝{⿱足竝}詳後卷」「【集韻:卷二:平聲:寒第二十五:㨏】搫㨏婉轉也」「【玉篇:卷六:手部第六十六:㨏】他丹切搫也」
手3+9=総画数12 U+3A10 [ホ、ブ/]
◆衣服の上から軽くぽんぽんと叩(はた)く
手3+9=総画数12 U+3A13 [ロウ/] 𢭂
◆閉じる、閉じ込める
手3+9=総画数12 U+3A14 [カン、ゴン/]
◆揺(ゆ)する、揺るがす、揺り動かす、同「撼」
手3+9=総画数12 U+3A17 [ショウ、ジョウ/はや・い] 捷𢶝𢳿掶
◆勝つ、成し遂げる、目的を達する
◆成し遂げて利を得る、戦いや狩りで戦利品や獲物を得る、またそれによって得たもの
◆動作や反応・対応が素早い、機転(気転)が利く、同「疌」
手4+9=総画数13 U+6394 [カン、ケン/] 㧛𢴡
◆堅くしっかりしている、強くしっかりと握る
◆しっかりと握って引っ張る、同「𢴡」
漢字林(非部首部別)
手3+9=総画数12 U+63B7 [テキ、ジャク/なげう・つ]
◆(目標に向けて)投げ付ける、投げ入れる、同「擿」
◆投げ出す、投げ捨てる
◆[日]「打擲(ちょうちゃく)」、殴(なぐ)る
手3+9=総画数12 U+63BD [ホウ/]
◆ぶつかり合う、突き当たる
手3+9=総画数12 U+63BE [エン/じょう]
◆補佐する
◆補佐役の官吏(カンリ、役人)、属官(ゾッカン、下級の役人)、「掾吏(エンリ)」
◆[日]じょう、国司(コクシ、朝廷から各国に派遣された管理官)の第三等官
手3+9=総画数12 U+63C0 [カン、ケン/]
◆選(よ)り分ける、選択する、仕分けて選び出す、同「簡」「柬」
◆拾(ひろ)い上げる、拾い出す
手3+9=総画数12 U+63C1 [テイ、チョウ、コウ、キョウ/]
◆引く、引っ張る
◆琴の音、同「㧶」
手3+9=総画数12 U+63C2 [シュウ、シュ/]
◆集める
◆覆う、覆い隠す
手3+9=総画数12 U+63C3 [セン/そろ・う、そろ・える] 㨵𢸄𢵏𢶕𢶨
◆鋏(はさみ)や鎌(かま)などで端を切り落とす、(無駄なものや不揃いのものを)切って先端を或いは全体を整える、同「剪」
◆絶(た)つ、根刮(ねこそ)ぎにする、滅ぼす、同「翦」
◆[日]高さや長さを同じにする、欠けや乱れがないよう整える
手3+9=総画数12 U+63C4 [ユ、トウ、ツ、ズ/] 𢶖
◆引く、引き出す、引き上げる
◆臼(うす)などの器から中身を掬(すく)い出す、また掬い取る、同「抭」「舀」「揄」
◆「揶揄(ヤユ)」、からかう、弄(もてあそ)ぶ、困らせたり怒らせたりして面白がる
手4+9=総画数13 U+63C5 [ケン、ゲン/] 𥓨
◆研(みが)ぐ、磨(みが)く、同「研」「揧」
◆技術や学問に磨きをかける、またより深く究める、同「研」
手3+9=総画数12 U+63C6 [キ、ギ/] 𢲕
◆推(お)し量る、どの程度かを見積もる、同「楑」
◆(全体を推し量って立てた)方法や企画、謀(はかりごと)、「百揆(ヒャッキ、あらゆる企画、国の政まつりごとを行う際のあらゆる事務)」「首揆(シュキ、宰相サイショウ、行政を統轄管理する者の長)」
漢字林(非部首部別)
手3+9=総画数12 U+63C7 [ダン、ナン/]
◆そっと手に持つ、優しく柔らかく手に持つ、同「搦」
手3+9=総画数12 U+63C8 [コウ、オウ/]
◆打つ、打って大きな音を立てる、またその音、同「㧦」
◆掬(すく)う、同「掬」
手3+9=総画数12 U+63C9 [ジュウ、ニュウ/も・む]
◆曲げたり伸ばしたりする、またそうして柔らかくする
◆おとなしくさせる、懐柔(カイジュウ)する
手3+9=総画数12 U+63CA [ヒョク、ヒキ/] 𢾇
◆撃つ、叩(たた)く、同「扑」
◆棒などで叩(たた)く音
◆取り去る、同「撤」
手3+9=総画数12 U+63CB [イ/]
◆引く、引き止める
手3+9=総画数12 U+63CC [サイ/]
◆揺れ動く、「【玉篇:卷六:手部第六十六:揌】先才切振也擡揌也」
◆塞(ふさ)ぐ、塞がる、同「塞」
手3+9=総画数12 U+63CD [ソウ、ス/]
◆突(つ)く、差し入れる
手3+9=総画数12 U+63CE [セン/] 𢱱
◆腕捲(まく)りをする
◆叩(たた)く
◆押す
手3+9=総画数12 U+63D0 [テイ、ダイ/さ・げる、ちょう]
◆さ・げる、垂らすようにして持つ、下げるようにして持つ
◆持ち上げる、引き上げる
◆(話や課題などを)取り上げる、持ち出す、「提起(テイキ)」「提案(テイアン)」
◆差し上げる、差し出す、「提出(テイシュツ)」「提示(テイジ)」
◆引く、引き出す
漢字林(非部首部別)
手3+9=総画数12 U+63D1 [ネツ、デツ、ネチ/こ・ねる、つく・ねる]
◆掌(てのひら)や指で押さえる、押さえ延ばし纏めるという動作(蕎麦や饂飩を打つ際の動作)を繰り返す
◆押さえ延ばし纏めながら元の形とは全く違うものに作り上げる、実際にはないことやものをあるかのように作り上げる
◆あれやこれやと無理や屁理屈(へりくつ)を言う
手3+9=総画数12 U+63D2 [ソウ、ショウ/さ・す] 揷挿𢰔𢭉
◆細長いもの(先が尖ったもの)を刺し入れる
◆空いたところ(隙間や穴)に差し入れる
手3+9=総画数12 U+63D3 [シ/]
◆手で握(にぎ)る、手で握って持つ、同「𢴨」
手3+9=総画数12 U+63D4 [ソウ、ス/] 捴摠搃𢭇𢵃𢷝
◆纏(まと)める、纏めて一つにする、同「總」「総」「惣」
◆全て、皆(みな)、遍(あまね)く、同「總」「総」「惣」
◆手に持つ
手3+9=総画数12 U+63D5 [チン/]
◆刺す、突き刺す、刺し殺す、同「𢦟」「戡」
手3+9=総画数12 U+63D6 [ユウ/]
◆拱手(キョウシュ)の礼をする、敬意を表すために胸の前で手を組んで礼をする、「拱揖(コウユウ)」
◆集まる、集める
手3+9=総画数12 U+63D7 [シュン、ジュン/]
◆撫(な)でる、優しく撫(な)でるようにして労(いた)わる
手3+9=総画数12 U+63D8 [コウ、オウ/]
◆撃つ、叩(たた)く
◆抜く
手3+9=総画数12 U+63D9 [ヘン/]
◆掌で叩(たた)く、撃つ
手3+9=総画数12 U+63DA [ヨウ/あ・がる] 扬敭𢾙𣈟𠭲
◆高く上がる、高く上げる
◆(気持ちや声などが)高まる、高める
◆(名前や評判などが)高まり広まる、広く伝わる
◆[日]熱した油の中に食材を入れて調理する
漢字林(非部首部別)
手3+9=総画数12 U+63DB [カン、ガン/か・える]
◆今あるものをそれまでのものとは別のものに替える
手3+9=総画数12 U+63DC [エン、オン/]
◆上から覆(おお)う、被(かぶ)せる、覆い隠す、同「掩」
手3+9=総画数12 U+63DD [サン/]
◆ものを掌(てのひら)の中に入れてぐっと握る、同「攥」、「【西遊記(テキスト版):四海千山皆拱伏 九幽十類盡除名】…將寶貝揝在手中…」
手3+9=総画数12 U+63DE [アン、オン/]
◆覆(おお)う、手で覆う、覆い塞ぐ
手3+9=総画数12 U+63DF [ショ、ソ/] 𢪵
◆梁(やな)などを組んで魚を捕る
手3+9=総画数12 U+63E0 [アツ、エチ/]
◆引っ張って抜(ぬ)く、(育ちの悪い苗を)引き抜く
手3+9=総画数12 U+63E1 [アク/にぎ・る] 𦥆
◆掌(てのひら)と五本の指でしっかりと掴(つか)む
◆しっかりと手の中に入れる
◆一掴(ひとつか)み(片手で握った量)
手3+9=総画数12 U+63E2 [カク、キャク/]
◆手で掴(つか)む、しっかりと握(にぎ)る、同「抲」「㧖」「搹」
手3+9=総画数12 U+63E3 [スイ、シ/] 𢭍𢰚
◆重さを量(はか)る、高さや厚みなどを測(はか)る、同「㪜」
◆見当をつける、推(お)し量る、同「挅」
◆「惴度(シタク)」、相手の心中(思いや考え、またその深浅・軽重などの度合)を推(お)し測る(量る)、同「忖度(ソンタク)」
◆斉(ととの)える、きれいに揃える、「【道德真經註:卷之一】揣而銳之不可長保[†「きれいに斉えたものも長くは保てない」]」
◆「掙揣(ソウスイ)」、藻掻(もが)く、足掻(あが)く、なんとかしようと必死になる、同「掙扎(ソウサツ)」「䦛䦟(ソウスイ)」
手3+9=総画数12 U+63E5 [テイ、タイ/]
◆髪を梳(す)いて留める飾りが付いた櫛(くし)
手3+9=総画数12 U+63E6 [ラツ、ラチ/]
◆裂(さ)く、裂き開く、同「攋」
◆「揦子(ラツシ)」、ガラスの瓶(ビン、口が小さく首が窄(すぼ)んで胴が膨らんでいる容器)
手4+9=総画数13 U+63E7 [ラツ、ラチ/]
◆研(みが)ぐ、磨(みが)く、同「摩」「揅」
手3+9=総画数12 U+63E8 [トウ、ジョウ/]
◆突く、撞く
手3+9=総画数12 U+63E9 [カイ、ケ/]
◆摩(さす)る、手で押さえ軽く擦(こす)る
◆擦るようにして拭(ぬぐ)う
◆「揩鼓(カイコ、すりつづみ)」、鼓(つづみ)に似た楽器で、片手で持ち一方の手で叩いたり擦(こす)ったりして音を出す、別名「𩋧(カイ、ケ)」
手3+9=総画数12 U+63EA [シュウ、シュ/] 揫𢱀
◆集める、集め纏める
◆細く束ねる、手にぎゅっと握る
手3+9=総画数12 U+63EB [シュウ、シュ/] 𢱀揪
◆集める、集め纏める
◆細く束ねる、手にぎゅっと握る
手3+9=総画数12 U+63EC [トツ、ドチ/]
◆「搪揬(トウトツ)」、同「唐突」◇突き当たる◇一部に(一部が)触(ふ)れる◇軽率(ケイソツ)なさま、無作法なさま◇[日]突然なさま、だしぬけなさま
手3+9=総画数12 U+63ED [ケイ、ケ、ケツ、ゲチ/かか・げる] 掲𢶆
◆高く上げる、高く差し上げる
◆(旗や目印などを付けた)棒や竿(さお)などを立てる、人の目に入るように高く上げる
◆持ち上げる、(衣服の裾すそなどを)たくし上げる
漢字林(非部首部別)
手3+9=総画数12 U+63EE [キ/ふる・う] 挥𢰄𨍂
◆(手や旗を)右に左に振る、振り回す、同「㩣」
◆(手や旗を)振って指図(さしず)する、指示する、合図する、「指揮(シキ)」、同「撝」
◆(ぱっと)手を振って拭い落とす、また撒(ま)き散らす、発散する、「発揮(ハッキ)」
手3+9=総画数12 U+63EF [コウ/] 搄𢳖𢫮𢬎𢰨
◆強く引っ張る、同「緪」
手3+9=総画数12 U+63F0 [ジュウ、シュウ/]
◆突く
◆棄てる
手3+9=総画数12 U+63F1 [ショウ/]
◆腕がほっそりとして長く美しいさま
◆削って細長くする
手3+9=総画数12 U+63F2 [セツ、ゼチ、チョウ、ジョウ/] 𢮕
◆筮竹(ゼイチク、占いに使う棒)などを手に持ち一つ二つと数える、同「𢶅」
◆畳(たた)む、折り畳む
手3+9=総画数12 U+63F3 [セツ、セチ/]
◆釘(くぎ)や楔(くさび)を打ち込む、同「楔」
◆「㩢揳(ベツセツ)」、出来上がりがきちんとしたものになっていないさま、「【通雅:卷四十九】木不方正曰櫗楔作事不方正曰㩢揳人不方正曰㒝偰」
手3+9=総画数12 U+63F4 [エン、オン/たす・ける]
◆手で引く、引き寄せる、引っ張る
◆引用する、他を引いて用いる、「援用(エンヨウ)」
◆手を貸して助ける、「援助(エンジョ)」「援護(エンゴ)」
手3+9=総画数12 U+63F5 [ケン、ゲン/]
◆挙(あ)げる、持ち上げる、担(かつ)ぎ上げる
◆しっかりと(揺るがないように)立てる
◆水を堰き止めるために並べて立てた杭(コウ、くい)、同「楗」
手3+9=総画数12 U+63F6 [ヤ/]
◆「揶揄(ヤユ)」、からかう、弄(もてあそ)ぶ、困らせたり怒らせたりして面白がる、同「擨𢶖」「歋歈」
手3+9=総画数12 U+63F7 [ソウ、ショウ/さ・す] 插挿𢰔𢭉
◆細長いもの(先が尖ったもの)を刺し入れる
◆空いたところ(隙間や穴)に差し入れる
手3+9=総画数12 U+63F8 [サ/]
◆指で摘まむ
◆手の指を広げる
手3+9=総画数12 U+63F9 [ハイ、ヘ/]
◆背負(せお)う
手3+9=総画数12 U+63FA [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] 搖摇㨱摿𢭊𢳘𢭌
◆上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす
手3+9=総画数12 U+63FB [イ/]
◆細長いものを弓形(ゆみなり)に曲げる
手3+9=総画数12 U+63FC [ホン/]
◆だらだらと時間を掛ける
手3+9=総画数12 U+63FD [ラン/]
◆手元に寄せ集める、掻(か)き集める、同「擥」
◆寄せ集めたものを纏めて持つ、同「㩜」
手3+9=総画数12 U+63FE [オン/]
◆手や指で軽く押え付ける、同「按」
◆染(し)み込ませるために物を水などの液体に沈め押さえる、また押さえながら軽く揉(も)む、「筆に墨を含ませる」ような動作
◆拭(ぬぐ)う、拭い払う
手3+9=総画数12 U+63FF [キン/] 撳搇𢵡
◆手や指で押さえ付ける、同「按」
手3+9=総画数12 U+6400 [サン、ゼン、セン/]
◆刺し入れる、中に差し入れる、間に割り込ませる、同「儳」
◆手を差し伸べて助けする
手3+9=総画数12 U+6401 [カク/お・く]
◆止(と)める、止(や)める、止めてそのままの状態を続ける、同「閣」
◆置く、置いたままにする
手3+9=総画数12 U+6402 [ロウ、ル/]
◆両腕で抱(だ)く、また抱(かか)え込む、両腕で抱え込むようにして掻き集める
手3+9=総画数12 U+6403 [ソウ、ス/] 揔捴摠𢭇𢵃𢷝
◆纏(まと)める、纏めて一つにする、同「總」「総」「惣」
◆全て、皆(みな)、遍(あまね)く、同「總」「総」「惣」
◆手に持つ
手3+9=総画数12 U+6404 [コウ/] 揯𢳖𢫮𢬎𢰨
◆強く引っ張る、同「緪」
手3+9=総画数12 U+6405 [コウ、キョウ、カク/] 攪撹
◆掻(か)き乱(みだ)す、掻き回す、「攪拌(カクハン)」
◆乱れる、入り乱れる、「攪乱(カクラン)」
手3+9=総画数12 U+6411 [ジュウ、ニュウ、ドウ、ノウ/]
◆強く押す、突く、同「擃」
◆ぎゅっと押し付ける、押し込める
手3+9=総画数12 U+642D [トウ/]
◆上に載せる、掛ける
◆乗り物に乗る、また積む
◆叩(たた)く、ぽんぽんと叩(たた)く
𢯪手3+9=総画数12 U+22BEA [タク、チャク/]
◆裂裂(さ)ける、裂けて(裂いて)開く、切り裂く、切り開く、同「坼」
◆破る、打ち破る
𢯫手3+9=総画数12 U+22BEB [タン、ダン/]
◆手などで叩(たた)く、打つ
𢯬手3+9=総画数12 U+22BEC [コウ、キョウ/]
◆乱す、掻(か)き乱す、同「攪」「撓」
𢯮手3+9=総画数12 U+22BEE [オツ/]
◆投げる
𢯯手3+9=総画数12 U+22BEF [チ、ジ、イ/] 搋𢲽
◆手で揉(も)む、手で押したり揉んだりして柔らかくする
◆裂(さ)く、切り割(さ)く、同「析」
◆曳(ひ)く、引っ張る、同「扡」
◆「搋子(トェィズィ)」、排水管などの詰まりを取るための柄(え)の先に椀状のカップcupを付けた道具
𢯱手3+9=総画数12 U+22BF1 [ソウ、シュ/さが・す] 搜捜摉𢱻𢅢𠮍
◆さが・す、隅々まで探(さぐ)る、また探(さが)し求める、丹念に調べる
𢯲手4+9=総画数13 U+22BF2 [ワン/] 𢮗𢫪
◆手首、「臂(ヒ、日本でいう「腕」)」と「手」を繋ぐ関節部分、同「腕」「𢮘」 {人体(上肢)}
◆手で握る、しっかりと握って持つ、同「𦙵」
𢯶手3+9=総画数12 U+22BF6 [シツ、シチ/]
◆搗く
𢯷手3+9=総画数12 U+22BF7 [イ/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢯷】音韋选也」「【正字通:卯集中:手部:𢯷】烏鬼切音委逆追也同文舉要𢯷與揮同」「【集韻:卷五:上聲上:尾第七:𢯷】」逆追也」
𢯸手3+9=総画数12 U+22BF8 [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷九:入聲上:末第十三:癹𨂩𢯸】說文以足蹋夷艸引春秋傳癹夷蘊崇之或从足从手[†《欽定四庫全書》本では「𨂩」ではなく「蹳」]」「【正字通:卯集中:手部:𢯸】同癹本作撥」
𢯻手3+9=総画数12 U+22BFB [エン、オン/]
◆揺らす、揺り動かす
◆手に持って揺らし重さなどを量る
𢯽手3+9=総画数12 U+22BFD [サ/]
◆拭く
𢰀手3+9=総画数12 U+22C00 [ジョウ、ニョウ/] 㩶𢺣𢺊𢲺
◆手また指で押さえる
𢰁手3+9=総画数12 U+22C01 [タン、ダン/] 摶抟𢮨𢮛㩛
◆ばらばらのものを集めて纏(まと)める、また纏まって一塊になる
◆凭(もた)れる、頼りにする
◆専(もっぱ)ら、ひたすら
𢰂手3+9=総画数12 U+22C02 [テイ、タイ/] 摕梊
◆さっと取る、掠(かす)め取る
𢰄手3+9=総画数12 U+22C04 [キ/ふる・う] 揮挥𨍂
◆(手や旗を)右に左に振る、振り回す、同「㩣」
◆(手や旗を)振って指図(さしず)する、指示する、合図する、「指揮(シキ)」、同「撝」
◆(ぱっと)手を振って拭い落とす、また撒(ま)き散らす、発散する、「発揮(ハッキ)」
𢰅手3+9=総画数12 U+22C05 [セン、ゼン、サン/えら・ぶ]
◆選ぶ、多くのものの中から目的のものを選び出す、同「選」
◆文書や記録などを選び整理し一つに纏める、編纂(ヘンサン)する、同「纂」「篹」
◆文章を著(あらわ)す、著述(チョジュツ)する、同「籑」「篹」
𢰇手3+9=総画数12 U+22C07 [アイ、エ/]
◆ぶつかるほど近くまで寄る、肩が触れるほどぴったりと並ぶ
◆押す、押し合う
◆被(こうむ)る、~される、同「捱」
◆引き延ばす、同「捱」
◆「𢰇拶(アイサツ)」◇ぎっしりと詰まって押し合い圧(へ)し合いするさま◇[日]人と付き合う際の礼儀としての言葉◇[日]会合などの大勢の人が集まる場で話をすること、またその話
𢰈手3+9=総画数12 U+22C08 [リョ、ロ/]
◆兵士数を基にした軍隊の規模の単位、周朝(シュウ、西周、前11世紀~前771年)では500人を単位とした、同「𢬜(旅)」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢰈捛】二俗𢬜正音呂師旅也與旅字同」
◆未詳、「【鮚埼亭詩集:卷第五:嶰谷捛集行菴見黃葉滿庭偶然有作】」
𢰋手3+9=総画数12 U+22C0B [タン、ダン/]
◆未詳、「【康熙字典:卯集中:手部:𢰋】《篇海》徒官切音團𢰋風也」「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:{⿰扌⿱山市}摶𢰋】三俗同聲」
𢰌手3+9=総画数12 U+22C0C [コウ/] 𢱫
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「扛」「掆」「舁」
𢰎手3+9=総画数12 U+22C0E [コウ、ク/] 搆𢲱
◆構(かま)える、組み上げる、組み立てる
𢰓手3+9=総画数12 U+22C13 [ダ、ナ/]
◆両掌(てのひら)で物を揉(も)む、「【廣韻:下平聲:卷第二:歌第七:那:挪】搓挪」
𢰔手3+9=総画数12 U+22C14 [ソウ、ショウ/さ・す] 插揷挿𢭉
◆細長いもの(先が尖ったもの)を刺し入れる
◆空いたところ(隙間や穴)に差し入れる
𢰕手3+9=総画数12 U+22C15 [セン/] 拪𢫥
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「遷」「䙴」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、同「遷」「移」、「【遺山先生文集:卷第十六】…乃置家相下買田{⿰阝⿱夂𦈢}慮借二寺為拪息之地…」
𢰖手3+9=総画数12 U+22C16 [ロウ/]
◆折る
𢰚手3+9=総画数12 U+22C1A [スイ、シ/] 揣𢭍
◆重さを量(はか)る、高さや厚みなどを測(はか)る、同「㪜」
◆見当をつける、推(お)し量る、同「挅」
◆「𢰚度(シタク)」、相手の心中(思いや考え、またその深浅・軽重などの度合)を推(お)し測る(量る)、同「忖度(ソンタク)」
◆斉(ととの)える、きれいに揃える、「【道德真經註:卷之一】揣而銳之不可長保[†「きれいに斉えたものも長くは保てない」]」
◆「掙揣(ソウスイ)」、藻掻(もが)く、足掻(あが)く、なんとかしようと必死になる、同「掙扎(ソウサツ)」「䦛䦟(ソウスイ)」
𢰛手3+9=総画数12 U+22C1B [ハイ、ヘ/]
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、同「𢷎」「拜」
𢰜手3+9=総画数12 U+22C1C [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:{𣘨-木+扌}{橠-木+扌}𢰜】上一烏可反下二奴可反*1丨木盛*2{⿰亻茂}貌[†*1別本では「𢰜」、*2別本では「茂」]」「【字彙補:卯集:手部:𢰜】泥多切音娜木茂盛貌」[†【龍龕手鑑】【字彙補】共に「木扁」を「扌扁」に誤ったものか?]
𢰝手3+9=総画数12 U+22C1D [/もて]
◆[日]「𢰝木(もてぎ)」、姓
𢰞手3+9=総画数12 U+22C1E [ビン、ミン/] 㨉抿捪
◆手で撫(な)でる
◆拭(ぬぐ)う、擦(こす)るようにして払う、同「抆」
𢰢手3+9=総画数12 U+22C22 [未詳/]
◆未詳
𢰤手3+9=総画数12 U+22C24 [キ/]
◆片方の足を後ろに引く
◆引く、引き止める
◆傾ける、傾く
𢰨手4+9=総画数13 U+22C28 [コウ/] 揯搄𢳖𢫮𢬎
◆強く引っ張る、同「緪」
𢰲手3+9=総画数12 U+22C32 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𢰲】"楣"的訛字。字見朝鮮本《龍龕》。[†「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:{⿰扌⿱尸目}】俗音眉」があるのみで「𢰲{⿰扌⿱𠃜目}」は見当たらなかった]」
𢰸手3+9=総画数12 U+22C38 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𢰸】同"剐"」
𢱀手4+9=総画数13 U+22C40 [シュウ、シュ/] 揫揪
◆集める、集め纏める
◆細く束ねる、手にぎゅっと握る
𢱃手3+9=総画数12 U+22C43 [カ/]
◆角(つの)のない牛、訛「犐」、「【淮南鴻烈解:卷之二十三:說山訓】𨱙屯犂牛旣𢱃以𤛛決鼻而羈(𨱙屯醜牛貌犂牛不純色犐無角𤛛無尾決鼻羈頭而牽)」
𢱅手3+9=総画数12 U+22C45 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:卯集:手部:𢱅】酉陽雜爼玉格篇刑有𢱅蒙山石副太山𢱅夜山石音義未詳」「【中華字海:扌部:𢱅】同"捷"」
𢱊手3+9=総画数12 U+22C4A [リャク、ラク/かす・める、かす・れる]
◆さっと触れて一瞬に通り過ぎる
◆さっと払(はら)う、さっと撫(な)でる
◆鞭(むち)打つ、鞭で叩(たた)く、同「拷」
◆さっと奪い取る、同「略」
◆永字八法の一つ、右上から左下にはらう書き方、現代中国では「彎」 {永字八法}
𢱋手3+9=総画数12 U+22C4B [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𢱋】"樜"的讹字」
𢱌手3+9=総画数12 U+22C4C [カ、ケ/]
◆架(か)ける、棒や板のような長い物を横に渡す、「中華字海:扌部:𢱌】同"架"」
𢱎手3+9=総画数12 U+22C4E [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢱎】說文同拜」「【中華字海:扌部:𢱎】同"摆"」
𢱸手3+9=総画数12 U+22C78 [ツイ、ズイ/] 搥𢮒
◆棒や手などで打つ、叩(たた)く
◆投げる、投げ付ける、同「擿」「擲」
𥓨石部
𦥹臼部
手3+10=総画数13 U+3A16 [チ/]
◆財産を奪い取る
◆行き着く、到る
◆刺す
手3+10=総画数13 U+3A19 [カイ、ケイ、ゲ/]
◆物を両側から押え挟(はさ)む、挟んで支える
◆掲(かか)げる
◆換(か)える、同「𢭁」
手3+10=総画数13 U+3A1B [セン/]
◆迅速なさま、素早いさま
手3+10=総画数13 U+3A1C [ケン/]
◆互いに助け合う
手3+10=総画数13 U+3A1D [セツ、セチ/]
◆まっすぐ突き出る、先が尖る
手3+10=総画数13 U+3A1E [ソ、ス/]
◆奥まで手を伸ばし入れて探(さが)す
手3+10=総画数13 U+3A20 [ベン、メン/] 𢳡
◆未詳、「【廣雅:卷七:釋室】{⿰扌⿱𠕾火}(莫典)培(裴)封塗也」「【康熙字典:卯集中:手部:㨠】《博雅》㨠培封塗也」
手3+10=総画数13 U+3A21 [コツ、コチ/]
◆手で押す、同「推」「𢬼」
◆ものを間に挟(はさ)む、同「拑」
手3+10=総画数13 U+3A23 [ヨウ、ユ/いだ・く] 擁𢹬𢺠拥𢶜𢹭
◆抱(かか)える、抱(だ)き抱(かか)える、両手で抱(いだ)く、「擁立(ヨウリツ、抱き抱えて立たせる)」
◆抱え込む、包み込む
◆囲い込む、囲い込んで自分のものにする
◆周(まわ)りを囲む、「擁護(ヨウゴ、周りを囲って護まもる)」「擁蔽(ヨウヘイ、周りを囲って覆おおう)」
手3+10=総画数13 U+3A24 [カイ/] 擓㧟
◆掻く、強く擦る
手3+10=総画数13 U+3A25 [ドウ、ノウ/]
◆打つ、叩(たた)く
◆手や指で押える、同「抐」
手3+10=総画数13 U+3A26 [ショウ、シュ/]
◆(体を強張らせて)まっすぐに立つ
◆押す
漢字林(非部首部別)
手3+10=総画数13 U+3A27 [ホン、ボン/]
◆車箱の覆いや囲い
手3+10=総画数13 U+3A28 [チュウ、リュウ、ル/]
◆引き出す、抜き出す、同「抽」「㩅」
◆(土などを)手で平らにする、「【詩經世本古義:卷十之下:周成王之世詩:維清一章五句】…椓之橐橐(…鄭以椓為㨨土孔謂㨨者以手平物之名…)」
漢字林(非部首部別)
手3+10=総画数13 U+3A29 [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:卯集:手部:㨩】疑捷字之譌見篇韻」
手3+10=総画数13 U+3A2A [コウ/]
◆読書用の机(つくえ)、書見台(ショケンダイ)、同「榥」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:㨪】俗胡廣反正作榥讀書床」
◆「攩㨪(トウコウ)」、打つ、叩(たた)く、「【廣韻:上聲:蕩第三十七:曭:攩】攩㨪搥打」
手3+10=総画数13 U+3A2B [ラン/]
◆手元に寄せ集める、掻(か)き集める、同「擥」「攬」
◆寄せ集めたものを纏めて持つ、同「攬」
手3+10=総画数13 U+6406 [コウ、ク/] 𢰎𢲱
◆構(かま)える、組み上げる、組み立てる
漢字林(非部首部別)
手3+10=総画数13 U+6407 [キン/] 撳揿𢵡
◆手や指で押さえ付ける、同「按」
手3+10=総画数13 U+6408 [ヨウ、ユウ/]
◆揺れる、揺れ動く
手3+10=総画数13 U+6409 [カク/]
◆手でこつこつと繰り返し叩(たた)く
◆(あれこれと比べ検討して)確かめる
◆商売や利益を独占する
手3+10=総画数13 U+640A [スウ、シュ/] 𢮢𢬆𢬟𢬞
◆ぐっと握(にぎ)る、しっかりと手に持つ、同「𢫧」
◆弦を弾(はじ)く、弦楽器を弾(ひ)く
手3+10=総画数13 U+640B [チ、ジ、イ/] 𢲽𢯯
◆手で揉(も)む、手で押したり揉んだりして柔らかくする
◆裂(さ)く、切り割(さ)く、同「析」
◆曳(ひ)く、引っ張る、同「扡」
◆「搋子(トェィズィ)」、排水管などの詰まりを取るための柄(え)の先に椀状のカップcupを付けた道具
手3+10=総画数13 U+640C [テン/]
◆さっと拭き取る、軽く押さえて水気を吸い取る
◆平らなもの(表面)をぐるぐると巻いて丸める、同「捲」
◆「搌𢵈(テンケン)」「𢵈搌(ケンテン)」、だらりと伸び切るさま、だらしなく伸びるさま、「【廣韻:上聲:卷第三:獮第二十八:蹇:𢵈】𢵈搌醜長皃搌丑輦切」
手3+10=総画数13 U+640D [ソン/そこ・なう、そこ・ねる] 损𢿃
◆減らす、失う、失(しっ)する、欠ける、傷付ける、貶(おとし)める、貶(けな)す、価値が低下したり状態が悪化したりすることを指す
手3+10=総画数13 U+640E [ソン/] 𢶛
◆手で撫(な)でる、手で触れる
手3+10=総画数13 U+640F [ハク/]
◆掌(てのひら)でぱんと打つ、平手(ひらて)で叩(たた)く
◆(動いている虫などを捕るように)掌でぱっと掴(つか)み取る、ぱっと捕える
◆「搏拊(ハクフ)」「拊搏(フハク)」、革張りの小さな太鼓、「【尚書:虞書:益稷】夔曰戛擊鳴球搏拊琴瑟以詠」「【禮記:明堂位】拊搏玉磬揩擊大琴大瑟中琴小瑟四代之樂器也」
漢字林(非部首部別)
手3+10=総画数13 U+6410 [チク/]
◆筋肉が引き攣(つ)る、痙攣する
手3+10=総画数13 U+6412 [ホウ、ビョウ/] 𢮔挷
◆櫓(ロ)や櫂(かい)で舟を漕(こ)ぐ、舟を漕ぐ棒を「榜」
◆棒で罪人を打ち叩く、罪人を打ち叩く棒を「榜」
手3+10=総画数13 U+6413 [サ/] 𢷼
◆縒(よ)る、両掌(てのひら)で物を挟み揉(も)む、また左右の掌を逆方向に動かし擦(こす)る、同「縒」
手3+10=総画数13 U+6414 [ソウ/か・く] 掻𢸪𢮞𢫼𤔢
◆爪を立て引っ掛けるようにして引く、また爪立ててものを寄せ集める
◆騒ぐ、同「騒」
◆[日]手を忙(せわ)しく動かすさま
手3+10=総画数13 U+6415 [コウ、オウ/]
◆手で覆う、「【廣韻:入聲:合第二十七:姶:搕】以手盍也又…」
◆叩(たた)く
◆取る
◆「搕𢶍(コウソウ)」、未詳、「【廣韻:入聲:合第二十七:姶:搕】…又搕𢶍糞也[†「糞」は「塵(ごみ)」の意か]」
手3+10=総画数13 U+6416 [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] 揺摇㨱摿𢭊𢳘𢭌
◆上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす
手3+10=総画数13 U+6417 [トウ/つ・く]
◆舂(うすづ)く、臼などの器に入れた穀物を満遍(まんべん)なく杵(きね)などで突く、同「擣」「㨶」
◆(棒などでとんとんと短く繰り返し)叩(たた)く、同「擣」
◆突っつく、突っつき回す、「搗乱(トウラン、突っついて面倒や騒ぎを起こす)」
手3+10=総画数13 U+6418 [シ/]
◆倒れないように柱や石などを当てて支える、「搘捂(シゴ)」
手3+10=総画数13 U+6419 [ジョク、ニョク/]
◆撚(よ)る、捩じる
◆拭(ぬぐ)う
手3+10=総画数13 U+641A [ロウ/]
◆折る、曲げて折る
手3+10=総画数13 U+641B [ケン/]
◆箸などで食べ物を挟み取る
手3+10=総画数13 U+641C [ソウ、シュ/さが・す] 捜摉𢯱𢱻𢅢𠮍
◆さが・す、隅々まで探(さぐ)る、また探(さが)し求める、丹念に調べる
手3+10=総画数13 U+641D [キュウ、ク/]
◆手を挙げる
手3+10=総画数13 U+641E [コウ、キョウ/]
◆敲(たた)く、叩(たた)く、撃(う)つ、同「敲」
◆~をする(実行する)
漢字林(非部首部別)
手3+10=総画数13 U+641F [ケン、コン/]
◆未詳、「【正字通:卯集中:手部:搟】摲字之譌」「【康熙字典:卯集中:手部:搟】《註》搟舉手擬之也」
手3+10=総画数13 U+6420 [サク/]
◆突き刺す、刺し入れる
手3+10=総画数13 U+6421 [ソウ/]
◆力を入れて押す
手3+10=総画数13 U+6422 [シン/] 𢸰
◆(帯などに)挟み込む、差し込む
◆揺(ゆ)らす、振る
手3+10=総画数13 U+6423 [ベツ、メツ、メチ/] 𢳒
◆手で引き抜く、抜き取る
◆手や指で軽く押さえ付ける、同「𡟬」
手3+10=総画数13 U+6424 [アク、ヤク/]
◆しっかりと掴(つか)む、しっかりと握(にぎ)る、同「扼」「㧖」「搹」
手3+10=総画数13 U+6425 [ツイ、ズイ/] 𢮒𢱸
◆棒や手などで打つ、叩(たた)く
◆投げる、投げ付ける、同「擿」「擲」
手3+10=総画数13 U+6426 [ダク、ニャク/から・む、から・める] 𢾲𢾼
◆そっと手に持つ、優しく柔らかく手に持つ、同「搻」
◆軽く押さえる
◆[日]から・む、から・める、軽く巻き付ける、始めは軽く巻き付けて次第に身動きができないようにする
手3+10=総画数13 U+6427 [セン/] 𢲒
◆手で顔を叩(はた)く
◆扇(あお)ぐ、扇いで風を送る
手3+10=総画数13 U+6428 [トウ/] 𢴄
◆上に載せる、同「搭」
◆とんとんと叩(たた)く
◆凹凸があるものに紙を当て上からたんぽ(綿などを丸め棒の先に取り付け墨を含ませたもの)で叩きながら文字や絵柄を写し取る、石摺(いしずり)、拓本(たくほん)、同「拓」
手3+10=総画数13 U+6429 [ケツ、ゲチ、タク、チャク/]
◆持ち上げる、抱(かか)え上げる、抱え持つ、「【說郛續:俗呼小錄】抱持人物曰搩(音傑出紀聞錄)」
◆親指と中指を開いて長さを測る、同「𢫰」
手3+10=総画数13 U+642A [トウ、ドウ/]
◆押し当てる、突き当てる
◆「搪塞(トウサイ)」◇押し当てて隙間(すきま)を埋(う)めること◇その場限りの(間に合わせの)手当てをすること
◆「搪揬(トウトツ)」、同「傏𠊲」「唐突」◇突き当たる◇一部に(一部が)触(ふ)れる◇軽率(ケイソツ)なさま、無作法なさま◇[日]突然なさま、だしぬけなさま
手4+10=総画数14 U+642B [ハン、バン/]
◆除く、取り除く
◆物を別の場所へ運ぶ、同「搬」
手3+10=総画数13 U+642C [ハン、バン/]
◆物を別の場所へ移す
手3+10=総画数13 U+642E [リツ、リチ/]
◆手で物を整える、また揃える
手3+10=総画数13 U+642F [トウ、ドウ/]
◆中の物を手で探り取り出す、同「掏」「捾」
◆叩(たた)く
手3+10=総画数13 U+6430 [コツ、ゴチ/]
◆掘る、掘り出す、埋まっているものを掘って取り出す、「【國語:吳語】…夫諺曰:『狐埋之而狐搰之是以無成功(埋藏搰發也)…」
◆「搰搰(コツコツ)」、せっせと働くさま、骨を折るさま、「【南華真經:莊子外篇:天地】…搰搰然用力甚多而見功寡…」
◆乱す、掻(か)き乱す、掻き回す
手3+10=総画数13 U+6431 [チ、ジ/]
◆樗蒱(チョホ、五枚の棒状の板を使う古代のボードゲームboard game)の組み合わせの一つで、「雉(黒黒黒雉雉の組み合わせ)」と同字という、「摴」参照
◆摩(さす)る
手3+10=総画数13 U+6432 [ワ、エ/]
◆手で掴まえる、手で引っ掻くようにして取る、また捕らえる
手3+10=総画数13 U+6433 [カツ、ゲチ、カ、ゲ/]
◆刮(こそ)げる、表面を削り取る、同「擖」「捾」
◆掻(か)く、爪を立てて掻く
◆「搳拳(カケン)」、じゃんけんに似たゲームgame、一例ではじゃんけんと同時に相手の開いた指の数(開いた指の組み合わせごとに数が決まっている)を言い当てるもの、様々なルールruleがある、同「划拳」「猜拳(サイケン)」
手4+10=総画数14 U+6434 [ケン/]
◆引き抜く、抜き取る、同「㩃」
◆高く上に持ち上げる
◆持ち上げる、たくし上げる、同「褰」
漢字林(非部首部別)
手3+10=総画数13 U+6435 [オン/]
◆手や指で軽く押え付ける、同「按」
◆染(し)み込ませるために物を水などの液体に沈め押さえる、また押さえながら軽く揉(も)む、「筆に墨を含ませる」ような動作
◆拭(ぬぐ)う、拭い払う
手3+10=総画数13 U+6436 [ショウ、ソウ/]
◆向かって来るもの対してまっすぐに突く、また突き刺す
◆突き進む、先を争う
◆擦(こす)り取る、掠(かす)め取る
手3+10=総画数13 U+6437 [テン、デン、シン/]
◆(鼓などを)打つ、打ち鳴らす、「【楚辭:招䰟】竽瑟狂會(狂猶並也)搷鳴鼓些(搷撃也言衆樂並會吹竽彈瑟又搷撃鳴鼓進八音爲之節也…)」
◆(合図して)広く知らせる、同「揚」
手3+10=総画数13 U+6438 [シン/] 𢸩
◆琴瑟(キンシツ、琴キンと瑟シツ、いずれも琴に似た弦楽器)の音、この二つの楽器は互いに相手の音を高め合いよく調和することから、「琴瑟」は「夫婦が互いに支え合う、睦まじい」の意にも用いられる {楽器(弦楽器)}
◆集める、「【明名臣琬琰錄:卷十:翰林待制王公墓表】…人民迯散百不存一庶事皆草創公披搸莾剔瓦礫以建府…」
漢字林(非部首部別)
手3+10=総画数13 U+6439 [アク、ヤク/]
◆しっかりと掴(つか)む、しっかりと握(にぎ)る、同「扼」「㧖」「搤」
手3+10=総画数13 U+643A [ケイ、エ/たずさ・える、たずさ・わる] 㩗攜㩦𢹂擕
◆手にぶら下げて持つ、(紐などで繋いだものをぶら下げるようにして)身に帯びる
◆手を繋ぐ、手を取る、手を取り合う
◆手を取って一緒に行く、引き連れる
手4+10=総画数14 U+643B [ダク、ニャク/]
◆そっと手に持つ、優しく柔らかく手に持つ、同「搦」
手3+10=総画数13 U+643C [ケン、ゲン/こぶし]
◆全ての指を内側に折り込んで丸く握る、またその手、同「㩲」
◆「拳拳(ケンケン)」、(拳のように)固く変わらないさま、ひたむきなさま、「【前漢紀:孝武皇帝紀五】…遂下之於吏拳拳之忠終不能自明列…」
手3+10=総画数13 U+643D [タ、ジャ/]
◆薬や白粉(おしろい)などを塗る
手3+10=総画数13 U+643E [サク、サ、シャ/]
◆強く締め付けたり圧(お)し付けたりすることで液体だけを(細かい穴を通して)外に出す、絞(しぼ)り出す、滲(にじ)み出させる、液体を取り除く、中国では「榨(木窄)」を用いる
手3+10=総画数13 U+643F [ゴウ/]
◆両手で抱きしめる
手3+10=総画数13 U+6440 [オ、ウ/]
◆量(はか)る、測(はか)る、推(お)し量る、同「揣」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:摀】俗揣今{⿰扌(⿱■而)}正初委反量也度也試也動也除也又揺也又音釧度也又俗音搏」
◆未詳、「【牧庵集:卷六:仁智堂記】…白靣摀合流而來者…」「【經濟類編:卷六十八:邊塞類】…坐徵後先零諸種陸梁覆没營摀皇甫規素悉羗事…」
手3+10=総画数13 U+6441 [オン/]
◆手や指で押す
手3+10=総画数13 U+6442 [ショウ、セツ/と・る] 攝摄
◆きちんと揃えて持つ、しっかりと手に持つ
◆(身なりを、乱れないように)きちんと整(ととの)える、「【說文解字注:手部:攝】引持也(謂引進而持之也凡云攝者皆整飭之意論語攝𪗋史記矦生攝弊衣冠…)」
◆中に取り入れる、中に収(おさ)める
◆一つに纏(まと)める
◆他に取って代(か)わる、他に成り代わって取り纏める
手3+10=総画数13 U+6443 [コウ/]
◆荷を担(かつ)ぐ、同「扛」、「【欽定大清會典:卷五十四】凡一品官溘逝發引陳鞍馬六匹…與四品官同(以上摃轝皆髤以硃紅)」
手3+10=総画数13 U+6444 [ショウ、セツ/と・る] 攝摂
◆きちんと揃えて持つ、しっかりと手に持つ
◆(身なりを、乱れないように)きちんと整(ととの)える、「【說文解字注:手部:攝】引持也(謂引進而持之也凡云攝者皆整飭之意論語攝𪗋史記矦生攝弊衣冠…)」
◆中に取り入れる、中に収(おさ)める
◆一つに纏(まと)める
◆他に取って代(か)わる、他に成り代わって取り纏める
手3+10=総画数13 U+6445 [チョ/]
◆(心の中にある)考えや思いを言葉や態度で表す、考えや思いを述べる、同「抒」「捈」
手3+10=総画数13 U+6446 [ハイ、ヘ/] 擺𢸇
◆ぱっと開く
◆きちんと並べる、揃えて並べる
◆左右に揺れ動く、揺り動かす
手3+10=総画数13 U+6447 [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] 揺搖㨱摿𢭊𢳘𢭌
◆上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす
手3+10=総画数13 U+6448 [ヒン/] 擯𢷤
◆作法に則(のっと)り客を迎え主人のところまで案内する、「卿(ケイ、重臣クラスclass)」に対しては「上擯(ジョウヒン)」・「大夫」は「承擯(ショウヒン)」・「士」は「紹擯(ショウヒン)」という、同「賓」「儐」
◆斥(しりぞ)ける、退ける
手3+10=総画数13 U+6449 [ソウ、シュ/さが・す] 搜捜𢯱𢱻𢅢𠮍
◆さが・す、隅々まで探(さぐ)る、また探(さが)し求める、丹念に調べる
手3+10=総画数13 U+644A [タン/] 攤擹𢺋
◆広げる、広げて並べる
◆平らに広げる、また伸ばす
◆品物を広げ並べて売る露店(ロテン)
◆振り分ける、割り当てる
◆「摊钱(タンセン)」「摊蒱(タンホ)」、賭博(トバク)の一種
手3+10=総画数13 U+6459 [レン/]
◆運ぶ
手3+10=総画数13 U+6478 [ボ、モ、バク、マク/]
◆手で撫(な)でる、手で触れる、手で探る、よく見えないものを手で触れて確かめる
◆手本に倣(なら)う、手本をなぞる、同「摹」
◆似せる、真似る、同「摹」
◆ものの形、同「模」
手4+10=総画数14 U+6479 [ボ、モ/]
◆手本、基準・標準となるもの
◆手本に倣(なら)う、手本をなぞる、同「摸」
◆似せる、真似る、同「摸」
漢字林(非部首部別)
手3+10=総画数13 U+64B6 [カ、ゲ/]
◆船を操作するための道具、未詳、「【御定全唐詩:和襲美釣侶二章】一艇輕撶看曉濤…」「【曝書亭集:巻十一】…大江流舃下日午風舒舒急槳撶盧舟有…」
𢱠手3+10=総画数13 U+22C60 [ショウ、シュ/] 𢷜
◆体を強張(こわば)らせる、身を(体を、気持ちを、姿勢を、態度を)ぐっと引き締める、同「竦」、「【集韻:卷五:上聲上:腫第二:竦捒𢷜𢖗】筍勇切說文敬也从立从束自申束也一曰上也」
𢱢手3+10=総画数13 U+22C62 [サク、シャク/]
◆奥まで手を伸ばし入れて探(さが)す、模索(モサク)する、「摸𢱢(モサク)」
𢱥手3+10=総画数13 U+22C65 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:掃】俗𢱥正桑老反掃除也」「【正字通:卯集中:手部:𢱥】同𢬶」
𢱦手3+10=総画数13 U+22C66 [テキ、チャク/]
◆よくない部分や不要な部分を削(そ)ぎ取る、削(けず)り取る、同「擿」
𢱧手3+10=総画数13 U+22C67 [ヒ/]
◆平手で打つ、(弦楽器の弦を打つように)さっと打ち払う、同「批」
𢱪手3+10=総画数13 U+22C6A [キョウ/] 撟挢
◆(手を)挙(あ)げる、反(そ)らせて曲げるように一方(片方)だけを持ち上げる、同「矯」
◆狂いや歪(ゆが)みを調整して本来の曲がり具合にする、本来の形に整える、正しい形に直(なお)す、同「矯」
◆曲げる、歪める、むやみに(故意に)歪める、同「矯」、「【周禮注疏:秋官司寇】掌士之八成…五曰撟邦令(稱詐以有爲者〇撟音矯)」
𢱫手3+10=総画数13 U+22C6B [コウ/] 𢰌
◆ものに棒を渡し二人で(複数人で)担(かつ)ぐ、また担ぎ上げる、また持ち上げる、同「扛」「掆」「舁」
𢱬手4+10=総画数14 U+22C6C [キク/] 𡙳𥵱
◆摘(つ)まむ、摘まみ取る、同「撮」
𢱭手3+10=総画数13 U+22C6D [ハイ、ヘ/] 𢷎𢹄𢳎
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、同「拜」、「【周禮注疏:春官宗伯】辨九𢷎一曰稽首二曰頓首三曰空首四曰振動五曰吉𢷎六曰凶𢷎七曰奇𢷎八曰褒𢷎九曰肅𢷎以享右祭祀」
𢱯手4+10=総画数14 U+22C6F [ラン/]
◆手元に寄せ集める、掻(か)き集める、同「攬」
𢱰手3+10=総画数13 U+22C70 [ヘン、ベン、フン/] 拚𢪴𢷥
◆両手をぱんぱんと打ち鳴らす、拍子をとりながら両手を打ち鳴らす、同「抃」
◆鳥が翼を大きく羽ばたかせながら飛ぶ、同「翻」
◆掃(はら)う、払い除(の)ける、同「𡊄」「糞」
𢱱手3+10=総画数13 U+22C71 [セン/]
◆腕捲(まく)りをする
◆叩(たた)く
◆押す
𢱲手3+10=総画数13 U+22C72 [ヨ/]
◆担(かつ)ぐ
𢱳手3+10=総画数13 U+22C73 [キ/]
◆手を(ぱっと)振って蝋燭などの火を消す
𢱴手3+10=総画数13 U+22C74 [ヨウ/]
◆箕(み、穀類を入れ上下に揺すりながら殻や塵などを取り除くための籠)の舌(した、穀類を掬い入れるために平らになっている部分)、同「擖」
𢱵手4+10=総画数14 U+22C75 [ホウ、ブ/たてまつ・る] 奉𠬻
◆恭(うやうや)しく両手で捧(ささ)げ持つ、両手で捧げ持ち差し上げる、献上する、同「捧」
◆身を捧げ仕える、献身的に仕える
◆上位者からの授(さず)かりものや命令・意向を下位者が(ありがたく)受ける、承(うけたまわ)る、賜(たまわ)る、同「承」
◆「𢱵承(ホウショウ)」、相手を持ち上げる、煽(おだ)てる
◆「𢱵行(ホウコウ、ブギョウ)」、主君からの指示・命令に従う、また執(と)り行う
𢱶手3+10=総画数13 U+22C76 [シン/]
◆挿す
𢱹手3+10=総画数13 U+22C79 [ホウ、ヒョウ/] 拋抛
◆放り投げる、放物線を描くように高く遠くに投げる
◆投げ棄てる
𢱻手3+10=総画数13 U+22C7B [ソウ、シュ/さが・す] 搜捜摉𢯱𢅢𠮍
◆さが・す、隅々まで探(さぐ)る、また探(さが)し求める、丹念に調べる
𢱼手3+10=総画数13 U+22C7C [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:卯集:手部:𢱼】同揖」
𢱿手3+10=総画数13 U+22C7F [未詳/]
◆未詳、「【字彙補:卯集:手部:𢱿】古扶字見字學元元」
𢲅手3+10=総画数13 U+22C85 [未詳/]
◆未詳
𢲌手3+10=総画数13 U+22C8C [シャ、ジャ/]
◆未詳
𢲒手4+10=総画数14 U+22C92 [セン/]
◆手で顔を叩(はた)く
◆扇(あお)ぐ、扇いで風を送る
𢲔手3+10=総画数13 U+22C94 [ハン、バン/]
◆引く、手前に引っ張る、引き寄せる、「【類篇:手部:𢲔】博幻切絆也引擊也」
𢲕手3+10=総画数13 U+22C95 [キ、ギ/]
◆推(お)し量る、どの程度かを見積もる、同「楑」
◆(全体を推し量って立てた)方法や企画、謀(はかりごと)、「百揆(ヒャッキ、あらゆる企画、国の政まつりごとを行う際のあらゆる事務)」「首揆(シュキ、宰相サイショウ、行政を統轄管理する者の長)」
𢲖手3+10=総画数13 U+22C96 [サ、ザ/くじ・く、くじ・ける]
◆途中で折る、折れる
◆途中からそれまでのように進めなくなる
𢲘手3+10=総画数13 U+22C98 [タン、トン/さぐ・る、さが・す]
◆さぐ・る、奥まで手を伸ばし入れて確かめる、また調べる
◆さが・す、遠くまで出かけて確かめる、また調べる
◆確かめ調べたものの中から選び出す
𢲜手3+10=総画数13 U+22C9C [シュン/] 榫㔼
◆枘(ほぞ)、二本の木材を繋(つな)ぐ時に一本の端は凹状に作り(「枘穴(ほぞあな)」という)、もう一本の端は凸状に作って(「枘(ほぞ)」「筍(ジュン)」という)これを繋ぎ合わせる、その凸状の部分、同「枘」「筍」
𢲣手3+10=総画数13 U+22CA3 [ロン/]
◆[喃]未詳
𢲤手4+10=総画数14 U+22CA4 [未詳/]
◆未詳
𢲱手4+10=総画数14 U+22CB1 [コウ、ク/] 搆𢰎
◆構(かま)える、組み上げる、組み立てる
𢳘手3+10=総画数13 U+22CD8 [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] 揺搖摇㨱摿𢭊𢭌
◆上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす
𢳟手3+10=総画数13 U+22CDF [トウ、ツウ/]
◆引く、引っ張る、同「㪌」、「【廣韻:上聲:董第一:侗:捅】進前也」
◆棒や刀などで突(つ)く、突(つつ)く
◆突き刺す、突き破る
𢳠手3+10=総画数13 U+22CE0 [ボウ、モウ/]
◆深く考えることなくそそっかしいさま、いい加減なさま、同「莽」、「【中華字海:手部:𢳠】同"莽"。粗魯」
手3+11=総画数14 U+3A2F [カク、コウ/]
◆大きく広げる、いっぱいに広げる、また広がる、一面に広がる、同「擴(拡)」
手3+11=総画数14 U+3A31 [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] 揺搖摇摿𢭊𢳘𢭌
◆上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす
手3+11=総画数14 U+3A34 [ケン、コン/]
◆未詳、「【玉篇:卷六:手部第六十六:㨴】居偃切屋上㨴也」「【集韻:卷五:上聲上:混第二十:㨴】覆也漢書居髙屋之上建瓴水或作㨴」
手3+11=総画数14 U+3A35 [セン/そろ・う、そろ・える] 揃𢸄𢵏𢶕𢶨
◆鋏(はさみ)や鎌(かま)などで端を切り落とす、(無駄なものや不揃いのものを)切って先端を或いは全体を整える、同「剪」
◆絶(た)つ、根刮(ねこそ)ぎにする、滅ぼす、同「翦」
◆[日]高さや長さを同じにする、欠けや乱れがないよう整える
手3+11=総画数14 U+3A36 [トウ/]
◆搗(つ)く、棒などで突く、また叩(たた)く、同「搗」、「【普濟方:卷一百三十四:防風湯】…右粗㨶篩…」
手3+11=総画数14 U+3A37 [キン、コン/]
◆拭(ぬぐ)う、拭ってきれいにする
手3+11=総画数14 U+3A38 [バツ/]
◆打つ
手3+11=総画数14 U+3A3A [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷六:上聲下:銑第二十七:㨺】飾也」「【正字通:卯集中:手部:㨺】俗捫字」
手4+11=総画数15 U+3A3B [サン、ザン/]
◆切り取る、刈り取る、同「摲」
手4+11=総画数15 U+3A3C [リャク、ラク/]
◆掠(かす)める、奪い取る、同「掠」「略」
手3+11=総画数14 U+3A3D [ヒョク、ヒキ/]
◆裂(さ)く、割(さ)く、同「副」「疈」
手3+11=総画数14 U+3A3E [ヨウ/] 𢳌𢵇𢵎
◆一般に多く見られる形や状態、またあり方、手本や形式、同「様」
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木 {クヌギ}
㨿手3+11=総画数14 U+3A3F [キョ、コ/よ・る] 據㩀𢴃𢷛拠
◆依(よ)る、「依據、依拠(イキョ、よりどころとすること)」「憑據、憑拠(ヒョウコ、証拠ショウコ、正当であることを証明するための根拠)」、同簡「据」
◆「根據、根拠(コンキョ)」◇軍隊が攻撃・守備のための基点とする場所、集団が活動の基点とする場所◇物事が存在する(成立する)ための基本・根本となるもの
◆「據法、拠法(キョホウ)」、法に則(のっと)ること、法に従うこと
手3+11=総画数14 U+3A40 [キョ、コ/よ・る] 據㨿𢴃𢷛拠
◆依(よ)る、「依據、依拠(イキョ、よりどころとすること)」「憑據、憑拠(ヒョウコ、証拠ショウコ、正当であることを証明するための根拠)」、同簡「据」
◆「根據、根拠(コンキョ)」◇軍隊が攻撃・守備のための基点とする場所、集団が活動の基点とする場所◇物事が存在する(成立する)ための基本・根本となるもの
◆「據法、拠法(キョホウ)」、法に則(のっと)ること、法に従うこと
手3+11=総画数14 U+3A41 [カク/]
◆手でこつこつと繰り返し叩(たた)く
◆(あれこれと比べ検討して)確かめる
◆商売や利益を独占する
手3+11=総画数14 U+644B [サツ、サチ/]
◆掌(てのひら)の側面で(刀で切るようにして)打つ、手刀(シュトウ、てがたな)で打つ
◆「抹摋(マッサツ)」、同「抹殺」◇塗って見えなくする◇消す、消し去る、なかったことにする
手3+11=総画数14 U+644C [サン/]
◆手で動かす、振り回す
手3+11=総画数14 U+644D [サ、シュク、スク/] 𢴀𢳔
◆抜き取る
手3+11=総画数14 U+644E [キュウ、ク、リュウ、ル、コウ、キョウ/]
◆しっかりと結(ゆ)わく、ぎゅっと絞(し)める
◆絞め殺す
◆纏(まと)い付く、絡(から)み付く
手3+11=総画数14 U+644F [シュウ、シュ/]
◆舂(つ)く、撞(つ)く、搗(つ)く、棒などでまっすぐに突く、同「舂」
手3+11=総画数14 U+6450 [ソウ/]
◆(鼓などを)叩(たた)く
◆高く聳えるさま
手3+11=総画数14 U+6451 [カク、キャク/つか・む] 掴𢹖𢮎𢐚𢧷𧤯
◆(耳や頬の辺りを)平手で殴る、びんたを食らわす
◆[日]つか・む、手の中に包み入れて握る、掌と指全体を使って握る
手3+11=総画数14 U+6452 [ヘイ、ヒョウ/]
◆除(の)ける、取り除く
◆「摒擋(ヘイトウ)」、取り除く、片付ける
手3+11=総画数14 U+6453 [ホウ、ブ/]
◆縫(ぬ)う、衣服を縫う、同「縫」
◆両掌(てのひら)に載せて持つ、同「捧」「捀」
手3+11=総画数14 U+6454 [ソツ、ソチ、シュチ/]
◆放り投げる、投げ捨てる
◆落ちる、落ちて壊れる
◆転ぶ、転んで倒れる
手3+11=総画数14 U+6455 [テイ、タイ/] 𢰂梊
◆さっと取る、掠(かす)め取る
手3+11=総画数14 U+6456 [セイ、サイ/]
◆推(お)す
手3+11=総画数14 U+6457 [ソウ、ショウ/] 𢳯
◆両腕で掻き集めて抱え込む
◆馬銜(はみ)を揺らしながら疾駆するさま、同「駷」
手3+11=総画数14 U+6458 [テキ、タク、チャク/つ・む、つま・む] 𢸈𢸑
◆指や箸などの先で掴(つか)む
◆指や箸などの先で掴み取る、また掴んで千切(ちぎ)り取る
◆一部分(或いは必要な部分)を選び取る
手3+11=総画数14 U+645A [トウ、チョウ/] 𢻒
◆手や棒などを当てぐいと押す、突っ張る、同「撑」
◆突っ張り支える、同「撑」
手3+11=総画数14 U+645B [チ/]
◆思うところを述べる、陳述する、考えを広く伝える
手3+11=総画数14 U+645C [カン、ケン/]
◆放り投げる、投げ付ける
◆何度も繰り返すことによって身に付ける、同「慣」
手3+11=総画数14 U+645D [ロク/] 𢮑
◆揺らす
◆水中のものを網で掬ったり釣ったりして取る、不正な手段で物を取る、同「撈」
手3+11=総画数14 U+645E [ラ/]
◆積み重ねる、積み上がる
手3+11=総画数14 U+645F [ロウ、ル/]
◆両腕で抱(だ)く、また抱(かか)え込む
◆両腕で掻き集めて抱え込む
手3+11=総画数14 U+6460 [ソウ、ス/] 揔捴搃𢭇𢵃𢷝
◆纏(まと)める、纏めて一つにする、同「總」「総」「惣」
◆全て、皆(みな)、遍(あまね)く、同「總」「総」「惣」
◆手に持つ
手3+11=総画数14 U+6461 [カイ、キ、ケ/] 𢪑𢷽
◆洗う、汚れを洗い流す
◆汚れを拭(ふ)き取る、汚れを落とす
手3+11=総画数14 U+6462 [コ、ゴ/]
◆抱え込むようにして遮(さえぎ)る、庇(かば)い護(まも)る、「【集韻:卷七:去聲上:莫第十一:摢】擁障也」
手3+11=総画数14 U+6463 [サ、セ/] 𢳛
◆川や泥などの中から物を取り出す
手3+11=総画数14 U+6464 [ショウ、ソウ/] 𢷇
◆まっすぐに突く、また突き入れる、同「搶」
手3+11=総画数14 U+6465 [トウ/]
◆押し出す、押し除(の)ける
手3+11=総画数14 U+6466 [カ/] 槬𢶎
◆横に広いさま
手3+11=総画数14 U+6467 [サイ、ザイ、ゼ/]
◆折る、圧(へ)し折る
◆(意欲を)圧し折る、打ち砕く、気持を萎えさせる
手4+11=総画数15 U+6469 [バ、マ/さす・る、す・る] 擵𢳀
◆手で押さえ撫(な)でる、軽く擦る
◆擦(こす)って磨(みが)く、(知識や技能を)研(みが)く
◆触れる、触れる程に間近まで迫る
漢字林(非部首部別)
手3+11=総画数14 U+646A [ショウ、ソウ/] 𢪇𢪫
◆側(そば)に寄り添い手を貸す、手助けする
手3+11=総画数14 U+646B [キ/]
◆布を切る道具、またそれで切る
手3+11=総画数14 U+646C [ヨウ、オウ/]
◆撃つ、打ち当てる
手3+11=総画数14 U+646D [セキ、シャク/]
◆(多くのものの中から必要なものを)選び取る、拾い上げる
手4+11=総画数15 U+646E [ゴウ、コウ、キョウ/] 𢶗
◆敲(たた)く、叩(たた)く、撃(う)つ、同「敲」「搞」
手4+11=総画数15 U+646F [シ/] 挚𢴷
◆しっかりと手に持つ、同「執」
◆面会する人(特に初対面の人)への礼物、手土産(てみやげ)、同「贄」
◆誠実なさま、心がこもっているさま
◆至(いた)る、それより先がない(これ以上はない)ところまで行き着く、隅々まで行き届く、同「𡠗」
◆獰猛な、荒々しい、同「鷙」、「【禮記注疏(禮記正義):卷三:曲禮上】…摯獸猛而能撃謂虎狼之屬也…」
手4+11=総画数15 U+6470 [ゲツ、ゲチ/] 𢴸𢳊
◆危(あや)ういさま、ぐらぐらして不安定なさま
◆引っ張る、同「掣」
手3+11=総画数14 U+6471 [バン、マン/]
◆引く
◆打つ
手3+11=総画数14 U+6472 [セン、ゼン/]
◆刈り取る、取り除く
◆攻め取る
手3+11=総画数14 U+6473 [コウ、ク/]
◆指で端(はじ)を持ちたくし上げる、提(さ)げる、裳(も、下半身に穿く衣服)の下端を持ち上げ裾(すそ、腰から下の部分)を垂らすようにする
◆手や指で探(さぐ)る、また探って引き上げる(取り出す)
手3+11=総画数14 U+6474 [チョ/]
◆「摴蒲(チョホ)」、五枚の棒状の板を使う古代のボードゲームboard game、五枚の板の片面を白く、その裏面は黒く塗り、白い面の二枚に「雉」の字を、その裏面には「犢(牛)」の字を書く、これを投げてその表裏や書かれた文字の組み合わせで競うゲームgame、双六(すごろく)のようなゲームであったらしいが不詳、晋代に流行したが、このゲームは賭博に使われ争いごとの原因になったことから、北宋代に禁止されたという、同「樗蒲」、【維基百科Wikipedia:樗蒲】
手3+11=総画数14 U+6475 [シュク、スク、シャク、ソク/] 𢷾𡠽
◆「摵摵(シュクシュク)」◇はらはらと葉が散り落ちるさま、またその音◇もの侘(わび)しいさま
◆手首を振るようにして斜めに叩きそのまま擦(こす)るように振り抜く、(琵琶などの弦を)さっと擦(こす)るようにして弾(はじ)く、同「批」
手3+11=総画数14 U+6476 [タン、ダン/] 抟𢮨𢰁𢮛㩛
◆ばらばらのものを集めて纏(まと)める、また纏まって一塊になる
◆凭(もた)れる、頼りにする
◆専(もっぱ)ら、ひたすら
手3+11=総画数14 U+6477 [ソウ、ショウ/]
◆撃(う)つ、同「㩰」、「【集韻:卷六:上聲下:小第三十:摷㩰】說文拘撃也」
◆掬(すく)い取る、掬い上げる、同「抄」「鈔」
漢字林(非部首部別)
手3+11=総画数14 U+647A [ショウ、ロウ/す・る]
◆折る、折り曲げる、折り畳む
◆[日]す・る、刷る、擦(こす)る、同「搨」
手3+11=総画数14 U+647B [サン、ソン、セン/] 掺𢮥
◆(女性の手の指が)ほっそりとしているさま、同「傪」「攕」
◆手に握り持つ、手に取りしっかりと握る、同「執」
◆「漁陽摻撾(ギョヨウサンタ)」、古代の楽曲の名、鼓による楽曲、「【世說新語:言語第二】𢖍揚枹為漁陽摻檛淵淵有金石聲四坐爲之改容」
手3+11=総画数14 U+647D [ヒョウ、ビョウ/] 𢹰𢸂
◆さっと横に払(はら)うように打つ、打った後さっと斜め上に払う
◆高く掲(かか)げる、同「𢶏」、「【後漢書:列傳:皇甫嵩朱雋列傳】皆著黃巾為摽幟」
◆高いところに付いている、高いところにある、「【爾雅:釋詁】墜摽蘦落也」
◆鞘(さや、剣の刀身を納める筒)の先端 {武器(剣)}
手3+11=総画数14 U+647E [キョウ、ゴウ/] 弶𢐻
◆鳥獣が通る道に網を仕掛ける、またその仕掛け、[†「【集韻:卷八:去聲下:漾第四十一:弶摾】其亮切字林施罟於道一曰以弓罥鳥獸或作摾」とある、「罥」を参照]
◆弓や網で鳥獣を捕(とら)える、同「𢐷」
手3+11=総画数14 U+647F [ヨウ/ゆ・れる、ゆ・らぐ、ゆ・する、ゆ・さぶる] 揺搖摇㨱𢭊𢳘𢭌
◆上下・左右・前後に行きつ戻りつするように動く、また動かす
手4+11=総画数15 U+6480 [コウ、ク/]
◆牛や羊の乳を搾る
手3+11=総画数14 U+6481 [ケン/]
◆牽(ひ)く、引っ張る、同「牽」
手3+11=総画数14 U+6482 [リョウ/]
◆投げ捨(す)てる
◆置く、放って置
◆倒す
手4+11=総画数15 U+6483 [ケキ、キャク、ゲキ/う・つ] 擊击
◆(軽く繰り返すのではなく一挙に)強く打つ、また撲(なぐ)る、また叩(たた)く
◆相手に激しく突き掛かる
◆敵を攻める、また滅ぼす
手3+11=総画数14 U+6484 [エイ、ヨウ/]
◆気配が感じられる程間近まで迫る、心や物や法などに触れる
◆絡む、絡み付く、絡み合う
手3+11=総画数14 U+64AF [チャク、シャク、ジャク/] 擆𢷷
◆撃(う)つ、強く打つ、また叩(たた)く
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:擆】正張略反置也」
𢲳手3+11=総画数14 U+22CB3 [デン、ネン/]
◆撚(よ)る、捻(ひね)る、「【字彙:寅集:手部:𢲳】奴典切音碾與撚同」
𢲵手3+11=総画数14 U+22CB5 [ソウ、ゾウ/]
◆手に握る、腕に抱え込む
𢲷手3+11=総画数14 U+22CB7 [オウ、ヨウ/]
◆頑(かたくな)で他人の言うことには耳を貸さない、道義や道理に従わない、同「㑃」「很」「戾」
𢲸手3+11=総画数14 U+22CB8 [ロ、ル/]
◆揺れ動く、揺り動かす、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢲸】音魯揺𢲸」
𢲹手3+11=総画数14 U+22CB9 [タイ、ダイ/]
◆笞(むち、竹製の鞭むち)で打つ、同「笞」「𣘜」
𢲺手3+11=総画数14 U+22CBA [ジョウ、ニョウ/] 㩶𢺣𢺊𢰀
◆手また指で押さえる
𢲻手3+11=総画数14 U+22CBB [サツ、サチ/つま・む、と・る]
◆つま・む、二本(或いは三本)の指で掴(つか)む、指先や箸などの長いものを使って寄せ集めて掴み上げる、摘(つ)まむ、同「摘」「抓」
◆多くのものの内から一部分或いは必要な部分だけを取り出す
◆寄せ集める、多くのものが同じところに集まる、同「最」
◆漢代(前202年~220年)の容量の単位、1撮=4圭=2mL {各種単位}
◆[日]と・る、写真を写す
𢲼手3+11=総画数14 U+22CBC [テツ/]
◆搗いて実を取り出す
𢲽手3+11=総画数14 U+22CBD [チ、ジ、イ/] 搋𢯯
◆手で揉(も)む、手で押したり揉んだりして柔らかくする
◆裂(さ)く、切り割(さ)く、同「析」
◆曳(ひ)く、引っ張る、同「扡」
◆「搋子(トェィズィ)」、排水管などの詰まりを取るための柄(え)の先に椀状のカップcupを付けた道具
𢲾手3+11=総画数14 U+22CBE [ヘイ、ハイ/]
◆平手で打つ、同「批」
𢳀手3+11=総画数14 U+22CC0 [バ、マ/さす・る、す・る] 摩擵
◆手で押さえ撫(な)でる、軽く擦る
◆擦(こす)って磨(みが)く、(知識や技能を)研(みが)く
◆触れる、触れる程に間近まで迫る
𢳄手3+11=総画数14 U+22CC4 [セン、ゼン/]
◆牛馬を長い縄(なわ)で繋(つな)ぎ動き回らせる、同「縼」、「【廣韻(宋本廣韻):去聲:線第三十三:㳬:縼】長繩繫牛馬放𢳄上同」
◆未詳、「【集韻:卷八:去聲下:綫第三十三:𢳄】手挑物」
𢳆手3+11=総画数14 U+22CC6 [ゴウ/]
◆未詳、「【集韻:卷八:去聲下:号第三十七:𢳆】動也」「【正字通:卯集中:手部:𢳆】同摮舊註烏竅切音傲動也誤」
𢳇手3+11=総画数14 U+22CC7 [ソク、ゾク/]
◆五本の指先を一カ所に寄せる、指先を寄せて(筆を)しっかりと掴(つか)む、同「𢳈」
◆突き刺す、同「捔」
𢳈手4+11=総画数15 U+22CC8 [ソク、ゾク/]
◆五本の指先を一カ所に寄せる、指先を寄せて(筆を)しっかりと掴(つか)む、同「𢳇」
𢳉手4+11=総画数15 U+22CC9 [キョ/]
◆押さえて自由に動けないようにする、同「拘」
𢳊手3+11=総画数14 U+22CCA [ゲツ、ゲチ/] 摰𢴸
◆危(あや)ういさま、ぐらぐらして不安定なさま
◆引っ張る、同「掣」
𢳋手3+11=総画数14 U+22CCB [未詳/]
◆未詳、「【廣韻(宋本廣韻):上聲:紙第四:𢔌:𢳋】扶持」「【集韻:卷五:上聲上:紙第四:𢳋】挾持也[†《述古堂》本では「陜侍也」]」
𢳌手3+11=総画数14 U+22CCC [ヨウ/] 𢵇𢵎㨾
◆一般に多く見られる形や状態、またあり方、手本や形式、同「様」
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木 {クヌギ}
𢳍手3+11=総画数14 U+22CCD [セン/] 扦𢸯
◆刺し入れる
𢳎手3+11=総画数14 U+22CCE [ハイ、ヘ/] 𢷎𢹄𢱭
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、同「拜」、「【周禮注疏:春官宗伯】辨九𢷎一曰稽首二曰頓首三曰空首四曰振動五曰吉𢷎六曰凶𢷎七曰奇𢷎八曰褒𢷎九曰肅𢷎以享右祭祀」
𢳏手3+11=総画数14 U+22CCF [チュウ/]
◆引き出す、抜き出す、同「抽」「㩅」
𢳐手3+11=総画数14 U+22CD0 [セイ、セ/] 掣𢮓𢳅𢊏𪘔
◆引く、引っ張る、同「摰」
◆引っ張って動きを押さえる、制御(セイギョ)する
◆引き上げる、引き抜く
𢳒手3+11=総画数14 U+22CD2 [ベツ、メツ、メチ/]
◆手で引き抜く、抜き取る
◆手や指で軽く押さえ付ける、同「𡟬」
𢳔手4+11=総画数15 U+22CD4 [サ、シュク、スク/] 摍𢴀
◆抜き取る
𢳖手3+11=総画数14 U+22CD6 [コウ/] 揯搄𢫮𢬎𢰨
◆強く引っ張る、同「緪」
注解:「【字彙補:卯集:手部:𢳖】同盧切音途廣雅引也」「【康熙字典:卯集中:手部:𢳖】《字彙補》音義同捈○按揯字之譌」
𢳗手3+11=総画数14 U+22CD7 [タ、チャ/] 𢵍
◆手を(腕を)開く、開き広げる、同「挓」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:挓𢵍】俗知格反裂也張也正作磔」
𢳚手3+11=総画数14 U+22CDA [ケン/] 𣘖
◆摴蒱(チョホ、五枚の棒状の板を使う古代のボードゲームboard game)の組み合わせの一つ、「黒黒犢雉白」或いは「黒犢犢白白」の組み合わせ、「摴」参照、「【五木經】𤱂采六開塞塔禿撅𢳚 𤱂賤也其采義未詳」(「𤱂采」は点数が低い組み合わせをいい、「開・塞・塔・禿・撅・𢳚(いずれも組み合わせの名)」が下位六組、但し【維基百科Wikipedia:樗蒲】によれば「開」は上位六組の一つとなっている)
𢳛手3+11=総画数14 U+22CDB [サ、セ/]
◆川や泥などの中から物を取り出す
𢳝手3+11=総画数14 U+22CDD [ロク/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𢳝】同"勒"」「【漢語大詞典:手部:𢳝】用绳子等梱住或套住、再用力拉紧;系紧。引申为强迫、刁难。」
𢳡手3+11=総画数14 U+22CE1 [ベン、メン/]
◆未詳、「【廣雅:卷七:釋室】{⿰扌⿱𠕾火}(莫典)培(裴)封塗也」「【康熙字典:卯集中:手部:㨠】《博雅》㨠培封塗也」
𢳪手3+11=総画数14 U+22CEA [チ/] 𧛺𧞽
◆衣、衣服
𢳯手3+11=総画数14 U+22CEF [ソウ、ショウ/]
◆両腕で掻き集めて抱え込む
◆馬銜(はみ)を揺らしながら疾駆するさま、同「駷」
𢳳手3+11=総画数14 U+22CF3 [未詳/]
◆未詳
𢳿手3+11=総画数14 U+22CFF [ショウ、ジョウ/はや・い] 捷㨗𢶝掶
◆勝つ、成し遂げる、目的を達する
◆成し遂げて利を得る、戦いや狩りで戦利品や獲物を得る、またそれによって得たもの
◆動作や反応・対応が素早い、機転(気転)が利く、同「疌」
𢴀手3+11=総画数14 U+22D00 [サ、シュク、スク/] 摍𢳔
◆抜き取る
𢴁手3+11=総画数14 U+22D01 [未詳/]
◆未詳
𢴃手3+11=総画数14 U+22D03 [キョ、コ/よ・る] 據㨿㩀𢷛拠
◆依(よ)る、「依據、依拠(イキョ、よりどころとすること)」「憑據、憑拠(ヒョウコ、証拠ショウコ、正当であることを証明するための根拠)」、同簡「据」
◆「根據、根拠(コンキョ)」◇軍隊が攻撃・守備のための基点とする場所、集団が活動の基点とする場所◇物事が存在する(成立する)ための基本・根本となるもの
◆「據法、拠法(キョホウ)」、法に則(のっと)ること、法に従うこと
𢴄手3+11=総画数14 U+22D04 [トウ/]
◆上に載せる、同「搭」
◆とんとんと叩(たた)く
◆凹凸があるものに紙を当て上からたんぽ(綿などを丸め棒の先に取り付け墨を含ませたもの)で叩きながら文字や絵柄を写し取る、石摺(いしずり)、拓本(たくほん)、同「拓」
𢴅手3+11=総画数14 U+22D05 [コウ/] 薅𦵢𦼸𢫩𢬺𣐾
◆田畑の雑草を引き抜く、除草する、同「茠」
𢴆手3+11=総画数14 U+22D06 [未詳/]
◆義和団(ギワダン)の新造字で「清国を扶(たす)ける」の意という、「【漢語大字典:手部:𢴆】扶助清朝。清末义和团新造字。清柴萼《庚辛紀事》"改"清"為"𢴆"、其意蓋謂扶清也"」
𢵇手3+11=総画数14 U+22D47 [ヨウ/] 𢳌𢵎㨾
◆一般に多く見られる形や状態、またあり方、手本や形式、同「様」
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木 {クヌギ}
𢵎手3+11=総画数14 U+22D4E [ヨウ/] 𢳌𢵇㨾
◆一般に多く見られる形や状態、またあり方、手本や形式、同「様」
◆クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)、ブナ科コナラ属の木 {クヌギ}
手3+12=総画数15 U+3A43 [ケン/] 𢷘𢶊
◆引き抜く、抜き取る、同「搴」
手3+12=総画数15 U+3A45 [チュウ/]
◆引き出す、抜き出す、同「抽」「㨨」、「【說文解字注:手部:㩅】引也(鄭風左旋右抽傳曰左旋講兵右抽抽矢以䠶竹部曰籒讀書也牆有茨傳曰讀抽也方言曰抽讀也尙書克由繹之大史公自序紬史記石室金匱之書紬卽籒也籒之言抽也」
手3+12=総画数15 U+3A47 [カク、ワク/]
◆手で裂(さ)く、手で引き裂く、またその音、同「掝」
手3+12=総画数15 U+3A49 [キュウ、コウ/]
◆折る
◆打つ、叩(たた)く
手3+12=総画数15 U+3A4A [セン/]
◆裾や袖を捲(まく)り上げる、たくし上げる
手3+12=総画数15 U+3A4C [ヒ/]
◆(動いている虫などを)両掌(りょうてのひら)でぱっと掴(つか)み取る
◆さっと払(はら)う
手3+12=総画数15 U+3A4D [サク、シャク/]
◆手を貸して助ける
手3+12=総画数15 U+3A4E [ヨウ/] 擪𢵤擫𢬍
◆(笛などの孔を押さえるように)指で軽く押さえる、押さえて塞ぐ
手3+12=総画数15 U+3A50 [トン/] 扽扥
◆強く引っ張る、ぐいっと一気に引っ張る、同「𢻴」
手3+12=総画数15 U+6468 [ナイ/]
◆「揩摨」、擦(こす)る、摩(さす)る
手3+12=総画数15 U+647C [ケン/]
◆撞(つ)く、棒状のもので突く
◆牽(ひ)く、引っ張る、同「牽」
手3+12=総画数15 U+6485 [ケツ、コチ/] 𢴺
◆持ち上げる
◆突き出る
◆掘る、掘り出す
◆抜き出す
手4+12=総画数16 U+6486 [ヘツ、ヘチ/]
◆さっと払(はら)う、同「撇」
手3+12=総画数15 U+6487 [ヘツ、ヘチ、ヘイ/]
◆さっと払(はら)う、同「撆」
◆さっと払って放(ほう)る、また他に追いやる、同「拂(払)」
◆筆画の一つ、「ノ」字のように右上から左下にはらう書き方、「衣」の五画目のように短いはらいを「啄(タク)」といい現代中国では「撇」という、ちなみに三画目のように長いはらいを「掠(リャク)」といい現代中国では「彎」という、 {永字八法}
手3+12=総画数15 U+6488 [ロウ/] 捞𢭐
◆水中のものを掬(すく)い上げる、手や網で掻(か)き寄せるようにして掬う
手4+12=総画数16 U+6489 [トン/]
◆手で叩(たた)く
手3+12=総画数15 U+648A [カン、ゲン/] 𢵧
◆猛(たけ)るさま、熱り立つ(いきりたつ)さま、気持ちが高(たか)ぶるさま、「撊然(カンゼン)」、同「僩」「憪」、「【春秋左傳正義(春秋左傳注疏):卷四十七:昭公十八年】…鄭之有災寡君之憂也今執事撊然授兵登陴(《注》撊然勁忿貌《疏》…撊然猛貌也…)」
手3+12=総画数15 U+648B [ゼン、ネン/]
◆軽く押さえ擦(こす)る、揉(も)む、摩(さす)る
◆細(こま)かく折る、同「摧」
手3+12=総画数15 U+648C [キ/]
◆払う、払い取る、「【淮南子:要略】燒不暇撌(撌排去也)濡不給扢(扢拭也)」
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:撌】俗求位反撌檻也又丘位反」
手3+12=総画数15 U+648D [サン、ソン/]
◆速い、素早い
◆簪(かんざし)を髪に刺す
手3+12=総画数15 U+648E [イ/]
◆拱手(キョウシュ)の礼をする、胸の前で両腕を輪状に作り手を組んで礼をする、「【周禮注疏:春官宗伯】…肅拜但俯下手今時撎是也…」
手3+12=総画数15 U+648F [セン、ゼン/]
◆引き抜く、抜き取る、摘(つま)み取る
手3+12=総画数15 U+6490 [トウ、チョウ/]
◆手や棒などを当てぐいと押す、突っ張る、同「摚」
◆突っ張り支える、同「摚」
◆大きく膨(ふく)れる、大きく突っ張る
手3+12=総画数15 U+6491 [トウ、チョウ/]
◆手や棒などを当てぐいと押す、突っ張る、同「摚」
◆突っ張り支える、同「摚」
◆大きく膨(ふく)れる、大きく突っ張る
手3+12=総画数15 U+6492 [サツ、サチ、サン/ま・く] 𢴻
◆ばらばらと放り散らす、散らすように投げる、播(ま)くように散らす、同「散」
手3+12=総画数15 U+6493 [ドウ、ニョウ、トウ/たわ・む、しな・う]
◆たわ・む、しな・う、柔らかく弾力があって折れることなく曲る
◆乱す、掻(か)き乱す、攪乱(カクラン)する
◆爪を立てて掻(か)く
手3+12=総画数15 U+6494 [コウ、オウ/]
◆横(よこ)
◆未詳、「字彙:卯集:手部:撔】胡猛切音幸揣也橫也」
手3+12=総画数15 U+6495 [シ、セイ、サイ/]
◆断ち切る、切り割(さ)く、同「斯」
手3+12=総画数15 U+6496 [カン、ガン/]
◆姓用字
◆未詳、「【玉篇:卷六:手部第六十六:撖】口㩜切挂也曰危也」
手3+12=総画数15 U+6497 [コウ、オウ/]
◆拡(ひろ)げる、大きく広げる、また広がる、一面に広がる、同「擴(拡)」
手3+12=総画数15 U+6498 [トウ/]
◆上に載せる、掛ける
◆乗り物に乗る、また積む
◆叩(たた)く、ぽんぽんと叩(たた)く
手3+12=総画数15 U+6499 [ソン/]
◆抑(おさ)える、控え目にする
手3+12=総画数15 U+649A [ドウ、ネン/よ・る、ひね・る]
◆捻(ひね)る、捩(よじ)る、両手に糸や縄などを挟んで押さえ逆方向に擦(こす)り合わせる
◆手で押さえる
手3+12=総画数15 U+649B [リン/]
◆手助けする、同「扶」
◆まっすぐなさま
手3+12=総画数15 U+649C [ショウ、ジョウ/]
◆手を貸して救う、救い出す、(溺れた者などを)救い上げる、同「拯」
手3+12=総画数15 U+649D [キ/]
◆(こっち、あっち、向こう、など)手や指で指図(さしず)する、指示する、合図する、同「揮」
◆裂(さ)く
手3+12=総画数15 U+649E [トウ、ドウ/つ・く]
◆(鐘などを棒状のもので)突く、まっすぐに突く、同「𢭩」「𨀵」
◆ぶつける、ぶつかる
手3+12=総画数15 U+649F [キョウ/] 𢱪挢
◆(手を)挙(あ)げる、反(そ)らせて曲げるように一方(片方)だけを持ち上げる、同「矯」
◆狂いや歪(ゆが)みを調整して本来の曲がり具合にする、本来の形に整える、正しい形に直(なお)す、同「矯」
◆曲げる、歪める、むやみに(故意に)歪める、同「矯」、「【周禮注疏:秋官司寇】掌士之八成…五曰撟邦令(稱詐以有爲者〇撟音矯)」
手3+12=総画数15 U+64A0 [ケキ、キャク/]
◆撃(う)つ、激しく突き掛かる、「【史記:卷六十五:孫子吳起列傳:史記卷六十五考證】救鬬者不搏撠索隱按撠謂以手持撠刺人也○余有丁曰撠義當為撃非矛㦸也」
◆(ぎゅっと)抱(かか)え持つ、抱え込むようにして押さえる、「【資治通鑑:卷十三:漢記五:高皇后】見物如蒼犬撠太后掖(師古曰撠謂拘持之也…掖與腋同)」
手3+12=総画数15 U+64A1 [ソウ/]
◆操(あやつ)る、同「操」
◆俗「摻」
手3+12=総画数15 U+64A2 [タン、ダン/] 𢶁𢺬
◆探(さぐ)る、探(さが)し求める、同「探」
手3+12=総画数15 U+64A3 [タン、ダン、セン、ゼン/]
◆(ゴミなどを払うように)軽く叩(はた)く、叩(たた)くようにして払う、「撣子(たんし)、ゴミなどを払うはたき」
◆「撣族(シャンぞく)」、ミャンマーのシャン州一帯に居住する民族の名
手3+12=総画数15 U+64A4 [テツ、テチ/]
◆取り去る、取り除く、退(ど)かす、同「徹」
手3+12=総画数15 U+64A5 [ハツ、ハチ、バチ/は・ねる]
◆草を刈り土を均(なら)す、乱れを治(おさ)める
◆指や棒のような細長いものの先で動かす、突(つつ)いて動かす
◆ぱっと開く、ぱっと跳ね上げる
◆「撥剌(ハツラツ)」、いっぱいに弓を引き絞る、今にも弾けそうに力が漲(みなぎ)る
手3+12=総画数15 U+64A6 [シャ/]
◆引き裂(さ)く、裂いて開く、同「扯」「偖」
手3+12=総画数15 U+64A7 [セツ、ゼツ、ゼチ/] 𢴭
◆(手で)絶(た)つ、断(た)ち切る、切り離す、同「絶」
手3+12=総画数15 U+64A8 [ショウ/]
◆選び取る
◆拭う
◆推(お)す
手3+12=総画数15 U+64A9 [リョウ/]
◆網などで絡(から)め捕(と)る、掻(か)き寄せるようにして捕る
◆ばらばらのものを掻き寄せる、掻き寄せて絡げる
◆絡み合う、入り乱れる
手3+12=総画数15 U+64AA [ホン、ボン/]
◆車箱の覆いや囲い
手3+12=総画数15 U+64AB [フ、ブ/な・でる] 𢸮𢺌抚𢻲𢻬
◆手を滑らすようにして軽く摩(さす)る
◆摩るようにして愛(いと)おしむ、「愛撫(アイブ)」
◆摩るようにして優しく労(いた)わる、「慰撫(イブ)」
◆物の上に手を置く、手で軽く押える
◆軽くぽんぽんと叩(たた)く、同「拊」
◆手本をなぞって書く・描く、手本とするものに倣(なら)って書く・描く、同「摸」
手3+12=総画数15 U+64AC [キョウ/]
◆梃子(てこ)を使って持ち上げる、また抉(こ)じ開ける
手3+12=総画数15 U+64AD [ハ、ハン、バン/ま・く] 𢿥𨤏𠤻
◆種を広く均一に撒(ま)く、ばらばらと撒き散らす、散布する
◆振ってぱらぱらと散らす
◆広く行き亘(わた)らせる、布告する、同「譒」
◆散り散り(ちりぢり)になって逃げる
手3+12=総画数15 U+64AE [サツ、サチ/つま・む、と・る] 𢲻
◆つま・む、二本(或いは三本)の指で掴(つか)む、指先や箸などの長いものを使って寄せ集めて掴み上げる、摘(つ)まむ、同「摘」「抓」
◆多くのものの内から一部分或いは必要な部分だけを取り出す
◆寄せ集める、多くのものが同じところに集まる、同「最」
◆漢代(前202年~220年)の容量の単位、1撮=4圭=2mL {各種単位}
◆[日]と・る、写真を写す
手3+12=総画数15 U+64B0 [セン、ゼン、サン/えら・ぶ] 𢰅
◆選ぶ、多くのものの中から目的のものを選び出す、同「選」
◆文書や記録などを選び整理し一つに纏める、編纂(ヘンサン)する、同「纂」「篹」
◆文章を著(あらわ)す、著述(チョジュツ)する、同「籑」「篹」
手3+12=総画数15 U+64B1 [イ、ユイ、タ、ダ/]
◆手で軽く触れるようにして探(さが)す、手探(てさぐ)りする、同「捫」
◆小さく細長く角が丸いさま、㨊圓(だえん、楕円)、同「楕」
◆棄てる、同「𢸦」
◆落ちる
手3+12=総画数15 U+64B2 [ボク、ホク/なぐ・る、う・つ、ぶ・つ]
◆なぐ・る、軽く撃つ、軽く叩(はた)く
◆ぶつかる、ぶつける
◆ぶつかって倒れる
◆「撲地(プーディ)」、「ぽん」「ぱっ」「ぎゅ」などという短い動きを表す副詞、例「撲地生、ぽんと生まれ出る」「撲地把、ぱっと握る」
◆簡「扑」
手3+12=総画数15 U+64B3 [キン/] 揿搇𢵡
◆手や指で押さえ付ける、同「按」
手3+12=総画数15 U+64B4 [トン/]
◆突き固める
手3+12=総画数15 U+64B5 [レン/]
◆追い出す
◆追い掛ける
手3+12=総画数15 U+64B7 [ケツ、ゲチ/] 擷㩪
◆指先で摘(つま)み取る、摘み持つ
◆衣服の前裾(すそ、帯よりも下の部分)の縁(へり)を(日本で「褄つま」と呼ばれ部分を)摘まみ上げて腰帯に挟み込む、同「襭」
手3+12=総画数15 U+64B8 [ロ、ル/]
◆扱(しご)く
◆退(ど)かす、退ける
手3+12=総画数15 U+64B9 [コウ、キョウ、カク/] 攪搅
◆掻(か)き乱(みだ)す、掻き回す、「攪拌(カクハン)」
◆乱れる、入り乱れる、「攪乱(カクラン)」
手3+12=総画数15 U+64BA [サン、ザン/]
◆放り投げる、同「𢺱」
◆伸びる、伸び出る、「【農政全書:卷之五十:草部:兔兒傘】…後於葉間攛生莖叉…」
◆「撺掇(サンダ、サンドゥア)」、嗾(けしか)ける、煽(あお)り立ててある事をさせる、唆(そそのか)す
手3+12=総画数15 U+64C6 [チャク、シャク、ジャク/] 𢷷撯
◆撃(う)つ、強く打つ、また叩(たた)く
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:擆】正張略反置也」
手4+12=総画数16 U+64CE [ケイ、ギョウ/]
◆高く持ち上げる、同「擏」
◆持ち上げるようにして下から支える
手3+12=総画数15 U+64CF [ケイ、ギョウ、キョウ/]
◆弓矯(ゆだめ)、弓や弩(ド、機械仕掛けの弓)の形を整えたり歪(ゆが)みを直(なお)す道具、同「檠」
◆高く持ち上げる、同「擎」
◆戒(いまし)める、気を引き締めて用心する、憂えることがないように備(そな)える、同「儆」
手3+12=総画数15 U+64D6 [カツ、カチ、ケツ、ゲチ、カ、ケ/]
◆刮(こそ)げる、表面を削り取る、同「刮」「搳」「搳」
◆折る、圧(へ)し折る、同「折」「擸」
◆鞭打つ、打ち据える、同「撻」
◆箕(み)などの先の部分
手3+12=総画数15 U+64DB [ヨウ/]
◆「擛擛(ヨウヨウ)」、動くさま、「【集韻:卷十:入聲下:葉第二十九:擛聶】擛擛動皃或从三耳」
𢴣手3+12=総画数15 U+22D23 [未詳/]
◆未詳、「【正字通:卯集中:手部:𢴣】舊註音增加也按訓加本作增古借曾改作𢴣非」「【康熙字典:卯集中:手部:𢴣】《海篇》音義與增同〇按增字之譌」
𢴦手3+12=総画数15 U+22D26 [コウ/]
◆荷を担(かつ)ぐ、重いものを肩に載(の)せる
𢴨手3+12=総画数15 U+22D28 [シ、タク、チャク/]
◆手で握(にぎ)る、手で握って持つ、同「揓」
◆摘(つま)む、摘まむ、同「摘」
𢴩手3+12=総画数15 U+22D29 [ヒツ、ヒチ/]
◆突き刺す
𢴪手3+12=総画数15 U+22D2A [カン/]
◆未詳、「【玉篇:卷六:手部第六十六:𢴪】苦卵切𢴪捉也」
𢴫手4+12=総画数16 U+22D2B [リョウ、ロウ/]
◆手に持つ、手に取る、「【儀禮:卷第八:聘禮】降筵北面以柶兼諸觶尚擸坐啐醴」「【新方言:釋言】說丈擸理持也今謂理須髮為擸俗誤書掠非也」
◆折る、圧(へ)し折る、またその音、「擸𢶍(リョウソウ)」
𢴭手4+12=総画数16 U+22D2D [セツ、ゼツ、ゼチ/]
◆(手で)絶(た)つ、断(た)ち切る、切り離す、同「絶」
𢴰手3+12=総画数15 U+22D30 [キ/]
◆抜き取る、「【集韻:卷一:平聲:微第八:𢴰】丘衣切扱取也」「【正字通:卯集中:手部:𢴮𢴰】譌字𢴮訓擊𢴰訓拔取並非」
𢴵手3+12=総画数15 U+22D35 [セン、エン/]
◆思うところを述べる
◆炎
◆尖らせる
◆迅速なさま、素早いさま
𢴷手4+12=総画数16 U+22D37 [シ/] 摯挚
◆しっかりと手に持つ、同「執」
◆面会する人(特に初対面の人)への礼物、手土産(てみやげ)、同「贄」
◆誠実なさま、心がこもっているさま
◆至(いた)る、それより先がない(これ以上はない)ところまで行き着く、隅々まで行き届く、同「𡠗」
◆獰猛な、荒々しい、同「鷙」、「【禮記注疏(禮記正義):卷三:曲禮上】…摯獸猛而能撃謂虎狼之屬也…」
𢴸手3+12=総画数15 U+22D38 [ゲツ、ゲチ/] 摰𢳊
◆危(あや)ういさま、ぐらぐらして不安定なさま
◆引っ張る、同「掣」
𢴹手3+12=総画数15 U+22D39 [スイ/]
◆鞭(むち)
◆鞭・棒・手などで叩(たた)く、打つ、打ちつける
𢴺手3+12=総画数15 U+22D3A [ケツ、コチ/]
◆持ち上げる
◆突き出る
◆掘る、掘り出す
◆抜き出す
𢴻手3+12=総画数15 U+22D3B [サツ、サチ、サン/ま・く]
◆ばらばらと放り散らす、散らすように投げる、播(ま)くように散らす、同「散」
𢴼手3+12=総画数15 U+22D3C [ソウ、シュ/]
◆「𢴼𢴼(ソウソウ)」、木の枝が「カサカサ」ともの寂しそうな音を立てるさま
𢴽手4+12=総画数16 U+22D3D [ハイ、ヘ/]
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、同「𢷎」「拜」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢴽】古文音拜」「【字彙補:卯集:手部:𢴽】古文拜字」
𢴾手3+12=総画数15 U+22D3E [ハイ、バイ/]
◆火を起こすために風を送る、またその道具、鞴(ふいご)
𢴿手3+12=総画数15 U+22D3F [チョウ、ジョウ、トウ/]
◆(「揺」よりも)大きく揺り動かす、振る、振り回す
◆回る、向きを変える
◆落とす、振り落とす
◆減る、なくなる
𢵃手3+12=総画数15 U+22D43 [ソウ、ス/] 揔捴摠搃𢭇𢷝
◆纏(まと)める、纏めて一つにする、同「總」「総」「惣」
◆全て、皆(みな)、遍(あまね)く、同「總」「総」「惣」
◆手に持つ
𢵄手3+12=総画数15 U+22D44 [ソ、ス/お・く、お・いて]
◆置く、そのままにして置く
◆「刑𢵄(ケイソ)」、刑罰法は扨置(さてお)いて、それを用いないこと
◆あるべき場所に置く、あるべき状態にする、「安措(アンソ)」
◆「挙𢵄(キョソ)」、立ち振る舞い、動きや行い
◆[日]お・いて、(「~をおいて~ない」の用法で)~以外に~ない
漢字林(非部首部別)
𢵈手3+12=総画数15 U+22D48 [ケン/]
◆「搌𢵈(テンケン)」「𢵈搌(ケンテン)」、だらりと伸び切るさま、だらしなく伸びるさま、「【廣韻:上聲:卷第三:獮第二十八:蹇:𢵈】𢵈搌醜長皃搌丑輦切」
𢵍手3+12=総画数15 U+22D4D [タ、チャ/] 𢳗
◆手を(腕を)開く、開き広げる、同「挓」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:挓𢵍】俗知格反裂也張也正作磔」
𢵏手3+12=総画数15 U+22D4F [セン/そろ・う、そろ・える] 揃㨵𢸄𢶕𢶨
◆鋏(はさみ)や鎌(かま)などで端を切り落とす、(無駄なものや不揃いのものを)切って先端を或いは全体を整える、同「剪」
◆絶(た)つ、根刮(ねこそ)ぎにする、滅ぼす、同「翦」
◆[日]高さや長さを同じにする、欠けや乱れがないよう整える
𢵠手4+12=総画数16 U+22D60 [未詳/] 𢶷
◆未詳
𢵡手4+12=総画数16 U+22D61 [キン/] 撳揿搇
◆手や指で押さえ付ける、同「按」
𢵢手3+12=総画数15 U+22D62 [ブン、モン/] 抆𢪖
◆拭(ぬぐ)う、擦(こす)るようにして払う、同「㨉」
𢵣手3+12=総画数15 U+22D63 [アク/] 𠜲
◆首を刎(は)ねる、首を切り落とす
𢵤手4+12=総画数16 U+22D64 [ヨウ/] 擪擫㩎𢬍
◆(笛などの孔を押さえるように)指で軽く押さえる、押さえて塞ぐ
𢵦手3+12=総画数15 U+22D66 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:手部:𢵦】【中華字海:扌部:𢵦】同"揣"」
𢵧手3+12=総画数15 U+22D67 [カン、ゲン/]
◆猛(たけ)るさま、熱り立つ(いきりたつ)さま、気持ちが高(たか)ぶるさま、「撊然(カンゼン)」、同「僩」「憪」、「【春秋左傳正義(春秋左傳注疏):卷四十七:昭公十八年】…鄭之有災寡君之憂也今執事撊然授兵登陴(《注》撊然勁忿貌《疏》…撊然猛貌也…)」
𢵬手4+12=総画数16 U+22D6C [未詳/]
◆未詳
𢵱手3+12=総画数15 U+22D71 [未詳/]
◆未詳
𢵸手3+12=総画数15 U+22D78 [未詳/]
◆未詳
𢵽手3+12=総画数15 U+22D7D [未詳/]
◆未詳
𢶁手3+12=総画数15 U+22D81 [タン、ダン/] 撢𢺬
◆探(さぐ)る、探(さが)し求める、同「探」
𢶂手3+12=総画数15 U+22D82 [/]
◆投げる
𢶈手3+12=総画数15 U+22D88 [トウ/] 擣𢷬𢭏
◆杵(きね)などで搗(つ)く、(とんとんと)短く繰り返し突く、同「搗」「捯」
◆(棒などでとんとんと短く繰り返し)叩(たた)く、同「搗」
◆(敵を)突く、突撃する
手3+13=総画数16 U+3A4B [シュク/] 𢸳
◆叩(たた)く、打つ
手3+13=総画数16 U+3A52 [キン、ゴン/]
◆(さっと)手で押さえる、取り押さえる、押さえて動けないようにする、同「擒」「捦」「扲」
手4+13=総画数17 U+3A53 [キ/] 𢶙
◆毀(こわ)す、壊(こわ)す、傷付ける
手3+13=総画数16 U+3A55 [レイ、リョウ/] 拎𢺰
◆手や腕や指にぶら下げるようにして持つ
手3+13=総画数16 U+3A56 [キョウ/]
◆手助けする
手3+13=総画数16 U+3A57 [ケイ、エ/たずさ・える、たずさ・わる] 携攜㩦𢹂擕
◆手にぶら下げて持つ、(紐などで繋いだものをぶら下げるようにして)身に帯びる
◆手を繋ぐ、手を取る、手を取り合う
◆手を取って一緒に行く、引き連れる
手3+13=総画数16 U+3A58 [ギ/]
◆船を岸に着ける、同「檥」「艤」
手3+13=総画数16 U+3A59 [ソク/]
◆塞(ふさ)ぐ、隙間を埋める、同「塞」
手3+13=総画数16 U+64BB [タツ、タチ/] 𢹗挞𢺂𨘈𢾴𢽞𪯎
◆鞭(むち)や棒で打つ、打ち据える、鞭打つ、同「韃」
◆鞭打って励ます
手3+13=総画数16 U+64BC [カン、ゴン/]
◆揺(ゆ)する、揺るがす、揺り動かす、同「㨔」
手3+13=総画数16 U+64BD [キョウ、ケキ、キャク、ヨウ/] 𢶡𢵿
◆横から叩(たた)く、鞭・棒・手などで叩(たた)く
◆待ち受ける、同「邀」
手3+13=総画数16 U+64BE [タ/]
◆鼓(つづみ)などを叩(たた)く、打ち据える
◆「漁陽摻撾(ギョヨウサンタ)」、古代の楽曲の名、鼓による楽曲、「【世說新語:言語第二】衡揚枹為漁陽摻檛淵淵有金石聲四坐為之改容」
手3+13=総画数16 U+64BF [ケン/] 捡𢮦
◆型に嵌(は)めて自由を制限する、拘束する
◆しっかりと確認する、詳しく調べる、同「檢」
漢字林(非部首部別)
手3+13=総画数16 U+64C0 [カン/]
◆手で平らに圧(お)し延(の)ばす、(麺打ちのように)丸い棒を圧し転がすようにして平らに延ばす、同「扞」
手3+13=総画数16 U+64C1 [ヨウ、ユ/いだ・く] 𢹬𢺠㨣拥𢶜𢹭
◆抱(かか)える、抱(だ)き抱(かか)える、両手で抱(いだ)く、「擁立(ヨウリツ、抱き抱えて立たせる)」
◆抱え込む、包み込む
◆囲い込む、囲い込んで自分のものにする
◆周(まわ)りを囲む、「擁護(ヨウゴ、周りを囲って護まもる)」「擁蔽(ヨウヘイ、周りを囲って覆おおう)」
手3+13=総画数16 U+64C2 [ライ/す・る]
◆す・る、磨(す)り潰す、石臼をごろごろと挽(ひ)く
◆どんどんと鼓を打つ、同「攂」
手3+13=総画数16 U+64C3 [ドウ、ノウ/]
◆強く押す、突く、同「搑」
手3+13=総画数16 U+64C4 [ロ/]
◆捕らえる
◆掠め取る
手3+13=総画数16 U+64C5 [セン、ゼン/]
◆専(もっぱ)らにする、一人でする、一人で自分の思い通りにする、同「專」
手3+13=総画数16 U+64C7 [タク、ジャク/えら・ぶ] 择択
◆仕分けて選び出す、幾つかの中から選び出す、同「睪」「𢍰」
◆選(よ)り分ける
漢字林(非部首部別)
手3+13=総画数16 U+64C8 [ボク、ホク/なぐ・る、う・つ、ぶ・つ]
◆なぐ・る、軽く撃つ、軽く叩(はた)く
◆ぶつかる、ぶつける
◆ぶつかって倒れる
◆「擈地(プーディ)」、「ぽん」「ぱっ」「ぎゅ」などという短い動きを表す副詞、例「擈地生、ぽんと生まれ出る」「擈地把、ぱっと握る」
手3+13=総画数16 U+64C9 [サク、ソク/]
◆簎(やす、先端を尖らせた"⊂∈"字状の金属を取り付けた漁具)で突いて獲物を獲る
手4+13=総画数17 U+64CA [ケキ、キャク、ゲキ/う・つ] 撃击
◆(軽く繰り返すのではなく一挙に)強く打つ、また撲(なぐ)る、また叩(たた)く
◆相手に激しく突き掛かる
◆敵を攻める、また滅ぼす
手3+13=総画数16 U+64CB [トウ/]
◆押し止(とど)める、遮(さえぎ)る、阻(はば)む、同「攩」
◆「抵擋(テイトウ)」、食(く)い止める、押し止(とど)める、防ぎ止める
◆「摒擋(ヘイトウ)」、取り除く、片付ける
手3+13=総画数16 U+64CC [サク、シャク/]
◆「黐擌(ちさく)」、鳥黐(とりもち)を使って鳥を捕える道具
手3+13=総画数16 U+64CD [ソウ/あやつ・る、みさお] 𢿾𣀉𢻥
◆手に握り持つ、しっかりと持つ
◆みさお、守るべきものをしっかりと持つ、またしっかりと守る、またその行いや心掛け
◆あやつ・る、人や動物・言葉や心・道具や楽器などを自分の(手で)思い通りに動かす、また働かせる
◆思い通りに動かせるように訓練する
漢字林(非部首部別)
手3+13=総画数16 U+64D0 [カン、ゲン/] 𢸃
◆甲冑や衣服に首や腕を通す、身に着ける
手3+13=総画数16 U+64D1 [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷十:入聲下:葉第二十九:接擑】即涉切說文交也一曰捷也亦姓或作擑」「【字彙:卯集:手部:擑】卽葉切音接交也持也合也會也○又側八切音戢擑斂也」「【唐語林:卷三:夙慧】…臥內戴擑耳帽子…」「【成都文類:卷三十七:重修昭覺寺記】…愛河之舟擑不住中流…[†「擑」は「檝」の誤りと思われる]」
手3+13=総画数16 U+64D2 [キン、ゴン/とりこ]
◆(さっと)手で押さえる、取り押さえる、押さえて動けないようにする、同「捦」「㩒」「扲」
◆とりこ、生け捕りにした(取り押さえられた)人、虜(とりこ)
手3+13=総画数16 U+64D3 [カイ/] 㧟㨤
◆掻く、強く擦る
手3+13=総画数16 U+64D4 [タン/かつ・ぐ、にな・う]
◆荷を肩に載せる、背に載せるのは「負」、同「担」
◆荷や仕事を引き受ける、またその責任を負う、同「担」
◆重量の単位、「一擔(担)」は「二石」、同「担」 {各種単位}
注解:「担」は本来「軽く叩(はた)く、叩(たた)くようにして払う」の意で「擔」とは別字だが、現在は「擔」の異体字(同音同義字)として用いる
手3+13=総画数16 U+64D5 [ケイ、エ/たずさ・える、たずさ・わる] 携㩗攜㩦𢹂
◆手にぶら下げて持つ、(紐などで繋いだものをぶら下げるようにして)身に帯びる
◆手を繋ぐ、手を取る、手を取り合う
◆手を取って一緒に行く、引き連れる
手3+13=総画数16 U+64D7 [ヘキ、ビャク、ヒャク/]
◆(悲しんで胸を)手で繰り返し叩(たた)く
◆(左右に引っ張って)裂(さ)く、引き裂く、張り裂ける、同「擘」
手4+13=総画数17 U+64D8 [ハク、ヒャク/]
◆(左右に引っ張って)裂(さ)く、引き裂く、張り裂ける、同「𢹐」「擗」「孹」
◆「巨擘(キョハク)」◇親指(おやゆび)◇集団の中で一段と秀(ひい)でている人、親分、頭(かしら)
手3+13=総画数16 U+64D9 [オウ/]
◆磨く
手3+13=総画数16 U+64DA [キョ、コ/よ・る] 㨿㩀𢴃𢷛拠
◆依(よ)る、「依據、依拠(イキョ、よりどころとすること)」「憑據、憑拠(ヒョウコ、証拠ショウコ、正当であることを証明するための根拠)」、同簡「据」
◆「根據、根拠(コンキョ)」◇軍隊が攻撃・守備のための基点とする場所、集団が活動の基点とする場所◇物事が存在する(成立する)ための基本・根本となるもの
◆「據法、拠法(キョホウ)」、法に則(のっと)ること、法に従うこと
手3+13=総画数16 U+64DC [未詳/]
◆打つ、叩(たた)く
手3+13=総画数16 U+64DD [モウ、ミョウ/]
◆引き抜く、同「掹」
手3+13=総画数16 U+64DE [ソウ、ス/]
◆小刻みに震(ふる)える、また震わす、揺(ゆ)さぶる
◆「抖擞(トウソウ)」◇揺さぶり動かす◇(気持ちを)奮(ふる)い立たせる◇振り払う、払い除(の)ける、同「抖藪(トウソウ)」、梵語の「頭陀(ズダ、dhūta)」の漢訳、「仏僧が修行すること」の意で「(煩悩を)振り払う」の意に用いられる
手4+13=総画数17 U+64E7 [キョ、コ/あ・げる、あ・がる、あ・げて、こぞ・る、こぞ・って] 𦦙舉挙举㪯
◆(ものを手で頭よりも上に)持ち上げる、手を高く上げる、「挙手(キョシュ)」
◆(問題点などを)取り上げる
◆(人などを)取り立てる、「推挙(スイキョ)」
◆事を起こす、行(おこな)う
◆(国や場所を)占領する
◆行い、行為
◆全て、悉(ことごと)く、残らずに、「挙国(キョコク、国を挙げて、国民全て)」
漢字林(非部首部別)
手3+13=総画数16 U+64ED [カク、ワク、コ、ゴ/]
◆捕(つか)まえる、獲(え)る
◆獣を追い込んで捕(と)らえるための仕掛け、「罟擭(コカク)」「柞擭(サクカク)」、「【康熙字典:卯集中:手部:擭】…《集韻》《韻會》𠀤胡化切華去聲捕獸機檻也…《禮中庸》驅而納諸罟擭陷阱之中…」
手3+13=総画数16 U+64F3 [セツ、セチ/]
◆拭(ぬぐ)う、拭(ふ)く、同「幯」
◆未詳、「【廣韻:入聲:卷第五:櫛第七:擳】挃擳也」
𢴡手3+13=総画数16 U+22D21 [カン、ケン/] 掔㧛
◆堅くしっかりしている、強くしっかりと握る
◆しっかりと握って引っ張る、同「𢴡」
𢴴手3+13=総画数16 U+22D34 [レツ、レチ/]
◆未詳、「【正字通:卯集中:手部:𢴴】俗挒字舊註音裂出釋典按梵言多臆造宐刪」
𢵿手4+13=総画数17 U+22D7F [キョウ、ケキ、キャク、ヨウ/] 撽𢶡
◆横から叩(たた)く、鞭・棒・手などで叩(たた)く
◆待ち受ける、同「邀」
𢶀手3+13=総画数16 U+22D80 [サイ、ザイ/]
◆倒れて傷付く、同「檌」
𢶅手3+13=総画数16 U+22D85 [セツ、ゼチ/]
◆筮竹(ゼイチク、占いに使う棒)などを手に持ち一つ二つと数える、同「揲」
𢶆手3+13=総画数16 U+22D86 [ケイ、ケ、ケツ、ゲチ/かか・げる] 揭掲
◆高く上げる、高く差し上げる
◆(旗や目印などを付けた)棒や竿(さお)などを立てる、人の目に入るように高く上げる
◆持ち上げる、(衣服の裾すそなどを)たくし上げる
𢶇手3+13=総画数16 U+22D87 [ケイ、ギョウ/]
◆賭博やゲームgameに使う骰子(トウシ、正六面体或いは板状・棒状のもので各面に数字や記号が記されたもの)、同「橩」
𢶉手3+13=総画数16 U+22D89 [ヒャク/]
◆射る
𢶊手3+13=総画数16 U+22D8A [ケン/] 㩃𢷘
◆引き抜く、抜き取る、同「搴」
𢶌手3+13=総画数16 U+22D8C [サ、シャ/]
◆未詳、「【集韻:卷三:平聲:戈第八:𢶌】拘引也」
𢶍手3+13=総画数16 U+22D8D [ソウ、ゾウ/]
◆手で覆(おお)う、「【廣韻:入聲:合第二十七:姶:搕】以手盍也…」
◆「搕𢶍(コウソウ)」、未詳、「【廣韻:入聲:合第二十七:姶:搕】…又搕𢶍糞也[†「糞」は「塵(ごみ)」の意か]」
◆「擸𢶍(リョウソウ)」◇折れる、壊れる、またその音、「【廣韻:入聲:盍第二十八:臘:擸】折也又擸𢶍破壞也」「【集韻:卷十:入聲下:盇第二十八:𢶍】破聲一曰持也」◇混ぜ込む、混じり(交じり)合う、入り混じる(交じる)、「【廣韻:入聲:盍第二十八:䪞:𢶍】擸𢶍和雜」「【集韻:卷十:入聲下:盇第二十八:𢶍】擸𢶍和攪也」
𢶎手3+13=総画数16 U+22D8E [カ/] 槬摦
◆横に広いさま
𢶏手3+13=総画数16 U+22D8F [ヒョウ/] 𢷋𢸂
◆標識や目印(めじるし)などを高く掲(かか)げる、同「摽」
𢶐手3+13=総画数16 U+22D90 [キ/] 𢹍㩬𢸤
◆撃つ
𢶒手3+13=総画数16 U+22D92 [カイ/]
◆(髪や草などを)纏める或いは結わく
𢶕手3+13=総画数16 U+22D95 [セン/そろ・う、そろ・える] 揃㨵𢸄𢵏𢶨
◆鋏(はさみ)や鎌(かま)などで端を切り落とす、(無駄なものや不揃いのものを)切って先端を或いは全体を整える、同「剪」
◆絶(た)つ、根刮(ねこそ)ぎにする、滅ぼす、同「翦」
◆[日]高さや長さを同じにする、欠けや乱れがないよう整える
𢶖手3+13=総画数16 U+22D96 [ユ、トウ、ツ、ズ/]
◆引く、引き出す、引き上げる
◆臼(うす)などの器から中身を掬(すく)い出す、また掬い取る、同「抭」「舀」「揄」
◆「揶揄(ヤユ)」、からかう、弄(もてあそ)ぶ、困らせたり怒らせたりして面白がる
𢶗手4+13=総画数17 U+22D97 [ゴウ、コウ、キョウ/]
◆敲(たた)く、叩(たた)く、撃(う)つ、同「敲」「搞」
𢶙手3+13=総画数16 U+22D99 [キ/]
◆毀(こわ)す、壊(こわ)す、傷付ける
𢶚手3+13=総画数16 U+22D9A [ヒョウ、ビョウ/よ・る、もた・れる] 凭𡔟𠌩
◆もた・れる、寄り掛る、脇息(きょうそく)などに体などを預ける、依(よ)る、頼りにする、同「憑」
𢶛手3+13=総画数16 U+22D9B [ソン/]
◆手で撫(な)でる、手で触れる
𢶜手4+13=総画数17 U+22D9C [ヨウ、ユ/いだ・く] 擁𢹬𢺠㨣拥𢹭
◆抱(かか)える、抱(だ)き抱(かか)える、両手で抱(いだ)く、「擁立(ヨウリツ、抱き抱えて立たせる)」
◆抱え込む、包み込む
◆囲い込む、囲い込んで自分のものにする
◆周(まわ)りを囲む、「擁護(ヨウゴ、周りを囲って護まもる)」「擁蔽(ヨウヘイ、周りを囲って覆おおう)」
𢶝手3+13=総画数16 U+22D9D [ショウ、ジョウ/はや・い] 捷㨗𢳿掶
◆勝つ、成し遂げる、目的を達する
◆成し遂げて利を得る、戦いや狩りで戦利品や獲物を得る、またそれによって得たもの
◆動作や反応・対応が素早い、機転(気転)が利く、同「疌」
𢶞手3+13=総画数16 U+22D9E [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢶞】所拜反」「【中華字海:扌部:𢶞】同"杀"」
𢶡手4+13=総画数17 U+22DA1 [キョウ、ケキ、キャク、ヨウ/] 撽𢵿
◆横から叩(たた)く、鞭・棒・手などで叩(たた)く
◆待ち受ける、同「邀」
𢶨手3+13=総画数16 U+22DA8 [セン/そろ・う、そろ・える] 揃㨵𢸄𢵏𢶕
◆鋏(はさみ)や鎌(かま)などで端を切り落とす、(無駄なものや不揃いのものを)切って先端を或いは全体を整える、同「剪」
◆絶(た)つ、根刮(ねこそ)ぎにする、滅ぼす、同「翦」
◆[日]高さや長さを同じにする、欠けや乱れがないよう整える
𢶰手3+13=総画数16 U+22DB0 [ソウ、ス/]
◆未詳
𢶲手3+13=総画数16 U+22DB2 [未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:手部:𢶲】同"愁"」
𢶳手3+13=総画数16 U+22DB3 [義未詳/]
◆未詳、「【漢語大字典:手部:𢶳】同"拚"」「【中華字海:手部:𢶳】同"拼"」
𢶶手3+13=総画数16 U+22DB6 [未詳/]
◆未詳
𢶷手3+13=総画数16 U+22DB7 [未詳/] 𢵠
◆未詳
𢷇手3+13=総画数16 U+22DC7 [ショウ、ソウ/]
◆まっすぐに突く、また突き入れる、同「搶」
𢷈手3+13=総画数16 U+22DC8 [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:午集下:穴部:窟】…《六書音義》亦作堀𡻋𢷈[†「穴を掘る、穿つ」の意か?]」
手3+14=総画数17 U+3A5B [タン、ダン/] 摶抟𢮨𢰁𢮛
◆ばらばらのものを集めて纏(まと)める、また纏まって一塊になる
◆凭(もた)れる、頼りにする
◆専(もっぱ)ら、ひたすら
手3+14=総画数17 U+64DF [ビ、ミ/]
◆「擟拘」、山名
手3+14=総画数17 U+64E0 [セイ、サイ/] 㨈挤𡬚
◆押し出す、ぎゅっと押して外に出す
◆ぎっしりと詰まる、ひしめき合う
手3+14=総画数17 U+64E1 [タイ、ダイ/もた・げる]
◆上げる、持ち上げる
◆何人かで力を合わせ物を持ち上げる
◆揺れ動く、「【玉篇:卷六:手部第六十六:擡】大才切動振也」
手3+14=総画数17 U+64E2 [タク、ダク、テキ/ぬき・んでる]
◆多くのものの中でそれ(その者)だけが突出(トッシュツ)している、他よりもそれ(その者)だけが一段と優(すぐ)れている
◆多くのものの中から抜き出す、また引き出す、また引き上げる
◆「抜擢(バッテキ)」、多くの者の中から優れたものを選び採用する
漢字林(非部首部別)
手3+14=総画数17 U+64E3 [トウ/] 𢷬𢭏𢶈
◆杵(きね)などで搗(つ)く、(とんとんと)短く繰り返し突く、同「搗」「捯」
◆(棒などでとんとんと短く繰り返し)叩(たた)く、同「搗」
◆(敵を)突く、突撃する
手3+14=総画数17 U+64E4 [コウ/か・む]
◆鼻を摘まんで鼻汁を出す
手3+14=総画数17 U+64E6 [サツ、サチ/こす・る、なす・る、す・る]
◆さっと摩(さす)る、また拭(ふ)く
◆拭き取る
手3+14=総画数17 U+64E8 [ヤ/]
◆「擨𢶖(ヤユ)」、からかう、弄(もてあそ)ぶ、困らせたり怒らせたりして面白がる、同「揶揄」
手3+14=総画数17 U+64E9 [ジュ、ニュウ/]
◆手や指で軽く押える
◆液体に浸(つ)け手で揉(も)む、また揉んで染(し)み込ませる
手4+14=総画数18 U+64EA [ヨウ/] 𢵤擫㩎𢬍
◆(笛などの孔を押さえるように)指で軽く押さえる、押さえて塞ぐ
手3+14=総画数17 U+64EB [ヨウ/] 擪𢵤㩎𢬍
◆(笛などの孔を押さえるように)指で軽く押さえる、押さえて塞ぐ
手3+14=総画数17 U+64EC [ギ、ゴ/なぞら・える、もど・き]
◆どうしようかと考える、どうしたらよいかと考える
◆他の物に似せる、よく似ている
◆他のよく似ている物事を例に引く、例える
手3+14=総画数17 U+64EE [セツ、セチ/] 𢷿
◆断(た)ち切る、切り離す、同「截」「𢪍」
手3+14=総画数17 U+64EF [ヒン/] 摈𢷤
◆作法に則(のっと)り客を迎え主人のところまで案内する、「卿(ケイ、重臣クラスclass)」に対しては「上擯(ジョウヒン)」・「大夫」は「承擯(ショウヒン)」・「士」は「紹擯(ショウヒン)」という、同「賓」「儐」
◆斥(しりぞ)ける、退ける
手3+14=総画数17 U+64F0 [ノウ、ニョウ、ネイ/]
◆体の一部を指先で摘んで捩じる
◆抓(つね)る
手3+14=総画数17 U+64F1 [カク/お・く]
◆止(と)める、止(や)める、止めてそのままの状態を続ける、同「閣」
◆置く、置いたままにする
𢷋手3+14=総画数17 U+22DCB [ヒョウ/] 𢶏𢸂
◆標識や目印(めじるし)などを高く掲(かか)げる、同「摽」
𢷌手3+14=総画数17 U+22DCC [タク/ひら・く] 拓𢸨𢫳
◆切り開く、押し広げる、広げる
◆凹凸があるものに紙を当て上からたんぽ(綿などを丸め棒の先に取り付け墨を含ませたもの)で叩きながら文字や絵柄を写し取る、石摺(いしずり)、同「搨」
𢷎手3+14=総画数17 U+22DCE [ハイ、ヘ/] 𢹄𢳎𢱭
◆対面した相手に敬意・弔意や恭順・感謝などの意を示すために、跪(ひざまず)く・頭を下げる・手を合わせるなどの動作をする、同「拜」、「【周禮注疏:春官宗伯】辨九𢷎一曰稽首二曰頓首三曰空首四曰振動五曰吉𢷎六曰凶𢷎七曰奇𢷎八曰褒𢷎九曰肅𢷎以享右祭祀」
𢷏手3+14=総画数17 U+22DCF [ホク/] 𢪗
◆軽く撃つ、軽く叩(はた)く、同「撲」
◆「𢷏地(プーディ)」、同「撲地」、「ぽん」「ぱっ」「ぎゅ」などという短い動きを表す副詞、例「𢷏地生、ぽんと生まれ出る」「𢷏地把、ぱっと握る」
𢷐手3+14=総画数17 U+22DD0 [チ/] 𢷟
◆躓(つまづ)く、躓いて仆(たお)れる、同「疐」
◆行(ゆ)く手を妨(さまた)げられて進めないさま
𢷑手3+14=総画数17 U+22DD1 [ケン/]
◆向きを変える、背(そむ)ける、同「抮」
𢷒手3+14=総画数17 U+22DD2 [ケツ、ゲチ/]
◆担(かつ)ぎ上げる、荷を肩に載(の)せて立つ
𢷓手3+14=総画数17 U+22DD3 [カク/]
◆裂(さ)く、(土を)掘る
◆抜き取る、取り除く
𢷔手3+14=総画数17 U+22DD4 [イ/]
◆傾く、傾ける
𢷘手3+14=総画数17 U+22DD8 [ケン/] 㩃𢶊
◆引き抜く、抜き取る、同「搴」
𢷙手3+14=総画数17 U+22DD9 [コウ、ク/] 箜𣝃
◆「𢷙篌(コウコウ)」、ハープharpなどの竪琴に似た弦楽器 {楽器(弦楽器)}
𢷚手3+14=総画数17 U+22DDA [リュウ、ル/] 𢷶
◆斬る、刺す
◆しっかりと掴(つか)む、ぎゅっと絞(し)める、同「摎」
𢷛手3+14=総画数17 U+22DDB [キョ、コ/よ・る] 據㨿㩀𢴃拠
◆依(よ)る、「依據、依拠(イキョ、よりどころとすること)」「憑據、憑拠(ヒョウコ、証拠ショウコ、正当であることを証明するための根拠)」、同簡「据」
◆「根據、根拠(コンキョ)」◇軍隊が攻撃・守備のための基点とする場所、集団が活動の基点とする場所◇物事が存在する(成立する)ための基本・根本となるもの
◆「據法、拠法(キョホウ)」、法に則(のっと)ること、法に従うこと
𢷜手3+14=総画数17 U+22DDC [ショウ、シュ/] 𢱠
◆体を強張(こわば)らせる、身を(体を、気持ちを、姿勢を、態度を)ぐっと引き締める、同「竦」、「【集韻:卷五:上聲上:腫第二:竦捒𢷜𢖗】筍勇切說文敬也从立从束自申束也一曰上也」
𢷝手3+14=総画数17 U+22DDD [ソウ、ス/] 揔捴摠搃𢭇𢵃
◆纏(まと)める、纏めて一つにする、同「總」「総」「惣」
◆全て、皆(みな)、遍(あまね)く、同「總」「総」「惣」
◆手に持つ
𢷟手3+14=総画数17 U+22DDF [チ/] 𢷐
◆躓(つまづ)く、躓いて仆(たお)れる、同「疐」
◆行(ゆ)く手を妨(さまた)げられて進めないさま
𢷡手3+14=総画数17 U+22DE1 [/ちゃく]
◆[日]「𢷡手(ちゃくしゅ)」、同「搩手」、手の親指と中指をいっぱいに広げた長さ
𢷤手3+14=総画数17 U+22DE4 [ヒン/] 擯摈
◆作法に則(のっと)り客を迎え主人のところまで案内する、「卿(ケイ、重臣クラスclass)」に対しては「上擯(ジョウヒン)」・「大夫」は「承擯(ショウヒン)」・「士」は「紹擯(ショウヒン)」という、同「賓」「儐」
◆斥(しりぞ)ける、退ける
𢷥手3+14=総画数17 U+22DE5 [ヘン、ベン、フン/] 拚𢪴𢱰
◆両手をぱんぱんと打ち鳴らす、拍子をとりながら両手を打ち鳴らす、同「抃」
◆鳥が翼を大きく羽ばたかせながら飛ぶ、同「翻」
◆掃(はら)う、払い除(の)ける、同「𡊄」「糞」
𢷬手3+14=総画数17 U+22DEC [トウ/] 擣𢭏𢶈
◆杵(きね)などで搗(つ)く、(とんとんと)短く繰り返し突く、同「搗」「捯」
◆(棒などでとんとんと短く繰り返し)叩(たた)く、同「搗」
◆(敵を)突く、突撃する
𢷰手3+14=総画数17 U+22DF0 [未詳/]
◆未詳
𢸆手3+14=総画数17 U+22E06 [ソツ、サツ、ボ、モ/]
◆ものを掌(てのひら)の中に入れてぐっと握る、同「攥」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢸆】倉括子括二反今作攥同手把也」
◆手本に倣(なら)う、手本をなぞる、似せる、真似る、同「摹」「摸」、「【康熙字典:卯集中:手部:𢸆】俗摹字《篇海》音義同攥非」
𢹖手3+14=総画数17 U+22E56 [カク、キャク/つか・む] 摑掴𢮎𢐚𢧷𧤯
◆(耳や頬の辺りを)平手で殴る、びんたを食らわす
◆[日]つか・む、手の中に包み入れて握る、掌と指全体を使って握る
手3+15=総画数18 U+3A5C [ラン/]
◆手元に寄せ集める、掻(か)き集める、同「擥」「攬」
◆寄せ集めたものを纏めて持つ、同「攬」
手3+15=総画数18 U+3A60 [オウ、ホウ、ヒョウ/]
◆激しい戦い、惨(むご)たらしい戦い、またその戦いで敵を皆殺しにする、同「鏖」
◆掻(か)き寄せる、掻き集める、古「捊」
手3+15=総画数18 U+3A61 [ラ/]
◆「掗㩡(アラ)」、揺(ゆ)らす、振(ふ)る、振るう、振り回す
手3+15=総画数18 U+3A62 [ベツ、メチ/]
◆「㩢揳(ベツセツ)」、出来上がりがきちんとしたものになっていないさま、「【通雅:卷四十九】木不方正曰櫗楔作事不方正曰㩢揳人不方正曰㒝偰」
手3+15=総画数18 U+3A63 [キ/]
◆(手や旗を)右に左に振る、振り回す、同「揮」
手3+15=総画数18 U+3A64 [フ/]
◆敷く、平らに広げる、押し広げる
手3+15=総画数18 U+3A65 [サン、ソン、セン/]
◆(女性の手の指が)ほっそりとしているさま、同「摻」
◆木や竹を細長く薄く(細長い板状に)削る、同「櫼」
漢字林(非部首部別)
手3+15=総画数18 U+3A66 [ケイ、エ/たずさ・える、たずさ・わる] 携㩗攜𢹂擕
◆手にぶら下げて持つ、(紐などで繋いだものをぶら下げるようにして)身に帯びる
◆手を繋ぐ、手を取る、手を取り合う
◆手を取って一緒に行く、引き連れる
手4+15=総画数19 U+3A67 [ハク、ボク/] 𢹯𣀛𣀠𢻭
◆撃つ、叩(たた)く
手3+15=総画数18 U+3A6A [ケツ、ゲチ/] 擷撷
◆指先で摘(つま)み取る、摘み持つ
◆衣服の前裾(すそ、帯よりも下の部分)の縁(へり)を(日本で「褄つま」と呼ばれ部分を)摘まみ上げて腰帯に挟み込む、同「襭」
手4+15=総画数19 U+64E5 [ラン/] 𢱯
◆手元に寄せ集める、掻(か)き集める、同「攬」
手3+15=総画数18 U+64F2 [テキ、ジャク/なげう・つ]
◆(目標に向けて)投げ付ける、投げ入れる、同「擿」
◆投げ出す、投げ捨てる
◆[日]「打擲(ちょうちゃく)」、殴(なぐ)る
手3+15=総画数18 U+64F4 [カク/ひろ・げる、ひろ・がる] 拡扩
◆大きく広げる、いっぱいに広げる、また広がる、一面に広がる、同「撗」「㨯」
手3+15=総画数18 U+64F5 [バ、マ/さす・る、す・る] 摩𢳀
◆手で押さえ撫(な)でる、軽く擦る
◆擦(こす)って磨(みが)く、(知識や技能を)研(みが)く
◆触れる、触れる程に間近まで迫る
手3+15=総画数18 U+64F6 [セン/たも]
◆矢の狂いを直す、矢の向きを目標に合うように調整する、「【集韻:卷八:去聲下:綫第三十三:擶】射欹令正也」
◆[日]「擶山(たもやま)」、地名、山形県村山市
手3+15=総画数18 U+64F7 [ケツ、ゲチ/] 撷㩪
◆指先で摘(つま)み取る、摘み持つ
◆衣服の前裾(すそ、帯よりも下の部分)の縁(へり)を(日本で「褄つま」と呼ばれ部分を)摘まみ上げて腰帯に挟み込む、同「襭」
手3+15=総画数18 U+64F8 [リョウ、ロウ/] 𢴫
◆手に持つ、手に取る、「【儀禮:卷第八:聘禮】降筵北面以柶兼諸觶尚擸坐啐醴」「【新方言:釋言】說丈擸理持也今謂理須髮為擸俗誤書掠非也」
◆折る、圧(へ)し折る、またその音、「擸𢶍(リョウソウ)」
手3+15=総画数18 U+64F9 [タン/] 攤摊𢺋
◆広げる、広げて並べる
◆平らに広げる、また伸ばす
◆品物を広げ並べて売る露店(ロテン)
◆振り分ける、割り当てる
◆「擹錢(タンセン)」「擹蒱(タンホ)」、賭博(トバク)の一種
手3+15=総画数18 U+64FA [ハイ、ヘ/] 𢸇摆
◆ぱっと開く
◆きちんと並べる、揃えて並べる
◆左右に揺れ動く、揺り動かす
手3+15=総画数18 U+64FB [ソウ、ス/]
◆小刻みに震(ふる)える、また震わす、揺(ゆ)さぶる
◆「抖擻(トウソウ)」◇揺さぶり動かす◇(気持ちを)奮(ふる)い立たせる◇振り払う、払い除(の)ける、同「抖藪(トウソウ)」、梵語の「頭陀(ズダ、dhūta)」の漢訳、「仏僧が修行すること」の意で「(煩悩を)振り払う」の意に用いられる
手3+15=総画数18 U+64FC [ロ、ル/]
◆扱(しご)く
◆退(ど)かす、退ける
手3+15=総画数18 U+64FD [リャク、ラク/くすぐ・る] 攊㧰
◆打つ、ぴしゃりと叩(たた)く
◆[日]くすぐ・る、軽く触れて撫(な)でる、こそばゆい感じにさせる
手3+15=総画数18 U+64FE [ジョウ、ニョウ/] 𢹎𢺕扰
◆乱れる、入り乱れる、掻(か)き回して秩序ある状態を乱す
◆騒ぐ、騒がせる、騒いで混乱させる
◆様々なことが入り乱れて心穏やかでない、ざわざわとしている
◆馴(な)らす、手懐(てなず)ける、同「㹛」
手3+15=総画数18 U+64FF [テキ、チャク、ジャク/]
◆掻(か)き集める、髪などを掻き上げて纏(まと)める、またその髪を留(と)める簪(かんざし)
◆一部分(或いは必要な部分)を選び取る、同「摘」
◆よくない部分や不要な部分を削(そ)ぎ取る、削(けず)り取る、同「𢱦」
◆(目標に向けて)投げ付ける、投げ入れる、同「擲」
手4+15=総画数19 U+6500 [ハン、ヘン/よ・じる] 𠮖
◆引く、手前に引っ張る、引き寄せる、同「扳」「𢸅」「𡴂」「𠬜」
◆腹這い(はらばい)になって前に伸ばした手を手前に引き寄せる(手が支点となることから、結果体が前に進む)
◆縋(すが)る、体を摺(す)り寄せる
◆「攀附(ハンプ)」◇縋り付く、ものに体をしっかりと摺り寄せて掴(つか)まる◇立身出世のために地位や権力のある人に体を摺り寄せる(摺り寄せてねだる)こと、「【宋史:卷二百六十八:列傳第二十七:張遜】…遜小心謹慎徒以攀附至貴顯…」
漢字林(非部首部別)
手3+15=総画数18 U+6501 [ヨウ/]
◆動き始める
手3+15=総画数18 U+6502 [ライ/] 𢺢
◆どんどんと鼓を打つ
◆石臼をごろごろと挽(ひ)く、同「擂」
手3+15=総画数18 U+6503 [サツ、サチ/]
◆撒(ま)く、撒き散らす
◆摩(す)る、擦(こす)る、同「礤」
手3+15=総画数18 U+6504 [チョ/]
◆(心の中にある)考えや思いを言葉や態度で表す、考えや思いを述べる、同「抒」「捈」
手3+15=総画数18 U+6505 [サン、ザン/] 攢攒
◆同じものを寄せ集め並べる、並べて組み上げる(一つの形に作り上げる)、同「欑」
手3+15=総画数18 U+6506 [レン/]
◆追い出す
◆追い掛ける
𢷶手3+15=総画数18 U+22DF6 [リュウ、ル/] 𢷚
◆斬る、刺す
◆しっかりと掴(つか)む、ぎゅっと絞(し)める、同「摎」
𢷷手3+15=総画数18 U+22DF7 [チャク、シャク、ジャク/] 擆撯
◆撃(う)つ、強く打つ、また叩(たた)く
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:擆】正張略反置也」
𢷼手3+15=総画数18 U+22DFC [サ/]
◆縒(よ)る、両掌(てのひら)で物を挟み揉(も)む、また左右の掌を逆方向に動かし擦(こす)る、同「縒」
𢷾手3+15=総画数18 U+22DFE [シュク、スク、シャク、ソク/] 摵𡠽
◆「𢷾𢷾(シュクシュク)」◇はらはらと葉が散り落ちるさま、またその音◇もの侘(わび)しいさま
◆手首を振るようにして斜めに叩きそのまま擦(こす)るように振り抜く、(琵琶などの弦を)さっと擦(こす)るようにして弾(はじ)く、同「批」
𢷿手3+15=総画数18 U+22DFF [セツ、セチ/]
◆断(た)ち切る、切り離す、同「截」「𢪍」
𢸂手3+15=総画数18 U+22E02 [ヒョウ、ビョウ/] 摽𢹰
◆さっと横に払(はら)うように打つ、打った後さっと斜め上に払う
◆高く掲(かか)げる、同「𢶏」、「【後漢書:列傳:皇甫嵩朱雋列傳】皆著黃巾為摽幟」
◆高いところに付いている、高いところにある、「【爾雅:釋詁】墜摽蘦落也」
◆鞘(さや、剣の刀身を納める筒)の先端 {武器(剣)}
𢸃手3+15=総画数18 U+22E03 [カン、ゲン/]
◆甲冑や衣服に首や腕を通す、身に着ける
𢸄手3+15=総画数18 U+22E04 [セン/そろ・う、そろ・える] 揃㨵𢵏𢶕𢶨
◆鋏(はさみ)や鎌(かま)などで端を切り落とす、(無駄なものや不揃いのものを)切って先端を或いは全体を整える、同「剪」
◆絶(た)つ、根刮(ねこそ)ぎにする、滅ぼす、同「翦」
◆[日]高さや長さを同じにする、欠けや乱れがないよう整える
𢸅手3+15=総画数18 U+22E05 [ハン、ヘン/]
◆引く、手前に引っ張る、引き寄せる、同「攀」「扳」
𢸇手4+15=総画数19 U+22E07 [ハイ、ヘ/] 擺摆
◆ぱっと開く
◆きちんと並べる、揃えて並べる
◆左右に揺れ動く、揺り動かす
𢸈手3+15=総画数18 U+22E08 [テキ、タク、チャク/つ・む、つま・む] 摘𢸑
◆指や箸などの先で掴(つか)む
◆指や箸などの先で掴み取る、また掴んで千切(ちぎ)り取る
◆一部分(或いは必要な部分)を選び取る
𢸑手3+15=総画数18 U+22E11 [テキ、タク、チャク/つ・む、つま・む] 摘𢸈
◆指や箸などの先で掴(つか)む
◆指や箸などの先で掴み取る、また掴んで千切(ちぎ)り取る
◆一部分(或いは必要な部分)を選び取る
𢸘手3+15=総画数18 U+22E18 [リョウ/]
◆未詳
𢸦手3+15=総画数18 U+22E26 [イ、ユイ/]
◆棄てる、同「㨊」
手3+16=総画数19 U+3A6C [キ/] 𢹍𢶐𢸤
◆撃つ
手3+16=総画数19 U+3A6D [コウ、キョウ/]
◆掻(か)き乱(みだ)す、入り乱れる、同「攪」
手3+16=総画数19 U+3A6F [ハン、バン/]
◆一か所に集まる
◆取り除く、「搫」
手3+16=総画数19 U+3A70 [ソウ、ショウ/]
◆撃(う)つ、同「摷」、「【集韻:卷六:上聲下:小第三十:摷㩰】說文拘撃也」
手3+16=総画数19 U+6507 [ケン、コン/]
◆未詳、「【康熙字典:卯集中:手部:攇】《博雅》擬也一曰手約物也」「【通雅:卷四】震攇猶搴挐也」
手3+16=総画数19 U+6508 [クン/]
◆取る、採取する、収集する、同「捃」
手3+16=総画数19 U+6509 [カク/]
◆商売や利益を独占する
◆手を(上下に)振る
◆(土などを)掬い取って別の場所に移す
手3+16=総画数19 U+650A [リャク、ラク/くすぐ・る] 擽㧰
◆打つ、ぴしゃりと叩(たた)く
◆[日]くすぐ・る、軽く触れて撫(な)でる、こそばゆい感じにさせる
手3+16=総画数19 U+650B [ライ、ラツ、ラチ/]
◆壊(こわ)れる、破(やぶ)れる、「【廣雅:卷五:釋言】輸攋賴墮也」
◆裂(さ)く、裂き開く、同「揦」
手3+16=総画数19 U+650C [カン、ゲン/]
◆木の柵、また檻
◆捕えて檻に繋ぐ
手3+16=総画数19 U+650D [エイ、ヨウ/]
◆担(かつ)ぐ、荷を肩に載せて担ぐ
手3+16=総画数19 U+650E [ロ、ル/] 𢫘
◆手に取りしっかりと握(にぎ)る、手の中に収(おさ)める、握り持つ、「【中華古今注:卷中:程雅問拾攎鬼木】程雅問拾攎鬼木曰無患何也…」
◆未詳、「【方言:第十二】攎(音櫨)遫(音勑)張也」
手3+16=総画数19 U+650F [ロウ、ル/]
◆集まる、集まって一つになる
◆寄せる、引き寄せる
◆(琵琶ビワなどの弦楽器の奏法で、弦を)押さえる、「【白氏長慶集:卷十二:琵琶行】輕攏(盧容切)慢撚(乃{⿰■㐱}切)抹復挑…」
◆梳(と)かす、髪を梳(す)き束ねる、「【紅樓夢:第九十八囬】…亂着攏頭穿衣…」
手3+16=総画数19 U+6510 [ケン/]
◆衣服の裾(すそ)を掴(つま)んで持ち上げる、たくし上げる、同「褰」
手3+16=総画数19 U+6512 [サン、ザン/] 攢攅
◆同じものを寄せ集め並べる、並べて組み上げる(一つの形に作り上げる)、同「欑」
𢷽手3+16=総画数19 U+22DFD [カイ、キ、ケ/] 摡𢪑
◆洗う、汚れを洗い流す
◆汚れを拭(ふ)き取る、汚れを落とす
𢸁手4+16=総画数20 U+22E01 [キョウ、ク/]
◆姓用字
𢸒手3+16=総画数19 U+22E12 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𢸒】同"覽"」
𢸤手3+16=総画数19 U+22E24 [キ/] 𢹍㩬𢶐
◆撃つ
𢸥手3+16=総画数19 U+22E25 [未詳/]
◆未詳、「【玉篇:卷六:手部第六十六:𢸥】初患切摜𢸥也」「【集韻:卷七:去聲上:諫第三十:篡𢸥】初患切屰而奪取曰篡或从手」
𢸧手4+16=総画数20 U+22E27 [シン、ジン/] 𧅩𢸱
◆摘(つま)む、摘み取る
漢字林(非部首部別)
𢸨手3+16=総画数19 U+22E28 [タク/ひら・く] 拓𢷌𢫳
◆切り開く、押し広げる、広げる
◆凹凸があるものに紙を当て上からたんぽ(綿などを丸め棒の先に取り付け墨を含ませたもの)で叩きながら文字や絵柄を写し取る、石摺(いしずり)、同「搨」
𢸩手3+16=総画数19 U+22E29 [シン/]
◆琴瑟(キンシツ、琴キンと瑟シツ、いずれも琴に似た弦楽器)の音、この二つの楽器は互いに相手の音を高め合いよく調和することから、「琴瑟」は「夫婦が互いに支え合う、睦まじい」の意にも用いられる {楽器(弦楽器)}
◆集める、「【明名臣琬琰錄:卷十:翰林待制王公墓表】…人民迯散百不存一庶事皆草創公披搸莾剔瓦礫以建府…」
𢸪手3+16=総画数19 U+22E2A [ソウ/か・く] 搔掻𢮞𢫼𤔢
◆爪を立て引っ掛けるようにして引く、また爪立ててものを寄せ集める
◆騒ぐ、同「騒」
◆[日]手を忙(せわ)しく動かすさま
𢸬手3+16=総画数19 U+22E2C [カイ、エ/]
◆壊れる、毀(こぼ)れる、同「壊」
𢸭手4+16=総画数20 U+22E2D [ロウ、ル/]
◆撃(う)つ、打つ、叩(たた)く
𢸮手3+16=総画数19 U+22E2E [フ、ブ/な・でる] 撫𢺌抚𢻲𢻬
◆手を滑らすようにして軽く摩(さす)る
◆摩るようにして愛(いと)おしむ、「愛撫(アイブ)」
◆摩るようにして優しく労(いた)わる、「慰撫(イブ)」
◆物の上に手を置く、手で軽く押える
◆軽くぽんぽんと叩(たた)く、同「拊」
◆手本をなぞって書く・描く、手本とするものに倣(なら)って書く・描く、同「摸」
𢸯手3+16=総画数19 U+22E2F [セン/] 𢳍扦
◆刺し入れる
𢸰手3+16=総画数19 U+22E30 [シン/]
◆(帯などに)挟み込む、差し込む
◆揺(ゆ)らす、振る
𢸱手3+16=総画数19 U+22E31 [シン、ジン/] 𢸧𧅩
◆摘(つま)む、摘み取る
𢸲手3+16=総画数19 U+22E32 [レイ、リョウ、レン/] 欞櫺㯪棂
◆窓や手摺(てすり)などに嵌(は)め込む細い木を組んだ格子、「欞子(レンジ)」
◆軒(のき)、屋根の建物の外壁から先に張り出した部分、同「檐」「梠」 {建物}
𢸴手3+16=総画数19 U+22E34 [エン/]
◆途切れずに続く、切れずに繋がる
𢹂手3+16=総画数19 U+22E42 [ケイ、エ/たずさ・える、たずさ・わる] 携㩗攜㩦擕
◆手にぶら下げて持つ、(紐などで繋いだものをぶら下げるようにして)身に帯びる
◆手を繋ぐ、手を取る、手を取り合う
◆手を取って一緒に行く、引き連れる
𢹄手3+16=総画数19 U+22E44 [ハイ、ヘ/] 𢷎𢳎𢱭
◆敬意・弔意や恭順などの意を、跪(ひざまず)く・腰を曲げる・頭を下げるなど、身体を使って示す、同「拜」、「【周禮注疏:春官宗伯】辨九𢷎一曰稽首二曰頓首三曰空首四曰振動五曰吉𢷎六曰凶𢷎七曰奇𢷎八曰褒𢷎九曰肅𢷎以享右祭祀」
𢹅手3+16=総画数19 U+22E45 [未詳/]
◆未詳
𢹈手3+16=総画数19 U+22E48 [ロン/]
◆[喃]揺(ゆ)れる、揺るがす、揺り動かす、同「撼」
𢹌手3+16=総画数19 U+22E4C [未詳/]
◆未詳
𢹗手3+16=総画数19 U+22E57 [タツ、タチ/] 撻挞𢺂𨘈𢾴𢽞𪯎
◆鞭(むち)や棒で打つ、打ち据える、鞭打つ、同「韃」
◆鞭打って励ます
手3+17=総画数20 U+3A72 [ケン、ゲン、ゴン/]
◆拳(こぶし)、全ての指を内側に折り込んで丸く握った手、同「拳」
◆拳を揮(ふ)るう
手3+17=総画数20 U+6511 [ケン/]
◆上げる、高く上げる、持ち上げる、同「舉」
手3+17=総画数20 U+6513 [ケン/]
◆引き抜く、抜き取る、同「搴」「㩃」
◆持ち上げる、たくし上げる、同「褰」
手3+17=総画数20 U+6514 [ラン/]
◆柵や欄干などの防護用の遮蔽物
手3+17=総画数20 U+6515 [サン、ソン、セン/]
◆(女性の手の指が)ほっそりとしているさま、同「摻」
◆木や竹を細長く薄く(細長い板状に)削る、同「櫼」
手3+17=総画数20 U+6516 [エイ、ヨウ/]
◆気配が感じられる程間近まで迫る、心や物や法などに触れる
◆絡む、絡み付く、絡み合う
手3+17=総画数20 U+6517 [ビ、ミ/]
◆ヒシ(菱)、ヒシ科ヒシ属の水草、また同科同属の草の称 {ヒシ}
手3+17=総画数20 U+6518 [ジョウ、ニョウ/] 𢺖𢭗
◆譲(ゆず)る、位・場所・立場などから自ら退(しりぞ)き空いたところを人に進める、同「讓」
◆(入り込もうとするところにあるものを)退ける、(入り込もうとするものを)払い除(の)ける、振り払う
◆(入り込んで)奪う、奪い取る、同「𣀮」
◆掻(か)き乱す、入り乱れる
手3+17=総画数20 U+6519 [サン、ゼン、セン/]
◆刺し入れる、中に差し入れる、間に割り込ませる、同「儳」
◆手を差し伸べて助けする
手3+17=総画数20 U+651A [オウ/]
◆牛の鳴き声
𢸳手3+17=総画数20 U+22E33 [シュク/]
◆叩(たた)く、打つ
𢹍手3+17=総画数20 U+22E4D [キ/] 㩬𢶐𢸤
◆撃つ
𢹎手3+17=総画数20 U+22E4E [ジョウ、ニョウ/] 擾𢺕扰
◆乱れる、入り乱れる、掻(か)き回して秩序ある状態を乱す
◆騒ぐ、騒がせる、騒いで混乱させる
◆様々なことが入り乱れて心穏やかでない、ざわざわとしている
◆馴(な)らす、手懐(てなず)ける、同「㹛」
𢹐手3+17=総画数20 U+22E50 [ハク、ヒャク/]
◆(左右に引っ張って)裂(さ)く、引き裂く、張り裂ける、同「擘」
𢹑手3+17=総画数20 U+22E51 [テイ、チョウ/] 𧯫
◆ぴんと張る
𢹓手3+17=総画数20 U+22E53 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢹓】俗丑皆楚佳二反正作搋字」「【字彙:卯集:手部:𢹓】丑皆切音差拳加物也」「【正字通:卯集中:手部:𢹓】俗杈字舊註音義同杈分二字非」
𢹔手3+17=総画数20 U+22E54 [フン/]
◆掃(はら)う、払い除(の)ける、同「𡊄」「糞」
𢹕手3+17=総画数20 U+22E55 [ケン/] 挸𢺃
◆拭う
𢹝手3+17=総画数20 U+22E5D [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢹝𢸲】二俗音靈窓𢹝」
𢹵手3+17=総画数20 U+22E75 [サツ、サチ/]
◆隙間がない程までに近づく、また近くに寄せる、同「拶」、「【龍龕手鑑:卷二:手部第一:𢹵】俗拶正姊末反逼也又排也」
手3+18=総画数21 U+3A6E [ケン/]
◆上げる、高く上げる、持ち上げる、同「舉」
手3+18=総画数21 U+3A71 [シャク、サク/]
◆未詳、「【廣韻:入聲:第互:藥第十八:爵:㩱】捎也」「【康熙字典:卯集中:手部:㩱】《博雅》擇也一曰掆也」
手3+18=総画数21 U+3A73 [ショウ、シュ/]
◆(体を強張らせて)まっすぐに立つ
◆押す
手3+18=総画数21 U+3A74 [キョク、コク/]
◆掴(つか)み取る、手の中に入れて持つ、手中(シュチュウ)にする、同「攫」、「【說文解字注:手部:㩴】爪持也(覆手曰爪謂覆手持之也…)」
◆枝葉が枝分かれしながら広がるさま、「【集韻:卷二:平聲:虞第十:㩴】㩴疎枝葉敷布皃」
手3+18=総画数21 U+651B [サン、ザン/]
◆放り投げる、同「𢺱」
◆伸びる、伸び出る、「【農政全書:卷之五十:草部:兔兒傘】…後於葉間攛生莖叉…」
◆「攛掇(サンダ、サンドゥア)」、嗾(けしか)ける、煽(あお)り立ててある事をさせる、唆(そそのか)す
手3+18=総画数21 U+651C [ケイ、エ/たずさ・える、たずさ・わる] 携㩗㩦𢹂擕
◆手にぶら下げて持つ、(紐などで繋いだものをぶら下げるようにして)身に帯びる
◆手を繋ぐ、手を取る、手を取り合う
◆手を取って一緒に行く、引き連れる
手3+18=総画数21 U+651D [ショウ、セツ/と・る] 摄摂
◆きちんと揃えて持つ、しっかりと手に持つ
◆(身なりを、乱れないように)きちんと整(ととの)える、「【說文解字注:手部:攝】引持也(謂引進而持之也凡云攝者皆整飭之意論語攝𪗋史記矦生攝弊衣冠…)」
◆中に取り入れる、中に収(おさ)める
◆一つに纏(まと)める
◆他に取って代(か)わる、他に成り代わって取り纏める
漢字林(非部首部別)
𢹬手3+18=総画数21 U+22E6C [ヨウ、ユ/いだ・く] 擁𢺠㨣拥𢶜𢹭
◆抱(かか)える、抱(だ)き抱(かか)える、両手で抱(いだ)く、「擁立(ヨウリツ、抱き抱えて立たせる)」
◆抱え込む、包み込む
◆囲い込む、囲い込んで自分のものにする
◆周(まわ)りを囲む、「擁護(ヨウゴ、周りを囲って護まもる)」「擁蔽(ヨウヘイ、周りを囲って覆おおう)」
𢹭手4+18=総画数22 U+22E6D [ヨウ、ユ/いだ・く] 擁𢹬𢺠㨣拥𢶜
◆抱(かか)える、抱(だ)き抱(かか)える、両手で抱(いだ)く、「擁立(ヨウリツ、抱き抱えて立たせる)」
◆抱え込む、包み込む
◆囲い込む、囲い込んで自分のものにする
◆周(まわ)りを囲む、「擁護(ヨウゴ、周りを囲って護まもる)」「擁蔽(ヨウヘイ、周りを囲って覆おおう)」
𢹮手3+18=総画数21 U+22E6E [ライ/]
◆どんどんと鼓を打つ、同「攂」
◆「魁𢹮(カイライ)」、家人が亡くなった家で故人を弔うために鳴らす鼓の音
𢹯手3+18=総画数21 U+22E6F [ハク、ボク/] 㩧𣀛𣀠𢻭
◆撃つ、叩(たた)く
𢹰手3+18=総画数21 U+22E70 [ヒョウ、ビョウ/] 摽𢸂
◆さっと横に払(はら)うように打つ、打った後さっと斜め上に払う
◆高く掲(かか)げる、同「𢶏」、「【後漢書:列傳:皇甫嵩朱雋列傳】皆著黃巾為摽幟」
◆高いところに付いている、高いところにある、「【爾雅:釋詁】墜摽蘦落也」
◆鞘(さや、剣の刀身を納める筒)の先端 {武器(剣)}
𢹼手3+18=総画数21 U+22E7C [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𢹼】砸」
𢺃手3+18=総画数21 U+22E83 [ケン/] 挸𢹕
◆拭う
手3+19=総画数22 U+651E [ラ/]
◆裂(さ)く、引き裂く
◆手で掴(つか)み持ち上げる、捲(めく)り上げる、たくし上げる
手3+19=総画数22 U+651F [クン/]
◆取る、採取する、収集する、同「捃」
手3+19=総画数22 U+6520 [ビ、ミ/]
◆鐘の撞木(シュモク)が当たる場所
◆摩(す)る、擦る
手3+19=総画数22 U+6521 [チ/]
◆思うところを述べる、陳述する、考えを広く伝える
手3+19=総画数22 U+6522 [サン、ザン/] 攅攒
◆同じものを寄せ集め並べる、並べて組み上げる(一つの形に作り上げる)、同「欑」
手4+19=総画数23 U+6523 [レン/つ・る]
◆断ち切れずに繋(つな)がる、繋がりが断ち切れない
◆繋いで引っ張る、引っ張られる
◆つ・る、筋(すじ)が縮んで一緒に肉も縮むような感じになる、互いに繋がっていて片方を引くと一方も一緒に引っ張られる、「痙攣(ケイレン)」
漢字林(非部首部別)
手3+19=総画数22 U+6524 [タン/] 摊擹𢺋
◆広げる、広げて並べる
◆平らに広げる、また伸ばす
◆品物を広げ並べて売る露店(ロテン)
◆振り分ける、割り当てる
◆「攤錢(タンセン)」「攤蒱(タンホ)」、賭博(トバク)の一種
手3+19=総画数22 U+6526 [レイ、ライ/]
◆折る、捩(ね)じ折る
◆断ち切る、切り裂く、同「撕」
◆打つ、ぴしゃりと叩(たた)く、同「擽」
手3+19=総画数22 U+6527 [テン/]
◆躓く、転ぶ、倒れる
𢺂手3+19=総画数22 U+22E82 [タツ、タチ/] 撻𢹗挞𨘈𢾴𢽞𪯎
◆鞭(むち)や棒で打つ、打ち据える、鞭打つ、同「韃」
◆鞭打って励ます
𢺅手3+19=総画数22 U+22E85 [未詳/]
◆未詳、「【玉篇:手部第六十六】𢺅七葉切飯喿也」「【康熙字典:手部:十九:𢺅】○按廣韻集韻从木作𢺅正字通木部重出」
𢺆手3+19=総画数22 U+22E86 [ラ/] 𢺑
◆未詳、「【廣韻:去聲:過第三十九:䇔:𢺑】撃物之名」
𢺊手3+19=総画数22 U+22E8A [ジョウ、ニョウ/] 㩶𢺣𢰀𢲺
◆手また指で押さえる
𢺋手4+19=総画数23 U+22E8B [タン/] 攤摊擹
◆広げる、広げて並べる
◆平らに広げる、また伸ばす
◆品物を広げ並べて売る露店(ロテン)
◆振り分ける、割り当てる
◆「𢺋錢(タンセン)」「𢺋蒱(タンホ)」、賭博(トバク)の一種
𢺌手3+19=総画数22 U+22E8C [フ、ブ/な・でる] 撫𢸮抚𢻲𢻬
◆手を滑らすようにして軽く摩(さす)る
◆摩るようにして愛(いと)おしむ、「愛撫(アイブ)」
◆摩るようにして優しく労(いた)わる、「慰撫(イブ)」
◆物の上に手を置く、手で軽く押える
◆軽くぽんぽんと叩(たた)く、同「拊」
◆手本をなぞって書く・描く、手本とするものに倣(なら)って書く・描く、同「摸」
𢺑手3+19=総画数22 U+22E91 [ラ/] 𢺆
◆未詳、「【廣韻:去聲:過第三十九:䇔:𢺑】撃物之名」
𢺕手3+19=総画数22 U+22E95 [ジョウ、ニョウ/] 擾𢹎扰
◆乱れる、入り乱れる、掻(か)き回して秩序ある状態を乱す
◆騒ぐ、騒がせる、騒いで混乱させる
◆様々なことが入り乱れて心穏やかでない、ざわざわとしている
◆馴(な)らす、手懐(てなず)ける、同「㹛」
𢺖手3+19=総画数22 U+22E96 [ジョウ、ニョウ/] 攘𢭗
◆譲(ゆず)る、位・場所・立場などから自ら退(しりぞ)き空いたところを人に進める、同「讓」
◆(入り込もうとするところにあるものを)退ける、(入り込もうとするものを)払い除(の)ける、振り払う
◆(入り込んで)奪う、奪い取る、同「𣀮」
◆掻(か)き乱す、入り乱れる
手3+20=総画数23 U+3A76 [ジョウ、ニョウ/] 𢺣𢺊𢰀𢲺
◆手また指で押さえる
手3+20=総画数23 U+3A77 [ケン/]
◆持ち上げる
手3+20=総画数23 U+6525 [サン/]
◆ものを掌(てのひら)の中に入れてぐっと握る、同「揝」
手3+20=総画数23 U+6528 [ワ、エ/]
◆手で掴まえる、手で引っ掻くようにして取る、また捕らえる
手3+20=総画数23 U+6529 [トウ/]
◆押し止(とど)める、遮(さえぎ)る、阻(はば)む、同「擋」
◆同じ目的を持った人の集まり、志を同じくする仲間、同「黨」
手3+20=総画数23 U+652A [コウ、キョウ、カク/] 撹搅
◆掻(か)き乱(みだ)す、掻き回す、「攪拌(カクハン)」
◆乱れる、入り乱れる、「攪乱(カクラン)」
手3+20=総画数23 U+652B [キャク、カク/つか・む、さら・う]
◆つか・む、掴(つか)み取る、手の中に入れて持つ、手中(シュチュウ)にする、同「㩴」
◆囲いに追い込んで捕(と)らえる、同「爴」
◆さら・う、捕(つか)まえて持ち去る(連れ去る)
手3+21=総画数24 U+652D [レイ、ライ、ラ/]
◆分かれる、散り散りになる
◆鳥の羽に毛がないさま
𢺞手3+21=総画数24 U+22E9E [ハ、ヘ/]
◆手の中に入れてしっかりと握る、握り持つ、同「把」
𢺠手3+21=総画数24 U+22EA0 [ヨウ、ユ/いだ・く] 擁𢹬㨣拥𢶜𢹭
◆抱(かか)える、抱(だ)き抱(かか)える、両手で抱(いだ)く、「擁立(ヨウリツ、抱き抱えて立たせる)」
◆抱え込む、包み込む
◆囲い込む、囲い込んで自分のものにする
◆周(まわ)りを囲む、「擁護(ヨウゴ、周りを囲って護まもる)」「擁蔽(ヨウヘイ、周りを囲って覆おおう)」
𢺡手3+21=総画数24 U+22EA1 [チョク/]
◆執(と)る、しっかりと手に持つ
𢺢手3+21=総画数24 U+22EA2 [ライ/]
◆どんどんと鼓を打つ
◆石臼をごろごろと挽(ひ)く、同「擂」
𢺣手3+21=総画数24 U+22EA3 [ジョウ、ニョウ/] 㩶𢺊𢰀𢲺
◆手また指で押さえる
𢺦手3+21=総画数24 U+22EA6 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:扌部:𢺦】同"㩃"」
手3+22=総画数25 U+652C [ラン/]
◆手元に寄せ集める、掻(か)き集める、同「擥」
◆寄せ集めたものを纏めて持つ、同「㩜」
手3+22=総画数25 U+652E [ノウ/]
◆短刀、刀などで突き刺す
◆押す
𢺬手3+22=総画数25 U+22EAC [タン、ダン/] 撢𢶁
◆探(さぐ)る、探(さが)し求める、同「探」
𢺰手3+24=総画数27 U+22EB0 [レイ、リョウ/] 拎㩕
◆手や腕や指にぶら下げるようにして持つ
𢺱手3+24=総画数27 U+22EB1 [サン、ザン/]
◆放り投げる、同「攛」
𢺴手3+29=総画数32 U+22EB4 [ウツ、ウチ/]
◆捩(ねじ)る、同「捥」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 手部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です