総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「山部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 山部」 [部首索引


山3+0=総画数3 U+5C71 [サン、セン/やま] 𡶸
◆地面が"△"状に高く盛り上がったところ、またその形や様子
◆土を丸く盛り上げた墓
◆十二章紋の一つ {服飾(十二章紋)}
◆やま、やまへん、やまかんむり、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+1=総画数4 U+4E62 [ガイ/たわ]
◆山裾(やますそ)が奥まったり突き出たりしているさま、山や崖の奥深くまで入り込んだところ、山の隈(くま)、同「𡴭」「圠」「𡴯」「【正字通:寅集:山部:𡴮】古泰切音蓋亦作乢」
◆[日]たわ、地名用字、姓用字
筆順
山3+1=総画数4 U+5C72 [ワ/]
◆地名用字、「堡子屲ホウシワ(甘粛省定西市通渭県)」「龔家屲キョウカワ(甘粛省蘭州市楡中県)」「耙子屲ハシワ(寧夏回族自治区中衛市海原県)」 {甘粛省} {寧夏回族自治区}
𡴭山3+1=総画数4 U+21D2D [アツ/]
◆山裾(やますそ)が奥まったり突き出たりしているさま、山や崖の奥深くまで入り込んだところ、山の隈(くま)、同「圠」「乢」「𡴯」
𡴮山3+1=総画数4 U+21D2E [カイ/]
◆山裾(やますそ)が奥まったり突き出たりしているさま、山や崖の奥深くまで入り込んだところ、山の隈(くま)、同「乢」「𡴭」「圠」「𡴯」
𡴯山3+1=総画数4 U+21D2F [ゲツ、ゲチ/]
◆山裾(やますそ)が奥まったり突き出たりしているさま、山や崖の奥深くまで入り込んだところ、山の隈(くま)、同「𡴭」「乢」「圠」「【正字通:寅集:山部:𡴯】五曷切音嶭山曲」
山3+2=総画数5 U+37A4 [未詳/]
◆未詳「【字彙:寅集:山部:㞤】魚音切音吟助也」「【康熙字典:寅集中:山部:㞤】《字彙》魚音切音吟助也朱謀㙔曰㞤古岑字从今省孤高之山人象其形从山指其事《正字通》據此說字彙音義𠀤非㞤與說文㞥溷朱說亦非」
注解:「㞥」
山3+2=総画数5 U+37A5 [シン、ジン/]
◆山の奥深くに入る、山奥
注解:「㞤」
山3+2=総画数5 U+37A6 [キ/]
◆「女㞦(ジョキ)」、山名、未詳「【說文解字注:山部:㞦】㞦山也(…玉篇廣韵皆曰女㞦山名按中山經曰中次九經岷山之首曰女几之山凡岷山之首自女几之山至于賈超之山凡十六山許立文𡼐㞦系聯與山經合豈古本作女㞦山與)」「【山海經廣注:中山經】又東北百二十里曰女几之山(…元和郡縣志女几山在福昌縣西南非此)」
◆人名用字「【水東日記:卷五】…趙抃之子予偶記抃之子𡵻㞦…」
山3+2=総画数5 U+37A7 [カイ、エ/]
◆同「會」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:㞧𪩚】二或作音會」「【字彙:寅集:山部:㞧】古文會字」
注解:組織名(~会)などに用いられているが、それ以外は確認できなかった
漢字林(非部首部別)
二部
人部
冖部
凵部
山3+2=総画数5 U+5C73 [セン/] 仙仚
◆世俗を離れ山の奥深くに入りそこに住む人、不老不死で天空を駆けることができるとされる
◆世俗を超越した(能力を持つ)人
◆死んだ人
山3+2=総画数5 U+5C74 [リョク、リキ/]
◆高く聳(そび)えるさま
◆「崱屴ソクリョク」、山が高く聳(そび)えるさま、高く聳(そび)える山が連なっているさま
漢字林(非部首部別)
山3+2=総画数5 U+5C75 [ガン、ゲツ、ゲチ/]
◆高く切り立った岸(きし)、崖(がけ)
◆仰(あお)ぐ、見上げる、顔を上に向けて見る、同「𡹼」「【集韻:卷五:上聲上:阮第二十:屵𡹼】仰也」
漢字林(非部首部別)
山3+2=総画数5 U+5C76 [カイ、エ/なた]
◆「崱屶ソクカイ」、山が高く突き出て高く低く波打ちながら連なっているさま「【衡廬精舍藏稿:卷九:趙浚谷先生文序】彼其石之𡽱嵲崱屶與波㫪撞天下希竒也」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:屶】音會」
◆[日]なた(山刀)、苗字や地名に用いられる
筆順
山3+2=総画数5 U+5C77 [未詳/]
◆未詳
𡴰山3+2=総画数5 U+21D30 [未詳/]
◆未詳「【說文解字注:阜部:𡴰】古文扈从山𢎘(此未詳其右所從也鍇曰從辰巳之巳竊謂當從戸而轉寫失之)」
𡴱山3+2=総画数5 U+21D31 [セツ、セチ/] 岊𡵒𡴺𡴼𡷦𡴹
◆山が高いさま
◆高い山の奥まったところ、奥深い隈(くま、山の縁の一部が川などに抉られて奥深くまで入り込んだところ)
𡴲山3+2=総画数5 U+21D32 [ギ、キ/あぶ・ない、あや・うい、あや・うく、あや・ぶむ] 危𠝰𡵁𡴻𡴸
◆高くそそり立つさま
◆高くそそり立った山や崖の上から今にもものが落ちて来そうなさま、高くそそり立った山や崖から落ちそうになるさま、身に害が及ぶのではないかと不安を感じるさま
◆今にも、もう少しのところで
◆二十八宿北方玄武ゲンブの第五宿 {二十八宿}
𡴳山3+2=総画数5 U+21D33 [ガク/たけ] 嶽𡽺岳𡷒𡵽𡵹𡶓𡶳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五𡴳ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
𡴶山3+2=総画数5 U+21D36 [未詳/]
◆未詳
𡴸山3+2=総画数5 U+21D38 [ギ、キ/あぶ・ない、あや・うい、あや・うく、あや・ぶむ] 危𠝰𡵁𡴲𡴻
◆高くそそり立つさま
◆高くそそり立った山や崖の上から今にもものが落ちて来そうなさま、高くそそり立った山や崖から落ちそうになるさま、身に害が及ぶのではないかと不安を感じるさま
◆今にも、もう少しのところで
◆二十八宿北方玄武ゲンブの第五宿 {二十八宿}
𡴹山3+2=総画数5 U+21D39 [セツ、セチ/] 岊𡵒𡴺𡴼𡷦𡴱
◆山が高いさま
◆高い山の奥まったところ、奥深い隈(くま、山の縁の一部が川などに抉られて奥深くまで入り込んだところ)
𡴺山3+2=総画数5 U+21D3A [セツ、セチ/] 岊𡵒𡴼𡷦𡴱𡴹
◆山が高いさま
◆高い山の奥まったところ、奥深い隈(くま、山の縁の一部が川などに抉られて奥深くまで入り込んだところ)
𡴻山3+2=総画数5 U+21D3B [ギ、キ/あぶ・ない、あや・うい、あや・うく、あや・ぶむ] 危𠝰𡵁𡴲𡴸
◆高くそそり立つさま
◆高くそそり立った山や崖の上から今にもものが落ちて来そうなさま、高くそそり立った山や崖から落ちそうになるさま、身に害が及ぶのではないかと不安を感じるさま
◆今にも、もう少しのところで
◆二十八宿北方玄武ゲンブの第五宿 {二十八宿}
𡴼山3+2=総画数5 U+21D3C [セツ、セチ/] 岊𡵒𡴺𡷦𡴱𡴹
◆山が高いさま
◆高い山の奥まったところ、奥深い隈(くま、山の縁の一部が川などに抉られて奥深くまで入り込んだところ)
𣎵木部
𤯓生部
山3+3=総画数6 U+37A9 [ラン/あらし] 嵐岚
◆山間部に立ち籠(こ)める幾らか湿気を含んだ空気、また風、山間部に発生する靄(もや)や霧(きり)
◆[日]あらし、激しく吹く風
山3+3=総画数6 U+37AA [ドウ、ノウ/]
◆山が平らなさま、なだらかなさま
漢字林(非部首部別)
山3+3=総画数6 U+37AB [ソウ、ス/はし・る] 走赱𣥕𧺆𣥚
◆片足を地に着け止め、残る片足を前に運んで止める、という動作を左右の足で交互に速く繰り返す、早足(はやあし)で行く、同「趨」、ゆっくり繰り返すことを「歩」
◆逃(に)げる、早足(はやあし)で逃げる
山3+3=総画数6 U+37AD [タイ、ダイ/]
◆島名、未詳「【字彙補:寅集拾遺:山部:㞭】度奈切音代島名」
山3+3=総画数6 U+37AE [未詳/]
◆未詳
注解:「出(岀)」の異体字か?
山3+3=総画数6 U+37AF [未詳/]
◆未詳「【中華字海:己部:㞯】同"屺"」「【中華大字典:己部:㞯】𡵆或字見《集韻》」
一部
山3+3=総画数6 U+5C78 [コウ/]
◆山名
山3+3=総画数6 U+5C79 [ギツ、ゴチ、キツ/] 𡵊
◆ひときわ高く聳(そび)え立つさま、「屹崪キツソツ」「屹立キツリツ」
◆山のように高く聳え立つさま、山のように高くどっしりとして動かないさま、「屹然キツゼン」
筆順
山3+3=総画数6 U+5C7A [キ、コ/]
◆禿山(はげやま)、草木の生えていない山、同「𡴾」「峐」、草木が生い茂る山を「岵」「【爾雅注疏:卷七:釋山】多草木岵無草木峐(《疏》峐當作屺…)」
◆「屺岵キコ」、父母「【毛詩正義:國風:魏風:陟岵】陟彼岵兮瞻望父兮(《傳》山無草木曰岵《箋》云孝行行役思其父之戒乃登彼岵山以遙瞻望其父所在之處)…陟彼屺兮瞻望母兮(《傳》山有草木曰屺《箋》云此又思母之戒而登屺山而望之也)…」「【說文解字注:山部:岵】山有艸木也(…釋名曰…山無草木曰屺…毛詩魏風傳曰山無草木曰岵山有草木曰屺與爾雅互異…)」
筆順
山3+3=総画数6 U+5C7B [ジン、ニン/]
◆山が高く切り立っているさま
山3+3=総画数6 U+5C7C [ゴツ、ゴチ、コツ/]
◆禿山(はげやま)、上部が平らで岩のごつごつとした高い山。また、ごつごつとして高いさま。「屼屼ゴツゴツ」
◆「𡼿屼コツゴツ」、ごつごつとした岩が露(あら)わな山、草木の生えていない山「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:屼】五骨切𡼿屼禿山也」
山3+3=総画数6 U+5C7D [カン、ガン/]
◆山名、陝西省漢中市南鄭区、同「𡷛山・旱山カンザン」 {陝西省}
◆同「岸」
山3+3=総画数6 U+5C7E [シン/]
◆二つの山が並び立つさま
漢字林(非部首部別)
屿山3+3=総画数6 U+5C7F [ショ、ジョ/しま] 嶼𡽬
◆小島、小さな島、「島嶼トウショ(島や小島、大小の島々)」、同「㠘」
山3+3=総画数6 U+5C80 [シュツ、スチ、スイ/で・る、だ・す、い・ず]
◆範囲・領域・組織や区切り・境界の内(内側、内部、裏側、こちら側、私的なところ)から外(外側、外部、表側、向こう側、公のところ)に移る、また移す、外から内へ移ることを「入」
◆外に出っ張る
◆一部を除(のぞ)く、外(はず)れる
◆生まれる、産(う)まれる、それまでになかったものが形となって現れる
山3+3=総画数6 U+5C81 [セイ、サイ/とし] 歳歲嵗𡻕𢧡𢧍𢧁亗
◆年(とし)、一年、同じ季節が一巡する期間
◆年齢、年齢を数える語
◆その年の穀物の収穫の具合
◆木星、五星ゴセイ(木星・土星・水星・火星・金星)の一つ
漢字林(非部首部別)
山3+3=総画数6 U+5C82 [キ、ケ、カイ、ガイ/あに]
◆あに、どうして~であろうか、どうして~なのか理屈や道理に合わない、決して~ではない「【論語注疏:卷七:述而】子曰若聖與仁則吾豈敢(子は「どうして私が聖人や仁徳者だといえるのでしょう、決してそんなことはありません」と言われた)
◆(責務から解放されて、背負うものがなくなって)心が安らぐさま
◆喜ぶさま、楽しむさま、和(なご)やかで心地良いさま、「豈楽・愷樂ガイラク」
◆「岂弟ガイテイ」、穏(おだ)やかで和(やわ)らぐさま、同「愷悌」
漢字林(非部首部別)
山3+3=総画数6 U+5C83 [未詳/]
◆地名用字「【大清一統志:卷三百四十四:潮州府:崑崙山】在大埔縣西七十里…俗呼為寳壤具涉處名天門岃」
邑部
𡚴山3+3=総画数6 U+216B4 [/あけん]
◆[日]地名用字、「𡚴原(あけんばら、滋賀県犬上郡河内)」 {和製漢字の辞典:山部:𡚴}
筆順
𡴾山3+3=総画数6 U+21D3E [キ、コ/] 𡵆
◆草木の生えていない山、同「屺」「峐」
𡴿山3+3=総画数6 U+21D3F [カン、ガン/] 峘𡷆𡵎
◆大きな山、同「𡷗」「【爾雅注疏:卷七:釋山】小山岌大山峘(《疏》言小山與大山相竝而小山高過於大山者爲峘非謂小山名岌大山名峘也)」
𡵀山3+3=総画数6 U+21D40 [ボウ、モウ/] 𥐞
◆「𡵀碭ボウトウ」、山名、河南省商丘市永城市、同「芒碭」「𥐞碭」
𡵁山3+3=総画数6 U+21D41 [ギ、キ/あぶ・ない、あや・うい、あや・うく、あや・ぶむ] 危𠝰𡴲𡴻𡴸
◆高くそそり立つさま
◆高くそそり立った山や崖の上から今にもものが落ちて来そうなさま、高くそそり立った山や崖から落ちそうになるさま、身に害が及ぶのではないかと不安を感じるさま
◆今にも、もう少しのところで
◆二十八宿北方玄武ゲンブの第五宿 {二十八宿}
𡵂山3+3=総画数6 U+21D42 [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𡵃山3+3=総画数6 U+21D43 [カン/]
◆「𡵃𡽋カンロク」、人名、同「干禄」、未詳「【伸蒙子:巻上】𡵃𡽋先生問王道」
漢字林(非部首部別)
𡵄山3+3=総画数6 U+21D44 [ホウ、フウ/] 丰𡴀𡴇
◆草木が盛んに茂るさま、実(みの)り豊かなさま、同「豐」
◆様子、容姿、風采フウサイ
𡵅山3+3=総画数6 U+21D45 [/ほき]
◆[日]姓用字、「𡵅本(ほきもと)」
◆[日]地名用字、「小𡵅(こぼき、岡山県美作市中川)」
𡵆山3+3=総画数6 U+21D46 [キ、コ/] 𡴾
◆草木の生えていない山、同「屺」「峐」
𡵈山3+3=総画数6 U+21D48 [未詳/]
◆未詳
𡵉山3+3=総画数6 U+21D49 [ゴツ、ゴチ/]
◆山が高いさま「【岱史:第十八:登覽志:于慎行】仰見峰勢嵬嶷嶤𡵉如𡸁天之雲」
漢字林(非部首部別)
𡵊山3+3=総画数6 U+21D4A [ギツ、ゴチ、キツ/]
◆ひときわ高く聳(そび)え立つさま、「屹崪キツソツ」「屹立キツリツ」
◆山のように高く聳え立つさま、山のように高くどっしりとして動かないさま、「屹然キツゼン」
𡵋山3+3=総画数6 U+21D4B [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡵋】魚乞切音逆篇海山貌」
𡵎山3+3=総画数6 U+21D4E [カン、ガン/] 峘𡷆𡴿
◆大きな山、同「𡷗」「【爾雅注疏:卷七:釋山】小山岌大山峘(《疏》言小山與大山相竝而小山高過於大山者爲峘非謂小山名岌大山名峘也)」
𡵏山3+3=総画数6 U+21D4F [未詳/] 𡴁
◆未詳「【集韻:卷三:平聲:㒨第二:叀𡵏■】說文専小謹也从幺省屮財見也古作𡵏■通作專」
𡵐山3+3=総画数6 U+21D50 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡵐】音兀山貌亦山名也(《欽定四庫全書》本では「屼」)
𡵒山3+3=総画数6 U+21D52 [セツ、セチ/] 岊𡴺𡴼𡷦𡴱𡴹
◆山が高いさま
◆高い山の奥まったところ、奥深い隈(くま、山の縁の一部が川などに抉られて奥深くまで入り込んだところ)
𢌲廾部
山3+4=総画数7 U+37B1 [ショウ、シュ/]
◆陽が西に傾く
山3+4=総画数7 U+37B4 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:崏㞴】二俗{⿱改山}{⿰氏攵⿱山}㟩三或作岷正音旻山名亦州名」「【正字通:寅集中:山部:㞴】坁字之譌一曰岷譌省作㞴」「【中華字海:山部:㞴】同"岻"」
山3+4=総画数7 U+37B5 [トウ/] 𠬢𠬥
◆未詳「【說文解字:又部:𠬢】滑也詩云𠬢兮達兮从又屮一曰取也」
◆未詳「【廣韻:下平聲:六:饕:𠬢】𠬢滑也又𦝫鼓大頭名」
山3+4=総画数7 U+37B6 [ビン、ミン/] 岷崏㟭𣊽𡼐㟩𡸧𡹋
◆「㞶山ビンザン・ミンサン」、甘粛省南部から四川省西北部に続く山脈 {甘粛省} {四川省}
◆「㞶江ビンコウ・ミンコウ」、川名、岷山を源とし長江に注ぐ
山3+4=総画数7 U+37B8 [불プル/]
◆[韓]「㞸崽(불새プルセ)」、島名、未詳「【光海君日記:光海四年十一月六日】…今在貴國西海中其島名㞸崽…」
欠部
山3+4=総画数7 U+599B [シ/]
◆馬鹿(ばか)にする、相手を軽(かろ)んずる、同「蚩」「【廣韻:上平聲:之第七:蚩:妛】輕侮」
筆順
山3+4=総画数7 U+5C84 [ゲツ、ガツ/]
◆山名
山3+4=総画数7 U+5C85 [ハン、バン/]
◆坂(さか)、山や丘などの傾斜した地形、同「坂」「阪」「坡」「陂」「岥」
山3+4=総画数7 U+5C86 [ヨウ/]
◆山名
山3+4=総画数7 U+5C87 [コウ、ゴウ/]
◆「岇𡾻コウソウ」、山の高いさま、山が高く聳(そび)え立つさま
山3+4=総画数7 U+5C88 [ガ、ゲ/] 𡵥
◆山が牙のように高く切り立ち谷が大きく深いさま
◆「㟏岈カンガ」、同「谽谺カンカ」、谷が"∨"字状に深く大きく裂けているさま
◆「嵖岈サガ」、同「嵯峨」、高低不揃いの山が鋸の歯のようにぎざぎざと連なっているさま
山3+4=総画数7 U+5C89 [ブツ、モツ、モチ/]
◆「崛岉クツブツ」、山がぐっと高く突き出ているさま
山3+4=総画数7 U+5C8A [セツ、セチ/] 𡵒𡴺𡴼𡷦𡴱𡴹
◆山が高いさま
◆高い山の奥まったところ、奥深い隈(くま、山の縁の一部が川などに抉られて奥深くまで入り込んだところ)
山3+4=総画数7 U+5C8B [ゴウ/]
◆(地が)ぐらぐらと揺れる、ぐらぐらして危(あや)ういさま、同「圾」「【前漢書:卷八十七上:揚雄傳上】…洶洶旭旭天動地岋(…岋動揺…)」
山3+4=総画数7 U+5C8C [ギュウ、ゴウ、キュウ/]
◆山が高く聳(そび)えるさま、「岌嶪ギュウギョウ」
◆「岌岌キュウキュウ」◇山が高く聳えるさま◇山が高く危(あや)ういさま、危険なさま
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+4=総画数7 U+5C8D [ケン/]
◆山名、陝西省宝鶏市西部、「岍山ケンザン」 {陝西省}
山3+4=総画数7 U+5C8E [フン、ブン/]
◆山脈・道・川などが分岐ブンキする、またそのようなところ、同「岔」
◆「岎崯フンギン」、山が高く聳(そび)え立つさま
山3+4=総画数7 U+5C8F [ガン/]
◆「巑岏サンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま
筆順
山3+4=総画数7 U+5C90 [キ、ギ/] 𡵨㞿㟚
◆本道から枝分かれした道、同「歧」、「岐路キロ」
◆もとになるものから(幾つもに)枝分かれする、離れていく、同「歧」
筆順
山3+4=総画数7 U+5C91 [シン、ジン/]
◆(山が)ひときわ高く聳(そび)え立つさま
◆「嶜岑シンシン」、(山が)高く切り立っているさま
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+4=総画数7 U+5C92 [ケン、ゲン/]
◆「岒峨ケンガ」、山が高く聳(そび)え立つさま
山3+4=総画数7 U+5C93 [キ、ギ/] 𡵱
◆未詳「【古文苑:卷四:揚雄賦三首:蜀都賦】并石石𡥷岓岑倚從(西南夷傳汶山郡衆邑皆依山居上累石爲室髙者至十餘文為卭■先蜀記云蠶叢始居岷山石室中𡥷古犀字與棲同岓渠希反山傍石也…)」
山3+4=総画数7 U+5C94 [タ/]
◆山脈・道・川などが分岐ブンキする、またそのようなところ、同「岎」
◆脇道に逸(そ)れる
筆順
山3+4=総画数7 U+5C95 [カイ、ケ/]
◆二つの山に挟まれ窪んだ所
山3+4=総画数7 U+5C96 [ク/] 嶇岴
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
山3+4=総画数7 U+5C97 [コウ/おか] 岡𡶬𦊤𡶩𡷇冈崗㟵𡹏𡹤㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
山3+4=総画数7 U+5C98 [ケン、ゲン/]
◆低くて険しい山
◆「岘山ケンザン」「岘首山ケンシュサン」、山名、湖北省襄陽市 {湖北省}
山3+4=総画数7 U+5C99 [オウ/]
◆地名用字、山中の奥まったところや水(川・湖・海など)が奥まったところなど奥まった地形を指す語で、多く地名に用いられる、浙江省・福建省に多いという、同「嶴」
◆人名用字「【海東逸史:卷十一:列傳八】…鶴芝退保火燒嶴…」
山3+4=総画数7 U+5C9A [ラン/あらし] 嵐㞩
◆山間部に立ち籠(こ)める幾らか湿気を含んだ空気、また風、山間部に発生する靄(もや)や霧(きり)
◆[日]あらし、激しく吹く風
山3+4=総画数7 U+5C9B [トウ/しま] 島𡷊㠀嶌嶋
◆海や湖などの広い水の中の陸地、同「隝」「隯」「嶹」
注解:「海を渡る鳥が羽を休めることができるところ」の意
漢字林(非部首部別)
山3+4=総画数7 U+5C9C [ハ/]
◆地名用字、「岜團ハタン(広西チワン族自治区柳州市三江侗族自治縣獨峒鄉)」「岜盆鄉ハボンキョウ(広西チワン族自治区崇左市扶綏縣)」 {広西壮族自治区}
◆人名用字「【貴州通志:卷三十六:藝文】…月姑元賽八輸盤噶髙定翁脚唐流九衣斬牙髙猫岜王等二十餘」「【廣西通志:卷一百二十八:藝文:雜記】剗賊跳梁種類非一…埠岜敲岜兩等寨…」
日部
水部
𡵓山3+4=総画数7 U+21D53 [コウ、オウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま、同「嶸」
𡵔山3+4=総画数7 U+21D54 [コウ、ゴウ、ギョウ/] 崤㠙
◆「𡵔山コウサン・コウザン」、山名、河南省洛陽市洛寧県西部と陝西省西安市東部の境 {河南省}
𡵖山3+4=総画数7 U+21D56 [オン/]
◆山、未詳
漢字林(非部首部別)
𡵙山3+4=総画数7 U+21D59 [コウ、ゴウ/]
◆山名、未詳「【剡錄:卷三:先賢傳:髙僧】竺潛字法深隱剡山學義淵博名聲…(…世説作因人就深公買𡵙山舊經曰東𡵙山在新昌縣…)」「【廣韻:去聲:宕第四十二:枊:𡵙】山名,在越剡縣界」
𡵝山3+4=総画数7 U+21D5D [ショウ、ジュウ、ジュ/] 嵷嵸𡵷
◆「嵱𡵝ヨウショウ」、峰(みね)が高く低く起伏しながら連なっているさま
◆「巃𡵝ロウショウ」◇山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま◇山がひときわ高く聳(そび)え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
𡵞山3+4=総画数7 U+21D5E [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡵞】敷容反草木盛也」「【集韻:卷一:平聲:鍾第三:峯𡵞】說文山耑也或作𡵞或書作峰」「【字彙補:寅集:屮部:𡵞】■本字草盛𡵞也」「【字彙補:寅集:山部:𡵞】韻會與峯同」(【龍龕手鑑】【字彙補】の「草木盛」「草盛」は「𡴇」を指すものと思われ、【集韻】は「峯」字とする)
𡵢山3+4=総画数7 U+21D62 [/なぎ]
◆[日]地名用字、「𡵢ノ下(なぎのした、愛知県東加茂郡下山村花沢、現在は崩ノ下)」 {和製漢字の辞典:山部:𡵢}
𡵥山3+4=総画数7 U+21D65 [ガ、ゲ/]
◆山が牙のように高く切り立ち谷が大きく深いさま
◆「㟏岈カンガ」、同「谽谺カンカ」、谷が"∨"字状に深く大きく裂けているさま
◆「嵖岈サガ」、同「嵯峨」、高低不揃いの山が鋸の歯のようにぎざぎざと連なっているさま
𡵨山3+4=総画数7 U+21D68 [キ、ギ/] 岐㞿㟚
◆本道から枝分かれした道、同「歧」、「岐路キロ」
◆もとになるものから(幾つもに)枝分かれする、離れていく、同「歧」
𡵫山3+4=総画数7 U+21D6B [未詳/]
◆未詳
𡵬山3+4=総画数7 U+21D6C [ボク、モク/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡵬】音木」
𡵭山3+4=総画数7 U+21D6D [未詳/]
◆未詳「【中華字海:山部:𡵭】同"村"」
𡵮山3+4=総画数7 U+21D6E [チ、ジ/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡵮】通{⿰山互}正直尼都奚二反山名也(《欽定四庫全書》本【龍龕手鑑】では「𡵮」ではなく{⿰山𤣥})「【字彙補:寅集:山部:𡵮】直尼切音馳山名」「【康熙字典:寅集備考:山部:𡵮】篇海類編同岻」
𡵯山3+4=総画数7 U+21D6F [未詳/]
◆未詳
𡵰山3+4=総画数7 U+21D70 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡵰】音義與流同」「【康熙字典:寅集備考:山部:𡵰】《龍龕》同流(但し「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡵰】音流」は「同流」とはしていない)
𡵱山3+4=総画数7 U+21D71 [キ、ギ/]
◆未詳「【古文苑:卷四:揚雄賦三首:蜀都賦】并石石𡥷岓岑倚從(西南夷傳汶山郡衆邑皆依山居上累石爲室髙者至十餘文為卭■先蜀記云蠶叢始居岷山石室中𡥷古犀字與棲同岓渠希反山傍石也…)」
漢字林(非部首部別)
𡵳山3+4=総画数7 U+21D73 [フン/] 芬㞣𡴚𡸐
◆草が芽生え芳(かぐわ)しい香りが辺りに広がるさま、「芬芬フンプン」
◆芳(かぐわ)しい香り、良い香り
◆良い評判ヒョウバン、名声メイセイ
漢字林(非部首部別)
𡵴山3+4=総画数7 U+21D74 [エン/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡵴】與專反今作㳂」
𡵷山3+4=総画数7 U+21D77 [ショウ、ジュウ、ジュ/] 嵷嵸𡵝
◆「嵱𡵷ヨウショウ」、峰(みね)が高く低く起伏しながら連なっているさま
◆「巃𡵷ロウショウ」◇山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま◇山がひときわ高く聳(そび)え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
𡵸山3+4=総画数7 U+21D78 [エキ、ヤク/] 嶧峄
◆山が長く連なっているさま
◆「𡵸山エキサン」、山名、別名「鄒嶧山スウエキサン」、山東省鄒城市 {山東省}
𡵹山3+4=総画数7 U+21D79 [ガク/たけ] 嶽𡽺岳𡷒𡵽𡶓𡴳𡶳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五𡵹ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
𡵺山3+4=総画数7 U+21D7A [コウ、ク/]
◆「𡵺嶁コウロウ」、峰名、衡山コウザン(道教の五岳の一つで南岳とも呼ばれる)七十二峰の一つ、湖南省衡陽市南岳区 {湖南省}
𡵻山3+4=総画数7 U+21D7B [コウ/]
◆山間の深い谷「【御定駢字類編:卷一百四:數目門:九】九𡵻(陸賈新語隘於山阪之阻隔於九𡵻之隄什扵嵬崔之山頓於窅㝠之溪)」
◆人名用字「【水東日記:卷五】…趙抃之子予偶記抃之子𡵻㞦…」「【天中記:卷四十四:酒】…蜀先生遣{⿰氵畨}𡵻持聘𡵻飲一斗…」
𡵼山3+4=総画数7 U+21D7C [タン/すみ]
◆ものが燃えて黒化したもの、黒化した後も再び燃やすことができるもの、再び燃やすことができないものを「灰」
◆木を高温で焼いて作った燃料、燃料とするもの、「石炭」「薪炭」
◆「塗炭トタン」◇泥と炭◇泥や炭にまみれるさま、(泥や炭にまみれながら働かなければならない)苦しく厳しい境遇にあるさま
𡵽山3+4=総画数7 U+21D7D [ガク/たけ] 嶽𡽺岳𡷒𡵹𡶓𡴳𡶳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五𡵽ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
𡵾山3+4=総画数7 U+21D7E [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡵾】音義與谷同」
山3+5=総画数8 U+37B9 [カ/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:㞹岢】音可岢嵐鎮名」「【方輿勝覽:卷四十九:和州】龍洞山廟…○山㞹峨兮…」「【古文苑:卷四:蜀都賦】…𡶭(戸巠反)嵃(魚蹇反)嵑(渇)㞹方陂碑池(上林賦陂池貏豸注旁頽相連貎)…」「【御定歷代賦彙:卷三十二:洛都賦】…岋㞹石瀬寒泉於是乗輿…」
山3+5=総画数8 U+37BA [ソク、ゾク/]
◆鏃・矢尻やじり、矢柄・矢幹(やがら)の先端に取り付ける鋭く尖らせた部品、同「族」「𥏀(鏃)」「𥎩」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:㞺】音族」「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:㞺】才卜切古族字」「【正字通:寅集中:山部:㞺】舊註古文族字按矢鋒本作𥏀舊本𥏀見矢部別作𥎩非宐存𥏀刪㞺𥎩焦{⿰?厷}略記始石鼓文鏃作𥎫亦譌」
山3+5=総画数8 U+37BB [コウ、ゴウ/]
◆山名、未詳「【集韻:卷六:上聲下:皓第三十二:㞻】山名」
◆山の高く切り立った崖、高く険しいさま、同「㟧(崿)」「【正字通:寅集中:山部:㞻】㟧字之譌…」
山3+5=総画数8 U+37BC [ショウ、ジョウ/]
◆恭(うやうや)しく両手を高く上げて持つ、また受ける、同「氶」「承」「奉」
山3+5=総画数8 U+37BD [ケツ、ゲチ/]
◆未詳「【廣韻:入聲:卷第五:月第十:䬂:㞽】山皃」
山3+5=総画数8 U+37BE [ジ、ニ/]
◆「㞾丘ジキュウ」、山名、同「屔丘」「𡲌丘」「尼丘」、別名「尼山ジサン」、山東省済寧市曲阜市、孔子コウシ(姓は子、名は丘、字あざなは仲尼チュウジ、前551?年~前479年)の父母が祈祷キトウして孔子を授(さず)かったとされる {山東省}
山3+5=総画数8 U+37BF [キ、ギ/] 岐𡵨㟚
◆本道から枝分かれした道、同「歧」、「岐路キロ」
◆もとになるものから(幾つもに)枝分かれする、離れていく、同「歧」
山3+5=総画数8 U+37C1 [ガン/きし] 岸堓
◆水面から"厂"字状に高く切り立っているところの水際スイサイ(みずぎわ)、水崖スイガイ、汀テイ(みぎわ)のように波が寄せて引くたびに水と陸地の境目が変わるようなところではなく、水面と陸地に高低差があり(或いは仕切られていて)波が寄せて引いても、その境目が変わらないところ、同「漄」「涯」
◆高く切り立っているさま、突き出ているさま、角立っているさま
◆「傲㟁ゴウガン」、気位(きぐらい)が高いさま
山3+5=総画数8 U+37C3 [シ/]
◆「㟃峿シゴ」、古県名、また山名、現江蘇省新沂市南部 {江蘇省}
瓦部
几部
山3+5=総画数8 U+5C9D [サク、ザク/]
◆「岝㟧サクガク」◇山が高く険(けわ)しいさま、同「岝峉」◇山名、吳ゴ縣(古県名、江蘇省蘇州市と思われる)の西十二里、吳王僚リョウが埋葬された寺があるという「【吳地記】岝崿山在吳縣西十二里吳王僚葬此山中有寺號思益梁天監二年置」 {江蘇省}
漢字林(非部首部別)
山3+5=総画数8 U+5C9E [サク、ザク/]
◆「岞崿サクガク」◇山が高く険(けわ)しいさま、同「岝峉」◇山名、吳ゴ縣(古県名、江蘇省蘇州市と思われる)の西十二里、吳王僚リョウが埋葬された寺があるという「【吳地記】岝崿山在吳縣西十二里吳王僚葬此山中有寺號思益梁天監二年置」 {江蘇省}
山3+5=総画数8 U+5C9F [ヨウ、オウ/]
◆山の麓(ふもと)、山裾(やますそ)
◆(山が)奥深いさま
筆順
山3+5=総画数8 U+5CA0 [キョ、ゴ/]
◆大きな山
◆隔(へだ)たる、同「距」「歫」
山3+5=総画数8 U+5CA1 [コウ/おか] 𡶬𦊤𡶩𡷇冈崗岗㟵𡹏𡹤㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+5=総画数8 U+5CA2 [カ/]
◆「岢嵐カラン」、地名、古州名、現県名、山西省忻州市岢嵐県 {山西省}
漢字林(非部首部別)
山3+5=総画数8 U+5CA3 [コウ、ク/] 𡵺
◆「岣嶁コウロウ」、峰名、衡山コウザン(道教の五岳の一つで南岳とも呼ばれる)七十二峰の一つ、湖南省衡陽市南岳区 {湖南省}
筆順
山3+5=総画数8 U+5CA4 [ケツ、ケチ/]
◆山間の洞穴ドウケツ(ほらあな)
◆穴を穿(うが)つ
山3+5=総画数8 U+5CA5 [ハ/]
◆山や丘などの傾斜した地形、坂(さか)、同「坂」「阪」「岅」「陂」「坡」
◆「岥岮・陂陁・陂陀ハダ」、傾斜があって平らでないさま、傾斜が急で険しいさま
山3+5=総画数8 U+5CA6 [リュウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま
山3+5=総画数8 U+5CA7 [チョウ、ジョウ/]
◆(山が)高く聳(そび)え立つさま、「岧嶤チョウギョウ」「岧岧チョウチョウ」
筆順
山3+5=総画数8 U+5CA8 [ショ、ソ/けわ・しい]
◆岩や石が積み上がってできたような山、岩や石が露(あら)わになっている山、同「砠」「【說文解字注:山部:岨】石戴土也(周南卷耳曰陟彼𥕅矣本亦作砠釋山曰石戴土謂之崔嵬土戴石為岨毛傳云崔嵬土山之戴石者石山戴土曰砠二文互異而義則一戴者增益也釋山謂用石戴於土上毛謂土而戴之以石釋山謂用土戴於石上毛謂石而戴之以土…)」
◆「嶮岨ケンソ」、行く手を阻(はば)むように高く切り立ち、また岩や石が折り重なっているさま、険(けわ)しいさま、同「険阻」
◆「岨峿・齟齬・砠𥒾ソゴ」、山がごつごつとして平らでない(なだらかでない)さま
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+5=総画数8 U+5CA9 [ガン、ゲン/いわ]
◆山のように高く聳(そび)える石、ごつごつした大きな石、同「巖」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+5=総画数8 U+5CAA [フツ、ブツ/] 𡶒
◆山が両側から迫(せま)って狭(せば)まっているところ、深い谷筋(たにすじ)
筆順
山3+5=総画数8 U+5CAB [シュウ、ジュ/]
◆山の洞穴ドウケツ(ほらあな)・岩穴いわあな、同「䜬」「𥥉」
◆山並(やまな)み、山々の連(つら)なり
筆順
山3+5=総画数8 U+5CAC [コウ、キョウ/みさき]
◆山が両側から迫(せま)っているところ、同「峽」
◆みさき、海や湖などに長く突き出た陸地
筆順
山3+5=総画数8 U+5CAD [レイ、リョウ/]
◆山深いさま、山が奥深いさま、「岭巆レイエイ」
◆山の峰(みね、高く突き出ているところ)、山の峰が続いているところ、同繁「嶺」
山3+5=総画数8 U+5CAE [タ、ダ/] 𡶊
◆「岥岮・陂陁・陂陀ハダ」、傾斜があって平らでないさま、傾斜が急で険しいさま
山3+5=総画数8 U+5CAF [ヒ、ビ/]
◆「大岯・大伾タイヒ」、山名、河南省鶴壁市浚県「【尚書注疏:卷五:夏書(禹貢)】…東過洛汭至于大伾洛汭洛入河處山…(《音義》伾本又作岯…)」 {河南省}
◆「百岯ハクヒ」、緱氏コウシ縣(現河南省洛陽市)の南にあった山名「【後漢書:卷四:和殤帝紀第四】…十一月己丑行幸緱氏登百岯山(即柏岯山也在洛州緱氏縣南…)」
注解:「【康熙字典:寅集中:山部:岯】…《爾雅釋山》一成*岯《疏》山上更有一山重絫者名岯…」とあるが「【爾雅注疏:釋山】一成*坯(《疏》案此文則山上更有一山重累者名坯…)」は「坯」
山3+5=総画数8 U+5CB0 [オウ、ヨウ/]
◆隈(くま)、山の奥まった所
山3+5=総画数8 U+5CB1 [タイ、ダイ/]
◆「岱山タイザン」、五嶽ゴガク(中国の代表的な五名山、「嶽」参照)の一つで「東嶽トウガク」と呼ばれる、別名「岱宗タイソウ」、現泰山タイザン、山東省泰安市 {山東省}
筆順
山3+5=総画数8 U+5CB2 [キョウ、コウ/] 𡶢
◆未詳「【玉篇:二十二:山部第三百四十三:岲】詡誑切山」「【字彙補:寅集:山部:𡶢】與岲同見楊愼奇字韻」
山3+5=総画数8 U+5CB3 [ガク/たけ] 嶽𡽺𡷒𡵽𡵹𡶓𡴳𡶳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五岳ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+5=総画数8 U+5CB4 [ク/] 嶇岖
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
山3+5=総画数8 U+5CB5 [コ、グ、ゴ/]
◆草木が生い茂っている山、草木の生えていない山を「峐」「屺」「【爾雅注疏:卷七:釋山】多草木岵無草木峐(《疏》峐當作屺…)」
山3+5=総画数8 U+5CB6 [ハク、ヒャク/さこ]
◆「𡻟岶バクハク」、密ミツなさま、ものが隙間(すきま)なく並ぶさま、間(ま)を置かずに繰り返されるさま、高く聳(そび)える山が次から次へ並び続くさま、同「㵹𣶎」
◆[日]山に挟(はさ)まれた狭い谷間
◆[日]「岶尾(さこお)」「大岶(おおさこ)」、地名また姓
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+5=総画数8 U+5CB7 [ビン、ミン/] 崏㟭𣊽𡼐㟩𡸧𡹋㞶
◆「岷山ビンザン・ミンサン」、甘粛省南部から四川省西北部に続く山脈 {甘粛省} {四川省}
◆「岷江ビンコウ・ミンコウ」、川名、岷山を源とし長江に注ぐ
筆順
山3+5=総画数8 U+5CB8 [ガン/きし] 堓㟁
◆水面から"厂"字状に高く切り立っているところの水際スイサイ(みずぎわ)、水崖スイガイ、汀テイ(みぎわ)のように波が寄せて引くたびに水と陸地の境目が変わるようなところではなく、水面と陸地に高低差があり(或いは仕切られていて)波が寄せて引いても、その境目が変わらないところ、同「漄」「涯」
◆高く切り立っているさま、突き出ているさま、角立っているさま
◆「傲岸ゴウガン」、気位(きぐらい)が高いさま
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+5=総画数8 U+5CB9 [チョウ、ジョウ/]
◆(山が)高く聳(そび)え立つさま、「岹嶢チョウギョウ」「岹岹チョウチョウ」
山3+5=総画数8 U+5CBA [レイ、リョウ/]
◆山深いさま、山が奥深いさま、「岭巆レイエイ」
◆山の峰(みね、高く突き出ているところ)、山の峰が続いているところ、同繁「嶺」
筆順
山3+5=総画数8 U+5CBB [チ、ジ、テイ/]
◆山名、未詳「【類篇:山部:岻】蒸夷切又陳尼切山名在靑州又都黎切文一重音二」
筆順
山3+5=総画数8 U+5CBC [/ゆり]
◆[日]地名用字、「岼(ゆり、京都府福知山市三和町)」「岼ノ上(ゆりのうえ、京都府綾部市鍛治屋町)」
筆順
山3+5=総画数8 U+5CBD [トウ、ツウ/]
◆[壮]樹林や森林、山深い「【古壮字字典:n:崬】樹林、森林、深山」
山3+5=総画数8 U+5CBE [未詳/はけ]
◆地名用字「【山東通志:卷六:山川志:濟南府】鐵牛山(…龍岾之在将陵北…)」
◆[日]地名用字、「大岾(おおはけ、埼玉県所沢市)」
◆[韓]「河岾面(하점면ハヂョンミョン)」、地名、大韓民国仁川広域市(인천광역시インチョンクァンヨクシ)江華郡(강화군カンファグン)
◆[韓]「楡岾寺(유점사ユヂョムサ)」、朝鮮民主主義人民共和国江原道(강원도カンウォンド)高城郡(고성군コソングン)の金剛山(금강산クムガンサン)にある寺の名
筆順
岿山3+5=総画数8 U+5CBF [キ/] 巋𡿢
◆山が高く大きいさま
◆「岿然キゼン」、(山が)一つだけ高く突き出ているさま
◆小さな山が連なっているさま
山3+5=総画数8 U+5CC0 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:峀】古邦字見韻會小補〇字彚作𤰫與此小異」
山3+5=総画数8 U+5CC1 [ボウ、ミョウ/]
◆黄土高原コウドコウゲン(中国北部の黄河中上流域一帯の高原)の地形の一つで、(日本の茶碗を伏せたような)円形の台地、「黄土峁コウドミョウ・ファントゥマァオ」、広く平坦な台地を「黄土塬コウドゲン・ファントゥユァン」、帯状に続く台地を「黄土墚、黄土梁コウドリョウ・ファントゥリョウ」
山3+5=総画数8 U+5CC2 [トウ/]
◆山名、未詳「【天下名山記:武夷遊記】…紫峂嶺山勢俶譎愈出…」
◆「峂峪トウヨク」、地名、北京市海淀区 {北京市}
山3+5=総画数8 U+5CC3 [カク、ガク/]
◆大きな石が多い山
山3+5=総画数8 U+5CC4 [エキ、ヤク/] 嶧𡵸
◆山が長く連なっているさま
◆「峄山エキサン」、山名、別名「邹峄山スウエキサン」、山東省鄒城市 {山東省}
山3+5=総画数8 U+5CC5 [/くら]
◆[日]地名用字、「船峅(ふなくら、富山県富山市坂本)」「芦峅寺(あしくらじ、富山県中新川郡立山町)」
筆順
𡥐子部
𡶅山3+5=総画数8 U+21D85 [ハ/]
◆坂(さか)、山や丘などの傾斜した地形、同「𡶆」「坂」「阪」「岅」「坡」「陂」「岥」
𡶆山3+5=総画数8 U+21D86 [ハ/]
◆坂(さか)、山や丘などの傾斜した地形、同「𡶅」「坂」「阪」「岅」「坡」「陂」「岥」
◆「𡶆峩ハガ」、起伏が激しいさま、同「𡽠峩」
𡶇山3+5=総画数8 U+21D87 [ビツ、ミツ、ミチ/ひそ・か] 𡊭
◆山深く容易に近づけない建物、山のように大きな(大きくて内が窺い知れない)建物、同「密」
漢字林(非部首部別)
𡶊山3+5=総画数8 U+21D8A [タ、ダ/]
◆「岥𡶊・陂陁・陂陀ハダ」、傾斜があって平らでないさま、傾斜が急で険しいさま
𡶋山3+5=総画数8 U+21D8B [キク/]
◆「𡶋𡶮キクオウ」、(山間や建物などが)奥深いさま
𡶌山3+5=総画数8 U+21D8C [ヒ、ビ/]
◆地名、また人名用字「【(道德)玄經原旨發揮:卷下:西遊章九】…南連積石山𡶌水泉…」「【弁山小隱吟錄:卷二】…贈相士王雲𡶌…僧溥雨𡶌贊…」
𡶍山3+5=総画数8 U+21D8D [ソウ/くら] 倉仓仺
◆穀物などを貯蔵するための屋根のある建物、特に方形の建物、円形は「囷キン」
◆物や人を収容する、またそのための建物
◆慌(あわただ)しいさま、忙(せわ)しいさま、「倉猝ソウソツ」
漢字林(非部首部別)
𡶏山3+5=総画数8 U+21D8F [クツ、ゴチ/] 崛𡽈
◆ぐっと高く突き出ている山、またそこだけが(それだけが)高く突き出ているさま、「崛崎クツキ」、同「崫」「𥪊」
注解:「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡶏】或作崛正渠勿反山短而髙」
𡶑山3+5=総画数8 U+21D91 [カン/]
◆未詳「【古文苑:卷四:蜀都賦】…𡭗乃蒼山隱天岎(汾)崯(吟)廻叢增嶃(鋤銜反嶃嵒)重崒𡶑(也含反)石𡿄(藏)崔(摧)𡷠(投)𡾛(迸)嶵(罪)㟴(隗)霜雪終夏叩巖岒嶙…」「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:𡶑】古含切山」
𡶒山3+5=総画数8 U+21D92 [フツ、ブツ/]
◆山が両側から迫(せま)って狭(せば)まっているところ、深い谷筋(たにすじ)
𡶓山3+5=総画数8 U+21D93 [ガク/たけ] 嶽𡽺岳𡷒𡵽𡵹𡴳𡶳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五𡶓ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
漢字林(非部首部別)
𡶗山3+5=総画数8 U+21D97 [未詳/]
◆未詳「【元詩體要:卷九】𡶗峩山下錦成江…(「𡶗峩」は「岷峨、岷山と峨眉山」を指すものと思われるが未詳)
𡶘山3+5=総画数8 U+21D98 [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𡶙山3+5=総画数8 U+21D99 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:山部:𡶙】"㞽"的讹字」
𡶚山3+5=総画数8 U+21D9A [/しま、やま、くい]
◆[日]姓用字
𡶜山3+5=総画数8 U+21D9C [/きし]
◆[日]姓用字、「山𡶜(やまぎし)」
𡶡山3+5=総画数8 U+21DA1 [/さこ]
◆[日]姓用字、「前𡶡(まえさこ)」「𡶡畑(さこはた)」
𡶢山3+5=総画数8 U+21DA2 [キョウ、コウ/]
◆未詳「【玉篇:二十二:山部第三百四十三:岲】詡誑切山」「【字彙補:寅集:山部:𡶢】與岲同見楊愼奇字韻」
𡶦山3+5=総画数8 U+21DA6 [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𡶩山3+5=総画数8 U+21DA9 [コウ/おか] 岡𡶬𦊤𡷇冈崗岗㟵𡹏𡹤㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
𡶪山3+5=総画数8 U+21DAA [カン/]
◆岩山の洞穴(ほらあな)「【通雅:卷四十九:桂海雜字】𡶪(音磡)山石之巖窟也」
𥐢石部
山3+6=総画数9 U+37C5 [ゴウ/] 𡹕𡼔
◆「崆㟅コウゴウ」、岩山が高く聳(そび)え立っているさま
山3+6=総画数9 U+37C6 [カ、ゲ/]
◆「㟆𡸉カリ」、山名、江蘇省無錫市「【無錫縣志:卷二:㠏𡸉山】在龍山西去州一十八里惠山諸峯至龍山龍尾稍斷数十步然後突起為㠏𡸉山其斷處曰㠏𡸉口由㠏𡸉口以通湖上諸山…」 {江蘇省}
山3+6=総画数9 U+37D0 [ボウ、モウ/]
◆「嵣㟐トウボウ」、岩山がどこまでも広がっているさま「【重刻昭明文選李善註:文選卷四:南都賦】…其山則崆(口江)𡹕(五江)嶱(苦葛)嵑(五葛)嵣(犬朗)㟐(莽)嶚(遼)剌(力割切崆𡹕嶱嵑山石高峻之貌字書曰崆山貌也嵣㟐山石廣大之貌嶚山高而相戾也…)…」
山3+6=総画数9 U+5CC6 [コウ、ゴウ/]
◆「峆崉コウトウ」、山が幾重(いくえ)にも連なっているさま
山3+6=総画数9 U+5CC7 [コウ/]
◆山の洞窟ドウクツ、洞穴(ほらあな)、同「𡸡」
◆「岌峇キュウコウ」、(鉄を鍛えるような、大地や大気を激しく揺るがすような)大きな音の形容「【文選(文選注):音樂下:長笛賦】靁叩鍛之岌峇兮正瀏溧以風冽(言音如靁之叩鍛岌峇為聲也…)」
筆順
山3+6=総画数9 U+5CC8 [ラク/]
◆「岞峈サクラク」、山が高く険(けわ)しいさま、同「岞崿サクガク」「【御定歷代賦彙:卷一百六:澹漠賦】…邈髙蹇而岞峈…」
◆「峈嶧ラクエキ」、山のさま、未詳「【集韻:卷十:入聲下:鐸第十九:峈】峈嶧山皃」
山3+6=総画数9 U+5CC9 [ガク、ギャク/] 㟯𡾆𡿃
◆「岝峉・岝㟧・岞崿サクガク」、山が高く大きなさま、山が高く険(けわ)しいさま
山3+6=総画数9 U+5CCA [フウ、ブ/おか]
◆阜(おか)、土が山のように高く盛り上がったところ、大きな丘、同「阜」「【楚辭(王逸):卷第十四:憫上】…山峊兮峉峉(…峊即阜字…)」
山3+6=総画数9 U+5CCB [シュン、ジュン/]
◆「嶙峋リンシュン」、山が高く聳(そび)え谷が深いさま、またそれが幾重(いくえ)にも繰り返し連なっているさま「【二十四詩品:雄渾:形容】…海之波瀾山之嶙峋…」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡼵】俗𡿑嶙二或作𡽤正力珍反𡽤峋深崖狀也」
筆順
山3+6=総画数9 U+5CCC [テツ、デチ/]
◆「峌𡸣・嵽𡸣テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま
山3+6=総画数9 U+5CCD [ロツ、ロチ/]
◆「峍屼・硉矹・𥓎矹ロツゴツ」◇岩や崖が今にも崩れ落ちそうに切り立っているさま◇石や岩が高く折り重なっているさま
山3+6=総画数9 U+5CCE [オン/]
◆山名、湖南省邵陽市新寧シンネイ県「【湖廣通志:卷十二:山川志:寶慶府:新寧縣】峎山在縣西十五里上有石如人狀」 {湖南省}
◆地名用字「【天下郡國利病書:第二千八百零五册:營壘】大峎營(在通儒郷青涃地方險路通廣西懷集黄潭等山防汾水凹山賊)」「【御定佩文韻府:卷六之二:上平聲 六魚韻二:十二渠】峎渠(元史世祖十六年五月改雲南寶山峎渠二縣為州)」
山3+6=総画数9 U+5CCF [ジ、ニ/]
◆山名、「不峏罕山フジカンザン(モンゴル北東部「【大清一統志:卷四百十一:喀爾喀:賽因諾顔部】不峏罕山(明統志鄂諾河源出於此)」)」
◆地名用字、「峏山ジザン(安徽省合肥市巣湖市「【江南通志:卷二十四:輿地志:公署】新建社倉六…一在峏山直指菴」 {安徽省})」
山3+6=総画数9 U+5CD0 [カイ/]
◆禿山(はげやま)、草木の生えていない山、同「屺」、草木が生い茂る山を「岵」「【爾雅注疏:卷七:釋山】多草木岵無草木峐(《疏》峐當作屺…)」
筆順
山3+6=総画数9 U+5CD1 [セン/]
◆山の頂(いただき)、山頂サンチョウ
山3+6=総画数9 U+5CD2 [トウ、ズウ、ドウ/]
◆山中の洞穴、同「洞」
◆高く険しい山が連なっているさま
◆中国南方の少数民族の称、「侗族トウゾク(貴州省などに住む民族)」
◆「崆峒コウトウ・コウドウ」、山名、甘粛省平凉市 {甘粛省}
筆順
山3+6=総画数9 U+5CD3 [イ/]
◆「嵎峓グウイ」、別名を「暘谷ヨウコク」といい「東方の陽の出(い)ずるところ」といわれた、一説では現山東半島東端を指すといい、また特定の地名ではなく単に「陽の出ずるところ」を指すともいう、同「嵎夷、堣夷」「【廣韻:上平聲:巻第一:虞第十:堣】堣夷日所出處書亦作嵎」
山3+6=総画数9 U+5CD4 [ボ、モ/] 𡶰
◆「慈峔ジボ」、山名、別名「慈姥」、安徽省馬鞍山市 {安徽省}
山3+6=総画数9 U+5CD5 [未詳/]
◆未詳「【正字通:寅集中:山部:峕】𣆊字之譌」「【康熙字典:寅集中:山部:峕】《字彙》苦江切音羌幬帳也《正字通》𠕓字之譌○按說文𠔼部𠕓篆作𠕓孫愐苦江切幬帳之象字彙音訓與說文𠕓字義近…」
◆人名「【三國志:魏書二十三 :常林】…光祿大夫…子峕嗣為泰山太守坐法誅峕弟靜紹封…」
山3+6=総画数9 U+5CD6 [アン/]
◆山名、未詳「【集韻:卷二:平聲二:寒第二十五:峖】山名」
山3+6=総画数9 U+5CD7 [ギ、キ/]
◆高くごつごつした岩山、同「峞」
◆「三峗サンキ」、甘粛省敦煌市の南東にある山名 {甘粛省}
山3+6=総画数9 U+5CD8 [カン、ガン/] 𡷆𡴿𡵎
◆大きな山、同「𡷗」「【爾雅注疏:卷七:釋山】小山岌大山峘(《疏》言小山與大山相竝而小山高過於大山者爲峘非謂小山名岌大山名峘也)」
山3+6=総画数9 U+5CD9 [チ、ジ/そばだ・つ]
◆そばだ・つ、聳(そび)え立つ、高くまっすぐに立つ
筆順
山3+6=総画数9 U+5CDA [ビツ、ミツ、ミチ/]
◆「峚山ミツザン」、山名、未詳「【山海經廣注:卷二:西山經】又西北四百二十里曰峚山(郭曰峚音宻 任臣案他書引此多宻山)其上多丹木…」
山3+6=総画数9 U+5CDB [リ/]
◆「峛崺リイ」、砂丘のように高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、同「崺㠧イビ」「邐迤」「【廣韻:上聲:紙第四:酏:崺】峛崺沙丘狀峛音邐」◇なだらかに起伏しながら続く道
山3+6=総画数9 U+5CDC [ケイ、ケ、ホウ、キ/]
◆「六峜ロクケイ・ロクホウ・ロクキ」、虙戲フクギ(別名伏羲)が作ったとされる算法の名「【管子:輕重戊】虙戲作造六峜以迎陰陽作九九之數以合天道而天下化之」
山3+6=総画数9 U+5CDD [トウ、ズウ、ドウ/]
◆山中の洞穴、同「洞」
◆高く険しい山が連なっているさま
◆中国南方の少数民族の称、「侗族トウゾク(貴州省などに住む民族)」
◆「𡹝峝コウトウ・コウドウ」、山名、甘粛省平凉市 {甘粛省}
山3+6=総画数9 U+5CDE [キ、ギ/]
◆高くごつごつした岩山、同「峗」
山3+6=総画数9 U+5CDF [ユウ/]
◆古地名、未詳「【文献通考:卷二百九十三上:象緯考:星晝見】宋太宗太平興國八年三月丙寅…是年西戎入寇峟州擊敗」
山3+6=総画数9 U+5CE0 [/とうげ]
◆[日]坂道や物事などの上(のぼり)りが終わって下(くだ)り始めるその境目
筆順
山3+6=総画数9 U+5CE1 [コウ、ギョウ、キョウ/]
◆山間(やまあい)の深い谷、山が両側から迫って狭(せば)まっているところ、同「埉」「硤」「陜」「陿」、またそこを流れる川
筆順
山3+6=総画数9 U+5CE2 [リ/]
◆「峢崺リイ」、砂丘のように高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、同「崺㠧イビ」「邐迤」「【廣韻:上聲:紙第四:酏:崺】峛崺沙丘狀峛音邐」◇なだらかに起伏しながら続く道
山3+6=総画数9 U+5CE3 [ギョウ/] 嶢𡸳嶤
◆山が高いさま
山3+6=総画数9 U+5CE4 [キョウ、ギョウ/] 嶠㠐
◆高く尖(とが)った山
◆山道
◆「员峤インキョウ」、渤海ボッカイの東方にあり仙人に住むという山の名「【史記:卷六:秦始皇本紀】…海中有三神山名曰蓬萊方丈瀛洲(《正義》漢書郊祀志云此三神山者其傳在渤海中去人不遠蓋曾有至者諸仙人及不死之藥皆在焉…)」「【列子:湯問】…渤海之東不知幾億萬里有大壑焉…其中有五山焉一曰岱輿二曰貟嶠三曰方壷四曰瀛洲五曰蓬萊…」
山3+6=総画数9 U+5CE5 [ソウ、ジョウ/] 崢𡸵
◆山が競(きそ)い立つさま、同「崝」
山3+6=総画数9 U+5CE6 [ラン/]
◆山が幾重(いくえ)にも連なっているさま
◆頂(いただき)が尖った小さな山「【說文解字:山部:巒】山小而銳」
山3+6=総画数9 U+5CE7 [コウ、キョウ/]
◆地名用字
山3+6=総画数9 U+5CF8 [セイ、ジョウ/]
◆山名、未詳
幺部
而部
𡶫山3+6=総画数9 U+21DAB [ゲツ、ゲチ/] 𡴎
◆山が高くそそり立つさま、切り立っているさま
𡶬山3+6=総画数9 U+21DAC [コウ/おか] 岡𦊤𡶩𡷇冈崗岗㟵𡹏𡹤㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
漢字林(非部首部別)
𡶮山3+6=総画数9 U+21DAE [オウ/]
◆「𡶋𡶮キクオウ」、(山間や建物などが)奥深いさま
𡶰山3+6=総画数9 U+21DB0 [ボ、モ/]
◆「慈𡶰ジボ」、山名、別名「慈姥」、安徽省馬鞍山市 {安徽省}
𡶱山3+6=総画数9 U+21DB1 [未詳/]
◆未詳「【剡錄:卷四:古竒跡】趙公阜…𡶱徑森林北倚趙公之阜𡶱徑在謝巖北」「【字彙:寅集:山部:𡶱】良愼切音吝山也」
𡶲山3+6=総画数9 U+21DB2 [タ、ダ/]
◆未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:𡶲】托卧切又音朶」「【集韻:卷六:上聲下:果第三十四:崜𡶲】山皃」
𡶳山3+6=総画数9 U+21DB3 [ガク/たけ] 嶽𡽺岳𡷒𡵽𡵹𡶓𡴳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五𡶳ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
𡶶山3+6=総画数9 U+21DB6 [未詳/]
◆未詳
𡶸山3+6=総画数9 U+21DB8 [サン、セン/やま]
◆地面が"△"状に高く盛り上がったところ、またその形や様子
◆土を丸く盛り上げた墓
◆十二章紋の一つ {服飾(十二章紋)}
𡶼山3+6=総画数9 U+21DBC [未詳/]
◆未詳
𡶾山3+6=総画数9 U+21DBE [未詳/]
◆未詳
𡷅山3+6=総画数9 U+21DC5 [未詳/]
◆未詳「【四聲篇海(《成化丁亥重刊》改併五音類聚四聲篇):卷十二:山部第三:𡷅】音封土部中封字下隠注或作単」
𡷆山3+6=総画数9 U+21DC6 [カン、ガン/] 峘𡴿𡵎
◆大きな山、同「𡷗」「【爾雅注疏:卷七:釋山】小山岌大山峘(《疏》言小山與大山相竝而小山高過於大山者爲峘非謂小山名岌大山名峘也)」
𡷇山3+6=総画数9 U+21DC7 [コウ/おか] 岡𡶬𦊤𡶩冈崗岗㟵𡹏𡹤㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
𡷈山3+6=総画数9 U+21DC8 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡷈】所急切音釋義闕」
漢字林(非部首部別)
𡷉山3+6=総画数9 U+21DC9 [セイ、ショウ/あお、あお・い] 靑青𤯞𡴐
◆植物などの芽生えの時の若々しく瑞瑞(みずみず)しい色、緑(みどり)色、またその色の名
◆濃い色でくすみがなく瑞瑞しい深緑(ふかみどり)・紺コン・藍(あい)色などの色
◆瑞瑞しい、若々しい、幼い
◆五色(青・赤・黄・白・黒)の一つで五行の「東」「木」に当てる {五行}
◆竹簡チクカンに記された文書・記録
𡷊山3+6=総画数9 U+21DCA [トウ/しま] 島岛㠀嶌嶋
◆海や湖などの広い水の中の陸地、同「隝」「隯」「嶹」
注解:「海を渡る鳥が羽を休めることができるところ」の意
𡷋山3+6=総画数9 U+21DCB [タイ、ダイ/]
◆未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:𡷋】徒外切山」「【文選(文選注):卷第十八:音樂下:長笛賦】…嶰(…)壑(…)澮(…五臣作𡼾)𡷋(…)𡸞(…)窞(…)巖(…)𥨍(五臣作覆 善曰爾雅曰小山別大山曰嶰澮𡷋嶰壑深平之貌…)」
𡷌山3+6=総画数9 U+21DCC [ホウ/くず・れる] 崩𡹔𨻱𨹹
◆山が裂け土石が落下する、壊れて倒れる
◆破れる、ばらばらになる、決裂する
◆天子の死「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
𡷎山3+6=総画数9 U+21DCE [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡷎】以呂切音雨見海篇」
𡷏山3+6=総画数9 U+21DCF [リツ、リチ/]
◆山が高く険しいさま、「𡷏崒リツソツ」
注解:「【願學集:卷六下:誌銘:明先考雙崖府君改葬白沙墓志】…仁峰崒𡷏…」
𡷐山3+6=総画数9 U+21DD0 [未詳/]
◆未詳「【御定歷代賦彙:卷九:天象:春雪賦】…巇嶮二室僅存乎𡷐{⿰山(⿱吅亐)}…」
𡷒山3+6=総画数9 U+21DD2 [ガク/たけ] 嶽𡽺岳𡵽𡵹𡶓𡴳𡶳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五𡷒ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
𡷔山3+6=総画数9 U+21DD4 [未詳/]
◆未詳
注解:「𡶲」の異体字か?
𡷫山3+6=総画数9 U+21DEB [セイ、ジョウ/]
◆盛る、盛り上げる
𡸁山3+6=総画数9 U+21E01 [スイ、ズイ/た・れる、なんなん・とする、し・ずる、しだ・れる] 垂埀𡍮𡷩
◆(紐・糸などの線状のものや布・紙などの平面状のものの)片方がぶら下がる、繋(つな)がっているものの片方がだらりと下がる
◆連(つら)なりながら下に落ちる、伝わり落ちる
◆上の者(上位者・上級者・年長者など)が下の者に与える、また伝える、また継(つ)ぐ
◆なんなん・とする、今にも~になりそうである
◆辺境ヘンキョウ、辺遠ヘンエンの地、同「陲」
漢字林(非部首部別)
𨊥車部
山3+7=総画数10 U+37C8 [キュウ、グ/]
◆山名、未詳
山3+7=総画数10 U+37C9 [ロウ/]
◆「𡼗㟉コウロウ」◇東屋(あずまや)の名、未詳◇山名、未詳
山3+7=総画数10 U+37CA [フウ、ブ/]
◆山名、未詳
山3+7=総画数10 U+37CB [タイ、ダイ/]
◆山名、「黄㟋山コウタイサン、安徽省宣城市涇県東南」「【江南通志:卷十六:輿池志:山川六】黄㟋山在涇縣東南六十里髙五百丈…」 {安徽省}
◆「嶒㟋ソウタイ」、高く聳(そび)え立つさま「【晚晴簃詩匯:卷一百五十三:飛山吟】…削壁空嶒㟋…」
山3+7=総画数10 U+37CC [ボウ、モウ/]
◆山名、未詳「【廣韻:上平聲:江第四:厖:㟌】五㟌山名在蜀」「【正字通:寅集中:山部:㟌】舊註莫江切音茫山名扗蜀或曰蜀山無㟌名西南夷部有冉駹…」
山3+7=総画数10 U+37CD [ロウ/]
◆「嵻㟍コウロウ」、山名、城名、未詳「【晉書:卷一百二十五:載記第二十五:乞伏熾磐】…熾磐以長安兵亂將始乃招結諸部一萬七千築城于嵻㟍山以據之…(「乞伏熾磐キップクシハン」は西秦シン(385年~431年)の第三代君主) {晋代}
山3+7=総画数10 U+37CE [タ、ダ/]
◆高い山が長く連(つら)なっているさま
◆「㟎𡼗タコウ」、山が高く聳(そび)え立つさま
山3+7=総画数10 U+37CF [ガン、ゴン/]
◆山が高く谷が深いさま、同「谽」
山3+7=総画数10 U+37D1 [ホツ、ボチ、ボツ/]
◆山、未詳「【字彙補:寅集:山部:山】蒲没切音勃山也」
◆未詳「【蠛蠓集:卷三:賦:水亭賦】…伊彼翼野參井攸分旁*1{⿰(⿸尸山)戈}瀀疆㟑*2*3{⿰山(曽-丷+𠂊)}…(【御定歷代賦彙:卷八十:水亭賦】では「*1啓」「*2島」「*3{⿰山曽}」)
山3+7=総画数10 U+37D2 [キン、コン/] 峮𡸙
◆「㟒嶙キンリン」「嶙㟒リンキン」、山が連(つら)なっているさま
山3+7=総画数10 U+37D4 [ガン、ゴン/]
◆山が高く谷が深いさま、同「谽」
土部
山3+7=総画数10 U+5CE8 [ガ/] 峩𡻍𡽥𠩙
◆山が高く険しいさま
◆「嵯峨サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
◆「峨嵋山ガビサン」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
筆順
山3+7=総画数10 U+5CE9 [ガ/] 峨𡻍𡽥𠩙
◆山が高く険しいさま
◆「嵳峩サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
◆「峨嵋山ガビサン」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+7=総画数10 U+5CEA [ヨク/]
◆山間の谷、渓谷ケイコク、同「硲」
筆順
山3+7=総画数10 U+5CEB [ヤ/]
◆未詳「【集韻:卷三:平聲三:麻第九:峫】山皃」「【字彙:寅集:山部:峫】奴何切音耶山名」「【康熙字典:寅集中:山部:峫】…○按琅峫山在靑州本作琊从山作峫非」(【康熙字典】は「琅琊ロウヤ」の「琊」を指すのではないかという」)
山3+7=総画数10 U+5CEC [ホ、フ/]
◆「峬峭ホショウ」、(山の、山並みの)姿が素晴らしいさま、姿かたちが美しいさま、同「俊俏シュンショウ」
漢字林(非部首部別)
山3+7=総画数10 U+5CED [ショウ/] 𡹺
◆山が高く聳(そび)え立つさま、険(けわ)しいさま
◆厳(きび)しいさま、甚(はなは)だしいさま
◆「峬峭ホショウ」、(山の、山並みの)姿が素晴らしいさま、姿かたちが美しいさま、同「俊俏シュンショウ」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+7=総画数10 U+5CEE [キン、コン/] 㟒𡸙
◆「峮嶙キンリン」「嶙峮リンキン」、山が連(つら)なっているさま
山3+7=総画数10 U+5CEF [ホウ、フ/みね]
◆高く尖(とが)っている山、またその頭頂部、山の頂(いただき)
◆高く突き出ているさま
◆[日]刀の背、刀の刃の反対側で厚みのある部分
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+7=総画数10 U+5CF0 [ホウ、フ/みね]
◆高く尖(とが)っている山、またその頭頂部、山の頂(いただき)
◆高く突き出ているさま
◆[日]刀の背、刀の刃の反対側で厚みのある部分
筆順
山3+7=総画数10 U+5CF1 [ドウ、ノウ/]
◆「峱山・嶩山・巙山ドウサン」、山名、山東省淄博市臨淄区付近「【漢書(前漢書):卷二十八下:地理志第八下】營丘故齊詩曰子之營兮遭我虖嶩之間兮(…嶩山名也字或作峱亦作巙…)」 {山東省}
◆犬名、未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:峱】奴刀切山名又犬也」
山3+7=総画数10 U+5CF2 [リ/]
◆(山や丘が)緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、同「峛崺リイ」「【字彙:寅集:山部:峲】良以切音里山逐行也」「【正字通:寅集中:山部:峲】峛字之譌舊註音里山逐行也誤」
山3+7=総画数10 U+5CF3 [ユウ、ユ/]
◆「峳峳ユウユウ」、馬のような姿で目は羊に似て四本の角があり牛のような尾を持つという伝説上の獣の名
山3+7=総画数10 U+5CF4 [ケン、ゲン/]
◆低くて険しい山
◆「峴山ケンザン」「峴首山ケンシュサン」、山名、湖北省襄陽市 {湖北省}
筆順
山3+7=総画数10 U+5CF5 [コウ、オウ/] 𡵓
◆山が高く聳(そび)え立つさま、同「嶸」
山3+7=総画数10 U+5CF6 [トウ/しま] 𡷊岛㠀嶌嶋
◆海や湖などの広い水の中の陸地、同「隝」「隯」「嶹」
注解:「海を渡る鳥が羽を休めることができるところ」の意
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+7=総画数10 U+5CF7 [シン/]
◆角があり犬やオオカミ(狼)などに似た空想上の獣の名
山3+7=総画数10 U+5CF9 [ト、ズ/] 嵞𡽚𡸂𡷣
◆「峹山トザン」、会稽山カイケイザンの古称、浙江省紹興市南方の山 {浙江省}
漢字林(非部首部別)
山3+7=総画数10 U+5CFA [コウ、キョウ/]
◆山が行(ゆ)く手を阻(はば)むように険しいさま
筆順
山3+7=総画数10 U+5CFB [シュン/]
◆山が高くそそり立つさま、高く険(けわ)しいさま、同「埈」「𡺲」「𡼕」
◆(性質や態度などが)厳(きび)しいさま、「峻厳シュンゲン」
◆高いさま、大きいさま、優(すぐ)れているさま
筆順
山3+7=総画数10 U+5CFC [コウ、ゴウ/] 𡷥
◆未詳「【說文解字:巻九下:山部:𡷥】山皃一曰山名」
山3+7=総画数10 U+5CFD [コウ、ギョウ、キョウ/]
◆山間(やまあい)の深い谷、山が両側から迫って狭(せば)まっているところ、同「埉」「硤」「陜」「陿」、またそこを流れる川
筆順
山3+7=総画数10 U+5CFE [ギン、ゴン/]
◆「峾淪ギンリン」、水が渦巻くさま「【文選(文選注):卷第十二:江海:江賦】…峾(銀)淪溛(烏華)瀤(烏懷)乍浥(烏甲)乍堆(峾淪回旋之貌溛瀤不平之貌)」
峿山3+7=総画数10 U+5CFF [ゴ、グ/] 𡷤
◆「岨峿ソゴ」、山がごつごつとして平らでない(なだらかでない)さま、同「齟齬」「砠𥒾」
山3+7=総画数10 U+5D00 [ロウ/]
◆「𡻚崀コウロウ」、山の合間から空が大きく広がっているさま「【廣韻:上聲:蕩第三十七:慷:𡻚】𡻚崀山空」
山3+7=総画数10 U+5D01 [カン/]
◆「赤崁セキカン」、地名、台湾高雄市 {台湾}
◆「赤崁楼セキカンロウ」、地名、台湾台南市中西区
山3+7=総画数10 U+5D02 [ロウ/]
◆「崂山ロウザン」、山名、山東省青島市嶗山区「【太平御覽:卷第七十四:地部三十九:島】齊地記曰嶗山東北五里入海有管彦島…」「【南齊書:卷五十四:列傳第三十五:高逸】明僧紹…隱長廣郡嶗山聚徒立學…」 {山東省}
山3+7=総画数10 U+5D03 [ライ/]
◆「邛崃キョウライ」、古地名、山名(山脈名、別名「崍山」)、同「邛郲」、四川省成都市・邛崍市・雅安市西方 {四川省}
山3+7=総画数10 U+5D04 [ケン/けわ・しい] 嶮𡸴𡽗
◆山が高く切り立っているさま、行く手を遮(さえぎ)るように山が高く立ちはだかっているさま、同「険」
山3+7=総画数10 U+5D05 [カク/]
◆「嶢崅コウカク」、土が硬く痩(や)せた土地、同「磽确、墝埆」
山3+7=総画数10 U+5D0B [カ/] 𡼀𡼙𡾀
◆「崋山カザン」、五岳の一つで「西嶽」ともいう、陝西省華陰市の南方、現「華山」 {陝西省}
筆順
言部
豆部
𠭏又部
𡶷山3+7=総画数10 U+21DB7 [/ぎゃく]
◆[日]地名用字、「𡶷台(ぎゃくだい、福島県本宮市、現在は「ぎゃく台」)」
𡷗山3+7=総画数10 U+21DD7 [カン、ガン/]
◆大きな山、同「峘」
◆未詳「【集韻:卷五:上聲上:緩第二十四:𡷗】山多」
◆山名、未詳「【集韻:卷五:上聲上:潸第二十五:𡷗】山名」
𡷚山3+7=総画数10 U+21DDA [未詳/]
◆未詳「【字彙:寅集:山部:𡷚】見周宣王石鼓文鄭云卽𦭮字」「【正字通:寅集中:山部:𡷚】舊註見石鼓文鄭云郎𦭮字按焦竑略記字始石鼓𡸋音酋𡷚𡸋並譌文宐刪」
𡷛山3+7=総画数10 U+21DDB [カン、ガン/]
◆山名、陝西省漢中市南鄭区、同「旱山、屽山カンザン」「【關中勝蹟圖志:卷二十:名山】旱山在南鄭縣西南二十里通志旱一作𡷛…」 {陝西省}
𡷜山3+7=総画数10 U+21DDC [未詳/]
◆未詳「【正字通:寅集中:山部:𡷜】嵟字之譌」「【康熙字典:寅集中:山部:𡷜】《類篇》徒回切音頹山崩也」
𡷠山3+7=総画数10 U+21DE0 [トウ/]
◆山が険(けわ)しいさま
𡷣山3+7=総画数10 U+21DE3 [ト、ズ/] 嵞𡽚峹𡸂
◆「𡷣山トザン」、会稽山カイケイザンの古称、浙江省紹興市南方の山 {浙江省}
𡷤山3+7=総画数10 U+21DE4 [ゴ、グ/] 峿
◆「岨𡷤ソゴ」、山がごつごつとして平らでない(なだらかでない)さま、同「齟齬」「砠𥒾」
𡷥山3+7=総画数10 U+21DE5 [コウ、ゴウ/]
◆未詳「【說文解字:巻九下:山部:𡷥】山皃一曰山名」
𡷦山3+7=総画数10 U+21DE6 [セツ、セチ/] 岊𡵒𡴺𡴼𡴱𡴹
◆山が高いさま
◆高い山の奥まったところ、奥深い隈(くま、山の縁の一部が川などに抉られて奥深くまで入り込んだところ)
𡷧山3+7=総画数10 U+21DE7 [ギン、ゴン/] 崟崯
◆山が高く聳(そび)え立つさま、「岑崟シンギン」
𡷨山3+7=総画数10 U+21DE8 [ケン、ケイ、ギョウ/] 𡹑
◆山道、山の細道、同「蹊」
◆山並が途切れて深く落ち窪んだ所、谷、同「陘」
𡷩山3+7=総画数10 U+21DE9 [スイ、ズイ/た・れる、なんなん・とする、し・ずる、しだ・れる] 垂埀𡍮𡸁
◆(紐・糸などの線状のものや布・紙などの平面状のものの)片方がぶら下がる、繋(つな)がっているものの片方がだらりと下がる
◆連(つら)なりながら下に落ちる、伝わり落ちる
◆上の者(上位者・上級者・年長者など)が下の者に与える、また伝える、また継(つ)ぐ
◆なんなん・とする、今にも~になりそうである
◆辺境ヘンキョウ、辺遠ヘンエンの地、同「陲」
𡷪山3+7=総画数10 U+21DEA [ギ、ギョウ/]
◆(山が)高く聳(そび)え立つさま、同「嶷」「【字彙補:寅集:山部:𡷪】與嶷同」
𡷭山3+7=総画数10 U+21DED [サン、ゼン、ザン/] 巉𡽡𡺎𡿣𡸊
◆山が高く切り立っているさま
◆「𡷭巖ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「嶄巖」
𡷮山3+7=総画数10 U+21DEE [シ/] 𠭆𡥐
◆(使用人が主人に)仕える、同「使」「事」「【集韻:卷七:去聲上:志第七:事𠭆】仕吏切說文職也古作𠭆」「【康熙字典:子集中:人部:使】古文𡥐叓」
𡷯山3+7=総画数10 U+21DEF [未詳/]
◆未詳「【中華字海:山部:𡷯】同"巫"」
𡷸山3+7=総画数10 U+21DF8 [コウ、キョウ/]
◆「𡷸嵺コウリョウ」、山が高く聳(そび)え立つさま「【唐文粹:卷三:朝享太廟賦】𡷸嵺以岳峙」
𡷹山3+7=総画数10 U+21DF9 [未詳/]
◆未詳
𡷻山3+7=総画数10 U+21DFB [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡷻】烏甲切音軋義未詳」
𡷾山3+7=総画数10 U+21DFE [シュウ、ジュ/] 崷𡺚
◆「𡷾崒シュウソツ」、山が高く険(けわ)しいさま、高く険しい山が連なっているさま
𡸂山3+7=総画数10 U+21E02 [ト、ズ/] 嵞𡽚峹𡷣
◆「𡸂山トザン」、会稽山カイケイザンの古称、浙江省紹興市南方の山 {浙江省}
𡸄山3+7=総画数10 U+21E04 [未詳/]
◆未詳「【癸巳類稿:卷八:彰縣山水記】…又西北為觀雨𡺾字亦作𡸄音追…」「【中華字海:山部:𡸄】同"堆"」
𡸅山3+7=総画数10 U+21E05 [未詳/]
◆人名用字、「【文憲集:卷十九:元故湛淵先生白公墓銘】…範生子二弦𡸅…」「【巵林:卷七:申董:灄字】…晉書愍帝記建興二年杜𡸅…」
𡸉山3+7=総画数10 U+21E09 [リ/]
◆「㠏𡸉カリ」、山名、江蘇省無錫市「【無錫縣志:卷二:㠏𡸉山】在龍山西去州一十八里惠山諸峯至龍山龍尾稍斷数十步然後突起為㠏𡸉山其斷處曰㠏𡸉口由㠏𡸉口以通湖上諸山…」 {江蘇省}
𡸊山3+7=総画数10 U+21E0A [サン、ゼン、ザン/] 巉𡽡𡷭𡺎𡿣
◆山が高く切り立っているさま
◆「𡸊巖ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「嶄巖」
𡸋山3+7=総画数10 U+21E0B [未詳/]
◆未詳「【正字通:申集下:行部:𧗞】石鼓文𡸋車𡙺𧗞釋作酋車載註𧗞籒文道字或曰卽行{⿰歺刂}之行字」「【正字通:寅集中:山部:𡷚】舊註見石鼓文鄭云郎𦭮字按焦竑略記字始石鼓𡸋音酋𡷚𡸋並譌文宐刪」
𡸎山3+7=総画数10 U+21E0E [セツ、セチ/]
◆山が高いさま、同「𡵒(岊)」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡸎{⿱山巳}】二俗𡵒正子結反山髙貌也古文今作呈三」
𡸐山3+7=総画数10 U+21E10 [フン/] 芬㞣𡵳𡴚
◆草が芽生え芳(かぐわ)しい香りが辺りに広がるさま、「芬芬フンプン」
◆芳(かぐわ)しい香り、良い香り
◆良い評判ヒョウバン、名声メイセイ
𡹆山3+7=総画数10 U+21E46 [トク、ドク、タイ、ダイ/] 毒𡴛𤯟𧉉𦸕𥲮
◆生命や健康に害を及ぼす、またそうしたもの
◆禍(わざわい)や苦しみを齎(もたら)す、またそうしたもの
◆酷(ひど)い
𦐉羽部
𦣟臣部
𪨵山3+7=総画数10 U+2AA35 [未詳/]
◆山名、未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𪨵】巨伭反山名也」
山3+8=総画数11 U+37D7 [ヒン/] 豳𡺳
◆古地名、周代(前11世紀~前256年)の先王公劉コウリュウが移り住んだ地、現陝西省咸陽市彬州市付近、この一帯には後の西魏代(535年~556年)に「豳州」が置かれ 、唐代(618年~907年)に「邠州」、現在は「彬州」に改称された {陝西省}
◆斑(まだら)、斑なさま、斑模様
山3+8=総画数11 U+37D9 [セキ、シャク/]
◆山が高く険しい
山3+8=総画数11 U+37DA [キ、ギ/] 岐𡵨㞿
◆本道から枝分かれした道、同「歧」、「岐路キロ」
◆もとになるものから(幾つもに)枝分かれする、離れていく、同「歧」
山3+8=総画数11 U+37DB [カン、ケン/]
◆高い山に囲まれて(挟まれて)窪(くぼ)んだところ、同「嵌」
山3+8=総画数11 U+37DD [ハイ、バイ、ベ、ホウ、ブ/]
◆「㟝嶁ハイロウ」、土を重ね盛った小さな丘、同「培塿」「【廣韻:上聲:巻第三:厚第四十五:培】培塿小阜或作㟝」
山3+8=総画数11 U+37DE [サン、ゼン/がけ]
◆山が飛び抜けて高く聳(そび)えるさま、同「嶘」
◆[日]「㟞下(がけした)」、地名、千葉県勝浦市墨名(とな)
山3+8=総画数11 U+37E0 [コウ/おか] 岡𡶬𦊤𡶩𡷇冈崗岗㟵𡹏𡹤𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
山3+8=総画数11 U+37E1 [キ/] 𡸩
◆筋や関節がぴったりと折り曲がるさま、同「腃」「【喻林:卷三:七述】肌肉麤厚筋節𡸩急」
◆険しい山がぴったりと折り重なっているさま「【大復集:卷三:七述】㠑嵬崼𡸣𡷠崔﨑穹㟡𡽘百折漼澯焉」
山3+8=総画数11 U+37E2 [キ/さき] 崎﨑𡼋𡼭嵜
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
◆[日]陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「埼」「碕」
筆順
山3+8=総画数11 U+37E3 [未詳/]
◆未詳
山3+8=総画数11 U+37E5 [シン/] 嵾𡼶㠁
◆「㟥嵯シンサ」、不揃(ふぞろ)いなさま、高低不揃いの山が連(つら)なっているさま
山3+8=総画数11 U+5D06 [コウ、ク/] 𡹝
◆山が高く聳(そび)えるさま
◆「崆㟅コウゴウ」、岩山が高く聳え立っているさま
◆「崆峒コウトウ・コウドウ」、山名、甘粛省平凉市 {甘粛省}
筆順
山3+8=総画数11 U+5D07 [シュウ、ズウ、スウ/あが・める]
◆山が高く大きいさま
◆気高(けだか)いさま、高貴コウキなさま
◆あが・める、貴(たっと)ぶ、敬(うやま)い重んずる
◆終える、終わる
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+8=総画数11 U+5D08 [シュウ、ズウ、スウ/あが・める]
◆山が高く大きいさま
◆気高(けだか)いさま、高貴コウキなさま
◆あが・める、貴(たっと)ぶ、敬(うやま)い重んずる
◆終える、終わる
山3+8=総画数11 U+5D09 [トウ、ドウ/]
◆山が幾重(いくえ)にも連なっているさま
山3+8=総画数11 U+5D0A [リン/]
◆石や岩の山
山3+8=総画数11 U+5D0C [キョ、コ/]
◆「崌山キョサン」、山名、四川省西部 {四川省}
山3+8=総画数11 U+5D0D [ライ/]
◆「邛崍キョウライ」、古地名、山名(山脈名、別名「崍山」)、同「邛郲」、四川省成都市・邛崍市・雅安市西方 {四川省}
筆順
山3+8=総画数11 U+5D0E [キ/さき] 﨑𡼋𡼭㟢嵜
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
◆[日]陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「埼」「碕」
筆順
山3+8=総画数11 U+5D0F [ビン、ミン/] 岷㟭𣊽𡼐㟩𡸧𡹋㞶
◆「崏山ビンザン・ミンサン」、甘粛省南部から四川省西北部に続く山脈 {甘粛省} {四川省}
◆「崏江ビンコウ・ミンコウ」、川名、岷山を源とし長江に注ぐ
山3+8=総画数11 U+5D10 [コン/]
◆「崐崘コンロン」◇中国西方域にあり仙女西王母セイオウボ・サイオウボが住んでいたとされる山名「【山海經:西山經】西王母其狀如人豹尾虎齒而善嘯蓬髮戴勝(蓬頭亂髪勝玉勝也音龐)是司天之厲及五殘」◇中国西方域のタクラマカンTaklamakan砂漠とチベットTibet高原の間をほぼ東西に延びる山脈の名
山3+8=総画数11 U+5D11 [コン/]
◆「崑崙コンロン」◇中国西方域にあり仙女西王母セイオウボ・サイオウボが住んでいたとされる山名「【山海經:西山經】西王母其狀如人豹尾虎齒而善嘯蓬髮戴勝(蓬頭亂髪勝玉勝也音龐)是司天之厲及五殘」◇中国西方域のタクラマカンTaklamakan砂漠とチベットTibet高原の間をほぼ東西に延びる山脈の名
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+8=総画数11 U+5D12 [ソツ、ゾチ/]
◆山や崖が高く切り立っているさま、「嵂崒リツソツ(山が高く険しいさま)」、同「崪」
山3+8=総画数11 U+5D13 [コ、ク/]
◆島「【字彙:寅集:山部:崓】…宋史季全傳出没島崓崓亦水島之類也」
◆山名字、特に高く聳(そび)え立ち頂上が平らな山を指す名という、同「崮」参照
山3+8=総画数11 U+5D14 [サイ/]
◆山が高く大きいさま、山が高く聳(そび)えるさま
◆「崔嵬サイカイ」◇山が高く聳(そび)え立つさま◇石や岩が高く折り重なって険(けわ)しいさま
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+8=総画数11 U+5D15 [ガイ、ゲ/がけ]
◆"厂"字状に急角度で深く落ち込んでいる地形、またその縁(へり)の部分
◆地の果(は)てるところ、その先に何もないところ、同「涯」
筆順
山3+8=総画数11 U+5D16 [ガイ、ゲ/がけ]
◆"厂"字状に急角度で深く落ち込んでいる地形、またその縁(へり)の部分
◆地の果(は)てるところ、その先に何もないところ、同「涯」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+8=総画数11 U+5D17 [コウ/おか] 岡𡶬𦊤𡶩𡷇冈岗㟵𡹏𡹤㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
筆順
山3+8=総画数11 U+5D18 [ロン/]
◆「崐崘コンロン」◇中国西方域にあり仙女西王母セイオウボ・サイオウボが住んでいたとされる山名「【山海經:西山經】西王母其狀如人豹尾虎齒而善嘯蓬髮戴勝(蓬頭亂髪勝玉勝也音龐)是司天之厲及五殘」◇中国西方域のタクラマカンTaklamakan砂漠とチベットTibet高原の間をほぼ東西に延びる山脈の名
筆順
山3+8=総画数11 U+5D19 [ロン/]
◆「崑崙コンロン」◇中国西方域にあり仙女西王母セイオウボ・サイオウボが住んでいたとされる山名「【山海經:西山經】西王母其狀如人豹尾虎齒而善嘯蓬髮戴勝(蓬頭亂髪勝玉勝也音龐)是司天之厲及五殘」◇中国西方域のタクラマカンTaklamakan砂漠とチベットTibet高原の間をほぼ東西に延びる山脈の名
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+8=総画数11 U+5D1A [リョウ/] 𡹃𡺿𡻴𪌨
◆「崚崚リョウリョウ」、山が鋭く高く聳(そび)え立つさま
◆「崚嶒リョウソウ」、山が絶壁のように高く聳(そび)え立つさま
筆順
山3+8=総画数11 U+5D1B [クツ、ゴチ/] 𡽈𡶏
◆ぐっと高く突き出ている山、またそこだけが(それだけが)高く突き出ているさま、「崛崎クツキ」、同「崫」「𥪊」
筆順
山3+8=総画数11 U+5D1C [タ/]
◆山が切り立って険しいさま「【欽定盤山志:卷首二:靜寄山莊十六景記】…峰巖峭拔{⿱山垂}㠖崱屴…」「【集韻:卷三:平聲:戈第八:崜】小山皃」「【集韻:卷六:上聲下:果第三十四:崜𡶲】山皃」
山3+8=総画数11 U+5D1D [ソウ、ジョウ/]
◆山が競(きそ)い立つさま、同「崢」
山3+8=総画数11 U+5D1E [カク/] 𡾘䧐
◆古県名、また山名、また川名、現山西省忻州市付近 {山西省}
山3+8=総画数11 U+5D1F [ギン、ゴン/] 崯𡷧
◆山が高く聳(そび)え立つさま、「岑崟シンギン」
筆順
山3+8=総画数11 U+5D20 [トウ、ツウ/]
◆山の背(せ)、山の尾根(おね)
◆川名、尋鄔ジンウ水(江西省贛州市尋烏県を源とする川)が東南流して合流する川という「【清史稿:志四十一:地理十三:江西】贛州府…長甯(…尋鄔水出尋鄔堡新窖路山屈東南合馬伏崠水…)」
山3+8=総画数11 U+5D21 [カン、ゲン/]
◆「崡谷カンコク」、地名、現「函谷」、崤山コウサン・コウザン(河南省洛陽市洛寧県西部と陝西省西安市東部の境にある山)の麓(ふもと)にあったという関所(せきしょ)「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:崡】音咸崡谷山又紀力反亦山名也」
◆人名用字、「趙崡チョウカン(「石墨鐫華セキボクセンカ」などを著した、1564年~1618年)」
山3+8=総画数11 U+5D22 [ソウ、ジョウ/] 峥𡸵
◆山が競(きそ)い立つさま、同「崝」
筆順
山3+8=総画数11 U+5D23 [イ/] 𡹜
◆「崣𡻣イイ」、山道がうねうねと曲がりくねっているさま「【古文苑:枚乗:梁王菟園賦】焉㠕㠕㟟𡽘崣𡻣(隑玉耒反隑隑企立貎㠕即嵬字吾回反㠕㠕髙峻貎㟟𡽘即巷路字山間之蹊徑也崣𡻣即委蛇字徑之曲折也)」
◆「嶊崣サイイ」、山が高く聳(そび)え立つさま
山3+8=総画数11 U+5D24 [コウ、ゴウ、ギョウ/] 㠙𡵔
◆「崤山コウサン・コウザン」、山名、河南省洛陽市洛寧県西部と陝西省西安市東部の境 {河南省}
筆順
山3+8=総画数11 U+5D25 [ヘイ、バイ/]
◆山が高く切り立っているさま、「崥崹ヘイテイ」「【晉書:列傳第二十五:夏侯湛】…瓊巘層崚金㟁崥崹右當風谷左臨雲谿上無陵虛之巢下無跖實之蹊…」
◆「峽崥キョウヘイ」、両側から山の迫った麓(ふもと)
山3+8=総画数11 U+5D26 [エン/] 𡹮
◆「崦嵫エンジ」◇西方にあったという山の名「【山海經:西山經】又西二百二十里曰鳥鼠同穴之山…西南三百六十里曰崦嵫之山(日没所入山也…)」「【水經注:卷三十七:流沙地在張掖居延縣東北】…亦言出鍾山西行極崦嵫之山在西海郡北…」「【漢語大字典:山部:崦】[崦嵫]山名。在甘肃省天水市西…」によれば甘粛省天水市の西方という◇陽が沈むところ
筆順
山3+8=総画数11 U+5D27 [シュウ、スウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま、山が屹立キツリツしているさま
◆「崧山スウザン」、五嶽ゴガク(中国の代表的な五名山、「嶽」参照)の一つで「中嶽チュウガク」と呼ばれる、河南省鄭州市登封市、同「嵩山」 {河南省}
筆順
山3+8=総画数11 U+5D28 [ショウ、ジョウ/] 𡹈
◆山が高いさま、山が高く険しいさま、「崨嶫ショウギョウ」
◆「䃳崨リョウショウ」、山が延々と連なっているさま、同「䃳𥓐」
山3+8=総画数11 U+5D29 [ホウ/くず・れる] 𡷌𡹔𨻱𨹹
◆山が裂け土石が落下する、壊れて倒れる
◆破れる、ばらばらになる、決裂する
◆天子の死「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+8=総画数11 U+5D2A [ソツ、ゾチ/]
◆山や崖が高く切り立っているさま、同「崒」
山3+8=総画数11 U+5D2B [クツ、ゴチ/]
◆ぐっと高く突き出ている山、またそこだけが(それだけが)高く突き出ているさま、同「崛」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:崫】魚勿反山也又特立也又同上」
筆順
山3+8=総画数11 U+5D2C [トウ、ツウ/]
◆[壮]樹林や森林、山深い「【古壮字字典:n:崬】樹林、森林、深山」
山3+8=総画数11 U+5D2D [サン、ゼン、ザン/] 嶄嶃
◆山がひときわ高く聳(そび)え立つさま
◆「巌崭ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「巉巖」
山3+8=総画数11 U+5D2E [コ、ク/]
◆山名字、特に高く聳(そび)え立ち頂上が平らな山を指す名という、同「崓」、代表的なものに山東省南東部臨沂市・日照市・江蘇省北部連雲港市一帯の山々を総称した「沂蒙七十二崮」がある {山東省} {江蘇省}
山3+8=総画数11 U+5D2F [ギン、ゴン/] 崟𡷧
◆山が高く聳(そび)え立つさま、「岑崟シンギン」
漢字林(非部首部別)
山3+8=総画数11 U+5D30 [シ、ジ/] 𡸟
◆「崰嶷シギ」、(山が)高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
𡘶大部
𡸒山3+8=総画数11 U+21E12 [ロツ、ロチ/]
◆(山が)高く切り立っているさま、同「𥓎」「【字彙:寅集:山部:𡸒】同硉」
𡸓山3+8=総画数11 U+21E13 [キョウ、コウ/] 羌羗𦍑猐獇𠒌𦍎𡹽𡺛
◆古くは主に青海省・チベット自治区・四川省西部(現在は四川省北部)に生活していた少数民族の名 {四川省}
𡸔山3+8=総画数11 U+21E14 [ケイ、エ/]
◆「𡸔闖ケイチン」、梁四公の一人、同「𦋅闖」「【名疑:巻三】梁四公子名甚異後裔各以爲姓一曰仉齊一曰䨲本一曰𦋅闖一曰䴰䵎…𦋅戸圭切音攜或作毒又作𡸔又作䙵義同闖敕蔭切音趁…(「䨲本」は「䨲杰バンケツ」、「毒」は未詳)
𡸕山3+8=総画数11 U+21E15 [キュウ、ク/] 𡹗
◆山の形、「𡸕𡺺キュウキュウ」(「大きく高く盛り上がった形の山」か?)「【集韻:卷一:平聲一:東第一:𡺺𡾈】𡸕𡺺山形」
◆人名用字、「趙士𡸕チョウシキュウ(北宋第2代皇帝太宗タイソウの五世孫「【宋史:卷二百四十七:列傳第六:宗室四】…士𡸕字仰夫太宗五世孫…」)」
𡸖山3+8=総画数11 U+21E16 [ガイ、ゲ/]
◆山が高く険(けわ)しいさま
𡸘山3+8=総画数11 U+21E18 [シュ、ス/] 𡸨
◆「𡸘嵎シュグ」、山が高く切り立つさま、高く切り立った崖(がけ)
𡸙山3+8=総画数11 U+21E19 [キン、コン/] 峮㟒
◆「𡸙嶙キンリン」「嶙𡸙リンキン」、山が連(つら)なっているさま
𡸚山3+8=総画数11 U+21E1A [サン、ゼン/] 嶘𡺄
◆山が飛び抜けて高く聳(そび)えるさま、同「㟞」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡸚】俗嶘或作㟞正士限反㟞嵃山貌也」
𡸛山3+8=総画数11 U+21E1B [ギン、ゴン/]
◆二つの山が並び聳(そび)え立つさま
𡸝山3+8=総画数11 U+21E1D [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:寅集中:山部:崒】…𡸝《集韻》同上」
𡸞山3+8=総画数11 U+21E1E [カン、コン/]
◆穴、窪(くぼ)み、同「坎」
𡸟山3+8=総画数11 U+21E1F [シ、ジ/]
◆「𡸟嶷シギ」、(山が)高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
𡸠山3+8=総画数11 U+21E20 [タイ、テ、ツイ/] 𡸬
◆土を積み盛り上げた堤(つつみ)、用水路のための堤防テイボウ、同「𡻛」「【新安志:卷第十:記聞】州南數里有岸特高號浣沙𡸠…」「【正字通:寅集中:山部:𡸠】舊註同堆聚土爲𡸠按六書本作𠂤別作𡺾𡸠卽𡺾之譌省…」
𡸡山3+8=総画数11 U+21E21 [未詳/]
◆山の洞窟ドウクツ、洞穴(ほらあな)、同「峇」
𡸢山3+8=総画数11 U+21E22 [ゲツ、ゲチ/] 𡸣
◆「嶢𡸢ギョウゲツ」「嵽𡸢・嵽嵲テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま
𡸣山3+8=総画数11 U+21E23 [ゲツ、ゲチ/] 𡸢
◆「嶢𡸣ギョウゲツ」「嵽𡸣・嵽嵲テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま
𡸧山3+8=総画数11 U+21E27 [ビン、ミン/] 岷崏㟭𣊽𡼐㟩𡹋㞶
◆「𡸧山ビンザン・ミンサン」、甘粛省南部から四川省西北部に続く山脈 {甘粛省} {四川省}
◆「𡸧江ビンコウ・ミンコウ」、川名、岷山を源とし長江に注ぐ
𡸨山3+8=総画数11 U+21E28 [シュ、ス/] 𡸘
◆「𡸨嵎シュグ」、山が高く切り立つさま、高く切り立った崖(がけ)
𡸩山3+8=総画数11 U+21E29 [キ/]
◆筋や関節がぴったりと折り曲がるさま、同「腃」「【喻林:卷三:七述】肌肉麤厚筋節𡸩急」
◆険しい山がぴったりと折り重なっているさま「【大復集:卷三:七述】㠑嵬崼𡸣𡷠崔﨑穹㟡𡽘百折漼澯焉」
𡸬山3+8=総画数11 U+21E2C [タイ、テ、ツイ/] 𡸠
◆土を積み盛り上げた堤(つつみ)、用水路のための堤防テイボウ、同「𡻛」「【新安志:卷第十:記聞】州南數里有岸特高號浣沙𡸠…」「【正字通:寅集中:山部:𡸠】舊註同堆聚土爲𡸠按六書本作𠂤別作𡺾𡸠卽𡺾之譌省…」
𡸰山3+8=総画数11 U+21E30 [未詳/]
◆「𡸰嵻(音未詳)」、山名、未詳「【別國洞冥記:第二】…進𡸰嵻細棗出𡸰嵻山山臨碧海上萬年一實如今之軟棗…」
𡸱山3+8=総画数11 U+21E31 [シン、ジン/]
◆慎(つつし)む、隅々まで心を配(くば)る、気を配る、同「慎」「【五音集韻:卷十一:震第一:愼】」…𡸱眘並古文亦姓」
漢字林(非部首部別)
𡸳山3+8=総画数11 U+21E33 [ギョウ/] 嶢峣嶤
◆山が高いさま
𡸴山3+8=総画数11 U+21E34 [ケン/けわ・しい] 嶮崄𡽗
◆山が高く切り立っているさま、行く手を遮(さえぎ)るように山が高く立ちはだかっているさま、同「険」
注解:日本製の簡体字で中国では殆ど使われない
筆順
𡸵山3+8=総画数11 U+21E35 [ソウ、ジョウ/] 崢峥
◆山が競(きそ)い立つさま、同「崝」
𡹃山3+8=総画数11 U+21E43 [リョウ/] 崚𡺿𡻴𪌨
◆「𡹃𡹃リョウリョウ」、山が鋭く高く聳(そび)え立つさま
◆「𡹃𡼳リョウソウ」、山が絶壁のように高く聳(そび)え立つさま
𡹄山3+8=総画数11 U+21E44 [ア、エ/]
◆地名用字「【蜀中廣記:卷六:名勝記第六】楊用修蜀志補罅云青城山有一百八景風…曰望岷𡹄…(「青城セイジョウ山」は四川省都江堰トコウエン市にある山名、「望岷𡹄ボウビンア」は「【天下名山記:遊玄嶽記】…樵人道由銅殿𡹄入予樵人當由𡹄入…」にも見られる)
𡹅山3+8=総画数11 U+21E45 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:山部:𡹅】同”埡”」
𡹈山3+8=総画数11 U+21E48 [ショウ、ジョウ/]
◆山が高いさま、山が高く険しいさま、「𡹈嶪ショウギョウ」
◆「䃳𡹈リョウショウ」、山が延々と連なっているさま、同「䃳𥓐」
𡹊山3+8=総画数11 U+21E4A [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡹊】同垠」
𡹋山3+8=総画数11 U+21E4B [ビン、ミン/] 岷崏㟭𣊽𡼐㟩𡸧㞶
◆「𡹋山ビンザン・ミンサン」、甘粛省南部から四川省西北部に続く山脈 {甘粛省} {四川省}
◆「𡹋江ビンコウ・ミンコウ」、川名、岷山を源とし長江に注ぐ
𡹍山3+8=総画数11 U+21E4D [未詳/]
◆未詳
𡹏山3+8=総画数11 U+21E4F [コウ/おか] 岡𡶬𦊤𡶩𡷇冈崗岗㟵𡹤㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
𡹐山3+8=総画数11 U+21E50 [未詳/]
◆山が高く大きいさま、山が高く聳(そび)えるさま「【揚子雲集:卷五:蜀都賦】…漼粲交倚𡹐崪崛﨑…」
𡹑山3+8=総画数11 U+21E51 [ケン、ケイ、ギョウ/] 𡷨
◆山道、山の細道、同「蹊」
◆山並が途切れて深く落ち窪んだ所、谷、同「陘」
𡹓山3+8=総画数11 U+21E53 [キ/]
◆未詳
𡹔山3+8=総画数11 U+21E54 [ホウ/くず・れる] 崩𡷌𨻱𨹹
◆山が裂け土石が落下する、壊れて倒れる
◆破れる、ばらばらになる、決裂する
◆天子の死「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
𡹕山3+8=総画数11 U+21E55 [ゴウ/] 㟅𡼔
◆「崆𡹕コウゴウ」、岩山が高く聳(そび)え立っているさま
𡹗山3+8=総画数11 U+21E57 [キュウ、ク/] 𡸕
◆山の形、「𡹗𡺺キュウキュウ」(「大きく高く盛り上がった形の山」か?)「【集韻:卷一:平聲一:東第一:𡺺𡾈】𡸕𡺺山形」
◆人名用字、「趙士𡸕チョウシキュウ(北宋第2代皇帝太宗タイソウの五世孫「【宋史:卷二百四十七:列傳第六:宗室四】…士𡸕字仰夫太宗五世孫…」)」
𡹙山3+8=総画数11 U+21E59 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡹙】俗音掃」「【中華字海:山部:𡹙】同"归"」
𡹛山3+8=総画数11 U+21E5B [未詳/]
◆未詳「【静思集:卷一:歌行:題郭伯澄西𡹛山居】白日上東山晴光射西𡹛西𡹛山人開曉闗一襟…」「【曝書亭集:卷第十六:雨舟聮句】…晨𤼵𡹛東西疾風吹…」
𡹜山3+8=総画数11 U+21E5C [イ/]
◆「𡹜𡻣イイ」、山道がうねうねと曲がりくねっているさま「【古文苑:枚乗:梁王菟園賦】焉㠕㠕㟟𡽘崣𡻣(隑玉耒反隑隑企立貎㠕即嵬字吾回反㠕㠕髙峻貎㟟𡽘即巷路字山間之蹊徑也崣𡻣即委蛇字徑之曲折也)」
◆「嶊𡹜サイイ」、山が高く聳(そび)え立つさま
𡹝山3+8=総画数11 U+21E5D [コウ、ク/]
◆山が高く聳(そび)えるさま
◆「𡹝㟅コウゴウ」、岩山が高く聳え立っているさま
◆「𡹝峝コウトウ・コウドウ」、山名、甘粛省平凉市 {甘粛省}
𡹤山3+8=総画数11 U+21E64 [コウ/おか] 岡𡶬𦊤𡶩𡷇冈崗岗㟵𡹏㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
𡹦山3+8=総画数11 U+21E66 [未詳/]
◆小山(音未詳)の地神チジン(天に対しての地の神)の名、姓は「崇スウ」、字(あざな)は「𦣟𡼉(音未詳)」「【太清金液神氣經(《正統道藏》洞神部衆術類):卷中第二:地神姓名字秘文】…小山姓崇名𡹦字𦣟𡼉…」「【字彙補:寅集:山部:𡹦】音未詳金液神氣經小山名𡹦」
𡹨山3+8=総画数11 U+21E68 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡹨】助力切乘入聲崱也」
山3+9=総画数12 U+37DF [コウ、ゴウ/]
◆「㟟𡽘コウロ」、山間の細い道、同「巷路」「【古文苑:枚乗:梁王菟園賦】焉㠕㠕㟟𡽘崣𡻣(隑玉耒反隑隑企立貎㠕即嵬字吾回反㠕㠕髙峻貎㟟𡽘即巷路字山間之蹊徑也崣𡻣即委蛇字徑之曲折也)」
山3+9=総画数12 U+37E7 [ガク/] 崿𡼑㠋𡼰𡾙
◆山の高く切り立った崖(がけ)
◆(山や建物が)高くそそり立つさま
◆高く険しいさま
山3+9=総画数12 U+37E8 [タン/]
◆山名、未詳
◆人名用字、「【陝西通志:卷二十三:職官四:巡按陜西御史】趙㟨(順天人順治二年任)」
山3+9=総画数12 U+37E9 [ビン、ミン/] 岷崏㟭𣊽𡼐𡸧𡹋㞶
◆「㟩山ビンザン・ミンサン」、甘粛省南部から四川省西北部に続く山脈 {甘粛省} {四川省}
◆「㟩江ビンコウ・ミンコウ」、川名、岷山を源とし長江に注ぐ
山3+9=総画数12 U+37EA [イ/]
◆高い山が大きく抉(えぐ)れて奥まったところ、山の隈(くま)、同「隈」
山3+9=総画数12 U+37EB [セン、ゼン/] 𡺙
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:{⿱山槃}𡼃𡿏{⿱山浮}𡺙㟫】以上六字取一面呼之」「【字彙補:寅集:山部:㟫】才緣切音泉亦作𡺙」「【中華字海:山部:㟫】【中華大字典:山部:㟫】【中文大辭典:山部:㟫】同"泉"」
山3+9=総画数12 U+37ED [ビン、ミン/] 岷崏𣊽𡼐㟩𡸧𡹋㞶
◆「㟭山ビンザン・ミンサン」、甘粛省南部から四川省西北部に続く山脈 {甘粛省} {四川省}
◆「㟭江ビンコウ・ミンコウ」、川名、岷山を源とし長江に注ぐ
山3+9=総画数12 U+37EE [トツ、ドチ/]
◆「㟮屼トツコツ」、高く突き出ているさま、同「突兀」「【論衡:道虛篇】…此其比夫不名之地猶㟮屼也…」
◆[韓]「温㟮オントツ(온돌オンドル・구들クドゥル)」、床下に暖気を通して部屋を温める朝鮮半島の伝統的な暖房法、同「温䃐・温㷝・温堗」
山3+9=総画数12 U+37EF [ガク、ギャク/] 峉𡾆𡿃
◆「岝㟯・岝㟧・岞崿サクガク」、山が高く大きなさま、山が高く険(けわ)しいさま
山3+9=総画数12 U+37F7 [トウ/]
◆山が瘤(こぶ)のように高く盛り上がっているさま
山3+9=総画数12 U+55A6 [ガン、ゲン/] 𠹜
◆次から次へとよく喋(しゃべ)るさま、我先(われさき)にと喋るさま、同「讘」
注解:「嵒」
山3+9=総画数12 U+5D31 [ソク、ショク/]
◆「崱屴ソクリョク」、山が高く聳(そび)えるさま、高く聳(そび)える山が連なっているさま
筆順
山3+9=総画数12 U+5D32 [コウ、オウ/]
◆「岯崲湖ヒコウコ」、或いは「休崲湖キュウコウコ」、湖名、現浙江省紹興市「【宋書:卷六十七:列傳第二十七:*1謝靈運】…靈運旣不得*2回踵又求*2始寧*3岯崲湖爲田…」(「*1謝靈運シャレイウン(385年~433年)」は詩を能(よ)くした文学者、「*2回踵カイショウ(湖名、未詳)」「*2始寧シネイ(古地名)」はいずれも現浙江省紹興市、「*3岯崲湖」は【南史:卷十九:列傳第九:謝靈運】では「休崲湖」) {浙江省}
山3+9=総画数12 U+5D33 [ユ/]
◆「崳次ユジ」、地名、山名、現「榆次」、山西省晋中市楡次区 {山西省}
山3+9=総画数12 U+5D34 [ワイ、エ/]
◆「崴嵬ワイカイ」、山が高く険(けわ)しいさま
◆「崴㠢ワイカイ」、山は高く谷は深いさま
山3+9=総画数12 U+5D35 [ヨウ/]
◆「崵山ヨウサン」、遼河リョウガ以西にあるという山名、場所は未詳
◆「芒砀、𡵀砀ボウトウ」、山名、河南省商丘市永城市
◆「首崵山シュヨウサン」、山名、河南省洛陽市偃師市、同「首陽山」
山3+9=総画数12 U+5D36 [ホウ、フウ/]
◆山名、別名を龍門山といい封州フウシュウにあるとされるが未詳
◆人名用字、「高崶コウフウ(1499年~?年)」「韓崶カンフウ(1758年~1834年)」「唐景崶トウケイフウ(1853年~1884年)」
山3+9=総画数12 U+5D37 [シュウ、ジュ/] 𡺚𡷾
◆「崷崪シュウソツ」、山が高く険(けわ)しいさま、高く険しい山が連なっているさま
山3+9=総画数12 U+5D38 [トン/]
◆山名、未詳
山3+9=総画数12 U+5D39 [テイ、ダイ/]
◆「崥崹ヘイテイ」、山が高く切り立っているさま「【晉書:列傳第二十五:夏侯湛】…瓊巘層崚金㟁崥崹右當風谷左臨雲谿上無陵虛之巢下無跖實之蹊…」「【正字通:寅集中:山部:崹】俗嵽字」
注解:「【集韻:卷二:平聲:齊第十二:崹】崥崹山形漸平皃」とあるが?
山3+9=総画数12 U+5D3A [イ/]
◆「峛崺リイ」◇砂丘のように高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、同「崺㠧イビ」「邐迤」「【廣韻:上聲:紙第四:酏:崺】峛崺沙丘狀峛音邐」◇なだらかに起伏しながら続く道
山3+9=総画数12 U+5D3B [チ、ジ/そばだ・つ]
◆そばだ・つ、聳(そび)え立つ、高くまっすぐに立つ
山3+9=総画数12 U+5D3C [シ、ゼ/]
◆山(やま)
◆「崼㟴シガイ」、山が高くそそり立つさま「【古文苑:卷四:蜀都賦】…諸徼崼𡸣五矹參差(…崼㟴音垤業不齊貎五岏山名…)」
山3+9=総画数12 U+5D3D [サイ、セ/]
◆子(こ)、子ども、幼い、「崽子サイシ」
◆子どもを呼ぶ際に用いる語、子どもを指して「これ(そこの子)」、(主に湖南省一帯の方言で)悪戯(いたずら)などをする子に対して「この(餓鬼がき、小僧こぞう)」 {湖南省}
山3+9=総画数12 U+5D3E [ヨウ/]
◆山名、未詳
◆地名用字、「崾嶮ヨウケン(現甘粛省平涼市「【甘肅通志:卷十:平凉府:安化縣】膠泥崾嶮 在縣東三十五里又大崾嶮在縣西十五里又瓦崾嶮在縣西四十里…」) {甘粛省}
崿山3+9=総画数12 U+5D3F [ガク/] 𡼑㟧㠋𡼰𡾙
◆山の高く切り立った崖(がけ)
◆(山や建物が)高くそそり立つさま
◆高く険しいさま
山3+9=総画数12 U+5D40 [チョ、ジョ/]
◆山が高く聳(そび)え立つつま、「天嵀テンチョ(天に向かって高く聳そびえ立つさま)」「【爾雅注疏:釋山】…泰山為東嶽華山為西嶽霍山為南嶽(《注》)即天柱山…」「【御定歷代賦彙:補遺巻二:地理:齊雲山賦】…河津岟嵒嵒之崱嵀兮…」
山3+9=総画数12 U+5D41 [カン、コン、ゴン/]
◆高く切り立った山、ごつごつとした岩山
山3+9=総画数12 U+5D42 [リツ、リチ/] 𡷏
◆山が高く険しいさま、「嵂崒リツソツ」
山3+9=総画数12 U+5D43 [ゲン、ゴン/]
◆(山・崖・建物などが)高く聳(そび)え立つさま
山3+9=総画数12 U+5D44 [ビ、ミ/]
◆山
山3+9=総画数12 U+5D45 [カン/]
◆「嵐嵅ランカン」、山名、一説に山のさま、未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:嵅】古暗切又古南胡耽二切嵐嵅山名」「【字彙:寅集:山部:嵅】古咸切音緘嵐嵅山貌」
山3+9=総画数12 U+5D46 [ケイ、ケ/]
◆「嵆康ケイコウ」、三国時代(220年~280年)の魏ギ国(曹魏、220年~266年)の文人、223年~263?年、豫ヨ州譙ショウ郡(現安徽省淮北市濉渓県)の人、「嵆山ケイザン(山名、安徽省宿州市)」の名は「嵆康」が住んでいたことに因むという {安徽省}
筆順
山3+9=総画数12 U+5D47 [ケイ、ケ/]
◆「嵇康ケイコウ」、三国時代(220年~280年)の魏ギ国(曹魏、220年~266年)の文人、223年~263?年、豫ヨ州譙ショウ郡(現安徽省淮北市濉渓県)の人、「嵇山ケイザン(山名、安徽省宿州市)」の名は「嵇康」が住んでいたことに因むという {安徽省}
筆順
山3+9=総画数12 U+5D48 [カン、ガン/]
◆山名
山3+9=総画数12 U+5D49 [テイ、ジョウ/]
◆「嵉山テイザン」、山名、山西省 {山西省}
山3+9=総画数12 U+5D4B [ビ、ミ/] 𡼴
◆「峨嵋山ガビサン」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
筆順
山3+9=総画数12 U+5D4C [カン、ケン/は・める]
◆は・める、窪(くぼ)みや空(あ)いたところ(空いているところ)に物を入れ込む、入れて動かないようする、「象嵌・象眼ゾウガン」、同「篏」
◆高い山に囲まれて窪んだところ、同「㟛」
筆順
山3+9=総画数12 U+5D4D [ボウ、モウ、ブ、ム/] 𡻒𡺱𥓺
◆小高い山、また丘
◆「巏嵍ケンボウ」、山名、河北省邢台市隆堯県、但し確認できなかった
山3+9=総画数12 U+5D4E [グ、グウ/]
◆山の奥まったところ、同「隅」
◆「嵎夷、嵎峓グウイ」、別名を「暘谷ヨウコク」といい「東方の陽の出(い)ずるところ」といわれた、一説では現山東半島東端を指すといい、また特定の地名ではなく単に「陽の出ずるところ」を指すともいう、同「堣夷」「【廣韻:上平聲:巻第一:虞第十:堣】堣夷日所出處書亦作嵎」
◆「封嵎ホウグウ」、山名、今は「封山」「嵎山」と二山だが古くは一山とし「封嵎」と呼んだという、武康ブコウ縣(現浙江省湖州市徳清県武康鎮)「【說苑:卷十八:辨物】…孔子曰汪芒氏之君守封嵎之山者也…」「【說文解字注:山部:嵎】封嵎之山也在吳楚之閒𣷪芒之國(…今封嵎二山在浙江省湖州府武康縣東實一山也…)」
筆順
山3+9=総画数12 U+5D4F [ソウ、ス/] 嵕𡽀
◆高く聳える山が並んでいるさま
◆「九嵏山クソウザン」、山名、陝西省咸陽市礼泉(元醴泉)県 {陝西省}
山3+9=総画数12 U+5D50 [ラン/あらし] 岚㞩
◆山間部に立ち籠(こ)める幾らか湿気を含んだ空気、また風、山間部に発生する靄(もや)や霧(きり)
◆[日]あらし、激しく吹く風
筆順
山3+9=総画数12 U+5D51 [カツ、カチ、ケツ、ゴチ/]
◆山がひときわ高く聳(そび)え立つさま、「嶱嵑カツカツ」
◆全体が丸い(或いは頭頂部が丸い)石碑、方形の石碑は「碑」、同「碣」
山3+9=総画数12 U+5D52 [ガン、ゲン/] 嵓𠼧
◆山のように折り重なった岩、巌(いわお)
注解:「喦」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+9=総画数12 U+5D53 [ガン、ゲン/] 嵒𠼧
◆山のように折り重なった岩、巌(いわお)
筆順
山3+9=総画数12 U+5D54 [イ/]
◆高い山が大きく抉(えぐ)れて奥まったところ、山の隈(くま)、同「隈」
山3+9=総画数12 U+5D55 [ソウ、ス/] 嵏𡽀
◆高く聳える山が並んでいるさま
◆「九嵕山クソウザン」、山名、陝西省咸陽市礼泉(元醴泉)県 {陝西省}
山3+9=総画数12 U+5D56 [サ/]
◆「嵖岈・嵯峨サガ」、高低不揃いの山が鋸の歯のようにぎざぎざと連なっているさま
山3+9=総画数12 U+5D57 [セイ、サイ/とし] 歳歲𡻕𢧡𢧍𢧁岁亗
◆年(とし)、一年、同じ季節が一巡する期間
◆年齢、年齢を数える語
◆その年の穀物の収穫の具合
◆木星、五星ゴセイ(木星・土星・水星・火星・金星)の一つ
山3+9=総画数12 U+5D59 [未詳/やましな]
◆「大嵙崁(音未詳)」、古地名、現台湾桃園市大渓区 {台湾}
◆[日]山科(やましな)、山(やま)と科(しな)の合字
山3+9=総画数12 U+5D5A [キン、コン/] 嶔𡼲
◆(山が)高く聳(そび)え立つさま、「嵚崟・䃢碒キンギン」、同「䃢」
◆険(けわ)しく危(あや)ういさま、崩(くず)れそうで危(あや)ういさま、「嵚巇キンキ」
山3+9=総画数12 U+5D5B [ユ/]
◆「崑嵛コンユ」、山名、山東省煙台市・威海市境 {山東省}
山3+9=総画数12 U+5D5C [キ/さき] 崎﨑𡼋𡼭㟢
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
◆[日]陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「埼」「碕」
筆順
山3+9=総画数12 U+5D5D [ロウ、ル/]
◆山頂サンチョウ、山の頂(いただき)、同「㟺」
◆「岣嵝コウロウ」、峰名、衡山コウザン(道教の五岳の一つで南岳とも呼ばれる)七十二峰の一つ、湖南省衡陽市南岳区 {湖南省}
◆「㟝嵝ハイロウ」、土を重ね盛った小さな丘、同「培塿」「【廣韻:上聲:巻第三:厚第四十五:培】培塿小阜或作㟝」
山3+9=総画数12 U+5D6B [シ/]
◆「崦嵫エンジ」◇西方にあったという山の名「【山海經:西山經】又西二百二十里曰鳥鼠同穴之山…西南三百六十里曰崦嵫之山(日没所入山也…)」「【水經注:卷三十七:流沙地在張掖居延縣東北】…亦言出鍾山西行極崦嵫之山在西海郡北…」(「【漢語大字典:山部:崦】[崦嵫]山名。在甘肃省天水市西…」によれば甘粛省天水市の西方という)◇陽が沈むところ
◆「嵫陽シヨウ」、古県名、山東省済寧市兗州区 {山東省}
山3+9=総画数12 U+FA11 [キ/さき] 崎𡼋𡼭㟢嵜
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
◆[日]陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「埼」「碕」
筆順
𡎨土部
𡹫山3+9=総画数12 U+21E6B [ケイ、キョウ/] 坰埛
◆遥(はる)か遠く離れた土地、同「冂」「冋」、都(みやこ)を囲む城壁の外に広がる地で都から百里以内の地を「郊コウ」、その外を「野ヤ」、その外を「林リン」、その外を「坰ケイ」といった「【爾雅:釋地】邑外謂之郊郊外謂之牧牧外謂之野野外謂之林林外謂之坰」
𡹭山3+9=総画数12 U+21E6D [テツ、デチ/]
◆「𡹭𡸢・嵽𡸣テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:𡹭】音昳𡹭𡸢山皃𡸢魚結切𡹭𡸢𡿖𡶫並同上」
𡹮山3+9=総画数12 U+21E6E [エン/]
◆「𡹮嵫エンジ」◇西方にあったという山の名「【山海經:西山經】又西二百二十里曰鳥鼠同穴之山…西南三百六十里曰崦嵫之山(日没所入山也…)」「【水經注:卷三十七:流沙地在張掖居延縣東北】…亦言出鍾山西行極崦嵫之山在西海郡北…」「【漢語大字典:山部:崦】[崦嵫]山名。在甘肃省天水市西…」によれば甘粛省天水市の西方という◇陽が沈むところ
𡹱山3+9=総画数12 U+21E71 [未詳/]
◆山が見たこともない程に険しいさま「【古文苑:枚乗:梁王菟園賦】崟巖𡹱嵸巍𨝖焉(岑音𡷧𡹱疑是巃字嵸即空反𨝖音釐巃嵸巍𨝖皆山之險怪狀)」
𡹴山3+9=総画数12 U+21E74 [ショウ、ジョウ/]
◆「𡹴山ジョウサン」、島名、浙江省舟山市嵊泗県、浙江省東方の舟山群島に属する「嵊泗ジョウシ列島」の一つ、「嵊泗」は「嵊山」と「泗礁シショウ山」の頭字を採(と)ったもの {浙江省}
◆「𡹴州ジョウシュウ」、市名、浙江省紹興市嵊州市
𡹺山3+9=総画数12 U+21E7A [ショウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま、険(けわ)しいさま
◆厳(きび)しいさま、甚(はなは)だしいさま
◆「峬𡹺ホショウ」、(山の、山並みの)姿が素晴らしいさま、姿かたちが美しいさま、同「俊俏シュンショウ」
𡹻山3+9=総画数12 U+21E7B [ト、ズ/]
◆山名、浙江省紹興市嵊州市、「𡹻嵊トジョウ(嶀山と嵊山を併せた称)」 {浙江省}
𡹼山3+9=総画数12 U+21E7C [ガン/]
◆仰(あお)ぐ、見上げる、顔を上に向けて見る、同「屵」「【集韻:卷五:上聲上:阮第二十:屵𡹼】仰也」
𡹽山3+9=総画数12 U+21E7D [キョウ、コウ/] 羌羗𦍑猐獇𠒌𦍎𡸓𡺛
◆古くは主に青海省・チベット自治区・四川省西部(現在は四川省北部)に生活していた少数民族の名 {四川省}
𡹿山3+9=総画数12 U+21E7F [未詳/] 𡴞𡻏
◆未詳「【說文解字:夲部:𡴞】進也从𠦍从屮允聲易曰𡴞𦫵大吉(余準切)」
𡺂山3+9=総画数12 U+21E82 [未詳/]
◆未詳
𡺃山3+9=総画数12 U+21E83 [ショウ、ソウ/]
◆山が高いさま
◆「𡺃𡺃ショウショウ」、水が激しく打ち当たってしぶきが高く飛び散る音の形容
𡺄山3+9=総画数12 U+21E84 [サン、ゼン/] 嶘𡸚
◆山が飛び抜けて高く聳(そび)えるさま、同「㟞」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡸚】俗嶘或作㟞正士限反㟞嵃山貌也」
𡺆山3+9=総画数12 U+21E86 [タ、ダ/] 嶞𡽃
◆山が高く大きいさま「【毛詩注疏:巻二十八:周頌:賚一章六句】陟其高山嶞山喬嶽允猶翕河」
𡺊山3+9=総画数12 U+21E8A [未詳/]
◆未詳「【中華字海:山部:𡺊】姓。」
𡺍山3+9=総画数12 U+21E8D [未詳/]
◆未詳「【史記索𨼆:卷九:天官書第五】曰跰踵(天文志作路𡺍字詁云𡺍今作踵也)」
𡺑山3+9=総画数12 U+21E91 [テツ、デチ/]
◆山が高いさま「【列朝詩集:丙集第十二:黃山雜詩】…黃山奠南服𡺑嶭分楚望…」「【漢語大字典:山部:𡺑】[𡺑嵲]高山」
𡺙山3+9=総画数12 U+21E99 [セン、ゼン/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:{⿱山槃}𡼃𡿏{⿱山浮}𡺙㟫】以上六字取一面呼之」「【字彙補:寅集:山部:㟫】才緣切音泉亦作𡺙」「【中華字海:山部:㟫】【中華大字典:山部:㟫】【中文大辭典:山部:㟫】同"泉"」
𡺚山3+9=総画数12 U+21E9A [シュウ、ジュ/] 崷𡷾
◆「𡺚崒シュウソツ」、山が高く険(けわ)しいさま、高く険しい山が連なっているさま
𡺛山3+9=総画数12 U+21E9B [キョウ、コウ/] 羌羗𦍑猐獇𠒌𦍎𡹽𡸓
◆古くは主に青海省・チベット自治区・四川省西部(現在は四川省北部)に生活していた少数民族の名 {四川省}
𡺟山3+9=総画数12 U+21E9F [ケン、ゴン/] 巏𡺹
◆「𡺟𡺱ケンボウ」、山名、河北省邢台市隆堯県、但し確認できなかった
𡺡山3+9=総画数12 U+21EA1 [未詳/]
◆未詳
𡺢山3+9=総画数12 U+21EA2 [未詳/]
◆山が高く聳(そび)え立っているさま「【康熙字典:寅集中:山部:嶃】…《【劉峻始營山居詩》開軒望嶃𡺢」
𤯧生部
山3+10=総画数13 U+37EC [ソウ、シュ、ショ/]
◆「㟬崮ソウコ」◇川名「【水經注:卷二十五:沂水】…又東南與㟬崮水合水有二源雙會東導一川俗謂之汶水也…」◇山名、山東省臨沂市蒙陰県、「崮」参照「【 欽定大清一統志:卷一百四十:沂州府:㟬崮山】在䝉隂縣西南七里」 {山東省}
山3+10=総画数13 U+37F0 [メイ、ミョウ/]
◆「巊㟰エイメイ」、(霧などが立ち込めて)山谷が薄暗いさま
山3+10=総画数13 U+37F4 [ガイ、ゲ、カイ/] 嵬㠕
◆山が高く大きいさま、山が高く聳(そび)え立つさま、同「巍」
◆「崔㟴サイカイ」◇山が高く聳え立つさま◇石や岩が高く折り重なって険(けわ)しいさま
◆「崴㟴ワイカイ」、山が高く険しいさま
筆順
山3+10=総画数13 U+37F5 [コウ/おか] 岡𡶬𦊤𡶩𡷇冈崗岗𡹏𡹤㟠𨹽𠆼
◆土地が小高くなっている所
◆山の尾根、高みが連なっているところ、同「堽」
山3+10=総画数13 U+37F8 [コウ/] 𡼗𡻇
◆「㟸㟉コウロウ」◇東屋(あずまや)の名、未詳◇山名、未詳
◆「㟎㟸タコウ」、山が高く聳(そび)え立つさま
山3+10=総画数13 U+37FC [ゴウ/]
◆山に小さな石がごろごろと転がっているさま、一面石(小さな石)だらけの山、同「㠂」「磝」
◆山が高いさま
◆ぐらぐするさま、揺れ動くさま
山3+10=総画数13 U+3802 [ゴウ/]
◆山に小さな石がごろごろと転がっているさま、一面石(小さな石)だらけの山、同「嶅」「磝」
◆「嵪㠂コウゴウ」、山が高く険しいさま「【集韻:卷三:平聲:𩫞第六:嵪】嵪㠂山峻」
山3+10=総画数13 U+380F [カ、ゲ/]
◆「㠏𡸉カリ」、山名、江蘇省無錫市「【無錫縣志:卷二:㠏𡸉山】在龍山西去州一十八里惠山諸峯至龍山龍尾稍斷数十步然後突起為㠏𡸉山其斷處曰㠏𡸉口由㠏𡸉口以通湖上諸山…」 {江蘇省}
山3+10=総画数13 U+5D4A [ショウ、ジョウ/] 𡹴
◆「嵊山ジョウサン」、島名、浙江省舟山市嵊泗県、浙江省東方の舟山群島に属する「嵊泗ジョウシ列島」の一つ、「嵊泗」は「嵊山」と「泗礁シショウ山」の頭字を採(と)ったもの {浙江省}
◆「嵊州ジョウシュウ」、市名、浙江省紹興市嵊州市
筆順
山3+10=総画数13 U+5D58 [エイ、ヨウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま、同「峵」
◆「峥嵘ソウエイ」、高い山が競い立つさま
山3+10=総画数13 U+5D5E [ト、ズ/] 𡽚峹𡸂𡷣
◆「嵞山トザン」、会稽山カイケイザンの古称、浙江省紹興市南方の山 {浙江省}
漢字林(非部首部別)
山3+10=総画数13 U+5D5F [タイ、ツイ/]
◆山が高いさま
山3+10=総画数13 U+5D60 [ケイ、ケ/]
◆細い川が流れている谷、同「谿」
◆両側が切り立っている谷間を流れる小川、同「溪」
山3+10=総画数13 U+5D61 [オウ、ウ/]
◆山貌、未詳「【集韻:卷五:上聲上:董第一:嵡】山皃」「【御定全唐詩:卷一百三十二:望鳴臯山白雲寄洛陽盧主簿】…嵡嵸殊未巳崚嶒忽相向…」
筆順
山3+10=総画数13 U+5D62 [ソウ/]
◆山の姿形
山3+10=総画数13 U+5D63 [トウ、ドウ/]
◆「嵣㟐トウボウ」、岩山がどこまでも広がっているさま「【重刻昭明文選李善註:文選卷四:南都賦】…其山則崆(口江)𡹕(五江)嶱(苦葛)嵑(五葛)嵣(犬朗)㟐(莽)嶚(遼)剌(力割切崆𡹕嶱嵑山石高峻之貌字書曰崆山貌也嵣㟐山石廣大之貌嶚山高而相戾也…)…」
◆「𡵀嵣ボウトウ」、山名、未詳
山3+10=総画数13 U+5D64 [エイ、ヨウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま
◆「嶺嵤レイエイ」、山深いさま、山が奥深いさま
山3+10=総画数13 U+5D65 [ケツ、ゲチ/]
◆山が高く鋭く聳(そび)え立つさま
山3+10=総画数13 U+5D66 [ガイ/]
◆「崃嵦ライガイ」、山、或いは山名、未詳
山3+10=総画数13 U+5D67 [リュウ、ル/]
◆「岣嵧コウリュウ」、未詳「【廣韻:下平聲:尤第十八:劉:嵧】岣嵧羅君山峯」「【正字通:寅集中:山部:嵧】譌字舊註音畱岣嵧羅君山峯誤」
山3+10=総画数13 U+5D68 [オ、ウ/]
◆山名、未詳「【嘉泰會稽志:卷第十八:拾遺】東箱山十道志云內有嵨山」
◆「嵨源オゲン」、古地名、廣信コウシ府貴溪キケイ縣交界、現江西省鷹潭市貴渓市付近「【江西通志:卷六:萬年縣】一小陸路自縣往東南四十四里至嵨源廣信府貴溪縣交界…」 {江西省}
山3+10=総画数13 U+5D69 [シュウ、スウ/かさ、かさ・む]
◆山が高いさま
◆「嵩山スウザン」、五嶽ゴガク(中国の代表的な五名山、「嶽」参照)の一つで「中嶽チュウガク」と呼ばれる、河南省鄭州市登封市、同「崧山」 {河南省}
◆[日]かさ◇高く積み上がったもの◇体積や容積◇高い所、高い位置(有利な状況)を利用するさま
◆[日]かさ・む、積み上がる、積み上がって大きくなる
筆順
山3+10=総画数13 U+5D6A [コウ、キョウ/]
◆「嵪㠂コウゴウ」、山が高く険しいさま
山3+10=総画数13 U+5D6C [ガイ、ゲ、カイ/] 㟴㠕
◆山が高く大きいさま、山が高く聳(そび)え立つさま、同「巍」
◆「崔嵬サイカイ」◇山が高く聳え立つさま◇石や岩が高く折り重なって険(けわ)しいさま
◆「崴嵬ワイカイ」、山が高く険しいさま
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+10=総画数13 U+5D6D [ホウ/]
◆未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:嵭】布庚切崩嵭也」「【康熙字典:寅集中:山部:嵭】《玉篇》布耕切音崩義闕」「【說略:卷二十七】…嵭嵣山有桃樹…(「嵭嵣」は「𡵀嵣・芒碭」のことか)「【漢字林:山部:嵭】山が崩れる(【玉篇】の「崩嵭也」を引いたものか? ただこの「崩」は「布庚切崩」で音を表すのではないかと思われる)
筆順
山3+10=総画数13 U+5D6E [テン/いただき] 巓巔巅𡻗
◆山の頂(いただき)、頂上チョウジョウ
山3+10=総画数13 U+5D6F [サ、ザ/] 𡾑嵳𡽓𠪉
◆「嵯峨サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
筆順
山3+10=総画数13 U+5D70 [ケン/]
◆山が高い険しいさま
山3+10=総画数13 U+5D71 [ヨウ、ユウ/]
◆「嵱嵷ヨウショウ」、峰(みね)が高く低く起伏しながら連なっているさま
山3+10=総画数13 U+5D72 [ゲツ、ゲチ/] 𡺼
◆「嵽嵲・嵽𡸣テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま「【蓬窗日錄:卷之八:詩談二】…非關嵽嵲阻登陟…」
山3+10=総画数13 U+5D73 [サ、ザ/] 嵯𡾑𡽓𠪉
◆「嵳峩サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+10=総画数13 U+5D74 [セキ、シャク/]
◆山の尾根
山3+10=総画数13 U+5D75 [未詳/]
◆地名用字「【東瀛識略:卷四:營制】協鎭澎湖…把總八員分巡八罩西嶼嵵裏風櫃…」
山3+10=総画数13 U+5D76 [/たお、たわ]
◆[日]「扇の嵶口(おぎのたわぐち、バス停、岡山県倉敷市児島赤崎)」、「才ノ嵶(さいのたわ、地名、岡山県岡山市東区)」
筆順
山3+10=総画数13 U+5D85 [ゴウ/]
◆山に小さな石がごろごろと転がっているさま、一面石(小さな石)だらけの山、同「㠂」「磝」
◆山が高いさま
◆ぐらぐするさま、揺れ動くさま
車部
𠨤卩部
𡺎山3+10=総画数13 U+21E8E [サン、ゼン、ザン/] 巉𡽡𡷭𡿣𡸊
◆山が高く切り立っているさま
◆「𡺎巖ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「嶄巖」
𡺫山3+10=総画数13 U+21EAB [トウ/]
◆山名、未詳
𡺭山3+10=総画数13 U+21EAD [未詳/]
◆未詳
注解:「𡻃」の異体字と思われる
𡺰山3+10=総画数13 U+21EB0 [ゲツ、ゲチ/] 嶭𡾦𡾲𡿗
◆「巀𡺰セツゲツ」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽市涇陽県、別名「嵯峨サガ山」 {陝西省}
𡺲山3+10=総画数13 U+21EB2 [シュン/]
◆山が高くそそり立つさま、高く険(けわ)しいさま、同「峻」
𡺳山3+10=総画数13 U+21EB3 [ヒン/] 豳㟗
◆古地名、周代(前11世紀~前256年)の先王公劉コウリュウが移り住んだ地、現陝西省咸陽市彬州市付近、この一帯には後の西魏代(535年~556年)に「豳州」が置かれ 、唐代(618年~907年)に「邠州」、現在は「彬州」に改称された {陝西省}
◆斑(まだら)、斑なさま、斑模様
漢字林(非部首部別)
𡺵山3+10=総画数13 U+21EB5 [サイ、ゼ/]
◆山名、在平林ヘイリン、未詳、「【漢語大字典:山部:𡺵】」は「湖北省随州市東北」とする‡「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:𡺵】仕皆切山在平林也」「【正字通:寅集中:山部:𡺵】俗字舊註音柴山在平林無稽」「【詩總聞:卷五:齊風:雞鳴:三章】…聞跡曰峱山在齊地當是如犬形嶑山𡺵山皆取形似」
𡺶山3+10=総画数13 U+21EB6 [ソク、サイ/ふさ・ぐ] 塞塞𡫼𡔂𥤧
◆隙間を埋める、空いている所に物を詰め込む、同「窒」
◆ぎっしりと詰める、満たす
◆隙間を埋めて行き来ができないようにする
◆(道を塞いで外敵の侵入を防ぐための)砦
◆険要ケンヨウの地
𡺹山3+10=総画数13 U+21EB9 [ケン、ゴン/] 巏𡺟
◆「𡺹嵍ケンボウ」、山名、河北省邢台市隆堯県、但し確認できなかった
𡺺山3+10=総画数13 U+21EBA [キュウ、グ、グウ/] 𡾈
◆山の形、「𡸕𡺺キュウキュウ」(「大きく高く盛り上がった形の山」か?)「【集韻:卷一:平聲一:東第一:𡺺𡾈】𡸕𡺺山形」
𡺻山3+10=総画数13 U+21EBB [未詳/]
◆未詳「【正字通:寅集中:山部:𡺻】壑字之譌」
𡺼山3+10=総画数13 U+21EBC [ゲツ、ゲチ/]
◆「嵽𡺼・嵽𡸣テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま「【蓬窗日錄:卷之八:詩談二】…非關嵽嵲阻登陟…」
𡺾山3+10=総画数13 U+21EBE [タイ、テ、ツイ/] 𡻛
◆土を積み盛り上げた堤(つつみ)、用水路のための堤防テイボウ、同「𡸠」「【漢書(前漢書):卷二十九:溝洫志】…蜀守李冰鑿離𡺾(晉灼日𡺾古堆字也𡺾岸也…)避沫水之害」
𡻃山3+10=総画数13 U+21EC3 [未詳/]
◆「峩𡺋泉(音未詳)、泉名、南陽ナンヨウ府内鄉ナイキョウ縣(現河南省南陽市内郷県)南五十里「【大清一統志:卷一百六十五:南陽府:山川】峩𡻃泉〈在内鄉縣南五十里…)」 {河南省}
𡻄山3+10=総画数13 U+21EC4 [未詳/]
◆未詳
𡻇山3+10=総画数13 U+21EC7 [コウ/] 𡼗㟸
◆「𡻇㟉コウロウ」◇東屋(あずまや)の名、未詳◇山名、未詳
◆「㟎𡻇タコウ」、山が高く聳(そび)え立つさま
𡻉山3+10=総画数13 U+21EC9 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:山部:𡻉】同"構"」
𡻋山3+10=総画数13 U+21ECB [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:午集下:穴部:窟】…《六書音義》亦作堀𡻋𢷈」
◆未詳「【蜀中廣記:卷三十一:邊防記第一】…月𡻋率寧人之有…(人名か?)
𡻍山3+10=総画数13 U+21ECD [ガ/] 峨峩𡽥𠩙
◆山が高く険しいさま
◆「𡽓𡻍サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
◆「峨嵋山ガビサン」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
𡻎山3+10=総画数13 U+21ECE [ケイ、エ、キ、スイ/] 巂雟嶲𡾧
◆車輪などの回転するものの大きさ(円周)の基準、一周は一丈九尺八寸「【經典釋文:卷十二】車輪轉一周為巂一周丈九尺八寸也」
◆「子𡻎・子規シキ」、カッコウ(郭公)、またホトトギス(杜鵑)、カッコウ科の鳥、別名「杜鵑トケン」「子䳠シスイ」
◆「𡻎周キシュウ」◇ツバメ(燕)、ツバメ科ツバメ属の鳥◇カッコウ(郭公)やホトトギス(杜鵑)などカッコウ科の鳥
◆「越𡻎エツスイ」、漢代から隋代にかけて置かれた郡名、現四川省凉山彝族自治州 {四川省}
漢字林(非部首部別)
𡻏山3+10=総画数13 U+21ECF [未詳/] 𡹿𡴞
◆未詳「【說文解字:夲部:𡴞】進也从𠦍从屮允聲易曰𡴞𦫵大吉(余準切)」
𡻐山3+10=総画数13 U+21ED0 [オウ、ウ/]
◆山名、未詳「【集韻:卷一:平聲一:東第一:𡻐】山名」
𡻒山3+10=総画数13 U+21ED2 [ボウ、モウ、ブ、ム/] 嵍𡺱𥓺
◆小高い山、また丘
◆「巏𡻒ケンボウ」、山名、河北省邢台市隆堯県、但し確認できなかった
𡻕山3+10=総画数13 U+21ED5 [セイ、サイ/とし] 歳歲嵗𢧡𢧍𢧁岁亗
◆年(とし)、一年、同じ季節が一巡する期間
◆年齢、年齢を数える語
◆その年の穀物の収穫の具合
◆木星、五星ゴセイ(木星・土星・水星・火星・金星)の一つ
𡻗山3+10=総画数13 U+21ED7 [テン/いただき] 巓巔巅嵮
◆山の頂(いただき)、頂上チョウジョウ
𡻟山3+10=総画数13 U+21EDF [バク、ミャク/]
◆「𡻟岶バクハク」、密ミツなさま、ものが隙間(すきま)なく並ぶさま、間(ま)を置かずに繰り返されるさま、高く聳(そび)える山が次から次へ並び続くさま、同「㵹𣶎」
漢字林(非部首部別)
𦞄月(肉)部
𩲈鬼部
山3+11=総画数14 U+37F9 [リョウ/]
◆「㟹嶆リョウソウ」、高く聳(そび)え立つ山が迫(せま)るさま「【晉書:列傳第二十五:張載】…嶰谷㟹嶆張其前…」
山3+11=総画数14 U+37FA [ロウ、ル/]
◆山頂サンチョウ、山の頂(いただき)、同「嶁」
山3+11=総画数14 U+37FB [セン、サン、ゼン/]
◆防御用の壕ゴウ(ほり、空堀)、また濠ゴウ(ほり、水堀)、同「塹」
◆山がひときわ高く聳(そび)え立つさま、同「嶄」
山3+11=総画数14 U+37FD [ヒョウ/]
◆山の峰(みね)また頂(いただき)、山の峰また頂が高く突き出ているさま、同「磦」
筆順
山3+11=総画数14 U+3800 [トウ/しま] 島𡷊岛嶌嶋
◆海や湖などの広い水の中の陸地、同「隝」「隯」「嶹」
注解:「海を渡る鳥が羽を休めることができるところ」の意
山3+11=総画数14 U+3801 [シン/] 嵾㟥𡼶
◆「㠁嵯シンサ」、不揃(ふぞろ)いなさま、高低不揃いの山が連(つら)なっているさま
山3+11=総画数14 U+5D77 [ショウ、ジュウ、ジュ/] 嵸𡵝𡵷
◆「嵱嵷ヨウショウ」、峰(みね)が高く低く起伏しながら連なっているさま
◆「巄嵷ロウショウ」◇山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま◇山がひときわ高く聳(そび)え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
山3+11=総画数14 U+5D78 [ショウ、ジュウ、ジュ/] 嵷𡵝𡵷
◆「嵱嵸ヨウショウ」、峰(みね)が高く低く起伏しながら連なっているさま
◆「巃嵸ロウショウ」◇山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま◇山がひときわ高く聳(そび)え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
山3+11=総画数14 U+5D79 [キョウ、ゴウ/]
◆「嵹臺キョウダイ」、山名、別名「西傾セイケイ山」、青海省黄南藏族自治州南部と甘肅省甘南藏族自治州西部にまたがる {青海省}
山3+11=総画数14 U+5D7A [リョウ/] 𡽟𡻪
◆山が高く聳(そび)え立つさま
◆「嵺廓リョウカク」、限りなく広く高いさま「【前漢書:卷五十七下:司馬相如傳第二十七下】上嵺廓而無天(師古曰嵺廓廣遠也)」
◆「𡷸嵺コウリョウ」、山が高く聳(そび)え立つさま「【唐文粹:卷三:朝享太廟賦】𡷸嵺以岳峙」
山3+11=総画数14 U+5D7B [コウ/]
◆「嵻㟍コウロウ」、山名、城名、未詳「【晉書:卷一百二十五:載記第二十五:乞伏熾磐】…熾磐以長安兵亂將始乃招結諸部一萬七千築城于嵻㟍山以據之…(「乞伏熾磐キップクシハン」は西秦シン(385年~431年)の第三代君主) {晋代}
◆「𡸰嵻(音未詳)」、山名、未詳「【別國洞冥記:第二】…進𡸰嵻細棗出𡸰嵻山山臨碧海上萬年一實如今之軟棗…」
山3+11=総画数14 U+5D7C [サン、セン/]
◆「𡾰嵼ケンサン」◇山が高く険(けわ)しく曲がりくねっているさま◇あれこれと思いが廻(めぐ)ってすっきりしないさま、同「蹇產」「【楚辭:卷第四:九章章句第四:渉江】…心絓結而不解𠔃(…)思蹇産而不釋(蹇産詰屈也言已乗船蹈波愁而恐懼則心肝縣結思念詰屈而不可解釋也補曰山曲曰𡾰嵼義與此同)」
山3+11=総画数14 U+5D7D [テツ、デチ/]
◆「嵽嵲・嵽𡸣テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま
山3+11=総画数14 U+5D7E [シン/] 㟥𡼶㠁
◆「㠁嵯シンサ」、不揃(ふぞろ)いなさま、高低不揃いの山が連(つら)なっているさま
嵿山3+11=総画数14 U+5D7F [テイ、チョウ/]
◆山名、未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:嵿】丁冷切山名」
◆山の頂(いただき)
山3+11=総画数14 U+5D80 [ト、ズ/] 𡹻
◆山名、浙江省紹興市嵊州市、「𡹻嵊トジョウ(嶀山と嵊山を併せた称)」 {浙江省}
山3+11=総画数14 U+5D81 [ロウ、ル/]
◆山頂サンチョウ、山の頂(いただき)、同「㟺」
◆「岣嶁コウロウ」、峰名、衡山コウザン(道教の五岳の一つで南岳とも呼ばれる)七十二峰の一つ、湖南省衡陽市南岳区 {湖南省}
◆「㟝嶁ハイロウ」、土を重ね盛った小さな丘、同「培塿」「【廣韻:上聲:巻第三:厚第四十五:培】培塿小阜或作㟝」
筆順
山3+11=総画数14 U+5D82 [ショウ/]
◆山が衝立(ついたて)のように切り立って行く手を遮(さえぎ)るさま、山が高く険しいさま
筆順
山3+11=総画数14 U+5D83 [サン、ゼン、ザン/] 嶄崭
◆山がひときわ高く聳(そび)え立つさま
◆「嶃巗ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「巉巖」
山3+11=総画数14 U+5D84 [サン、ゼン、ザン/] 崭嶃
◆山がひときわ高く聳(そび)え立つさま
◆「嶄巖ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「巉巖」
筆順
山3+11=総画数14 U+5D86 [ソウ、ゾウ/]
◆「㟹嶆リョウソウ」、高く聳(そび)え立つ山が迫(せま)るさま「【晉書:列傳第二十五:張載】…嶰谷㟹嶆張其前…」
山3+11=総画数14 U+5D87 [ク/] 岖岴
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
筆順
山3+11=総画数14 U+5D88 [ショウ、ソウ/] 𡺃
◆山が高いさま
◆「嶈嶈ショウショウ」、水が激しく打ち当たってしぶきが高く飛び散る音の形容
筆順
山3+11=総画数14 U+5D89 [スイ/]
◆「嶊嶉サイスイ」、山や木などが高く聳(そび)え立つさま、同「嶊崣サイイ」
山3+11=総画数14 U+5D8A [サイ/]
◆山や木などが高く聳(そび)え立つさま、「嶊崣サイイ」「嶊嶉サイスイ」
山3+11=総画数14 U+5D8B [トウ/しま] 島𡷊岛㠀嶌
◆海や湖などの広い水の中の陸地、同「隝」「隯」「嶹」
注解:「海を渡る鳥が羽を休めることができるところ」の意
筆順
山3+11=総画数14 U+5D8C [トウ/しま] 島𡷊岛㠀嶋
◆海や湖などの広い水の中の陸地、同「隝」「隯」「嶹」
注解:「海を渡る鳥が羽を休めることができるところ」の意
筆順
山3+11=総画数14 U+5D8D [シュウ/]
◆「嶍峨シュウガ」、古県名、「嶍シュウ山」と「峨ガ山」がありこれを合わせて「嶍峨」と称したが、後に「峨山」に改められた、現雲南省玉溪市峨山彝族自治県 {雲南省}
山3+11=総画数14 U+5D8E [イ/]
◆「嶎嵂嶺イリツレイ」、島名、別名「東海トウカイ島」、広東省東湛江市雷州市「【大清一統志:卷三百四十九:雷州府】嶎嵂嶺(在遂溪縣東南一百四十里海中一名東海島廣四十里長七十里…)」 {広東省}
◆未詳「【李太白集注:卷二十四:古近體詩共六十五首:其七】世路今太行迴車…(…魯靈光殿賦下岪嶎以璀錯…)」「【石田文集:卷三:夀故相秋谷】…春風岑嶎長琳琅」
𡺱山3+11=総画数14 U+21EB1 [ボウ、モウ、ブ、ム/] 嵍𡻒𥓺
◆小高い山、また丘
◆「巏𡺱ケンボウ」、山名、河北省邢台市隆堯県、但し確認できなかった
𡺿山3+11=総画数14 U+21EBF [リョウ/] 崚𡹃𡻴𪌨
◆「𡺿𡺿リョウリョウ」、山が鋭く高く聳(そび)え立つさま
◆「𡺿嶒リョウソウ」、山が絶壁のように高く聳(そび)え立つさま
𡻚山3+11=総画数14 U+21EDA [コウ/]
◆「𡻚崀コウロウ」、山の合間から空が大きく広がっているさま「【廣韻:上聲:蕩第三十七:慷:𡻚】𡻚崀山空」
𡻛山3+11=総画数14 U+21EDB [タイ、テ、ツイ/] 𡺾
◆土を積み盛り上げた堤(つつみ)、用水路のための堤防テイボウ、同「𡸠」「【漢書(前漢書):卷二十九:溝洫志】…蜀守李冰鑿離𡺾(晉灼日𡺾古堆字也𡺾岸也…)避沫水之害」
𡻜山3+11=総画数14 U+21EDC [テツ、デチ/] 𡼄
◆「𡻜𡸣・嵽𡸣・𡹭𡸢テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま
𡻝山3+11=総画数14 U+21EDD [ソウ、ショウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま、「嶚𡻝リョウソウ」「【晚晴簃詩匯:卷七十九:由文德關過相見坡至華巖洞小憩】…怯岡巒𡻝三峯離立殊顤顟…」
𡻢山3+11=総画数14 U+21EE2 [未詳/]
◆未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:𡻢】魚舉切山」
𡻣山3+11=総画数14 U+21EE3 [イ/]
◆「崣𡻣イイ」、山道がうねうねと曲がりくねっているさま「【古文苑:枚乗:梁王菟園賦】焉㠕㠕㟟𡽘崣𡻣(隑玉耒反隑隑企立貎㠕即嵬字吾回反㠕㠕髙峻貎㟟𡽘即巷路字山間之蹊徑也崣𡻣即委蛇字徑之曲折也)」
𡻤山3+11=総画数14 U+21EE4 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:广部第十二:{⿱麻业}𡻤】二俗麼正莫果反么麼細小也」「【集韻:卷三:平聲:麻第九:𡻤】山名」「【至正四明續志(四明續志):第五:土產:巿舶物貨】…𡻤香…」
𡻥山3+11=総画数14 U+21EE5 [ビ、ミ/] 㠧𡿐
◆「迤𡻥・崺𡻥イビ」、砂丘のように高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、同「峛崺・邐迤リイ」「【御定歷代賦彙:卷三十八:東平賦】…其北有連岡崺𡿐﨑{⿰山豦}…」
𡻦山3+11=総画数14 U+21EE6 [未詳/]
◆未詳「【正字通:寅集中:山部:𡻦】」舊註古文若字按古文从芔从右無从𡷈从石者𡷈卽芔之譌石卽右之譌也…」
𡻪山3+11=総画数14 U+21EEA [リョウ/] 嵺𡽟
◆山が高く聳(そび)え立つさま
◆「𡻪廓リョウカク」、限りなく広く高いさま「【前漢書:卷五十七下:司馬相如傳第二十七下】上嵺廓而無天(師古曰嵺廓廣遠也)」
◆「𡷸𡻪コウリョウ」、山が高く聳(そび)え立つさま「【唐文粹:卷三:朝享太廟賦】𡷸嵺以岳峙」
𡻬山3+11=総画数14 U+21EEC [ソク、ゾク/]
◆多くの木が一か所に集まって生えるさま
𡻭山3+11=総画数14 U+21EED [ルイ/] 𡿜𡻱𡿔
◆山が幾重(いくえ)にも重なり聳えているさま、同「𡼊」
𡻱山3+11=総画数14 U+21EF1 [ルイ/] 𡻭𡿜𡿔
◆山が幾重(いくえ)にも重なり聳えているさま、同「𡼊」
𡻲山3+11=総画数14 U+21EF2 [ボク、モク/むつ・む、むつ・まじい] 睦𡍬𡐑𥄈
◆互いに相手を思い仲良くする、仲が良い
◆和(なご)やかに親(した)しみ合う
𡻴山3+11=総画数14 U+21EF4 [リョウ/] 崚𡹃𡺿𪌨
◆「𡻴𡻴リョウリョウ」、山が鋭く高く聳(そび)え立つさま
◆「𡻴嶒リョウソウ」、山が絶壁のように高く聳(そび)え立つさま
𡻵山3+11=総画数14 U+21EF5 [未詳/]
◆石や岩の山、同「崊」
𡻷山3+11=総画数14 U+21EF7 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:山部:𡻷】同"岁(歳)"」
𡻺山3+11=総画数14 U+21EFA [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡻺】同帶」「【中華字海:山部:𡻺】同"嵽"」
𡻻山3+11=総画数14 U+21EFB [ト/]
◆山名、浙江省紹興市付近「【水經注:卷四十:漸江水】…𡻻山與嵊山接二山…(「漸江」は現在の「浙江(現銭塘江セントウコウ)」) {浙江省}
𡻼山3+11=総画数14 U+21EFC [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:山部:𡻼】同"彙"」
𡻾山3+11=総画数14 U+21EFE [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡻾】古文音民」「【康熙字典:寅集備考:山部:𡻾】《五音篇海》同民」
𡻿山3+11=総画数14 U+21EFF [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡻿】音義與岑同」
𡼀山3+11=総画数14 U+21F00 [カ/] 崋𡼙𡾀
◆「𡼀山カザン」、五岳の一つで「西嶽」ともいう、陝西省華陰市の南方、現「華山」 {陝西省}
𡼁山3+11=総画数14 U+21F01 [チ、リ/] 离𡴥
◆山林の精気から生じ人に災(わざわ)いを齎(もたら)すという妖怪ヨウカイ、同「魑」
◆同繁「離」
漢字林(非部首部別)
𡼃山3+11=総画数14 U+21F03 [ハ、バ/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:{⿱山槃}𡼃𡿏{⿱山浮}𡺙㟫】以上六字取一面呼之」「【字彙補:寅集:山部:𡼃】蒲波切音婆見海篇」
𡼄山3+11=総画数14 U+21F04 [テツ、デチ/] 𡻜
◆「𡼄𡸣・嵽𡸣・𡹭𡸢テツゲツ」、山が高いさま、高くそそり立つさま
𡼅山3+11=総画数14 U+21F05 [未詳/]
◆未詳
注解:「㟹」の異体字か?
𡼆山3+11=総画数14 U+21F06 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:山部:𡼆】【中華字海:山部:𡼆】同"嶇"(いずれも「【御定歷代賦彙:卷三十八:東平賦】…其北有連岡崺𡿐﨑{⿰山豦}…」を引くが《欽定四庫全書》《摛藻堂四庫全書薈要》本いずれも「𡼆」ではなく{⿰山豦})
𡼉山3+11=総画数14 U+21F09 [未詳/]
◆「𦣟𡼉(音未詳)」、小山(音未詳)の地神チジン(天に対しての地の神)の字あざな、姓は「崇スウ」、名は「𡹦」(音未詳)「【太清金液神氣經(《正統道藏》洞神部衆術類):卷中第二:地神姓名字秘文】…小山姓崇名𡹦字𦣟𡼉…」「【字彙補:寅集:山部:𡼉】音未詳太淸金液神氣經小山字𦣟𡼉」
𡼞山3+11=総画数14 U+21F1E [/せい]
◆[日]地名用字、「𡷠𡼞(とせい、徳島県勝浦郡上勝町、現在は「とせい」)」
𡼳山3+11=総画数14 U+21F33 [ソウ、ゾウ/] 嶒𡿘
◆「𡺿𡼳リョウソウ」、山が絶壁のように高く聳(そび)え立つさま
山3+12=総画数15 U+380B [ガク/] 崿𡼑㟧𡼰𡾙
◆山の高く切り立った崖(がけ)
◆(山や建物が)高くそそり立つさま
◆高く険しいさま
山3+12=総画数15 U+380C [未詳/]
◆未詳「【字彙:寅集:山部:㠌】牽奚兮切音欺玉樞經九曜嶔㠌(「【九天應元雷聲普化天尊玉樞寶經】天尊言若或有人五行竒蹇九曜嶔巇年逢刑衝…」は「嶔㠌」ではなく「嶔巇」)
山3+12=総画数15 U+380D [シュウ、ショウ、ジョウ/]
◆山が高いさま、「㠍嶪シュウギョウ」、同「磼礏ソウギョウ」
◆山名、未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:㠍】子入切太白山名」「【廣韻:入聲:緝第二十六:㗱:㠍】負秦山名」
山3+12=総画数15 U+380E [シュウ、ショウ、ジョウ/]
◆山が高いさま、「㠎嶫シュウギョウ」、同「磼礏ソウギョウ」
◆山名、未詳「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:㠍】子入切太白山名」「【廣韻:入聲:緝第二十六:㗱:㠍】負秦山名」
山3+12=総画数15 U+3810 [キョウ、ギョウ/] 嶠峤
◆高く尖(とが)った山
◆山道
◆「員㠐インキョウ」、渤海ボッカイの東方にあり仙人に住むという山の名「【史記:卷六:秦始皇本紀】…海中有三神山名曰蓬萊方丈瀛洲(《正義》漢書郊祀志云此三神山者其傳在渤海中去人不遠蓋曾有至者諸仙人及不死之藥皆在焉…)」「【列子:湯問】…渤海之東不知幾億萬里有大壑焉…其中有五山焉一曰岱輿二曰貟嶠三曰方壷四曰瀛洲五曰蓬萊…」
山3+12=総画数15 U+5D8F [ハイ、ヘ/]
◆山が崩(くず)れる音、(山が崩れ)石が落ちる音
山3+12=総画数15 U+5D90 [リュウ、ル/]
◆山が高く丸く盛り上がっているさま
筆順
山3+12=総画数15 U+5D91 [ショウ、ゾウ/]
◆山名、未詳「【詩總聞:卷五:齊風:雞鳴:三章】…聞跡曰峱山在齊地當是如犬形嶑山𡺵山皆取形似」
◆「嶑峪ショウヨウ」、古地名、また古川名、太谷タイコク縣(現山西省晋中市太谷区)「【山西通志:卷十七:山川】嶑峪河在縣南八里繇太谷縣西入縣境」 {山西省})
山3+12=総画数15 U+5D92 [ソウ、ゾウ/] 𡼳𡿘
◆「崚嶒リョウソウ」、山が絶壁のように高く聳(そび)え立つさま
筆順
山3+12=総画数15 U+5D93 [ハ/]
◆「嶓冢ハチョウ」、古山名、甘粛省南東部「【山海經:西山經】又西三百二十里曰嶓冡之山(今在武都氐道縣南嶓音波)」 {甘粛省}
山3+12=総画数15 U+5D94 [キン、コン/] 嵚𡼲
◆(山が)高く聳(そび)え立つさま、「嶔崟・䃢碒キンギン」、同「䃢」
◆険(けわ)しく危(あや)ういさま、崩(くず)れそうで危(あや)ういさま、「嶔𡾠キンキ」
山3+12=総画数15 U+5D95 [ショウ、ジョウ/]
◆山が高く突き出ているさま
◆山の頂(いただき)
◆「嶕嶢ショウギョウ」◇山が高く聳(そび)え立つさま◇山名、陽泉水ヨウセンスイ中流南にある山、現山西省晋城市沁水県付近と思われる、陽泉水はやがて黑嶺水コクレイスイと合流し沁水シンスイに注ぐ {山西省}「【水經注:卷九:沁水】…水歷嶕嶢山東(案近刻訛作焦燒山東)下與黑嶺水合…」
山3+12=総画数15 U+5D96 [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷四:平聲四:鹽第二十四:崦𡹮嶖】山名山海經鳥鼠同穴山西南曰崦嵫」「【正字通:寅集中:山部:嶖】譌字舊註同崦誤」
山3+12=総画数15 U+5D97 [ロウ/]
◆「嶗山ロウザン」、山名、山東省青島市嶗山区「【太平御覽:卷第七十四:地部三十九:島】齊地記曰嶗山東北五里入海有管彦島…」「【南齊書:卷五十四:列傳第三十五:高逸】明僧紹…隱長廣郡嶗山聚徒立學…」 {山東省}
山3+12=総画数15 U+5D98 [サン、ゼン/] 𡺄𡸚
◆山が飛び抜けて高く聳(そび)えるさま、同「㟞」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡸚】俗嶘或作㟞正士限反㟞嵃山貌也」
山3+12=総画数15 U+5D99 [リン/] 𡼵𡽤𡿑
◆「嶙峋リンシュン」、山が高く聳(そび)え谷が深いさま、またそれが幾重(いくえ)にも繰り返し連なっているさま「【二十四詩品:雄渾:形容】…海之波瀾山之嶙峋…」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡼵】俗𡿑嶙二或作𡽤正力珍反𡽤峋深崖狀也」
◆「嶾嶙インリン」、山が高く険(けわ)しいさま
筆順
山3+12=総画数15 U+5D9A [リョウ/]
◆山が高く険しいさま
山3+12=総画数15 U+5D9B [リョウ/]
◆山が高く険しいさま
山3+12=総画数15 U+5D9C [シン、ジン/] 𡼫
◆「嶜嵒シンガン」、岩山が高く尖(とが)っているさま
◆「嶜岑シンシン」、(山が)高く切り立っているさま
山3+12=総画数15 U+5D9D [トウ/]
◆見上げるような急な山道、同「隥」
筆順
山3+12=総画数15 U+5D9E [タ、ダ/] 𡺆𡽃
◆山が高く大きいさま「【毛詩注疏:巻二十八:周頌:賚一章六句】陟其高山嶞山喬嶽允猶翕河」
山3+12=総画数15 U+5D9F [ソン/]
◆山が高く突き出ているさま
山3+12=総画数15 U+5DA0 [キョウ、ギョウ/] 峤㠐
◆高く尖(とが)った山
◆山道
◆「員嶠インキョウ」、渤海ボッカイの東方にあり仙人に住むという山の名「【史記:卷六:秦始皇本紀】…海中有三神山名曰蓬萊方丈瀛洲(《正義》漢書郊祀志云此三神山者其傳在渤海中去人不遠蓋曾有至者諸仙人及不死之藥皆在焉…)」「【列子:湯問】…渤海之東不知幾億萬里有大壑焉…其中有五山焉一曰岱輿二曰貟嶠三曰方壷四曰瀛洲五曰蓬萊…」
筆順
山3+12=総画数15 U+5DA1 [ケツ、コチ、ケイ、ケ/]
◆山が一段と高く聳(そび)え立つさま、すっくと立ち上がるさま
◆祭礼の際に供物クモツを載せる足付きの台
山3+12=総画数15 U+5DA2 [ギョウ/] 𡸳峣嶤
◆山が高いさま
筆順
山3+12=総画数15 U+5DA3 [ショウ、ジョウ/]
◆山が高く突き出ているさま
◆山の頂(いただき)
◆「嶣嶤ショウギョウ」◇山が高く聳(そび)え立つさま◇山名、陽泉水ヨウセンスイ中流南にある山、現山西省晋城市沁水県付近と思われる、陽泉水はやがて黑嶺水コクレイスイと合流し沁水シンスイに注ぐ {山西省}「【水經注:卷九:沁水】…水歷嶕嶢山東(案近刻訛作焦燒山東)下與黑嶺水合…」
山3+12=総画数15 U+5DA4 [ギョウ/] 嶢𡸳峣
◆山が高いさま
筆順
山3+12=総画数15 U+5DA5 [ケツ/]
◆山名、「嶥山ケツザン」、河南省洛陽市宜陽県の西北「【大清一統志:卷一百六十二:河南府:山川】嶥山(在宜陽縣西北九十里接永寜縣界一名崛山下有金絲澗又有漢山在縣西北三鄉寨北上有光武廟)」
山3+12=総画数15 U+5DB1 [カツ、カチ/]
◆「嶱嵑カツカツ」、山がひときわ高く聳(そび)え立つさま
𡼊山3+12=総画数15 U+21F0A [ルイ、ライ/] 𡽭𡾚
◆山が幾重にも重なり連なっているさま、同「𡻭」
𡼋山3+12=総画数15 U+21F0B [キ/さき] 崎﨑𡼭㟢嵜
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
◆[日]陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「埼」「碕」
𡼌山3+12=総画数15 U+21F0C [ケン、コン/] 𡾰
◆「𡼌嵼ケンサン」◇山が高く険(けわ)しく曲がりくねっているさま◇あれこれと思いが廻(めぐ)ってすっきりしないさま、同「蹇產」「【楚辭:卷第四:九章章句第四:渉江】…心絓結而不解𠔃(…)思蹇産而不釋(蹇産詰屈也言已乗船蹈波愁而恐懼則心肝縣結思念詰屈而不可解釋也補曰山曲曰𡾰嵼義與此同)」
𡼍山3+12=総画数15 U+21F0D [トウ、ドウ/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡼍】或作嵣今徒浪反嵣㟐山名(「嵣㟐」は「山石廣大之貌」で「𡵀嵣」が「山名」 「嵣」参照)
漢字林(非部首部別)
𡼏山3+12=総画数15 U+21F0F [カン、ケン/] 𡼥
◆山と山とに挟(はさ)まれた狭いところ、谷間、同「磵」「𧯎」
𡼐山3+12=総画数15 U+21F10 [ビン、ミン/] 岷崏㟭𣊽㟩𡸧𡹋㞶
◆「𡼐山ビンザン・ミンサン」、甘粛省南部から四川省西北部に続く山脈 {甘粛省} {四川省}
◆「𡼐江ビンコウ・ミンコウ」、川名、岷山を源とし長江に注ぐ
𡼑山3+12=総画数15 U+21F11 [ガク/] 崿㟧㠋𡼰𡾙
◆山の高く切り立った崖(がけ)
◆(山や建物が)高くそそり立つさま
◆高く険しいさま
𡼔山3+12=総画数15 U+21F14 [ゴウ/] 㟅𡹕
◆「崆𡼔コウゴウ」、岩山が高く聳(そび)え立っているさま
𡼗山3+12=総画数15 U+21F17 [コウ/] 𡻇㟸
◆「𡼗㟉コウロウ」◇東屋(あずまや)の名、未詳◇山名、未詳
◆「㟎𡼗タコウ」、山が高く聳(そび)え立つさま
𡼘山3+12=総画数15 U+21F18 [コツ、コチ/]
◆疾(はや)い、同「𠦪」「【正字通:寅集中:山部:𡼘】舊註見石鼓文石本作{⿱𡷈甫}施云說文呼骨反疾也…」
𡼙山3+12=総画数15 U+21F19 [カ/] 崋𡼀𡾀
◆「𡼙山カザン」、五岳の一つで「西嶽」ともいう、陝西省華陰市の南方、現「華山」 {陝西省}
𡼝山3+12=総画数15 U+21F1D [フン、ブン、ホン、ボン/] 墳𡏶坟坆
◆土を丸く盛り上げて造った墓、ほぼ平らか比較的低い土盛りものものは「墓」
◆土を高く盛り上げたところ、堤防
◆丸く盛り上がった土
◆「三𡼝サンプン」、伏羲・神農・黄帝の書、但し異説あり
注解:いずれも「丸く盛り上がったさま(賁)」をいう
𡼠山3+12=総画数15 U+21F20 [未詳/]
◆未詳「【宋書:列傳第二十七:謝靈運】…山𡼠下而回澤…(…常石𡼠(闕四字)故曰下𡼠而回澤…)」
◆「蒲𡼠(音未詳)」、古川名、古地名、蒲圻ホキ縣という、現湖北省咸寧市赤壁市(旧称蒲圻市)か?「【資治通鑑:卷七十五:魏紀七:邵陵厲公中】秋九月吳主以驃騎將軍步騭為丞相…(…逕蒲𡼠山北入大江謂之陸口江水又逕蒲𡼠山北對蒲𡼠洲洲頭卽蒲圻縣治武昌志曰蒲𡼠山今在嘉魚縣境…)」
𡼡山3+12=総画数15 U+21F21 [クン/いぶ・す、いぶ・る、くゆ・らす、くす・べる、ふす・べる] 熏𤋱𡴦𡽽燻
◆煙が立ち昇る
◆煙や蒸気や匂いが立ち込める
漢字林(非部首部別)
𡼥山3+12=総画数15 U+21F25 [カン、ケン/] 𡼏
◆山と山とに挟(はさ)まれた狭いところ、谷間、同「磵」「𧯎」
𡼫山3+12=総画数15 U+21F2B [シン、ジン/]
◆「𡼫嵒シンガン」、岩山が高く尖(とが)っているさま
◆「𡼫岑シンシン」、(山が)高く切り立っているさま
注解:「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡼫{𡼫-夫夫+天天}】二俗{⿳山■日}古嶜今昨淫反山嵒」
𡼭山3+12=総画数15 U+21F2D [キ/さき] 崎﨑𡼋㟢嵜
◆(山や山道が)起伏・凸凹・傾斜・蛇行して、なだらかでないさま、険しいさま、思うように進めないさま、思うようにならないさま、「崎嶇・陭䧢キク」
◆[日]陸地が入り組んで崖状に切り立ったところ、同「埼」「碕」
𡼰山3+12=総画数15 U+21F30 [ガク/] 崿𡼑㟧㠋𡾙
◆山の高く切り立った崖(がけ)
◆(山や建物が)高くそそり立つさま
◆高く険しいさま
𡼲山3+12=総画数15 U+21F32 [キン、コン/] 嶔嵚
◆(山が)高く聳(そび)え立つさま、「崯𡼲・䃢碒キンギン」、同「䃢」
◆険(けわ)しく危(あや)ういさま、崩(くず)れそうで危(あや)ういさま、「𡼲巇キンキ」
𡼴山3+12=総画数15 U+21F34 [ビ、ミ/]
◆「峨𡼴山ガビサン」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
𡼵山3+12=総画数15 U+21F35 [リン/] 嶙𡽤𡿑
◆「𡼵峋リンシュン」、山が高く聳(そび)え谷が深いさま、またそれが幾重(いくえ)にも繰り返し連なっているさま「【二十四詩品:雄渾:形容】…海之波瀾山之嶙峋…」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡼵】俗𡿑嶙二或作𡽤正力珍反𡽤峋深崖狀也」
◆「𡽸𡼵インリン」、山が高く険(けわ)しいさま
𡼶山3+12=総画数15 U+21F36 [シン/] 嵾㟥㠁
◆「𡼶嵯シンサ」、不揃(ふぞろ)いなさま、高低不揃いの山が連(つら)なっているさま
𡼷山3+12=総画数15 U+21F37 [リョウ/] 尞𤊽𤋯㶫𤎚𤉞
◆柴(しば)を燃やして天神を祭る儀式、同「燎」「祡」
𡼺山3+12=総画数15 U+21F3A [ショウ、ジョウ/]
◆山名、未詳「【字彙補:寅集:山部:𡼺】時證切成去聲山名○字疑有誤」「【中華字海:山部:𡼺】同"嵊"。字见《中华大字典》(【中華大字典:山部:{⿱(⿰山每)木}】とは字形が異なる)
𡼼山3+12=総画数15 U+21F3C [チョウ、ジョウ/]
◆「𡼼漯チョウトウ」、未詳「【金石文字記:卷六】析里橋郙閣頌 醳(釋)散關之𡼼漯(濕)」
𡽋山3+12=総画数15 U+21F4B [ロク/]
◆「𡵃𡽋・干禄カンロク」、人名、未詳「【伸蒙子:巻上】𡵃𡽋先生問王道」
𡽪山3+12=総画数15 U+21F6A [キ/] 徽䘗𧗼
◆三本の紐(ひも)を合わせた太い紐、同「𢾰」
◆素晴らしい、美しい、善(よ)い
◆印(しるし)、目印(めじるし)、同「幑」
◆琴キン(弦楽器の一種)の弦を押さえる場所を示す目印 {楽器(弦楽器)}
𤎚火部
山3+13=総画数16 U+3811 [サイ、ザイ/] 𡽕嶵𡽁
◆山が高く大きいさま
山3+13=総画数16 U+3812 [ヒョウ/]
◆山の峰(みね)また頂(いただき)、山の峰また頂が高く突き出ているさま、同「磦」
山3+13=総画数16 U+3815 [ガイ、ゲ、カイ/] 嵬㟴
◆山が高く大きいさま、山が高く聳(そび)え立つさま、同「巍」
◆「崔㠕サイカイ」◇山が高く聳え立つさま◇石や岩が高く折り重なって険(けわ)しいさま
◆「崴㠕ワイカイ」、山が高く険しいさま
山3+13=総画数16 U+3816 [ギ/]
◆山が高くごつごつとしているさま、山が高く険しいさま
山3+13=総画数16 U+3817 [オウ/]
◆地名用字、山中の奥まったところなど奥まった地形を指す語で、多く地名に用いられる、浙江省・福建省に多いという、同「嶴」「【殊域周咨錄:卷之四:東夷(東南):琉球國】…浙中山㠗…」
山3+13=総画数16 U+3818 [未詳/]
◆小島、小さな島、同「嶼」
注解:「福建全圖(ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%97%A5%E5%B3%B6 )」の小島の名に多く用いられている
山3+13=総画数16 U+5DA6 [セン、ゼン/]
◆山の峰
◆山の坂道
山3+13=総画数16 U+5DA7 [エキ、ヤク/] 峄𡵸
◆山が長く連なっているさま
◆「嶧山エキサン」、山名、別名「鄒嶧山スウエキサン」、山東省鄒城市 {山東省}
筆順
山3+13=総画数16 U+5DA8 [カク、ガク/]
◆大きな石が多い山
山3+13=総画数16 U+5DA9 [ドウ、ノウ/]
◆「嶩山・巙山・峱山ドウサン」、山名、山東省淄博市臨淄区付近「【漢書(前漢書):卷二十八下:地理志第八下】營丘故齊詩曰子之營兮遭我虖嶩之間兮(…嶩山名也字或作峱亦作巙…)」 {山東省}
山3+13=総画数16 U+5DAA [ギョウ、ゴウ/]
◆山が高く聳(そび)えるさま、「岌嶪ギュウギョウ」
◆山が高いさま、山が高く険しいさま、「㠍嶪シュウギョウ」、同「磼礏ソウギョウ」
山3+13=総画数16 U+5DAB [ギョウ、ゴウ/]
◆山が高く聳(そび)えるさま、「岌嶪ギュウギョウ」
◆山が高いさま、山が高く険しいさま、「㠎嶫シュウギョウ」、同「磼礏ソウギョウ」
山3+13=総画数16 U+5DAC [ギ/]
◆山が高くごつごつとしているさま、山が高く険しいさま
筆順
山3+13=総画数16 U+5DAD [ゲツ、ゲチ/] 𡾦𡺰𡾲𡿗
◆「巀嶭セツゲツ」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽市涇陽県、別名「嵯峨サガ山」 {陝西省}
山3+13=総画数16 U+5DAE [ケン/けわ・しい] 𡸴崄𡽗
◆山が高く切り立っているさま、行く手を遮(さえぎ)るように山が高く立ちはだかっているさま、同「険」
筆順
山3+13=総画数16 U+5DAF [ソウ、シュウ/]
◆山名、未詳「【集韻:卷十:入聲下:緝第二十六:嶯】山名在越」「【浙江通志:卷二百三十一:寺觀:紹興府】國朝康熙間僧智尚與其徒徳心次第修之遂成名刹戒珠寺 山陰縣志在府治東北五里蕺山…(…詩九日重登古*嶯山勞生…)(蕺山シュウザン、浙江省紹興市]の誤りか?)
山3+13=総画数16 U+5DB0 [カイ、ゲ、ケ/]
◆山間(やまあい)の深い谷
◆「嶰谷カイコク」、崑崙山コンロンの北側にあるという谷の名、そこで採れる竹は稈カン(竹の茎)の厚みが均一であることから、黃帝コウテイ(五帝の一人)が伶倫レイリン(楽師)を遣わし、この竹を採り黃鍾コウショウ(音律の基準とする笛)を作らせたという「【通典:卷一百四十三:樂三:五聲十二律旋相為宮】…黃帝使伶倫自大夏之西至崑崙之陰取竹生於嶰谷其竅厚薄均者斷兩節之間而吹之以為黃鍾之宮…」 {音楽(十二律1)}
筆順
山3+13=総画数16 U+5DB2 [ケイ、エ、キ、スイ/] 巂雟𡾧𡻎
◆車輪などの回転するものの大きさ(円周)の基準、一周は一丈九尺八寸「【經典釋文:卷十二】車輪轉一周為巂一周丈九尺八寸也」
◆「子嶲・子規シキ」、カッコウ(郭公)、またホトトギス(杜鵑)、カッコウ科の鳥、別名「杜鵑トケン」「子䳠シスイ」
◆「嶲周キシュウ」◇ツバメ(燕)、ツバメ科ツバメ属の鳥◇カッコウ(郭公)やホトトギス(杜鵑)などカッコウ科の鳥
◆「越嶲エツスイ」、漢代から隋代にかけて置かれた郡名、現四川省凉山彝族自治州 {四川省}
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+13=総画数16 U+5DB3 [チ、ジ/つち] 墬𡏇𨻐𡑸𡒰𡒿𡓬𡍑坔
◆地チ、地上、大地、土地、陸地、土が露(あら)わになっているところ(水に覆われていないところ)、同「地」
山3+13=総画数16 U+5DB4 [オウ/]
◆地名用字、山中の奥まったところや水(川・湖・海など)が奥まったところなど奥まった地形を指す語で、多く地名に用いられる、浙江省・福建省に多いという、同「嶴」
◆人名用字「【海東逸史:卷十一:列傳八】…鶴芝退保火燒嶴…」
筆順
山3+13=総画数16 U+5DB5 [サイ、ザイ/] 㠑𡽕𡽁
◆山が高く大きいさま
山3+13=総画数16 U+5DB6 [ビ、ミ/]
◆未詳
山3+13=総画数16 U+5DBC [ショ、ジョ/しま] 屿𡽬
◆小島、小さな島、「島嶼トウショ(島や小島、大小の島々)」、同「㠘」
筆順
𡦣子部
𡼕山3+13=総画数16 U+21F15 [シュン/]
◆山が高くそそり立つさま、高く険(けわ)しいさま、同「峻」
𡼾山3+13=総画数16 U+21F3E [カイ/]
◆未詳「【皇清文穎:卷十八:遊遼陽千山記】…矗立萬仞之巔崚𡼾奇詭…」「【御定歷代賦彙:外集卷十八:夢洲賦】…千仞𡽋峛𡷋𡼾…」(「【正字通:寅集中:山部:𡼾】譌字舊註音會㟋𡼾山貌誤一曰嶒之譌」は「嶒」の譌字という)
𡼿山3+13=総画数16 U+21F3F [コツ、コチ/]
◆ぐっと高く突き出ている山、同「崛」
◆「𡼿屼コツゴツ」、ごつごつとした岩が露(あら)わな山、草木の生えていない山、同「𥖚屼」「【玉篇:卷二十二:山部第三百四十三:屼】五骨切𡼿屼禿山也」「【芻言:卷中】𡼿屼之山草木枯焉…」
𡽀山3+13=総画数16 U+21F40 [ソウ、ス/] 嵏嵕
◆高く聳える山が並んでいるさま
◆「九𡽀山クソウザン」、山名、陝西省咸陽市礼泉(元醴泉)県 {陝西省}
𡽁山3+13=総画数16 U+21F41 [サイ、ザイ/] 㠑𡽕嶵
◆山が高く大きいさま
𡽃山3+13=総画数16 U+21F43 [タ、ダ/] 嶞𡺆
◆山が高く大きいさま「【毛詩注疏:巻二十八:周頌:賚一章六句】陟其高山嶞山喬嶽允猶翕河」
𡽄山3+13=総画数16 U+21F44 [ギョウ/]
◆山が高いさま、同「嶤(嶢)」
𡽇山3+13=総画数16 U+21F47 [レイ、ライ/] 𡿋巁
◆山が高く大きいさま
𡽈山3+13=総画数16 U+21F48 [クツ、ゴチ/] 崛𡶏
◆ぐっと高く突き出ている山、またそこだけが(それだけが)高く突き出ているさま、「崛崎クツキ」、同「崫」「𥪊」
𡽊山3+13=総画数16 U+21F4A [トウ、チョウ/]
◆未詳「【揚子雲集:卷五:蜀都賦】…漼粲交倚𡹐崪崛﨑集嶮脇施形精出偈堪𡽊隠倚…」「【古文苑:卷四:蜀都賦】…(堪即嵁字與嵌同𡽊音撑皆衆山竒怪之形)」
𡽍山3+13=総画数16 U+21F4D [ホウ、フ/]
◆山名、未詳
𡽐山3+13=総画数16 U+21F50 [リョウ/] 𡽦
◆崖や谷が深く虚(うつ)ろなさま
𡽒山3+13=総画数16 U+21F52 [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:寅集備考:山部:𡽒】《搜眞玉鏡》音𥘢亦作支」
𡽓山3+13=総画数16 U+21F53 [サ、ザ/] 嵯𡾑嵳𠪉
◆「𡽓𡻍サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
𡽔山3+13=総画数16 U+21F54 [シ/は、よわい] 齒歯齿𣦗𣥫𣦋𠚕𠚒𦥒𦦂𠔒
◆ものを食べるために噛(か)むための器官、噛(か)み砕くための器官 {人体(頭部)}
◆牛馬の年齢、歯の本数で年齢が分かることによる
◆人の年齢
◆並ぶ、順に従って並ぶ
𡽕山3+13=総画数16 U+21F55 [サイ、ザイ/] 㠑嶵𡽁
◆山が高く大きいさま
𡽗山3+13=総画数16 U+21F57 [ケン/けわ・しい] 嶮𡸴崄
◆山が高く切り立っているさま、行く手を遮(さえぎ)るように山が高く立ちはだかっているさま、同「険」
𡽘山3+13=総画数16 U+21F58 [ロ、ル/]
◆「㟟𡽘コウロ」、山間の細い道、同「巷路」「【古文苑:枚乗:梁王菟園賦】焉㠕㠕㟟𡽘崣𡻣(隑玉耒反隑隑企立貎㠕即嵬字吾回反㠕㠕髙峻貎㟟𡽘即巷路字山間之蹊徑也崣𡻣即委蛇字徑之曲折也)」
𡽚山3+13=総画数16 U+21F5A [ト、ズ/] 嵞峹𡸂𡷣
◆「𡽚山トザン」、会稽山カイケイザンの古称、浙江省紹興市南方の山 {浙江省}
𡽛山3+13=総画数16 U+21F5B [スイ/]
◆山が高いさま「【字彙補:寅集:山部:𡽛】子累切音醉山高貌」
𪩚山3+13=総画数16 U+2AA5A [カイ、エ/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:㞧𪩚】二或作音會」
山3+14=総画数17 U+3819 [コウ、ゴウ、ギョウ/] 崤𡵔
◆「㠙山コウサン・コウザン」、山名、河南省洛陽市洛寧県西部と陝西省西安市東部の境 {河南省}
山3+14=総画数17 U+381C [ギ、ギョク、ゴク/]
◆(山が)高く聳(そび)え立つ
◆高く飛び抜けているさま、傑出しているさま「【史記:巻一:五帝本紀第一】其色郁郁其德嶷嶷」
◆幼くして聡明なさま、同「㘈」
◆「九㠜キュウギ」、山名、在湖南省永州市寧遠県、舜シュン(古代中国の名君で五帝の一人)が葬られている山 {湖南省}
山3+14=総画数17 U+5DB7 [ギ、ギョク、ゴク/]
◆(山が)高く聳(そび)え立つ
◆高く飛び抜けているさま、傑出しているさま「【史記:巻一:五帝本紀第一】其色郁郁其德嶷嶷」
◆幼くして聡明なさま、同「㘈」
◆「九嶷キュウギ」、山名、在湖南省永州市寧遠県、舜シュン(古代中国の名君で五帝の一人)が葬られている山 {湖南省}
筆順
山3+14=総画数17 U+5DB8 [エイ、ヨウ/]
◆山が高く聳(そび)え立つさま、同「峵」
◆「崢嶸ソウエイ」、高い山が競い立つさま
筆順
山3+14=総画数17 U+5DB9 [トウ/]
◆島しま、海や湖などの広い水の中の陸地、同「隯」「島」
山3+14=総画数17 U+5DBA [レイ、リョウ/みね]
◆山の峰(みね、高く突き出ているところ)、山の峰が続いているところ、同簡「岭」、同「阾」
筆順
山3+14=総画数17 U+5DBB [セツ、ゼチ/] 巀𡾃
◆山が高く険しいさま
◆「嶻嶭セツゲツ」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽市涇陽県、別名「嵯峨サガ山」 {陝西省}
山3+14=総画数17 U+5DBD [ガク/たけ] 𡽺岳𡷒𡵽𡵹𡶓𡴳𡶳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五嶽ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+14=総画数17 U+5DBE [イン/] 𡽸𡾯
◆「嶾嶙インリン」、山が高く険(けわ)しいさま
嶿山3+14=総画数17 U+5DBF [未詳/]
◆「嶿支國(音未詳)」、古国名、未詳「【太平御覽:卷第七百五十二:工藝部九:巧】王子年拾遺記曰嶿(音湏)支國去泥離八萬里…」「【龍筋鳳髓判:卷一:○】玲瓏玉珮振霞錦於仙衣(…王子年拾遺記嶿支國貢…)」
山3+14=総画数17 U+5DC1 [レイ、ライ/] 𡿋𡽇
◆山が高く大きいさま
𡒑土部
𡽟山3+14=総画数17 U+21F5F [リョウ/] 嵺𡻪
◆山が高く聳(そび)え立つさま
◆「𡽟廓リョウカク」、限りなく広く高いさま「【前漢書:卷五十七下:司馬相如傳第二十七下】上嵺廓而無天(師古曰嵺廓廣遠也)」
◆「𡷸𡽟コウリョウ」、山が高く聳(そび)え立つさま「【唐文粹:卷三:朝享太廟賦】𡷸嵺以岳峙」
𡽠山3+14=総画数17 U+21F60 [ハ/]
◆「𡽠峩ハガ」、起伏が激しいさま、同「𡶆峩」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡽠】今普火反𡽠我山貌也(「我」は「峩」)
𡽡山3+14=総画数17 U+21F61 [サン、ゼン、ザン/] 巉𡷭𡺎𡿣𡸊
◆山が高く切り立っているさま
◆「𡽡巖ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「嶄巖」
𡽢山3+14=総画数17 U+21F62 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡽢】新經作濯在廣弘明集」
𡽤山3+14=総画数17 U+21F64 [リン/] 嶙𡼵𡿑
◆「𡽤峋リンシュン」、山が高く聳(そび)え谷が深いさま、またそれが幾重(いくえ)にも繰り返し連なっているさま「【二十四詩品:雄渾:形容】…海之波瀾山之嶙峋…」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡼵】俗𡿑嶙二或作𡽤正力珍反𡽤峋深崖狀也」
◆「嶾𡽤インリン」、山が高く険(けわ)しいさま
𡽥山3+14=総画数17 U+21F65 [ガ/] 峨峩𡻍𠩙
◆山が高く険しいさま
◆「嵯𡽥サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
◆「峨嵋山ガビサン」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
𡽦山3+14=総画数17 U+21F66 [リョウ/] 𡽐
◆崖や谷が深く虚(うつ)ろなさま
𡽬山3+14=総画数17 U+21F6C [ショ、ジョ/しま] 嶼屿
◆小島、小さな島、「島嶼トウショ(島や小島、大小の島々)」、同「㠘」
𡽭山3+14=総画数17 U+21F6D [ルイ、ライ/] 𡼊𡾚
◆山が幾重にも重なり連なっているさま、同「𡻭」
𡽱山3+14=総画数17 U+21F71 [カイ、ケ/]
◆山が高く突き出ているさま「【衡廬精舍藏稿:卷九:趙浚谷先生文序】彼其石之𡽱嵲崱屶與波㫪撞天下希竒也」
𡽴山3+14=総画数17 U+21F74 [未詳/]
◆未詳
注解:「𡾻」の異体字か?
𡽶山3+14=総画数17 U+21F76 [ヒ、ビ/やまのはな]
◆地名用字
◆[日]山の鼻
𡽷山3+14=総画数17 U+21F77 [リク、ロク/おか、くが] 陸陆𨽰𨽫𤱒
◆おか、くが、広い台地、土が厚く積み重なって水面より高くなったところ、水に覆われていない平らに広がる土地
◆水に覆われていない土地、「陸路リクロ」
◆途切れることなく次々に続く(続いている)さま、「陸続リクゾク」
◆高く(高いところに)跳び上がる
◆「六」の大写字(「二」は「貳」・「三」は「參」のような大文字のこと) {数字}
𡽸山3+14=総画数17 U+21F78 [イン/] 嶾𡾯
◆「𡽸𡼵インリン」、山が高く険(けわ)しいさま
𡽹山3+14=総画数17 U+21F79 [未詳/]
◆未詳「【炳燭軒詩集:卷四:送張侍御赴闕】萬里南天翠𡽹盤簡書馳赴又征鞍…」
𡽺山3+14=総画数17 U+21F7A [ガク/たけ] 嶽岳𡷒𡵽𡵹𡶓𡴳𡶳
◆高く大きな山、高く大きく崇高スウコウな山、同「岳」
◆「五𡽺ゴガク」、中国の代表的な五つの名山、岱山タイザン(東嶽、現泰山、山東省泰安市 {山東省})、霍山カクザン(南嶽、現衡山、湖南省衡陽市 {湖南省})、華山カザン(西嶽、陝西省華陰市 {陝西省})、恆山コウザン(北嶽、山西省大同市渾源県 {山西省})、嵩山スウザン(中嶽、河南省鄭州市登封市 {河南省})
◆妻の父母に対する尊称、「岳父ガクフ(妻の父親)」「岳家ガクカ(妻の実家)」
𡽽山3+14=総画数17 U+21F7D [クン/いぶ・す、いぶ・る、くゆ・らす、くす・べる、ふす・べる] 熏𤋱𡴦𡼡燻
◆煙が立ち昇る
◆煙や蒸気や匂いが立ち込める
漢字林(非部首部別)
𡽿山3+14=総画数17 U+21F7F [未詳/]
◆「𡷫𡽿」、人名、未詳
𡾀山3+14=総画数17 U+21F80 [カ/] 崋𡼀𡼙
◆「𡾀山カザン」、五岳の一つで「西嶽」ともいう、陝西省華陰市の南方、現「華山」 {陝西省}
𡾗山3+14=総画数17 U+21F97 [未詳/]
◆「𡾗君」(音未詳)」、中嶽チュウガク(道教の五岳の一つで河南省鄭州市登封市にある山の名、別名「嵩山スウザン」)の地神チジン(天に対しての地の神)の名、姓は「惲ウン」「【太清金液神氣經(《正統道藏》洞神部衆術類):卷中第二:地神姓名字秘文】…中嶽姓惲名𡾗君」「【字彙補:子集:卩部:𡾗】音未詳金液神氣經中嶽姓惲名𡾗君」 {河南省})
𣋎日部
𣦣止部
山3+15=総画数18 U+381D [サン/]
◆「㠝岏サンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま
山3+15=総画数18 U+5DC0 [セツ、ゼチ/] 𡾃嶻
◆山が高く険しいさま
◆「巀嶭セツゲツ」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽市涇陽県、別名「嵯峨サガ山」 {陝西省}
山3+15=総画数18 U+5DC2 [ケイ、エ、キ、スイ/] 雟嶲𡾧𡻎
◆車輪などの回転するものの大きさ(円周)の基準、一周は一丈九尺八寸「【經典釋文:卷十二】車輪轉一周為巂一周丈九尺八寸也」
◆「子巂・子規シキ」、カッコウ(郭公)、またホトトギス(杜鵑)、カッコウ科の鳥、別名「杜鵑トケン」「子䳠シスイ」
◆「巂周キシュウ」◇ツバメ(燕)、ツバメ科ツバメ属の鳥◇カッコウ(郭公)やホトトギス(杜鵑)などカッコウ科の鳥
◆「越巂エツスイ」、漢代から隋代にかけて置かれた郡名、現四川省凉山彝族自治州 {四川省}
漢字林(非部首部別)
𡽞山3+15=総画数18 U+21F5E [サク、シャク/]
◆山名
𡾂山3+15=総画数18 U+21F82 [未詳/]
◆未詳「【正字通:寅集中:山部:𡾂】巎字之譌舊註音撓山無草木誤」
𡾃山3+15=総画数18 U+21F83 [セツ、ゼチ/] 巀嶻
◆山が高く険しいさま
◆「𡾃𡾦セツゲツ」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽市涇陽県、別名「嵯峨サガ山」 {陝西省}
𡾄山3+15=総画数18 U+21F84 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡾄】香岩隨函同藪蘇走反」
𡾆山3+15=総画数18 U+21F86 [ガク、ギャク/] 峉㟯𡿃
◆「岝𡾆・岝㟧・岞崿サクガク」、山が高く大きなさま、山が高く険(けわ)しいさま
𡾈山3+15=総画数18 U+21F88 [キュウ、グ、グウ/] 𡺺
◆山の形、「𡸕𡾈キュウキュウ」(「大きく高く盛り上がった形の山」か?)「【集韻:卷一:平聲一:東第一:𡺺𡾈】𡸕𡺺山形」
𡾊山3+15=総画数18 U+21F8A [ライ/] 𡾋𡾔
◆山が高く低く幾重(いくえ)にも重なり合っているさま
𡾋山3+15=総画数18 U+21F8B [ライ/] 𡾊𡾔
◆山が高く低く幾重(いくえ)にも重なり合っているさま
𡾍山3+15=総画数18 U+21F8D [シツ、ジ゙チ、ジツ/み、みの・る、まこと・に、げ・に] 実實𡪲实
◆蓄(たくわ)えが家に満ちているさま
◆隙間なく詰まって虚(うつ)ろなところがないさま
◆ぎっしりと詰まった中身、草木などの稔(みの)って中がぎっしりと詰まったもの
◆まこと・に、げ・に、誠に、本当に、仮定や想像や虚偽などではないことを強調する言葉
𡾏山3+15=総画数18 U+21F8F [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:山部:𡾏】【中華字海:山部:𡾏】同"岩"」
𡾐山3+15=総画数18 U+21F90 [ゲツ、ゲチ/] 𡿖𪗘
◆山が壁(かべ)のようにそそり立つさま、行く手を遮(さえぎ)るように立ちはだかるさま、「屹𡿖キツゲツ」
𡾑山3+15=総画数18 U+21F91 [サ、ザ/] 嵯嵳𡽓𠪉
◆「嵯峨サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
𡾔山3+15=総画数18 U+21F94 [ライ/] 𡾊𡾋
◆山が高く低く幾重(いくえ)にも重なり合っているさま
𡾕山3+15=総画数18 U+21F95 [トウ、ドウ/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡾕】徒朗切音蕩山名」
注解:「𡼍」の異体字か?
𡾛山3+15=総画数18 U+21F9B [ホウ、ヒョウ/]
◆山が険(けわ)しいさま、「𡷠𡾛トウホウ」
𡾠山3+15=総画数18 U+21FA0 [キ、ギ/] 巇𡾟
◆山が高くそそり立つさま、同「㚀」「隵」「𡾞」
◆険(けわ)しく危(あや)ういさま、崩(くず)れそうで危(あや)ういさま、「嶔𡾠キンキ」
◆隙(すき)、隙間(すきま)、間隙カンゲキ
𡾻山3+15=総画数18 U+21FBB [ソウ、ゾウ/]
◆「岇𡾻コウソウ」、山の高いさま、山が高く聳(そび)え立つさま
山3+16=総画数19 U+3820 [リョ、ロ/]
◆山名などに使われる字「【蠛蠓集:卷三:賦:㠠昆山賦】」「【升菴集:卷十五:五言古詩:送張㠠山職方還銅梁】」「【山東通志:卷六:山川志:登州府:蓬萊縣】高㠠山(在縣東南四十里)」
山3+16=総画数19 U+3822 [カイ、エ/] 𡾝𡾨
◆山は高く谷は深いさま
山3+16=総画数19 U+5DC3 [ロウ、ル/] 巄𡾩
◆「巃嵸ロウショウ」◇山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま◇山がひときわ高く聳(そび)え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
山3+16=総画数19 U+5DC4 [ロウ、ル/] 巃𡾩
◆「巄嵸ロウショウ」◇山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま◇山がひときわ高く聳(そび)え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
山3+16=総画数19 U+5DC5 [テン/いただき] 巓巔嵮𡻗
◆山の頂(いただき)、頂上チョウジョウ
𡓚土部
𡾘山3+16=総画数19 U+21F98 [カク/] 崞䧐
◆古県名、また山名、また川名、現山西省忻州市付近 {山西省}
𡾙山3+16=総画数19 U+21F99 [ガク/] 崿𡼑㟧㠋𡼰
◆山の高く切り立った崖(がけ)
◆(山や建物が)高くそそり立つさま
◆高く険しいさま
𡾚山3+16=総画数19 U+21F9A [ルイ、ライ/] 𡼊𡽭
◆山が幾重にも重なり連なっているさま、同「𡻭」
𡾜山3+16=総画数19 U+21F9C [キャク、カク/]
◆山名、同「衡山コウザン」、現湖南省衡陽市 {湖南省}
𡾝山3+16=総画数19 U+21F9D [カイ、エ/] 㠢𡾨
◆山は高く谷は深いさま
𡾞山3+16=総画数19 U+21F9E [キ、ギ/]
◆山が高くそそり立つさま、同「巇」
𡾟山3+16=総画数19 U+21F9F [キ、ギ/] 巇𡾠
◆山が高くそそり立つさま、同「㚀」「隵」「𡾞」
◆険(けわ)しく危(あや)ういさま、崩(くず)れそうで危(あや)ういさま、「𡼲𡾟キンキ」
◆隙(すき)、隙間(すきま)、間隙カンゲキ
𡾡山3+16=総画数19 U+21FA1 [未詳/]
◆未詳
𡾤山3+16=総画数19 U+21FA4 [ゲツ、ゲチ/] 孼孽𦽆𡦣𡦯
◆庶子ショシ、正妻以外の女に産ませた子、同「㜸」
◆罪、罪作りな物事、災(わざわい)いや不幸をもたらすような物事
◆(獣や虫などがもたらす)得体(えたい)のしれない出来事・異変・災い、同「蠥」
◆切り株から生え出た芽、同「蘖(櫱)」
𡾦山3+16=総画数19 U+21FA6 [ゲツ、ゲチ/] 嶭𡺰𡾲𡿗
◆「巀𡾦セツゲツ」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽市涇陽県、別名「嵯峨サガ山」 {陝西省}
𡾧山3+16=総画数19 U+21FA7 [ケイ、エ、キ、スイ/] 巂雟嶲𡻎
◆車輪などの回転するものの大きさ(円周)の基準、一周は一丈九尺八寸「【經典釋文:卷十二】車輪轉一周為巂一周丈九尺八寸也」
◆「子𡾧・子規シキ」、カッコウ(郭公)、またホトトギス(杜鵑)、カッコウ科の鳥、別名「杜鵑トケン」「子䳠シスイ」
◆「𡾧周キシュウ」◇ツバメ(燕)、ツバメ科ツバメ属の鳥◇カッコウ(郭公)やホトトギス(杜鵑)などカッコウ科の鳥
◆「越𡾧エツスイ」、漢代から隋代にかけて置かれた郡名、現四川省凉山彝族自治州 {四川省}
𡾨山3+16=総画数19 U+21FA8 [カイ、エ/] 㠢𡾝
◆山は高く谷は深いさま
𡾩山3+16=総画数19 U+21FA9 [ロウ、ル/] 巃巄
◆「𡾩嵸ロウショウ」◇山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま◇山がひときわ高く聳(そび)え立つさま◇雲や霧などが立ち籠めるさま
山3+17=総画数20 U+5DC6 [エイ、ヨウ/]
◆「岭巆レイエイ」、山深いさま、山が奥深いさま
◆「崢巆ソウエイ」、高い山が競い立つさま
山3+17=総画数20 U+5DC7 [キ、ギ/] 𡾟𡾠
◆山が高くそそり立つさま、同「㚀」「隵」「𡾞」
◆険(けわ)しく危(あや)ういさま、崩(くず)れそうで危(あや)ういさま、「嶔巇キンキ」
◆隙(すき)、隙間(すきま)、間隙カンゲキ
山3+17=総画数20 U+5DC8 [キョク、コク/]
◆山が高いさま
山3+17=総画数20 U+5DC9 [サン、ゼン、ザン/] 𡽡𡷭𡺎𡿣𡸊
◆山が高く切り立っているさま
◆「巉巖ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「嶄巖」
筆順
山3+17=総画数20 U+5DCA [エイ、ヨウ/]
◆「巊㟰エイメイ」、(霧などが立ち込めて)山谷が薄暗いさま
山3+17=総画数20 U+5DCC [ガン、ゲン/いわお、いわ] 巖巗
◆いわお、いわ、ごつごつした大きな岩、同「岩」「壧」
◆ごつごつした岩が高く切り立っているさま、同「礹」
◆「嶄巌ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「巉巖」
筆順
𡾯山3+17=総画数20 U+21FAF [イン/] 嶾𡽸
◆「𡾯嶙インリン」、山が高く険(けわ)しいさま
𡾰山3+17=総画数20 U+21FB0 [ケン、コン/] 𡼌
◆「𡾰嵼ケンサン」◇山が高く険(けわ)しく曲がりくねっているさま◇あれこれと思いが廻(めぐ)ってすっきりしないさま、同「蹇產」「【楚辭:卷第四:九章章句第四:渉江】…心絓結而不解𠔃(…)思蹇産而不釋(蹇産詰屈也言已乗船蹈波愁而恐懼則心肝縣結思念詰屈而不可解釋也補曰山曲曰𡾰嵼義與此同)」
𡾲山3+17=総画数20 U+21FB2 [ゲツ、ゲチ/] 嶭𡾦𡺰𡿗
◆「巀𡾲セツゲツ」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽市涇陽県、別名「嵯峨サガ山」 {陝西省}
𡾵山3+17=総画数20 U+21FB5 [ゴィ/] 𠑖
◆[喃]位(くらい)、地位
𡾷山3+17=総画数20 U+21FB7 [ライ/]
◆石がごろごろしているさま、同「磊」
𡾸山3+17=総画数20 U+21FB8 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:山部:𡾸】同"巊"」
𡾹山3+17=総画数20 U+21FB9 [ゲツ、ゲチ/ひこばえ] 蘖櫱
◆木を切り倒した後に残る切り株、同「枿」「𣡌」
◆ひこばえ、切り株から生え出た新芽、同「枿」「𣡌」
𡾺山3+17=総画数20 U+21FBA [セツ、ゼチ/]
◆山が高く険しいさま、同「巀」「【漢語大字典:山部:𡾺】同"巀"」「【中華字海:山部:𡾺】同"嶻"」
山3+18=総画数21 U+3825 [ルイ/]
◆山が幾重(いくえ)にも連なっているさま
山3+18=総画数21 U+3826 [ホウ、フ/] 𡽍
◆山名、未詳
山3+18=総画数21 U+5DCB [キ/] 𡿢岿
◆山が高く大きいさま
◆「巋然キゼン」、(山が)一つだけ高く突き出ているさま
◆小さな山が連なっているさま
筆順
山3+18=総画数21 U+5DCD [ギ/] 𡿆𡿁
◆山が高く聳(そび)え立つさま、高く大きいさま、同「嵬」「魏」
筆順
山3+18=総画数21 U+5DCF [ケン、ゴン/] 𡺹𡺟
◆「巏嵍ケンボウ」、山名、河北省邢台市隆堯県、但し確認できなかった
山3+18=総画数21 U+5DD0 [ショウ/]
◆山のような形また様子
𡾼山3+18=総画数21 U+21FBC [ショウ/]
◆「嵱𡾼ヨウショウ」、峰が起伏しながら連なっているさま、同「嵷」
𡾿山3+18=総画数21 U+21FBF [未詳/]
◆「嶐𡾿(音未詳、リュウホウ?)」、山のように高く丸く盛り上がっているさま「【五音集韻:卷一:東第一:嶐】嶐𡾿山形」
𡿀山3+18=総画数21 U+21FC0 [未詳/]
◆未詳「【類篇:卷二十六:山部:𡺲峻𡿀】須閏切說文髙也…」
𡿁山3+18=総画数21 U+21FC1 [ギ/] 巍𡿆
◆山が高く聳(そび)え立つさま、高く大きいさま、同「嵬」「魏」
𡿃山3+18=総画数21 U+21FC3 [ガク、ギャク/] 峉㟯𡾆
◆「岝𡿃・岝㟧・岞崿サクガク」、山が高く大きなさま、山が高く険(けわ)しいさま
𡿄山3+18=総画数21 U+21FC4 [ソウ、ゾウ/]
◆(岩山が)高く聳(そび)え立つさま、「𡿄崔ソウサイ」「【古文苑:卷四:蜀都賦】…𡭗乃蒼山隱天岎(汾)崯(吟)廻叢增嶃(鋤銜反嶃嵒)重崒𡶑(也含反)石𡿄(藏)崔(摧)𡷠(投)𡾛(迸)嶵(罪)㟴(隗)霜雪終夏叩巖岒嶙…」
𡿆山3+18=総画数21 U+21FC6 [ギ/] 巍𡿁
◆山が高く聳(そび)え立つさま、高く大きいさま、同「嵬」「魏」
山3+19=総画数22 U+3827 [ビ、ミ/] 𡿐𡻥
◆「迤㠧・崺㠧イビ」、砂丘のように高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、同「峛崺・邐迤リイ」「【御定歷代賦彙:卷三十八:東平賦】…其北有連岡崺𡿐﨑{⿰山豦}…」
山3+19=総画数22 U+5DCE [①キ、ギ②ドウ、ノウ/]

◆「巎巎キキ」、人名、1295年~1345年、姓を「康里コウリ」、字(あざな)を「子山シザン」、元代(1271年~1368年)の書家

◆「巎山・嶩山・峱山ドウサン」、山名、山東省淄博市臨淄区付近「【漢書(前漢書):卷二十八下:地理志第八下】營丘故齊詩曰子之營兮遭我虖嶩之間兮(…嶩山名也字或作峱亦作巙…)」 {山東省}
山3+19=総画数22 U+5DD1 [サン/]
◆「巑岏サンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま
筆順
山3+19=総画数22 U+5DD2 [ラン/]
◆山が幾重(いくえ)にも連なっているさま
◆頂(いただき)が尖った小さな山「【說文解字:山部:巒】山小而銳」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+19=総画数22 U+5DD3 [テン/いただき] 巔巅嵮𡻗
◆山の頂(いただき)、頂上チョウジョウ
筆順
山3+19=総画数22 U+5DD4 [テン/いただき] 巓巅嵮𡻗
◆山の頂(いただき)、頂上チョウジョウ
𡿇山3+19=総画数22 U+21FC7 [ラ/] 𡿏
◆山名、未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:{⿱山槃}𡼃𡿏{⿱山浮}𡺙㟫】以上六字取一面呼之」「【集韻:卷三:平聲:戈第八:𡿏】山名或書作𡿇」「【列朝詩集:丁集第八:夢君篇贈黃丈淳父】…破屋翠𡿏山鬼泣…」
𡿈山3+19=総画数22 U+21FC8 [ルイ/]
◆山に石や岩がごろごろしていているさま
𡿋山3+19=総画数22 U+21FCB [レイ、ライ/] 巁𡽇
◆山が高く大きいさま
𡿌山3+19=総画数22 U+21FCC [レキ、リャク/]
◆通過点(時・時間や場所・位置など)を通(とお)って行く、また踏み越えて行く、通り過ぎる、同「歷」「【集韻:卷十:入聲下:錫第二十三:歷𡿌】說文過也古作𡿌」
𡿍山3+19=総画数22 U+21FCD [未詳/]
◆未詳
注解:「巑」の異体字か?
𡿎山3+19=総画数22 U+21FCE [リ/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡿎】力其切音梨義闕」
𡿏山3+19=総画数22 U+21FCF [ラ/] 𡿇
◆山名、未詳「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:{⿱山槃}𡼃𡿏{⿱山浮}𡺙㟫】以上六字取一面呼之」「【集韻:卷三:平聲:戈第八:𡿏】山名或書作𡿇」「【列朝詩集:丁集第八:夢君篇贈黃丈淳父】…破屋翠𡿏山鬼泣…」
𡿐山3+19=総画数22 U+21FD0 [ビ、ミ/] 㠧𡻥
◆「迤𡿐・崺𡿐イビ」、砂丘のように高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、同「峛崺・邐迤リイ」「【御定歷代賦彙:卷三十八:東平賦】…其北有連岡崺𡿐﨑{⿰山豦}…」
𡿑山3+19=総画数22 U+21FD1 [リン/] 嶙𡼵𡽤
◆「𡿑峋リンシュン」、山が高く聳(そび)え谷が深いさま、またそれが幾重(いくえ)にも繰り返し連なっているさま「【二十四詩品:雄渾:形容】…海之波瀾山之嶙峋…」「【龍龕手鑑:卷一:山部第五:𡼵】俗𡿑嶙二或作𡽤正力珍反𡽤峋深崖狀也」
◆「嶾𡿑インリン」、山が高く険(けわ)しいさま
𡿒山3+19=総画数22 U+21FD2 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:山部:𡿒】同"嶭"」
山3+20=総画数23 U+5DD5 [未詳/]
◆未詳
注解:{⿰山⿳薛子}と{⿰山⿱薛女}の二種の字形がある
山3+20=総画数23 U+5DD6 [ガン、ゲン/いわお、いわ] 巌巗
◆いわお、いわ、ごつごつした大きな岩、同「岩」「壧」
◆ごつごつした岩が高く切り立っているさま、同「礹」
◆「嶄巖ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「巉巖」
漢字林(非部首部別)
筆順
山3+20=総画数23 U+5DD7 [ガン、ゲン/いわお、いわ] 巖巌
◆いわお、いわ、ごつごつした大きな岩、同「岩」「壧」
◆ごつごつした岩が高く切り立っているさま、同「礹」
◆「嶄巗ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「巉巖」
筆順
山3+20=総画数23 U+5DD8 [ケン、ゲン/] 巚𡿕
◆甗ゲン(蒸し器の一種)のように下よりも上が大きい山 {食器(炊事器 鬲・甗)}
◆高く尖(とが)った山の峰(みね)
山3+20=総画数23 U+5DDA [ケン、ゲン/] 巘𡿕
◆甗ゲン(蒸し器の一種)のように下よりも上が大きい山 {食器(炊事器 鬲・甗)}
◆高く尖(とが)った山の峰(みね)
𡿗山3+20=総画数23 U+21FD7 [ゲツ、ゲチ/] 嶭𡾦𡺰𡾲
◆「巀𡿗セツゲツ」◇山が高く険しいさま◇山名、陝西省咸陽市涇陽県、別名「嵯峨サガ山」 {陝西省}
𡿚山3+20=総画数23 U+21FDA [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:山部:𡿚】渠媯切音葵人名見篇海」「【中華大字典:山部:𡿚】奴刀切音猱豪韻山名在齊見《篇海類編》」
山3+21=総画数24 U+5DD9 [①キ、ギ②ドウ、ノウ/]

◆「巙巙キキ」、人名、1295年~1345年、姓を「康里コウリ」、字(あざな)を「子山シザン」、元代(1271年~1368年)の書家

◆「巙山・嶩山・峱山ドウサン」、山名、山東省淄博市臨淄区付近「【漢書(前漢書):卷二十八下:地理志第八下】營丘故齊詩曰子之營兮遭我虖嶩之間兮(…嶩山名也字或作峱亦作巙…)」 {山東省}
𡿔山3+21=総画数24 U+21FD4 [ルイ/] 𡻭𡿜𡻱
◆山が幾重(いくえ)にも重なり聳えているさま、同「𡼊」
𡿕山3+21=総画数24 U+21FD5 [ケン、ゲン/] 巘巚
◆甗ゲン(蒸し器の一種)のように下よりも上が大きい山 {食器(炊事器 鬲・甗)}
◆高く尖(とが)った山の峰(みね)
𡿖山3+21=総画数24 U+21FD6 [ゲツ、ゲチ/] 𡾐𪗘
◆山が壁(かべ)のようにそそり立つさま、行く手を遮(さえぎ)るように立ちはだかるさま、「屹𡿖キツゲツ」
𡿘山3+21=総画数24 U+21FD8 [ソウ、ゾウ/] 嶒𡼳
◆「崚𡿘リョウソウ」、山が絶壁のように高く聳(そび)え立つさま
𡿜山3+21=総画数24 U+21FDC [ルイ/] 𡻭𡻱𡿔
◆山が幾重(いくえ)にも重なり聳えているさま、同「𡼊」
𡿟山3+21=総画数24 U+21FDF [未詳/]
◆未詳
𡿝山3+22=総画数25 U+21FDD [ドウ、ノウ/] 𥗾
◆山が湾曲して奥深く入り込んだところ
𡿞山3+22=総画数25 U+21FDE [未詳/]
◆未詳「【中華字海:山部:𡿞】同"湾"」
𡿡山3+24=総画数27 U+21FE1 [レイ、リョウ/]
◆山深いさま、同「岭」
𡿣山3+24=総画数27 U+21FE3 [サン、ゼン、ザン/] 巉𡽡𡷭𡺎𡸊
◆山が高く切り立っているさま
◆「𡿣巖ザンガン」、山が高く鋭く切り立っているさま、同「嶄巖」
𪈡鳥部
𡿢山3+26=総画数29 U+21FE2 [キ/] 巋岿
◆山が高く大きいさま
◆「𡿢然キゼン」、(山が)一つだけ高く突き出ているさま
◆小さな山が連なっているさま


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 山部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です