総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「厂部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 厂部」 [部首索引


厂2+0=総画数2 U+5382 [カン、ガン/]
◆「厓」「厈」などの原字で、"厂"字状に高く切り立った崖や岸の象形
◆簡「廠」
◆がんだれ、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
人部
厂2+2=総画数4 U+5383 [ギ/]
◆危(あや)うい、切り立った崖の上に人がいる象形、同「危」
◆仰ぎ見る、見上げる
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+2=総画数4 U+5384 [アク、ヤク/]
◆行き詰まる、進退窮(きわ)まる、打つ手がなく困り果てる、同「戹」「阨」「阸」
◆木の節(ふし)、「行き止まりになっている」の意、同「戹」「枙」
◆[日]良くないこと、不吉なこと、災(わざわ)い
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+2=総画数4 U+5385 [テイ、チョウ/] 廳廰厛𠫇𠫊㕔
◆官庁、役所、同「庁」
◆集会用や接客用の広間
漢字林(非部首部別)
厂2+2=総画数4 U+5386 [レキ、リャク/]
◆繁「曆」
◆繁「歷」
漢字林(非部首部別)
又部
𠨬厂2+2=総画数4 U+20A2C [シ/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十三:𠨬】音支酒𠨬」「【中華字海:厂部:𠨬】同"卮"」
厂2+3=総画数5 U+5387 [未詳/]
◆未詳「【玉篇:卷二十二:厂部第三百四十八:厇】竹格切亦作磔開厇也」「【廣韻:入聲:麥第二十一:摘:厇】張厇」「【正字通:子集下:厂部:厇】與宅通舉要孝經宅作厇」
漢字林(非部首部別)
厂2+3=総画数5 U+5388 [カン、ガン/]
◆高く切り立った崖(がけ)、水面から切り立った岸
◆咎(とが)める、同「斥」「【說文解字:言部:訐】面相厈罪相告訐也」
漢字林(非部首部別)
厂2+3=総画数5 U+5389 [レイ、ライ/]
◆肌理(きめ)の粗い砥石(といし)、荒研ぎ用の砥石、同「礪」
◆砥(と)ぐ、研(みが)く
◆励(はげ)む、奮(ふる)い起こす、励ます、奮い立たせる
◆厳(きび)しい、烈(はげ)しい、甚(はなは)だしい
◆酷(ひど)い、惨(むご)い
◆酷い災いを齎(もたら)す、またそのようなもの、「厲鬼レイキ(悪鬼アッキ、悪霊アクリョウ)」
◆癩病ライビョウ、ハンセン病Hansen's disease、同「癘」
漢字林(非部首部別)
筆順
土部
𠨭厂2+3=総画数5 U+20A2D [キク/] 𠩀𠩉𡴈
◆しっかりと(左)手に持つ、手に取りしっかりと握る、逆(右手)は「丮」「【正字通:子集下:厂部:𠨭】居六切音菊正譌拕持也从反丮轉注俗作挶非舉要左手𡙕持也一說敬事而拘迫不安也丮篆作■𠨭篆作𡴈合■𡴈卽鬥字」
𠨮厂2+3=総画数5 U+20A2E [ソク、シキ/ほの・か、ほの・めかす] 仄𠨻𠩩
◆片方に(一方に)傾(かたむ)く、片方に寄る、偏(かたよ)る、同「側」
◆狭(せま)い、狭(せば)める、狭まる
◆[日]ほの・か、ぼんやりとしていてはっきりしないさま、ほんの僅(わず)かなさま、微(かす)かなさま
◆[日]ほの・めかす、それとなく言う
𠨯厂2+3=総画数5 U+20A2F [ウ/]
◆「廊𠨯ロウウ」、周りに廊下を巡(めぐ)らした建物、同「廊宇」
𠨰厂2+3=総画数5 U+20A30 [ジョ、ニョ、ニョウ/おんな、め]
◆雌(めす)としての特性を持つ人、男(雄おすとしての特性を持つ人)と対になる性の一方
◆娘(むすめ、若い未婚の女性)、既婚は「婦」
◆妻(めあ)わせる、嫁(とつ)がせる
◆あなた、同「汝」
◆弱々しいさま
◆二十八宿北方玄武ゲンブの第三宿 {二十八宿}
𠨱厂2+3=総画数5 U+20A31 [未詳/]
◆未詳「【洞靈眞經:卷上:用道篇第二】夫雞𠨱(音辰)…(【洞靈眞經】が引く「【亢倉子:用道篇第二】夫雞晨…」は「晨」「【新雕洞靈眞經:亢倉子:用道篇第二】夫雞{⿱晶𠨱}(音晨)…」では{⿱晶𠨱}とする、{⿱晶𠨱}は「曟」と思われる)
𠨳厂2+3=総画数5 U+20A33 [アク、ヤク/] 𠂬𢀴𠂘𠨗
◆木の節(ふし)、同「厄」「枙」
𠬡又部
厂2+4=総画数6 U+3542 [キン、ゴン/]
◆石地、石が多い(石だらけの)ところ、またそのような土地、同「㕋」
◆未詳「【玉篇:卷二十二:厂部第三百四十八:㕂】宜今切古文*(「*𡷧」の誤りであろうか?)
漢字林(非部首部別)
厂2+4=総画数6 U+3544 [シ、テイ、タイ/]
◆砥石(といし)に利用される柔らかく肌理(きめ)の細かい石、同「砥」
◆研(と)いで平らにする、同「砥」
◆~に至(いた)る、~に行く着く、同「致」
漢字林(非部首部別)
厂2+4=総画数6 U+538A [ガ、ゲ/]
◆「厏厊サガ」、ぴったりと合わないさま
漢字林(非部首部別)
厂2+4=総画数6 U+538B [オウ、ヨウ、アツ/お・す、おさ・える、へ・す] 壓𡑅𡒦圧
◆上から下に向けて押え付けるように力を加える
◆力で押え付ける、押え付けて従わせる
注解:「压」は中国で用いられる簡体字、日本・韓国などでは「圧」
厂2+4=総画数6 U+538C [エン、ヨウ、オン/あ・きる、いと・う、いと・わしい]
◆強く締め付ける、強く押え付ける、押え付けて従わせる、同「壓」
◆悪夢を見て魘(うな)される、「体が押え付けられるようになる」の意
◆あ・きる、いと・う、十分な量や程度を超える、もうこれ以上は要(い)らないというほどになる、十分に過ぎて嫌になる、同「飽」
◆満足する、満ち足りる
漢字林(非部首部別)
厂2+4=総画数6 U+538D [シャ/]
◆姓用字
火部
𠂬厂2+4=総画数6 U+200AC [アク、ヤク/] 𢀴𠂘𠨗𠨳
◆木の節(ふし)、同「厄」「枙」
漢字林(非部首部別)
𠂮厂2+4=総画数6 U+200AE [未詳/]
◆未詳
注解:「𠨷」の訛字か?
𠨴厂2+4=総画数6 U+20A34 [カイ、ケ/]
◆到(いた)る「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十三:𠨴】音介到也」
𠨵厂2+4=総画数6 U+20A35 [ホウ、ボウ/]
◆古地名、周代(前11世紀~前256年)の虢公カクコウ(現陝西省宝鶏市にあった西虢国の君主)の宮城があったところ、同「玤」「【春秋左傳:莊公二十一年】虢公為王宮于玤」 {陝西省}
𠨶厂2+4=総画数6 U+20A36 [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:子集下:厂部:𠨶】《篇海》古文侯字○按集韻作𥎦」
𠨷厂2+4=総画数6 U+20A37 [シン、ジン/たつ] 辰𨑃𨑄𠩟䢈
◆十二支の五番目、方角では東南東、時刻では午前八時を中心とした二時間、動物では龍を当てる、陽の温(ぬく)もりが感じられ動植物が動き始める頃、旧暦の三月頃 {十二支}
◆(移り行く)時、時間、日、「時辰ジシン(時とき、時刻)」「吉辰キッシン(吉日キチジツ)」「良辰リョウシン(良き日)」
◆(時と共に移動する)太陽・月・星などの天体、「三辰サンシン(太陽と月と星)」「北辰ホクシン(北極星)」「星辰セイシン(星ほし)」
𠨸厂2+4=総画数6 U+20A38 [ヒ、ビ/] 𠨹
◆本流から枝分かれした流れ、同「派」
𠨹厂2+4=総画数6 U+20A39 [ヒ、ビ/] 𠨸
◆本流から枝分かれした流れ、同「派」
𠨺厂2+4=総画数6 U+20A3A [セキ、シャク/しりぞ・ける] 斥𠩋㡿𡱞𤵍
◆退(しりぞ)ける、押し退(の)ける、追い遣(や)る、「排斥ハイセキ」
◆押し開く、大きく広げる、「斥地セキチ」
◆(誤りを)指摘する、咎(とが)める、「斥責セキセキ・チェザ」
◆窺(うかが)う、探(さぐ)る、「斥候セッコウ」
◆「充𠨺ジュウセキ」、一面に蔓延(はびこ)る、いっぱいになる
漢字林(非部首部別)
𠨻厂2+4=総画数6 U+20A3B [ソク、シキ/ほの・か、ほの・めかす] 仄𠨮𠩩
◆片方に(一方に)傾(かたむ)く、片方に寄る、偏(かたよ)る、同「側」
◆狭(せま)い、狭(せば)める、狭まる
◆[日]ほの・か、ぼんやりとしていてはっきりしないさま、ほんの僅(わず)かなさま、微(かす)かなさま
◆[日]ほの・めかす、それとなく言う
𠨽厂2+4=総画数6 U+20A3D [未詳/]
◆未詳
𠨿厂2+4=総画数6 U+20A3F [未詳/]
◆未詳
𣱷水部
𥐖石部
厂2+5=総画数7 U+3546 [コ、ゴ/]
◆美しい石
厂2+5=総画数7 U+3547 [ロウ/]
◆石の音、石が崩れ落ちる音「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十三:㕇】盧合反石崩墮落也」
厂2+5=総画数7 U+538E [シ、テイ、タイ/]
◆砥石(といし)に利用される柔らかく肌理(きめ)の細かい石、同「砥」
◆研(と)いで平らにする、同「砥」
◆~に至(いた)る、~に行く着く、同「致」
漢字林(非部首部別)
厂2+5=総画数7 U+538F [サ、セ/] 𠩎
◆「厏厊サガ」、ぴったりと合わないさま
◆狭(せば)まる、狭める、同「窄」
漢字林(非部首部別)
厂2+5=総画数7 U+5390 [ホウ、ボウ/] 龐庞龎
◆高い建物
◆高く大きなさま、大きくどっしりとしているさま
◆入り乱れるさま、乱雑なさま
厂2+5=総画数7 U+5391 [앳エッ/]
◆[韓]未詳
𠂰厂2+5=総画数7 U+200B0 [コ、ク/] 𢁺
◆人名用字、同「虎」「乕」「【字彙補:寅集拾遺:巾部補字:𠂰】與虎同三國志馮序魯魚帝𠂰」「【康熙字典:寅集補遺:巾部:𢁺】《字彙補》與虎同《三國志馮序》魯魚帝𢁺」「【金石文字辨異:卷七:虎:𢁺】漢北海相景君銘再命𢁺將」
𠩀厂2+5=総画数7 U+20A40 [キク/] 𠨭𠩉𡴈
◆しっかりと(左)手に持つ、手に取りしっかりと握る、逆(右手)は「丮」「【正字通:子集下:厂部:𠨭】居六切音菊正譌拕持也从反丮轉注俗作挶非舉要左手𡙕持也一說敬事而拘迫不安也丮篆作■𠨭篆作𡴈合■𡴈卽鬥字」
𠩁厂2+5=総画数7 U+20A41 [トウ/]
◆未詳「【正字通:寅集下:广部:𠩁】庝字之譌…」
𠩂厂2+5=総画数7 U+20A42 [キョウ、コウ/]
◆山が両側に迫っている川、谷、谷川
𠩄厂2+5=総画数7 U+20A44 [ソ、ショ/ところ] 所㪽𢨷𢩇
◆処(ところ)、ものがある場また位置(要所・箇所など)、ことをする場また位置(住所・裁判所など)
◆~のこと、「所感ショカン(感じること)」「所存ショゾン(◇ありか、物のある場所。人のいる場所◇[日]考え思っていること)」
◆~のもの、「所有ショユウ(持っているもの)」「所得ショトク(得たもの、手に入れたもの)」
◆木を伐採する音、その音が発せられている所の意
𠩇厂2+5=総画数7 U+20A47 [未詳/]
◆未詳
𠩈厂2+5=総画数7 U+20A48 [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:子集備考:厂部:𠩈】《海篇》音注」
漢字林(非部首部別)
𠩉厂2+5=総画数7 U+20A49 [キク/] 𠨭𠩀𡴈
◆しっかりと(左)手に持つ、手に取りしっかりと握る、逆(右手)は「丮」「【正字通:子集下:厂部:𠨭】居六切音菊正譌拕持也从反丮轉注俗作挶非舉要左手𡙕持也一說敬事而拘迫不安也丮篆作■𠨭篆作𡴈合■𡴈卽鬥字」
𥎦矢部
𥐘石部
厂2+6=総画数8 U+3548 [イ、エ/]
◆覆(おお)い遮(さえぎ)る、隠(かく)す、中に入れて隠す、同「𢉝」「庡」
厂2+6=総画数8 U+3549 [コウ、オウ/]
◆上から覆(おお)い被(かぶ)さる、同「𢈈」
◆「㕉窟コウクツ」、洞窟ドウクツ、洞穴(ほらあな)「【御定歷代賦彙:卷二十五:地理:江賦】…縈繞駭崩浪而相礧鼓㕉窟以漰渤…」
厂2+6=総画数8 U+5392 [キョウ、コウ/] 𠩂
◆山が両側に迫っている川、谷、谷川
漢字林(非部首部別)
厂2+6=総画数8 U+5393 [ガイ、ゲ/]
◆"厂"字状に急角度で深く落ち込んでいる地形、またその縁(へり)の部分、同「崖」
◆水面から"厂"字状に切り立ったところの水際スイサイ(みずぎわ)、同「涯」
◆目の縁(へり)、上瞼(うえまぶた)や下瞼(したまぶた)、同「睚」
漢字林(非部首部別)
厂2+6=総画数8 U+5394 [チツ/]
◆「盩厔チュウチツ」、古県名、右扶風ユウフフウ鄠コにあった、現陝西省西安市周至県「【廣韻:下平聲:尤第十八:輈:盩】盩厔縣在京兆府*水曲曰盩山曲曰厔又云引擊也」「【集韻:卷四:平聲:尤第十八:盩】說文引擊也扶風有盩厔縣一說*山曲曰盩水曲曰厔俗作𥂕非是」(【廣韻】と【集韻】とでは違いがあるが「盩厔」は「山河が入り組んでいる地」の意という) {陝西省}
漢字林(非部首部別)
厂2+6=総画数8 U+5395 [シ、ソク、シキ/かわや] 廁厠
◆便所、同「圊」「溷」
◆交(まじ)わる、間(あいだ)に入る
𠩊厂2+6=総画数8 U+20A4A [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷五:上聲上:旨第五:旨𣅌𠩊𡱔𠮛𣅀】軫視切說文美也古作𣅌𠩊𡱔𠮛或作𣅀」
注解:「【廣韻:上聲:旨第五:旨:旨】說文云美也从匕甘又志也亦作{⿱二日}見經典」に{⿱二日}がある
𠩋厂2+6=総画数8 U+20A4B [セキ、シャク/しりぞ・ける] 斥㡿𡱞𠨺𤵍
◆退(しりぞ)ける、押し退(の)ける、追い遣(や)る、「排斥ハイセキ」
◆押し開く、大きく広げる、「斥地セキチ」
◆(誤りを)指摘する、咎(とが)める、「斥責セキセキ・チェザ」
◆窺(うかが)う、探(さぐ)る、「斥候セッコウ」
◆「充𠩋ジュウセキ」、一面に蔓延(はびこ)る、いっぱいになる
漢字林(非部首部別)
𠩌厂2+6=総画数8 U+20A4C [セキ、ジャク/むしろ] 席𠩛
◆むしろ、竹や藁(わら、乾燥させた草の茎)を並べ紐(ひも)で編んだ敷物、人が座ったり横になったりするところに敷くもの、同「蓆」
◆座るところ、居並ぶ時の座る位置
◆居並ぶものの中での位置、位(くらい)、地位、「席次セキジ(人が並ぶ時の席の順序)」
◆「席捲セッケン」、むしろ(筵・席・蓆)を巻き上げるように、端(はし)から端まで巻き上げる(手中に収める)こと
◆[日]座布団や椅子などの座る場所を設けた会場
𠩍厂2+6=総画数8 U+20A4D [オウ、ヨウ/]
◆同「應」、唐の則天武后ソクテンブコウ(武則天ブソクテン、624年~705年)が定めた則天文字の一つ
𠩎厂2+6=総画数8 U+20A4E [サ、セ/]
◆「𠩎厊サガ」、ぴったりと合わないさま
◆狭(せば)まる、狭める、同「窄」
𠩐厂2+6=総画数8 U+20A50 [未詳/]
◆未詳
𠩓厂2+6=総画数8 U+20A53 [チョウ/]
◆満たないさま、足りないさま、またその量
◆「庣旁チョウボウ」、足りない分を広げる「【漢書:志:律曆志:律曆志上】其法用銅方尺而圜其外旁有庣焉」 {新莽嘉量} {新莽嘉量}
漢字林(非部首部別)
𠩖厂2+6=総画数8 U+20A56 [未詳/]
◆未詳「【中文大辞典:厂部:𠩖】庚之譌字《正字通》庚正譌𠩖」
𣅛日部
𣅦日部
𪠆厂2+6=総画数8 U+2A806 [未詳/]
◆未詳
注解:「屏」の訛字か?「【文選《欽定四庫全書》本:卷十七:音楽上:洞簫賦】處幽隱而奧𪠆(五臣作屏)…」
厂2+7=総画数9 U+354A [フ/]
◆未詳「【說文解字注:厂部:㕊】石閒見也(…謂突兀忽見人部俔下閒見是也…)」
厂2+7=総画数9 U+5396 [ボウ、モウ/]
◆大きいさま、大きくなるさま、大きく膨(ふく)らむさま、「厖大・膨大ボウダイ」、同「尨」「庬」
◆入り乱れるさま、入り交じるさま、同「尨」
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+7=総画数9 U+5397 [テイ、ダイ、シ/]
◆「唐厗トウテイ」、雲母ウンモ・ウンボに似た鉱石の名、別名「火齊カセイ」、同「唐𥔈」「鎕銻」「【說文解字注:厂部:厗】唐厗石也(…石名也廣韵齊韵唐韵皆作磄厗又曰鎕銻火齊也玉篇曰厗古銻字)」
◆「厗奚シケイ」、古地名、同「傂奚」、漁陽ギョヨウ郡(現北京市・天津市周辺の地という)「【漢書(前漢書):卷二十八下:地理志第八下】漁陽郡…縣十二 漁陽(…)狐奴(…)路(…)雍奴 泉州(…)平谷 安樂 厗奚(…)獷平(…)要陽(…)白檀(…)滑鹽(…)」 {北京市}
漢字林(非部首部別)
厂2+7=総画数9 U+5398 [リ、テン、デン、リン/]
◆市廛シテン、城下の割り当てられた宅地に構えた店、その店舗兼住宅には税が課せられたが商売による利益は税が免除された
◆長さの単位、重量の単位、面積の単位、百分の一、10の-2乗、センチcenti、1尺=10分=100釐(厘)、同「釐」 {各種単位} {各種単位} {数字}
◆繁「釐」
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+7=総画数9 U+5399 [シャ/]
◆姓用字
厂2+7=総画数9 U+539A [コウ、グ/あつ・い] 𠩰𠪀𠪋𠩞㫗𣆉𣆪𡦬𡦩
◆平らで広がりのあるものの表面から裏面まで(前面から背面まで)の距離が大きい、またその大きさ
◆深みがある、濃い
◆重い、重みがある
◆心配りが行き届いているさま、丁重テイチョウ・丁寧テイネイなさま
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+7=総画数9 U+539B [テイ、チョウ/] 廳廰厅𠫇𠫊㕔
◆官庁、役所、同「庁」
◆集会用や接客用の広間
𠩘厂2+7=総画数9 U+20A58 [コウ、ギョウ/]
◆狭(せま)い、狭(せば)まる、同「狹」
𠩙厂2+7=総画数9 U+20A59 [ガ/] 峨峩𡻍𡽥
◆山が高く険しいさま
◆「𠪉𠩙サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
◆「峨嵋山ガビサン」、山名、四川省峨眉山市 {四川省}
𠩚厂2+7=総画数9 U+20A5A [未詳/]
◆未詳「【玉篇:卷二十二:厂部第三百四十八:𠩚】以周子由二切」「【五音集韻:卷六:尤第八:𠩚】簷㮰也」
𠩛厂2+7=総画数9 U+20A5B [セキ、ジャク/むしろ] 席𠩌
◆むしろ、竹や藁(わら、乾燥させた草の茎)を並べ紐(ひも)で編んだ敷物、人が座ったり横になったりするところに敷くもの、同「蓆」
◆座るところ、居並ぶ時の座る位置
◆居並ぶものの中での位置、位(くらい)、地位、「席次セキジ(人が並ぶ時の席の順序)」
◆「席捲セッケン」、むしろ(筵・席・蓆)を巻き上げるように、端(はし)から端まで巻き上げる(手中に収める)こと
◆[日]座布団や椅子などの座る場所を設けた会場
𠩜厂2+7=総画数9 U+20A5C [モウ、ミョウ/たけ・る]
◆体力・気力が漲(みなぎ)っているさま、「勇猛ユウモウ」
◆気性キショウや勢いが激しい、脅(おび)えや恐れを覚える程に荒々しい、「猛烈モウレツ」
𠩝厂3+7=総画数10 U+20A5D [ホウ、ボウ/] 𣃞
◆人の住む家、住まい、同「坊」
𠩞厂2+7=総画数9 U+20A5E [コウ、グ/あつ・い] 厚𠩰𠪀𠪋㫗𣆉𣆪𡦬𡦩
◆平らで広がりのあるものの表面から裏面まで(前面から背面まで)の距離が大きい、またその大きさ
◆深みがある、濃い
◆重い、重みがある
◆心配りが行き届いているさま、丁重テイチョウ・丁寧テイネイなさま
𠩟厂2+7=総画数9 U+20A5F [シン、ジン/たつ] 辰𨑃𨑄𠨷䢈
◆十二支の五番目、方角では東南東、時刻では午前八時を中心とした二時間、動物では龍を当てる、陽の温(ぬく)もりが感じられ動植物が動き始める頃、旧暦の三月頃 {十二支}
◆(移り行く)時、時間、日、「時辰ジシン(時とき、時刻)」「吉辰キッシン(吉日キチジツ)」「良辰リョウシン(良き日)」
◆(時と共に移動する)太陽・月・星などの天体、「三辰サンシン(太陽と月と星)」「北辰ホクシン(北極星)」「星辰セイシン(星ほし)」
𠩠厂2+7=総画数9 U+20A60 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:厂部:𠩠】魚全切音原見篇韻」
𠩢厂2+7=総画数9 U+20A62 [未詳/]
◆未詳「【張三丰先生全集:快活篇】…肅𠩢戸耕不歉乎…」
𠩤厂2+7=総画数9 U+20A64 [ゲン、ゴン、ガン/はら、もと]
◆源(みなもと)、地下水が地表に湧(わ)き出るところ、同「厡」「源」(「原」は、崖や岸を象った「厂」と、水が地表に湧き出る「泉」の合字)
◆物事の始まり、物事の大本おおもと、物事の根本コンポン、物事の基本、同「源」
◆始まりまで遡(さかのぼ)る、初め、もともと
◆(事情を知るに及んで重い罪に問えないと)量刑(リョウケイ)を軽くする
◆広く平らなことろ、平原、高く平らで広いところ、高原、同「邍」
𣃞方部
厂2+8=総画数10 U+354B [キン、ゴン/]
◆石地、石が多い(石だらけの)ところ、またそのような土地、同「㕂」
厂2+8=総画数10 U+354C [ガイ、ゲ/]
◆幕を張る
◆石の名、未詳
厂2+8=総画数10 U+354D [タイ、テ/]
◆(土などが)積み重なる、積み重なって盛り上がる、また盛り上げる、同「堆」
厂2+8=総画数10 U+539D [ソ、ス、サク/] 𠪞
◆置く、あるべき場所に置く、あるべき状態にする、同「措」
◆砥石や鑢(やすり)などで磨く、また擦(こす)る、同「錯」
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+8=総画数10 U+539E [ヒ、ビ/]
◆隠れる、退き閉じ籠る、隠す、人の目に触れないように隠す、同「陫」
漢字林(非部首部別)
厂2+8=総画数10 U+539F [ゲン、ゴン、ガン/はら、もと] 𠩤
◆源(みなもと)、地下水が地表に湧(わ)き出るところ、同「厡」「源」(「原」は、崖や岸を象った「厂」と、水が地表に湧き出る「泉」の合字)
◆物事の始まり、物事の大本おおもと、物事の根本コンポン、物事の基本、同「源」
◆始まりまで遡(さかのぼ)る、初め、もともと
◆(事情を知るに及んで重い罪に問えないと)量刑(リョウケイ)を軽くする
◆広く平らなことろ、平原、高く平らで広いところ、高原、同「邍」
漢字林(非部首部別)
筆順
𠩨厂2+8=総画数10 U+20A68 [ド、ヌ/] 砮𥑌𠪓
◆石製の鏃(やじり、矢の先端に取り付ける部品)、また鏃に用いる石
◆砥石(といし)、荒研ぎ用の砥石「【廣韻:上平聲:模第十一:奴:砮】礪也」
𠩩厂2+8=総画数10 U+20A69 [ソク、シキ/ほの・か、ほの・めかす] 仄𠨮𠨻
◆片方に(一方に)傾(かたむ)く、片方に寄る、偏(かたよ)る、同「側」
◆狭(せま)い、狭(せば)める、狭まる
◆[日]ほの・か、ぼんやりとしていてはっきりしないさま、ほんの僅(わず)かなさま、微(かす)かなさま
◆[日]ほの・めかす、それとなく言う
𠩬厂2+8=総画数10 U+20A6C [レイ、ライ/]
◆硬い毛、剛毛ゴウモウ、硬く縮(ちぢ)れた毛、同「斄」
𠩭厂2+8=総画数10 U+20A6D [未詳/]
◆未詳「【集韻:巻二:平聲二:十八:淳𠩭𤂸】漬也或作𠩭古作𧭺」
𠩮厂2+8=総画数10 U+20A6E [シュン、ジュン、トン、ドン/たて] 盾𥍿
◆刀や矢による攻撃から顔や体を護(まも)るための防具、「盾牌ジュンパイ」、同「瞂」「楯」
𠩯厂2+8=総画数10 U+20A6F [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十三:𠩯】古文音𡥂」「【字彙補:子集:厂部:𠩯】古文存字」
𠩰厂2+8=総画数10 U+20A70 [コウ、グ/あつ・い] 厚𠪀𠪋𠩞㫗𣆉𣆪𡦬𡦩
◆平らで広がりのあるものの表面から裏面まで(前面から背面まで)の距離が大きい、またその大きさ
◆深みがある、濃い
◆重い、重みがある
◆心配りが行き届いているさま、丁重テイチョウ・丁寧テイネイなさま
𠩱厂2+8=総画数10 U+20A71 [シュク、ジュク、シュウ、ジュ/] 璹𤩈𤩇𤩉
◆玉ギョク(美しく高貴な石)の名
◆玉器の名「【說文解字注:玉部:璹】玉器也(徐鍇曰爾雅璋大八寸謂之琡說文有璹無琡宜同也)(「琡シュク」は「長さ八寸の璋ショウ(圭ケイと呼ばれる板状の礼器の一種で刀の形に似たもの)) {礼器(圭)}
𠩲厂2+8=総画数10 U+20A72 [ヘン/] 𠪂𠩶
◆物の薄いさま、扁平なさま、同「匾」「【集韻:卷六:上聲下:二十七:𠪂𠩲】𠪂虎薄皃」
漢字林(非部首部別)
𠩴厂2+8=総画数10 U+20A74 [未詳/]
◆未詳
𠩵厂2+8=総画数10 U+20A75 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十三:𠩵】音歷」
漢字林(非部首部別)
𠪄厂2+8=総画数10 U+20A84 [レイ、ライ/]
◆砥石(といし)、砥ぐ、同「厲」「礪」
𪠋厂2+8=総画数10 U+2A80B [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
𫝗厂2+8=総画数10 U+2B757 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:厂部:𫝗】同"厚"」
漢字林(非部首部別)
厂2+9=総画数11 U+539C [スイ/] 𠪪
◆高く切り立った山の頂(いただき)
◆山が険峻なさま
厂2+9=総画数11 U+53A0 [シ、ソク、シキ/かわや] 廁厕
◆便所、同「圊」「溷」
◆交(まじ)わる、間(あいだ)に入る
筆順
厂2+9=総画数11 U+53A1 [ゲン、ゴン/] 𠪥
◆源(みなもと)、地下水が地表に湧(わ)き出るところ、同「原」
厂2+9=総画数11 U+53A2 [ショウ、ソウ/ひさし]
◆宗廟や本堂(幾つかの建物群の中で最も重要な建物)などの手前両側に建ち並ぶ小さな建物
◆四合院(中庭を囲むように東西南北に家屋を配する中国の伝統的様式)で東西側に建てられた長男・次男の住居用の家屋 {四合院}
◆[日]庇(ひさし)、入口や窓の上に造られた雨や陽を避(よ)けるための小さな屋根
厂2+9=総画数11 U+53A3 [エン/]
◆カニ(蟹)の腹の下部にある甲羅、腹甲フクコウ
◆巻貝の殻(から)の口にある円形の蓋(ふた)
𠩶厂2+9=総画数11 U+20A76 [ヘン/] 𠪂𠩲
◆物の薄いさま、扁平なさま、同「匾」「【集韻:卷六:上聲下:二十七:𠪂𠩲】𠪂虎薄皃」
𠩸厂2+9=総画数11 U+20A78 [キ、ギ/] 饋馈𩟱
◆食べ物や金品を人に贈る、またその贈り物、同「餽」
◆食事、食べ物、食事や食べ物を勧(すす)める
◆送る、送り届ける
𠩹厂2+9=総画数11 U+20A79 [ソウ、ス/] 𠪇
◆老人、老人の尊称、同「傁」
◆隈(くま)、川などが"<"字状に大きく湾曲して奥深くまで入り込んだところ、奥まったところ、隅(すみ)っこ、同「隈」
𠩺厂2+9=総画数11 U+20A7A [リ/]
◆裂(さ)く、割(さ)く
漢字林(非部首部別)
筆順
𠩻厂2+9=総画数11 U+20A7B [タン、ダン/]
◆上へ上へと積み重なって層をなしたものの、その一つ一つ
◆物事などの区切り、文章などの区切り
◆階位、等級
𠩼厂2+9=総画数11 U+20A7C [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:子集下:厂部:𠩼】《玉篇》古文盜字註見皿部七畫(「【玉篇:卷二十二:厂部第三百四十八:𠪁】徒到切古文盜」は「𠩼{⿸厂(⿰未欠)}」ではなく「𠪁{⿸厂(⿰禾欠)}」)
𠩽厂2+9=総画数11 U+20A7D [ショ/] 庶庻𢉙𤈲𠪌𠪛𠪤𠪜
◆多い、多くの、大勢の、さまざまな
◆官位や爵位などがない一般の人
◆妾(めかけ)などの正妻以外の女が産んだ子、「庶子ショシ」、正妻の産んだ子は「嫡」
◆~に近い、ほぼ~
◆「庶幾ショキ(こいねが・う)」◇希(こいねが)う、強く望む◇希(こいねが)わくは、許されることであるなら~であって欲しい
𠩾厂2+9=総画数11 U+20A7E [未詳/]
◆未詳
𠪀厂2+9=総画数11 U+20A80 [コウ、グ/あつ・い] 厚𠩰𠪋𠩞㫗𣆉𣆪𡦬𡦩
◆平らで広がりのあるものの表面から裏面まで(前面から背面まで)の距離が大きい、またその大きさ
◆深みがある、濃い
◆重い、重みがある
◆心配りが行き届いているさま、丁重テイチョウ・丁寧テイネイなさま
𠪁厂2+9=総画数11 U+20A81 [未詳/]
◆未詳「【玉篇:卷二十二:厂部第三百四十八:𠪁】徒到切古文盜」
𠪂厂2+9=総画数11 U+20A82 [ヘン/] 𠩲𠩶
◆物の薄いさま、扁平なさま、同「匾」「【集韻:卷六:上聲下:二十七:𠪂𠩲】𠪂虎薄皃」
𠪃厂2+9=総画数11 U+20A83 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:丿部:𠪃】明皮切音眉出金鏡」
𠪅厂2+9=総画数11 U+20A85 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十二:𠪅】古文徙亂反」
𠪆厂2+9=総画数11 U+20A86 [ケツ、コチ/] 厥𠪏𠪼𨈑𨈐𣅞
◆その~、それ、that、it、同「其」
◆本来上から下に向かって流れるものが逆に流れることによって起こる症状、血液が頭に上る逆上(のぼせ)や手足への血流が滞(とどこお)る冷え、食べ物や体内のガスgasが口から吐き出る嘔吐オウトやげっぷなどの症状、「気逆キギャク」、同「瘚」
◆掘る、掘り出す、同「撅」
𠵧口部
𡸡山部
𤈲火部
厂2+10=総画数12 U+53A4 [レキ、リャク/]
◆暦(こよみ)、カレンダーcalendar、同「曆」
◆規則正しい、きちんと並ぶ
漢字林(非部首部別)
厂2+10=総画数12 U+53A5 [ケツ、コチ/] 𠪏𠪼𠪆𨈑𨈐𣅞
◆その~、それ、that、it、同「其」
◆本来上から下に向かって流れるものが逆に流れることによって起こる症状、血液が頭に上る逆上(のぼせ)や手足への血流が滞(とどこお)る冷え、食べ物や体内のガスgasが口から吐き出る嘔吐オウトやげっぷなどの症状、「気逆キギャク」、同「瘚」
◆掘る、掘り出す、同「撅」
◆「厥角稽首ケッカクケイシュ」、額(ひたい)で地面を叩(たた)くようにして礼をする、叩頭コウトウの礼
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+10=総画数12 U+53A6 [カ、ゲ/] 廈𢌂𢌉
◆家(いえ)、屋根のある建物
筆順
厂2+10=総画数12 U+53A7 [テン/] 𠫉
◆塚(つか)、土を丸く盛り上げた墓
厂2+10=総画数12 U+53A8 [チュウ、ズ/くりや] 廚𢊍㕑
◆くりや、調理場、台所、「庖廚ホウチュウ」、同「庖」
◆調理する、またその人・材料・道具・場所など、「廚人チュウジン(料理人)」
◆調理用の道具や食器などをしまうための戸棚、物をしまうための戸棚
漢字林(非部首部別)
筆順
隹部
𠪇厂2+10=総画数12 U+20A87 [ソウ、ス/] 𠩹
◆老人、老人の尊称、同「傁」
◆隈(くま)、川などが"<"字状に大きく湾曲して奥深くまで入り込んだところ、奥まったところ、隅(すみ)っこ、同「隈」
𠪉厂2+10=総画数12 U+20A89 [サ、ザ/] 嵯𡾑嵳𡽓
◆「𠪉𠩙サガ」、山が高く或いは低く不揃(ふぞろ)いなさま
𠪊厂2+10=総画数12 U+20A8A [レン/かど] 廉㢘𤎉亷𠔳𠪕𢋯
◆建物の外と内を区切る境目、外(あちら、向こう側)と内(こちら、手前側)との区切り・境目
◆建物や部屋の角(かど)また隅(すみ)、「向こう側と手前側の区切り・境目となるところ」の意
◆けじめ、「守るべきことかどうかの区切り・境目」の意
◆自らをしっかりと戒(いまし)めけじめを守る
◆無闇(むやみ)に利益を追い求めない、度を越した欲がない
◆[日]かど、限定的な或いは特定の事柄・理由
𠪋厂2+10=総画数12 U+20A8B [コウ、グ/あつ・い] 厚𠩰𠪀𠩞㫗𣆉𣆪𡦬𡦩
◆平らで広がりのあるものの表面から裏面まで(前面から背面まで)の距離が大きい、またその大きさ
◆深みがある、濃い
◆重い、重みがある
◆心配りが行き届いているさま、丁重テイチョウ・丁寧テイネイなさま
𠪌厂2+10=総画数12 U+20A8C [ショ/] 庶庻𢉙𤈲𠪛𠪤𠩽𠪜
◆多い、多くの、大勢の、さまざまな
◆官位や爵位などがない一般の人
◆妾(めかけ)などの正妻以外の女が産んだ子、「庶子ショシ」、正妻の産んだ子は「嫡」
◆~に近い、ほぼ~
◆「庶幾ショキ(こいねが・う)」◇希(こいねが)う、強く望む◇希(こいねが)わくは、許されることであるなら~であって欲しい
𠪍厂2+10=総画数12 U+20A8D [ユウ、ウ/う・い、う・さ、うれ・える] 憂㥑𢝊𢚧𢟜𢞘𠮕𩕂𨗫
◆心配する、あれこれと思いが巡(めぐ)り悩む、心が揺れ動く、同「忧」
◆(特に親の)喪ソウ(も、死者を追悼するために家に籠って慎む、その一定の期間)「【商書:說命上】王宅憂亮陰三祀」
𠪎厂2+10=総画数12 U+20A8E [未詳/]
◆未詳
𠪏厂2+10=総画数12 U+20A8F [ケツ、コチ/] 厥𠪼𠪆𨈑𨈐𣅞
◆その~、それ、that、it、同「其」
◆本来上から下に向かって流れるものが逆に流れることによって起こる症状、血液が頭に上る逆上(のぼせ)や手足への血流が滞(とどこお)る冷え、食べ物や体内のガスgasが口から吐き出る嘔吐オウトやげっぷなどの症状、「気逆キギャク」、同「瘚」
◆掘る、掘り出す、同「撅」
𠪐厂2+10=総画数12 U+20A90 [リュウ、ル/]
◆屋根を支える太い梁(はり、棟と直角方向に渡す木材)、同「廇」
厂2+11=総画数13 U+354F [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:厂部:㕏】𢊍字之譌」
厂2+11=総画数13 U+53A9 [キュウ/うまや] 廏廄廐𢋁
◆馬小屋、同「𠤙」
筆順
厂2+11=総画数13 U+53AA [キン、ゴン/]
◆やや小さな家屋、同「厪」
厂2+11=総画数13 U+53AB [ゴウ/] 廒𠪭
◆(糧食などを貯蔵する)倉庫
厂2+11=総画数13 U+53AF [レキ、リャク/] 歷歴𠪱
◆通過点(時・時間や場所・位置など)を通(とお)って行く、また踏み越えて行く、通り過ぎる、経(へ)る、経過ケイカする
◆過ぎ去ったこと、通り過ぎたこと
◆明らかなさま、はっきりしているさま、「歷歷レキレキ」「歷然レキゼン」
漢字林(非部首部別)
鳥部
𠪓厂2+11=総画数13 U+20A93 [ド、ヌ/] 砮𥑌𠩨
◆石製の鏃(やじり、矢の先端に取り付ける部品)、また鏃に用いる石
◆砥石(といし)、荒研ぎ用の砥石「【廣韻:上平聲:模第十一:奴:砮】礪也」
𠪔厂2+11=総画数13 U+20A94 [未詳/]
◆未詳「【字彙:子集:厂部:𠪔】與𠪚同魚今切」
𠪕厂2+11=総画数13 U+20A95 [レン/かど] 廉㢘𠪊𤎉亷𠔳𢋯
◆建物の外と内を区切る境目、外(あちら、向こう側)と内(こちら、手前側)との区切り・境目
◆建物や部屋の角(かど)また隅(すみ)、「向こう側と手前側の区切り・境目となるところ」の意
◆けじめ、「守るべきことかどうかの区切り・境目」の意
◆自らをしっかりと戒(いまし)めけじめを守る
◆無闇(むやみ)に利益を追い求めない、度を越した欲がない
◆[日]かど、限定的な或いは特定の事柄・理由
漢字林(非部首部別)
𠪘厂2+11=総画数13 U+20A98 [ギン、ゴン/] 𠪚𠪬
◆山が高く切り立っているさま、同「崟」
𠪜厂2+11=総画数13 U+20A9C [ショ/] 庶庻𢉙𤈲𠪌𠪛𠪤𠩽
◆多い、多くの、大勢の、さまざまな
◆官位や爵位などがない一般の人
◆妾(めかけ)などの正妻以外の女が産んだ子、「庶子ショシ」、正妻の産んだ子は「嫡」
◆~に近い、ほぼ~
◆「庶幾ショキ(こいねが・う)」◇希(こいねが)う、強く望む◇希(こいねが)わくは、許されることであるなら~であって欲しい
𠪬厂2+11=総画数13 U+20AAC [ギン、ゴン/] 𠪚𠪘
◆山が高く切り立っているさま、同「崟」
厂2+12=総画数14 U+3551 [チュウ、ズ/くりや] 廚𢊍厨
◆くりや、調理場、台所、「庖廚ホウチュウ」、同「庖」
◆調理する、またその人・材料・道具・場所など、「廚人チュウジン(料理人)」
◆調理用の道具や食器などをしまうための戸棚、物をしまうための戸棚
漢字林(非部首部別)
厂2+12=総画数14 U+53AC [キ/]
◆尽(つ)きる、出(で)尽くす、水が枯(か)れる、同「𣽞」「𣷾」「【爾雅注疏:釋水】水醮曰厬(《疏》醮盡也凡水之盡皆曰厬厬則竭涸之一名也)」
厂2+12=総画数14 U+53AD [エン、ヨウ、オン/あ・きる、いと・う、いと・わしい]
◆強く締め付ける、強く押え付ける、押え付けて従わせる、同「壓」
◆悪夢を見て魘(うな)される、「体が押え付けられるようになる」の意
◆あ・きる、いと・う、十分な量や程度を超える、もうこれ以上は要(い)らないというほどになる、十分に過ぎて嫌になる、同「飽」
◆満足する、満ち足りる
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+12=総画数14 U+53AE [シ/]
◆馬の世話や草刈り・薪(まき)作りなどの雑用をする男の召し使い、女は「娠」、同「㒋」
◆互いに~し合う、「厮打シダ(殴り合う)」「【新刻鐘伯敬先生批評封神演義:姬伯燕山收雷震】…大喝曰大臣厮打體面何存…」
漢字林(非部首部別)
筆順
厂2+12=総画数14 U+53B0 [ショウ/] 廠𢉒
◆屋根だけで壁のない建物、必要最小限の仕切り壁しかない建物、家畜小屋や作業小屋
筆順
厂2+12=総画数14 U+53B2 [レイ、ライ/]
◆肌理(きめ)の粗い砥石(といし)、荒研ぎ用の砥石、同「礪」
◆砥(と)ぐ、研(みが)く
◆励(はげ)む、奮(ふる)い起こす、励ます、奮い立たせる
◆厳(きび)しい、烈(はげ)しい、甚(はなは)だしい
◆酷(ひど)い、惨(むご)い
◆酷い災いを齎(もたら)す、またそのようなもの、「厲鬼レイキ(悪鬼アッキ、悪霊アクリョウ)」
◆癩病ライビョウ、ハンセン病Hansen's disease、同「癘」
漢字林(非部首部別)
筆順
日部
止部
𠪚厂2+12=総画数14 U+20A9A [ギン、ゴン/] 𠪘𠪬
◆山が高く切り立っているさま、同「崟」
𠪛厂2+12=総画数14 U+20A9B [ショ/] 庶庻𢉙𤈲𠪌𠪤𠩽𠪜
◆多い、多くの、大勢の、さまざまな
◆官位や爵位などがない一般の人
◆妾(めかけ)などの正妻以外の女が産んだ子、「庶子ショシ」、正妻の産んだ子は「嫡」
◆~に近い、ほぼ~
◆「庶幾ショキ(こいねが・う)」◇希(こいねが)う、強く望む◇希(こいねが)わくは、許されることであるなら~であって欲しい
𠪝厂2+12=総画数14 U+20A9D [テン、デン/]
◆神前に供物クモツを供(そな)える、供物を供え祭(まつ)る、「祭奠サイテン」
◆動いたり揺らいだりしないようにしっかりと置く、定める、定まる「【太玄經:太玄攡】天地奠位神明通氣(奠定也…)」
𠪞厂2+12=総画数14 U+20A9E [ソ、ス、サク/]
◆置く、あるべき場所に置く、あるべき状態にする、同「措」
◆砥石や鑢(やすり)などで磨く、また擦(こす)る、同「錯」
𠪡厂2+12=総画数14 U+20AA1 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:厂部:𠫋】同"廜"」
𠪤厂2+12=総画数14 U+20AA4 [ショ/] 庶庻𢉙𤈲𠪌𠪛𠩽𠪜
◆多い、多くの、大勢の、さまざまな
◆官位や爵位などがない一般の人
◆妾(めかけ)などの正妻以外の女が産んだ子、「庶子ショシ」、正妻の産んだ子は「嫡」
◆~に近い、ほぼ~
◆「庶幾ショキ(こいねが・う)」◇希(こいねが)う、強く望む◇希(こいねが)わくは、許されることであるなら~であって欲しい
𠪥厂2+12=総画数14 U+20AA5 [ゲン、ゴン/]
◆源(みなもと)、地下水が地表に湧(わ)き出るところ、同「原」
𠪨厂2+12=総画数14 U+20AA8 [テン、デン/] 廛𢋨㢆㕓㙻𡏂壥鄽𢌅𨞬䣑
◆一世帯に割り当てられた城下の宅地、またそこに建てられた住宅
◆「市𠪨シテン」、城下の割り当てられた宅地に構えた店、その店舗兼住宅には税が課せられたが商売による利益は税が免除された
漢字林(非部首部別)
𠪪厂2+12=総画数14 U+20AAA [スイ/]
◆高く切り立った山の頂(いただき)
◆山が険峻なさま
𠪫厂2+12=総画数14 U+20AAB [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:厂部:𠪫】丘巨源與袁粲書荷瞂塵末品外錄云瞂舊本作𠪫字」
𠼛口部
𣣾欠部
厂2+13=総画数15 U+3552 [ギ/]
◆「厜㕒スイギ」、山の頂(いただき)が高く切り立っているさま
厂2+13=総画数15 U+53B1 [カン、ケン、コン/]
◆崖(がけ)にぽっかりと空(あ)いた穴「【龍龕手鑑:卷二:厂部第十二:厱】苦咸丘凡二反山崖空穴𠁅也」「【文選(文選注):江海:江賦】鯪(陵)鯥(六)䟸(日眉)跼(具側)於垠(銀)隒(魚儉)獱(頻)獺睒(失冉)瞲(呼穴)乎厱(去聲)空(…睒暫視也聲類曰瞲驚視上也…厱岸側空處也…)」
◆宝石などを磨(みが)くための青い砥石(といし)、礛䃴カンショ
漢字林(非部首部別)
面部
食部
鳥部
𠪭厂2+13=総画数15 U+20AAD [ゴウ/] 廒厫
◆(糧食などを貯蔵する)倉庫
𠪮厂2+13=総画数15 U+20AAE [ヘキ、ヒャク/]
◆狭(せま)い、同「狹」「廦」
𠪰厂2+13=総画数15 U+20AB0 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:丆部第十二:𠪰】古文音願」「【字彙補:子集:厂部:𠪰】古文原字」
𠪱厂2+13=総画数15 U+20AB1 [レキ、リャク/] 歷歴厯
◆通過点(時・時間や場所・位置など)を通(とお)って行く、また踏み越えて行く、通り過ぎる、経(へ)る、経過ケイカする
◆過ぎ去ったこと、通り過ぎたこと
◆明らかなさま、はっきりしているさま、「歷歷レキレキ」「歷然レキゼン」
𠪲厂2+13=総画数15 U+20AB2 [キン、ゴン/]
◆僅(わず)か、ほんの少し、僅かに、ほんの少しだけ、同「僅」「㢙」「【臺灣鄭氏始末:卷六】…他皆殲殄唯琅與天貴𠪲存…」
𠪳厂2+13=総画数15 U+20AB3 [未詳/]
◆未詳
注解:「虎」字か? 【說文解字:虎部:虎】にある異体字の篆書字を参照
𡐰土部
𪠘厂2+13=総画数15 U+2A818 [カイ、ケ、ゲ/]
◆役所、役人が執務シツムする所、「公𪠘コウカイ(役所)」
注解:「【警世通言:第十五卷:金令史美婢酬秀童】…到金令史公𪠘裡來報信…」
火部
日部
止部
貝部
鬼部
𠪺厂2+14=総画数16 U+20ABA [未詳/]
◆未詳「【正字通:子集下:厂部:𠪺】𪎕字之譌舊註訓同𪎕改音曆溷厤誤」
𠪼厂2+14=総画数16 U+20ABC [ケツ、コチ/] 厥𠪏𠪆𨈑𨈐𣅞
◆その~、それ、that、it、同「其」
◆本来上から下に向かって流れるものが逆に流れることによって起こる症状、血液が頭に上る逆上(のぼせ)や手足への血流が滞(とどこお)る冷え、食べ物や体内のガスgasが口から吐き出る嘔吐オウトやげっぷなどの症状、「気逆キギャク」、同「瘚」
◆掘る、掘り出す、同「撅」
𠪿厂2+14=総画数16 U+20ABF [レイ、ライ/]
◆砥石(といし)、荒研ぎ用の砥石、同「厲」
厂2+15=総画数17 U+3553 [テン、デン/] 廛𢋨㢆𠪨㙻𡏂壥鄽𢌅𨞬䣑
◆一世帯に割り当てられた城下の宅地、またそこに建てられた住宅
◆「市㕓シテン」、城下の割り当てられた宅地に構えた店、その店舗兼住宅には税が課せられたが商売による利益は税が免除された
漢字林(非部首部別)
瓦部
厂2+15=総画数17 U+53B3 [ゲン、ゴン/おごそ・か、いか・めしい、いか・つい、きび・しい] 嚴严𡃫𡅾𡅮𡆉𡅔𡅝
◆堂々としたさま、圧倒されるさま、気圧(けお)されるさま
◆妥協を許さないさま、人を寄せつけないさま
◆ぴったりとして隙がないさま
◆激しいさま、甚(はなは)だしいさま
漢字林(非部首部別)
筆順
土部
𠪹厂2+15=総画数17 U+20AB9 [ボウ、モウ、ミョウ/いらか] 甍𤭐
◆棟(むね)、屋根の面が交わる最も高いところ、同「𣞑」 {建物}
◆建物の棟に敷く瓦、棟瓦(むながわら)、同「𤮷」
黑部
龍部
𠫂厂2+16=総画数18 U+20AC2 [リョ、ロ、ル/] 廬庐𡳬
◆小さく粗末な家
◆仮住まいのための小さな家、一時的に寝泊まりする小屋
◆耕作地に建てる監視や休息するための小屋
𤑂火部
厂2+17=総画数19 U+53B4 [エン/]
◆カニ(蟹)の腹の下部にある甲羅、腹甲フクコウ
◆巻貝の殻(から)の口にある円形の蓋(ふた)
筆順
貝部
足部
𡃫口部
𠫇厂2+18=総画数20 U+20AC7 [テイ、チョウ/] 廳廰厅厛𠫊㕔
◆官庁、役所、同「庁」
◆集会用や接客用の広間
𠫈厂2+18=総画数20 U+20AC8 [ケイ、ケ/] 𦇧𦆢𦆡
◆(「氐」族が作る)獣毛を使った厚手の繊維製品、フェルトfeltや毛織物、同「𣯅」「罽」「𦋺」
𠫉厂2+19=総画数21 U+20AC9 [テン/]
◆塚(つか)、土を丸く盛り上げた墓
𠫊厂2+19=総画数21 U+20ACA [テイ、チョウ/] 廳廰厅厛𠫇㕔
◆官庁、役所、同「庁」
◆集会用や接客用の広間
𠫋厂2+19=総画数21 U+20ACB [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:厂部:𠫋】同"㢝"」
𧓽虫部
𩱔鬲部
𠫍厂2+21=総画数23 U+20ACD [キ/] 屭𡳻
◆大きく力強いさま、同「㞒」
◆「贔𠫍ヒキ・ヒイキ」◇カメ(亀)に似た想像上の動物、龍生九子リュウセイキュウシ(龍が生んだ九頭の子)のうちの一頭、力が強く重いものを背負うことを好むとされ石碑・石柱などを支える姿に彫られる、同「贔屓」◇重いものを背負い力強く踏ん張るさま◇[日]目を掛け援助すること
𠫎厂2+21=総画数23 U+20ACE [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:厂部:𠫎】字義總略古初字」
厂2+22=総画数24 U+3554 [テイ、チョウ/] 廳廰厅厛𠫇𠫊
◆官庁、役所、同「庁」
◆集会用や接客用の広間
黑部
𠫐厂2+27=総画数29 U+20AD0 [ゲン、ゴン/] 厵𠫒
◆源(みなもと)、地下水が地表に湧(わ)き出るところ、同「源」「厡」
厂2+28=総画数30 U+53B5 [ゲン、ゴン/] 𠫒𠫐
◆源(みなもと)、地下水が地表に湧(わ)き出るところ、同「源」「厡」
𠫑厂2+30=総画数32 U+20AD1 [未詳/]
◆「𠫑羌鐘(音未詳)」、鐘ショウの名 {楽器(打楽器)}
𠫒厂2+31=総画数33 U+20AD2 [ゲン、ゴン/] 厵𠫐
◆源(みなもと)、地下水が地表に湧(わ)き出るところ、同「源」「厡」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 厂部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です