総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「耳部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 耳部」 [部首索引


耳6+0=総画数6 U+8033 [ジ、ニ/みみ]
◆顔の両側にあって聴覚と平衡感覚を掌(つかさど)る器官
◆(耳で)聞く、話や声や音が(耳に)届く
◆~と(耳で)聞いている、~と聞いた
◆(耳のように)ものの両側にあるもの、「耳子ジシ(器などの両側にある取っ手)」「耳房ジボウ(母屋おもやの両隣に建てられた小部屋)」
◆~のみ、~だけ
◆みみ、みみへん、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+1=総画数7 U+43B2 [未詳/]
◆未詳「【中華大字典:耳部:䎲】…聱䎲眾聲也…(「耴」の異体字とするものか?)
耳6+1=総画数7 U+8034 [ギツ、ゴチ/]
◆「聱耴ギュウギツ」、多くの人や動物などの声が入り混じってがやがやと喧(やかま)しいさま
注解:「𦔮」
𦔮耳6+1=総画数7 U+2652E [チョウ/] 𦕿
◆耳朶(みみたぶ)、耳が垂れる、同「耷」
注解:「耴」
漢字林(非部首部別)
刀部
又部
耳6+2=総画数8 U+8035 [テイ、チョウ/]
◆「耵聹・耵𨊓・耵𦡲テイネイ」、耳垢(みみあか)、耳糞(みみくそ)
筆順
𦔱耳6+2=総画数8 U+26531 [キ、ギ/] 馗𩠒𠄁𠃳
◆道が四方八方に通じているさま、四方八方に通じている主要な道、同「逵」「㙺」
◆頬骨
◆「鍾𦔱ショウキ」、魔除けの神の名
𦔳耳6+2=総画数8 U+26533 [未詳/]
◆助ける、力や手を貸す、同「助」「【前漢紀:孝成皇帝紀三卷第二十六】…楚懷王隆祭祀事鬼神欲以𫉬福𦔳𨚫秦師而兵破地…」「【星學大成:卷二十五:唐一行禪師五星秘文註解】…本末全遇此處大亨遇生福輕遇𦔳福長…」「【中華字海:耳部:𦔳】音待考。人名。唐代有"东乡~"、著《周易物象什疑》(「【新唐書:藝文志第四十七】東郷助周易物象釈疑一巻」とあり)
漢字林(非部首部別)
𦔴耳6+2=総画数8 U+26534 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:耳部第十九:𦔴】俗音聞」「【康熙字典:未集備考:耳部:𦔴】《龍龕》同問」
𦔵耳6+2=総画数8 U+26535 [ブン、モン/き・く、き・こえる] 聞闻䎹𥹢䎽𦖫𦕁𦕌
◆(声や音や噂うわさや知らせなどが)耳に届く、耳に伝わってくる「【說文解字注:耳部:聞】知聲也(往曰聽來曰聞…)(「こちらから聞く」ことを「聽」、「向こうから聞こえて来る」ことを「聞」)
◆声や音を耳で認識する(感じる)、またそれによって知る
◆問(と)う、訊(たず)ねる
◆(耳に届いて来る)評判、名声
◆匂い(臭い)を嗅(か)ぐ
𦔶耳6+2=総画数8 U+26536 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:未集:耳部:𦔶】音義闕出釋藏〇恐是𫆀字之譌」
𫆀耳6+2=総画数8 U+2B180 [未詳/]
◆未詳「【法苑珠林:卷三十五:宿命篇第十八:引證部】…能知帝釋勝人心之所念𫆀…」「【牧庵集:卷八:楚山山房記】…尋丈深以數轍之房有容而不足者𫆀或者舌撟不下惴讋而退…」
口部
耳6+3=総画数9 U+8036 [ヤ/]
◆~か、~や、句末に付けて疑問・反語・感嘆の意を表す語、同「邪」
◆父(ちち)、父親、同「爺」
◆「ヤ」などの音オンを表す漢字(音写字)、「耶穌イェソゥ・ヤソ(イエス・キリストJesus ChristのイエスJesus[蘭]の音写)」
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+3=総画数9 U+8037 [トウ/]
◆大きな耳、大きな耳朶(みみたぶ)
◆耳が垂れる、同「𦔮」
漢字林(非部首部別)
筆順
𦔷耳6+3=総画数9 U+26537 [ヨウ/]
◆「𦗖𦔷リョウヨウ」、耳が微(かす)かに鳴る、音が微かに聞こえる
𦔺耳6+3=総画数9 U+2653A [チ/はじ、は・じる、は・じらう、は・ずかしい] 恥耻
◆面目メンモクない、顔向けできない、きまりが悪い、「恥辱チジョク」「羞恥シュウチ」
𦔻耳6+3=総画数9 U+2653B [セイ、ショウ/ひじり] 聖𠄵𥅶𦕡𨉑𤦨𧟿𩫽𡑺𤪈𨲣𨲚
◆あらゆることに通じ礼に厚く情を知る人、智慧も徳もある人
◆人格や技能などの最も秀でた人、崇敬すべき人
◆尊く侵しがたいさま
◆天子に関する事物に冠する語
耳6+4=総画数10 U+43B3 [ゲツ、ゴチ/]
◆耳が落ちる、【正字通】は「聝カク(倒した敵の耳を切り落とす)」の義ではないかという「【說文解字注:耳部:䎳】𡐦耳也」「【正字通:未集中:耳部:䎳】魚厥切音月説文堕耳也按…䎳当作聝字」
耳6+4=総画数10 U+43B4 [コウ、キョウ/]
◆神の名、未詳
心部
文部
毛部
耳6+4=総画数10 U+8038 [ショウ、シュ/そばだ・つ、そび・える、そび・やかす] 聳𢕈
◆(生まれながらにして)声や音が聞こえない、同「聾」
◆(耳を)高く立てる、またまっすぐに立てる
◆まっすぐに立つ、直立する、(驚く・怯える・畏れるなどして)立ち竦(すく)む
漢字林(非部首部別)
耳6+4=総画数10 U+8039 [キン、ゴン/]
◆「耹隧キンスイ」、未詳「【國語:周語上】…回祿信于耹(音禽)隧(回祿火神再宿爲信耹遂地名也)」「【說文解字注:耳部:耹】國語曰回祿信於耹遂闕(國語今見周語闕者謂其義其音其形皆闕也…)」「【廣韻:下平聲:侵第二十一:琴:耹】音也」
耳6+4=総画数10 U+803A [ウン、ヨウ/]
◆耳鳴り、(実際には音がしていないのに)耳の中で音が聞こえる、或いは聞こえる感じがする
◆(鐘や鼓などの)耳に響く大きな音、同「耾」
◆[日]俗「職」
耳6+4=総画数10 U+803B [チ/はじ、は・じる、は・じらう、は・ずかしい] 恥𦔺
◆面目メンモクない、顔向けできない、きまりが悪い、「恥辱チジョク」「羞恥シュウチ」
筆順
耳6+4=総画数10 U+803C [タン/]
◆耳朶(みみたぶ)が長く垂れ下がるさま、同「𦕐」
◆「李耼リタン」「老耼・老𨈜・老𣅧ロウタン」、老子ロウシ(前571?年~前471?年)の字名あざな、一説に「聃、耼」は諡(おくりな)という、春秋時代(前770年~前5世紀)の思想家で楚国に生まれたとされる、本名「李耳リジ」「【史記:卷六十三:老莊申韓列傳(老子韓非列傳)】老子者(…)楚苦縣厲鄉曲仁里人也(…)姓李氏名耳伯陽謚曰聃(…)周守藏室之史也」
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+4=総画数10 U+803D [タン、トン/ふけ・る] 𦕍𧴸𤯉
◆夢中になる、他のことを忘れてのめり込む、同「眈」
筆順
耳6+4=総画数10 U+803E [コウ、オウ/] 𦕹
◆耳で声や音が殆(ほと)んど聞き取れない
◆耳鳴り(みみなり)、耳の中に広がる大きな声や音、「耾耾コウコウ」、同「耺」
耳6+4=総画数10 U+803F [コウ、キョウ/] 𤓐
◆きらきらと光る
◆気掛かりなこと(心中で小さな光がちかちかと点滅する)があって心穏やかでないさま
◆意思が固いさま、信念を曲げないさま
◆「耿介コウカイ」、何にも屈せず信念を貫くさま「【楚辭:離騷經】彼堯舜之耿介兮(…)既遵道而得路」
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+4=総画数10 U+8040 [ショク、シキ/] 職职軄
◆力を注ぐべき仕事や役割、またその責任を担(にな)う
◆一定の業務や役目を司(つかさど)る
◆担当する業務や役目、またそこでの地位
漢字林(非部首部別)
耳6+4=総画数10 U+8041 [未詳/]
◆未詳「【方輿勝覽:卷二十八:壽昌軍】題詠樊山開廣讌(…波俯仰流英聁…)」
注解:「耳」と「目」は字形が似て判別しにくい場合があり、「聁」「盼」も同様に判別しにくい
耳6+4=総画数10 U+8042 [ジョウ、ニョウ、ショウ/]
◆口を耳に近づけてひそひそと小声で話す
漢字林(非部首部別)
𦔼耳6+4=総画数10 U+2653C [未詳/]
◆未詳「【說文解字:攴部:𦔼】使也」(「【龍龕手鑑:卷四:攴部第三十四:𨈙】蘇叶反使也…」に{⿰身攴}がある)
𦔽耳6+4=総画数10 U+2653D [テイ、チョウ/き・く] 聽𦗟聴𦕘𦖆聼𦘏𦕢𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
𦔿耳6+4=総画数10 U+2653F [テン、チン/] 瑱𦗁
◆充耳ジュウジ、冕冠ベンカンの紞タン(冠から耳の辺りまで垂らした紐ひも)に付ける珠(たま)飾り、耳穴を塞(ふさ)ぐ位置に付ける、またそれを耳に填(は)める、天子は玉ギョク(美しく高貴な石)製、諸侯は石製であったという {服飾(冕冠)}
◆美しい玉(たま)
𦕁耳6+4=総画数10 U+26541 [ブン、モン/き・く、き・こえる] 聞闻䎹𥹢䎽𦖫𦕌𦔵
◆(声や音や噂うわさや知らせなどが)耳に届く、耳に伝わってくる「【說文解字注:耳部:聞】知聲也(往曰聽來曰聞…)(「こちらから聞く」ことを「聽」、「向こうから聞こえて来る」ことを「聞」)
◆声や音を耳で認識する(感じる)、またそれによって知る
◆問(と)う、訊(たず)ねる
◆(耳に届いて来る)評判、名声
◆匂い(臭い)を嗅(か)ぐ
𦕄耳6+4=総画数10 U+26544 [未詳/]
◆未詳
𦕅耳6+4=総画数10 U+26545 [未詳/]
◆未詳「【張右史文集:卷第八:西山寒溪】兹行頗閒暇𦕅■(一作况)…」「【于湖居士文集:卷第二:金沙堆】…今清都豈其食𦕅須醉飽…」(「聊」字で「いささか」の意か)
𦕇耳6+4=総画数10 U+26547 [シン/] 聄𦕑𦕗
◆耳を傾けてよく聞く
𦕈耳6+4=総画数10 U+26548 [ショウ/]
◆微(かす)かなさま、小さいさま、同「眇」
漢字林(非部首部別)
𦕉耳6+4=総画数10 U+26549 [サ、シャ/]
◆未詳「【字彙補:未集:耳部:𦕉】申加切音沙義闕」
𦕊耳6+4=総画数10 U+2654A [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:耳部第十九:𦕊】妨也(「【廣雅:卷三:釋詁】涂(塗)娉(𨉯)妨猛害也」を引いたものか?)「【字彙補:未集:耳部:𦕊】篇韻與聘同」
𦕌耳6+4=総画数10 U+2654C [ブン、モン/き・く、き・こえる] 聞闻䎹𥹢䎽𦖫𦕁𦔵
◆(声や音や噂うわさや知らせなどが)耳に届く、耳に伝わってくる「【說文解字注:耳部:聞】知聲也(往曰聽來曰聞…)(「こちらから聞く」ことを「聽」、「向こうから聞こえて来る」ことを「聞」)
◆声や音を耳で認識する(感じる)、またそれによって知る
◆問(と)う、訊(たず)ねる
◆(耳に届いて来る)評判、名声
◆匂い(臭い)を嗅(か)ぐ
𦕍耳6+4=総画数10 U+2654D [タン、トン/ふけ・る] 耽𧴸𤯉
◆夢中になる、他のことを忘れてのめり込む、同「眈」
𦕎耳6+4=総画数10 U+2654E [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷二:耳部第十九:{⿰耳子}𦕎】二俗音好」「【欽定續通志(續通志):卷四十三:遼紀三:聖宗一】…節度使羅卜科都監耶律𦕎…」
𫆁耳6+4=総画数10 U+2B181 [未詳/]
◆未詳
漢字林(非部首部別)
耳6+5=総画数11 U+43B5 [ヒ/]
◆恥(は)じる、恥じ入る、同「恥」「恧」
耳6+5=総画数11 U+8043 [タン/]
◆耳朶(みみたぶ)が長く垂れ下がるさま、同「𦕐」
◆「李聃リタン」「老聃・老𨈭・老𣆀ロウタン」、老子ロウシ(前571?年~前471?年)の字名あざな、一説に「聃、耼」は諡(おくりな)という、春秋時代(前770年~前5世紀)の思想家で楚国に生まれたとされる、本名「李耳リジ」「【史記:卷六十三:老莊申韓列傳(老子韓非列傳)】老子者(…)楚苦縣厲鄉曲仁里人也(…)姓李氏名耳伯陽謚曰聃(…)周守藏室之史也」
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+5=総画数11 U+8044 [シン/] 𦕑𦕇𦕗
◆耳を傾けてよく聞く
耳6+5=総画数11 U+8045 [チツ/]
◆軍法に定める耳を矢で射る軽い罪に対する刑罰、軽い順に「聅チツ(耳を矢で射る刑)」「刖ゲツ(足を切り落とす刑)」「剄ケイ(首を切る刑)」
耳6+5=総画数11 U+8046 [レイ、リョウ/]
◆耳を傾けて聞く、しっかりと聞き取る、同「䠲」
◆「聆聆レイレイ」、しっかりと聞いて理解・納得するさま
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+5=総画数11 U+8047 [セイ、ショウ/]
◆「聇聇」、独りでに行くさま
耳6+5=総画数11 U+8048 [ユウ/]
◆「聈聈ユウユウ」、奥深く物静かなさま、同「眑眑ヨウヨウ」「【前漢書:卷二十二:禮樂志第二】清思聈聈經緯冥冥」
耳6+5=総画数11 U+8049 [タイ、ギツ、ゴチ/]
◆知恵がない、言葉に(話に)聞くべきところがない「【說文解字注:耳部:聉】無知意也(此意內言外之意無知者其意聉者其䛐也方言曰聾之甚秦晉之閒謂之𦘍注曰言聉無所聞知也…)」
耳6+5=総画数11 U+804A [リョウ/いささ・か] 𦕼𦖂
◆耳が微(かす)かに鳴る、音が微かに聞こえる、同「𦗖」「𦕵」
◆いささ・か、ひとまず、取り敢えず
◆頼(たよ)る、頼りにする、「不聊ブリョウ(頼りにならないさま)」
◆気晴らし、楽しみ、「無聊ブリョウ(気が晴れないさま、楽しめないさま、退屈なさま)」
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+5=総画数11 U+804B [ロウ、ル/つんぼ] 聾䏊𦗤
◆つんぼ、耳で声や音が(よく)聞き取れない、耳が聞こえない、耳が遠い、またそのような人
◆耳が聞こえず状況が分からない、状況が理解できない
◆「聋哑ロウア」、耳で声や音が聞き取れないことと、意味を持つ言葉を発することができないこと
耳6+5=総画数11 U+804C [ショク、シキ/] 職聀軄
◆力を注ぐべき仕事や役割、またその責任を担(にな)う
◆一定の業務や役目を司(つかさど)る
◆担当する業務や役目、またそこでの地位
耳6+5=総画数11 U+804D [ネイ、ニョウ/] 聹𦗰
◆「耵聍・耵𨊓・耵𦡲テイネイ」、耳垢(みみあか)、耳糞(みみくそ)
邑部
𥥯穴部
𦕐耳6+5=総画数11 U+26550 [タン/]
◆耳朶(みみたぶ)が長く垂れ下がるさま、同「聃」
𦕑耳6+5=総画数11 U+26551 [シン/] 聄𦕇𦕗
◆耳を傾けてよく聞く
𦕒耳6+5=総画数11 U+26552 [テン/]
◆未詳「【說文解字:耳部:𦕒】小垂耳也」
注解:【說文解字】は「𦕒」に続いて「耽」を載せ「【說文解字:耳部:耽】耳大垂也」とする、「耽」と同様に意訳すべきか、単に「小さく垂れた耳朶(みみたぶ)」とするか待考とした
漢字林(非部首部別)
𦕓耳6+5=総画数11 U+26553 [セイ、サイ/]
◆娘(むすめ、女子)の夫、同「婿」「壻」
◆男子の美称、同「倩」
漢字林(非部首部別)
𦕔耳6+5=総画数11 U+26554 [ボウ、ミョウ/う] 卯戼𩇨𩇧𩇦𤕰
◆十二支の四番目、方角は東、時刻では午前六時を中心とした二時間、動物はウ(兎)を当てる、同「夘」 {十二支}
𦕖耳6+5=総画数11 U+26556 [未詳/]
◆未詳
𦕗耳6+5=総画数11 U+26557 [シン/] 聄𦕑𦕇
◆耳を傾けてよく聞く
𦕘耳6+5=総画数11 U+26558 [テイ、チョウ/き・く] 聽𦗟聴𦔽𦖆聼𦘏𦕢𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
耳5+6=総画数11 U+43B6 [ジ、ニ/]
◆生贄(いけにえ)を奉(ささ)げ、神に望みを聞き届けるよう願う
耳6+6=総画数12 U+804E [チョウ/] 𦖅
◆耳鳴り、耳鳴りがする
◆耳の病(やまい)
耳6+6=総画数12 U+804F [ジ、ニ、ジク、ニク/]
◆歓(よろこ)ぶ、大いに喜び楽しむ「【莊子集解:雜篇】以聏合驩(釋文聏崔音而郭音餌司馬云色厚貌崔郭王云和也聏和萬物物合則歡矣)」
◆恥じる、恥じ入る、恥ずかしく思う、同「忸」「恧」
耳6+6=総画数12 U+8050 [ギツ、ゲチ、ゴツ、ゴチ/]
◆(愚かで)人の話を聞かない、「顡聐ガイギツ」
耳6+6=総画数12 U+8051 [チョウ/]
◆落ち着くさま
◆耳朶(みみたぶ)、耳が垂れているさま、(耳朶のように)垂れるさま、同「𦔮」
◆未詳「【集韻:卷十:入聲下:麥第二十一:𦗑聑】耳竪皃」
漢字林(非部首部別)
耳6+6=総画数12 U+8052 [カツ、カチ/] 𦕾𢡲𨈸𦗦𠅪
◆大勢がそれぞれに大きな声で話す、大勢の話し声が入り乱れて喧(やかま)しい、騒々しく
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+6=総画数12 U+8053 [セイ、サイ/] 𦕓
◆娘(むすめ、女子)の夫、同「婿」「壻」
◆男子の美称、同「倩」
耳6+6=総画数12 U+8054 [レン/] 聯聨䏈聮𦕱聫𦖹𦘈
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「联句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
耳6+6=総画数12 U+8060 [ヘイ、ヒョウ/]
◆耳を閉じる
𥹢米部
𦕡耳6+6=総画数12 U+26561 [セイ、ショウ/ひじり] 聖𦔻𠄵𥅶𨉑𤦨𧟿𩫽𡑺𤪈𨲣𨲚
◆あらゆることに通じ礼に厚く情を知る人、智慧も徳もある人
◆人格や技能などの最も秀でた人、崇敬すべき人
◆尊く侵しがたいさま
◆天子に関する事物に冠する語
𦕢耳6+6=総画数12 U+26562 [テイ、チョウ/き・く] 聽𦗟聴𦔽𦕘𦖆聼𦘏𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
𦕥耳6+6=総画数12 U+26565 [タ/] 𦖋𦕴𦗊𦗙
◆耳朶(みみたぶ)、耳朶が垂れるさま
◆未詳「【康熙字典:未集中:耳部:𦖋】《五音類聚》丁果切音朶耳垂也 又耳聰也」
𦕦耳6+6=総画数12 U+26566 [シュウ、ジュ、シュ、ズ/あつ・まる、あつ・める] 聚𨞮𨛿𦖏𧅞
◆多くの人やものが一か所に集まる、また集める
◆大勢が同じところに会カイする、またそのようなところ
𦕱耳6+6=総画数12 U+26571 [レン/] 聯聨䏈聮聫𦖹𦘈联
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「𦕱句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
𦕴耳6+6=総画数12 U+26574 [タ/] 𦖋𦕥𦗊𦗙
◆耳朶(みみたぶ)、耳朶が垂れるさま
◆未詳「【康熙字典:未集中:耳部:𦖋】《五音類聚》丁果切音朶耳垂也 又耳聰也」
耳6+7=総画数13 U+43B9 [ブン、モン/き・く、き・こえる] 聞闻𥹢䎽𦖫𦕁𦕌𦔵
◆(声や音や噂うわさや知らせなどが)耳に届く、耳に伝わってくる「【說文解字注:耳部:聞】知聲也(往曰聽來曰聞…)(「こちらから聞く」ことを「聽」、「向こうから聞こえて来る」ことを「聞」)
◆声や音を耳で認識する(感じる)、またそれによって知る
◆問(と)う、訊(たず)ねる
◆(耳に届いて来る)評判、名声
◆匂い(臭い)を嗅(か)ぐ
耳6+7=総画数13 U+8055 [コウ、ゴウ/]
◆耳
◆耳で聞く
耳6+7=総画数13 U+8056 [セイ、ショウ/ひじり] 𦔻𠄵𥅶𦕡𨉑𤦨𧟿𩫽𡑺𤪈𨲣𨲚
◆あらゆることに通じ礼に厚く情を知る人、智慧も徳もある人
◆人格や技能などの最も秀でた人、崇敬すべき人
◆尊く侵しがたいさま
◆天子に関する事物に冠する語
◆簡「圣」
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+7=総画数13 U+8057 [リョウ/]
◆耳朶(みみたぶ)、同「𦖩」
◆整えた髪を包む頭巾ズキン「【釋名:卷四:釋首飾】幘蹟也…或曰聗聗」
耳6+7=総画数13 U+8058 [ヘイ、ヒョウ/] 𦖳𨉯
◆訪(たず)ねる、訪(おとず)れる
◆訪ね対面して問い聞く、「聘問ヘイモン」「【儀禮正義:卷十六:聘禮第八】鄭目錄云大問日聘諸矦相於久無事使卿相問之禮小聘使大夫周禮日几諸矦之邦交歲相問也殷相聘也…」(【儀禮正義】は、諸侯が(同盟関係にある)他の諸侯に卿ケイ(重臣)を遣わして無事を確認し合うことを「聘」といい、大夫タイフ(卿よりも下位の重臣)を遣わすことを「小聘」という)
◆招(まね)く、「招聘ショウヘイ」
◆男性側の媒酌人バイシャクニンが妻として迎え入れようとする女性の親を訪(おとず)れ、女性の名や年齢などを問う、「娉問ヘイモン」といい、六礼リクレイ(婚礼に際しての儀礼)の一つ、この礼を経て正式に妻として迎え入れる、同「娉」
筆順
𦕵耳6+7=総画数13 U+26575 [リョウ/]
◆耳が微(かす)かに鳴る、音が微かに聞こえる、同「聊」
𦕹耳6+7=総画数13 U+26579 [コウ、オウ/]
◆耳で声や音が殆(ほと)んど聞き取れない
◆耳鳴り(みみなり)、耳の中に広がる大きな声や音、「耾耾コウコウ」、同「耺」
𦕺耳6+7=総画数13 U+2657A [未詳/]
◆未詳「【字彙:未集:耳部:𦕺】見周宣王石鼓文薛作髙按碧落𥓓高字同此鄭云今作享」
𦕻耳6+7=総画数13 U+2657B [ソウ、ス/さと・い] 聡聰聪聦𦖟𦖻
◆よく耳が聞こえる、聞いたことをよく理解する(聞き分ける)ことができる、聞いたことの本質を(真偽を)見抜くことができる
◆理解力が優れているさま、賢(かしこ)いさま
𦕼耳6+7=総画数13 U+2657C [リョウ/いささ・か] 聊𦖂
◆耳が微(かす)かに鳴る、音が微かに聞こえる、同「𦗖」「𦕵」
◆いささ・か、ひとまず、取り敢えず
◆頼(たよ)る、頼りにする、「不聊ブリョウ(頼りにならないさま)」
◆気晴らし、楽しみ、「無聊ブリョウ(気が晴れないさま、楽しめないさま、退屈なさま)」
𦕾耳6+7=総画数13 U+2657E [カツ、カチ/] 聒𢡲𨈸𦗦𠅪
◆大勢がそれぞれに大きな声で話す、大勢の話し声が入り乱れて喧(やかま)しい、騒々しく
漢字林(非部首部別)
𦕿耳6+7=総画数13 U+2657F [チョウ/] 𦔮
◆耳朶(みみたぶ)、耳が垂れる、同「耷」
𦖀耳6+7=総画数13 U+26580 [ヒョウ、ビョウ、ヒ、ビ、フ/] 殍𣧶𣨈
◆飢え死にする、餓死した人
◆草木が枯れる、枯れ落ちる、同「莩」「𦭼」
𦖂耳6+7=総画数13 U+26582 [リョウ/いささ・か] 聊𦕼
◆耳が微(かす)かに鳴る、音が微かに聞こえる、同「𦗖」「𦕵」
◆いささ・か、ひとまず、取り敢えず
◆頼(たよ)る、頼りにする、「不聊ブリョウ(頼りにならないさま)」
◆気晴らし、楽しみ、「無聊ブリョウ(気が晴れないさま、楽しめないさま、退屈なさま)」
𦖅耳6+7=総画数13 U+26585 [チョウ/]
◆耳鳴り、耳鳴りがする
◆耳の病(やまい)
𦖆耳6+7=総画数13 U+26586 [テイ、チョウ/き・く] 聽𦗟聴𦔽𦕘聼𦘏𦕢𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
耳6+8=総画数14 U+43BC [ロク/]
◆「䎼聽ロクテイ」、虫名、トカゲ(蜥蜴)に似るという「【玉篇:卷四:耳部第五十五:䎼】力木切䎼聽似蜥蜴出魏興居樹上輒下齧人上樹垂頭聽聞哭聲乃去」
耳6+8=総画数14 U+43BD [ブン、モン/き・く、き・こえる] 聞闻䎹𥹢𦖫𦕁𦕌𦔵
◆(声や音や噂うわさや知らせなどが)耳に届く、耳に伝わってくる「【說文解字注:耳部:聞】知聲也(往曰聽來曰聞…)(「こちらから聞く」ことを「聽」、「向こうから聞こえて来る」ことを「聞」)
◆声や音を耳で認識する(感じる)、またそれによって知る
◆問(と)う、訊(たず)ねる
◆(耳に届いて来る)評判、名声
◆匂い(臭い)を嗅(か)ぐ
耳6+8=総画数14 U+43BE [未詳/]
◆未詳「【五音集韻:卷八:混第六:䎾】說文曰名也春秋傳有鄭伯䎾」「【名疑:卷二】…鄭成公䎾作成公綸…」「【漢語大字典:耳部:䎾】"睔"的讹字」(いずれも、「耳」と「目」は字形が似ていることから「䎾」を「睔」に見誤ったものか? 因みに「睔コン」は春秋時代(前770年~前5世紀)の鄭テイ国(前806年~前375年)第十五代君主成公セイコウの名 {春秋時代})
耳6+8=総画数14 U+8059 [セイ、ショウ/]
◆聞い話が良く理解できる
耳6+8=総画数14 U+805A [シュウ、ジュ、シュ、ズ/あつ・まる、あつ・める] 𨞮𨛿𦕦𦖏𧅞
◆多くの人やものが一か所に集まる、また集める
◆大勢が同じところに会カイする、またそのようなところ
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+8=総画数14 U+805B [ヒ/]
◆未詳「【字彙:未集:耳部:聛】補委切音俾耳匡也」「【康熙字典:未集中:耳部:聛】《篇海》音俾側耳也」
耳6+8=総画数14 U+805C [テイ/]
◆耳が化膿する病気
耳6+8=総画数14 U+805D [カク、キャク/] 馘𩠲𩉕𢦛
◆戦(いくさ)で敵を倒した証(あかし)として持ち帰るために、倒した敵の左耳を切り落とす、またその耳
漢字林(非部首部別)
耳6+8=総画数14 U+805E [ブン、モン/き・く、き・こえる] 闻䎹𥹢䎽𦖫𦕁𦕌𦔵
◆(声や音や噂うわさや知らせなどが)耳に届く、耳に伝わってくる「【說文解字注:耳部:聞】知聲也(往曰聽來曰聞…)(「こちらから聞く」ことを「聽」、「向こうから聞こえて来る」ことを「聞」)
◆声や音を耳で認識する(感じる)、またそれによって知る
◆問(と)う、訊(たず)ねる
◆(耳に届いて来る)評判、名声
◆匂い(臭い)を嗅(か)ぐ
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+8=総画数14 U+805F [セイ、サイ/むこ] 壻𦖜𡎎
◆娘(むすめ、女子)の夫、同「婿」「𦕓」
◆妻の夫に対する呼称
筆順
耳6+8=総画数14 U+8061 [ソウ、ス/さと・い] 聰聪聦𦖟𦖻𦕻
◆よく耳が聞こえる、聞いたことをよく理解する(聞き分ける)ことができる、聞いたことの本質を(真偽を)見抜くことができる
◆理解力が優れているさま、賢(かしこ)いさま
筆順
耳6+8=総画数14 U+8062 [/しか・と]
◆[日]しかと、確かに、はっきりと、間違いなく
筆順
耳6+8=総画数14 U+8063 [未詳/]
◆未詳
注解:「耳」と「目」は字形が似ることから「睨」の譌字(誤字)と思われる
𦖈耳6+8=総画数14 U+26588 [エン/]
◆耳、耳をを覆う
𦖊耳6+8=総画数14 U+2658A [キ/]
◆片方の耳「【龍龕手鑑:卷二:耳部第十九:𦖊】去竒反側耳也又一隻也」
𦖏耳6+8=総画数14 U+2658F [シュウ、ジュ、シュ、ズ/あつ・まる、あつ・める]
◆多くの人やものが一か所に集まる、また集める
◆大勢が同じところに会カイする、またそのようなところ
𦖑耳6+8=総画数14 U+26591 [ネェ/]
◆[喃]~を聞く、「𦖑𠳒ネェロィ(人の話を聞き入れる、人の言うことに従う)」
𦖒耳6+8=総画数14 U+26592 [未詳/]
◆未詳
𦖗耳6+8=総画数14 U+26597 [未詳/]
◆未詳「【中華大字典:耳部:𦖗】古聞字(【正字通】を引くが【正字通】は「䎹{⿱釆耳}」で、{⿱采耳}ではないようである)
𦖜耳6+8=総画数14 U+2659C [セイ、サイ/むこ] 壻𡎎聟
◆娘(むすめ、女子)の夫、同「婿」「𦕓」
◆妻の夫に対する呼称
𦖞耳6+8=総画数14 U+2659E [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷四:平聲四:清第十四:𦖞】無形而響」
𦖟耳6+8=総画数14 U+2659F [ソウ、ス/さと・い] 聡聰聪聦𦖻𦕻
◆よく耳が聞こえる、聞いたことをよく理解する(聞き分ける)ことができる、聞いたことの本質を(真偽を)見抜くことができる
◆理解力が優れているさま、賢(かしこ)いさま
耳6+9=総画数15 U+8064 [テイ、ジョウ/]
◆耳垂(みみだ)れ、耳の中で炎症が起きて膿が出る病気
耳6+9=総画数15 U+8065 [グ、ク/]
◆驚く
◆耳をそばだてて聞く
耳6+9=総画数15 U+8066 [ソウ、ス/さと・い] 聡聰聪𦖟𦖻𦕻
◆よく耳が聞こえる、聞いたことをよく理解する(聞き分ける)ことができる、聞いたことの本質を(真偽を)見抜くことができる
◆理解力が優れているさま、賢(かしこ)いさま
耳6+9=総画数15 U+8067 [ケイ、ケ/]
◆耳が悪く声や音が全く聞き取れない、「聾ロウ」よりも重症の状態という
耳6+9=総画数15 U+8068 [レン/] 聯䏈聮𦕱聫𦖹𦘈联
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「聨句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
筆順
耳6+9=総画数15 U+8069 [ガイ、ゲ、カイ/] 聵𦘋𦘄𦗿𦘃𦖥
◆(生まれながらにして)耳が悪く声や音が聞こえない
◆(見たり聞いたりできずに)道理に暗い
耳6+9=総画数15 U+806A [ソウ、ス/さと・い] 聡聰聦𦖟𦖻𦕻
◆よく耳が聞こえる、聞いたことをよく理解する(聞き分ける)ことができる、聞いたことの本質を(真偽を)見抜くことができる
◆理解力が優れているさま、賢(かしこ)いさま
耳6+9=総画数15 U+806B [レン/] 聯聨䏈聮𦕱𦖹𦘈联
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「聫句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
𦖋耳6+9=総画数15 U+2658B [タ/] 𦕴𦕥𦗊𦗙
◆耳朶(みみたぶ)、耳朶が垂れるさま
◆未詳「【康熙字典:未集中:耳部:𦖋】《五音類聚》丁果切音朶耳垂也 又耳聰也」
𦖤耳6+9=総画数15 U+265A4 [セイ、ショウ/]
◆聡(さと)い
𦖥耳6+9=総画数15 U+265A5 [ガイ、ゲ、カイ/] 聵聩𦘋𦘄𦗿𦘃
◆(生まれながらにして)耳が悪く声や音が聞こえない
◆(見たり聞いたりできずに)道理に暗い
𦖩耳6+9=総画数15 U+265A9 [リョウ/]
◆耳朶(みみたぶ)、同「聗」
漢字林(非部首部別)
𦖫耳6+9=総画数15 U+265AB [ブン、モン/き・く、き・こえる] 聞闻䎹𥹢䎽𦕁𦕌𦔵
◆(声や音や噂うわさや知らせなどが)耳に届く、耳に伝わってくる「【說文解字注:耳部:聞】知聲也(往曰聽來曰聞…)(「こちらから聞く」ことを「聽」、「向こうから聞こえて来る」ことを「聞」)
◆声や音を耳で認識する(感じる)、またそれによって知る
◆問(と)う、訊(たず)ねる
◆(耳に届いて来る)評判、名声
◆匂い(臭い)を嗅(か)ぐ
𦖳耳6+9=総画数15 U+265B3 [ヘイ、ヒョウ/] 聘𨉯
◆訪(たず)ねる、訪(おとず)れる
◆訪ね対面して問い聞く、「聘問ヘイモン」「【儀禮正義:卷十六:聘禮第八】鄭目錄云大問日聘諸矦相於久無事使卿相問之禮小聘使大夫周禮日几諸矦之邦交歲相問也殷相聘也…」(【儀禮正義】は、諸侯が(同盟関係にある)他の諸侯に卿ケイ(重臣)を遣わして無事を確認し合うことを「聘」といい、大夫タイフ(卿よりも下位の重臣)を遣わすことを「小聘」という)
◆招(まね)く、「招聘ショウヘイ」
◆男性側の媒酌人バイシャクニンが妻として迎え入れようとする女性の親を訪(おとず)れ、女性の名や年齢などを問う、「娉問ヘイモン」といい、六礼リクレイ(婚礼に際しての儀礼)の一つ、この礼を経て正式に妻として迎え入れる、同「娉」
𦖷耳6+9=総画数15 U+265B7 [シ/] 諰𧪳
◆不安なさま、心配なさま、気掛かりなさま
注解:「話の途中でふと気になり(話すのを止めて)思い込む」の意「【 廣韻:上聲:止第六:枲:諰】言且思之」「【 廣韻:上平聲:佳第十三:崽:諰】語失也」
𦖹耳6+9=総画数15 U+265B9 [レン/] 聯聨䏈聮𦕱聫𦘈联
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「𦖹句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
𦖻耳6+9=総画数15 U+265BB [ソウ、ス/さと・い] 聡聰聪聦𦖟𦕻
◆よく耳が聞こえる、聞いたことをよく理解する(聞き分ける)ことができる、聞いたことの本質を(真偽を)見抜くことができる
◆理解力が優れているさま、賢(かしこ)いさま
𨛿邑部
耳6+10=総画数16 U+43C1 [サイ/]
◆声や音が殆く(ほと)んど聞き取れない
耳6+10=総画数16 U+806C [オウ、ウ/]
◆「聬聬」、耳鳴りの音
耳6+10=総画数16 U+806D [キ/] 𩲽
◆心から恥じる、恥ずかしくて他人に顔向けできない、同「愧」
耳6+10=総画数16 U+806E [レン/] 聯聨䏈𦕱聫𦖹𦘈联
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「聮句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
漢字林(非部首部別)
髟部
𦗀耳6+10=総画数16 U+265C0 [テン/]
◆充耳ジュウジ、冕冠ベンカンの紞タン(冠から耳の辺りまで垂らした紐ひも)に付ける珠(たま)飾り、耳穴を塞(ふさ)ぐ位置に付ける「【玉篇:卷四:耳部第五十五:𦗁】他見切詩云玉之𦗁也𦗁充耳也亦作𦗀本亦作瑱」 {服飾(冕冠)}
𦗁耳6+10=総画数16 U+265C1 [テン、チン/] 瑱𦔿
◆充耳ジュウジ、冕冠ベンカンの紞タン(冠から耳の辺りまで垂らした紐ひも)に付ける珠(たま)飾り、耳穴を塞(ふさ)ぐ位置に付ける、またそれを耳に填(は)める、天子は玉ギョク(美しく高貴な石)製、諸侯は石製であったという {服飾(冕冠)}
◆美しい玉(たま)
𦗊耳6+10=総画数16 U+265CA [タ/] 𦖋𦕴𦕥𦗙
◆耳朶(みみたぶ)、耳朶が垂れるさま
◆未詳「【康熙字典:未集中:耳部:𦖋】《五音類聚》丁果切音朶耳垂也 又耳聰也」
𦗋耳6+10=総画数16 U+265CB [ヨウ、ユウ/]
◆「𦗜𦗋ショウヨウ」、同「従容」、ゆったりとしているさま、落ち着いているさま、余裕があるさま
𦗌耳6+10=総画数16 U+265CC [도ト/]
◆[韓]耳掻(みみかき)、耳の穴の中を掻(か)いたり耳垢(みみあか)を取り出したりする道具
𦗎耳6+10=総画数16 U+265CE [未詳/]
◆未詳「【呂氏春秋:第十六卷:先識覽:悔過】…使其三臣丙也林也視也於東邊候晉(一作𦗎注亦同)之道(候視也晉晉國也)…」
𩲽鬼部
耳6+11=総画数17 U+43C6 [ソウ、ゾウ/]
◆耳鳴りがする、同「𦗠」
耳6+11=総画数17 U+806F [レン/] 聨䏈聮𦕱聫𦖹𦘈联
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「聯句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+11=総画数17 U+8070 [ソウ、ス/さと・い] 聡聪聦𦖟𦖻𦕻
◆よく耳が聞こえる、聞いたことをよく理解する(聞き分ける)ことができる、聞いたことの本質を(真偽を)見抜くことができる
◆理解力が優れているさま、賢(かしこ)いさま
筆順
耳6+11=総画数17 U+8071 [ゴウ、ギュウ/] 𦗷
◆人の言うことが耳に入らない、また耳には入っても理解しようとしない(或いは理解できない)
◆「聱牙ゴウガ」、言葉や文章がどうにも理解しにくいさま、難解ナンカイなさま
◆「聱耴ギュウギツ」、多くの人や動物などの声が入り混じってがやがやと喧(やかま)しいさま
筆順
耳6+11=総画数17 U+8072 [セイ、ショウ/こえ、こわ]
◆磬ケイ(石また玉製の打楽器)、またその音
◆人や動物が口から発する音、一般には高低強弱などの抑揚がある音が連続し全体として意味を持つものを指す、意味をなさないものを「音」
◆音を出して意思を伝える
◆耳に届いて来る評判
◆漢字の読みの最初の子音、「声母セイボ」「頭子音トウシイン」、「聲」の読み[shēng]の[sh]を「声」、[ēng]を「韻母インボ」、[ē]の上の記号は「声調セイチョウ(アクセントaccent)」という
注解:「声」は「聲」の省画字
筆順
耳6+11=総画数17 U+8073 [ショウ、シュ/そばだ・つ、そび・える、そび・やかす] 𢕈耸
◆(生まれながらにして)声や音が聞こえない、同「聾」
◆(耳を)高く立てる、またまっすぐに立てる
◆まっすぐに立つ、直立する、(驚く・怯える・畏れるなどして)立ち竦(すく)む
筆順
耳6+11=総画数17 U+8074 [テイ、チョウ/き・く] 聽𦗟𦔽𦕘𦖆聼𦘏𦕢𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
漢字林(非部首部別)
筆順
鳥部
𦗐耳6+11=総画数17 U+265D0 [ガイ/]
◆未詳「【玉篇:卷四:耳部第五十五:𦗐】牛戒切不聽也」
𦗑耳6+11=総画数17 U+265D1 [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷十:入聲下:麥第二十一:𦗑聑】耳竪皃」
𦗓耳6+11=総画数17 U+265D3 [ロク/]
◆未詳「【集韻:卷九:入聲上:屋第一:𦗓】耳鳴通作䎼」
𦗔耳6+11=総画数17 U+265D4 [ソウ、ショウ/]
◆耳鳴りがする
◆耳元でざわざわと音がする
𦗖耳6+11=総画数17 U+265D6 [リョウ/]
◆耳が微(かす)かに鳴る、音が微かに聞こえる、「𦗖𦔷リョウヨウ」、同「聊」
𦗙耳6+11=総画数17 U+265D9 [タ/] 𦖋𦕴𦕥𦗊
◆耳朶(みみたぶ)、耳朶が垂れるさま
◆未詳「【康熙字典:未集中:耳部:𦖋】《五音類聚》丁果切音朶耳垂也 又耳聰也」
𦗚耳6+11=総画数17 U+265DA [未詳/]
◆未詳「【字彙補:未集:耳部:𦗚】聻字之譌」
𦗜耳6+11=総画数17 U+265DC [ショウ、シュ/]
◆「𦗜𦗋ショウヨウ」、同「従容」、ゆったりとしているさま、落ち着いているさま、余裕があるさま
𦗝耳6+11=総画数17 U+265DD [未詳/]
◆未詳
耳6+12=総画数18 U+43C8 [レン/] 聯聨聮𦕱聫𦖹𦘈联
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「䏈句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
耳6+12=総画数18 U+8075 [ガイ、ゲ、カイ/] 聩𦘋𦘄𦗿𦘃𦖥
◆(生まれながらにして)耳が悪く声や音が聞こえない
◆(見たり聞いたりできずに)道理に暗い
筆順
耳6+12=総画数18 U+8076 [ジョウ、ニョウ、ショウ/]
◆口を耳に近づけてひそひそと小声で話す
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+12=総画数18 U+8077 [ショク、シキ/] 聀职軄
◆力を注ぐべき仕事や役割、またその責任を担(にな)う
◆一定の業務や役目を司(つかさど)る
◆担当する業務や役目、またそこでの地位
漢字林(非部首部別)
筆順
𦗟耳6+12=総画数18 U+265DF [テイ、チョウ/き・く] 聽聴𦔽𦕘𦖆聼𦘏𦕢𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
漢字林(非部首部別)
𦗠耳6+12=総画数18 U+265E0 [ショウ/]
◆耳鳴りがする、同「䏆」
𦗢耳6+12=総画数18 U+265E2 [セン/]
◆耳の穴の入り口部分、また入り口部分の穴を塞ぐような形の小さな突起
𦗤耳6+12=総画数18 U+265E4 [ロウ、ル/つんぼ] 聾聋䏊
◆つんぼ、耳で声や音が(よく)聞き取れない、耳が聞こえない、耳が遠い、またそのような人
◆耳が聞こえず状況が分からない、状況が理解できない
◆「𦗤唖ロウア」、耳で声や音が聞き取れないことと、意味を持つ言葉を発することができないこと
𦗦耳6+12=総画数18 U+265E6 [カツ、カチ/] 聒𦕾𢡲𨈸𠅪
◆大勢がそれぞれに大きな声で話す、大勢の話し声が入り乱れて喧(やかま)しい、騒々しく
𦗯耳6+12=総画数18 U+265EF [タン/]
◆耳朶ジダ(みみたぶ)が垂(た)れ下がっているさま
𦗰耳6+12=総画数18 U+265F0 [ネイ、ニョウ/] 聹聍
◆「耵𦗰・耵𨊓・耵𦡲テイネイ」、耳垢(みみあか)、耳糞(みみくそ)
耳6+13=総画数19 U+8078 [タン/] 𦗯
◆耳朶ジダ(みみたぶ)が垂(た)れ下がっているさま
𦗳耳6+13=総画数19 U+265F3 [ドウ、ノウ/]
◆耳鳴りがする
𦗵耳6+13=総画数19 U+265F5 [ショウ/]
◆耳鳴りがする
𦗷耳6+13=総画数19 U+265F7 [ゴウ、ギュウ/]
◆人の言うことが耳に入らない、また耳には入っても理解しようとしない(或いは理解できない)
◆「𦗷牙ゴウガ」、言葉や文章がどうにも理解しにくいさま、難解ナンカイなさま
◆「𦗷耴ギュウギツ」、多くの人や動物などの声が入り混じってがやがやと喧(やかま)しいさま
耳6+14=総画数20 U+43C9 [シツ、シュウ/]
◆牛馬が耳を揺り動かすさま
耳6+14=総画数20 U+8079 [ネイ、ニョウ/] 𦗰聍
◆「耵聹・耵𨊓・耵𦡲テイネイ」、耳垢(みみあか)、耳糞(みみくそ)
筆順
耳6+14=総画数20 U+807A [セツ/]
◆聡明な
耳6+14=総画数20 U+807B [①ジ、ニ②セン/]

◆未詳「【玉篇:卷四:耳部第五十五:聻】尼止切指物皃」
◆~か、~であろうか、~か?、文末に付けて疑問・確認・同意などを表す語気助詞(日本の終助詞)「【釋氏稽古略:卷三:唐:曹洞宗】…江西撫州路曹山禪師名本寂…山曰那箇聻…」

◆人の死後に体から遊離ユウリし彷徨(さまよ)うとされる霊魂レイコンを「鬼キ」といい、その「鬼」の死後を「聻」という、同「魙」「【清稗類鈔:風俗類:冥壽】…人已前卒何有於壽豈果有鬼死為聻之事乎…」
筆順
耳6+14=総画数20 U+807C [テイ、チョウ/き・く] 聽𦗟聴𦔽𦕘𦖆𦘏𦕢𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
漢字林(非部首部別)
𦗾耳6+14=総画数20 U+265FE [カツ、カチ/] 懖𢤌𦘉
◆独(ひと)り善(よ)がりなさま「【說文解字注:心部:懖】歫善自用之意也」
𦗿耳6+14=総画数20 U+265FF [ガイ、ゲ、カイ/] 聵聩𦘋𦘄𦘃𦖥
◆(生まれながらにして)耳が悪く声や音が聞こえない
◆(見たり聞いたりできずに)道理に暗い
𦘃耳6+14=総画数20 U+26603 [ガイ、ゲ、カイ/] 聵聩𦘋𦘄𦗿𦖥
◆(生まれながらにして)耳が悪く声や音が聞こえない
◆(見たり聞いたりできずに)道理に暗い
𦘄耳6+14=総画数20 U+26604 [ガイ、ゲ、カイ/] 聵聩𦘋𦗿𦘃𦖥
◆(生まれながらにして)耳が悪く声や音が聞こえない
◆(見たり聞いたりできずに)道理に暗い
𦘇耳6+15=総画数21 U+26607 [未詳/]
◆未詳
𦘈耳6+15=総画数21 U+26608 [レン/] 聯聨䏈聮𦕱聫𦖹联
◆繋(つな)がって一続(ひとつづ)きになる、途切れずに繋がる、連(つら)なる、同「䏈」「連」
◆結び付く、繋がり合う
◆「𦘈句レンク」、複数人が一句ずつ作詩し、それを一つに纏(まと)めた漢詩
𦘉耳6+15=総画数21 U+26609 [カツ、カチ/] 懖𢤌𦗾
◆独(ひと)り善(よ)がりなさま「【說文解字注:心部:懖】歫善自用之意也」
耳6+16=総画数22 U+43CA [ロウ、ル/つんぼ] 聾聋𦗤
◆つんぼ、耳で声や音が(よく)聞き取れない、耳が聞こえない、耳が遠い、またそのような人
◆耳が聞こえず状況が分からない、状況が理解できない
◆「䏊唖ロウア」、耳で声や音が聞き取れないことと、意味を持つ言葉を発することができないこと
耳6+16=総画数22 U+807D [テイ、チョウ/き・く] 𦗟聴𦔽𦕘𦖆聼𦘏𦕢𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く、同簡「听」
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる
漢字林(非部首部別)
筆順
耳6+16=総画数22 U+807E [ロウ、ル/つんぼ] 聋䏊𦗤
◆つんぼ、耳で声や音が(よく)聞き取れない、耳が聞こえない、耳が遠い、またそのような人
◆耳が聞こえず状況が分からない、状況が理解できない
◆「聾唖ロウア」、耳で声や音が聞き取れないことと、意味を持つ言葉を発することができないこと
筆順
𦘋耳6+16=総画数22 U+2660B [ガイ、ゲ、カイ/] 聵聩𦘄𦗿𦘃𦖥
◆(生まれながらにして)耳が悪く声や音が聞こえない
◆(見たり聞いたりできずに)道理に暗い
𦘍耳6+17=総画数23 U+2660D [ゴツ、ゴチ/]
◆耳で声や音が殆く(ほと)んど聞き取れない
𦘏耳6+18=総画数24 U+2660F [テイ、チョウ/き・く] 聽𦗟聴𦔽𦕘𦖆聼𦕢𠯸
◆耳を傾けて言わんとするところをしっかりと聞く
◆聞いたことを受け入れる、聞き入れる
◆聞き入れてその通りにさせる、思い通りにさせる


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 耳部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です