総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「夕部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 夕部」 [部首索引


夕3+0=総画数3 U+5915 [セキ、ジャク/ゆう、ゆう・べ]
◆陽が沈み始める頃、日没の頃、日暮れ、傍晚ボウバン(晚が間近の頃)、陽が沈み切った頃を「晩」
◆夜、同「昔」
◆「七夕シチセキ(たなばた)」、陰暦七月七日の夜
◆ゆう、ゆうべ、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
入部
夕3+2=総画数5 U+3688 [未詳/]
◆未詳「【皇明文衡:卷之六十九】皇太后之所自出追封㚈王父為揚王外王母為揚王夫人建祠扵」
夕3+2=総画数5 U+5916 [ガイ、ゲ、ウイ/そと、ほか、はず・れる、はず・す] 𡖄
◆そと、範囲・領域・組織や区切り・境界の内(内側、内部)から出たもの、表に出ている(表に面している)もの、見えるところにあるもの、またそのようなところ、逆は「内」
◆ほか、他ほか、別のもの、別のところ
◆はず・れる、ある一定の範囲に含まれない、基準となるものや本来の位置から逸(そ)れる
◆自分の家族以外の親族、「外父ガイフ(妻の父)」「外家ガイカ(母や妻の実家)」
◆[日]はず・す、一部を取る、また除(のぞ)く
漢字林(非部首部別)
筆順
夕3+2=総画数5 U+5917 [エン、オン/]
◆体を曲げる
◆「夗專エンセン」、盤ゲームboard gameの一種、同「簙」「【方言:第五】簙謂之蔽或謂之箘(音囷)秦晉之間謂之簙吳楚之間或謂之蔽或謂之箭裏(簿著名箭廣雅云)或謂之簙毒或謂之夗專(夗於辯反專音轉)或謂之𠥙璇(或曰竹器所以整頓簿者銓旋兩音)或謂之棊所以投簙謂之枰(評論)或謂之廣平所以行棊謂之局或謂之曲道」
漢字林(非部首部別)
筆順
夕3+2=総画数5 U+5918 [ボウ、ミョウ/]
◆十二支の四番目、方角は東、時刻では午前六時を中心とした二時間、動物はウ(兎)を当てる、同「卯」「邜」
漢字林(非部首部別)
筆順
𡖄夕3+2=総画数5 U+21584 [ガイ、ゲ、ウイ/そと、ほか、はず・れる、はず・す]
◆そと、範囲・領域・組織や区切り・境界の内(内側、内部)から出たもの、表に出ている(表に面している)もの、見えるところにあるもの、またそのようなところ、逆は「内」
◆ほか、他ほか、別のもの、別のところ
◆はず・れる、ある一定の範囲に含まれない、基準となるものや本来の位置から逸(そ)れる
◆自分の家族以外の親族、「外父ガイフ(妻の父)」「外家ガイカ(母や妻の実家)」
◆[日]はず・す、一部を取る、また除(のぞ)く
𡖅夕3+2=総画数5 U+21585 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:夕部:𡖅】同"鴛"」「【中華字海::𡖅】同"夗"」
口部
夕3+3=総画数6 U+5919 [シュク、スク/つと・に] 𠘵𡖊𡖕𣦽𠈇𠉦
◆朝早い、早朝
◆早い(時間、時期)、以前の
漢字林(非部首部別)
筆順
夕3+3=総画数6 U+591A [タ/おお・い] 夛𡖇𡖈𢑑𡖩𢑰
◆数や度量ドリョウ(ものの多少・軽重・長短・高低・深浅・強弱など)が、あるべき(必要とする)数や度量より大きい、また余りある、またそれを超えている、少ないのは「少」「寡」
◆何層にもなる、何度も繰り返される
漢字林(非部首部別)
筆順
夕3+3=総画数6 U+591B [タ/おお・い] 多𡖇𡖈𢑑𡖩𢑰
◆数や度量ドリョウ(ものの多少・軽重・長短・高低・深浅・強弱など)が、あるべき(必要とする)数や度量より大きい、また余りある、またそれを超えている、少ないのは「少」「寡」
◆何層にもなる、何度も繰り返される
筆順
邑部
𡖇夕3+3=総画数6 U+21587 [タ/おお・い] 多夛𡖈𢑑𡖩𢑰
◆数や度量ドリョウ(ものの多少・軽重・長短・高低・深浅・強弱など)が、あるべき(必要とする)数や度量より大きい、また余りある、またそれを超えている、少ないのは「少」「寡」
◆何層にもなる、何度も繰り返される
漢字林(非部首部別)
𡖈夕3+3=総画数6 U+21588 [タ/おお・い] 多夛𡖇𢑑𡖩𢑰
◆数や度量ドリョウ(ものの多少・軽重・長短・高低・深浅・強弱など)が、あるべき(必要とする)数や度量より大きい、また余りある、またそれを超えている、少ないのは「少」「寡」
◆何層にもなる、何度も繰り返される
漢字林(非部首部別)
𡖉夕3+3=総画数6 U+21589 [コン/]
◆卵(たまご)、同「卵」
注解:読みの「コン」は「魚卵」を意味する「鯤」に由来するのではないかという
漢字林(非部首部別)
𢁟巾部
止部
斗部
𡖊夕3+4=総画数7 U+2158A [シュク、スク/つと・に] 夙𠘵𡖕𣦽𠈇𠉦
◆朝早い、早朝
◆早い(時間、時期)、以前の
𡖋夕3+4=総画数7 U+2158B [エキ、ヤク/]
◆掖門(エキモン)、脇門(わきもん)、正門の両側にある小さな門「【字彙補:丑集:夕部:𡖋】…楊用脩云𡖋即古亦字吹景錄曰亦古掖字通閽即掖門也」
𡖌夕3+4=総画数7 U+2158C [未詳/]
◆未詳「【字彙補:丑集:夕部:𡖌】古眞切音巾亦作■」「【漢語大字典:夕部:𡖌】同"中"」「【中華字海:夕部:𡖌】疑同"中"」「【中文大辭典:夕部:𡖌】義未詳」
夕3+5=総画数8 U+3689 [コ/] 夃𡕔
◆売り買いして利益を得る、儲(もう)ける、同「赢」
夕3+5=総画数8 U+591C [ヤ/よ、よる] 亱𡖍𠙑𠙇
◆日没から日の出までの間、陽が沈んで暗い時間帯、日中は「昼」
漢字林(非部首部別)
筆順
夕3+5=総画数8 U+591D [セイ、ジョウ/]
◆晴れる、(雨や雪が止んで)雲が次第になくなる、雲が取れて空が晴れ渡る、同「晴」「暒」
网部
𡖍夕3+5=総画数8 U+2158D [ヤ/よ、よる] 夜亱𠙑𠙇
◆日没から日の出までの間、陽が沈んで暗い時間帯、日中は「昼」
𡖎夕3+5=総画数8 U+2158E [未詳/]
◆未詳
𤰧田部
夕3+7=総画数10 U+591E [밧パッ/]
◆[韓]朝鮮語の音オンを表すために作られた漢字「【萬機要覽:卷之四:財用編四:江界税蔘】…*夞鎭將設幕於慈城洞口…(原書は*{⿰名(⿺乚(⿱丿丿))}の字形に近いようであるが、テキスト版は殆どが「夞」とする)
𡖔夕3+7=総画数10 U+21594 [ダ、ナ/] 𡖭
◆多い
𡖕夕3+7=総画数10 U+21595 [シュク、スク/つと・に] 夙𠘵𡖊𣦽𠈇𠉦
◆朝早い、早朝
◆早い(時間、時期)、以前の
𡖖夕3+7=総画数10 U+21596 [ケイ、キョウ/] 卿𠨞
◆重臣、大臣、要職の長官
◆天子の臣下に対する呼称
◆他人や相手に対する敬称
◆夫婦が互いに呼ぶ際の呼称
𡖗夕3+7=総画数10 U+21597 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:夕部:𡖗】同"鳥"」
𡖚夕3+7=総画数10 U+2159A [トウ/] 豋𤮘𢍪𧯭
◆祭礼用の供物を盛る蓋付き脚付きの素焼の器、木製は「豆」 {食器}
𡖛夕3+7=総画数10 U+2159B [ヘイ、ヒョウ、コウ、ゴウ/] 𠱛𠜦
◆「𠆗𡖛タイヘイ・セイコウ」、人名、未詳、御者の名という、同「𡇷𡇤」「【穆天子傳:卷四】天子主車造父為御𡇷𡇤為右次車之乗」「【康熙字典:酉集中:谷部:𧮼】《註》𧮼𠱛善御者或謂車名或謂馬名皆非」
𡖜夕3+7=総画数10 U+2159C [コウ、ク/] 够夠
◆多い
◆十分に多い、十分に足りる
𧥧言部
夕3+8=総画数11 U+591F [コウ、ク/] 夠𡖜
◆多い
◆十分に多い、十分に足りる
夕3+8=総画数11 U+5920 [コウ、ク/] 够𡖜
◆多い
◆十分に多い、十分に足りる
木部
𡖞夕3+8=総画数11 U+2159E [セン/]
◆未詳「【集韻:卷四:平聲四:鹽第二十四:𡖞】𡖞𡖔多也」「【正字通:酉集上:角部:𡖞夡㚊𡖯】𠀤俗字訓多不必別𡗓諸名無確據…」
𡖟夕4+8=総画数12 U+2159F [チ/]
◆龍に似た想像上の動物の名「【廣雅:卷十:釋魚】有鱗曰蛟龍有翼曰應龍有角曰𪓔(臣彪)龍無角曰𡖟(恥支)龍…」「【玉篇:卷二十五:它部第四百四:𡖟】恥支切今作螭」(但し「【說文解字注:虫部:虯】…廣雅云有角曰𪓔卽虯字無角曰𡖟卽螭字其說乖異恐轉寫之譌不爲典要)」は「𪓔」と「虯」、「𡖟」と「螭」を同義とする根拠が示されていないという)
𡖡夕3+8=総画数11 U+215A1 [未詳/]
◆未詳
𩁼雨部
夕3+9=総画数12 U+368A [カイ/]
◆数や量が多い
火部
夕3+9=総画数12 U+5921 [キ/]
◆数や量が多い
漢字林(非部首部別)
食部
𡖨夕3+9=総画数12 U+215A8 [カイ、ケ/] 㷇𡌪
◆大きい、多い
𡖩夕3+9=総画数12 U+215A9 [タ/おお・い] 多夛𡖇𡖈𢑑𢑰
◆数や度量ドリョウ(ものの多少・軽重・長短・高低・深浅・強弱など)が、あるべき(必要とする)数や度量より大きい、また余りある、またそれを超えている、少ないのは「少」「寡」
◆何層にもなる、何度も繰り返される
𡖫夕3+9=総画数12 U+215AB [ダ、ナ/]
◆舟が多いさま
𡖭夕3+9=総画数12 U+215AD [ダ、ナ/] 𡖔
◆多い
𩚏食部
夕3+10=総画数13 U+5922 [ボウ、ム/ゆめ] 𦴋梦夣𦿛𧁌
◆睡眠中に見る幻覚・幻像、またそれを見る、同「㝱」「【周禮:卷第五:春官宗伯:占夢】以日月星辰占六夢之吉凶(…)一曰正夢(無所感動平安自夢)二曰噩夢(杜子春云噩當為驚愕之愕謂驚愕而夢)三曰思夢(覺時所思念之而夢)四曰寤夢(覺時道之而夢)五曰喜夢(喜{⿰言兊}而夢)六曰懼夢(恐懼而夢)」
◆ぼんやりとしてるさま
◆(現実のものとなるかどうか分からないが)実現させたいという思い、空想
漢字林(非部首部別)
筆順
𡖯夕3+10=総画数13 U+215AF [ソク/]
◆未詳「【廣韻:入聲:屋第一:穀:𧣡】𧣡𡖯多也」「【正字通:酉集上:角部:𧣡】譌字舊註音谷𧣡𡖯多也誤」「【正字通:酉集上:角部:𡖞夡㚊𡖯】𠀤俗字訓多不必別𡗓諸名無確據…」
𡖰夕3+10=総画数13 U+215B0 [イ/]
◆他の場所に移る、他の場所へ移す、同「移」「徙」
𡖳夕3+10=総画数13 U+215B3 [シ/]
◆頬(ほお、ほほ)
𡖴夕3+10=総画数13 U+215B4 [イン/] 夤𡖷𡖸
◆敬う、敬い慎(つつし)む、同「寅」
◆遠く離れたところ、領土を取り囲む(「州」の外)地、同「殥」
𡖶夕3+10=総画数13 U+215B6 [バク、ミャク/]
◆人の姿も声や音もなくひっそりとしているさま、「𡧯㱳セキバク」、同「寂寞」「【說文解字注:歺部:㱳】死𡧯㱳也(𡧯㱳猶𠴫嗼也)」
𡦄子部
𧣡角部
𨐔辛部
夕3+11=総画数14 U+368C [カ、ワ/おびただ・しい] 夥𡖿
◆物の数や量が非常に多いさま、沢山(たくさん)あるさま
◆勢が一緒に行動する、またその人たち、仲間、同「伙」
夕3+11=総画数14 U+5923 [ボウ、ム/ゆめ] 夢𦴋梦𦿛𧁌
◆睡眠中に見る幻覚・幻像、またそれを見る、同「㝱」「【周禮:卷第五:春官宗伯:占夢】以日月星辰占六夢之吉凶(…)一曰正夢(無所感動平安自夢)二曰噩夢(杜子春云噩當為驚愕之愕謂驚愕而夢)三曰思夢(覺時所思念之而夢)四曰寤夢(覺時道之而夢)五曰喜夢(喜{⿰言兊}而夢)六曰懼夢(恐懼而夢)」
◆ぼんやりとしてるさま
◆(現実のものとなるかどうか分からないが)実現させたいという思い、空想
夕3+11=総画数14 U+5924 [イン/] 𡖷𡖴𡖸
◆敬う、敬い慎(つつし)む、同「寅」
◆遠く離れたところ、領土を取り囲む(「州」の外)地、同「殥」
漢字林(非部首部別)
夕3+11=総画数14 U+5925 [カ、ワ/おびただ・しい] 㚌𡖿
◆物の数や量が非常に多いさま、沢山(たくさん)あるさま
◆勢が一緒に行動する、またその人たち、仲間、同「伙」
筆順
𡖷夕3+11=総画数14 U+215B7 [イン/] 夤𡖴𡖸
◆敬う、敬い慎(つつし)む、同「寅」
◆遠く離れたところ、領土を取り囲む(「州」の外)地、同「殥」
𡖸夕3+11=総画数14 U+215B8 [イン/] 夤𡖷𡖴
◆敬う、敬い慎(つつし)む、同「寅」
◆遠く離れたところ、領土を取り囲む(「州」の外)地、同「殥」
𡖾夕3+11=総画数14 U+215BE [キ、コ/]
◆数や量が多い、同「𪀩」
𤚶牛部
夕3+12=総画数15 U+5926 [シン/]
◆多いさま
𡖿夕3+12=総画数15 U+215BF [カ、ワ/おびただ・しい] 夥㚌
◆物の数や量が非常に多いさま、沢山(たくさん)あるさま
◆勢が一緒に行動する、またその人たち、仲間、同「伙」
𡗀夕3+12=総画数15 U+215C0 [未詳/]
◆「癿𡗀慶(音未詳)」、人名、洪德砦コウトクサイ(現甘粛省慶陽市環県)の刺史シシ(長官)「【宋史:卷四百九十一:列傳第二百五十:外國七】…繼遷寇洪德砦酋長慶香與癿𡗀慶族合勢擊之…癿𡗀慶領羅州刺史…」 {甘粛省}
𡗃夕3+13=総画数16 U+215C3 [オ、ウ/] 𤚶
◆「おう」「ああ」などの感嘆の声、同「烏」「於」「【集韻:卷二:平聲:模第十一:烏於𡗃𥾪】汪胡切說文孝鳥也孔子曰鳥𥃳呼也取其助氣故以為烏呼古作於𡗃𥾪亦姓」
𡗅夕3+13=総画数16 U+215C5 [ヴェー/]
◆[喃]帰る、戻る、同「𧗱」
𡒒土部
𡗇夕3+14=総画数17 U+215C7 [リョウ/かり] 猟獵獵𤢪
◆犬を放って禽獣を追い掛け捜し出し捕える、狩りをする、「猟」は日本での「狩」と同義、但し「狩」は本来「冬の狩り」を指す、春の狩りを「蒐シュウ」「獀ソウ」、夏を「猫ビョウ」、秋を「獮セン」
◆(獲物を)追い掛け捜し求める、漁(あさ)る
𪀩鳥部
𡗌夕3+16=総画数19 U+215CC [ヨウ、オウ/]
◆大きく且(か)つ多い、話や言葉を大きく膨(ふく)らませる「【方言:第十】郺(惡孔反)𨑊(奴動反)晠多也南楚凡大而多謂之郺或謂之𨑊凡人語言過度及妄施行亦謂之𨑊」
𧰍豆部
𨑊辰部
𪚪龜部
𣡳夕3+24=総画数27 U+23873 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:丑集:夕部:𣡳】音義與太同」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 夕部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です