総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「彑部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 彑部」 [部首索引


彑3+0=総画数3 U+5F50 [ケイ/]
◆動物の頭(あたま、かしら)、「彖タン(いのこ豕・イノシシ(猪)の頭)」「彙イ(ハリネズミ(針鼠)の頭)」などの字に用いられる
◆けい、けいがしら、いのこがしら、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
彑3+0=総画数3 U+5F51 [ケイ/]
◆動物の頭(あたま、かしら)、「彖タン(いのこ豕・イノシシ(猪)の頭)」「彙イ(ハリネズミ(針鼠)の頭)」などの字に用いられる
◆けい、けいがしら、いのこがしら、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
刀部
彑3+2=総画数5 U+5F52 [キ、ケ/かえ・る、かえ・す] 歸㱕𡚖帰
◆女性が他家に嫁(とつ)ぐ、嫁(よめ)に行く、女性を自家に迎えることを「來歸・来帰ライキ」
◆元の(本来の)状態や位置に戻る、同「皈」「𢅨」「䢜」「𣦨」
◆元の(本来の)状態や位置に戻す、返(かえ)す
◆最終的には~になる、結局は~ということになる、~のところに(~というところに)落ち着く「【論語注疏:卷一:學而】曾子曰愼終追遠民德歸厚矣」
◆「归藏キゾウ」、同「𤾤藏」、卦ケを用いた占卜(センボク)についての三つの書(三易 サンエキ )の一つ、三易  は「連山 レンザン 」「歸藏 キゾウ 」「周易 シュウエキ 」
漢字林(非部首部別)
夕部
寸部
𢑏彑3+3=総画数6 U+2244F [ヨク、オク/] 𠨔
◆抑える、上から下の方向に押さえ付ける、押え付けて立ったり起きたり(上の方に向かう動作)や目立ったり激しい動作をしないようにする、同「抑」
注解:「印(上から下の方向に押さえ付ける)」を左右反転させた字形
𢑐彑3+3=総画数6 U+22450 [未詳/]
◆未詳
𢑑彑3+3=総画数6 U+22451 [タ/おお・い] 多夛𡖇𡖈𡖩𢑰
◆数や度量ドリョウ(ものの多少・軽重・長短・高低・深浅・強弱など)が、あるべき(必要とする)数や度量より大きい、また余りある、またそれを超えている、少ないのは「少」「寡」
◆何層にもなる、何度も繰り返される
漢字林(非部首部別)
𢑒彑3+3=総画数6 U+22452 [コウ/]
◆姓用字「【字彙補:寅集:彐部:𢑒】古好字姓也姓氏急就章姺佼𡣫㜣娩𢑒提」
彑3+5=総画数8 U+38C7 [イ、テイ、ダイ/] 𢑞𧱈𡱃
◆毛が(ごわごわして)長い獣(けもの)、豕(いのこ、イノシシ猪またブタ豚)やタヌキ(狸)の類
漢字林(非部首部別)
彑3+5=総画数8 U+5F54 [リク、ロク/] 𢑗
◆刻む、刻み込む、彫る、彫り込む、同「録」
漢字林(非部首部別)
筆順
彑3+5=総画数8 U+5F55 [リク、リョク、ロク/]
◆刻む、刻み込む、彫る、彫り込む、同「録」「彔」
◆繁「録」「錄」
漢字林(非部首部別)
筆順
𢑔彑3+5=総画数8 U+22454 [チュウ、ジュウ/] 疇畴𤲮𢑜𢏚
◆(麻を栽培する)耕作地、畑
◆田畑の畦(あぜ、田畑を区切るために土を盛り上げた所)、畝(うね、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所)
◆類(たぐい)、同類、「範疇ハンチュウ」
◆以前から続いている、代々と続く
◆(誰と特定できない)誰か、同「𠷎」
𢑕彑3+5=総画数8 U+22455 [リク、ロク/] 戮𡭁𡠢𣩍𦐱𠝧𦞋𦐟
◆残忍な方法で人を殺す、「殺戮サツクリ」、同「勠」
◆死刑にする
◆殺して死体を晒す、辱(はずかし)める
◆多くの力を一つに合わせる、力を一か所に集中する、同「勠」
彑3+6=総画数9 U+5F56 [タン/] 𧰲𧰺𢑡
◆豕(いのこ、イノシシ猪またブタ豚)が走る
◆「彖辞タンジ」、易の卦ケを解説した言葉
漢字林(非部首部別)
筆順
𢑗彑3+6=総画数9 U+22457 [リク、ロク/]
◆刻む、刻み込む、彫る、彫り込む、同「録」
𢑙彑3+6=総画数9 U+22459 [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆䰪𩴈𩲉𩱿𠃁𤲄𣷛𧱋𢑘𢑛𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪ヨウカイ、同「魅」
𢑚彑3+6=総画数9 U+2245A [シン/さる、もう・す] 申𦥔𤰶𦦀𤱓𠭙𣇗𠭜
◆さる、十二支の九番目、時刻では午後四時を中心とした二時間、方角では西南西、動物ではサル(猿)を当てる {十二支}
◆伸ばす、折れたり曲がっているものをまっすぐにする、同「伸」
◆引き締める、しっかりと縛(しば)る、固く結ぶ、「申命シンメイ(しっかりと命ずる、堅く命ずる)」「【說文解字注:申部:申】…韓子外儲說曰申之束之今本申譌紳申者引長束者約結…」「【釋名:釋天】身也物皆成其身體各申束之使備成也」
◆(特に上位者に対して、身なりを整えて)述べる、説明する
漢字林(非部首部別)
𢑛彑3+7=総画数10 U+2245B [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆䰪𩴈𩲉𩱿𠃁𤲄𣷛𧱋𢑘𢑙𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪ヨウカイ、同「魅」
𢑜彑3+7=総画数10 U+2245C [チュウ、ジュウ/] 疇畴𤲮𢑔𢏚
◆(麻を栽培する)耕作地、畑
◆田畑の畦(あぜ、田畑を区切るために土を盛り上げた所)、畝(うね、種や苗を植えるために筋状に土を盛り上げた所)
◆類(たぐい)、同類、「範疇ハンチュウ」
◆以前から続いている、代々と続く
◆(誰と特定できない)誰か、同「𠷎」
𧰲豕部
彑3+8=総画数11 U+5F57 [スイ、ズイ/]
◆箒(ほうき)、またそれで掃(は)く、同「篲」「𥶙」
◆「彗星・篲星・蔧星スイセイ」、箒星(ほうきぼし)、古く中国では「妖星ヨウセイ」と呼ばれ不吉な星とされた
漢字林(非部首部別)
筆順
𠝧刀部
𢑘彑3+8=総画数11 U+22458 [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆䰪𩴈𩲉𩱿𠃁𤲄𣷛𧱋𢑙𢑛𣼙
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪ヨウカイ、同「魅」
𢑞彑3+8=総画数11 U+2245E [イ、テイ、ダイ/] 㣇𧱈𡱃
◆毛が(ごわごわして)長い獣(けもの)、豕(いのこ、イノシシ猪またブタ豚)やタヌキ(狸)の類
𢑡彑3+8=総画数11 U+22461 [タン/] 彖𧰲𧰺
◆豕(いのこ、イノシシ猪またブタ豚)が走る
◆「𢑡辞タンジ」、易の卦ケを解説した言葉
彑3+9=総画数12 U+5F58 [テイ、ダイ、シ/]
◆豕(いのこ)、イノシシ(猪)またブタ(豚)
漢字林(非部首部別)
𢑢彑3+9=総画数12 U+22462 [コツ、コチ/]
◆豕(いのこ、イノシシ猪またブタ豚)の類、未詳、同「𢑼」「䝆」
𢑣彑3+9=総画数12 U+22463 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷三:彑部第二十三:{⿰彐癸}】俗{⿰彐(⿲土矢凡)}正直例反豖也又姓」「【康熙字典:寅集下:彐部:𢑣】《海篇》同彘」
𢑤彑3+9=総画数12 U+22464 [イ/] 彙彚𢑥𢑷𢑺𢑭𢑯𣉰
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「蝟(猬)」
◆類(たぐい)、同類(同様)のもの、またその集まり、同「類」
◆同様のものが集まり一つになる、同様のものを一つに纏(まと)める、また一つに纏めたもの、同「汇」
𢑥彑3+9=総画数12 U+22465 [イ/] 彙彚𢑷𢑺𢑭𢑯𢑤𣉰
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「蝟(猬)」
◆類(たぐい)、同類(同様)のもの、またその集まり、同「類」
◆同様のものが集まり一つになる、同様のものを一つに纏(まと)める、また一つに纏めたもの、同「汇」
彑3+10=総画数13 U+5F59 [イ/] 彚𢑥𢑷𢑺𢑭𢑯𢑤𣉰
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「蝟(猬)」
◆類(たぐい)、同類(同様)のもの、またその集まり、同「類」
◆同様のものが集まり一つになる、同様のものを一つに纏(まと)める、また一つに纏めたもの、同簡「汇」
筆順
彑3+10=総画数13 U+5F5A [イ/] 彙𢑥𢑷𢑺𢑭𢑯𢑤𣉰
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「蝟(猬)」
◆類(たぐい)、同類(同様)のもの、またその集まり、同「類」
◆同様のものが集まり一つになる、同様のものを一つに纏(まと)める、また一つに纏めたもの、同「汇」
𢑧彑3+10=総画数13 U+22467 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:束部第五十六:𢑧】私七反經音義作膝經文作𢑧非也」
𧱈豕部
𢑨彑3+11=総画数14 U+22468 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:未集:彐部:𢑨】字略古肆字〇亦作*(*{⿰豙豙}か?)
𢑩彑3+11=総画数14 U+22469 [イ/] 肄𦘞𦘗𥏚𢄥𨽽
◆習(なら)う、学ぶ
◆精一杯務(つと)める、骨を折る、苦労する
◆蘖(ひこばえ)、刈り取った草や切り株から生え出た小さな葉や枝
𢑪彑3+11=総画数14 U+2246A [コウ、ク/いぬ] 狗㺃豿
◆イヌ(狗・犬)、イヌ科の動物、同「犬」、古くは小形のイヌ(犬)やクマ(熊)・トラ(虎)などのイヌ目・イヌ科の動物の子や小形の種を指したが、後にイヌ(犬)一般を指すようになった
◆卑劣なさま、底意地(そこいじ)が悪いさま
𢑫彑3+11=総画数14 U+2246B [未詳/]
◆未詳「【字彙補:寅集:彐部:𢑫】同皺」
𢑭彑3+12=総画数15 U+2246D [イ/] 彙彚𢑥𢑷𢑺𢑯𢑤𣉰
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「蝟(猬)」
◆類(たぐい)、同類(同様)のもの、またその集まり、同「類」
◆同様のものが集まり一つになる、同様のものを一つに纏(まと)める、また一つに纏めたもの、同「汇」
𣼙彑3+12=総画数15 U+23F19 [ビ、ミ/] 鬽𩲀𩲐𩲝𩲿𩳟𩳪䰨𩴎𩲆䰪𩴈𩲉𩱿𠃁𤲄𣷛𧱋𢑘𢑙𢑛
◆得体の知れない怪しいもの、物の怪(もののけ)、妖怪ヨウカイ、同「魅」
𦞋肉部
彑3+13=総画数16 U+38C8 [シ/] 𠮇𠭾𨽼
◆タヌキ(狸)や豕(いのこ、豚やイノシシ(猪))などの類、またその声
◆ネズミ(鼠)の名
彑3+13=総画数16 U+5F5B [イ/] 彝彞彜𢍵𦇚𢑴𢑱𦄳𢑲𦆩𢇏𧤋𢁔
◆宗廟ソウビョウ(先祖を祀る建物)で使用する器の総称、「彝器イキ」 {食器(酒器 樽・卮・彝)}
◆常(つね)、どんな場合でも(何処でも、何時でも)変わることがない
◆「彝族イゾク」、中国西南部(主に四川省・雲南省・貴州省など)に居住する少数民族
彑3+13=総画数16 U+5F5C [イ/] 彝彞彛𢍵𦇚𢑴𢑱𦄳𢑲𦆩𢇏𧤋𢁔
◆宗廟ソウビョウ(先祖を祀る建物)で使用する器の総称、「彝器イキ」 {食器(酒器 樽・卮・彝)}
◆常(つね)、どんな場合でも(何処でも、何時でも)変わることがない
◆「彝族イゾク」、中国西南部(主に四川省・雲南省・貴州省など)に居住する少数民族
漢字林(非部首部別)
筆順
𢑯彑3+13=総画数16 U+2246F [イ/] 彙彚𢑥𢑷𢑺𢑭𢑤𣉰
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「蝟(猬)」
◆類(たぐい)、同類(同様)のもの、またその集まり、同「類」
◆同様のものが集まり一つになる、同様のものを一つに纏(まと)める、また一つに纏めたもの、同「汇」
𢑱彑3+13=総画数16 U+22471 [イ/] 彝彞彛彜𢍵𦇚𢑴𦄳𢑲𦆩𢇏𧤋𢁔
◆宗廟ソウビョウ(先祖を祀る建物)で使用する器の総称、「彝器イキ」 {食器(酒器 樽・卮・彝)}
◆常(つね)、どんな場合でも(何処でも、何時でも)変わることがない
◆「彝族イゾク」、中国西南部(主に四川省・雲南省・貴州省など)に居住する少数民族
𢑲彑3+14=総画数17 U+22472 [イ/] 彝彞彛彜𢍵𦇚𢑴𢑱𦄳𦆩𢇏𧤋𢁔
◆宗廟ソウビョウ(先祖を祀る建物)で使用する器の総称、「彝器イキ」 {食器(酒器 樽・卮・彝)}
◆常(つね)、どんな場合でも(何処でも、何時でも)変わることがない
◆「彝族イゾク」、中国西南部(主に四川省・雲南省・貴州省など)に居住する少数民族
彑3+15=総画数18 U+5F5D [イ/] 彞彛彜𢍵𦇚𢑴𢑱𦄳𢑲𦆩𢇏𧤋𢁔
◆宗廟ソウビョウ(先祖を祀る建物)で使用する器の総称、「彝器イキ」 {食器(酒器 樽・卮・彝)}
◆常(つね)、どんな場合でも(何処でも、何時でも)変わることがない
◆「彝族イゾク」、中国西南部(主に四川省・雲南省・貴州省など)に居住する少数民族
漢字林(非部首部別)
筆順
彑3+15=総画数18 U+5F5E [イ/] 彝彛彜𢍵𦇚𢑴𢑱𦄳𢑲𦆩𢇏𧤋𢁔
◆宗廟ソウビョウ(先祖を祀る建物)で使用する器の総称、「彝器イキ」 {食器(酒器 樽・卮・彝)}
◆常(つね)、どんな場合でも(何処でも、何時でも)変わることがない
◆「彝族イゾク」、中国西南部(主に四川省・雲南省・貴州省など)に居住する少数民族
𢑴彑3+15=総画数18 U+22474 [イ/] 彝彞彛彜𢍵𦇚𢑱𦄳𢑲𦆩𢇏𧤋𢁔
◆宗廟ソウビョウ(先祖を祀る建物)で使用する器の総称、「彝器イキ」 {食器(酒器 樽・卮・彝)}
◆常(つね)、どんな場合でも(何処でも、何時でも)変わることがない
◆「彝族イゾク」、中国西南部(主に四川省・雲南省・貴州省など)に居住する少数民族
𢑵彑3+15=総画数18 U+22475 [ハン、ホン/ひるがえ・る、ひるがえ・す] 翻飜
◆鳥が翼を大きく羽ばたかせながら飛ぶ
◆表裏が逆になる、向きが逆になる
◆「𢑵意ホンイ」、考えや態度をそれまでとは反対方向に変える
◆「𢑵訳ホンヤク」、全く別の言語に置き換える
𢑶彑3+15=総画数18 U+22476 [ソウ、ス/] 𢑻
◆金属に模様を彫(ほ)る、同「鏉」「【字彙補:寅集:彐部:𢑶】素候切與鏉同𢑻鏤也」
彑3+16=総画数19 U+5F5F [カク、ワク/]
◆価値や程度をあれこれ考え合わせて見当ケントウを付ける、推し量(はか)る、同「蒦」
◆規準となる尺度、同「矱」
𢑷彑3+16=総画数19 U+22477 [イ/] 彙彚𢑥𢑺𢑭𢑯𢑤𣉰
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「蝟(猬)」
◆類(たぐい)、同類(同様)のもの、またその集まり、同「類」
◆同様のものが集まり一つになる、同様のものを一つに纏(まと)める、また一つに纏めたもの、同「汇」
𢑸彑3+16=総画数19 U+22478 [コウ、ゴウ/えら・い] 豪𩫕𩫞𩫚𩫒𩫎
◆猛々(たけだけ)しく勇ましい、並外れて力がある、またそのような人
◆才智や力が傑出している、ずば抜けている、またそのような人、十人に一人の逸材「【春秋繁露:卷八:爵國第二十八】…萬人者曰英千人者曰俊百人者曰傑十人者曰豪…」
◆大層タイソウなさま、他に比べて一段飛び抜けているさま、「豪勢ゴウセイ」「豪華ゴウカ」
◆「豪猪ゴウチョ(ヤマアラシ山荒らし・豪猪)」、ヤマアラシ科の哺乳類
◆強いさま、硬いさま
𢑹彑3+16=総画数19 U+22479 [コ、ゴ/]
◆未詳「【字彙補:寅集:彐部:𢑹】匣烏切音壺飲器」
𢑺彑3+16=総画数19 U+2247A [イ/] 彙彚𢑥𢑷𢑭𢑯𢑤𣉰
◆ハリネズミ(針鼠)、ハリネズミ亜科の哺乳類、針のように尖った毛を持つ小形の動物、同「蝟(猬)」
◆類(たぐい)、同類(同様)のもの、またその集まり、同「類」
◆同様のものが集まり一つになる、同様のものを一つに纏(まと)める、また一つに纏めたもの、同「汇」
𢑻彑3+16=総画数19 U+2247B [ソウ、ス/] 𢑶
◆金属に模様を彫(ほ)る、同「鏉」「【字彙補:寅集:彐部:𢑶】素候切與鏉同𢑻鏤也」
𢑼彑3+17=総画数20 U+2247C [未詳/]
◆豕(いのこ、イノシシ猪またブタ豚)の類、未詳、同「𢑢」「【類篇:㣇部:𢑼𢑢䝆】呼骨切說文豕屬也」
𢑽彑3+19=総画数22 U+2247D [ダ、ナ/] 𨙻𨚉𨚗
◆地名、未詳、同「那」「【說文解字:邑部:𨙻】西夷國从邑冄聲安定有朝𨙻縣諾何切」
𢑾彑3+20=総画数23 U+2247E [ハク、ボク/]
◆「𢑾矟ハクサク」、長い柄の先に矛(ほこ、柄えの先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)を取り付けた儀仗用の武器
彑3+22=総画数25 U+5F60 [カク、ワク/]
◆価値や程度をあれこれ考え合わせて見当ケントウを付ける、推し量(はか)る、同「蒦」
◆規準となる尺度、同「矱」
𢑿彑3+23=総画数26 U+2247F [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷三:彑部第二十三:𢑿】古文奴郎反」「【字彙補:寅集:彐部:𢑿】古文囊字」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 彑部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です