総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 歹部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 歹部」 [部首索引


【歹】歹4+0=総画数4 U+6B79 [ガツ、ガチ、タイ/] 【歺𣦵𡰮𡰤】[一タ夕歹]
◆肉が削げ落ちてばらばらになった死人の骨
◆よくない、不吉な
◆がつ、がつへん、かばね、かばねへん、いちた、いちたへん、部首名
【列】刀2+歹4=総画数6 U+5217 [レツ、レチ/つら・なる] 【𠛱𠜊】[一タ夕歹リ刂列]
◆横方向の並び、横方向に順序に従って(重ならないように)並ぶ、同「排」、縦方向の列を「行」
◆ずらりと人が居並ぶ
◆裂(さ)く、二つに切り割(さ)く、同「裂」「𠜺」
【𢁳】巾3+歹4=総画数7 U+22073 [カイ、ガイ/い] 【亥】[一タ夕歹巾𢁳]
◆十二支の十二番目、動物ではイノシシ(猪)、時間は午後十時を中心とした二時間、方角は北北西を当てる {十二支}
【㱛】歹4+歹4=総画数8 U+3C5B [セン、ゼン/] [一タ夕歹2㱛]
◆死ぬ、若くして死ぬ、同「歽」、「【龍龕手鑑:卷四:歹部第二十二:{⿰歹干}㱛𣧘】三俗歽正昌究殘也盡也又對臥也」
【𣱚】气4+歹4=総画数8 U+23C5A [キ、ケ/] 【刉刏𣱞】[ノ丿一𠂉三乙气一タ夕歹𣱚]
◆衈(生贄の血を祭器に塗って供物を奉げる祭礼)の血を得るために突き刺す、刺す
◆割る
◆断ち切る
【𣲠】水3+歹4=総画数7 U+23CA0 [セキ、ジャク/] 【汐𣴁】[シ氵一タ夕歹𣲠]
◆夜間(或いは夕)の太陽や月の引力によって生じる海水の定期的な満ち引き、昼間(或いは朝)は「潮」
【𦍙】羊6+歹4=総画数10 U+26359 [ショウ、ゾウ/] [一タ夕歹羊𦍙]
◆死んだ(未婚の)女性の霊魂、同「𦍲」、「【龍龕手鑑:卷四:歹部第二十二:𦍙】音祥女鬼」「【漢語大字典::】《可洪音義》音祥。女鬼。《可洪音義》巻二十三《陀羅尼雑集》第八巻音義:”𦍙、女鬼也、女未嫁而死曰𦍙。”」
◆山名、「【山海經:東山經】又東次三經之首曰尸胡之山北望𦍙山(音詳)其上多金玉其下多棘有獸焉其狀如麋而魚目名曰妴胡(音婉)其鳴自䚯」
【𨚌】邑3+歹4=総画数7 U+2868C [未詳/] [一タ夕歹ろ3I|丨邑阝𨚌]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:邑部第十一:𨚌】舊藏作邪郭迻俗丁禮反」
【飱】食9+歹4=総画数13 U+98F1 [ソン/] 【飧𩚏𩛈】[一タ夕歹人𠆢、丶ヨレノ艮良食飱]
◆夕食、夕食に出される料理、朝食は「饔」
◆食べ物や飲み物、飲み食いする、食事、同「餐」
【𪗈】齊14+歹4=総画数18 U+2A5C8 [セイ、ザイ/] 【𪗅】[亠Y丫刀レノ丿二I|丨齊一タ夕歹𪗈]
◆病む、病(やまい)
【歺】歹4+1=総画数5 U+6B7A [ガツ、ガチ、タイ/] 【歹𣦵𡰮𡰤】[ト卜⺊タ夕歺]
◆肉が削げ落ちてばらばらになった死人の骨
◆よくない、不吉な
◆がつ、がつへん、かばね、かばねへん、部首名
【𡛝】女3+歺5=総画数8 U+216DD [サン/] 【㛑𡛒】[ト卜⺊タ夕歺女𡛝]
◆(女性が)美しいさま
【𢀸】己3+歺5=総画数8 U+22038 [未詳/] [ト卜⺊タ夕歺コ匚L乚己巳𢀸]
◆未詳
注解:「【字彙:申集:艸部:{⿲艹(⿰歺匕)开}】{⿲艹𢀸廾}本字説文从{⿰歺匕}在茻中一其中所以薦之者會意六書正譌俗作{⿲艹𢀸廾}非」とあり、「死」の俗字か?
【𣱞】气4+歺5=総画数9 U+23C5E [キ、ケ/] 【刉刏𣱚】[ノ丿一𠂉三乙气ト卜⺊タ夕歺𣱞]
◆衈(生贄の血を祭器に塗って供物を奉げる祭礼)の血を得るために突き刺す、刺す
◆割る
◆断ち切る
【𦍲】羊6+歺5=総画数11 U+26372 [ショウ、ゾウ、ヨウ/] [ト卜⺊タ夕歺羊𦍲]
◆死んだ(未婚の)女性の霊魂、同「𦍙」、「【類篇:歺部:𦍲】徐羊切女鬼一曰殘也又弋𠅙切創也」「【康熙字典:未集中:羊部:𦍙】同𦍲詳𦍲字註」
◆残、未詳
◆傷(きず)、同「創」「痒」
【𦘖】聿6+歺5=総画数11 U+26616 [シ/] 【肂】[ト卜⺊タ夕歺ヨ二十聿𦘖]
◆棺桶を納めるために掘った穴
◆本葬までの間仮に埋葬する
【𦚛】肉6+歺5=総画数11 U+2669B [サン、ザン、ゲツ/] 【㱚𣧻】[ト卜⺊タ夕歺冂内人2仌肉𦚛]
◆禽獣(キンジュウ、鳥や獣)の食べ残し、同「䏼」
【𩛈】食9+歺5=総画数14 U+296C8 [ソン/] 【飧𩚏飱】[ト卜⺊タ夕歺人𠆢、丶ヨレノ艮良食𩛈]
◆夕食、夕食に出される料理、朝食は「饔」
◆食べ物や飲み物、飲み食いする、食事、同「餐」
【列】刀部
【夙】夕部
【死】歹4+2=総画数6 U+6B7B [シ/し・ぬ] 【𣦾𣦸𣦹𣧇𠒁𠑾】[一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死]
◆細って尽(つ)きる
◆精気(セイキ)がなくなる
◆動かなくなる、用を成(な)さなくなる
◆命が尽きる、天寿(テンジュ、天から授かった寿命)を全(まっと)うすることなく命を失う、天寿を全うしての死を「終」、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」「【周禮注疏:卷五:〇】凡民之有疾病者分而治之死終則各書其所以而入于醫師(《注》少者曰死老者曰終…《疏》…少者則曰死似不得壽終然故曰死老者則曰終謂雖治不愈似得壽終故曰終也…)」
◆命を懸(か)ける、「死を賭トす」の意
【㘸】土3+死6=総画数9 U+3638 [サ、ザ、ソウ/] [一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死土㘸]
◆葬(ほうむ)る、遺体を土に埋める、同「葬」
【屍】尸3+死6=総画数9 U+5C4D [シ/しかばね、かばね] [コノ丿尸一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死屍]
◆(横たわった)死体、同簡「尸」
【𣩾】歹4+死16=総画数20 U+23A7E [コウ/] 【薨】[サ十2艹艹艹人𠆢一亼口𠮛合荅サ十2艹艹艹ワ冖𫇦一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死𣩾]
◆諸国の君主や領主の死、「【禮記注疏(禮記正義):曲禮下】天子死曰崩諸侯曰薨大夫曰卒士曰不祿庶人曰死」
◆「𣩾𣩾(コウコウ)」、たくさんの虫が群れ飛ぶ時の音
【毙】比4+死6=総画数10 U+6BD9 [ヘイ、ベ/たお・れる] 【斃】[ヒ𠤎匕2比一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死毙]
◆疲れてぼろぼろになる、ぼろぼろになって使いものにならなくなる、同「弊」
◆ぐったりして倒れる、死ぬ、同「獘」
【臰】自6+死6=総画数12 U+81F0 [シュウ、シュ/] [目自一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死臰]
◆不快な臭(にお)い、嫌(いや)な臭い、同「臭」
【𧵲】貝7+死6=総画数13 U+27D72 [ボウ、モ、ム/] 【貿𧴵𧶝𧶻𧵍贸】[一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死目ハ貝𧵲]
◆金品を交換する、売買する、交易する、またそれによって利益を得る
【𩫓】高10+死6=総画数16 U+29AD3 [コウ/] [亠口冂口冋2高一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死𩫓]
◆枯(か)れる、水分を失って乾涸(ひから)びる、同「槀」
【𣦼】歹5+2=総画数7 U+239BC [サン、ザン/] 【𣦻】[ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼]
◆穿(うが)つ、「【字彙:辰集:歹部:𣦻】昨于切音殘{⿰𣦵攵}穿也𣦼與上同…」
【𠡡】力2+𣦼7=総画数9 U+20861 [サン、ザン/] 【𠡹】[ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼カ力𠡡]
◆切る、削(そ)ぐ、傷付ける
【㛑】女3+𣦼7=総画数10 U+36D1 [サン/] 【𡛒𡛝】[ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼女㛑]
◆(女性が)美しいさま
【𢂺】巾3+𣦼7=総画数10 U+220BA [セン/] [ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼巾𢂺]
◆纏(まと)めた髪を包む(覆う)ための布、頭巾(ズキン)、同「絡頭(ラクトウ)」、同「帞」「幧」「幓」「㡑」、「【方言:第四】絡頭帞頭也(音貊)紗繢䰎帶(羌位反)䰂帶(音菜)𢂺(音綪亦千)㡋(於怯反)幧頭也自關以西秦晉之郊曰絡頭南楚江湘之間曰帞頭自河以北趙魏之間曰幧頭或謂之𢂺或謂之㡋其遍者謂之䰎帶(今之偏曡幧頭也)或謂之䰂帶(䰂亦結也)覆結謂之幘巾或謂承露或謂之覆䰂(結籠是也)皆趙魏之間通語也」
【粲】米6+𣦼7=総画数13 U+7CB2 [サン/] 【𥹏𥺤】[ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼米粲]
◆よく搗(つ)いて真っ白にした米
◆真っ白なさま、白く光るさま
◆明らかな、明白な
【韰】韭9+𣦼7=総画数16 U+97F0 [カイ、ゲ/] 【𩐂】[ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼一6三2非7韭韰]
◆「韰惈(カイカ)」、果敢(カカン)なさま、押し止めようとするものを撥(は)ね除(の)けて(思い切って)決断・実行するさま、同「㒠惈」
【餐】食9+𣦼7=総画数16 U+9910 [サン/] 【𩜨䬸湌飡】[ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼人𠆢、丶ヨレノ艮良食餐]
◆食べ物や飲み物、飲み食いする、同「飧」
◆食事、食事をする
【䱗】魚11+𣦼7=総画数18 U+4C57 [サン/] 【𩽐𩼇𩾍】[ト卜⺊タ夕歺ヌ又𣦼田、丶4灬魚䱗]
◆ウグイ(鯎、石斑魚)やアユ(鮎、香魚、年魚)などに似た小形でやや細身のコイ科の淡水魚、カワヒラ類、学名Hemiculter leucisculus、別名「白鰷(ハクジョウ)」「白鱎(ハクキョウ)」
【𣧄】歹4+3=総画数7 U+239C4 [ギツ、ゴチ/] [く𡿨3巛一タ夕歹𣧄]
◆川が流れるさま
【㭮】木4+𣧄7=総画数11 U+3B6E [サツ、サチ/] 【桚】[木く𡿨3巛一タ夕歹𣧄㭮]
◆指の間に円柱形の木の棒を挟(はさ)んで縛る刑、またその棒、「桚指(サッシ)」、俗「拶指」、「【清稗類鈔(テキスト版):兵刑類:五刑】…桚指,用之於婦人,以圓木五根為之,各長七寸,徑圓各四分五釐」
【㳨】水3+𣧄7=総画数10 U+3CE8 [サツ/] 【𣴖】[シ氵く𡿨3巛一タ夕歹𣧄㳨]
◆水しぶき、飛沫、水しぶきが降りかかる、水しぶきが飛び散る、同「濺」
【殄】歹4+5=総画数9 U+6B84 [テン、デン/] 【𣧢𣧠𣦺】[一タ夕歹人𠆢ノ丿3彡㐱殄]
◆尽きる、全てを出し切る、絶える、後に何も残らなくなる
【𧍿】虫6+殄9=総画数15 U+2737F [テン、デン/] 【蜓】[中虫一タ夕歹人𠆢ノ丿3彡㐱殄𧍿]
◆「蝘𧍿(エンテン)」、トカゲ(蜥蜴)やヤモリ(守宮)などを含むトカゲ亜目の爬虫類の総称
◆「蜻𧍿(セイテン)」、別名「蜻蛉(セイレイ、トンボ)」、トンボ目の昆虫の総称
【餮】食9+殄9=総画数18 U+992E [テツ、テチ/] [一タ夕歹人𠆢ノ丿3彡㐱殄人𠆢、丶ヨレノ艮良食餮]
◆貪(むさぼ)る、貪り食う、食べ物を余すところなく欲しがる、また必要以上に欲しがる、財は「饕」
◆「饕餮(トウテツ)」◇財を貪り食を貪るさま、貪欲なさま、またそのような人◇怪獣の名、貪食(タンショク、ドンショク)で凶悪だという、またそれを彫り込んだ器(「貪食であることから邪気さえも喰ってしまう」の意のようである)
【殍】歹4+7=総画数11 U+6B8D [ヒョウ、ビョウ、ヒ、ビ、フ/] 【𣧶𣨈𦖀】[一タ夕歹ノツ爪爫爫子孚殍]
◆飢え死にする、餓死した人
◆草木が枯れる、枯れ落ちる、同「莩」「𦭼」
【𦹡】艸3+殍11=総画数14 U+26E61 [ヒョウ、ビョウ/] [サ十2艹艹艹一タ夕歹ノツ爪爫爫子孚殍𦹡]
◆草木が枯れる、枯れ落ちる、同「𦭼」「莩」
【𣨑】歹4+7=総画数11 U+23A11 [エイ、アイ/たお・れる、たお・す] 【殪𡔸𣩉】[土士ワ冖一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死𣨑]
◆死ぬ、倒れる
◆殺す、倒す
◆命が尽きる、絶える、尽きる
【𡔸】土3+𣨑11=総画数14 U+21538 [エイ、アイ/たお・れる、たお・す] 【殪𣨑𣩉】[土士ワ冖一タ夕歹ヒ七𠤎匕𡖅死𣨑㘸𡔸]
◆死ぬ、倒れる
◆殺す、倒す
◆命が尽きる、絶える、尽きる
【殘】歹4+8=総画数12 U+6B98 [サン、ザン/のこ・る、のこ・り、のこ・す] 【残】[一タ夕歹一、丶弋ノ丿戈戔残殘]
◆傷付ける、害(ガイ)する、壊(こわ)す
◆踏(ふ)み付けにする、平気で人に危害を加える
◆酷(むご)い
◆必要なものを取り除いた余り、必要なものを満たすために不足している分量
【䉔】竹6+殘12=総画数18 U+4254 [サン/] 【𥴷】[竹一タ夕歹一、丶弋ノ丿戈戔残殘䉔]
◆竹を切り削り細長くしたもの、竹籤(たけひご)、同「籤」「𥵞」
【飱】食部
【殢】歹4+11=総画数15 U+6BA2 [テイ、タイ/] [一タ夕歹ノ十2廿L乚ワ冖巾帯帶殢]
◆極めて困難な
◆留(とど)まる
◆気ままにさせる
【𢤔】心4+殢15=総画数19 U+22914 [セイ、セ/] 【懘𢤅】[一タ夕歹ノ十2廿L乚ワ冖巾帯帶殢心𢤔]
◆音が滞って五声(ゴセイ、日本や中国で用いた音階)が合わない
【殤】歹4+11=総画数15 U+6BA4 [ショウ/] 【殇】[一タ夕歹ノ丿一𠂉日一旦万ノ𠃌勹23勿昜殤]
◆未成人(十九歳以下)の死、早死にする、夭折(ヨウセツ)する、十九歳から十六歳までの死を「長殤」、十五歳から十二歳までを「中殤」、十一歳から八歳までを「下殤」、合わせて「三殤」という、八歳に満たない死を「無服の殤」、「【儀禮經傳通解:儀禮經傳通解續卷一】傳曰…年十九至十六為長殤十五至十二為中殤十一至八歳為下殤不滿八歳以下為無服之殤」
【𧀫】艸3+殤15=総画数18 U+2702B [チョウ、トウ/] 【薚䓪】[サ十2艹艹艹一タ夕歹ノ丿一𠂉日一旦万ノ𠃌勹23勿昜殤𧀫]
◆「蓫𧀫(チクトウ)」、ヤマゴボウ(山牛蒡)、ヤマゴボウ科の草


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 歹部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です