総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「漢字林(非部首部別) 食部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 食部」 [部首索引


食9+0=総画数9 U+98DF [ショク、ジキ、シ、ジ、イ/た・べる、く・う、く・らう、は・む] 𠊊𩚁𩚀𩚃𠋑𨢁
◆(固形の食べ物を)口の中でよく噛んで胃に入れる、よく噛んで胃に入れるもの、噛まずに胃に入れるのは「飲」
◆(生きていくために必要な食べ物を得るための)俸禄(ホウロク、労働などの対価として支払われる金銭や食料など)
◆(虫が葉を食うように)侵(おか)されていく、少しずつ欠けていく、同「蝕」
◆齧(かじ)ったように弓形に欠ける、「日食」「月食」
◆飯など(食べ物)を与える、飯など(食べ物)を与えて養う、同「飼」
◆しょく、部首名
筆順
𠩸食9+厂2=総画数11 U+20A78 [キ、ギ/] 饋馈𩟱
◆食べ物や金品を人に贈る、またその贈り物、同「餽」
◆食事、食べ物、食事や食べ物を勧(すす)める
◆送る、送り届ける
食9+口3=総画数12 U+55B0 [サン、ソン/く・う、くらう]
◆食べる
筆順
食9+水3=総画数12 U+6E4C [サン/] 餐𩜨䬸飡
◆食べ物や飲み物、飲み食いする
◆食事、食事をする
𤸤食9+疒5=総画数14 U+24E24 [ショク、ジキ/] 𤸐
◆蝕(むしば)まれる、虫食う、同「蝕」
食9+竹6=総画数15 U+7BD2 [식シク/]
◆[韓]「筽篒島(오식도オシット)」、地名、全羅北道(전라북도チョルラプクト)群山市(군산시クンサンシ)
食9+艸3=総画数12 U+44F9 [イ/す・える] 饐𩚂䬥
◆飯などの食物が傷む、食物の味が変わったり異臭がしたりする
食9+虫6=総画数15 U+8755 [ショク、ジキ/むしば・む] 蚀𧐂
◆虫食う
◆(虫が葉を食うように)侵(おか)されていく、少しずつ欠けていく、同「食」
◆月や太陽などの天体が他の天体の影になって欠ける
筆順
𨢁食9+酉7=総画数16 U+28881 [ショク、ジキ、シ、ジ、イ/た・べる、く・う、く・らう、は・む] 食𠊊𩚁𩚀𩚃𠋑
◆(固形の食べ物を)口の中でよく噛んで胃に入れる、よく噛んで胃に入れるもの、噛まずに胃に入れるのは「飲」
◆(生きていくために必要な食べ物を得るための)俸禄(ホウロク、労働などの対価として支払われる金銭や食料など)
◆(虫が葉を食うように)侵(おか)されていく、少しずつ欠けていく、同「蝕」
◆齧(かじ)ったように弓形に欠ける、「日食」「月食」
◆飯など(食べ物)を与える、飯など(食べ物)を与えて養う、同「飼」
𨩭食9+金8=総画数17 U+28A6D [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:金部:𨩭】"𩛒"的讹字」「【中華字海:金部:𨩭】同"饱"」
𩩶食9+骨10=総画数19 U+29A76 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:骨部第十四:*{⿰骨飬}𩩶】二俗于鹽于焰二反正作饜飽也(《欽定四庫全書》本では「*𩪴」)
食3+0=総画数3 U+9963 [/] 飠𩙿
◆しょく、しょくへん、部首名、「食」が偏ヘン(漢字の左部)にある時の簡体字形
饣3+虫6=総画数9 U+8680 [ショク、ジキ/むしば・む] 蝕𧐂
◆虫食う
◆(虫が葉を食うように)侵(おか)されていく、少しずつ欠けていく、同「食」
◆月や太陽などの天体が他の天体の影になって欠ける
食8+2=総画数10 U+98E2 [キ/う・える] 𩚑𩚐𩚎
◆食べ物が足りず腹をすかす、同「饑」、腹をすかし痩せ衰えるのは「餓」
◆穀物が不作で食糧が不足する、同「饑」、穀物以外の作物が不足するのは「饉」
筆順
飢10+匚2=総画数12 U+3533 [キ/] 簋𦹧𥁬𣌽㔲𠥗𣪘𣪕
◆穀物などを盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器 {食器(簋)}
食8+2=総画数10 U+98E4 [シ、ジ/]
◆家畜に餌(えさ)を与える、子供に食べ物を与える、同「飼」
◆食う、同「食」
𠥗飤10+匚2=総画数12 U+20957 [キ/] 簋𦹧𥁬𣌽㔲㔳𣪘𣪕
◆穀物などを盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器 {食器(簋)}
𧐂飤11+虫6=総画数17 U+27402 [ショク、ジキ/むしば・む] 蝕蚀
◆虫食う
◆(虫が葉を食うように)侵(おか)されていく、少しずつ欠けていく、同「食」
◆月や太陽などの天体が他の天体の影になって欠ける
食9+3=総画数12 U+98E7 [ソン/] 𩚏飱𩛈
◆夕食、夕食に出される料理、朝食は「饔」
◆粥(かゆ)、米・麦などの穀物を多めの水で炊いたり或いは煮たりして柔らかくしたもの
飧12+艸3=総画数15 U+8575 [ソン/] 薞𦻂
◆「蕵蕪ソンブ」、スイバ(酸葉)、タデ科ギシギシ属の草、同「酸模サンボ」「【爾雅注疏:釋草】須(蕦)薞蕪(注薞蕪似羊蹄葉細味酢可食)」 {スイバ}
食9+4=総画数13 U+98EA [ジン、ニン/] 餁饪𤏼𤇲㶵
◆柔らかくなるまでよく煮込む、同「䭃」「䏕」
𤏼飪13+火4=総画数17 U+243FC [ジン、ニン/] 飪餁饪𤇲㶵
◆柔らかくなるまでよく煮込む、同「䭃」「䏕」
食9+4=総画数13 U+98F1 [ソン/] 飧𩚏𩛈
◆夕食、夕食に出される料理、朝食は「饔」
◆粥(かゆ)、米・麦などの穀物を多めの水で炊いたり或いは煮たりして柔らかくしたもの
飱13+艸3=総画数16 U+859E [ソン/] 蕵𦻂
◆「薞蕪ソンブ」、スイバ(酸葉)、タデ科ギシギシ属の草、同「酸模サンボ」「【爾雅注疏:釋草】須(蕦)薞蕪(注薞蕪似羊蹄葉細味酢可食)」 {スイバ}
食8+5=総画数13 U+98FE [ショク、シキ/かざ・る、かざ・り] 饰𩚍餝𩛙餙𩜓
◆表面(人の目に触れるところ)の汚れや不要なものを取り去って、また粗削りなところに手を加えて、美しくする、「修飾シュウショク」
◆上から覆(おお)って美しく見せる、外見をよくする
筆順
飾13+竹6=総画数19 U+7C42 [ショク、シキ/]
◆人名用字、「錢籂センショク「【四庫全書總目提要:集部四十五:總集類存目二:吳越錢氏傳芳集】明錢筠錢籂同編」
𩚴食9+5=総画数14 U+296B4 [エツ、オチ/] 𩜌
◆豆に砂糖などを加えた甘い餡アン(饅頭や菓子などの中に詰めるもの)、「豆沙餡トウサアン」、同「𧯡」
𡁄𩚴14+口3=総画数17 U+21044 [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷九:入聲上:迄第九:𠽵𡁄】喉中鳴」
食9+6=総画数15 U+990A [ヨウ/やしな・う] 养𩛬𢼝𢽁䍩
◆人・家畜・植物などが育つために必要なものを与える、また与えて大きく立派に育てる
◆人が立派に育つために必要なことを教える、また教え導く
筆順
𡒶養15+土3=総画数18 U+214B6 [/こやし] 𡏆
◆[日]地名用字 {和製漢字の辞典:土部:𡒶}
養15+心3=総画数18 U+61E9 [ヨウ/]
◆~したいという思い、~したいという抑えきれない気持ち、同「癢」
養15+手3=総画数18 U+6501 [ヨウ/]
◆動き始める
養15+水3=総画数18 U+7001 [ヨウ/] 𤂡
◆水が果(は)てしなく広がっているさま、またどこまでも流れ行くさま、「瀁瀁ヨウヨウ」「瀇瀁オウヨウ」「沆瀁コウヨウ」「滉瀁コウヨウ」、同「漾」
筆順
養15+疒5=総画数20 U+7662 [ヨウ/] 𤻰𤸜
◆むず痒(かゆ)い、痒み、同「痒」
◆無性ムショウに、~したいという気持ちを抑えきれない
◆簡「痒」
筆順
養15+石5=総画数20 U+7922 [未詳/]
◆未詳
𧓲養15+虫6=総画数21 U+274F2 [ヨウ/]
◆アリ(蟻、アリ科の昆虫)、またアリの類、同「蛘」「螘」「【集韻:卷六:上聲下:養第三十六:蛘𧓲蟓】…北燕人謂蚍蜉曰蛘或从養从象」
𩁥養15+隹8=総画数23 U+29065 [未詳/]
◆未詳「【墨子閒詁:卷十:經說上第四十二】為(句)欲𩁥其指(畢云𩁥卽難異文張從之案字書無𩁥字畢說不知何據…竊疑並當爲𣃈之譌…經下篇𣃈指謂斫手指𣃈脯謂斫乾脯也)」「【中華字海:隹部:𩁥】同"𣃈"」
𩪴養15+骨10=総画数25 U+29AB4 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑《欽定四庫全書》本:卷四:骨部第十四:*𩪴𩩶】二俗于鹽于焰二反正作饜飽也(《中國國家圖書館藏宋刻本》では*{⿰骨飬})
養15+魚11=総画数26 U+9C76 [ショウ、ソウ/ふか]
◆魚の干物(ひもの)、同「鯗」
◆[日]フカ(鱶)、一般には大形のサメ(鮫)を指す
筆順
食9+7=総画数16 U+9910 [サン/] 𩜨䬸湌飡
◆食べ物や飲み物、飲み食いする
◆食事、食事をする
筆順
餐16+火4=総画数20 U+7218 [サン/]
◆未詳「【漢語大字典:火部:爘】野炊」
𩽐餐16+魚11=総画数27 U+29F50 [サン/] 䱗𩼇𩾍
◆ウグイ(鯎・石斑魚)やアユ(鮎・香魚・年魚)などに似た小形でやや細身のコイ科の淡水魚、カワヒラ類、学名Hemiculter leucisculus、別名「白鰷ハクジョウ」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 食部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です