総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「匚部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 匚部」 [部首索引


匚2+0=総画数2 U+531A [ホウ/] 𠤬𠥓
◆物を入れて置く四角い容器
◆はこがまえ、部首名
注解:「匸」
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+0=総画数2 U+5338 [ケイ、ゲ/]
◆(周りを覆って)人の目に触れないように隠(かく)す「【說文解字注:匸部:匸】衺徯有所㚒臧也(㚒各本作俠今正衺者■也徯者待也㚒者盜竊褱物也…)」
◆かくしがまえ、部首名
注解:「匚」
漢字林(非部首部別)
筆順
𠤬匚2+0=総画数2 U+2092C [ホウ/] 匚𠥓
◆物を入れて置く四角い容器
匚2+2=総画数4 U+5339 [ヒツ、ヒチ、ヒキ/]
◆一対ツイになる、二つで一組になる
◆対になること、互いに釣り合いが取れること、「匹敵ヒッテキ(釣り合うこと、対等であること、またその相手)」
◆「匹配ヒッパイ」◇対になること、釣り合いが取れるように互いを組み合わせる(結び付ける)こと◇夫婦になること
◆一対になるものの片方、相手
◆「匹夫・匹婦ヒップ」◇一人の男性、女性◇一般の(庶民の)男性、女性
◆動物を数える言葉、同「疋」
◆布の長さの単位、1匹=4丈
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+2=総画数4 U+533A [ク、オウ、ウ/]
◆ある大きさのものを幾つかに別(わ)ける、仕切(しき)る
◆周りを仕切ったところ、他から仕切られたところ
◆行政上の地域の単位
◆小さいさま、細かいさま
◆戦国時代(前5世紀~前221年)の齊国(前386年~前221年)の容量の単位、1区オウ=4豆=1斗4升 {各種単位}
漢字林(非部首部別)
筆順
𠤭匚2+2=総画数4 U+2092D [未詳/]
◆未詳
匚2+3=総画数5 U+531B [キュウ、グ/ひつぎ] 柩𠥂𣡛匶𠥬
◆遺体が収(おさ)められた棺(ひつぎ)、また棺に収められた遺体「【禮記注疏(禮記正義):卷四:曲禮下】在牀曰尸(《注》尸陳也言形體在也)在棺曰柩(《注》柩之言究也)」
漢字林(非部首部別)
匚2+3=総画数5 U+531C [イ/] 𠤷
◆水などを注(そそ)ぐための注ぎ口がついた器 {食器(水器 匜)}
漢字林(非部首部別)
匚2+3=総画数5 U+531D [ソウ/]
◆周(めぐ)る、一回(ひとまわ)りする、同「帀」「迊」「浹」
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+3=総画数5 U+531E [ショウ、ゾウ/たくみ]
◆木工の技術を持つ職人、(優すぐれた)手仕事の技術を持つ職人
◆技芸の巧(たく)みなさま、技芸に秀(ひい)でているさま、またそのようなもの(作品)、またそのような人
口部
匚2+4=総画数6 U+531F [コウ/]
◆下から暖気を送って温かくできる寝床や座席、別名「炕牀、炕床コウショウ」
匚2+4=総画数6 U+5320 [ショウ、ゾウ/たくみ]
◆木工の技術を持つ職人、(優すぐれた)手仕事の技術を持つ職人
◆技芸の巧(たく)みなさま、技芸に秀(ひい)でているさま、またそのようなもの(作品)、またそのような人
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+4=総画数6 U+5321 [キョウ、コウ/ただ・す] 匩𠥆
◆四角い箱状の籠(かご)、同「筐」
◆本来の形に正(ただ)す、誤りを正す
◆救う、助ける
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+4=総画数6 U+5322 [コツ、コチ/]
◆古い時代の(古い)容器、「匢董・古董コトウ」
𠤮匚2+4=総画数6 U+2092E [カン、ゴン/]
◆物を盛る器
漢字林(非部首部別)
𠤯匚2+4=総画数6 U+2092F [ハイ、ヘ/さかずき] 杯㮎盃桮𠥀𠥧
◆酒・茶・スープsoupなどの液状の飲み物を飲むための器の総称、一般に手に持てる程度の大きさのものでやや浅めの器 {食器(杯・盃)}
◆液体の入った容器の数また容器に液体を満たした回数を表す語
𠤰匚2+4=総画数6 U+20930 [ソウ、ズ/]
◆米を研(と)いだり蒸したりするための笊(ざる)、同「䉛」「籔」「𥯴」「𥯩」
𠤱匚2+4=総画数6 U+20931 [フ、ホ/] 簠𦻌𧁔盙𠤳
◆穀物などの食物を盛る足付きの長方形の祭器 {食器(簠)}
𠥮匚2+4=総画数6 U+2096E [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:匚部:𠥮】同"㔷(陋)"」
𠥯匚2+4=総画数6 U+2096F [テイ、タイ/] 抵拞𢪔
◆至る、届く、着く
◆突き当たる、当たる、触れる、「抵触テイショク」、同「牴」「觝」
◆当たる、相当する
◆「𠥯挡テイトウ」、食(く)い止める、押し止(とど)める、防ぎ止める
◆「大𠥯タイテイ」、凡(おおよ)そ、大体、ほぼ、大略タイリャク
匚2+5=総画数7 U+352F [サン、セン、ゼン/]
◆(竹製の)四角い箱、同「笥」
◆米を研(と)いだり蒸したりするための笊(ざる)、同「籔」「䉛」「𥯴」「𥯩」「𠤰」
匚2+5=総画数7 U+3530 [コウ、ゴウ/つね、つね・に] 恆恒𢘆𢛢𠄨
◆(過去から現在・未来に亘って長い間、端から端まで)途切れることなく連なっている、変わることなく繋(つな)がっている、同「亙」
◆常に、常に一定の、変わることなく
匚2+5=総画数7 U+3537 [ロウ、ル/]
◆未詳「【說文解字:匸部:㔷】側逃也…一曰箕屬」
漢字林(非部首部別)
匚2+5=総画数7 U+5323 [コウ、ギョウ、ゴウ/はこ]
◆物を整理収納するための小箱、「匱キ」より小さく「匵トク」より大きいもの「【六書故:第二十六:{⿷匚䝿}】今通㠯藏器之大者爲{⿷匚䝿}次爲匣小爲匵」 {什器(箱)}
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+5=総画数7 U+5324 [キョク、コク/]
◆物を整理収納するための小箱、同「匣」
漢字林(非部首部別)
匚2+5=総画数7 U+5325 [ヘン、ベン、ハン、ボン/]
◆ものを入れる(盛る)竹製の蓋(ふた)付きの器
匚2+5=総画数7 U+533B [イ/]
◆弓や弩ド(機械仕掛けの弓)の矢を入れる容器
◆病気を治(なお)す、また病気を治療する人、同繁「醫」、同「毉」
漢字林(非部首部別)
筆順
𠤳匚2+5=総画数7 U+20933 [フ、ホ/] 簠𦻌𧁔盙𠤱
◆穀物などの食物を盛る足付きの長方形の祭器 {食器(簠)}
𠤵匚2+5=総画数7 U+20935 [セイ、ショウ/]
◆同「生」、唐の則天武后ソクテンブコウ(武則天ブソクテン、624年~705年)が定めた則天文字の一つ
𠤷匚2+5=総画数7 U+20937 [イ/]
◆水などを注(そそ)ぐための注ぎ口がついた器 {食器(水器 匜)}
注解:「【柳河東集:卷七:南嶽大明寺律和尚碑】…𠤷(音移盥器也…)」
匚2+6=総画数8 U+5326 [キ/]
◆蓋(ふた)付きの小箱、同「匣」
匚2+6=総画数8 U+533C [コウ、キョウ/]
◆頭巾ズキン、「烏匼ウコウ(黒色の頭巾、別名烏巾ウキン)」
◆「匼匝・𠥕匝・鉿匝コウソウ」、周(まわ)りを巡(めぐ)らす、囲(かこ)む
𠤸匚2+6=総画数8 U+20938 [ヨウ/]
◆鼓(つづみ)、同「𩋃」
𠤺匚2+6=総画数8 U+2093A [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:子集補遺:匸部:𠤺】《龍龕》徒聊切田器也(「【龍龕手鑑:卷一:匚部第八十四:{⿷匚(⿰亻■)}】俗𠤼正玉篇音徒又徒弔反田噐也」を指すものと思われるが、やや字形が異なる)
𠤻匚2+6=総画数8 U+2093B [ハ、ハン、バン/ま・く] 播𢿥𨤏
◆種を広く均一に撒(ま)く、ばらばらと撒き散らす、散布する
◆振ってぱらぱらと散らす
◆広く行き亘(わた)らせる、布告する、同「譒」
◆散り散り(ちりぢり)になって逃げる
𧈟虫部
匚2+7=総画数9 U+5327 [キョウ/]
◆(竹製の、比較的小さい、蓋ふた付きの)直方形の(四角い)箱、衣類や書物などを入れる、同「篋」
漢字林(非部首部別)
匚2+7=総画数9 U+5328 [ソウ、ゾウ/]
◆善い、良い、上手(うま)い、同「臧」
◆しまう、周りが囲まれていて外からは見えないところ(箱や蔵など)に入れる、また中に入れて隠す、同「蔵」
漢字林(非部首部別)
匚2+7=総画数9 U+5329 [キョウ、コウ/ただ・す] 匡𠥆
◆四角い箱状の籠(かご)、同「筐」
◆本来の形に正(ただ)す、誤りを正す
◆救う、助ける
漢字林(非部首部別)
匚2+7=総画数9 U+533D [エン、オン/]
◆覆(おお)い隠(かく)す、人目に触れることがないように周りを囲ってものを隠す
◆雨水や汚水を流す暗渠アンキョ(覆いをした水路)
漢字林(非部首部別)
𠤼匚2+7=総画数9 U+2093C [チョウ、ジョウ/] 𠥑
◆農作業に使う籠(かご)、刈り取った収穫物や除草した草などを入れて運ぶためのもの、同「蓧」「莜」「【說文解字注:匚部:𠤼】田器也(艸部曰莜𦶮田器也𠤼與莜音義皆同葢一物也)」「【集韻:卷八:去聲下:嘯第三十四:莜蓧𠤼𠥑𥁮】說文艸田器引論語以杖荷莜或从條」
𠤽匚2+7=総画数9 U+2093D [未詳/]
◆未詳「【正字通:子集下:匚部:𠤽】舊註見𡨈王石鼓文音義未詳按石鼓文有卥音條艸木實𠂹也𠤽卽卥之譌文不必載一曰𠧴字之譌省作𠤽」
𠥀匚2+7=総画数9 U+20940 [ハイ、ヘ/さかずき] 杯㮎盃桮𠤯𠥧
◆酒・茶・スープsoupなどの液状の飲み物を飲むための器の総称、一般に手に持てる程度の大きさのものでやや浅めの器 {食器(杯・盃)}
◆液体の入った容器の数また容器に液体を満たした回数を表す語
𠥂匚2+7=総画数9 U+20942 [キュウ、グ/ひつぎ] 柩匛𣡛匶𠥬
◆遺体が収(おさ)められた棺(ひつぎ)、また棺に収められた遺体「【禮記注疏(禮記正義):卷四:曲禮下】在牀曰尸(《注》尸陳也言形體在也)在棺曰柩(《注》柩之言究也)」
𠥄匚2+7=総画数9 U+20944 [シン、ジン/はなは・だ、はなは・だしい、いた・く] 甚𠯕
◆(本来そこまで立ち入るべきではないところにまで)深入りする、度が過ぎる
◆度を超えて、非常に、極めて、とても、とっても
◆なにwhat、同「什」
𠥆匚2+7=総画数9 U+20946 [キョウ、コウ/ただ・す] 匡匩
◆四角い箱状の籠(かご)、同「筐」
◆本来の形に正(ただ)す、誤りを正す
◆救う、助ける
漢字林(非部首部別)
𠥱匚2+7=総画数9 U+20971 [ゲツ、ゴチ/]
◆同「月」、唐の則天武后ソクテンブコウ(武則天ブソクテン、624年~705年)が定めた則天文字の一つ
𠥴匚2+7=総画数9 U+20974 [カン、ゴン/]
◆水の中に沈む、水に沈める、水に浸(ひた)す、同「浛」
匚2+8=総画数10 U+3531 [ユ/] 庾𢈔
◆刈り取ったイネ(稲)などの穀物を集め野積みにしたもの、物を集めて野晒(のざら)しのまま置くところ、同「㢏」
◆戦国時代斉国(セイ、前386年~前221年)の容量の単位、1庾=2釜半=160升=16斗「【康熙字典:卯集下:斗部:斞】《小爾雅》四豆爲區四區曰釜二釜有半曰庾(「豆・區・釜」は戦国時代斉国の容量の単位で、1釜=4區、1區=4豆、1豆=4升)
匚2+8=総画数10 U+532A [ヒ/]
◆竹製の長方形の箱
◆乱暴非道ランボウヒドウなさま、またそのような人、「匪徒ヒト」「匪賊ヒゾク」
◆~ではない、否定を表す言葉、同「非」
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+8=総画数10 U+532B [コツ、コチ/]
◆古い時代の(古い)容器、「匫董・古董コトウ」
匚2+8=総画数10 U+533F [ジョク、ニョク、トク/かくま・う、かく・す]
◆箱などの中(上下四周が囲われていてどこからも人目に触れることがないところ)に人や物を隠す
◆人の目には触れないように上下四周が囲われているところに入れる、また入る
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+8=総画数10 U+9FA8 [未詳/]
◆未詳「【通雅:卷十六:地輿(地名異音)】離𡺾即堆…書離碓集韻堆又作龨𣳨…」
漢字林(非部首部別)
𠥉匚2+8=総画数10 U+20949 [ヘイ/]
◆小さい籠、また笊(ざる)、同「箄」
𠥊匚2+8=総画数10 U+2094A [キ/み] 箕𥫶𥫚𠀠𠔋𠀮𡿸𠔛𠔐𠔝𢍌𢌰𠴩𠵶𠷛𦋊𠥩
◆穀類を入れ上下に揺すりながら、軽い糠(ぬか)や殻(から)や塵(ごみ)などを取り除くための籠(かご)
◆二十八宿東方青龍セイリュウの第七宿 {二十八宿}
◆「𠥊踞キキョ」、腰を下ろし両足を前へ投げ出すようにして座る、膝を曲げることはあっても足は組まない座り方、同「踑踞」 {姿勢(座)}
𠥋匚2+8=総画数10 U+2094B [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:匚部:𠥋】同匫見篇海」
𠥌匚2+8=総画数10 U+2094C [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:匚部:𠥌】幇米切音彼田器也」
𠥶匚2+8=総画数10 U+20976 [テイ、タイ/] 㔸𠥃
◆「匾𠥶ヘンテイ」、物の薄いさま、扁平なさま、同「匾𨔛」
匚2+9=総画数11 U+532C [ユ/]
◆「甌匬オウユ」、十六斗が入るという大きな容器、同「斞」
匚2+9=総画数11 U+532D [キ/]
◆蓋(ふた)付きの小箱、同「匣」
匚2+9=総画数11 U+532E [キ、ギ/]
◆物を収納するための蓋付きの箱、「匣」より大きいもの、同「櫃」「【六書故:第二十六:{⿷匚䝿}】今通㠯藏器之大者爲{⿷匚䝿}次爲匣小爲匵」
◆貯(たくわ)えが底を突く、尽きる、乏(とぼ)しい
匚2+9=総画数11 U+533E [ヘン/]
◆物の薄いさま、扁平なさま
◆建物の入口や門の上部に掲げる額ガク
漢字林(非部首部別)
匚2+9=総画数11 U+5340 [ク、オウ、ウ/]
◆ある大きさのものを幾つかに別(わ)ける、仕切(しき)る
◆周りを仕切ったところ、他から仕切られたところ
◆行政上の地域の単位
◆小さいさま、細かいさま
◆戦国時代(前5世紀~前221年)の齊国(前386年~前221年)の容量の単位、1区オウ=4豆=1斗4升 {各種単位}
漢字林(非部首部別)
筆順
𠥎匚2+9=総画数11 U+2094E [イ/とばり] 帷𠥛
◆目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす布、上部を覆い被(かぶ)せるように張る布は「幕」、同「幃」「【說文解字:巾部:幕】帷在上曰幕覆食案亦曰幕」
匚2+10=総画数12 U+3533 [キ/] 簋𦹧𥁬𣌽㔲𠥗𣪘𣪕
◆穀物などを盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器 {食器(簋)}
匚2+10=総画数12 U+3538 [テイ、タイ/] 𠥶𠥃
◆「匾㔸ヘンテイ」、物の薄いさま、扁平なさま、同「匾𨔛」
𠥃匚2+10=総画数12 U+20943 [テイ、タイ/] 㔸𠥶
◆「匾𠥃ヘンテイ」、物の薄いさま、扁平なさま、同「匾𨔛」
𠥐匚2+10=総画数12 U+20950 [ソウ/]
◆古器、未詳「【說文解字注:匚部:𠥐】古器也」
𠥑匚3+10=総画数13 U+20951 [チョウ、ジョウ/] 𠤼
◆農作業に使う籠(かご)、刈り取った収穫物や除草した草などを入れて運ぶためのもの、同「蓧」「莜」「【說文解字注:匚部:𠤼】田器也(艸部曰莜𦶮田器也𠤼與莜音義皆同葢一物也)」「【集韻:卷八:去聲下:嘯第三十四:莜蓧𠤼𠥑𥁮】說文艸田器引論語以杖荷莜或从條」
𠥒匚2+10=総画数12 U+20952 [トウ/] 𠚘𠚜𠚡𠚞𠥪𤔱𦦪
◆古器、未詳
𠥓匚2+10=総画数12 U+20953 [ホウ/] 匚𠤬
◆物を入れて置く四角い容器
𠥔匚2+10=総画数12 U+20954 [未詳/]
◆未詳「【五音集韻:卷七:賄第十一:𠥔】囘也」
漢字林(非部首部別)
𠥕匚2+10=総画数12 U+20955 [コウ、キョウ/]
◆「𠥕匝・匼匝・鉿匝コウソウ」、周(まわ)りを囲(かこ)む「【初學記:卷二十五:器用部:鏡第九】梁劉緩照鏡賦(…四面迴風若流水勾欄𠥕匝似城門…)」
𠥗匚2+10=総画数12 U+20957 [キ/] 簋𦹧𥁬𣌽㔲㔳𣪘𣪕
◆穀物などを盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器 {食器(簋)}
匚2+11=総画数13 U+3532 [キ/] 簋𦹧𥁬𣌽㔳𠥗𣪘𣪕
◆穀物などを盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器 {食器(簋)}
匚2+11=総画数13 U+532F [カイ、エ/] 滙𣾀
◆幾つかの流れが合流する、幾つかの流れが一か所に集まる、あちこちから集まって来て一つに纏(まと)まる、同「汇」
◆廻(めぐ)る、一巡して元に戻る
◆為替(かわせ)
◆簡「汇」
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+12=総画数14 U+5330 [タン/]
◆位牌を載(の)せる器
匚2+12=総画数14 U+5331 [キ、ギ/]
◆物を収納するための蓋付きの箱、「匣」より大きいもの、同「櫃」「【六書故:第二十六:{⿷匚䝿}】今通㠯藏器之大者爲{⿷匚䝿}次爲匣小爲匵」
◆貯(たくわ)えが底を突く、尽きる、乏(とぼ)しい
漢字林(非部首部別)
筆順
匚2+12=総画数14 U+5332 [レン/] 奩匳𡙗𡚍奁
◆蓋付きの箱、身の回りの品や飯(めし)などを入れる箱、「妝奩ショウレン(化粧道具を入れる箱)」鏡奩キョウレン(鏡や化粧道具を入れる箱)」「香奩コウレン(香コウを入れる箱)」、同「籢」
𠥙匚2+12=総画数14 U+20959 [セン/]
◆「𠥙璇センセン」、盤バン(ボードboard)を使うゲームgameの一種「【方言:第五】簙謂之蔽或謂之箘(音囷)秦晉之間謂之簙吳楚之間或謂之蔽或謂之箭裏(簿著名箭廣雅云)或謂之簙毒或謂之夗專(夗於辯反專音轉)或謂之𠥙璇(或曰竹器所以整頓簿者銓旋兩音)或謂之棊所以投簙謂之枰(評論)或謂之廣平所以行棊謂之局或謂之曲道」
𠥚匚2+12=総画数14 U+2095A [コウ、ク/]
◆弓や弩ド(機械仕掛けの弓)を一杯に引く
◆弓の的(まと)、狙(ねら)いとするところ、目的とするところ
匚2+13=総画数15 U+5333 [レン/] 奩匲𡙗𡚍奁
◆蓋付きの箱、身の回りの品や飯(めし)などを入れる箱、「妝奩ショウレン(化粧道具を入れる箱)」鏡奩キョウレン(鏡や化粧道具を入れる箱)」「香奩コウレン(香コウを入れる箱)」、同「籢」
漢字林(非部首部別)
筆順
𠥛匚2+13=総画数15 U+2095B [イ/とばり] 帷𠥎
◆目隠しや仕切りなどのために周りを囲うように垂らす布、上部を覆い被(かぶ)せるように張る布は「幕」、同「幃」「【說文解字:巾部:幕】帷在上曰幕覆食案亦曰幕」
𠥝匚2+13=総画数15 U+2095D [オウ、ウ、ゴウ、グ/]
◆殴(なぐ)る、鞭(むち)・杖(つえ)・拳(こぶし)などで叩(たた)く、また打ち据(す)える、同「毆(殴)」「【龍龕手鑑:卷一:匚部第八十四:𠥝】烏口反𠥝擊也與敺同」
◆瓦器、未詳「【字彙補:子集:匚部:𠥝】吾口切音偶瓦器」
匚2+14=総画数16 U+5334 [サン/]
◆冠礼カンレイ(成人したことを認め祝う儀式、元服の礼)の際に使う冠を入れて置く竹製の蓋付の箱「【儀禮:士冠禮】爵弁皮弁緇布冠各一匴執以待于西坫南南面東上賔升則東面(…匴竹器名今之冠箱也執之者有司也坫在堂角古文匴作篹坫爲襜)」「【三禮圖集注:巻三:匴】(図あり)
◆米を研(と)いだり蒸したりするための笊(ざる)、同「㔯」「籔」「䉛」「𥯴」「𥯩」
匚2+15=総画数17 U+5335 [トク、ドク/]
◆物を収納するための(蓋付きの)小箱、「匣」より小さいもの「【六書故:第二十六:{⿷匚䝿}】今通㠯藏器之大者爲{⿷匚䝿}次爲匣小爲匵」
筆順
𠥣匚2+15=総画数17 U+20963 [ヘン/] 籩𥸅𨙢𨘚笾𠥫
◆食物を盛る竹製や藤製の高坏(たかつき、碗状また盆状の器に脚を付けたもの、「豆」という)
匚2+17=総画数19 U+5336 [キュウ、グ/ひつぎ] 柩𠥂匛𣡛𠥬
◆遺体が収(おさ)められた棺(ひつぎ)、また棺に収められた遺体「【禮記注疏(禮記正義):卷四:曲禮下】在牀曰尸(《注》尸陳也言形體在也)在棺曰柩(《注》柩之言究也)」
漢字林(非部首部別)
𠥧匚2+17=総画数19 U+20967 [ハイ、ヘ/さかずき] 杯㮎盃桮𠤯𠥀
◆酒・茶・スープsoupなどの液状の飲み物を飲むための器の総称、一般に手に持てる程度の大きさのものでやや浅めの器 {食器(杯・盃)}
◆液体の入った容器の数また容器に液体を満たした回数を表す語
匚2+18=総画数20 U+5337 [キョ、ゴ/]
◆「蟬匷センキョ」、古代の車に関するもの、未詳「【淮南鴻烈解:卷第十七:說林訓】…則推車至今無蟬匷(蝉匷車類…)」
𠥨匚2+18=総画数20 U+20968 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:子集:匚部:𠥨】明樓切音謀義無考」
𠥩匚2+18=総画数20 U+20969 [キ/み] 箕𥫶𥫚𠀠𠔋𠀮𡿸𠔛𠔐𠔝𢍌𢌰𠴩𠵶𠷛𦋊𠥊
◆穀類を入れ上下に揺すりながら、軽い糠(ぬか)や殻(から)や塵(ごみ)などを取り除くための籠(かご)
◆二十八宿東方青龍セイリュウの第七宿 {二十八宿}
◆「𠥩踞キキョ」、腰を下ろし両足を前へ投げ出すようにして座る、膝を曲げることはあっても足は組まない座り方、同「踑踞」 {姿勢(座)}
𠥪匚2+20=総画数22 U+2096A [トウ/] 𠚘𠚜𠚡𠚞𠥒𤔱𦦪
◆古器、未詳
𠥺匚2+20=総画数22 U+2097A [オウ/]
◆中国戦国時代の齊国の容量の単位、同「区」 {各種単位}
◆「𠥺銗オウコウ」◇門扉モンピに取り付ける金属製の飾り◇錏・錣・𩊱(しころ)、首回りを守るために兜(かぶと)から両肩と首筋を覆うように垂らした部分、同「錏」「鐚」、別名「錏鍜アカ」
◆「鉜𠥺・錇𠥺フウオウ」、鋲(びょう)、頭が大きい釘(くぎ)、頭に飾りを施した釘
匚2+24=総画数26 U+3536 [カン、コン、コウ、ク/]
◆小さな杯ハイ(さかずき)、同「㯯」
◆蓋(ふた)の付いた器、また箱や籠(かご)
𠥫匚2+25=総画数27 U+2096B [ヘン/] 籩𥸅𨙢𨘚笾𠥣
◆食物を盛る竹製や藤製の高坏(たかつき、碗状また盆状の器に脚を付けたもの、「豆」という)
𠥬匚2+28=総画数30 U+2096C [キュウ、グ/ひつぎ] 柩𠥂匛𣡛匶
◆遺体が収(おさ)められた棺(ひつぎ)、また棺に収められた遺体「【禮記注疏(禮記正義):卷四:曲禮下】在牀曰尸(《注》尸陳也言形體在也)在棺曰柩(《注》柩之言究也)」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 匚部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です