総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 白部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 白部」 [部首索引


白5+0=総画数5 U+767D [ハク、ビャク/しろ、しろ・い、しら] 𤼽𦣺
◆無色、雪の色、どんな色にも染まっていないさま、同「㿟」「皛」
◆曇りがないさま、汚(けが)れがないさま、清(きよ)いさま
◆何もないさま、あるがままであるさま、「白民(ハクミン、無位無官の人、庶民)」
◆隠したり飾ったり偽ったりするところがないさま
◆明らかなさま、「明白(メイハク)」
◆包み隠さず申し述べる、正直に報告する、「告白(コクハク)」
◆しろ、しろへん、部首名
白5+人2=総画数7 U+4F2F [ハク、ヒャク、ハ、ヘ/]
◆兄弟の中で一番の年長者、長兄、兄弟は年長者から順に「伯・仲・叔・季」といい、「伯」は上から一番目に当たる
◆父親の兄、弟は「叔」
◆「伯父(ハクフ、おじ)」◇父親の兄◇[日]父母の兄、父母の姉の夫
◆「伯母(ハクボ、おば)」◇父親の兄の妻◇[日]父母の姉、父母の兄の妻
◆年長者に対する尊称
◆爵位(上位から「公・侯・伯・子・男」)の第三位
◆諸侯の領袖(リョウシュウ)
白5+八2=総画数7 U+34B6 [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷一:平聲:東第一:公㒶】沽紅切說文平分也…」
白5+力2=総画数7 U+52B0 [バク、マク/]
◆勤める
白5+口3=総画数8 U+3577 [カク/]
◆大声で呼ぶ、叫ぶ、同「㗲」
𡊚白5+土3=総画数8 U+2129A [未詳/]
◆「垌𡊚(音未詳)」、川名、未詳、【维基百科wikipedia】によればミャンマーのエーヤワディー川、「【小腆紀傳:卷第三十七:列傳第三十:李定國】…還兵至孟艮會定國合兵進逼錫箔江卽垌𡊚也…」
◆[日]忍術書【萬川集海】にある忍者文字で「け」という音を表す字 {忍者文字}
白5+大3=総画数8 U+3696 [コウ、タク、ジャク/] 𡘅𤽈
◆眩(まぶ)しいほどにきらきらと光るさま、水分を含んで艶々(つやつや)しているさま、同「澤」、「【說文解字:大部:㚖】大白澤也」
白5+山3=総画数8 U+5CB6 [ハク、ヒャク/さこ]
◆「𡻟岶(バクハク)」、密(ミツ)なさま、ものが隙間(すきま)なく並ぶさま、間(ま)を置かずに繰り返されるさま、高く聳(そび)える山が次から次へ並び続くさま、同「㵹𣶎」
◆[日]山に挟(はさ)まれた狭い谷間
◆[日]「岶尾(さこお)」「大岶(おおさこ)」、地名また姓
白5+巾3=総画数8 U+5E15 [ハ、ヘ、バツ、マチ、ハク/]
◆首に掛けたり帯に挟んで垂らしたりする布、「帕首(ハシュ、首に掛け胸に垂らす飾りとする布)」「手帕(シュハ、手拭)、同「帊」
◆額から後頭部にかけて巻く鉢巻(はちまき)状の細長い布、「帕額(ハガク)」、同「袙」
白5+巾3=総画数8 U+5E1B [ハク、ビャク/]
◆(厚手の)絹布、絹織物の総称
◆白い、白い布、「布帛(フハク、白い布の総称)」
白5+廴3=総画数8 U+5EF9 [ハク、ヒャク/せま・る]
◆間近(まじか)まで近づく、間(あいだ)が狭まる、間(ま)が詰まる、「逼迫(ヒッパク)」
◆(身動きができないところまで)間を詰める、追い詰める、「強迫(キョウハク)」
白5+心3=総画数8 U+6015 [ハ、ヘ/] 𢘣𢗌𢥻
◆懼(おそ)れる、心配する、同「懼」
◆(断定はできないが)恐らく、多分
𢘣白5+心4=総画数9 U+22623 [ハ、ヘ/] 怕𢗌𢥻
◆懼(おそ)れる、心配する、同「懼」
◆(断定はできないが)恐らく、多分
白5+手3=総画数8 U+62CD [ハク、ヒャク、ヒョウ/] 𢫦
◆両手を(軽く、ぱんぱんと)打ち合せる
◆リズムrhythmや脈(みゃく)などの波状に繰り返される高低や強弱の一周期
白5+攴4=総画数9 U+6540 [ハク、ヒャク/] 𤽐
◆迫(せま)る、間近(まじか)まで近づく、同「迫」、「【廣韻:入聲:陌第二十:伯:迫】逼也近也急也附也敀上同」
𤽐白5+攴4=総画数9 U+24F50 [ハク、ヒャク/]
◆迫(せま)る、間近(まじか)まで近づく、同「迫」、「【廣韻:入聲:陌第二十:伯:迫】逼也近也急也附也敀上同」
𣆆白5+日4=総画数9 U+23186 [未詳/]
◆未詳
白5+月(肉)4=総画数9 U+80C9 [ハク/]
◆脇(わき)、胸の両側面の部分、上腕を垂らしたときに体の側面と合わさる部分、同「脇」「脅」 {人体(胴部)}
◆肩胛骨(肩甲骨、ケンコウコツ)、肩から背側にある三角形の平たい骨、同「髆」 {人体(上肢)}
白5+木4=総画数9 U+67CF [ハク、ヒャク/かしわ]
◆ヒノキ科の木、スギ(杉、スギ属)・コノテガシワ(児手柏、コノテガシワ属)・ヒバ(檜葉、アスナロ属)などを含む、同「椈」
◆大きい、「【釋名:釋車】柏車柏伯也大也丁夫服任之小車也」
◆[日]カシワ(柏、槲、檞)、ブナ科コナラ属の木 {カシワ}
𣐩白5+木4=総画数9 U+23429 [未詳/]
◆未詳
白5+水4=総画数9 U+6CC9 [セン、ゼン/いずみ] 𣹻
◆水が地表に湧(わ)き出るところ、源(みなもと)、水源(スイゲン)、またその水、同「𤽇」「湶」「洤」
◆銭(ぜに)、「湧(わ)き出た水が人々を潤すように、銭は人々の生活を潤す」の意
◆(地下に死者の世界があると考えたことから)死後の世界、「泉下(センカ、死後の世界、冥土メイド)」
◆「黄泉(コウセン)」◇地下から水が湧き出る泉◇死後の世界、冥土(メイド)
白5+水3=総画数8 U+6CCA [ハク、バク、ヒャク/と・まる] 淿
◆舟を岸に寄せて停まる、「停泊(テイハク)」
◆宿などで休む、留(とど)まる
◆湖(みずうみ)、水が打ち寄せる湖などの辺(ほとり)
◆水が浅いさま、水の浅いところ、浅瀬(あさせ)、同「洦」
◆薄いさま、淡白なさま、穏やかなさま
𤇢白5+火4=総画数9 U+241E2 [未詳/]
◆[喃]未詳
◆[日]忍術書【萬川集海】にある忍者文字で「ま」という音を表す字 {忍者文字}
白5+犬3=総画数8 U+72DB [ハク、バク/こま] 𤝡
◆獣名、未詳、オオカミ(狼)に似てよく羊を追い掛け回すいう、「【說文解字:犬部:狛】如狼善驅羊」
◆[日]こま、神社の入口の左右に二頭一対で据(す)えておく犬あるいは獅子に似た伝説上の動物、「狛犬(こまいぬ)」
𤝡白5+犬4=総画数9 U+24761 [ハク、バク/こま]
◆獣名、未詳、オオカミ(狼)に似てよく羊を追い掛け回すいう、「【說文解字:犬部:狛】如狼善驅羊」
◆[日]こま、神社の入口の左右に二頭一対で据(す)えておく犬あるいは獅子に似た伝説上の動物、「狛犬(こまいぬ)」
白5+玉4=総画数9 U+73C0 [ハク、ヒャク/]
◆「琥珀(コハク)」、マツ(松)などの樹液が化石化したもの、多くは濃い黄色で透明、宝石や薬として重用される
白5+白5=総画数10 U+3FDF [ハク、ビャク/]
◆白い、白色、同「白」
𥍡白5+矛5=総画数10 U+25361 [サク、シャク/やす] 矠𥎏
◆先の尖った矛
◆矛で突き刺して取る
𥎷白5+矢5=総画数10 U+253B7 [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:矢部第三十一:𥎷𥏆𥏸】三俗音短」
白5+石5=総画数10 U+7836 [ハク、ヒャク/]
◆「琥砶(コハク)」、マツ(松)などの樹液が化石化したもの、多くは濃い黄色で透明、宝石や薬として重用される
𥙃白5+示4=総画数9 U+25643 [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:礻部:𥙃】同"魄"」
白5+米6=総画数11 U+7C95 [ハク/かす]
◆酒などを搾(しぼ)った後に残るもの、「糟粕(ソウハク、酒粕さけかす)」、同「𨠘」
◆[日]役に立たないもの
白5+糸6=総画数11 U+7D48 [バク、ミャク/]
◆纏(まと)めた髪を包む(覆う)ための布、頭巾(ズキン)、「絈頭(バクトウ)」、同「絡頭(ラクトウ)」、同「絔」「袹」「帞」「幧」「幓」「𢂺」「㡑」
白5+羽6=総画数11 U+7FD2 [シュウ、ジュウ/なら・う、なら・わし]
◆何度も繰り返す、何度も繰り返すことによって身に付ける、同「慣」
◆なら・わし、繰り返されることで身に付いたこと、普段から繰り返し行われること、同「慣」
白5+舟6=総画数11 U+8236 [ハク、ビャク/]
◆外洋を航行できる大型の船、同「艑」、「【通俗文(服虔)】吳船日艑晉船曰舶長二十丈載六七百人艑音蒲殄反」
𦫙白5+色6=総画数11 U+26AD9 [ハ、ヘ/]
◆未詳、同「皅」、「【廣韻:去聲:禡第四十:𤝡:𦫙】色不眞也」
白5+艸3=総画数8 U+82E9 [ハ、ヘ/]
◆花、華(はな)、白い花、同「皅」「葩」
◆姓用字
𧆽白7+虍6=総画数13 U+271BD [ベキ、ミャク/] 䖑𧇅𧇻
◆白い虎
白5+衣5=総画数10 U+8899 [ハ、ヘ、バク、ミャク/]
◆額から後頭部にかけて巻く鉢巻(はちまき)状の細長い布、帕額(ハガク)、同「帕」、「【後漢書:卷四十:輿服志:輿服下】…秦雄諸侯乃加其武將首飾爲絳袙以表貴賤…」
◆帳(チョウ、とばり)、目隠しや仕切りなどのために垂らす布、同「帊」
◆[日]あこめ、公家の装束の内着、但し「衵」の誤用
白5+豸7=総画数12 U+8C83 [バク、ミャク/]
◆古代の現中朝国境付近に住んでいた民族の名、同「貈」
◆獣名、未詳、姿はクマ(熊)に似て黒白斑(まだら)で銅鉄を食べるという、同「㹮」「貘」
𨋧白5+車7=総画数12 U+282E7 [キョク、コク/] 䡞𨍯
◆直轅(チョクエン、車などに牛馬を繋ぐためのまっすぐな轅、比較的大きな車に用いる)に衡(コウ、轅の先端に取り付ける横棒)を固定するために巻き付ける革帯、同「𨏉」
◆二本の棒に土などを運ぶための籠や台を取り付けたもの、前後二人でこれを担(かつ)ぎ上げて運ぶ、同「梮」「挶」
白5+辵3=総画数8 U+8FEB [ハク、ヒャク/せま・る]
◆間近(まじか)まで近づく、間(あいだ)が狭まる、間(ま)が詰まる、「逼迫(ヒッパク)」
◆(身動きができないところまで)間を詰める、追い詰める、「強迫(キョウハク)」
𨠘白5+酉7=総画数12 U+28818 [ハク/]
◆酒粕(さけかす)、酒を搾(しぼ)った後に残る粕(かす)、同「粕」
白5+金8=総画数13 U+9251 [ハク、バク/]
◆金箔
◆白金(プラチナPlatinum、Pt)、元素名 {白金}
白5+金5=総画数10 U+94C2 [ハク、バク/]
◆金箔
◆白金(プラチナPlatinum、Pt)、元素名 {白金}
白5+鬼10=総画数15 U+9B44 [ハク、ヒャク/]
◆陰(イン)の精気、人の肉体を掌(つかさど)ると考えられたもの、同「𩲸」、陽(ヨウ)の精気で思考や感情を掌るのは「魂」
◆人の肉体
◆(細い)月、月の光
◆月の太陽の光が当たらない(薄っすらと見える)部分、同「霸」、「【演繁露:卷八:日受月光】…魄也是銀圜之背日而暗者也故闇昧無覩也其明也…」
𩲸白5+鬼9=総画数14 U+29CB8 [ハク、ヒャク/]
◆陰(イン)の精気、人の肉体を掌(つかさど)ると考えられたもの、同「魄」、「【淮南鴻烈解:卷第二十一:要畧】…撫靜其䰟𩲸…」
白5+魚11=総画数16 U+9B8A [ハク、ビャク/] 鲌𩸊𩹏
◆「紅鰭鮊(コウキハク)」、カワヒラ、コイ科カワヒラ属の魚の総称、或いはカワヒラの類、別名「白魚(ハクギョ、パイユ)」
白5+魚8=総画数13 U+9C8C [ハク、ビャク/] 鮊𩸊𩹏
◆「紅鰭鮊(コウキハク)」、カワヒラ、コイ科カワヒラ属の魚の総称、或いはカワヒラの類、別名「白魚(ハクギョ、パイユ)」
𩶑白5+魚11=総画数16 U+29D91 [ロ/] 魯鲁
◆言葉や頭の回転が鈍(のろ)いさま、鈍間(のろま)なさま、鈍(にぶ)いさま
◆周代(前11世紀~前256年)の国名、前11世紀~前249年、現山東省南部 {山東省}
白5+鳥11=総画数16 U+4CC6 [ハク、ビャク/]
◆「䳆郁」、鳥名
白5+1=総画数6 U+767E [ハク、ヒャク/もも]
◆数の名、十の十倍、ヘクトhecto {数字}
◆数(数・回数・頻度・種類など)が多いさま
◆多くの
百6+人2=総画数8 U+4F70 [ヒャク、ハク、ビャク/]
◆百人を単位とした組(集団や組織)、その組の長、五人は「伍」、十人は「什」、千人は「仟」
◆百、「百」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと) {数字}
百6+几2=総画数8 U+51EE [ホウ、フウ、フ/かぜ、かざ] 風风凬𠙊凨𠂡𠙈𠙗飌
◆大気の流れや揺らぎ {風}
◆(風に乗って)どこからともなく届いて来る話や様子
◆(風のように自然に広まる)一般的な習慣や傾向
◆譬える、似たもの
◆かぜ、部首名
百6+口3=総画数9 U+549F [カク/]
◆大声で呼ぶ、叫ぶ、同「㗲」
𡶾百6+山3=総画数9 U+21DBE [未詳/]
◆未詳
百6+巾3=総画数9 U+5E1E [バク、ミャク/]
◆纏(まと)めた髪を包む(覆う)ための布、頭巾(ズキン)、「帞頭(バクトウ)」、同「絡頭(ラクトウ)」、同「幧」「幓」「𢂺」「㡑」、「【方言:第四】絡頭帞頭也(音貊)紗繢䰎帶(羌位反)䰂帶(音菜)𢂺(音綪亦千)㡋(於怯反)幧頭也自關以西秦晉之郊曰絡頭南楚江湘之間曰帞頭自河以北趙魏之間曰幧頭或謂之𢂺或謂之㡋其遍者謂之䰎帶(今之偏曡幧頭也)或謂之䰂帶(䰂亦結也)覆結謂之幘巾或謂承露或謂之覆䰂(結籠是也)皆趙魏之間通語也」
◆「帹帞(ソウバク)」、頭を包み先端を顔に垂らすための布、同「㒾𣈯(シユ)」、「【類篇:巾部:帞】莫轄切邪巾袹頭始喪之服或从巾又莫白切博雅㒾𣈯謂之帹帞」
百6+弓3=総画数9 U+38B6 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝𢐤㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𢫦百6+手3=総画数9 U+22AE6 [ハク、ヒャク、ヒョウ/]
◆両手を(軽く、ぱんぱんと)打ち合せる
◆リズムrhythmや脈(みゃく)などの波状に繰り返される高低や強弱の一周期
百6+斗4=総画数10 U+3AB6 [コク、ゴク/] 斛𧤰
◆容量を量る大きな枡(ます)
◆容量の単位、1斛=10斗 {各種単位} {新莽嘉量} {新莽嘉量}
百6+木4=総画数10 U+6822 [ハク、ヒャク/かしわ]
◆ヒノキ科の木、スギ(杉、スギ属)・コノテガシワ(児手柏、コノテガシワ属)・ヒバ(檜葉、アスナロ属)などを含む、同「椈」
◆大きい、「【釋名:釋車】柏車柏伯也大也丁夫服任之小車也」
◆[日]カシワ(柏、槲、檞)、ブナ科コナラ属の木 {カシワ}
百6+水3=総画数9 U+6D26 [ハク、ヒャク/]
◆水が浅いさま、水の浅いところ、浅瀬(あさせ)、同「泊」
百6+犬3=総画数9 U+3E6E [バク、ミャク/]
◆獣名、未詳、姿はクマ(熊)に似て黒白斑(まだら)で銅鉄を食べるという、同「貊」「貘」
◆「𤜤㹮(タクバク)」、同「馲𩢷」、牡のロバ(驢馬)と牝のウシ(牛)との間に生まれる動物の名
百6+瓦5=総画数11 U+74F8 [/ヘクトグラム]
◆[日]ヘクトグラムhectogram(hectogramme、hg)、重量の単位、1hg=100g、「瓦(グラムgram)」と「百(倍)」を組み合わせた和製の漢字、中国では「百克」「兡(旧単位)」
百6+立5=総画数11 U+7AE1 [/ヘクトリットル]
◆[日]ヘクトリットルhectolitre(hL)、体積の単位、100000mL=10000cL=1000dL=100L=10daL=1hL、「立(立方)」と「百(倍)」を組み合わせた和製の漢字、中国でも同義で用いられたが、現代では「升」を用いる
百6+米6=総画数12 U+7CA8 [ハク、ヒャク/ヘクトメートル]
◆[日]ヘクトメートルhectometer(hectometre, hm)、長さの単位、1hm=100m、「米(メートル)」と「百(倍)」を組み合わせた和製の漢字、中国でも同義で用いられたが、現代では「百米」「公引(台湾)」
百6+糸6=総画数12 U+7D54 [ハク、ヒャク、バク、ミャク/]
◆衣服の綻(ほころ)びを繕(つくろ)う
◆結わえた髪を包むようにして巻く長い布、「絔頭(バクトウ)」、同「帞頭(バクトウ)」「帹帞(ソウバク)」「絡頭(ラクトウ)」、同「袹」「帞」「絈」
百6+虫6=総画数12 U+86E8 [バク、ミャク/]
◆「虴蛨(たくはく)」、バッタ(飛蝗)やイナゴ(蝗)などのバッタ科の昆虫の総称、別名「蜙䗥(ショウショウ)」「蚣蝑(ショウショ)」「蚱蜢(サクモウ)」
百6+衣5=総画数11 U+88B9 [バク、ミャク/]
◆「袹腹(バクフク)」、長方形の布の中央に孔を作りそこに頭を通して胸と背を覆うように着る衣服、同「裲襠(リョウトウ)」
◆纏(まと)めた髪を包む(覆う)ための布、頭巾(ズキン)、「袹頭(バクトウ)」、同「絡頭(ラクトウ)」、同「帞」「幧」「幓」「𢂺」「㡑」
百6+豸7=総画数13 U+8C8A [バク、ミャク/]
◆古代の現中朝国境付近に住んでいた民族の名、同「貈」
◆獣名、未詳、姿はクマ(熊)に似て黒白斑(まだら)で銅鉄を食べるという、同「㹮」「貘」
百6+金8=総画数14 U+9286 [ハク、ヒャク/]
◆「銆刀」、兵器の一種
百6+阜3=総画数9 U+964C [バク、ミャク、ハク/]
◆東西に通る畦道(あぜみち、田畑を区切るために土を盛り上げた小道)、同「㽘」、南北は「阡」
◆市中を通る道
◆百、「百」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと)、同「佰」 {数字}
𩢷百6+馬10=総画数16 U+298B7 [バク、ミャク/]
◆「馲𩢷(タクバク)」、同「𤜤㹮」、牡のロバ(驢馬)と牝のウシ(牛)との間に生まれる動物の名
白5+2=総画数7 U+34B5 [ボウ、ミョウ/かお] 貌䫉𧳒𧳖𧳓皃
◆顔立ちや姿や立ち振る舞い、またその外見・様子
◆外に現れ出た姿形・様子・状態、外見、外観
◆遥(はる)か遠いさま、遠く朧(おぼろ)げなさま、同「邈」
𦛤㒵7+月(肉)4=総画数11 U+266E4 [カン/]
◆未詳、「【字彙補:未集:肉部:𦛤】居欵切音管肥𦛤也」
𣴼㒵7+水3=総画数10 U+23D3C [カン、ガン/] 浣𣴟
◆濯(すす)いで汚れを洗い落とす、水を掛け流して洗う、同「澣」
𧳖㒵7+豸7=総画数14 U+27CD6 [ボウ、ミョウ/かお] 貌䫉𧳒𧳓皃㒵
◆顔立ちや姿や立ち振る舞い、またその外見・様子
◆外に現れ出た姿形・様子・状態、外見、外観
◆遥(はる)か遠いさま、遠く朧(おぼろ)げなさま、同「邈」
𨉍㒵7+身7=総画数14 U+2824D [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷二:豸部第二十三:𨉍】俗音皃」「【字彙補:酉集:身部:𨉍】音義同貌」
𨌓㒵7+車7=総画数14 U+28313 [ボウ、ミョウ/]
◆(車を)引く
白5+2=総画数7 U+3FDD [キョウ、コウ/か、かお・り、かぐわ・しい] 香𥞌𩠼稥𣌡
◆(穀物の)良い匂い、甘く芳(かぐわ)しい匂い、同「𪏽」「䅨」
◆芳(かんば)しい、甘く芳(かぐわ)しい
◆甘く良い匂いを発するもの
◆美味(おい)しい、美味しいそうな匂い
𣪕㿝7+殳4=総画数11 U+23A95 [キ/] 簋𦹧𥁬𣌽㔲㔳𠥗𣪘
◆穀物などを盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器 {食器}
𥁬㿝7+皿5=総画数12 U+2506C [キ/] 簋𦹧𣌽㔲㔳𠥗𣪘𣪕
◆穀物などを盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器 {食器}
白5+2=総画数7 U+7680 [ヒョク、ヒキ、キュウ、コウ/]
◆穀物の実の一粒
◆穀物の芳(かぐわ)しい香り、同「㿝(香)」
皀7+冖2=総画数9 U+519F [シ/]
◆飯が硬過ぎたり柔らか過ぎて美味しくない
◆適さない
皀7+卩2=総画数9 U+537D [ショク、ソク/すなわ・ち、つ・く] 即皍
◆すなわ・ち、~は(つまり、要するに)~
◆すなわ・ち、~ならば(すぐに、直ちに)~、~すれば(すぐに、直ちに)~、同「則」
◆ぴったりと付く、位置や位や職に就(つ)く
◆もし~、もしも~
◆たとえ~だとしても
𡨇皀7+宀3=総画数10 U+21A07 [ヨウ、キョウ、コウ/]
◆東南の角にある部屋、同「𡧮(㝔)」
◆響く、同「𡪆(響)」
皀7+无4=総画数11 U+65E3 [キ、ケ/すで・に、すんで・に] 既既
◆~し尽(つ)くす、~し終わる
◆もう~、最早(もはや)~、とっくに~、終了或いは完了してしまっていることを指す
◆~の上に(更に)~、~したからには~
◆[日]すんで・に、もう少しのところで
𣪘皀7+殳4=総画数11 U+23A98 [キ/] 簋𦹧𥁬𣌽㔲㔳𠥗𣪕
◆穀物などを盛る耳(取っ手)付きの円形の祭器 {食器}
𣴡皀7+水3=総画数10 U+23D21 [ヒツ、ヒチ/] 潷滗𣺱
◆濾(こ)す、汁(液体)と固形物(沈殿物)を分ける、固形物(沈殿物)を残し汁(液体)だけを流し出す
𥦒皀7+穴5=総画数12 U+25992 [ヨウ/] 䆞𥧘
◆奥深いさま、遥か遠いさま、薄暗いさま、同「杳」
𨞸皀14+邑7=総画数21 U+287B8 [キョウ、コウ、ゴウ/さと] 郷鄉鄕鄊𨝅𨞰乡
◆都から離れた土地、(特に地方の)町村、田舎
◆出生地、「故郷(コキョウ、ふるさと)」
◆中国周代では12,500戸を単位とする行政区画、「【前漢書:卷二十四上:食貨志上】五家爲鄰五鄰爲里四里爲族五族爲黨五黨爲州五州爲鄉鄉萬二千五百戶也」
◆向く、面する、同「向」
◆窓、北側に面した窓、同「向」
皀7+鳥11=総画数18 U+9D56 [ヒュウ、ホウ、キョウ、コウ/]
◆「鵖鴔(ヒュウホウ)」「鴔鵖(ホウヒュウ)」、ヤツガシラ(戴勝)、ヤツガシラ科ヤツガシラ属の鳥、また同科同属の鳥の称、同「𪃃鶝(フクフク)」「戴鵀(タイジン)」「戴勝(タイショウ)」
𪓨皀7+黽13=総画数20 U+2A4E8 [チョウ、ジョウ/] 鼂鼌𪓲
◆カメ(亀)の一種
◆朝、同「晁」
白5+2=総画数7 U+7681 [ソウ、ゾウ/] 皂𣅖
◆ドングリ(団栗)、コナラ(小楢)・クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのブナ科の木の実、その一部は食用や家畜の餌にする、同「梍」「橡」 {コナラ} {クヌギ}
◆「皁莢(サイカチ)」、マメ科サイカチ属の木 {サイカチ}
◆黒い、黒色、早い時間(日の出前の薄暗い頃)には視るもの全て黒く見えることから
◆下僕、下級の役人、多く黒い服を着ていたことから
◆馬小屋、飼葉桶、下僕が厩の番をしていたことから
◆石鹸、洗剤、どんぐりの実などを原料としたことから
皁7+口3=総画数10 U+5515 [ソウ/]
◆「羅唕(ラソウ)」、大声で言い争う、わいわいと騒ぐ
𡴙皁7+屮3=総画数10 U+21D19 [未詳/]
◆未詳
注解:「𡴐」の異体字・誤字か?
𦯑皁7+艸3=総画数10 U+26BD1 [ソウ、ゾウ/] 𦳱
◆同「草」
◆どんぐり状の堅い実、同「皁」
白5+2=総画数7 U+7682 [ソウ、ゾウ/] 皁𣅖
◆ドングリ(団栗)、コナラ(小楢)・クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのブナ科の木の実、その一部は食用や家畜の餌にする、同「梍」「橡」 {コナラ} {クヌギ}
◆「皂莢(サイカチ)」、マメ科サイカチ属の木 {サイカチ}
◆黒い、黒色、早い時間(日の出前の薄暗い頃)には視るもの全て黒く見えることから
◆下僕、下級の役人、多く黒い服を着ていたことから
◆馬小屋、飼葉桶、下僕が厩の番をしていたことから
◆石鹸、洗剤、どんぐりの実などを原料としたことから
皂7+口3=総画数10 U+5523 [ソウ/]
◆「羅唣(ラソウ)」、大声で言い争う、わいわいと騒ぐ
𡨗皂7+宀3=総画数10 U+21A17 [ソウ、ゾウ/]
◆未詳
皂7+木4=総画数11 U+688D [ソウ、ゾウ/] 𣓛
◆サイカチ(梍、皂莢)、マメ科サイカチ属の木 {サイカチ}
◆ドングリ(団栗)、コナラ(小楢)・クヌギ(櫟、椚、橡、櫪)などのブナ科の木の実、その一部は食用や家畜の餌にする、同「皂」「橡」 {コナラ} {クヌギ}
皂7+木4=総画数11 U+688E [オウ、ヨウ/]
◆「梎柌」、鎌の柄
白5+2=総画数7 U+7683 [ボウ、ミョウ/かお] 貌䫉𧳒𧳖𧳓㒵
◆顔立ちや姿や立ち振る舞い、またその外見・様子
◆外に現れ出た姿形・様子・状態、外見、外観
◆遥(はる)か遠いさま、遠く朧(おぼろ)げなさま、同「邈」
皃7+小3=総画数10 U+3778 [ヘン、ベン/] 𡭪覍
◆頭に被(かぶ)る冠(かんむり)や帽子、同「弁」
◆冕(ベン)、高位の人の正装用の冠、同「冕」「𢍍」 {服飾(冕冠)}
𢂹皃7+巾3=総画数10 U+220B9 [ボウ、ビョウ/]
◆婦人が髪を覆う飾り用の布、同「幗」
𣆿皃7+日4=総画数11 U+231BF [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷四:日部第六:𣆿】今晥正胡管二音明也又縣名」「【康熙字典:辰集上:日部:𣆿】《篇韻》同晥○按晥字之譌」
𦛮皃7+月(肉)4=総画数11 U+266EE [未詳/]
◆未詳、「【中華字海:月部:𦛮】同"脘"」
𣨆皃7+歹4=総画数11 U+23A06 [ボウ、ミョウ/] 𩛨
◆未詳、「【集韻:卷八:去聲下:效第三十六:𩛨𣨆】飽懣也」
𣴟皃7+水3=総画数10 U+23D1F [カン、ガン/] 浣𣴼
◆濯(すす)いで汚れを洗い落とす、水を掛け流して洗う、同「澣」
皃7+犬3=総画数10 U+3E78 [未詳/]
◆未詳、「【御定歴代題畫詩類:卷九十二:同喻國輔題温日觀蒲萄】…逺從雙狻㹸…[†「狻㹸」は「狻猊(サンゲイ、獅子シシ、ライオンlion、或いはその類)」か?]」「【廣東通志:卷十:山川志:增城縣】㹸山 在城東南二十三里産婆娑羅竹」
𥆒皃7+目5=総画数12 U+25192 [カン、ゲン/]
◆(眼球のように)丸いさま、丸々としたさま
◆目が丸く輝いているさま、また美しいさま
◆「𥆒睆(ケンカン)」、鳥が玉を転がすような声(美しい声)で鳴くさま、またその声
𦯦皃7+艸6=総画数13 U+26BE6 [ビョウ、ミョウ、バク、マク/] 藐𧂀
◆小さいさま、小さく微(かす)かなさま
◆小さいもの(小さいこと)と見做(みな)す、軽(かろ)んずる、疎(おろそ)かにする、なおざりにする
◆果てしなく広がっているさま、遥(はる)か遠いさま、同「邈」、「【詩經:大雅:瞻卬】…藐藐昊天無不克鞏(《傳》藐藐大貌鞏固也《箋》云藐藐美也王者有美德藐藐然無不能自堅固於其位者微箴之也)…」
皃7+豸7=総画数14 U+8C8C [ボウ、ミョウ/かお] 䫉𧳒𧳖𧳓皃㒵
◆顔立ちや姿や立ち振る舞い、またその外見・様子
◆外に現れ出た姿形・様子・状態、外見、外観
◆遥(はる)か遠いさま、遠く朧(おぼろ)げなさま、同「邈」
皃7+車7=総画数14 U+485A [ボウ、ミョウ/] 𨌓
◆(車を)引く
𨓅皃7+辵3=総画数10 U+284C5 [未詳/]
◆未詳、「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨓅】茅教切古文皃」「【正字通:酉集下:辵部:𨓅】舊註古文貌字按貌本作皃加辵非」
𩛨皃7+食8=総画数15 U+296E8 [ボウ、ミョウ/] 𣨆
◆未詳、「【集韻:卷八:去聲下:效第三十六:𩛨𣨆】飽懣也」
𪁤皃7+鳥11=総画数18 U+2A064 [カン/]
◆「𪁤鷒(カンタン)」、同「鸛鷒」、カササギ(鵲)に似た尾の短い鳥
大部
巾部
白5+3=総画数8 U+7684 [テキ、チャク/まと]
◆弓で矢を射(い)る時の目標とするもの、同「㢩」「墑」
◆額(ひたい)の部分だけが白い馬、またその額の白い部分、女性が額に施(ほどこ)す(赤い点状の)装飾
◆(弓の的の中央は目立つように白くしてあることから)明らか(な)、はっきりと見える、はっきりしている、よく目立つ、同「旳」「𤾠」
◆狙(ねら)ったところに当たる、当てる
◆~の~、「我的(ウォダ、わたしの~)」、~のような~、「似的(シィダ、~のような~、~らしい~)」、~な~、「別的(ビィェダ、~とは別な~)」
的8+口3=総画数11 U+5572 [テイ、タイ/]
◆少し、ちょっと
𢯊的8+手3=総画数11 U+22BCA [タイ、ダイ/]
◆手にぎゅっと握る、「【漢語大字典:手部:𢯊】方言。扭;揪。」「【中華字海:扌部:𢯊】同"捏"」
的8+艸3=総画数11 U+83C2 [テキ、チャク/]
◆ハス(蓮)の実 {ハス}
水部
白5+4=総画数9 U+7685 [ハ、ヘ/]
◆花、華(はな)、白い花、同「葩」「苩」
◆未詳、同「𦫙」、「【集韻:卷八:去聲下:禡第四十:皅】色不真也」
皅9+艸3=総画数12 U+8469 [ハ、ヘ/] 𦺂
◆花、華(はな)、白い花、同「皅」「苩」
◆美しく華やかなさま
白5+4=総画数9 U+7686 [カイ、ケ/みな、みんな] 𣅜
◆揃って、一緒に、共に、同「倶」「偕」
◆[日]みな、全て、全部
◆[日]みんな、全ての人
皆9+人2=総画数11 U+5055 [カイ、ケ/]
◆皆(みな)揃って、共に、一緒に、同「皆」「倶」
◆一緒に~する、行動を同じにする、同「倶」
皆9+力2=総画数11 U+52D3 [カイ/]
◆勉(つと)める、励(はげ)む、力を注(そそ)ぐ
皆9+口3=総画数12 U+5588 [カイ、ケ/]
◆鳥の鳴き声
◆風雨が激しいさま
皆9+土3=総画数12 U+5826 [カイ、ケ/]
◆階段(カイダン)、同「階」、「【字彙:丑集:土部:堦】居諧切音皆砌也或作階」
皆9+女3=総画数12 U+5A98 [カイ/]
◆女性名用字
𢔡皆9+彳3=総画数12 U+22521 [カイ、ケ/]
◆「徘𢔡(ハイカイ)」、未詳、「【廣韻:上平聲:皆第十四:揩:𢔡】俳𢔡行惡」
皆9+手3=総画数12 U+63E9 [カイ、ケ/]
◆摩(さす)る、手で押さえ軽く擦(こす)る
◆擦るようにして拭(ぬぐ)う
◆「揩鼓(カイコ、すりつづみ)」、鼓(つづみ)に似た楽器で、片手で持ち一方の手で叩いたり擦(こす)ったりして音を出す、別名「𩋧(カイ、ケ)」
𢾆皆9+攴4=総画数13 U+22F86 [カイ、ケ/]
◆摩(さす)る、手で押さえ軽く擦(こす)る
𦝨皆9+月(肉)4=総画数13 U+26768 [カイ、ケ/] 𦞉
◆痩(や)せる、痩せ細る、同「𩩰」
皆9+木4=総画数13 U+6977 [カイ、ケ/] 𣗀𣒉
◆「楷樹(カイノキ)」、ランシンボク(爛心木)、ウルシ科カイノキ属の木 {ランシンボク}
◆世代・時代を越えて基準となるもの、倣(なら)うべきもの、手本
◆「楷書(カイショ)」、漢字の書体の一つ、崩したり画(かく)を続けたりしない書体、文字(漢字)の標準的な書体
皆9+水3=総画数12 U+6E5D [カイ、ケ/]
◆水が流れるさま
◆雨風が止まないさま
◆寒いさま
皆9+火4=総画数13 U+716F [カイ、ケ/]
◆火に当てて乾かす
皆9+玉4=総画数13 U+744E [カイ/]
◆玉(ギョク、大変美しい石)に似た黒い石
皆9+疒5=総画数14 U+3FAC [カイ、ケ/]
◆まず激しい悪寒(オカン)がして後に高熱を発する病気、「【普濟方:卷一百九十八:竹葉恒山湯】…㾬瘧先大寒後大熱…」
𥏪皆9+矢5=総画数14 U+253EA [カイ/]
◆「矲𥏪(ハイカイ)」、背丈(せたけ)が低いさま、また背の低い人、同「矲𥩤」
𥚺皆9+示4=総画数13 U+256BA [未詳/]
◆未詳、「【龍龕手鑑:卷一:礻部第十一:𥚺】俗皆八反正作稓[†「稓」は或いは「棤」か?]」
皆9+禾5=総画数14 U+7A2D [カツ、ケチ、カイ、ケ/]
◆アサ(麻、アサ科アサ属の草)や穀物などの内部が空洞の茎(くき)の皮を剥(は)いだもの、麻幹(おがら、苧殻)、同「秸」「䕸」
𦎥皆9+羊6=総画数15 U+263A5 [キョウ、コウ、ケイ/] 羥羟
◆羊名
𦞉皆9+肉6=総画数15 U+26789 [カイ、ケ/] 𦝨
◆痩(や)せる、痩せ細る、同「𩩰」
皆9+艸3=総画数12 U+8488 [カイ/]
◆カランcarane、有機化合物
皆9+虫6=総画数15 U+8754 [カイ、ケ/]
◆雨が降り出しそうになると草木の陰に身を隠すという虫
𧚻皆9+衣5=総画数14 U+276BB [シュウ、ジュウ/] 褶𢄭
◆衣類の襞(ひだ、角張った山状や緩やかな波状の折り皺)
◆表地と裏地を重ねた袷(あわせ)
◆外衣(ガイイ)、襲(かさね)、衣服の上に羽織る(重ねて着る)衣服、同「襲」、「【急就篇】襜褕袷複褶袴褌(…褶謂重衣之最在上者也其形若袍短身而廣袖一曰左衽之袍也…)」
皆9+言7=総画数16 U+8AE7 [カイ、ゲ/]
◆和(なご)やかなさま、穏(おだ)やかなさま
◆和やかに談笑する、場を和(なご)ませるような冗談を言う、同「詼」
◆調子が合う、調和する、同「龤」
皆9+言2=総画数11 U+8C10 [カイ、ゲ/]
◆和(なご)やかなさま、穏(おだ)やかなさま
◆和やかに談笑する、場を和(なご)ませるような冗談を言う、同「詼」
◆調子が合う、調和する、同「龤」
皆9+金8=総画数17 U+9347 [カイ、ケ/]
◆よく精製され鍛えられた鉄
◆鉄の別名
皆9+金5=総画数14 U+9534 [カイ、ケ/]
◆よく精製され鍛えられた鉄
◆鉄の別名
皆9+阜3=総画数12 U+968E [カイ、ケ/きざはし、はし、しな]
◆同じ高さの段(ダン、積み重ねて層をなしたもの)、上り下りするために同じ高さに揃え積み重ねたもの、「階段(カイダン)」
◆梯子(テイシ、はしご)
◆高低の区切りの一つ一つ、等級
◆「階級(カイキュウ)」◇階段◇地位・職位などの等級
◆上(のぼ)る、登(のぼ)る、昇(のぼ)る、(「一段一段と段階を踏み上へ行く・前に進む」の意)
◆[日]建物の層
𩀊皆9+隹8=総画数17 U+2900A [カイ、ケ/]
◆雄のウズラ(鶉)、キジ科のウズラ属・ヤマウズラ属など、またミフウズラ科・ナンベイウズラ科などに属する鳥の称、雌は「痺」
𩋧皆9+革9=総画数18 U+292E7 [カイ、ケ/]
◆革製の履物、靴
◆鼓の名、別名「揩鼓(カイコ、すりつづみ)」、鼓(つづみ)に似た楽器で、片手で持ち一方の手で叩いたり擦(こす)ったりして音を出す
𩩰皆9+骨10=総画数19 U+29A70 [カイ、ケ/]
◆痩(や)せる、痩せ細る、同「𦝨」
◆未詳、「【字彙:亥集:骨部:𩩰】同骸」
皆9+鳥11=総画数20 U+9D9B [カイ、ケ/] 𩀊
◆雄のウズラ(鶉)、キジ科のウズラ属・ヤマウズラ属など、またミフウズラ科・ナンベイウズラ科などに属する鳥の称、雌は「痺」
皆9+龠17=総画数26 U+9FA4 [カイ、ゲ/]
◆(楽器の)調子が合う、音が調和する、同「諧」
白5+4=総画数9 U+7687 [コウ、オウ/きみ、すめら] 𤽢𤽚𤽙𤽧𦤃𦤍𦤐
◆君主、偉大な王、天下を治める者
◆大きい、偉大な、神々(こうごう)しい
◆煌々(コウコウ)と光り輝く、輝かしい、明々とした光が四方に広がる、同「煌」
◆祖先に対する敬称
◆[日]天下を治める者を指す語、「天皇」
皇9+人2=総画数11 U+505F [コウ、オウ/]
◆暇(ひま)、暇があるさま、ゆとりがあるさま、同「遑」
皇9+几2=総画数11 U+51F0 [コウ、オウ/おおとり]
◆想像上の瑞鳥(ズイチョウ)の雌、鶏のような頭・蛇のような頸(くび)・燕のような頷(下顎)・亀のような背・魚のような尾・五采色で高さは六尺ばかりという、雄は「鳳」、雌雄併せて「鳳凰(ホウオウ)」
皇9+口3=総画数12 U+55A4 [コウ、オウ/] 𠹡
◆「わんわん」「えんえん」という子どもが泣く大きな声
◆「喤喤(コウコウ)」、大きな音や声が響くさま
𡈁皇9+囗3=総画数12 U+21201 [/こく、くに]
◆[日]皇国、日本国、「天皇の統治する国」の意
皇9+土3=総画数12 U+582D [コウ、オウ/]
◆「堂堭(ドウコウ)」、大きな建物
◆城壁の外側に巡(めぐ)らせた空堀(からぼり)、壕(ほり)、同「隍」
皇9+女3=総画数12 U+5A93 [コウ、オウ/]
◆伝説上の名君舜(シュン)の妻の名
◆母、母親
皇9+山3=総画数12 U+5D32 [コウ、オウ/]
◆地名
皇9+彳3=総画数12 U+5FA8 [コウ、オウ/]
◆「彷徨(ホウコウ)」、あてもなく歩き回るさま
皇9+心3=総画数12 U+60F6 [コウ、オウ/]
◆恐れる、畏(おそ)れる、びくびくする、おどおどする
◆惑う、迷う、「【字彙:卯集:心部:惶】胡光切音黃惑也恐也遽也又倉惶」
◆「恓惶(セイコウ)」、あれこれと思い悩むさま、思い惑うさま
皇9+手3=総画数12 U+63D8 [コウ、オウ/]
◆撃つ、叩(たた)く
◆抜く
皇9+木4=総画数13 U+697B [コウ/]
◆大きな船、同「艎」
皇9+水3=総画数12 U+6E5F [コウ、オウ/]
◆川名、青海省海北藏族(海北チベット族)自治州海晏(カイアン)県を源とし甘粛省に至って黄河に合流する {青海省}
◆「潏湟(ケツコウ)」、水の流れが速いさま
皇9+火4=総画数13 U+714C [コウ、オウ/きら・めく] 𤌼
◆きらきらと輝(かがや)く、明るい光が広がる、同「熿」
◆「敦煌(トンコウ)」、西漢代(前202年~8年)に置かれた郡名、現甘粛省敦煌市付近 {甘粛省}
𤟡皇9+犬3=総画数12 U+247E1 [コウ/]
◆イヌ(犬)の一種、耳が大きく垂れていて四肢と尾は毛深いという
◆「𦍕𤟡(ヨウコウ)」、中国西南部の少数民族の名
皇9+玉4=総画数13 U+745D [コウ、オウ/]
◆玉(ギョク、大変美しい石)がぶつかって鳴る音
皇9+疒5=総画数14 U+3FAE [コウ、オウ/]
◆黄疸(オウダン)、肝臓の障害で目や体が黄色くなる症状
皇9+示4=総画数13 U+4113 [コウ、オウ/]
◆「䄘䄓」、祭礼名
皇9+禾5=総画数14 U+4163 [コウ、オウ/]
◆「䅭䅣(ホウコウ)」、ウルチキビ(粳黍)、キビ(黍)の一種で粘りがない種、同「𪎭」、「【廣雅:卷十:釋草】䵛(口見口於)𪐎(亾皮)䅭(旁)䅣(皇)穄(祭)也」
皇9+竹6=総画数15 U+7BC1 [コウ、オウ/たかむら]
◆たかむら、(管理された)竹林、竹藪
◆竹の一種、堅く表面には白い点々があり、太いものは舟の棹(さお)に、細いものは笛などに利用されるという、同「䇸」、「【竹譜(戴凱之)】篁任篙笛體特堅圓(篁竹堅而促節體圓而質堅皮白如霜粉大者宜行船細者為笛…)」
皇9+米6=総画数15 U+4297 [コウ、オウ/]
◆祭礼の際に供える米また穀物
◆「𥻭䊗(ホウコウ)」、ウルチキビ(粳黍)、キビ(黍)の一種で粘りがない種、同「䅭䅣」、同「穄」、「【集韻:卷三:平聲:唐第十一:䅣䊗】說文䅭䅣也穄別名或从米」
皇9+舟6=総画数15 U+824E [コウ、オウ/]
◆「艅艎(ヨコウ)」、大船(タイセン、おおぶね)、大船の名、同「艅𦪗」
皇9+艸3=総画数12 U+845F [コウ、オウ/]
◆花が華やかに咲いているさま、同「𤯷」
皇9+虫6=総画数15 U+8757 [コウ、オウ/いなご]
◆イナゴ(蝗)やバッタ(飛蝗)などのイナゴ科の昆虫の総称
皇9+言7=総画数16 U+8AFB [コウ/]
◆大きな声、騒々しい声
皇9+辵4=総画数13 U+9051 [コウ、オウ/いとま]
◆暇(ひま)、暇があるさま、ゆとりがあるさま、同「偟」
◆慌ただしく落ち着かないさま
𨜔皇9+邑3=総画数12 U+28714 [コウ、オウ/]
◆「新後𨜔(シンコウコウ)」、古地名、未詳、「【泊宅編:卷二】…楚取我邊城新後𨜔及𣃶長…」
皇9+金8=総画数17 U+9360 [コウ、オウ/] 𨪽锽
◆鐘や鼓などの楽器の音、またその音の形容、
◆長い柄の先に斧のような刃物を付けた儀仗用の武器
皇9+金5=総画数14 U+953D [コウ、オウ/] 鍠𨪽
◆鐘や鼓などの楽器の音、またその音の形容、
◆長い柄の先に斧のような刃物を付けた儀仗用の武器
皇9+阜3=総画数12 U+968D [コウ、オウ/]
◆城市(ジョウシ、城壁で囲まれた町)の外側に巡(めぐ)らせた空堀(からぼり)、壕(ほり)、水を流し入れた堀を「池」「濠」という
皇9+音9=総画数18 U+97F9 [コウ、オウ/]
◆鐘や鼓などの楽器の音、またその音の形容、同「鍠」
𩔇皇9+頁9=総画数18 U+29507 [コウ/] 𩕍䫧
◆大きいさま、広いさま、同「𤅡(浩)」
◆「𩕯𩔇(トウコウ)」、顔が大きいさま
皇9+食8=総画数17 U+992D [コウ、オウ/]
◆米・麦などから作った粘液状の水飴(みずあめ)、或いはそれを固まらせたもの、同「餳」、「【玉篇:卷九:食部第一百十二:餭】戶光切乾飴也」
◆「餦餭(チョウコウ)」、水飴(みずあめ)を使った菓子、キャンデーcandyの類、「【楚辭:卷九:招䰟】粔籹蜜餌有餦餭些(餦餭餳也言以密和米麪…)」【玉篇:卷九:食部第一百十二:餦】豬良切餌曰餦餭」
皇9+馬10=総画数19 U+9A1C [コウ、オウ/] 𩥧䮲
◆黄色と白色が交った毛色の馬
皇9+魚11=総画数20 U+9C09 [コウ、オウ/ひがい]
◆チョウザメ(蝶鮫)の一種、チョウザメ科ダウリアチョウザメ属の魚、同「鱑」
◆[日]ヒガイ(鰉)、コイ科ヒガイ属の淡水魚、明治天皇が好んだとされることから{⿰魚皇}となった
皇9+魚8=総画数17 U+9CC7 [コウ、オウ/]
◆チョウザメ(蝶鮫)の一種、チョウザメ科ダウリアチョウザメ属の魚、同「鱑」
◆[日]ヒガイ(鰉)、コイ科ヒガイ属の淡水魚、明治天皇が好んだとされることから{⿰魚皇}となった
皇9+鳥11=総画数20 U+4CE8 [コウ、オウ/おおとり]
◆想像上の瑞鳥(ズイチョウ)の雌、鶏のような頭・蛇のような頸(くび)・燕のような頷(下顎)・亀のような背・魚のような尾・五采色で高さは六尺ばかりという、雄は「鳳」、雌雄併せて「鳳凰(ホウオウ)」
𣐩木部
𤝡犬部
田部
白5+5=総画数10 U+768B [コウ/] 皐臯𦤗
◆高い、高いところ
◆岸辺(きしべ)、湿地、沢(さわ)、「水面よりも高い陸地」の意
◆「皐月(コウゲツ、さつき)」、五月(ごがつ)、早苗月(さなえづき)、「苗を植えるために田に水を張る月」の意
◆高く大きな声で叫ぶ、同「嘷」
皋10+口3=総画数13 U+55E5 [コウ、ゴウ/] 嘷噑
◆大きな声で咆(ほ)える、また鳴く
◆大声で叫ぶ、大声で泣く
皋10+山3=総画数13 U+37F8 [コウ/] 𡼗𡻇
◆「㟸㟉(コウロウ)」◇東屋(あずまや)の名、未詳◇山名、未詳
◆「㟎㟸(タコウ)」、山が高く聳(そび)え立つさま
皋10+日4=総画数14 U+66A4 [コウ、ゴウ/] 暭曍
◆明るく澄んだ光が降(ふ)り注ぐさま、また辺り一面に満ちるさま
皋10+木4=総画数14 U+69D4 [コウ/] 槹橰
◆「桔槔(ケッコウ)」、棹(さお)の先に縄で吊るした桶(おけ)を取り付け水を汲み上げる仕掛け、はね釣瓶(つるべ)、同「桔𣓌」
皋10+水3=総画数13 U+6EDC [コウ、ゴウ/] 𣽎
◆沢(さわ)、湿地、同「澤」「皐」
◆光沢があるさま、同「澤」
◆(鳥などが)鳴く、同「嘷」
皋10+犬3=総画数13 U+7346 [コウ、ゴウ/] 獋獔
◆犬などの獣が咆(ほ)える、同「䝥」「嘷」
皋10+白5=総画数15 U+769E [コウ、ゴウ/] 皡皥
◆白いさま、明るく澄んでいるさま、同「皓」
◆明るく大きく広がった天空、同「昊」
𥻷皋10+米6=総画数16 U+25EF7 [コウ/]
◆米・麦や豆類を粉末状にしたものに水などを加え捏(こ)ねて作った食べ物、同「餻」
◆「糕点(コウテン)」、米粉・麦粉・豆粉などに水などを加え捏(こ)ねて、焼いたり揚(あ)げたりした菓子・ケーキcakeの類、「餹餔(トウホ)」
◆「𥻷餅(コウヘイ)」、蒸し菓子(米や麦などを蒸して作る菓子類)や餅菓子(米粉や麦粉などを蒸して作る菓子類)の総称
皋10+羽6=総画数16 U+7FF1 [コウ、ゴウ/] 翺翶𦒢
◆翼を大きく広げて空高く飛ぶ
◆あちこち気儘(きまま)に歩き(飛び)回る
皋10+韋9=総画数19 U+97DF [未詳/]
◆未詳、古代の名法官といわれる「皋陶(コウヨウ)」の「皋」のことか?
皋10+頁9=総画数19 U+4AE7 [コウ/] 𩕍𩔇
◆大きいさま、広いさま、同「𤅡(浩)」
◆「𩕯䫧(トウコウ)」、顔が大きいさま
皋10+鳥11=総画数21 U+9DCE [コウ/] 鷱𪈪𩀹
◆「鸊鷎(ヘキコウ)」「𪁜鷎(ロウコウ)」、ハト(鳩)、ハト科の鳥、一説に子鳩(こばと)、ハトの幼鳥、「【廣雅:卷十:釋鳥】𪁜(郎)鷱(髙)鳩也」「【本草綱目:禽之三:斑鳩】(…鳩之子曰䳕鳩曰役鳩日糠鳩曰郎鷱日辟鷱…)」
白5+6=総画数11 U+7690 [コウ/] 皋臯𦤗
◆高い、高いところ
◆岸辺(きしべ)、湿地、沢(さわ)、「水面よりも高い陸地」の意
◆「皐月(コウゲツ、さつき)」、五月(ごがつ)、早苗月(さなえづき)、「苗を植えるために田に水を張る月」の意
◆高く大きな声で叫ぶ、同「嘷」
皐11+口3=総画数14 U+5651 [コウ、ゴウ/] 嘷嗥
◆大きな声で咆(ほ)える、また鳴く
◆大声で叫ぶ、大声で泣く
皐11+日4=総画数15 U+66AD [コウ、ゴウ/] 暤曍
◆明るく澄んだ光が降(ふ)り注ぐさま、また辺り一面に満ちるさま
皐11+木4=総画数15 U+69F9 [コウ/] 槔橰
◆「桔槹(ケッコウ)」、棹(さお)の先に縄で吊るした桶(おけ)を取り付け水を汲み上げる仕掛け、はね釣瓶(つるべ)、同「桔𣓌」
皐11+犬3=総画数14 U+7354 [コウ、ゴウ/] 獋獆
◆犬などの獣が咆(ほ)える、同「䝥」「嘷」
皐11+白5=総画数16 U+76A1 [コウ、ゴウ/] 皞皥
◆白いさま、明るく澄んでいるさま、同「皓」
◆明るく大きく広がった天空、同「昊」
皐11+羽6=総画数17 U+7FF6 [コウ、ゴウ/] 翺翱𦒢
◆翼を大きく広げて空高く飛ぶ
◆あちこち気儘(きまま)に歩き(飛び)回る
羽部
白5+7=総画数12 U+7693 [コウ、ゴウ/]
◆日の出前に東の空が白み始め次第に明るい光が差し込むさま、明るく澄んだ光が満ちるさま、同「晧」
◆白いさま、真っ白なさま、同「皜」「皞」
◆明るく大きく広がった天空、同「昊」
皓12+水3=総画数15 U+6F94 [コウ、ゴウ/] 浩㵆𣽋𤅆𤅡
◆水が一面に広がっているさま
◆広いさま、大きいさま、同「𩕍」
◆たくさんの、たっぷりの
白5+7=総画数12 U+7695 [ヒョク、ヒキ/]
◆二百、「二百」の大写字(「一」は「壹」・「二」は「貳」のような大文字のこと) {数字}
皕12+大3=総画数15 U+596D [セキ、シャク/] 𡚐𠁗
◆盛んなさま、盛大なさま、同「赫」
◆赤いさま、赤々と明るく盛んに輝くさま、同「赫」
◆顔を真っ赤にして怒(いか)る、同「嚇」
𢐤皕12+弓3=総画数15 U+22424 [ヒツ、ビチ/] 弼弻𢏺𢐀𢐑𢐜𢐡𢐈𢐝㢶㢸𢏇𠨒𢼥
◆弓矯(ゆだめ)、弓の狂いや歪みを整えるための当て木
◆主君が道を逸(そ)れたり誤ったりした時に両脇から正し助ける、両脇から支え助けるのは「輔」、「【康熙字典:寅集下:弓部:弼】《註》相道爲輔矯過爲弼」
𤾩皕13+白5=総画数18 U+24FA9 [未詳/]
◆未詳
白5+7=総画数12 U+7696 [カン、ガン/]
◆明るいさま、(星が)明るく光るさま
◆春秋時代(前770年~前476年)の国名、現安徽省西南部
◆安徽省の別名 {安徽省}
𦼍皖12+艸3=総画数15 U+26F0D [カン、ゲン/] 莞萖𦯵𦸌
◆フトイ(太藺、カヤツリグサ科フトイ属の草)やイ(藺、イグサ科イグサ属の草)などのカヤツリグサ科やイグサ科の丸く中空の茎を持つ草、またその茎を編んで作った莚(むしろ) {フトイ} {イ}
◆穏やかに微笑(ほほえ)むさま、「莞爾(カンジ)」
𤾇白5+8=総画数13 U+24F87 [トウ、ト、ツ/かぶと] 兜𤾆𦋌兠㿡
◆かぶと、戦闘の際に頭を保護するために被(かぶ)る防具、同「冑」
◆包む、包み込む、内に入れる
◆被(こうむ)る、蒙(こうむ)る
𦆘𤾇13+糸6=総画数19 U+26198 [未詳/]
◆未詳
白5+10=総画数15 U+769B [ハク、ヒャク、キョウ、ギョウ/]
◆白い、白いさま、同「白」
◆明るいさま、明らかなさま、はっきりとしているさま、同「顕」
㵿皛15+水3=総画数18 U+3D7F [キョウ/]
◆「㵿溔(キョウヨウ)」、水が澄んでどこまでも深いさま
◆「渺㵿(ボウキョウ)」、水が見渡す限りに広がっているさま
皛15+艸3=総画数18 U+85E0 [キョウ、ギョウ/]
◆ラッキョウ(薤、辣韮)、ヒガンバナ科ネギ属の草、同「薤」 {ラッキョウ}


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 白部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です