総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「辵部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 辵部」 [部首索引


辵7+0=総画数7 U+8FB5 [チャク/]
◆進んでは止まり止まっては進む、同「躇」
◆しんにょう、しんにゅう、部首名 {部首しんにょう}
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+0=総画数4 U+8FB6 [チャク/]
◆しんにょう、しんにゅう、にてんしんにょう、にてんしんにゅう、部首名 {部首しんにょう}
筆順
辵3+0=総画数3 U+FA66 [チャク/]
◆しんにょう、しんにゅう、部首名 {部首しんにょう}
筆順
辵4+1=総画数5 U+8FB7 [/すべ・る]
◆[日]滑(すべ)る
◆[日]地名用字、「辷谷(すべりだに、徳島県勝浦郡)」
筆順
辵4+2=総画数6 U+8FB8 [ジョウ、ニョウ/]
◆往(い)く、同「𠧟」「【雙溪集:卷三:故謝都憲同年廷桂父】…寂寞悲歌起吁嗟宿士辸民心思伏…」「【正字通:酉集下:辵部:辸】如神切音仍𢔎也」
辵4+2=総画数6 U+8FB9 [ヘン/あた・り、べ、ほとり] 邊辺
◆境(さかい)、境界キョウカイ、面状のものの区切り、また互いに接するところ、一般にはその先も同じような状態で続いているものの区切りとなるところを指す、そこで途切れその先がないものは「縁」、線状・棒状のものの先端は「端」
◆国が果(は)てるところ、中央から遠く離れたところ
◆~の近く、~の付近、~の側(そば)、~の傍(かたわ)ら、同「𨘳」
漢字林(非部首部別)
辵3+2=総画数5 U+8FBA [ヘン/あた・り、べ、ほとり] 邊边
◆境(さかい)、境界キョウカイ、面状のものの区切り、また互いに接するところ、一般にはその先も同じような状態で続いているものの区切りとなるところを指す、そこで途切れその先がないものは「縁」、線状・棒状のものの先端は「端」
◆国が果(は)てるところ、中央から遠く離れたところ
◆~の近く、~の付近、~の側(そば)、~の傍(かたわ)ら、同「𨘳」
注解:「【異體字字典:邊:辺】《彙音寶鑑》辺(仝邊)」、但し中国(大陸・台湾)・韓国で「辺」字が使われる例はほぼ見られない
筆順
辵4+2=総画数6 U+8FBB [/つじ]
◆[日]道が十字に交(まじ)わっているところ、十字路、交差点
◆[日]路傍ロボウ、道端(みちばた)
筆順
辵3+2=総画数5 U+8FBC [/こ・む、こめ・る]
◆[日]中に(内に、裏に、見えないところに)入(はい)る、入(い)れる
筆順
辵3+2=総画数5 U+8FBD [リョウ/] 遼𨖚
◆遥か遠いさま、遥か遠くまで続くさま
◆宋代の王朝名、916年~1125年、別名「大遼」 {宋(北宋)代}
◆遼寧リョウネイ省の略称 {遼寧省}
𨑍辵3+2=総画数5 U+2844D [キ/] 軌䡄轨𧗝
◆二つの車輪の間隔
◆二本の轍(わだち)、筋状に続く二本の車輪の跡
◆回転しながら動く車や天体の通る道筋
◆一定の道筋、則るべき道筋、規範
𨑐辵3+2=総画数5 U+28450 [キツ、ゴチ/まで] 迄𨑵
◆継続・連続している動作・状態・時間・空間などの区切りとなるところ、行き着くところ、尽きるところ、またその間づっと
◆結局は、所詮(しょせん)
辵3+3=総画数6 U+488A [ユウ、ユ/あそ・ぶ] 遊逰𨒣𨒰𨓎䢟
◆同じところに留(とど)まらずにあちこち巡(めぐ)り歩く、あちこちに出向いて行く、同「游」
◆気の向くままに楽しむ、同「游」
◆互いに行き来して親しく交わる、同「游」、「交遊コウユウ」、同「交游」
◆家を離れて他に行く(他に移り住む)、定住することなくあちこちと移り住む、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
◆これといった職や役に就(つ)かない、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
辵3+3=総画数6 U+5DE1 [シュン、ジュン/めぐ・る] 廵𡿽𨑾
◆各所を見に行く、見て回る
◆順に見て回る、一回り(ひとまわり)する
◆「巡守・巡狩ジュンシュ」、天子が諸国・各地を視察シサツして回ること
◆「逡巡・逡循・逡遁シュンジュン」◇後退(あとずさ)りする、尻込(しりご)みする◇進む(巡)べきか退く(逡)べきか迷うさま(「躊躇チュウチョ(少し進んでは立ち止まり少し進んでは立ち止まるさま)」とは別義)
筆順
辵4+3=総画数7 U+8FBE [テイ、タイ、タツ、ダチ/] 迖迏
◆滑(なめら)らか、同「滑」
◆到達する、達(たっ)する、同「達」
◆繁「達」
漢字林(非部首部別)
辿辵4+3=総画数7 U+8FBF [テン/たど・る]
◆確認しながら或いは探しながら一歩一歩(ゆっくりと)進む
筆順
辵4+3=総画数7 U+8FC0 [カン/]
◆求める、欲しいものを得ようとする、同「干」「【說文解字注:辵部:迀】進也(干求字當作迀)」
注解:「迂」
辵4+3=総画数7 U+8FC1 [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺䢬𨒟𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
漢字林(非部首部別)
辵4+3=総画数7 U+8FC2 [ウ/] 迃𨑛
◆まっすぐの道を避けて遠回りして行く、回り道する
◆「迂闊ウカツ」◇遥(はる)か遠いさま、遠く離れているさま「【中論:夭壽】…天道迂濶闇昧難明…」◇本質と(実際と)掛け離れているさま
注解:「迀」
筆順
辵4+3=総画数7 U+8FC3 [ウ/] 迂𨑛
◆まっすぐの道を避けて遠回りして行く、回り道する
◆「迃闊ウカツ」◇遥(はる)か遠いさま、遠く離れているさま「【中論:夭壽】…天道迂濶闇昧難明…」◇本質と(実際と)掛け離れているさま
辵4+3=総画数7 U+8FC4 [キツ、ゴチ/まで] 𨑵𨑐
◆継続・連続している動作・状態・時間・空間などの区切りとなるところ、行き着くところ、尽きるところ、またその間づっと
◆結局は、所詮(しょせん)
筆順
辵3+3=総画数6 U+8FC5 [シュン、シン、ジン/] 𨑷
◆動きが早い、飛ぶように速い
◆急激なさま、激しいさま
筆順
辵4+3=総画数7 U+8FC6 [イ/] 迤𨒶
◆「逶迆・𨖿迆イイ」「迆邐イリ」「邐迆リイ」、(まっすぐではなく)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迱・逶蛇・委蛇イイ・イタ」
辵3+3=総画数6 U+8FC7 [カ/す・ぎる、す・ごす、よぎ・る、あやま・ち、あやま・つ] 過𨓺
◆度ド(度合、節度、法度、限度、程度など)を越える(超える)
◆度を越えて(超えて)しまう、誤(あやま)る
◆時(とき、時代、時期、季節、月日、時間など)を通り越す、「過去カコ」
漢字林(非部首部別)
辵3+3=総画数6 U+8FC8 [バイ、マイ、メ/] 邁𨙚
◆後ろを振り向くことなくどんどん前に進んで行く、遠くへ行ってしまう
◆過ぎて行く、過ぎ去る
◆老いる、年を取る
辵3+3=総画数6 U+8FC9 [チ、ジ/]
◆遅(おそ)いさま、ゆっくりしたさま、同「遅」「【說文解字注:辵部:𨒈】遲或从𡰥(…𨒈卽遲字也然文選作迉迡…)」
𢀽己部
𨑑辵3+3=総画数6 U+28451 [フ、ブ/] 𨑟
◆撫(な)でる、優(やさ)しく摩(さす)る、同「撫」
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨑟】孚武切安也循也追也」「【字彙:酉集:辵部:𨑑】斐古切音撫逃去也」
𨑒辵3+3=総画数6 U+28452 [ト、ド、ズ/かち、いたずら・に、むだ、あだ] 徒𢔗𣥲𨑡𧺑𧺔𠫠
◆かち、乗り物に乗らず歩いて行く、同「𢓂」
◆何も持たない、「徒手トシュ(手に何も持たないこと)」
◆いたずら・に、むだ、あだ、空(むな)しい、無駄に、「手に何もない」「得るものが何もない」の意
◆歩兵ホヘイ、徒歩トホ(かち)の兵士
◆人、輩(やから)、「惡徒アクト」
◆行動を共にする人々、「徒党トトウ」
◆同じことを(また同じ師から)学ぶ人々、弟子テイシ(でし)、「門徒モント」
◆古代の刑罰の一つ、労役の刑「【清史稿:刑法志二】明律淵源蘆代以笞杖徒流死爲五刑…徒者奴也…」
◆ただ、単に
𨑓辵3+3=総画数6 U+28453 [キ、コ/お・きる、お・こす、お・こる、た・つ] 起𧺫𨑔𢀽𨑖𡆡
◆(横になっている状態・低い状態から上に向かって)立つ、立ち上がる、立たせる、立ち上げる
◆(それまで動きのなかった物事が)動き出す、動き始める
◆物事を動かす、始める、始まる、物事の始まり
𨑔辵7+3=総画数10 U+28454 [キ、コ/お・きる、お・こす、お・こる、た・つ] 起𧺫𢀽𨑓𨑖𡆡
◆(横になっている状態・低い状態から上に向かって)立つ、立ち上がる、立たせる、立ち上げる
◆(それまで動きのなかった物事が)動き出す、動き始める
◆物事を動かす、始める、始まる、物事の始まり
𨑕辵3+3=総画数6 U+28455 [/はさ]
◆[日]姓用字
𨑖辵3+3=総画数6 U+28456 [キ、コ/お・きる、お・こす、お・こる、た・つ] 起𧺫𨑔𢀽𨑓𡆡
◆(横になっている状態・低い状態から上に向かって)立つ、立ち上がる、立たせる、立ち上げる
◆(それまで動きのなかった物事が)動き出す、動き始める
◆物事を動かす、始める、始まる、物事の始まり
𨑗辵3+3=総画数6 U+28457 [チェン/] 𨕭
◆[喃]上、上へ、下から上の方向に移動する、上げる
𨑙辵3+3=総画数6 U+28459 [未詳/]
◆未詳
注解:「迅」の訛字か?
𨑚辵3+3=総画数6 U+2845A [未詳/]
◆未詳
𨑛辵7+3=総画数10 U+2845B [ウ/] 迂迃
◆まっすぐの道を避けて遠回りして行く、回り道する
◆「𨑛闊ウカツ」◇遥(はる)か遠いさま、遠く離れているさま「【中論:夭壽】…天道迂濶闇昧難明…」◇本質と(実際と)掛け離れているさま
𨑜辵3+3=総画数6 U+2845C [スォン/]
◆[喃]下、下へ、上から下の方向に移動する、下げる、降ろす
𨑞辵3+3=総画数6 U+2845E [チュン/]
◆なかなか前に進めない(進まない、進みようがない)さま、「邅」
𨑟辵3+3=総画数6 U+2845F [フ、ブ/] 𨑑
◆撫(な)でる、優(やさ)しく摩(さす)る、同「撫」
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨑟】孚武切安也循也追也」「【字彙:酉集:辵部:𨑑】斐古切音撫逃去也」
𨑡辵7+3=総画数10 U+28461 [ト、ド、ズ/かち、いたずら・に、むだ、あだ] 徒𢔗𣥲𨑒𧺑𧺔𠫠
◆かち、乗り物に乗らず歩いて行く、同「𢓂」
◆何も持たない、「徒手トシュ(手に何も持たないこと)」
◆いたずら・に、むだ、あだ、空(むな)しい、無駄に、「手に何もない」「得るものが何もない」の意
◆歩兵ホヘイ、徒歩トホ(かち)の兵士
◆人、輩(やから)、「惡徒アクト」
◆行動を共にする人々、「徒党トトウ」
◆同じことを(また同じ師から)学ぶ人々、弟子テイシ(でし)、「門徒モント」
◆古代の刑罰の一つ、労役の刑「【清史稿:刑法志二】明律淵源蘆代以笞杖徒流死爲五刑…徒者奴也…」
◆ただ、単に
𨒛辵3+3=総画数6 U+2849B [ジ、ニ/] 邇迩
◆(場所や時間などが)近い
◆(間柄が)近しい
辵3+4=総画数7 U+488C [ハツ、バツ/] 䟛𨒠𧺡
◆突然走り出す、不意に飛び出す、同「猝」
◆踏み越えて行く、踏み付ける、踏みにじる、同「跋」
辵4+4=総画数8 U+488F [두トゥ/]
◆[韓]容量が一石イッコクに満たない穀物
辵4+4=総画数8 U+8FCA [ソウ/]
◆周(めぐ)る、一回(ひとまわ)りする、同「帀」「匝」
漢字林(非部首部別)
辵4+4=総画数8 U+8FCB [オウ、キョウ、コウ/] 𨑳
◆往(い)く、出向いて行く、同「往」「𨓏」「【春秋左傳正義(春秋左傳注疏):卷三十八:起襄公二十七年盡二十八年】君使子展迋勞於東門之外而傲(《注》迋往也)…伯有迋勞於黃崖不敬…」
◆誑(たぶら)かす、欺(あざむ)く「【毛詩正義(毛詩註疏):卷七:國風:鄭:揚之水】…無信人之言人實迋女(《傳》迋誑也)」「【漢書(前漢書):卷二十七下之上:五行志第七下之上】是我迋吾兄也(師古曰迋欺也音求往反)」
◆恐れる、懼(おそ)れる、心配する
辵3+4=総画数7 U+8FCC [トツ/]
◆狡賢いさま
辵4+4=総画数8 U+8FCD [チュン/] 𨑞
◆なかなか前に進めない(進まない、進みようがない)さま、「邅」
筆順
辵3+4=総画数7 U+8FCE [ゲイ、ギョウ、ゴウ/むか・える] 𨒖
◆来る人を(その場で相手の到着を待つのではなく)途中まで出向いて行って逢(あ)う、別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れるのは「送ソウ」
◆進んで(相手の考えなどを)受け入れる、「迎合ゲイゴウ」
筆順
辵3+4=総画数7 U+8FCF [テイ、タイ、タツ、ダチ/] 达迖
◆滑(なめら)らか、同「滑」
◆到達する、達(たっ)する、同「達」
辵4+4=総画数8 U+8FD0 [ウン/]
◆走るさま
◆繁「運」
辵3+4=総画数7 U+8FD1 [キン、ゴン、コン/ちか、ちか・い] 𣂠
◆位置・時間・関係・状態などがすぐ傍(そば)にある
◆迫(せま)る、すぐ傍まで寄る、また寄せる
◆親(ちか)しい、親(した)しい(間柄や関係などが近い)
◆似ている(形状や様子などが近い)
◆(身近で)分かり易い
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+4=総画数8 U+8FD2 [コウ、ゴウ/]
◆獣や車の通った跡
◆獣や車の通った道
辵4+4=総画数8 U+8FD3 [ガ、ゲ/] 𨓃𨓴
◆客を出迎える、客が来る方に出向いて行って迎える、同「訝」「這」
辵3+4=総画数7 U+8FD4 [ハン、ホン、ヘン/かえ・る、かえ・す]
◆帰る、行った先から出発したところに戻る、同「𢓉」
◆元に戻る、元に戻す
◆[日]反対向きにする、反対向きになる
筆順
辵4+4=総画数8 U+8FD5 [ゴ、グ/]
◆向かうべき方に向かわない、進むべき方に向かって進まない、従(したが)わない、「迕逆ゴギャク」、同「忤」「𧺴」
◆思い掛けずに出会う(であう)、ばったりと出会す(でくわす)、遭遇ソウグウする、同「逜」「遻」
◆斜め("\""/")や"×"字状に渡した柱、筋交い(すじかい)、斜交い(はすかい)、同「梧」「【營造法式:營造法式補遺:斜柱】其名有五一曰斜柱二曰梧三曰迕四曰枝柱五曰义手」
辵3+4=総画数7 U+8FD6 [テイ、タイ、タツ、ダチ/] 达迏
◆滑(なめら)らか、同「滑」
◆到達する、達(たっ)する、同「達」
辵3+4=総画数7 U+8FD7 [ガ/]
◆「迗逇ガトン」、未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:迗逇】上五未反下徒本反玉篇云迗逇違天下也」
辵3+4=総画数7 U+8FD8 [フウ、ブ、カン、ゲン、セン、ゼン/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:还】俗不浮二音」
◆繁「還」
辵3+4=総画数7 U+8FD9 [シャ/は・う]
◆迎える、客を出迎える、同「訝」「迓」
◆これ、この、それ、その、this、「这么シャマ・ジャマァ(~のような、~のように)」
◆[日]は・う、手足を地に着けて進む
辵4+4=総画数8 U+8FDA [/とて・も]
◆[日]とても、とっても、甚(はなは)だ
筆順
辵3+4=総画数7 U+8FDB [シン/すす・む、すす・める] 進𨙟𨗃
◆前に向かって動く(行く)、前に出る、登る、上に向かって動く(行く)、昇って行く、状態が良い方向に向かう、逆は「退」
◆位や程度が上がる
◆人にものを差し出す、また差し上げる
◆中に入る、外から内側に向かって移動する
漢字林(非部首部別)
辵3+4=総画数7 U+8FDC [エン、オン/とお・い] 遠𨖸逺𢕱
◆場所や時間などが遥(はる)かに離れている、間(あいだ)が大きく空(あ)いている
◆間を離す、大きく空ける
◆関係が薄い
漢字林(非部首部別)
辵3+4=総画数7 U+8FDD [イ/ちが・う、ちが・える、たが・う、たが・える] 違𨔻𨕸
◆背(せ)を向ける、背を向け去る、背(そむ)く
◆あるべき形や様子と異なる、また反している、また合っていない
◆守るべきものを守らない、従(したが)わない
辵3+4=総画数7 U+8FDE [レン/つら・なる、つら・ねる、つ・れ、つ・れる]
◆途切れずに続く、次々に間を置かずに続く、また繋(つな)がる
◆結び付く、関わり合いを持つ
◆一緒に行動する
◆続々と、次々に、間を置かずに
漢字林(非部首部別)
辵3+4=総画数7 U+8FDF [チ、ジ/おそ・い、おく・れる] 遲遅遟𨒈
◆ゆっくりしたさま、次の動作までに時間が掛るさま
◆ゆっくりと進む、鈍(のろ)い
◆決まっている時間・期間の終わりの頃になる、またその頃を過ぎる
◆決まっている時(瞬間・時間・時期など)に間に合わない
辵4+4=総画数8 U+FA24 [/そり]
◆[日]「﨤目(そりめ)」、地名、長野県長野市
◆[日]「﨤町(そりまち)」、姓
𣂠斤部
𨑢辵7+4=総画数11 U+28462 [ショウ、シュ/] 𨑹𨒀𨒁
◆付き随(したが)う、前に従(したが)う、後(あと)に付いて行く、同「従」「䢨」
𨑦辵3+4=総画数7 U+28466 [ショ、ジョ/]
◆徐(おもむろ)に行く、ゆっくりと行く、同「徐」「【字彙:酉集:辵部:𨑦】見周宣王石鼓文主𨑦今作徐」
𨑧辵3+4=総画数7 U+28467 [タイ/しりぞ・く、の・く、ひ・く、ど・く] 退𨓤𨔫𨓆𢓴𢔕𢓇
◆後ろに向かう、後ろへ下がる、後ろ向きに進む、逆は「進」
◆今いる場所から遠ざかる方に向かう、その場を立ち去る
◆体を後へ引く、身を引く
◆状態が悪くなる(衰える、弱まる)方に向かう、勢いがなくなる、鮮(あざ)やかさや美しさが少しずつ失われていく、同「褪」
𨑩辵3+4=総画数7 U+28469 [テキ、チャク、チョウ/] 𨒝
◆至る、行き着く「【說文解字注:辵部:𨑩】至也从辵弔聲(…釋詁毛傳皆云弔至也至者弔中引伸之義加辵乃後人爲之…)」
𨑬辵3+4=総画数7 U+2846C [セイ、セ/]
◆列を作って遮(さえぎ)る、また押し止める
◆遥か遠くまで出掛けて行く
𨑭辵3+4=総画数7 U+2846D [シ/] 𨔀𨗬𨖤
◆他の場所に移る、他の場所へ移す、同「徙」「迻」
漢字林(非部首部別)
𨑲辵3+4=総画数7 U+28472 [未詳/]
◆未詳
注解:「𢌜(廷)」の訛字か?
𨑳辵3+4=総画数7 U+28473 [オウ、キョウ、コウ/]
◆往(い)く、出向いて行く、同「往」「𨓏」「【春秋左傳正義(春秋左傳注疏):卷三十八:起襄公二十七年盡二十八年】君使子展迋勞於東門之外而傲(《注》迋往也)…伯有迋勞於黃崖不敬…」
◆誑(たぶら)かす、欺(あざむ)く「【毛詩正義(毛詩註疏):卷七:國風:鄭:揚之水】…無信人之言人實迋女(《傳》迋誑也)」「【漢書(前漢書):卷二十七下之上:五行志第七下之上】是我迋吾兄也(師古曰迋欺也音求往反)」
◆恐れる、懼(おそ)れる、心配する
𨑴辵3+4=総画数7 U+28474 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:辶部:𨑴】同"造"」
𨑵辵3+4=総画数7 U+28475 [キツ、ゴチ/まで] 迄𨑐
◆継続・連続している動作・状態・時間・空間などの区切りとなるところ、行き着くところ、尽きるところ、またその間づっと
◆結局は、所詮(しょせん)
𨑶辵3+4=総画数7 U+28476 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:辵部:𨑶】同"延"」
𨑷辵3+4=総画数7 U+28477 [シュン、シン、ジン/]
◆動きが早い、飛ぶように速い
◆急激なさま、激しいさま
𨑸辵3+4=総画数7 U+28478 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:辶部:𨑸】同"迩"」
𨑹辵3+4=総画数7 U+28479 [ショウ、シュ/] 𨑢𨒀𨒁
◆付き随(したが)う、前に従(したが)う、後(あと)に付いて行く、同「従」「䢨」
𨑺辵3+4=総画数7 U+2847A [未詳/]
◆「廷𨑺(音未詳)」、鬼仙キセン(道教の「五仙、天仙・神仙・地仙・人仙・鬼仙」の一と思われる)の名「【酉陽雜俎《欽定四庫全書》本:卷十四:諾皐記上】太真科經有鬼仙丙戌鬼名日𪚣生 丙午日鬼名挻𢐪 乙卯日鬼名天陪 戊午日鬼名耳述 壬戌日鬼名𨕌 辛丑日鬼名䢑 乙酉日鬼名聶左 丙辰日鬼名夭𨗑 辛卯日鬼名𢣱 酉䖝鬼名髪廷𨑺 厠鬼名頊天竺(一曰笙)語忘敬遺二鬼名婦人臨產呼之不害人長三寸三分上下烏衣 馬鬼名賜 虵鬼名𠋙石圭(一曰𠪨) 井鬼名瓊 衣服鬼名甚遼 *神{𨝒-阝}鬱壘領萬鬼」(《崇文書局叢書》本は「*神茶鬱壘領萬鬼」、《摛藻堂四庫全書薈要》本は「*神荼鬱壘領萬鬼」)
𨑼辵3+4=総画数7 U+2847C [テイ、タイ/]
◆前に進まないさま(或いは進めないさま)「【字彙補:酉集:辵部:𨑼】丁冀切音帝不進也」
𨑾辵3+4=総画数7 U+2847E [シュン、ジュン/めぐ・る] 巡廵𡿽
◆各所を見に行く、見て回る
◆順に見て回る、一回り(ひとまわり)する
◆「𨑾守・𨑾狩ジュンシュ」、天子が諸国・各地を視察シサツして回ること
◆「逡𨑾・逡循・逡遁シュンジュン」◇後退(あとずさ)りする、尻込(しりご)みする◇進む(巡)べきか退く(逡)べきか迷うさま(「躊躇チュウチョ(少し進んでは立ち止まり少し進んでは立ち止まるさま)」とは別義)
𨑿辵3+4=総画数7 U+2847F [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨑿】子斗切音走行貌」
𨒀辵3+4=総画数7 U+28480 [ショウ、シュ/] 𨑢𨑹𨒁
◆付き随(したが)う、前に従(したが)う、後(あと)に付いて行く、同「従」「䢨」
𨒁辵3+4=総画数7 U+28481 [ショウ、シュ/] 𨑢𨑹𨒀
◆付き随(したが)う、前に従(したが)う、後(あと)に付いて行く、同「従」「䢨」
辵3+5=総画数8 U+4890 [ソ、ショ、ゾ/] 𨒚𨖆
◆「𨒮䢐シショ」、(恐れて、疑って、迷って、決めかねて)なかなか前に進めないさま、進んでは止まり進んでは止まるさま、躊躇(ためら)うさま、同「趑趄」「𨀥跙」
◆往(い)く、同「徂」
辵3+5=総画数8 U+4891 [テイ、タイ/]
◆鬼仙キセン(道教の「五仙、天仙・神仙・地仙・人仙・鬼仙」の一と思われる)の名「【酉陽雜俎《欽定四庫全書》本:卷十四:諾皐記上】太真科經有鬼仙丙戌鬼名日𪚣生 丙午日鬼名挻𢐪 乙卯日鬼名天陪 戊午日鬼名耳述 壬戌日鬼名𨕌 辛丑日鬼名䢑 乙酉日鬼名聶左 丙辰日鬼名夭𨗑 辛卯日鬼名𢣱 酉䖝鬼名髪廷𨑺 厠鬼名頊天竺(一曰笙)語忘敬遺二鬼名婦人臨產呼之不害人長三寸三分上下烏衣 馬鬼名賜 虵鬼名𠋙石圭(一曰𠪨) 井鬼名瓊 衣服鬼名甚遼 *神{𨝒-阝}鬱壘領萬鬼」(《崇文書局叢書》本は「*神茶鬱壘領萬鬼」、《摛藻堂四庫全書薈要》本は「*神荼鬱壘領萬鬼」)
◆前に進まないさま(或いは進めないさま)「【說文解字:辵部:䢑】怒不進也」「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:䢑】丁計切驚不進也向不及也驚也駭也」
辵4+5=総画数9 U+8FE0 [ショウ/]
◆行く
辵3+5=総画数8 U+8FE1 [チ、ジ/]
◆遅(おそ)いさま、ゆっくりしたさま、同「遅」「【說文解字注:辵部:𨒈】遲或从𡰥(…𨒈卽遲字也然文選作迉迡…)」
辵4+5=総画数9 U+8FE2 [チョウ、ジョウ/] 𨔴𦴚
◆遥(はる)か遠いさま、また高いさま、遠くまで続いているさま、「迢遰チョウテイ」「【全唐文:卷一百四十一:九成宮醴泉碑銘】…參差仰視則𦴚𨘬…」「【晚晴簃詩匯:卷一百三十八:彭子穆招同少鶴餞行】…龍溪𨔴𨘬鬱哀思…」「【集韻:卷三:平聲:蕭第三:迢𨔴】田聊切說文迢遰也一曰迢迢髙貌」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+5=総画数9 U+8FE3 [セイ、セ/] 𨑬
◆列を作って遮(さえぎ)る、また押し止める
◆遥か遠くまで出掛けて行く
辵4+5=総画数9 U+8FE4 [イ/] 迆𨒶
◆「逶迤、𨖿迤イイ」「迤邐イリ」「邐迤リイ」、(まっすぐではなく)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迱・逶蛇・委蛇イイ・イタ」
漢字林(非部首部別)
辵4+5=総画数9 U+8FE5 [ケイ、ギョウ/] 逈䢛㢠
◆遠く離れ間(あいだ)に遮(さえぎ)るものがないさま、懸(か)け離(はな)れているさま
◆遠く離れているさま、同「泂」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+5=総画数9 U+8FE6 [カ、ケ、キャ/]
◆「カ」などの音オンを表す漢字(音写字)
◆「釈迦シャカ」、「釈迦牟尼シャカムニ(Śākyamuni[梵]の音写)」、古代インドの人で仏教の開祖
◆「迦逅カコウ」、未詳「【太玄經:迎】次七逺之𥅠近之棓迎父迦逅(迦逅邂逅解脱之貌)」
筆順
辵3+5=総画数8 U+8FE7 [シン、ジン/]
◆従う、随(したが)う、後に付いて行く、同「狥」「徇」「【字彙:酉集:辵部:迧】見周宣王石皷文鄭云迧作狥」
辵4+5=総画数9 U+8FE8 [タイ、ダイ/]
◆及ぶ、~の状態が継続してここに(今に)至る、同「𨽿」「及」「【詩經集傳:卷之三朱熹集傳】迨天之未陰雨徹彼桑土(「迨天之未陰雨」は「雨降りで薄暗い天気が続いている」の意)
◆~(の状態、の時)になる、~に至(いた)る、同「及」「【太平廣記:神仙十六:張老】迨暮稍聞笙篁之音(「迨暮」は「暮れる、陽が沈んで辺りが薄暗くなる」の意)
筆順
辵3+5=総画数8 U+8FE9 [ジ、ニ/] 邇𨒛
◆(場所や時間などが)近い
◆(間柄が)近しい
筆順
辵3+5=総画数8 U+8FEA [テキ、ジャク/] 𨔅廸
◆道(みち)、先人が切り開いた道
◆先人が切り開いた道を行く
◆人としての道(先人が切り開いた道、道徳)を後人コウジン(子孫や後世の人)に教え導く
◆先人が切り開いた道に従って進む、また実践する
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+5=総画数8 U+8FEB [ハク、ヒャク/せま・る]
◆間近(まじか)まで近づく、間(あいだ)が狭まる、間(ま)が詰まる、「逼迫ヒッパク」
◆(身動きができないところまで)間を詰める、追い詰める、「強迫キョウハク」
筆順
辵4+5=総画数9 U+8FEC [オウ、チュウ/] 𨓹
◆往(い)く、目的とする方に向かって行く、同「往」
◆行先(ゆくさき)
辵3+5=総画数8 U+8FED [テツ、デチ/]
◆(位や任務を)代わる、抜けて空いたところに入る
◆入れ替わりに、代わる代わるに
◆滑(すべ)る、滑(なめら)らか、同「达」
筆順
辵4+5=総画数9 U+8FEE [サク、シャク/] 𨕠
◆迫(せま)る、間近(まじか)まで近づく、差し迫(せま)る、間(あいだ)が狭まる、同「迫」
◆起こる、起こす、同「作」
漢字林(非部首部別)
辵4+5=総画数9 U+8FEF [チョウ、トウ、ドウ/に・げる、のが・れる] 逃𨓱𨒯𨓖
◆受け入れ難い状態から抜け出る、受け入れ難い状態に陥らない方向に向かって行く、避けて遠ざかる
筆順
辵3+5=総画数8 U+8FF0 [シュツ、ジュツ、ズチ/の・べる]
◆既に道筋が付いているものや頼りになるものに沿って行く、先例などに従う、同「循」
◆先人の事績を受け継ぎ伝える、そのために文章に書き表す、或いは言葉で言い表す
◆考えや思いを書き表す、或いは言い表す、同「術」「𠰲」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+5=総画数9 U+8FF1 [イ、タ、ダ/]
◆「逶迱イイ・イタ」、(大勢の人が)うねうねと(起伏・蛇行しながら)連なり進むさま、同「逶蛇、委蛇」「逶迤イイ」「迤邐イリ」「邐迤・邐迆リイ」
漢字林(非部首部別)
辵4+5=総画数9 U+8FF2 [겁コプ/]
◆[韓]「迲乙田(겁을전コブルヂョン)」、地名、大韓民国京畿道(경기도キョンギド)金浦市(김포시キムポシ)通津邑(통진읍トンヂゥップ)
辵3+5=総画数8 U+8FF3 [ケイ、キョウ/]
◆まっすぐに通じている近道、細い道、歩道、車の通れない狭い道、同「徑」
𨒂辵3+5=総画数8 U+28482 [未詳/]
◆未詳
𨒄辵3+5=総画数8 U+28484 [エン/]
◆行く
𨒅辵3+5=総画数8 U+28485 [ケイ/]
◆怖(おそ)れる、恐らく
𨒈辵3+5=総画数8 U+28488 [チ、ジ/おそ・い、おく・れる] 遲遅遟迟
◆ゆっくりしたさま、次の動作までに時間が掛るさま
◆ゆっくりと進む、鈍(のろ)い
◆決まっている時間・期間の終わりの頃になる、またその頃を過ぎる
◆決まっている時(瞬間・時間・時期など)に間に合わない
𨒉辵3+5=総画数8 U+28489 [スイ、ズイ、ツイ/] 𨒘𨓫
◆とんと突き当たる、行き止りのところまで辿り着く、同「遂」「【類篇:辵部:遂𨒉𨓸】徐醉切説文亡也一曰因也達也古作𨒉𨓸又陟利切前頓也又追萃切足不前也」
𨒋辵3+5=総画数8 U+2848B [エツ、オチ/]
◆乗り越える、乗り越えて行く、同「越」
𨒌辵3+5=総画数8 U+2848C [セイ、ショウ/] 𢌛
◆行く、目的地に向かってまっすぐに進んで行く、同「征」
𨒍辵3+5=総画数8 U+2848D [セイ、セ/]
◆ぶらぶらと歩く
𨒎辵3+5=総画数8 U+2848E [セン、ゼン/] 遄𨖺𨖇
◆多くの人が足早に行き来するさま
◆足早に行く、颯(さっ)と通り過ぎる
𨒏辵3+5=総画数8 U+2848F [セキ、シャク/あと] 迹𨒪
◆歩いたところに残る足跡、同繁「跡」
◆嘗(かつ)て物や出来事があったところに残る痕跡コンセキ、同「跡」「蹟」
◆跡を辿(たど)る
𨒐辵3+5=総画数8 U+28490 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:辶部:𨒐】同"佑"」
𨒔辵3+5=総画数8 U+28494 [未詳/]
◆未詳
𨒖⻎3+5=総画数8 U+28496 [ゲイ、ギョウ、ゴウ/むか・える]
◆来る人を(その場で相手の到着を待つのではなく)途中まで出向いて行って逢(あ)う、別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れるのは「送ソウ」
◆進んで(相手の考えなどを)受け入れる、「迎合ゲイゴウ」
𨒘辵3+5=総画数8 U+28498 [スイ、ズイ、ツイ/] 𨒉𨓫
◆とんと突き当たる、行き止りのところまで辿り着く、同「遂」「【類篇:辵部:遂𨒉𨓸】徐醉切説文亡也一曰因也達也古作𨒉𨓸又陟利切前頓也又追萃切足不前也」
𨒙辵3+5=総画数8 U+28499 [コウ、グ、タク/]
◆出会う、同「逅」
◆託(たく)す、同「託」
𨒚辵3+5=総画数8 U+2849A [ソ、ショ、ゾ/] 䢐𨖆
◆「𨒚䢐シショ」、(恐れて、疑って、迷って、決めかねて)なかなか前に進めないさま、進んでは止まり進んでは止まるさま、躊躇(ためら)うさま、同「趑趄」「𨀥跙」
◆往(い)く、同「徂」
𨒝辵3+5=総画数8 U+2849D [テキ、チャク、チョウ/] 𨑩
◆至る、行き着く「【說文解字注:辵部:𨑩】至也从辵弔聲(…釋詁毛傳皆云弔至也至者弔中引伸之義加辵乃後人爲之…)」
𨒞辵3+5=総画数8 U+2849E [カン/]
◆未詳
𨒟辵3+5=総画数8 U+2849F [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺䢬迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨒠辵7+5=総画数12 U+284A0 [ハツ、バツ/] 䟛䢌𧺡
◆突然走り出す、不意に飛び出す、同「猝」
◆踏み越えて行く、踏み付ける、踏みにじる、同「跋」
𨒡辵3+5=総画数8 U+284A1 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨒡】揚雄蜀都賦塡衍𨒡野音未詳」「【漢語大字典:辵部:𨒡】【漢語大詞典:辵部:𨒡】同"驅"」
𨒣辵3+5=総画数8 U+284A3 [ユウ、ユ/あそ・ぶ] 遊逰䢊𨒰𨓎䢟
◆同じところに留(とど)まらずにあちこち巡(めぐ)り歩く、あちこちに出向いて行く、同「游」
◆気の向くままに楽しむ、同「游」
◆互いに行き来して親しく交わる、同「游」、「交遊コウユウ」、同「交游」
◆家を離れて他に行く(他に移り住む)、定住することなくあちこちと移り住む、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
◆これといった職や役に就(つ)かない、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
辵3+6=総画数9 U+4892 [コウ、キョウ/] 𨓩𧻨
◆形や状態などが"+""X"字形(交差する)ような形になるさま、違う方向から進んできたものが一点で出会うさま、交叉コウサするさま、同「交」
◆「䢒逪コウサク」、交錯コウサクする、入り乱れる、同「交錯」
辵3+6=総画数9 U+4894 [コウ、ゴウ/]
◆先(さき)に行っている人に追い付く、同「及」「【玉篇:卷六:辵部第一百二十七:䢔】䢔遝行相及」
辵3+6=総画数9 U+4895 [シュツ、シュチ/]
◆多くの人や動物が(一斉に、群れになって)走るさま
辵3+6=総画数9 U+4896 [未詳/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:䢖】余述切分布也又行皃」「【廣韻:入聲:術第六:聿:䢖】行皃」
辵3+6=総画数9 U+4898 [수ス/]
◆[韓]「䢘城(수성スソン)」、高句麗コウクリ(고구려コグリョ、前1世紀頃~668年)にあった古地名、現江原道(강원도カンウォンド)高城郡(고성군コソングン)杆城(간성カンソン)「【三國史記:卷第三十五:雜志第四:地理二】守城郡本高句麗䢘城郡景德王改名今杆城縣」
辵4+6=総画数10 U+8FF4 [カイ、エ/]
◆回(まわ)る、一周して(一巡して)元に戻る、廻(めぐ)る、同「回」「廻」
◆曲がる、脇(わき)に逸(そ)れる、「迴避・回避・廻避カイヒ」
筆順
辵4+6=総画数10 U+8FF5 [トウ、ズウ/]
◆滞(とどこお)ることなく通ツウじる、通(とお)る
辵4+6=総画数10 U+8FF6 [ユウ/]
◆行くさま
漢字林(非部首部別)
辵3+6=総画数9 U+8FF7 [ベイ、マイ、メイ/まよ・う、まよ・わす]
◆どちらに行ったらよいか(どうしたらよいか)分からなくなる、戸惑(とまど)う
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+6=総画数10 U+8FF8 [ホウ、ヒョウ/ほとばし・る、とばし・る] 逬𨔧
◆散らすように走り逃げる、同「跰」「𧻓」
◆一斉イッセイに吹き出す
筆順
辵4+6=総画数10 U+8FF9 [セキ、シャク/あと] 𨒏𨒪
◆歩いたところに残る足跡、同繁「跡」
◆嘗(かつ)て物や出来事があったところに残る痕跡コンセキ、同「跡」「蹟」
◆跡を辿(たど)る
筆順
辵4+6=総画数10 U+8FFA [ダイ、ナイ/]
◆乃(すなわ)ち、同「乃」
◆[日]「の」「~の~」に当てる漢字、同「乃」
筆順
辵4+6=総画数10 U+8FFB [イ/] 𡖰
◆他の場所に移る、他の場所へ移す、同「移」「徙」
辵3+6=総画数9 U+8FFC [キツ、キチ/]
◆跳ねる
辵3+6=総画数9 U+8FFD [ツイ/お・う]
◆先に行った者の跡を辿(たど)って行く、済んだ物事と同じ道を逆に辿る、現在(結果)に至るまでの道筋を過去(原因)に向かって遡(さかのぼ)って行く、「追跡ツイセキ(跡を辿り追い掛けて行く)」「追念ツイネン(過ぎ去った時のことを思う)」「追悼ツイトウ(先に往ってしまった人を思い悼む)」
◆後から付け加える、後から補(おぎな)う、「追記ツイキ」
◆玉ギョク(美しく高貴な石)を削ったり彫ったりして形を整える、同「𤤷」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+6=総画数10 U+8FFE [レツ、レチ/] 𨔭𨔜
◆貴人が通る道に予(あらかじ)め兵士を並ばせて人の出入りを遮(さえぎ)る(通行を規制する)
◆列を作る、列を作って遮(さえぎ)る、また押し止(とど)める
迿辵3+6=総画数9 U+8FFF [シュン、ジュン/]
◆(口論や攻撃などの)口火を切る
退辵3+6=総画数9 U+9000 [タイ/しりぞ・く、の・く、ひ・く、ど・く] 𨓤𨔫𨓆𨑧𢓴𢔕𢓇
◆後ろに向かう、後ろへ下がる、後ろ向きに進む、逆は「進」
◆今いる場所から遠ざかる方に向かう、その場を立ち去る
◆体を後へ引く、身を引く
◆状態が悪くなる(衰える、弱まる)方に向かう、勢いがなくなる、鮮(あざ)やかさや美しさが少しずつ失われていく、同「褪」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+6=総画数9 U+9001 [ソウ、ス/おく・る] 𨓵𠌡𨔮䢠𨕩𨕼𨕪
◆行く人(別れる人、帰る人、旅立つ人、亡くなった人など)と別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れる、出向いて行って迎(むか)えるのは「迎ゲイ」
◆ものを目的地へ運び届ける
◆贈(おく)る、遣(つか)わす
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+6=総画数10 U+9002 [カツ、カチ、セキ、シャク/]
◆速い、急に、あっという間に、同「𨓈」
◆繁「適」
辵3+6=総画数9 U+9003 [チョウ、トウ、ドウ/に・げる、のが・れる] 迯𨓱𨒯𨓖
◆受け入れ難い状態から抜け出る、受け入れ難い状態に陥らない方向に向かって行く、避けて遠ざかる
筆順
辵4+6=総画数10 U+9004 [ホウ、ボウ/]
◆「逄蒙ホウボウ」、人名、夏代の有𥨪ユウキュウ国の国主大羿タイゲイの弟子で弓の名手とされる、異説では后羿コウゲイの弟子とされ、後に后羿を討ったという、同「逢蒙」「【孟子注疏:卷八上:離婁章句下】逄蒙學射於羿盡羿之道思天下惟羿爲愈己於是殺羿(…逄蒙羿之家衆也…)」
◆「逄安ホウアン」、人名、未詳「【後漢書:卷四十一:劉玄劉盆子列傳】其夏樊崇逄安謀反誅死」
辵4+6=総画数10 U+9005 [コウ、グ/]
◆出会う
◆「邂逅カイコウ」、思い掛けなく出会う
筆順
辵3+6=総画数9 U+9006 [ゲキ、ギャク/さか・らう]
◆"→"向きに進むべきものが"←"向きに進む、進むべき道(道理や道徳など)に反する、本来の(一般的な)方向や順序と反対向きである、「逆行ギャッコウ」「逆流ギャクリュウ」、同「屰」
◆背(そむ)く、反ハンする、従わない、「逆命ギャクメイ(命令に背く)」
◆やって来る"→"人を、こちらから出向いて"←"迎える
◆出会う、"→"向きに進んでいる人が、"←"向きに進んできた人と出会う、同「遌」
◆予(あらかじ)め、前もって
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+6=総画数9 U+9007 [トン/]
◆「迗逇ガトン」、未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:迗逇】上五未反下徒本反玉篇云迗逇違天下也」
辵4+6=総画数10 U+9008 [ケイ、ギョウ/] 迥䢛㢠
◆遠く離れ間(あいだ)に遮(さえぎ)るものがないさま、懸(か)け離(はな)れているさま
◆遠く離れているさま、同「泂」
辵3+6=総画数9 U+9009 [セン/えら・ぶ、え・る、よ・る] 選𨕖𨓟
◆多くのものを基準に従って仕分ける、また仕分けて目的のものを抜き出す、「選択センタク」「選抜センバツ」、同「撰」
◆仕分け抜き出したものを纏(まと)めたもの、「選集センシュウ(幾つかの作品の中から選び纏めた書物、作品集)」
◆「少选ショウセン」、暫(しば)し、少しの間
辵3+6=総画数9 U+900A [ソン/へりくだ・る] 遜愻
◆へりくだ・る、他を敬って自ら一歩退(ひ)く、自ら一歩退(しりぞ)き控え目に振る舞う
◆自ら地位などを退(しりぞ)き他に譲る
◆逃(のが)れ身を隠す、同「遁」
𡖰夕部
𨒤辵3+6=総画数9 U+284A4 [シ/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨒤】七爾切與𧺼同」「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨒤】音此異也」
𨒥辵3+6=総画数9 U+284A5 [コウ、グ、ゴ/のち、うしろ、あと、おく・れる] 後𢔏
◆位置的には背の方向、時間的には未来の方向、順位・順序では下位の方向、逆は「前」「先」
◆遅れる、遅れて来る
◆家を継ぐ子、子孫
𨒦辵3+6=総画数9 U+284A6 [イン/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨒦】於忍切𨒦𨓇走也」「【資治通鑑:卷四:周紀四:赧王中】…故棧道木閣而𨒦王與后於城陽…」
𨒧辵3+6=総画数9 U+284A7 [セイ、ゼ/]
◆遥か遠いところを目指して(山を越え川を渡り)行く、越えて(乗り越えて)行く、同「𧺿」「𧻸」
𨒨辵3+6=総画数9 U+284A8 [カイ、ガイ/]
◆走る「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨒨】戶愛切走也」
𨒪辵3+6=総画数9 U+284AA [セキ、シャク/あと] 迹𨒏
◆歩いたところに残る足跡、同繁「跡」
◆嘗(かつ)て物や出来事があったところに残る痕跡コンセキ、同「跡」「蹟」
◆跡を辿(たど)る
𨒫辵3+6=総画数9 U+284AB [ヨウ/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨒫】與章切進退皃」「【正字通:酉集下:辵部:𨒫】俗逆字舊註不詳考逆卽隸逆字省文沿篇海改音羊進退貎非」
𨒭辵3+6=総画数9 U+284AD [カイ、ケ/]
◆大きい、大きく広がる、同「恢」
𨒮辵3+6=総画数9 U+284AE [シ/] 趑赼趦𧾕
◆「𨒮䢐シショ」、(恐れて、疑って、迷って、決めかねて)なかなか前に進めないさま、進んでは止まり進んでは止まるさま、躊躇(ためら)うさま、同「𨀥跙」
◆「𨒮雎シキ」◇同「趑趄」参照◇思うがままに振る舞うさま、勝手気ままなさま、同「恣睢」
𨒯辵3+6=総画数9 U+284AF [チョウ、トウ、ドウ/に・げる、のが・れる] 逃迯𨓱𨓖
◆受け入れ難い状態から抜け出る、受け入れ難い状態に陥らない方向に向かって行く、避けて遠ざかる
注解:「𨒽」
𨒰辵3+6=総画数9 U+284B0 [ユウ、ユ/あそ・ぶ] 遊逰𨒣䢊𨓎䢟
◆同じところに留(とど)まらずにあちこち巡(めぐ)り歩く、あちこちに出向いて行く、同「游」
◆気の向くままに楽しむ、同「游」
◆互いに行き来して親しく交わる、同「游」、「交遊コウユウ」、同「交游」
◆家を離れて他に行く(他に移り住む)、定住することなくあちこちと移り住む、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
◆これといった職や役に就(つ)かない、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
𨒲辵3+6=総画数9 U+284B2 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨒲】舊藏作迷又郭氏俗呼角反在廣弘明集第二十四卷中」
𨒳辵3+6=総画数9 U+284B3 [ソツ、ソチ/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨒳】子聿切音卒見釋藏」
𨒵辵3+6=総画数9 U+284B5 [未詳/]
◆未詳
𨒶辵3+6=総画数9 U+284B6 [イ/] 迤迆
◆「逶𨒶・𨖿𨒶イイ」「𨒶邐イリ」「邐𨒶リイ」、(まっすぐではなく)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迱・逶蛇・委蛇イイ・イタ」
𨒷辵4+6=総画数10 U+284B7 [풍プン/]
◆[韓]風(かぜ)
𨒼辵7+6=総画数13 U+284BC [コン/]
◆未詳「【集韻:卷去聲上:去聲上:𢚉第二十七:𨒼】走止也」
注解:「退(前に進むのを止める、後ろに向かって進む)」に近い義と思われる
𨒽辵3+6=総画数9 U+284BD [ソウ、ゾウ/つく・る] 造𨕡𦹢
◆(素材に手を加えて、組み合わせて)作り上げる
◆成(な)る、為(な)す、成し遂(と)げる
◆到(いた)る、行き着く
◆慌てる、慌ただしい
◆「𨒽次ゾウジ」◇ごく短い時間、咄嗟トッサ◇急いで、あたふたと「【論語注疏:卷四:里仁】…君子無終食之間違仁造次必於是顚沛必於是(《疏》…造次急遽也…)」
注解:「𨒯」
𨒾辵3+6=総画数9 U+284BE [テイ、ダイ/] 遞逓𨔄𨕑遆𨓠𨓝递
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
𨒿辵3+6=総画数9 U+284BF [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨓀辵3+6=総画数9 U+284C0 [テイ、ジョウ/にわ]
◆堂ドウ(大きな建物、母屋おもや)の正面階段前の平らに整地された広場、同「廷」
◆宮中、役所や裁判所(廷)、またその敷地内の平らに整地された広場、同「廷」
◆広い場所
𨓂辵3+6=総画数9 U+284C2 [サク、ザク/] 𨖮
◆速い、同「𤉐」
𨓃辵3+6=総画数9 U+284C3 [ガ、ゲ/] 迓𨓴
◆客を出迎える、客が来る方に出向いて行って迎える、同「訝」「這」
辵3+7=総画数10 U+4899 [ハイ、ヘ/]
◆争いなどに敗(やぶ)れる、負ける、同「敗」
◆敗走する、争いなどに敗れ散り散りに走って逃げる
辵3+7=総画数10 U+489B [ケイ、ギョウ/] 迥逈㢠
◆遠く離れ間(あいだ)に遮(さえぎ)るものがないさま、懸(か)け離(はな)れているさま
◆遠く離れているさま、同「泂」
辵3+7=総画数10 U+48A0 [ソウ、ス/おく・る] 送𨓵𠌡𨔮𨕩𨕼𨕪
◆行く人(別れる人、帰る人、旅立つ人、亡くなった人など)と別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れる、出向いて行って迎(むか)えるのは「迎ゲイ」
◆ものを目的地へ運び届ける
◆贈(おく)る、遣(つか)わす
辵4+7=総画数11 U+900B [ホ、フ/] 𨕝
◆逃(に)げる、逃亡トウボウする
◆納めるべき税や負うべき労役から逃(のが)れる、「逋租ホソ」「逋賦ホフ」「逋負ホフ(未払いの税や負債)」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+7=総画数11 U+900C [ユウ、ユ/] 𨔟𨓘𨔖𨔁𠧴𠧠𠧷𠅓
◆ゆったりとしたさま、のびのびとしたさま、悠々ユウユウとしたさま、のびのびとしたさま、同「𠧴」
◆~ところ~(行ってみたところ~、話したところ~、確認したところ~)、動きを表す語と結果を表す語との間に置く語、同「攸」
漢字林(非部首部別)
辵4+7=総画数11 U+900D [ショウ/]
◆「逍遥・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
筆順
辵4+7=総画数11 U+900E [シュウ、ジュ/]
◆迫る、間近に迫る、差し迫まる
◆急(せ)かす、急(せ)き立てる
◆多くのものが一か所に集まる、集まって固まる、引き締まる
◆力強いさま
筆順
辵3+7=総画数10 U+900F [トウ、ツ/す・ける、とお・る]
◆物を通して、また隙間を通して向こう側が見える
◆(向こう側へ)通り抜ける、突き抜ける
◆跳(と)ぶ、跳び上がる
筆順
辵3+7=総画数10 U+9010 [チク、ジク/] 𢄘
◆(獲物を)追う、追い掛ける、次第次第に追い詰める
◆追い払う
◆一つずつ順を追って、「逐次チクジ」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+7=総画数11 U+9011 [キュウ、グ/]
◆寄り集まる、一カ所に集まる
◆対等に付き合う相手、行動や生活を共にする人、仲間、同「仇」
筆順
辵3+7=総画数10 U+9012 [テイ、ダイ/] 遞逓𨔄𨕑遆𨓠𨓝𨒾
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
辵3+7=総画数10 U+9013 [テイ、ダイ/] 遞𨔄𨕑遆𨓠𨓝𨒾递
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
筆順
辵3+7=総画数10 U+9014 [ト、ド、ズ/みち]
◆(途切れることなく繋がっている)道、道路、同「涂」「塗」
◆(目的とするところに達するための)道、道筋
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+7=総画数11 U+9015 [ケイ、キョウ/]
◆まっすぐに通じている近道、細い道、歩道、車の通れない狭い道、同「徑」
筆順
辵4+7=総画数11 U+9016 [テキ、チャク/]
◆遠い、遠く離れているさま、遥か遠いさま、同「狄」「逷」
筆順
辵4+7=総画数11 U+9017 [トウ、ズ/]
◆止(と)まる、止まって動かない、止(とど)まる、同じところに留(とど)まる
◆滞在する、同「投」、「逗留トウリュウ」「逗宿・投宿トウシュク」
◆「逗点トウテン」「逗号トウゴウ」、文の中に置く読みの区切り、「、」で表す、コンマcomma、同「読点」
◆「逗趣トウシュ」、面白(おもしろ)おかしいさま
筆順
辵4+7=総画数11 U+9018 [シ、ジ、イ/]
◆その人・時間・機会などが来るのを(その状態になるのを)待つ、同「俟」「竢」
◆進む
辵4+7=総画数11 U+9019 [シャ/は・う]
◆迎える、客を出迎える、同「訝」「迓」
◆これ、この、それ、その、this、「這麼シャマ・ジャマァ(~のような、~のように)」
◆[日]は・う、手足を地に着けて進む
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+7=総画数10 U+901A [トウ、ツウ/とお・る、かよ・う] 𢓶
◆途中に障害となるようなものがなく反対側・向こう側・相手方・目的地まで達する、また達している
◆支障なく行き来ができる、また行き来する、また行き来ができるようにする
◆(道路や手紙など)行き来するものの数を数える語、「四通シツウ(四方に通じる、四方に達する)」
◆こちらと向こうが同じである、また繋(つな)がっている
◆向こうまで届く、また達する、また伝わる、また知らせる
◆詳(くわ)しい、よく知っている、事情に明るい
◆一般的な
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+7=総画数11 U+901B [キョウ、ゴウ/]
◆走るさま、走り回るさま
◆あちこちと歩き回る
辵3+7=総画数10 U+901C [ゴ、グ/]
◆思い掛けずに出会う(であう)、ばったりと出会す(でくわす)、遭遇ソウグウする、同「迕」「遻」
◆向かうべき方に向かわない、進むべき方に向かって進まない、従(したが)わない、「逜逆ゴギャク」、同「迕」「忤」
辵3+7=総画数10 U+901D [セイ、ゼ/ゆ・く]
◆往(ゆ)く、去って行く、遠くへ行ってしまう
◆亡くなる、死ぬ
筆順
辵4+7=総画数11 U+901E [テイ、チョウ/たくま・しい]
◆思いの通りになる、意に叶(かな)う
◆思いのままに振る舞う
◆「不逞フテイ」、思い通りにならないさま、意に叶わず不満に思うさま
◆勢いがあるさま、力強いさま「【封神演義:子牙火燒琵琶精】風逞火勢」
◆表(おもて)に出る、見せる「【論語注疏:鄉黨】出降一等逞顏色怡怡如也」「【莊子外篇:山木】處勢不便未足以逞其能也」
筆順
辵3+7=総画数10 U+901F [ソク/はや・い、はや・める、すみ・やか]
◆あっという間に、瞬(またた)く間に、間を置かずに、さっと
◆疾(はや)い、あっという間に位置が変わる、また通り過ぎて行く、同「遬」
◆間を置かずに動作・反応・対応する
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+7=総画数10 U+9020 [ソウ、ゾウ/つく・る] 𨕡𨒽𦹢
◆(素材に手を加えて、組み合わせて)作り上げる
◆成(な)る、為(な)す、成し遂(と)げる
◆到(いた)る、行き着く
◆慌てる、慌ただしい
◆「造次ゾウジ」◇ごく短い時間、咄嗟トッサ◇急いで、あたふたと「【論語注疏:卷四:里仁】…君子無終食之間違仁造次必於是顚沛必於是(《疏》…造次急遽也…)」
◆[日]みやつこ、日本の上代の姓(かばね)の一つ
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+7=総画数11 U+9021 [シュン/]
◆その場を離れ後ろへ退(しりぞ)く、同「踆」「竣」「遯」
◆「逡巡・逡循・逡遁シュンジュン」◇後退(あとずさ)りする、尻込(しりご)みする◇進む(巡)べきか退く(逡)べきか迷うさま(「躊躇チュウチョ(少し進んでは立ち止まり少し進んでは立ち止まるさま)」とは別義)
◆飛ぶように走る、疾走する
筆順
辵4+7=総画数11 U+9022 [ホウ、ブ/あ・う]
◆決めておいた場所(互いに都合の良い場所)にそれぞれが出向いて会う、同「夆」
◆別々の場所・方向から来た人が出会う、偶然に出会う、同「夆」
◆相手の主張や行動に合わせる、迎合ゲイゴウする、相手に取り入る
◆縫(ぬ)い合わせる、同「縫」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+7=総画数10 U+9023 [レン/つら・なる、つら・ねる、つ・れ、つ・れる]
◆途切れずに続く、次々に間を置かずに続く、また繋(つな)がる
◆結び付く、関わり合いを持つ
◆一緒に行動する
◆続々と、次々に、間を置かずに
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+7=総画数10 U+9024 [サ、シャ/]
◆「邏逤ラサ」、同「邏娑」「拉薩」、チベット自治区の区都
辵3+7=総画数10 U+9025 [カイ、エ/]
◆回(まわ)る、一周して(一巡して)元に戻る、廻(めぐ)る、同「回」「廻」
◆曲がる、脇(わき)に逸(そ)れる、「迴避・回避・廻避カイヒ」
辵3+7=総画数10 U+9026 [リ/] 邐𨘶𨓦
◆「逦迤・逦迆リイ」「迤逦イリ」、(砂丘のように)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迤・逶迤・㣦彵イイ」「逶迱・逶蛇・委蛇イイ・イタ」「【爾雅:釋丘】邐迤沙丘」「【封神演義:羑里城囚西伯侯】衆皆催動迤𨓦而行」
辵4+7=総画数11 U+9027 [/さこ]
◆[日]地名用字、「逧(さこ、岡山県英田郡作東町、岡山県勝田郡勝央町)」「今ケ逧(いまがさこ、池名、兵庫県佐用郡)」
◆[日]姓用字、「庵逧(あんざこ、あんさこ)」「岩逧(いわさこ)」
筆順
𨓅辵3+7=総画数10 U+284C5 [ボウ、ミョウ/]
◆遠い、遥(はる)か遠い、遠く朧(おぼろ)げなさま、同「邈」「皃(貌)」「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨓅】茅教切古文皃」「【正字通:酉集下:辵部:𨓅】舊註古文貌字按貌本作皃加辵非」
𨓆辵3+7=総画数10 U+284C6 [タイ/しりぞ・く、の・く、ひ・く、ど・く] 退𨓤𨔫𨑧𢓴𢔕𢓇
◆後ろに向かう、後ろへ下がる、後ろ向きに進む、逆は「進」
◆今いる場所から遠ざかる方に向かう、その場を立ち去る
◆体を後へ引く、身を引く
◆状態が悪くなる(衰える、弱まる)方に向かう、勢いがなくなる、鮮(あざ)やかさや美しさが少しずつ失われていく、同「褪」
𨓇辵3+7=総画数10 U+284C7 [キン、コン/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨒦】於忍切𨒦𨓇走也」
𨓈辵3+7=総画数10 U+284C8 [カツ、カチ/]
◆速い、急に、あっという間に、同「适」
𨓉辵3+7=総画数10 U+284C9 [未詳/]
◆未詳「【字彙:酉集:辵部:𨓉】俗邊字」「【正字通:酉集下:辵部:𨓉】俗𨘢字宐刪」
𨓊辵3+7=総画数10 U+284CA [チョウ、ジョウ/]
◆「𨓊䢡チョウキョウ」、走るさま
𨓋辵3+7=総画数10 U+284CB [キ/す・てる] 棄𣓪𠆉弃𠔚𠬇𢍞
◆捨(す)てる、投げ捨てる、放(ほう)り出す
◆忘れ去る
𨓌辵3+7=総画数10 U+284CC [未詳/]
◆未詳「【字彙:酉集:辵部:𨓌】將來切音災出釋典」
𨓍辵3+7=総画数10 U+284CD [テイ、ジョウ/]
◆草の茎(くき、葉や花などを支える木の幹に当たる部分)、同「莛」
𨓎辵3+7=総画数10 U+284CE [ユウ、ユ/あそ・ぶ] 遊逰𨒣䢊𨒰䢟
◆同じところに留(とど)まらずにあちこち巡(めぐ)り歩く、あちこちに出向いて行く、同「游」
◆気の向くままに楽しむ、同「游」
◆互いに行き来して親しく交わる、同「游」、「交遊コウユウ」、同「交游」
◆家を離れて他に行く(他に移り住む)、定住することなくあちこちと移り住む、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
◆これといった職や役に就(つ)かない、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
𨓏辵3+7=総画数10 U+284CF [オウ/] 𨓒
◆往(い)く、出向いて行く、「𨓏𨓏オウオウ(しばしば、往々オウオウにして)」、同「往」「迋」「【漢書(前漢書):卷八十七上:揚雄傳上第五十七上】𨓏𨓏離宮般以相燭兮…(應劭曰言秦離宮三百武帝復往往修治之師古曰𨓏古往字往往言所往之處則有之…)」
𨓒辵3+7=総画数10 U+284D2 [オウ/] 𨓏
◆往(い)く、出向いて行く、「𨓏𨓏オウオウ(しばしば、往々オウオウにして)」、同「往」「迋」「【漢書(前漢書):卷八十七上:揚雄傳上第五十七上】𨓏𨓏離宮般以相燭兮…(應劭曰言秦離宮三百武帝復往往修治之師古曰𨓏古往字往往言所往之處則有之…)」
𨓖辵3+7=総画数10 U+284D6 [チョウ、トウ、ドウ/に・げる、のが・れる] 逃迯𨓱𨒯
◆受け入れ難い状態から抜け出る、受け入れ難い状態に陥らない方向に向かって行く、避けて遠ざかる
𨓗辵3+7=総画数10 U+284D7 [ユウ、ユ/]
◆気の向くままにあちこち巡(めぐ)り歩く、同「遊」「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨓗䢟】二俗䢊古逰通遊正音由遊放循歴也」「【字彙補:酉集:辵部:𨓗】疑逌字之譌篇韻循歷也」
𨓘辵3+7=総画数10 U+284D8 [ユウ、ユ/] 逌𨔟𨔖𨔁𠧴𠧠𠧷𠅓
◆ゆったりとしたさま、のびのびとしたさま、悠々ユウユウとしたさま、のびのびとしたさま、同「𠧴」
◆~ところ~(行ってみたところ~、話したところ~、確認したところ~)、動きを表す語と結果を表す語との間に置く語、同「攸」
𨓙辵3+7=総画数10 U+284D9 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨓙】同𨓉」
𨓚辵3+7=総画数10 U+284DA [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:辵部:𨓚】通"税"。《馬王堆漢墓帛書・老子甲本・德經》:"人之饑也、以其取食𨓚之多也。"」「【老子道德經:貪損】民之飢以其上食{⿰禾兊}之多」
𨓛辵3+7=総画数10 U+284DB [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨓛】漢碑通字」
𨓜辵3+7=総画数10 U+284DC [イツ、イチ/そ・れる、そ・らす、はや・る] 逸逸逸𤖍𤖚
◆逃(のが)れる、(指や網の隙間から、するりと)抜ける
◆(収まっているべきところから、うっかり)外に出る、外(はず)れる
◆枠を一段と超えている、抜きん出ている
◆(枠に囚われずに)思いのままに振る舞うさま、気儘(きまま)なさま、同「劮」「𠡓」「妷」
◆[日]はや・る、気持ちが急(せ)く
注解:「ウサギ(兎・兔)が走って逃げる」の意
𨓝辵3+7=総画数10 U+284DD [テイ、ダイ/] 遞逓𨔄𨕑遆𨓠𨒾递
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
𨓟辵3+7=総画数10 U+284DF [セン/えら・ぶ、え・る、よ・る] 選𨕖选
◆多くのものを基準に従って仕分ける、また仕分けて目的のものを抜き出す、「選択センタク」「選抜センバツ」、同「撰」
◆仕分け抜き出したものを纏(まと)めたもの、「選集センシュウ(幾つかの作品の中から選び纏めた書物、作品集)」
◆「少𨓟ショウセン」、暫(しば)し、少しの間
𨓠辵3+7=総画数10 U+284E0 [テイ、ダイ/] 遞逓𨔄𨕑遆𨓝𨒾递
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
𨓤辵3+7=総画数10 U+284E4 [タイ/しりぞ・く、の・く、ひ・く、ど・く] 退𨔫𨓆𨑧𢓴𢔕𢓇
◆後ろに向かう、後ろへ下がる、後ろ向きに進む、逆は「進」
◆今いる場所から遠ざかる方に向かう、その場を立ち去る
◆体を後へ引く、身を引く
◆状態が悪くなる(衰える、弱まる)方に向かう、勢いがなくなる、鮮(あざ)やかさや美しさが少しずつ失われていく、同「褪」
𨓥辵3+7=総画数10 U+284E5 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨓥】音古𨗗或作逋正博孤反縣也又平也」「【字彙補:酉集:辵部:𨓥】博孤切音逋懸也又平也」
𨓦辵3+7=総画数10 U+284E6 [リ/] 邐𨘶逦
◆「𨓦迤・𨓦迆リイ」「迤𨓦イリ」、(砂丘のように)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迤・逶迤・㣦彵イイ」「逶迱・逶蛇・委蛇イイ・イタ」「【爾雅:釋丘】邐迤沙丘」「【封神演義:羑里城囚西伯侯】衆皆催動迤𨓦而行」
𨓧辵3+7=総画数10 U+284E7 [ヨウ/はる・か] 遙遥𨗽𨔚𨔠䢣𨖈
◆どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま
◆右へ左へ揺れるように続くさま、長く続くさま
◆「逍𨓧・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
𨓩辵3+7=総画数10 U+284E9 [コウ、キョウ/] 䢒𧻨
◆形や状態などが"+""X"字形(交差する)ような形になるさま、違う方向から進んできたものが一点で出会うさま、交叉コウサするさま、同「交」
◆「䢒逪コウサク」、交錯コウサクする、入り乱れる、同「交錯」
辵3+8=総画数11 U+489C [キ/] 𨓼
◆帰る、元の(本来の)状態や位置に戻る、同「歸(帰)」
辵3+8=総画数11 U+489D [ア、エ/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:䢝】烏詐切次也或作亞」「【廣韻:去聲:禡第四十:亞:䢝】次第行」
辵3+8=総画数11 U+489F [ユウ、ユ/あそ・ぶ] 遊逰𨒣䢊𨒰𨓎
◆同じところに留(とど)まらずにあちこち巡(めぐ)り歩く、あちこちに出向いて行く、同「游」
◆気の向くままに楽しむ、同「游」
◆互いに行き来して親しく交わる、同「游」、「交遊コウユウ」、同「交游」
◆家を離れて他に行く(他に移り住む)、定住することなくあちこちと移り住む、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
◆これといった職や役に就(つ)かない、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
辵4+8=総画数12 U+9028 [ライ/]
◆来る、やって来る、到来する、同「来」「𧼛」
辵4+8=総画数12 U+9029 [ホン/]
◆勢いよく(「走」よりも速く)走る、同「奔」
◆目的に向かって突き進む、同「奔」
辵4+8=総画数12 U+902A [サク、ソ、ス/] 𨗀
◆交錯コウサクする、入り乱れる、入り交じる、「䢒逪コウサク」
辵3+8=総画数11 U+902B [チュツ/]
◆走って行くさま
辵4+8=総画数12 U+902C [ホウ、ヒョウ/ほとばし・る、とばし・る] 迸𨔧
◆散らすように走り逃げる、同「跰」「𧻓」
◆一斉イッセイに吹き出す
辵4+8=総画数12 U+902D [カン、ガン/] 䠉𨙕𩁧
◆逃(のが)れる、避ける
辵3+8=総画数11 U+902E [タイ、ダイ/] 𨓻
◆~(の状態、の時刻・時期・時機)になる、~に至(いた)る、同「及」
◆~(の状態、の場所、の段階)に達する、~に到(いた)る、~に届く、同「及」
◆先(さき)を行くものに追い付く、目指しているものに追い付く、同「𨗻」
◆~と共に、~と共に~する、with、同「與(与)」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+8=総画数12 U+902F [リョク、ロク/]
◆特に目当てもなく気儘に来て気儘に去る
辵3+8=総画数11 U+9030 [ユウ、ユ/あそ・ぶ] 遊𨒣䢊𨒰𨓎䢟
◆同じところに留(とど)まらずにあちこち巡(めぐ)り歩く、あちこちに出向いて行く、同「游」
◆気の向くままに楽しむ、同「游」
◆互いに行き来して親しく交わる、同「游」、「交遊コウユウ」、同「交游」
◆家を離れて他に行く(他に移り住む)、定住することなくあちこちと移り住む、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
◆これといった職や役に就(つ)かない、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
辵3+8=総画数11 U+9031 [シュウ、シュ、ス/]
◆ぐるりと廻(まわ)る
◆一定の周期で廻(めぐ)って来る、またその期間
筆順
辵3+8=総画数11 U+9032 [シン/すす・む、すす・める] 进𨙟𨗃
◆前に向かって動く(行く)、前に出る、登る、上に向かって動く(行く)、昇って行く、状態が良い方向に向かう、逆は「退」
◆位や程度が上がる
◆人にものを差し出す、また差し上げる
◆中に入る、外から内側に向かって移動する
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+8=総画数12 U+9033 [イク/]
◆行く
辵4+8=総画数12 U+9034 [タク、チャク/]
◆遠い、遥(はる)か遠い、遠く離れている、同「逴」
◆「逴躒・逴犖・踔躒タクラク」、抜きん出ているさま、群を抜いているさま、同「卓越タクエツ」「【文選(文選注):賦甲:西都賦】封畿之內厥土千里逴躒諸夏兼其所有(…逴躒猶超絕也…)」「【後漢書:卷七十上:班彪列傳上】…封畿之內厥土千里逴犖諸夏兼其所有(…逴犖猶超絕也…諸夏謂中國也)」
◆足が不自由で体を揺らすようにして歩くさま、同「蹇」
辵4+8=総画数12 U+9035 [キ、ギ/] 𨘫
◆道が四方八方に通じているさま、四方八方に通じている主要な道、同「馗」「㙺」「【釋名:釋道】一達曰道(…)二達曰之歧旁(…)三達曰劇旁(…)四達曰衢(…)五達曰康(…)六達曰莊(…)七達曰劇驂(…)八達曰崇期(…)九達曰逵齊魯謂道多爲逵師此形然也」
筆順
辵4+8=総画数12 U+9036 [イ/] 𨖿
◆「逶迤イイ」「逶迱イイ・イタ」、(まっすぐではなく)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「委蛇、㣦彵」「迤邐イリ」「邐迤・邐迆リイ」
筆順
辵4+8=総画数12 U+9037 [テキ、チャク/]
◆遠い、遠く離れているさま、遥か遠いさま、同「逖」「狄」
辵3+8=総画数11 U+9038 [イツ、イチ/そ・れる、そ・らす、はや・る] 逸逸𨓜𤖍𤖚
◆逃(のが)れる、(指や網の隙間から、するりと)抜ける
◆(収まっているべきところから、うっかり)外に出る、外(はず)れる
◆枠を一段と超えている、抜きん出ている
◆(枠に囚われずに)思いのままに振る舞うさま、気儘(きまま)なさま、同「劮」「𠡓」「妷」
◆[日]はや・る、気持ちが急(せ)く
注解:「ウサギ(兎・兔)が走って逃げる」の意
筆順
辵4+8=総画数12 U+9039 [タツ、ダチ、タチ/] 達𨔶𨔬𨖫𨔂
◆道が滞(とどこお)ることなく通じる
◆目的とするところまで行き着く、また届く
◆目標としたことを成し遂げる
◆物事の奥深くまで通じる、また理解する
筆順
辵3+8=総画数11 U+903A [エン、オン/とお・い] 遠𨖸远𢕱
◆場所や時間などが遥(はる)かに離れている、間(あいだ)が大きく空(あ)いている
◆間を離す、大きく空ける
◆関係が薄い
辵3+8=総画数11 U+903B [ラ/]
◆(警戒や偵察などのために)辺りを見て回る、巡回ジュンカイする、「巡逻ジュンラ」
◆周りを取り巻いて遮(さえぎ)るさま
辵3+8=総画数11 U+903D [ジャク、ニャク/]
◆走る
𦳯辵3+8=総画数11 U+26CEF [未詳/]
◆未詳「【玉篇:卷十三:艸部第一百六十二:𦳯】來密切草也」
注解:「蒁」の異体字か?
𨓫辵3+8=総画数11 U+284EB [スイ、ズイ、ツイ/] 𨒉𨒘
◆とんと突き当たる、行き止りのところまで辿り着く、同「遂」「【類篇:辵部:遂𨒉𨓸】徐醉切説文亡也一曰因也達也古作𨒉𨓸又陟利切前頓也又追萃切足不前也」
𨓭辵3+8=総画数11 U+284ED [ソウ、シュ、ス/]
◆走る「【正字通:酉集下:辵部:𨓭】俗驟字舊註音湊𧺆也又音取義同」
𨓱辵3+8=総画数11 U+284F1 [チョウ、トウ、ドウ/に・げる、のが・れる] 逃迯𨒯𨓖
◆受け入れ難い状態から抜け出る、受け入れ難い状態に陥らない方向に向かって行く、避けて遠ざかる
𨓲辵3+8=総画数11 U+284F2 [ケン/] 𨔃
◆過(あやま)ち、過つ、間違(まちが)える、しくじる、同「愆」「諐」
𨓳辵3+8=総画数11 U+284F3 [ヨウ/]
◆遠いさま、遥(はる)か遠いさま
𨓵辵3+8=総画数11 U+284F5 [ソウ、ス/おく・る] 送𠌡𨔮䢠𨕩𨕼𨕪
◆行く人(別れる人、帰る人、旅立つ人、亡くなった人など)と別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れる、出向いて行って迎(むか)えるのは「迎ゲイ」
◆ものを目的地へ運び届ける
◆贈(おく)る、遣(つか)わす
𨓶辵7+8=総画数15 U+284F6 [ヒ、ビ/さ・ける、よ・ける] 避𢕾
◆障害となるものに当たらないような位置・場所に移動する、当たらないように身を躱(かわ)す、身を逸(そ)らす、同「辟」、「迴避、回避カイヒ」
◆中心から去る、退く、遠ざかる
𨓷辵3+8=総画数11 U+284F7 [ケイ、キョウ/かる・い、かろ・やか] 軽輕轻𨌷
◆重くない、重くなく素早く動ける(車)、重くなく扱い易い(車)
◆積載量が少ない、重さや程度が少ない
◆重みがない、どっしりとしていない
◆重要ではない
𨓸辵3+8=総画数11 U+284F8 [スイ、ズイ/と・げる、つい・に] 遂𨔱𨔲
◆行き止りのところまで辿り着く
◆最後までやり通す、成し終える
◆思いの通りにする、思い通りになる、同「㒸」
◆つい・に、とうとう、最後に
𨓹辵3+8=総画数11 U+284F9 [オウ、チュウ/]
◆往(い)く、目的とする方に向かって行く、同「往」
◆行先(ゆくさき)
𨓺辵3+8=総画数11 U+284FA [カ/す・ぎる、す・ごす、よぎ・る、あやま・ち、あやま・つ] 過过
◆度ド(度合、節度、法度、限度、程度など)を越える(超える)
◆度を越えて(超えて)しまう、誤(あやま)る
◆時(とき、時代、時期、季節、月日、時間など)を通り越す、「過去カコ」
𨓻辵3+8=総画数11 U+284FB [タイ、ダイ/]
◆~(の状態、の時刻・時期・時機)になる、~に至(いた)る、同「及」
◆~(の状態、の場所、の段階)に達する、~に到(いた)る、~に届く、同「及」
◆先(さき)を行くものに追い付く、目指しているものに追い付く、同「𨗻」
◆~と共に、~と共に~する、with、同「與(与)」
𨓼辵7+8=総画数15 U+284FC [キ/]
◆帰る、元の(本来の)状態や位置に戻る、同「歸(帰)」
𨓽辵3+8=総画数11 U+284FD [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨓽】舊藏作清」「【字彙補:酉集:辵部:𨓽】千精切音清出釋藏」
𨓾辵3+8=総画数11 U+284FE [タイ、ダイ/] 隤𨽠𨽟𨘿
◆崩れる、崩れ落ちる、同「墤」
◆衰える、勢いがなくなる、廃(すた)れる、同「頽」
𨔀辵3+8=総画数11 U+28500 [シ/] 𨑭𨗬𨖤
◆他の場所に移る、他の場所へ移す、同「徙」「迻」
𨔁辵3+8=総画数11 U+28501 [ユウ、ユ/] 逌𨔟𨓘𨔖𠧴𠧠𠧷𠅓
◆ゆったりとしたさま、のびのびとしたさま、悠々ユウユウとしたさま、のびのびとしたさま、同「𠧴」
◆~ところ~(行ってみたところ~、話したところ~、確認したところ~)、動きを表す語と結果を表す語との間に置く語、同「攸」
𨔂辵3+8=総画数11 U+28502 [タツ、ダチ、タチ/] 達逹𨔶𨔬𨖫
◆道が滞(とどこお)ることなく通じる
◆目的とするところまで行き着く、また届く
◆目標としたことを成し遂げる
◆物事の奥深くまで通じる、また理解する
𨔃辵3+8=総画数11 U+28503 [ケン/] 𨓲
◆過(あやま)ち、過つ、間違(まちが)える、しくじる、同「愆」「諐」
𨔄辵3+8=総画数11 U+28504 [テイ、ダイ/] 遞逓𨕑遆𨓠𨓝𨒾递
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
𨔅辵3+8=総画数11 U+28505 [テキ、ジャク/] 迪廸
◆道(みち)、先人が切り開いた道
◆先人が切り開いた道を行く
◆人としての道(先人が切り開いた道、道徳)を後人コウジン(子孫や後世の人)に教え導く
◆先人が切り開いた道に従って進む、また実践する
𨔆辵3+8=総画数11 U+28506 [グ、グウ/あ・う] 遇𠓱
◆期せずして(予め示し合せることなく)出会う、偶然出会(でくわ)す、巡(めぐ)り合う、「遭遇ソウグウ」
◆巡(めぐ)り合せ、機会、「境遇キョウグウ」
◆相手との親疎・上下などの関係に相応(ふさわ)しい接し方をする、「待遇タイグウ」
𨔋辵3+8=総画数11 U+2850B [ツイ、ズイ、キョウ/] 䢡𨔘
◆とんと突き当たる、行き止りのところまで辿り着く、同「遂」「【集韻:卷七:去聲上:至第六:𨒉𧿲𨓫䢡】足不前也」
◆「𨓊䢡チョウキョウ」、走るさま
𨔖辵3+8=総画数11 U+28516 [ユウ、ユ/] 逌𨔟𨓘𨔁𠧴𠧠𠧷𠅓
◆ゆったりとしたさま、のびのびとしたさま、悠々ユウユウとしたさま、のびのびとしたさま、同「𠧴」
◆~ところ~(行ってみたところ~、話したところ~、確認したところ~)、動きを表す語と結果を表す語との間に置く語、同「攸」
𨔘辵3+8=総画数11 U+28518 [ツイ、ズイ、キョウ/] 䢡𨔋
◆とんと突き当たる、行き止りのところまで辿り着く、同「遂」「【集韻:卷七:去聲上:至第六:𨒉𧿲𨓫䢡】足不前也」
◆「𨓊䢡チョウキョウ」、走るさま
𨔚辵3+8=総画数11 U+2851A [ヨウ/はる・か] 遙遥𨗽𨔠䢣𨖈𨓧
◆どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま
◆右へ左へ揺れるように続くさま、長く続くさま
◆「逍𨔚・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
𨔛辵3+8=総画数11 U+2851B [テイ、タイ/]
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「遞(逓)」
◆「匾𨔛ヘンテイ」、同「匾㔸」、物の薄いさま、扁平なさま
𨔜辵3+8=総画数11 U+2851C [レツ、レチ/] 迾𨔭
◆貴人が通る道に予(あらかじ)め兵士を並ばせて人の出入りを遮(さえぎ)る(通行を規制する)
◆列を作る、列を作って遮(さえぎ)る、また押し止(とど)める
𨔠辵3+8=総画数11 U+28520 [ヨウ/はる・か] 遙遥𨗽𨔚䢣𨖈𨓧
◆どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま
◆右へ左へ揺れるように続くさま、長く続くさま
◆「逍𨔠・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
𨔴辵3+8=総画数11 U+28534 [チョウ、ジョウ/] 迢𦴚
◆遥(はる)か遠いさま、また高いさま、遠くまで続いているさま、「𨔴𨘬チョウテイ」「【全唐文:卷一百四十一:九成宮醴泉碑銘】…參差仰視則𦴚𨘬…」「【晚晴簃詩匯:卷一百三十八:彭子穆招同少鶴餞行】…龍溪𨔴𨘬鬱哀思…」「【集韻:卷三:平聲:蕭第三:迢𨔴】田聊切說文迢遰也一曰迢迢髙貌」
𨔽辵3+8=総画数11 U+2853D [未詳/]
◆未詳
辵3+9=総画数12 U+48A1 [ツイ、ズイ、キョウ/] 𨔘𨔋
◆とんと突き当たる、行き止りのところまで辿り着く、同「遂」「【集韻:卷七:去聲上:至第六:𨒉𧿲𨓫䢡】足不前也」
◆「𨓊䢡チョウキョウ」、走るさま
辵4+9=総画数13 U+903C [ヒョク、ヒキ、ヒツ/せま・る]
◆間近(まじか)まで近づく、間(あいだ)が狭まる、同「迫」「偪」
◆強く迫る、強要する
筆順
辵4+9=総画数13 U+903E [ユ/]
◆こちらと向こうを隔てているものを越えて行く、乗り越えて行く、同「踰」「越」
◆限度や程度を越える、同「越」
◆増々ますます、いよいよ、同「愈」「踰」
筆順
辵4+9=総画数13 U+903F [トウ、ドウ/]
◆足を踏み外したり躓いたりして倒れる
◆揺り動かす、同「蕩」
辵3+9=総画数12 U+9040 [スイ、ズイ/したが・う] 隨随䢫𨔳𨼕
◆付き従う、他のものの後に付いて行く、「随行ズイコウ」
◆他の者や思いや考えなどのままに任せる、成り行きに従う、「随意ズイイ」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+9=総画数13 U+9041 [トン、ドン、シュン、ジュン/のが・れる]
◆その場から逃(のが)れる、その場を離れ後ろへ(人の目が届かないところへ)退(しりぞ)く、同「遯」
◆退いて身を隠(かく)す、(人の目に付かないように)隠れる
◆「逡遁シュンジュン」、同「逡循」「逡巡」◇後退(あとずさ)りする◇進む(巡)べきか退く(逡)べきか迷うさま
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+9=総画数12 U+9042 [スイ、ズイ/と・げる、つい・に] 𨔱𨓸𨔲
◆行き止りのところまで辿り着く
◆最後までやり通す、成し終える
◆思いの通りにする、思い通りになる、同「㒸」
◆つい・に、とうとう、最後に
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+9=総画数13 U+9043 [ゲン/]
◆行(い)く、行くさま「【方言:第十二】遵遃行也(遵遃行皃也)」「【集韻:卷七:去聲上:翰第二十八:遃】遨也」
筆順
辵4+9=総画数13 U+9044 [セン、ゼン/] 𨖺𨖇𨒎
◆多くの人が足早に行き来するさま
◆足早に行く、颯(さっ)と通り過ぎる
漢字林(非部首部別)
辵3+9=総画数12 U+9045 [チ、ジ/おそ・い、おく・れる] 遲遟迟𨒈
◆ゆっくりしたさま、次の動作までに時間が掛るさま
◆ゆっくりと進む、鈍(のろ)い
◆決まっている時間・期間の終わりの頃になる、またその頃を過ぎる
◆決まっている時(瞬間・時間・時期など)に間に合わない
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+9=総画数12 U+9046 [テイ、ダイ/] 遞逓𨔄𨕑𨓠𨓝𨒾递
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
漢字林(非部首部別)
辵3+9=総画数12 U+9047 [グ、グウ/あ・う] 𨔆𠓱
◆期せずして(予め示し合せることなく)出会う、偶然出会(でくわ)す、巡(めぐ)り合う、「遭遇ソウグウ」
◆巡(めぐ)り合せ、機会、「境遇キョウグウ」
◆相手との親疎・上下などの関係に相応(ふさわ)しい接し方をする、「待遇タイグウ」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+9=総画数12 U+9048 [ショク/]
◆流れて行くさま
辵4+9=総画数13 U+9049 [テイ、チョウ/]
◆様子を探(さぐ)る、同「偵」
◆[日]さすがに
筆順
辵3+9=総画数12 U+904A [ユウ、ユ/あそ・ぶ] 逰𨒣䢊𨒰𨓎䢟
◆同じところに留(とど)まらずにあちこち巡(めぐ)り歩く、あちこちに出向いて行く、同「游」
◆気の向くままに楽しむ、同「游」
◆互いに行き来して親しく交わる、同「游」、「交遊コウユウ」、同「交游」
◆家を離れて他に行く(他に移り住む)、定住することなくあちこちと移り住む、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
◆これといった職や役に就(つ)かない、同「游」、「遊民・游民ユウミン」
筆順
辵3+9=総画数12 U+904B [ウン/はこ・ぶ] 𨔪
◆場所や位置を移し変える、移動する、移転する、「運行ウンコウ」
◆止(とど)まることなく位置や状況などが移り変わる、止(と)まらないように次へ次へと場所や位置を変える、「運動ウンドウ」
◆次へ次へと位置を変えて一巡イチジュン(ひとめぐ・り)する
◆巡(めぐ)り合せ、定(さだ)め、「命運メイウン(運命)」
◆簡「运」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+9=総画数13 U+904C [ガク/] 𨕣𨔺𨕓遻𨕬
◆思い掛けずに出会う(であう)、ばったりと出会す(でくわす)、遭遇ソウグウする、同「迕」
◆予想外のことに出合って驚く
辵3+9=総画数12 U+904D [ヘン/あまね・く]
◆広く隅々まで行き渡る、同「𨖠」「徧」
◆あまね・く、広く漏れなく、隅々まで、同「徧」
◆回数を数える語、同「徧」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+9=総画数12 U+904E [カ/す・ぎる、す・ごす、よぎ・る、あやま・ち、あやま・つ] 𨓺过
◆度ド(度合、節度、法度、限度、程度など)を越える(超える)
◆度を越えて(超えて)しまう、誤(あやま)る
◆時(とき、時代、時期、季節、月日、時間など)を通り越す、「過去カコ」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+9=総画数13 U+904F [アツ、アチ/]
◆止(と)める、遮(さえぎ)る、絶(た)やす
筆順
辵4+9=総画数13 U+9050 [カ、ゲ/]
◆場所や時間が遠く離れているさま
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+9=総画数13 U+9051 [コウ、オウ/いとま]
◆暇(ひま)があるさま、手が空(す)くさま、ゆとりがあるさま、同「偟」
◆「不遑・不偟フコウ」、次から次へと(次へ次へと)物事が続くさま、絶え間なく続く(続ける)さま、手が空かないさま
◆「傽遑・傽偟・慞惶ショウコウ」、懼(おそ)れるさま、恐(おそ)れてびくびくする、どうしてよいか分からず狼狽(うろた)える(おろおろする)さま
筆順
辵4+9=総画数13 U+9052 [シュウ、ジュ/]
◆迫る、間近に迫る、差し迫まる
◆急(せ)かす、急(せ)き立てる
◆多くのものが一か所に集まる、集まって固まる、引き締まる
◆力強いさま
筆順
辵3+9=総画数12 U+9053 [トウ、ドウ/みち] 𨕥𨖁𨔞
◆出発地から目的地へ通じている路みち、人や動物などが往来する通り路、「道路ドウロ」、同「路」
◆目的を達するための経路、手順や方法
◆導(みちび)く、手引きする、同「導」
◆人の行くべき(進むべき)方向、また採(と)るべき方法
◆行政区画の名、唐代(618年~907年)には全国を十道に分け、清代(1644年~1912年)には省の下に道を置いた
◆「道教ドウキョウ」、中国古来の宗教の一つ
◆説(と)く、述べる、同「噵」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+9=総画数12 U+9054 [タツ、ダチ、タチ/] 逹𨔶𨔬𨖫𨔂
◆道が滞(とどこお)ることなく通じる
◆目的とするところまで行き着く、また届く
◆目標としたことを成し遂げる
◆物事の奥深くまで通じる、また理解する
◆[日]だち、たち、同類の複数の人
◆簡「达」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+9=総画数12 U+9055 [イ/ちが・う、ちが・える、たが・う、たが・える] 𨔻𨕸违
◆背(せ)を向ける、背を向け去る、背(そむ)く
◆あるべき形や様子と異なる、また反している、また合っていない
◆守るべきものを守らない、従(したが)わない
筆順
辵4+9=総画数13 U+9056 [/あっぱれ]
◆[日]あっぱれ、見事なさま、際立って素晴らしいさま {和製漢字の辞典:辵(辶辶)部:遖}
筆順
辵3+9=総画数12 U+9057 [イ、ユイ/のこ・す] 遺𨘤𨖽𨗭𨗮𨗔𧸃
◆置いたままにする、置いたままにして去る、「遺失イシツ」
◆(なくなった)後も残る、後に残る、また残す、「遺産イサン」
◆取り残す、取り漏(も)らす、漏れ落ちる
◆小便を漏らす
◆贈る、与える
漢字林(非部首部別)
辵3+9=総画数12 U+9065 [ヨウ/はる・か] 遙𨗽𨔚𨔠䢣𨖈𨓧
◆どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま
◆右へ左へ揺れるように続くさま、長く続くさま
◆「逍遥・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
筆順
辵3+9=総画数12 U+FA25 [イツ、イチ/そ・れる、そ・らす、はや・る] 逸逸𨓜𤖍𤖚
◆逃(のが)れる、(指や網の隙間から、するりと)抜ける
◆(収まっているべきところから、うっかり)外に出る、外(はず)れる
◆枠を一段と超えている、抜きん出ている
◆(枠に囚われずに)思いのままに振る舞うさま、気儘(きまま)なさま、同「劮」「𠡓」「妷」
◆[日]はや・る、気持ちが急(せ)く
注解:「ウサギ(兎・兔)が走って逃げる」の意
筆順
辵4+9=総画数13 U+FA67 [イツ、イチ/そ・れる、そ・らす、はや・る] 逸逸𨓜𤖍𤖚
◆逃(のが)れる、(指や網の隙間から、するりと)抜ける
◆(収まっているべきところから、うっかり)外に出る、外(はず)れる
◆枠を一段と超えている、抜きん出ている
◆(枠に囚われずに)思いのままに振る舞うさま、気儘(きまま)なさま、同「劮」「𠡓」「妷」
◆[日]はや・る、気持ちが急(せ)く
注解:「ウサギ(兎・兔)が走って逃げる」の意
𨓴辵3+9=総画数12 U+284F4 [ガ、ゲ/] 迓𨓃
◆客を出迎える、客が来る方に出向いて行って迎える、同「訝」「這」
𨔝辵3+9=総画数12 U+2851D [トウ、ズウ、ドウ/うご・く、やや・もすれば] 動动
◆位置・姿勢・感情・状態・事情などが変わる、また変える、また変わり始める、「動作」「行動」「感動」
◆やや・もすれば、どうかすると(~になる、~になりやすい)
𨔞辵3+9=総画数12 U+2851E [トウ、ドウ/みち] 道𨕥𨖁
◆出発地から目的地へ通じている路みち、人や動物などが往来する通り路、「道路ドウロ」、同「路」
◆目的を達するための経路、手順や方法
◆導(みちび)く、手引きする、同「導」
◆人の行くべき(進むべき)方向、また採(と)るべき方法
◆行政区画の名、唐代(618年~907年)には全国を十道に分け、清代(1644年~1912年)には省の下に道を置いた
◆「𨔞教ドウキョウ」、中国古来の宗教の一つ
◆説(と)く、述べる、同「噵」
𨔟辵3+9=総画数12 U+2851F [ユウ、ユ/] 逌𨓘𨔖𨔁𠧴𠧠𠧷𠅓
◆ゆったりとしたさま、のびのびとしたさま、悠々ユウユウとしたさま、のびのびとしたさま、同「𠧴」
◆~ところ~(行ってみたところ~、話したところ~、確認したところ~)、動きを表す語と結果を表す語との間に置く語、同「攸」
𨔡辵3+9=総画数12 U+28521 [トン、ドン/] 𨔵𨖡
◆逃(に)げる、逃げ隠れる、同「遯」「遁」
𨔢辵3+9=総画数12 U+28522 [テン/] 𨖀
◆行く、ゆっくりと行く、同「㢟」
𨔣辵3+9=総画数12 U+28523 [カ、ケ/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨔣】古遐切𨔣牙令不得進也」「【說文解字通釋(說文解字繫傳):卷第四:辵部:𨔣】𨔣互令不得行從辵枷聲臣鍇曰迦互猶曰犬牙左右制也」
◆「𨔣枒カガ」、木名、未詳「【集韻:卷八:去聲下:禡第四十:𨔣】𨔣枒木如蒺藜上下相{⿰足(能-厶月)}」「【集韻:卷八:去聲下:禡第四十:枒】木名一曰𨔣枒木相拒」
𨔤辵3+9=総画数12 U+28524 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨔤】音敕長也又張開也」「【正字通:酉集下:辵部:遫】昌石切音赤張也譌作𨔤」
𨔥辵3+9=総画数12 U+28525 [セン/] 𨕛𨕨
◆至る、目的・目標とした所や時間に行き着く「【說文解字:辵部:𨔥】自進極也」「【廣韻:下平聲:先第一:箋:𨕨】埤蒼云至也說文云自進極也」
𨔧辵3+9=総画数12 U+28527 [ホウ、ヒョウ/ほとばし・る、とばし・る] 逬迸
◆散らすように走り逃げる、同「跰」「𧻓」
◆一斉イッセイに吹き出す
𨔨辵3+9=総画数12 U+28528 [ソウ、ショウ/]
◆あっという間に行く(通り過ぎる)さま、同「𢔣」「【集韻:卷十:入聲下:洽第三十二:𢔣𨔨偞】行疾」
𨔪辵3+9=総画数12 U+2852A [ウン/はこ・ぶ]
◆場所や位置を移し変える、移動する、移転する、「運行ウンコウ」
◆止(とど)まることなく位置や状況などが移り変わる、止(と)まらないように次へ次へと場所や位置を変える、「運動ウンドウ」
◆次へ次へと位置を変えて一巡イチジュン(ひとめぐ・り)する
◆巡(めぐ)り合せ、定(さだ)め、「命運メイウン(運命)」
◆簡「运」
𨔫辵3+9=総画数12 U+2852B [タイ/しりぞ・く、の・く、ひ・く、ど・く] 退𨓤𨓆𨑧𢓴𢔕𢓇
◆後ろに向かう、後ろへ下がる、後ろ向きに進む、逆は「進」
◆今いる場所から遠ざかる方に向かう、その場を立ち去る
◆体を後へ引く、身を引く
◆状態が悪くなる(衰える、弱まる)方に向かう、勢いがなくなる、鮮(あざ)やかさや美しさが少しずつ失われていく、同「褪」
𨔬辵3+9=総画数12 U+2852C [タツ、ダチ、タチ/] 達逹𨔶𨖫𨔂
◆道が滞(とどこお)ることなく通じる
◆目的とするところまで行き着く、また届く
◆目標としたことを成し遂げる
◆物事の奥深くまで通じる、また理解する
𨔭辵3+9=総画数12 U+2852D [レツ、レチ/] 迾𨔜
◆貴人が通る道に予(あらかじ)め兵士を並ばせて人の出入りを遮(さえぎ)る(通行を規制する)
◆列を作る、列を作って遮(さえぎ)る、また押し止(とど)める
𨔮辵3+9=総画数12 U+2852E [ソウ、ス/おく・る] 送𨓵𠌡䢠𨕩𨕼𨕪
◆行く人(別れる人、帰る人、旅立つ人、亡くなった人など)と別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れる、出向いて行って迎(むか)えるのは「迎ゲイ」
◆ものを目的地へ運び届ける
◆贈(おく)る、遣(つか)わす
𨔰辵3+9=総画数12 U+28530 [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨒿𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨔱辵3+9=総画数12 U+28531 [スイ、ズイ/と・げる、つい・に] 遂𨓸𨔲
◆行き止りのところまで辿り着く
◆最後までやり通す、成し終える
◆思いの通りにする、思い通りになる、同「㒸」
◆つい・に、とうとう、最後に
𨔲辵3+9=総画数12 U+28532 [スイ、ズイ/と・げる、つい・に] 遂𨔱𨓸
◆行き止りのところまで辿り着く
◆最後までやり通す、成し終える
◆思いの通りにする、思い通りになる、同「㒸」
◆つい・に、とうとう、最後に
𨔳辵3+9=総画数12 U+28533 [スイ、ズイ/したが・う] 隨随䢫遀𨼕
◆付き従う、他のものの後に付いて行く、「随行ズイコウ」
◆他の者や思いや考えなどのままに任せる、成り行きに従う、「随意ズイイ」
𨔵辵3+9=総画数12 U+28535 [トン、ドン/] 𨔡𨖡
◆逃(に)げる、逃げ隠れる、同「遯」「遁」
𨔶辵3+9=総画数12 U+28536 [タツ、ダチ、タチ/] 達逹𨔬𨖫𨔂
◆道が滞(とどこお)ることなく通じる
◆目的とするところまで行き着く、また届く
◆目標としたことを成し遂げる
◆物事の奥深くまで通じる、また理解する
漢字林(非部首部別)
𨔸辵3+9=総画数12 U+28538 [コウ、ク/] 遘𧽝𢔵
◆出合う、出会う
𨔺辵3+9=総画数12 U+2853A [ガク/] 遌𨕣𨕓遻𨕬
◆思い掛けずに出会う(であう)、ばったりと出会す(でくわす)、遭遇ソウグウする、同「迕」
◆予想外のことに出合って驚く
𨔼辵3+9=総画数12 U+2853C [未詳/]
◆未詳「【中華字海:辶部:𨔼】同"遊"」
注解:「逰」の訛字と思われるが未詳
𨕌辵3+9=総画数12 U+2854C [未詳/]
◆鬼仙キセン(道教の「五仙、天仙・神仙・地仙・人仙・鬼仙」の一と思われる)の名「【酉陽雜俎《欽定四庫全書》本:卷十四:諾皐記上】太真科經有鬼仙丙戌鬼名日𪚣生 丙午日鬼名挻𢐪 乙卯日鬼名天陪 戊午日鬼名耳述 壬戌日鬼名𨕌 辛丑日鬼名䢑 乙酉日鬼名聶左 丙辰日鬼名夭𨗑 辛卯日鬼名𢣱 酉䖝鬼名髪廷𨑺 厠鬼名頊天竺(一曰笙)語忘敬遺二鬼名婦人臨產呼之不害人長三寸三分上下烏衣 馬鬼名賜 虵鬼名𠋙石圭(一曰𠪨) 井鬼名瓊 衣服鬼名甚遼 *神{𨝒-阝}鬱壘領萬鬼」(《崇文書局叢書》本は「*神茶鬱壘領萬鬼」、《摛藻堂四庫全書薈要》本は「*神荼鬱壘領萬鬼」)
𨕍辵3+9=総画数12 U+2854D [フ/おもむ・く]
◆目的とする場所を目指して急ぎ行く
◆駆(か)け付ける、馳(は)せ参じる
◆人の死を急ぎ知らせる、同「訃」
𨕏辵3+9=総画数12 U+2854F [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:水部第三:𨕏{⿺辶𡙗}{⿺辶(⿱一僉)}】三俗音廉正作匲盛香器也又鏡匲也」
𨕐辵3+9=総画数12 U+28550 [エン/]
◆振り返って見る、振り返っては進み進んでは振り返る、同「䀽」「𢌨」「【集韻:卷三:平聲:㒨第二:䢥】相顧視而行也或書作䀽」
𨕑辵3+9=総画数12 U+28551 [テイ、ダイ/] 遞逓𨔄遆𨓠𨓝𨒾递
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
𨕓辵3+9=総画数12 U+28553 [ガク/] 遌𨕣𨔺遻𨕬
◆思い掛けずに出会う(であう)、ばったりと出会す(でくわす)、遭遇ソウグウする、同「迕」
◆予想外のことに出合って驚く
𨕔辵3+9=総画数12 U+28554 [未詳/]
◆未詳
注解:{⿺辶⿱回夕}ではなく{⿺辶⿱回夂}であれば「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:{⿺辶⿱回夂}𨖞】二俗還正戸開反反也退也親也復也」「【字彙補:酉集:辵部:{⿺辶⿱回夂}】與還同」がある
𨕖辵3+9=総画数12 U+28556 [セン/えら・ぶ、え・る、よ・る] 選𨓟选
◆多くのものを基準に従って仕分ける、また仕分けて目的のものを抜き出す、「選択センタク」「選抜センバツ」、同「撰」
◆仕分け抜き出したものを纏(まと)めたもの、「選集センシュウ(幾つかの作品の中から選び纏めた書物、作品集)」
◆「少𨕖ショウセン」、暫(しば)し、少しの間
漢字林(非部首部別)
𨕙辵3+9=総画数12 U+28559 [ヘン/]
◆俗「邊」「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨕙{⿺辶泉}{⿺辶旱}{⿺辶(⿱日(𦭊-艹))}】四俗音邉」「【干祿字書:平聲】…𨕙邊…(竝上俗下正)」
𨕚辵3+9=総画数12 U+2855A [コツ、コチ/]
◆未詳
𨕛辵3+9=総画数12 U+2855B [セン/] 𨔥𨕨
◆至る、目的・目標とした所や時間に行き着く「【說文解字:辵部:𨔥】自進極也」「【廣韻:下平聲:先第一:箋:𨕨】埤蒼云至也說文云自進極也」
𨕜辵3+9=総画数12 U+2855C [レツ、レチ/]
◆節操がないさま、同「𥸸」
𨕡辵3+9=総画数12 U+28561 [ソウ、ゾウ/つく・る] 造𨒽𦹢
◆(素材に手を加えて、組み合わせて)作り上げる
◆成(な)る、為(な)す、成し遂(と)げる
◆到(いた)る、行き着く
◆慌てる、慌ただしい
◆「𨕡次ゾウジ」◇ごく短い時間、咄嗟トッサ◇急いで、あたふたと「【論語注疏:卷四:里仁】…君子無終食之間違仁造次必於是顚沛必於是(《疏》…造次急遽也…)」
𨕫辵3+9=総画数12 U+2856B [/しめ]
◆[日]「𨕫野(しめの)」、姓、確認できず
◆[日]「𨕫ノ尾(しめのお)」、地名、長崎県壱岐市、確認できず
𨕷辵3+9=総画数12 U+28577 [ソウ、ジョウ/] 𧼰𧼶
◆あっという間に行く(通り過ぎる)さま、同「𢔣」「【字彙補:酉集:辵部:𨕷】與𧼰同行疾貌」
辵3+10=総画数13 U+48A3 [ヨウ/はる・か] 遙遥𨗽𨔚𨔠𨖈𨓧
◆どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま
◆右へ左へ揺れるように続くさま、長く続くさま
◆「逍䢣・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
辵3+10=総画数13 U+48A4 [シュツ、ジュツ、ズチ/の・べる]
◆既に道筋が付いているものや頼りになるものに沿って行く、先例などに従う、同「循」
◆先人の事績を受け継ぎ伝える、そのために文章に書き表す、或いは言葉で言い表す
◆考えや思いを書き表す、或いは言い表す、同「術」「𠰲」
辵3+10=総画数13 U+48A5 [エン/] 𨕐
◆振り返って見る、振り返っては進み進んでは振り返る、同「䀽」「𢌨」「【集韻:卷三:平聲:㒨第二:䢥】相顧視而行也或書作䀽」
辵4+10=総画数14 U+9058 [コウ、ク/] 𨔸𧽝𢔵
◆出合う、出会う
筆順
辵4+10=総画数14 U+9059 [ヨウ/はる・か] 遥𨗽𨔚𨔠䢣𨖈𨓧
◆どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま
◆右へ左へ揺れるように続くさま、長く続くさま
◆「逍遙・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+10=総画数13 U+905A [ショウ/]
◆前に進まないさま
辵4+10=総画数14 U+905B [リュウ、ル/] 𨖻
◆「逗遛トウリュウ」、同「逗留」、(長い旅程の途中で一時)滞在する
◆辺りをぶらぶらと歩く
辵4+10=総画数14 U+905C [ソン/へりくだ・る] 逊愻
◆へりくだ・る、他を敬って自ら一歩退(ひ)く、自ら一歩退(しりぞ)き控え目に振る舞う
◆自ら地位などを退(しりぞ)き他に譲る
◆逃(のが)れ身を隠す、同「遁」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+10=総画数14 U+905D [トウ、ドウ/]
◆追い付く、同「眔」「及」
◆「雑遝・雑踏ザットウ」、多くの人馬で混み合うさま
漢字林(非部首部別)
辵4+10=総画数14 U+905E [テイ、ダイ/] 逓𨔄𨕑遆𨓠𨓝𨒾递
◆次へ次へと、代わる代わるに、次々に、順々に、順繰り(じゅんぐり)に、同「𨔛」
◆届いたもの(送られてきたもの、伝わってきたもの)を次に届ける(送る、伝える)
筆順
辵3+10=総画数13 U+905F [チ、ジ/おそ・い、おく・れる] 遲遅迟𨒈
◆ゆっくりしたさま、次の動作までに時間が掛るさま
◆ゆっくりと進む、鈍(のろ)い
◆決まっている時間・期間の終わりの頃になる、またその頃を過ぎる
◆決まっている時(瞬間・時間・時期など)に間に合わない
漢字林(非部首部別)
辵3+10=総画数13 U+9060 [エン、オン/とお・い] 𨖸逺远𢕱
◆場所や時間などが遥(はる)かに離れている、間(あいだ)が大きく空(あ)いている
◆間を離す、大きく空ける
◆関係が薄い
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+10=総画数14 U+9061 [ソ、ス/さかのぼ・る]
◆水や時間・物事などの本来の流れとは逆方向に進む、上流に向かって進む、同「溯」
◆源(みなもと、流れや物事の始まるところ)に向かって行く
◆訴(うった)える、告げる、同「愬」「訴」
筆順
辵4+10=総画数14 U+9062 [トウ/]
◆ゆらゆらと行くさま、のんびりと行くさま、同「𧰂」、同「邋遢ロウトウ」「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:遢】吐盍切穩行皃」
◆心配りが欠けているさま、きちんとしていないさま、同「邋遢ロウトウ」「儠傝リョウトウ」「【字彙:酉集:辵部:遢】託甲切音塔穩行貌又邋遢不謹事」
辵3+10=総画数13 U+9063 [ケン/つか・わす、つか・う、や・る、よこ・す]
◆人を行かせる、差し向ける、「派遣ハケン」
◆追いやる、追い払う
◆人や物を送る
◆死者を葬(ほうむ)る際に共に埋葬する副葬品、「遣車ケンシャ(副葬品を載せる車)」
◆~させる
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+10=総画数13 U+9064 [훵フィン/]
◆[韓]姓用字
𨔻辵3+10=総画数13 U+2853B [イ/ちが・う、ちが・える、たが・う、たが・える] 違𨕸违
◆背(せ)を向ける、背を向け去る、背(そむ)く
◆あるべき形や様子と異なる、また反している、また合っていない
◆守るべきものを守らない、従(したが)わない
𨕝辵3+10=総画数13 U+2855D [ホ、フ/]
◆逃(に)げる、逃亡トウボウする
◆納めるべき税や負うべき労役から逃(のが)れる、「逋租ホソ」「逋賦ホフ」「逋負ホフ(未払いの税や負債)」
𨕞辵3+10=総画数13 U+2855E [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨔰𨒿𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨕟辵3+10=総画数13 U+2855F [未詳/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨕟】初側切古文厠」
𨕠辵3+10=総画数13 U+28560 [サク、シャク/]
◆迫(せま)る、間近(まじか)まで近づく、差し迫(せま)る、間(あいだ)が狭まる、同「迫」
◆起こる、起こす、同「作」
𨕣辵3+10=総画数13 U+28563 [ガク/] 遌𨔺𨕓遻𨕬
◆思い掛けずに出会う(であう)、ばったりと出会す(でくわす)、遭遇ソウグウする、同「迕」
◆予想外のことに出合って驚く
𨕤辵3+10=総画数13 U+28564 [キュウ/]
◆前にいる人の背に手が届く(付く)、先(さき)を行くものに追い付く、同「及」「逮」「【集韻:卷十:入聲下:二十六】及𢎜𨕤乁極入切說文逮也徐鍇曰及前人也」
𨕥辵3+10=総画数13 U+28565 [トウ、ドウ/みち] 道𨖁𨔞
◆出発地から目的地へ通じている路みち、人や動物などが往来する通り路、「道路ドウロ」、同「路」
◆目的を達するための経路、手順や方法
◆導(みちび)く、手引きする、同「導」
◆人の行くべき(進むべき)方向、また採(と)るべき方法
◆行政区画の名、唐代(618年~907年)には全国を十道に分け、清代(1644年~1912年)には省の下に道を置いた
◆「𨕥教ドウキョウ」、中国古来の宗教の一つ
◆説(と)く、述べる、同「噵」
漢字林(非部首部別)
𨕦辵3+10=総画数13 U+28566 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨕦】七溜切音䞭集韻進也(【集韻】には見当たらなかった)
𨕨辵3+10=総画数13 U+28568 [セン/] 𨔥𨕛
◆至る、目的・目標とした所や時間に行き着く「【說文解字:辵部:𨔥】自進極也」「【廣韻:下平聲:先第一:箋:𨕨】埤蒼云至也說文云自進極也」
𨕩辵3+10=総画数13 U+28569 [ソウ、ス/おく・る] 送𨓵𠌡𨔮䢠𨕼𨕪
◆行く人(別れる人、帰る人、旅立つ人、亡くなった人など)と別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れる、出向いて行って迎(むか)えるのは「迎ゲイ」
◆ものを目的地へ運び届ける
◆贈(おく)る、遣(つか)わす
𨕪辵7+10=総画数17 U+2856A [ソウ、ス/おく・る] 送𨓵𠌡𨔮䢠𨕩𨕼
◆行く人(別れる人、帰る人、旅立つ人、亡くなった人など)と別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れる、出向いて行って迎(むか)えるのは「迎ゲイ」
◆ものを目的地へ運び届ける
◆贈(おく)る、遣(つか)わす
𨕬辵3+10=総画数13 U+2856C [ガク/] 遌𨕣𨔺𨕓遻
◆思い掛けずに出会う(であう)、ばったりと出会す(でくわす)、遭遇ソウグウする、同「迕」
◆予想外のことに出合って驚く
𨕭辵3+10=総画数13 U+2856D [チェン/] 𨑗
◆[喃]上、上へ、下から上の方向に移動する、上げる
𨕸辵3+10=総画数13 U+28578 [イ/ちが・う、ちが・える、たが・う、たが・える] 違𨔻违
◆背(せ)を向ける、背を向け去る、背(そむ)く
◆あるべき形や様子と異なる、また反している、また合っていない
◆守るべきものを守らない、従(したが)わない
𨕼辵7+10=総画数17 U+2857C [ソウ、ス/おく・る] 送𨓵𠌡𨔮䢠𨕩𨕪
◆行く人(別れる人、帰る人、旅立つ人、亡くなった人など)と別れる際に(その場で別れてしまうのではなく)途中まで同道してから別れる、出向いて行って迎(むか)えるのは「迎ゲイ」
◆ものを目的地へ運び届ける
◆贈(おく)る、遣(つか)わす
𨕽辵7+10=総画数17 U+2857D [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷十:入聲下:業第三十一:跲劫𨕽】極業切說文躓也或作劫𨕽」
𨕾辵3+10=総画数13 U+2857E [シツ、ジチ/]
◆速い、急に、あっという間に、一瞬のうちに、同「疾」
𨖀辵3+10=総画数13 U+28580 [テン/] 𨔢
◆行く、ゆっくりと行く、同「㢟」
𨖁辵7+10=総画数17 U+28581 [トウ、ドウ/みち] 道𨕥𨔞
◆出発地から目的地へ通じている路みち、人や動物などが往来する通り路、「道路ドウロ」、同「路」
◆目的を達するための経路、手順や方法
◆導(みちび)く、手引きする、同「導」
◆人の行くべき(進むべき)方向、また採(と)るべき方法
◆行政区画の名、唐代(618年~907年)には全国を十道に分け、清代(1644年~1912年)には省の下に道を置いた
◆「𨖁教ドウキョウ」、中国古来の宗教の一つ
◆説(と)く、述べる、同「噵」
𨖂辵3+10=総画数13 U+28582 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:辵部:𨖂】同"邊"」
𫐻辵3+10=総画数13 U+2B43B [未詳/]
◆未詳
辵3+11=総画数14 U+48A6 [ソツ、シュツ、スイ/]
◆道を誤らないように率(ひき)いる、導(みちび)く、同「率」
辵3+11=総画数14 U+48A8 [ショウ、ジュウ、ジュ/]
◆ゆっくりと歩くさま、歩(あゆ)みがゆっくりなさま、同「𢔩」
◆前に従(したが)う、後(あと)に付いて行く、同「従」「蹤」「𨑢」
辵3+11=総画数14 U+48A9 [ギョ、ゴ/]
◆未詳「【中華字海:辶部:䢩】同"篽"、禁篽(古代供帝王专用的猎场)」「【漢語大字典:辵部:䢩】同"御(禦)"。禁止;抵挡。」
辵4+11=総画数15 U+9066 [カン、ケン/]
◆何度も繰り返す、繰り返し行う、何度も繰り返すことによって身に付ける、同「習」「慣」
辵4+11=総画数15 U+9067 [ショウ/]
◆はっきりと示す、誰の目にも明らかにする、同「彰」
辵4+11=総画数15 U+9068 [ゴウ/] 𨗯
◆思いのままに(気の向くままに)遊ぶさま、また遊覧ユウランするさま、「遨遊ゴウユウ」
筆順
辵3+11=総画数14 U+9069 [テキ、セキ、シャク/かな・う、あた・う] 𨗁𠐝
◆(目的とする方に向かって)往く、(目的とする方に)向かう
◆向かう方向が目的に合っている、意に沿(そ)っている、相応(ふさわ)しい
◆(ちょうど合っていて、自分の思いの通りで)心地よい
◆たまたま、思い掛けずに、偶然に
◆血筋の繋(つな)がった、正統な、同「嫡」
◆嫁に出る
◆簡「适」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+11=総画数14 U+906A [/]
◆行く
◆走る
辵3+11=総画数14 U+906B [未詳/]
◆未詳「【墨子:卷八:明鬼下】…凡殺不辜者其得不祥鬼神之謀若此之憯遫…」「【方言:第十二】攎(音櫨)遫(音勑)張也」「【正字通:酉集下:辵部:遫】昌石切音赤張也譌作𨔤」
辵4+11=総画数15 U+906C [ソク/]
◆速(はや)い、疾(はや)い、あっという間に通り過ぎて行く、同「速」「【說文解字:辵部:速】疾也从辵束聲遬籀文从欶𧫷古文从欶从言」
漢字林(非部首部別)
辵3+11=総画数14 U+906D [ソウ/あ・う] 𨙠𨗐
◆(人や事態に)出会(でくわ)す、出合う、巡(めぐ)り合う、「遭遇ソウグウ」、同「傮」
◆周(めぐ)る、一回(ひとまわ)りする、周(まわ)りをぐるりと囲む、取り囲む
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+11=総画数14 U+906E [シャ/さえぎ・る] 𨖥
◆寄ってくるものを止(とど)める、そこから先に行かせない、通さない
◆覆って中に入ってこないようにする
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+11=総画数15 U+906F [トン、ドン/]
◆逃(に)げる、逃げ隠れる、同「𦟥」「𨔡」
◆その場を離れ後ろへ(人の目が届かないところへ)退(しりぞ)く、退いて身を隠(かく)す、「𦟥」「遁」
◆六十四卦(ロクジョウシケ、ロクジョウシカ)の一つで「乾」「艮」を組み合わせたもの {易経記号}
筆順
辵4+11=総画数15 U+9070 [テイ、ダイ/] 𨘬𨗼
◆往(ゆ)く、去って行く、遠くへ行ってしまう、同「逝」
◆「迢遰チョウテイ」、遥(はる)か遠いさま、また高いさま、遠くまで続いているさま
辵3+11=総画数14 U+9071 [ロウ、ル/]
◆絶えることなく続いているさま
辵3+11=総画数14 U+9073 [サ/]
◆「遳脆」、脆く弱いさま、焦るさま
𣤎辵3+11=総画数14 U+2390E [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:辰集下:欠部:𣤎】《字彙補》與糾切音有言意也○按卽𣣸字之譌」
𨖆辵3+11=総画数14 U+28586 [ソ、ショ、ゾ/] 䢐𨒚
◆「𨒮𨖆シショ」、(恐れて、疑って、迷って、決めかねて)なかなか前に進めないさま、進んでは止まり進んでは止まるさま、躊躇(ためら)うさま、同「趑趄」「𨀥跙」
◆往(い)く、同「徂」
𨖇辵3+11=総画数14 U+28587 [セン、ゼン/] 遄𨖺𨒎
◆多くの人が足早に行き来するさま
◆足早に行く、颯(さっ)と通り過ぎる
𨖈辵3+11=総画数14 U+28588 [ヨウ/はる・か] 遙遥𨗽𨔚𨔠䢣𨓧
◆どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま
◆右へ左へ揺れるように続くさま、長く続くさま
◆「逍𨖈・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
𨖉辵3+11=総画数14 U+28589 [リン/]
◆姓用字「【萬姓統譜:卷九十九:十二震】𨖉(音吝見直音)」
𨖊辵3+11=総画数14 U+2858A [セキ、シャク/]
◆突然走り出すさま、同「䟄」「【集韻:卷十:入聲下:麥第二十一:䟄㣱𨖊】走皃」
◆歩いたところに残る足跡、同「迹」「【集韻:卷十:入聲下:㫺第二十二:迹𨖊䟱𨒪蹟跡】說文步處也」「【正字通:酉集下:辵部:𨖊】同迹」
𨖍辵3+11=総画数14 U+2858D [ゴ、グ/われ、わ・が] 吾𠮣𢓲
◆我(われ)、自分を指す語、主に主格Iとして用いられ、所有格myや目的格meでは「我」が用いられる、同「余」「予」
𨖐辵3+11=総画数14 U+28590 [サク、ザク/] 𨗩
◆岩や石に孔(あな)を穿(うが)つ、穴を掘り向こう側まで貫き通す、同「鑿」
𨖚辵3+11=総画数14 U+2859A [リョウ/] 遼辽
◆遥か遠いさま、遥か遠くまで続くさま
◆宋代の王朝名、916年~1125年、別名「大遼」 {宋(北宋)代}
◆遼寧リョウネイ省の略称 {遼寧省}
𨖝辵3+11=総画数14 U+2859D [テイ、ジョウ/] 霆𩄫𨗒𨗠
◆激しい雷鳴ライメイ
◆稲妻いなずま、雷光ライコウ
𨖞辵3+11=総画数14 U+2859E [カン、ゲン、セン、ゼン/かえ・る、かえ・す] 還𨘣
◆移動したり変化した後に同じ道筋を逆に辿(たど)って元に戻る、元と同じ状態・位置に戻る、また戻す、同「𢕼」「復」「返」
◆ぐるりと廻(めぐ)って元に戻る、行って戻って来る、帰って来る、同「旋」
◆元の方向にぐるっと向きを変える、振り返る
◆尚(なお)、更に、再び、その上に
◆簡「还」
𨖟辵3+11=総画数14 U+2859F [ヨウ/]
◆招いた客を途中まで出て迎える
◆待ち受ける、「邀撃ヨウゲキ(相手を待ち受けて撃つ)」
◆求める、「邀請ヨウセイ(来てくれるよう請う、招く)」
𨖠辵3+11=総画数14 U+285A0 [ヘン/]
◆広く隅々まで行き渡る、同「遍」「【字彙補:酉集:辵部:𨖠】邦免切音匾周也薄也」
𨖡辵3+11=総画数14 U+285A1 [トン、ドン/] 𨔡𨔵
◆逃(に)げる、逃げ隠れる、同「遯」「遁」
𨖤辵7+11=総画数18 U+285A4 [シ/] 𨑭𨔀𨗬
◆他の場所に移る、他の場所へ移す、同「徙」「迻」
𨖥辵3+11=総画数14 U+285A5 [シャ/さえぎ・る]
◆寄ってくるものを止(とど)める、そこから先に行かせない、通さない
◆覆って中に入ってこないようにする
𨖦辵3+11=総画数14 U+285A6 [未詳/] 𨖪
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨖪】與報同見古文老子」「【中華大字典:辵部:𨖦】同報見[古文老子]」
𨖪辵7+11=総画数18 U+285AA [未詳/] 𨖦
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨖪】與報同見古文老子」「【中華大字典:辵部:𨖦】同報見[古文老子]」
𨖫辵3+11=総画数14 U+285AB [タツ、ダチ、タチ/] 達逹𨔶𨔬𨔂
◆道が滞(とどこお)ることなく通じる
◆目的とするところまで行き着く、また届く
◆目標としたことを成し遂げる
◆物事の奥深くまで通じる、また理解する
𨖮辵3+11=総画数14 U+285AE [サク、ザク/] 𨓂
◆速い、同「𤉐」
𨖯辵3+11=総画数14 U+285AF [ユウ、ユ/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨖯】以九切音酉言意貌」
𨖰辵3+11=総画数14 U+285B0 [ケツ、ケチ/]
◆節操がないさま、同「奊」
𨖲辵3+11=総画数14 U+285B2 [レン/]
◆[喃]上がる、昇る、下方から上方に向かって動く
𨗲辵3+11=総画数14 U+285F2 [カ/]
◆草、草名、未詳「【說文解字:艸部:薖】艸也」「【廣韻:下平聲:戈第八:科:薖】草名又寬大皃」
◆寛大なさま、(度量が)広く大きいさま「【毛詩正義:卷四:國風:考槃】…考槃在阿碩人之薖(《傳》曲陵曰阿薖寬大貌《箋》云薖饑意)」
辵3+12=総画数15 U+48AA [キョウ、セイ、サイ/]
◆泥濘デイネイ(ぬかるみ)を行くための乗り物、同「橇」
辵3+12=総画数15 U+48AB [スイ、ズイ/したが・う] 隨随𨔳遀𨼕
◆付き従う、他のものの後に付いて行く、「随行ズイコウ」
◆他の者や思いや考えなどのままに任せる、成り行きに従う、「随意ズイイ」
辵3+12=総画数15 U+48AC [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
辵4+12=総画数16 U+9072 [チ、ジ/おそ・い、おく・れる] 遅遟迟𨒈
◆ゆっくりしたさま、次の動作までに時間が掛るさま
◆ゆっくりと進む、鈍(のろ)い
◆決まっている時間・期間の終わりの頃になる、またその頃を過ぎる
◆決まっている時(瞬間・時間・時期など)に間に合わない
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+12=総画数16 U+9074 [リン/]
◆行き難(がた)い、進み難い
◆貪(むさぼ)る、欲張(よくば)る、必要以上に(また能力以上に)欲しがる
◆「遴選リンセン」、選(えら)ぶ、選択センタクする
◆姓用字「【萬姓統譜:卷九十九:十二震】遴(古文吝字見纂要)」
漢字林(非部首部別)
辵3+12=総画数15 U+9075 [シュン、ジュン/したが・う] 𨗕𨘊
◆歩むべき道筋に沿って行く、先例や決まりなどの頼(たよ)りとすべきものに従う
筆順
辵4+12=総画数16 U+9076 [ジョウ、ニョウ/]
◆ぐるりと回る、周りを回る、同「繞」
◆遠回りをする、迂回する、同「繞」
筆順
辵3+12=総画数15 U+9077 [セン/うつ・る、うつ・す] 𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+12=総画数15 U+9078 [セン/えら・ぶ、え・る、よ・る] 𨕖𨓟选
◆多くのものを基準に従って仕分ける、また仕分けて目的のものを抜き出す、「選択センタク」「選抜センバツ」、同「撰」
◆仕分け抜き出したものを纏(まと)めたもの、「選集センシュウ(幾つかの作品の中から選び纏めた書物、作品集)」
◆「少選ショウセン」、暫(しば)し、少しの間
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+12=総画数16 U+9079 [イツ、イチ/] 𨗝
◆先例や決まりなどの頼(たよ)りとすべきものを守り従う「【資治通鑑:卷第六十八:漢紀六十】…修明禮樂武功既成文德亦洽繼以孝明孝章遹追先志(遹述也遵也…)」
◆まっすくでない、曲がっている、歪(ゆが)んでいる
◆発語詞ハツゴシ、言い出しや書き出しに用いる語
漢字林(非部首部別)
辵3+12=総画数15 U+907A [イ、ユイ/のこ・す] 遗𨘤𨖽𨗭𨗮𨗔𧸃
◆置いたままにする、置いたままにして去る、「遺失イシツ」
◆(なくなった)後も残る、後に残る、また残す、「遺産イサン」
◆取り残す、取り漏(も)らす、漏れ落ちる
◆小便を漏らす
◆贈る、与える
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+12=総画数15 U+907B [ガク/] 遌𨕣𨔺𨕓𨕬
◆思い掛けずに出会う(であう)、ばったりと出会す(でくわす)、遭遇ソウグウする、同「迕」
◆予想外のことに出合って驚く
辵3+12=総画数15 U+907C [リョウ/] 𨖚辽
◆遥か遠いさま、遥か遠くまで続くさま
◆宋代の王朝名、916年~1125年、別名「大遼」 {宋(北宋)代}
◆遼寧リョウネイ省の略称 {遼寧省}
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+12=総画数16 U+9081 [バイ、マイ、メ/] 𨙚迈
◆後ろを振り向くことなくどんどん前に進んで行く、遠くへ行ってしまう
◆過ぎて行く、過ぎ去る
◆老いる、年を取る
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+12=総画数15 U+9086 [トウ、ドウ/]
◆「邆賧詔」、唐代現中国南部に大きな勢力を誇っていた六つの王国の一つ
𨖣辵3+12=総画数15 U+285A3 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨗟𨖣】二俗𨙀或作呼角反今作{轂-車+耳}㥯也速也」「【康熙字典:酉集備考:辵部:𨖣】《龍龕》同嗀」
𨖴辵3+12=総画数15 U+285B4 [ブ、ム/]
◆先に行った人が残した足跡ソクセキ(あしあと)、同「䟼」「武」
𨖷辵3+12=総画数15 U+285B7 [ソウ、ショウ/]
◆楷書カイショを崩した(点画を略したり繋いだりした)書体で行書ギョウショと草書ソウショの間程の書体、同「箑」「𥯦」「【集韻:卷十:入聲下:洽第三十二:𨖷箑】行書也秦使徒隸助官書艸𨖷以爲行事謂艸行之間取其疾速不留意楷法也」
𨖸辵3+12=総画数15 U+285B8 [エン、オン/とお・い] 遠逺远𢕱
◆場所や時間などが遥(はる)かに離れている、間(あいだ)が大きく空(あ)いている
◆間を離す、大きく空ける
◆関係が薄い
𨖹辵3+12=総画数15 U+285B9 [チツ、チチ/]
◆未詳「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨖹】知栗切近也重也至也」「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨖹】陟栗反近也又古文忤字音悟」
𨖺辵3+12=総画数15 U+285BA [セン、ゼン/] 遄𨖇𨒎
◆多くの人が足早に行き来するさま
◆足早に行く、颯(さっ)と通り過ぎる
𨖻辵3+12=総画数15 U+285BB [リュウ、ル/]
◆「逗𨖻トウリュウ」、同「逗留」、(長い旅程の途中で一時)滞在する
◆辺りをぶらぶらと歩く
𨖽辵3+12=総画数15 U+285BD [イ、ユイ/のこ・す] 遺遗𨘤𨗭𨗮𨗔𧸃
◆置いたままにする、置いたままにして去る、「遺失イシツ」
◆(なくなった)後も残る、後に残る、また残す、「遺産イサン」
◆取り残す、取り漏(も)らす、漏れ落ちる
◆小便を漏らす
◆贈る、与える
𨖿辵3+12=総画数15 U+285BF [イ/]
◆「𨖿迤イイ」「𨖿迱イイ・イタ」、(まっすぐではなく)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「委蛇、㣦彵」「迤邐イリ」「邐迤・邐迆リイ」
𨗀辵3+12=総画数15 U+285C0 [サク、ソ、ス/]
◆交錯コウサクする、入り乱れる、入り交じる、「䢒逪コウサク」
𨗁辵3+12=総画数15 U+285C1 [テキ、セキ、シャク/かな・う、あた・う] 適𠐝
◆(目的とする方に向かって)往く、(目的とする方に)向かう
◆向かう方向が目的に合っている、意に沿(そ)っている、相応(ふさわ)しい
◆(ちょうど合っていて、自分の思いの通りで)心地よい
◆たまたま、思い掛けずに、偶然に
◆血筋の繋(つな)がった、正統な、同「嫡」
◆嫁に出る
𨗂辵3+12=総画数15 U+285C2 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨗂】即幾字漢費鳳碑庶𨗂昔子夏」
𨗃辵7+12=総画数19 U+285C3 [シン/すす・む、すす・める] 進进𨙟
◆前に向かって動く(行く)、前に出る、登る、上に向かって動く(行く)、昇って行く、状態が良い方向に向かう、逆は「退」
◆位や程度が上がる
◆人にものを差し出す、また差し上げる
◆中に入る、外から内側に向かって移動する
𨗄辵3+12=総画数15 U+285C4 [リン/]
◆人名用字「【弇山堂別集:卷三十四:郡王】會稽康敬王…子(闕)王勤𨗄嗣薨無子除」
𨗅辵3+12=総画数15 U+285C5 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:辵部:𨗅】同"隧"」
𨗆辵3+12=総画数15 U+285C6 [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨕞𨔰𨒿𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨗇辵3+12=総画数15 U+285C7 [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨗈辵4+12=総画数16 U+285C8 [/きょう]
◆[日]「𨗈迹(きょうしゃく)」、おもはかる、思い遣(や)る「【漢字源:辵部:𨗈】人がおこなった跡。行跡」 {和製漢字の辞典:辵(辶辶)部:𨗈}
𨗉辵4+12=総画数16 U+285C9 [スイ/] 邃䆳
◆奥深いさま、深遠なさま
𨗌辵3+12=総画数15 U+285CC [未詳/] 𨗤
◆未詳「【康熙字典:酉集備考:辵部:𨗤】龍龕與德同」
𨗍辵3+12=総画数15 U+285CD [未詳/]
◆未詳
𨗐辵3+12=総画数15 U+285D0 [ソウ/あ・う] 遭𨙠
◆(人や事態に)出会(でくわ)す、出合う、巡(めぐ)り合う、「遭遇ソウグウ」、同「傮」
◆周(めぐ)る、一回(ひとまわ)りする、周(まわ)りをぐるりと囲む、取り囲む
𨗑辵3+12=総画数15 U+285D1 [未詳/]
◆鬼仙キセン(道教の「五仙、天仙・神仙・地仙・人仙・鬼仙」の一と思われる)の名「【酉陽雜俎《欽定四庫全書》本:卷十四:諾皐記上】太真科經有鬼仙丙戌鬼名日𪚣生 丙午日鬼名挻𢐪 乙卯日鬼名天陪 戊午日鬼名耳述 壬戌日鬼名𨕌 辛丑日鬼名䢑 乙酉日鬼名聶左 丙辰日鬼名夭𨗑 辛卯日鬼名𢣱 酉䖝鬼名髪廷𨑺 厠鬼名頊天竺(一曰笙)語忘敬遺二鬼名婦人臨產呼之不害人長三寸三分上下烏衣 馬鬼名賜 虵鬼名𠋙石圭(一曰𠪨) 井鬼名瓊 衣服鬼名甚遼 *神{𨝒-阝}鬱壘領萬鬼」(《崇文書局叢書》本は「*神茶鬱壘領萬鬼」、《摛藻堂四庫全書薈要》本は「*神荼鬱壘領萬鬼」)
𨗒辵3+12=総画数15 U+285D2 [テイ、ジョウ/] 霆𩄫𨗠𨖝
◆激しい雷鳴ライメイ
◆稲妻いなずま、雷光ライコウ
𨗔辵3+12=総画数15 U+285D4 [イ、ユイ/のこ・す] 遺遗𨘤𨖽𨗭𨗮𧸃
◆置いたままにする、置いたままにして去る、「遺失イシツ」
◆(なくなった)後も残る、後に残る、また残す、「遺産イサン」
◆取り残す、取り漏(も)らす、漏れ落ちる
◆小便を漏らす
◆贈る、与える
𨗕辵3+12=総画数15 U+285D5 [シュン、ジュン/したが・う] 遵𨘊
◆歩むべき道筋に沿って行く、先例や決まりなどの頼(たよ)りとすべきものに従う
𨗖辵3+12=総画数15 U+285D6 [未詳/]
◆未詳
𨗗辵3+12=総画数15 U+285D7 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨗗】或作逋正博孤反縣也又平也」「【字彙補:酉集:辵部:𨗗】博孤切音逋懸也平也」
𨗛辵3+12=総画数15 U+285DB [未詳/]
◆未詳
𨗝辵7+12=総画数19 U+285DD [イツ、イチ/]
◆先例や決まりなどの頼(たよ)りとすべきものを守り従う「【資治通鑑:卷第六十八:漢紀六十】…修明禮樂武功既成文德亦洽繼以孝明孝章遹追先志(遹述也遵也…)」
◆まっすくでない、曲がっている、歪(ゆが)んでいる
◆発語詞ハツゴシ、言い出しや書き出しに用いる語
𨗟辵3+12=総画数15 U+285DF [未詳/]
◆未詳「【康熙字典:酉集備考:辵部:𨖣】《龍龕》呼角切急速也(「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨗟𨖣】二俗𨙀或作呼角反今作{轂-車+耳}㥯也速也」)
𨗠辵3+12=総画数15 U+285E0 [テイ、ジョウ/] 霆𩄫𨗒𨖝
◆激しい雷鳴ライメイ
◆稲妻いなずま、雷光ライコウ
𨗢辵3+12=総画数15 U+285E2 [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨗣辵3+12=総画数15 U+285E3 [トク、ドク/] 䢱𨙋𨙜
◆馴(な)れ馴れしいさま、不躾(ぶしつけ)なさま、軽んじ侮(あなど)るさま、「媟䢱セツトク」、同「媟嬻」「【說文解字:辵部:䢱】媟䢱也」「【別雅:卷五】媟黷䙝瀆也(漢書枚乗𫝊以故得媟黷貴幸後漢書爰延𫝊上下媟黷有虧尊嚴按䙝瀆字依說文本當用嬻或用䢱後人減作瀆巳屬假借又譌作凟更非)」
◆未詳「【正字通:酉集下:辵部:䢱】同嬻説文媟䢱也本作𨙋篆作{⿺辵賣}」
𨗤辵3+12=総画数15 U+285E4 [未詳/] 𨗌
◆未詳「【康熙字典:酉集備考:辵部:𨗤】龍龕與德同」
辵3+13=総画数16 U+48AD [エン/]
◆遮(さえぎ)る
日部
辵4+13=総画数17 U+907D [キョ、ゴ/あわただ・しい、にわか]
◆宿ごとに配置した急ぎの手紙や人を継ぎ運ぶ馬、同「𩥆」
◆慌ただしいさま、急なさま、はっとするさま、同「蘧」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵3+13=総画数16 U+907E [セイ、ゼ/]
◆~(の状態、の時刻・時期・時機)に至(いた)る、~に到(いた)る、同「逮」
辵3+13=総画数16 U+907F [ヒ、ビ/さ・ける、よ・ける] 𨓶𢕾
◆障害となるものに当たらないような位置・場所に移動する、当たらないように身を躱(かわ)す、身を逸(そ)らす、同「辟」、「迴避・回避カイヒ」
◆中心から去る、退く、遠ざかる
筆順
辵4+13=総画数17 U+9080 [ヨウ/] 𨖟
◆招いた客を途中まで出て迎える
◆待ち受ける、「邀撃ヨウゲキ(相手を待ち受けて撃つ)」
◆求める、「邀請ヨウセイ(来てくれるよう請う、招く)」
筆順
辵4+13=総画数17 U+9082 [カイ、ゲ/]
◆「邂逅カイコウ」、思い掛けなく出会う
筆順
辵3+13=総画数16 U+9084 [カン、ゲン、セン、ゼン/かえ・る、かえ・す] 𨘣𨖞
◆移動したり変化した後に同じ道筋を逆に辿(たど)って元に戻る、元と同じ状態・位置に戻る、また戻す、同「𢕼」「復」「返」
◆ぐるりと廻(めぐ)って元に戻る、行って戻って来る、帰って来る、同「旋」
◆元の方向にぐるっと向きを変える、振り返る
◆尚(なお)、更に、再び、その上に
◆簡「还」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+13=総画数17 U+9085 [テン、デン/]
◆なかなか前に進めない(進まない、進みようがない)さま、「邅迍テンチュン」「迍邅チュンテン」
◆向きを変える、方向を変える
辵4+13=総画数17 U+9089 [ヘン/]
◆境(さかい)、境界キョウカイ、面状のものの区切り、同「𨘢」「邊」「【詩經集傳:卷五:彤弓之什二之三】彤弓三章章六句(…東萊呂氏曰所謂專征者如四夷入邉…)」
筆順
𨗨辵3+13=総画数16 U+285E8 [イ/]
◆姓用字
𨗩辵3+13=総画数16 U+285E9 [サク、ザク/] 𨖐
◆岩や石に孔(あな)を穿(うが)つ、穴を掘り向こう側まで貫き通す、同「鑿」
𨗫辵3+13=総画数16 U+285EB [ユウ、ウ/う・い、う・さ、うれ・える] 憂㥑𢝊𢚧𢟜𢞘𠮕𩕂𠪍
◆心配する、あれこれと思いが巡(めぐ)り悩む、心が揺れ動く、同「忧」
◆(特に親の)喪ソウ(も、死者を追悼するために家に籠って慎む、その一定の期間)「【商書:說命上】王宅憂亮陰三祀」
𨗬辵7+13=総画数20 U+285EC [シ/] 𨑭𨔀𨖤
◆他の場所に移る、他の場所へ移す、同「徙」「迻」
𨗭辵3+13=総画数16 U+285ED [イ、ユイ/のこ・す] 遺遗𨘤𨖽𨗮𨗔𧸃
◆置いたままにする、置いたままにして去る、「遺失イシツ」
◆(なくなった)後も残る、後に残る、また残す、「遺産イサン」
◆取り残す、取り漏(も)らす、漏れ落ちる
◆小便を漏らす
◆贈る、与える
𨗮辵3+13=総画数16 U+285EE [イ、ユイ/のこ・す] 遺遗𨘤𨖽𨗭𨗔𧸃
◆置いたままにする、置いたままにして去る、「遺失イシツ」
◆(なくなった)後も残る、後に残る、また残す、「遺産イサン」
◆取り残す、取り漏(も)らす、漏れ落ちる
◆小便を漏らす
◆贈る、与える
𨗯辵3+13=総画数16 U+285EF [ゴウ/]
◆思いのままに(気の向くままに)遊ぶさま、また遊覧ユウランするさま、「𨗯遊ゴウユウ」
𨗺辵3+13=総画数16 U+285FA [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨗻辵3+13=総画数16 U+285FB [タイ、ダイ/]
◆先(さき)を行くものに追い付く、目指しているものに追い付く、同「逮」
𨗼辵3+13=総画数16 U+285FC [テイ、ダイ/] 遰𨘬
◆往(ゆ)く、去って行く、遠くへ行ってしまう、同「逝」
◆「迢𨗼チョウテイ」、遥(はる)か遠いさま、また高いさま、遠くまで続いているさま
𨗽辵3+13=総画数16 U+285FD [ヨウ/はる・か] 遙遥𨔚𨔠䢣𨖈𨓧
◆どこまでもどこまでも続いているさま、遠く遠く離れているさま
◆右へ左へ揺れるように続くさま、長く続くさま
◆「逍𨗽・徜徉・倘佯ショウヨウ」◇思いのままに(気の向くままに)ぶらぶらと歩き回ること◇気儘(きまま)に楽しむこと
𨗿辵3+13=総画数16 U+285FF [バク、マク/]
◆遠い、遥(はる)か遠い「【廣弘明集:卷十:音釋:𨗿】未各切遠也」
𨘁辵3+13=総画数16 U+28601 [ユウ、ユ/]
◆遥(はる)か遠いさま、どこまでも(いつまでも)続いているさま、同「悠」
𨘅辵3+13=総画数16 U+28605 [未詳/]
◆未詳
𨘚辵3+13=総画数16 U+2861A [ヘン/] 籩𥸅𨙢笾𠥣𠥫
◆食物を盛る竹製や藤製の高坏(たかつき、碗状また盆状の器に脚を付けたもの、「豆」という)
辵3+14=総画数17 U+48AF [リン/]
◆行き難(がた)い、進み難い
◆貪(むさぼ)る、欲張(よくば)る、必要以上に(また能力以上に)欲しがる
◆「䢯選リンセン」、選(えら)ぶ、選択センタクする
◆姓用字「【萬姓統譜:卷九十九:十二震】遴(古文吝字見纂要)」
辵3+14=総画数17 U+48B0 [ヤク、テキ、チャク/] 趯𧾟
◆高く飛び上がる、飛び跳ねる、同「躍」
◆永字八法の一つ、横画や縦画からのはねの書き方、現代中国では「鉤」 {永字八法}
辵4+14=総画数18 U+9083 [スイ/] 𨗉䆳
◆奥深いさま、深遠なさま
筆順
辵4+14=総画数18 U+9087 [ジ、ニ/] 迩𨒛
◆(場所や時間などが)近い
◆(間柄が)近しい
筆順
辵4+14=総画数18 U+9088 [バク、マク/]
◆遠い、遥(はる)か遠い、遠く朧(おぼろ)げなさま、同「𨘷」「貌」
◆小さいもの(小さいこと)と見做(みな)す、軽(かろ)んずる、同「藐」
筆順
𨘈辵3+14=総画数17 U+28608 [タツ、タチ/] 撻𢹗挞𢺂𢾴𢽞𪯎
◆鞭(むち)や棒で打つ、打ち据える、鞭打つ、同「韃」
◆鞭打って励ます
𨘊辵3+14=総画数17 U+2860A [シュン、ジュン/したが・う] 遵𨗕
◆歩むべき道筋に沿って行く、先例や決まりなどの頼(たよ)りとすべきものに従う
𨘍辵3+14=総画数17 U+2860D [タイ、ダイ/] 䨴𩅆𩄮𩅥𩆰𩅲
◆雲の様子、雲が空を覆うさま
◆「霮𨘍タンタイ」◇厚い雲が空を覆うさま、雲が垂れ籠めるさま◇露(つゆ、水滴)が付いているさま、濡(ぬ)れているさま
◆「黮𨘍タンタイ」、黒い雲が空を覆うさま
𨘑辵3+14=総画数17 U+28611 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨘑】音義與連同」
𨘓辵3+14=総画数17 U+28613 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨘓】與擷同」
𨘖辵3+14=総画数17 U+28616 [ソ、ショ/] 疏䟽
◆塞(ふさ)がっているところに隙間を作って流れをよくする、間(あいだ)を空けて通りをよくする
◆(通じやすいように)箇条に分けて述べた文書、分かりやすい注釈・解説
注解:本字は「疎」と同音同義字だが「隙間がある」の意では「疎」を、「間が空いて流れがよい」の意では「疏」を用いることが多い
𨘛辵3+14=総画数17 U+2861B [テイ、ダイ/]
◆滞(とどこお)る、止まったまま動かない、同「滞」
𨘜辵3+14=総画数17 U+2861C [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨘜】卽遭字見漢從事武君碑」
𨘝辵3+14=総画数17 U+2861D [タツ、ダチ、タチ/]
◆物事の奥深くまで通じる、また理解する、同「達」
𨘬辵3+14=総画数17 U+2862C [テイ、ダイ/] 遰𨗼
◆往(ゆ)く、去って行く、遠くへ行ってしまう、同「逝」
◆「𨔴𨘬チョウテイ」、遥(はる)か遠いさま、また高いさま、遠くまで続いているさま
辵3+15=総画数18 U+48B1 [トク、ドク/] 𨙋𨙜𨗣
◆馴(な)れ馴れしいさま、不躾(ぶしつけ)なさま、軽んじ侮(あなど)るさま、「媟䢱セツトク」、同「媟嬻」「【說文解字:辵部:䢱】媟䢱也」「【別雅:卷五】媟黷䙝瀆也(漢書枚乗𫝊以故得媟黷貴幸後漢書爰延𫝊上下媟黷有虧尊嚴按䙝瀆字依說文本當用嬻或用䢱後人減作瀆巳屬假借又譌作凟更非)」
◆未詳「【正字通:酉集下:辵部:䢱】同嬻説文媟䢱也本作𨙋篆作{⿺辵賣}」
辵4+15=総画数19 U+908A [ヘン/あた・り、べ、ほとり] 边辺
◆境(さかい)、境界キョウカイ、面状のものの区切り、また互いに接するところ、一般にはその先も同じような状態で続いているものの区切りとなるところを指す、そこで途切れその先がないものは「縁」、線状・棒状のものの先端は「端」
◆国が果(は)てるところ、中央から遠く離れたところ
◆~の近く、~の付近、~の側(そば)、~の傍(かたわ)ら、同「𨘳」
漢字林(非部首部別)
筆順
辵4+15=総画数19 U+908B [リョウ、ロウ/]
◆折る、折れ曲がる、同「搚」
◆旗がひらひらと揺れ動くさま
◆「邋遢ロウトウ」◇ゆらゆらと行くさま、のんびりと行くさま、同「𧰂」「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:遢】吐盍切穩行皃」◇心配りが欠けているさま、きちんとしていないさま「【字彙:酉集:辵部:遢】託甲切音塔穩行貌又邋遢不謹事」
辵4+15=総画数19 U+908C [レイ、ライ、チ、ジ/] 𨘯
◆徐(おもむろ)に、ゆっくりとした
◆ゆっくりと進む、同「遅」
𨘡辵3+15=総画数18 U+28621 [ゲン、ゴン/] 邍𨙅
◆広く平らなことろ、平原、高く平らで広いところ、高原、同「原」「【字彙補:酉集:辵部:𨘡】古原字石鼓文𨘡溼陰陽」
𨘢辵3+15=総画数18 U+28622 [ヘン、ベン、メン/]
◆境(さかい)、境界キョウカイ、面状のものの区切り、同「邉」「邊」「【說文解字注:辵部:𨘢】行垂崖也(釋詁曰邊垂也…行於垂崖曰邊因而垂崖謂之邊…)从辵𦤝聲」
漢字林(非部首部別)
𨘣辵3+15=総画数18 U+28623 [カン、ゲン、セン、ゼン/かえ・る、かえ・す] 還𨖞
◆移動したり変化した後に同じ道筋を逆に辿(たど)って元に戻る、元と同じ状態・位置に戻る、また戻す、同「𢕼」「復」「返」
◆ぐるりと廻(めぐ)って元に戻る、行って戻って来る、帰って来る、同「旋」
◆元の方向にぐるっと向きを変える、振り返る
◆尚(なお)、更に、再び、その上に
◆簡「还」
𨘤辵3+15=総画数18 U+28624 [イ、ユイ/のこ・す] 遺遗𨖽𨗭𨗮𨗔𧸃
◆置いたままにする、置いたままにして去る、「遺失イシツ」
◆(なくなった)後も残る、後に残る、また残す、「遺産イサン」
◆取り残す、取り漏(も)らす、漏れ落ちる
◆小便を漏らす
◆贈る、与える
𨘧辵3+15=総画数18 U+28627 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨘪】與輦同或作𨘧誤」
𨘪辵3+15=総画数18 U+2862A [レン/]
◆車を引く、車に乗せて(載せて)運ぶ、同「輦」「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨘧𨘪】二俗力展反正作輦」
𨘫辵3+15=総画数18 U+2862B [キ、ギ/]
◆道が四方八方に通じているさま、四方八方に通じている主要な道、同「馗」「㙺」「【釋名:釋道】一達曰道(…)二達曰之歧旁(…)三達曰劇旁(…)四達曰衢(…)五達曰康(…)六達曰莊(…)七達曰劇驂(…)八達曰崇期(…)九達曰逵齊魯謂道多爲逵師此形然也」
𨘭辵3+15=総画数18 U+2862D [トン、ドン/] 𨙆𨘹
◆逃(に)げる、逃げ隠れる、同「遯」「𨔡」
◆その場を離れ後ろへ(人の目が届かないところへ)退(しりぞ)く、退いて身を隠(かく)す、「遯」「遁」
𨘯辵3+15=総画数18 U+2862F [レイ、ライ、チ、ジ/]
◆徐(おもむろ)に、ゆっくりとした
◆ゆっくりと進む、同「遅」
𨘰辵3+15=総画数18 U+28630 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨘰】與匳同(「【龍龕手鑑:卷四:水部第三:𨕏{⿺辶𡙗}{⿺辶(⿱一僉)}】三俗音廉正作匲盛香器也又鏡匲也」の{⿺辶(⿱一僉)}を誤ったものか?)
𨘳辵3+15=総画数18 U+28633 [未詳/]
◆辺(あた)り、~の近く、同「邊」「【字彙補:酉集:辵部:𨘳】穆天子傳至于積山之𨘳音未詳一本作{⿺辶⿰彳⿳山日分}」「【穆天子傳:卷之三】甲辰至于積山之𨘳」「【漢語大字典:辵部:𨘳】同"邊"」
𨘶辵3+15=総画数18 U+28636 [リ/] 邐逦𨓦
◆「𨘶迤・𨘶迆リイ」「迤𨘶イリ」、(砂丘のように)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迤・逶迤・㣦彵イイ」「逶迱・逶蛇・委蛇イイ・イタ」「【爾雅:釋丘】邐迤沙丘」「【封神演義:羑里城囚西伯侯】衆皆催動迤𨓦而行」
𩔢頁部
辵3+16=総画数19 U+908D [ゲン、ゴン/] 𨙅𨘡
◆広く平らなことろ、平原、高く平らで広いところ、高原、同「原」
𨘷辵3+16=総画数19 U+28637 [バク、マク/] 𨙁
◆遠い、遥(はる)か遠い、遠く朧(おぼろ)げなさま、同「邈」
𨘸辵3+16=総画数19 U+28638 [レキ、リャク/]
◆未詳「【集韻:卷十:入聲下:錫第二十三:𨘸】近也」
𨘹辵3+16=総画数19 U+28639 [トン、ドン/] 𨙆𨘭
◆逃(に)げる、逃げ隠れる、同「遯」「𨔡」
◆その場を離れ後ろへ(人の目が届かないところへ)退(しりぞ)く、退いて身を隠(かく)す、「遯」「遁」
𨘺辵3+16=総画数19 U+2863A [未詳/]
◆未詳
注解:「𨙂」の譌字か?
𨘿辵3+16=総画数19 U+2863F [タイ、ダイ/] 隤𨽠𨽟𨓾
◆崩れる、崩れ落ちる、同「墤」
◆衰える、勢いがなくなる、廃(すた)れる、同「頽」
𨙀辵3+16=総画数19 U+28640 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷四:辵部第十六:𨗟𨖣】二俗𨙀或作呼角反今作{轂-車+耳}㥯也速也」「【康熙字典:酉集補遺:辵部:𨖣】《篇海類編》吁角切音𦞦急速也」
𨙁辵7+16=総画数23 U+28641 [バク、マク/] 𨘷
◆遠い、遥(はる)か遠い、遠く朧(おぼろ)げなさま、同「邈」
𨙂辵3+17=総画数20 U+28642 [ヨウ、ユウ、ウ/] 邎𨙃
◆行く、急ぎ足で行く「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨙂】以周切疾行也又音遙邎同上」
𨙃辵3+17=総画数20 U+28643 [ヨウ、ユウ、ウ/] 𨙂邎
◆行く、急ぎ足で行く「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨙂】以周切疾行也又音遙邎同上」
𨙅辵3+17=総画数20 U+28645 [ゲン、ゴン/] 邍𨘡
◆広く平らなことろ、平原、高く平らで広いところ、高原、同「原」
𨙆辵3+17=総画数20 U+28646 [トン、ドン/] 𨘹𨘭
◆逃(に)げる、逃げ隠れる、同「遯」「𨔡」
◆その場を離れ後ろへ(人の目が届かないところへ)退(しりぞ)く、退いて身を隠(かく)す、「遯」「遁」
𨙊辵3+17=総画数20 U+2864A [キョ、ゴ/] 蘧𠙢
◆急なさま、はっとするさま、同「遽」
◆「𨙊麥キョバク」、エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子、ナデシコ科ナデシコ属の草)、またカワラナデシコ(河原撫子、ナデシコ科ナデシコ属の草)、同「瞿麥クバク」 {エゾカワラナデシコ} {カワラナデシコ}
◆「芙𨙊フキョ」、ハス(蓮)の花、ハス科ハス属の水草、同「芙蕖」 {ハス}
𨙋辵3+17=総画数20 U+2864B [トク、ドク/] 䢱𨙜𨗣
◆馴(な)れ馴れしいさま、不躾(ぶしつけ)なさま、軽んじ侮(あなど)るさま、「媟䢱セツトク」、同「媟嬻」「【說文解字:辵部:䢱】媟䢱也」「【別雅:卷五】媟黷䙝瀆也(漢書枚乗𫝊以故得媟黷貴幸後漢書爰延𫝊上下媟黷有虧尊嚴按䙝瀆字依說文本當用嬻或用䢱後人減作瀆巳屬假借又譌作凟更非)」
◆未詳「【正字通:酉集下:辵部:䢱】同嬻説文媟䢱也本作𨙋篆作{⿺辵賣}」
𨙑辵3+17=総画数20 U+28651 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨙑】求位切與匱同」
𨙒辵3+17=総画数20 U+28652 [未詳/]
◆疾(はや)く行く、速(はや)く行く、飛ぶように行く、同「𧾰」
辵4+18=総画数22 U+908E [ヨウ、ユウ、ウ/] 𨙂𨙃
◆行く、急ぎ足で行く「【玉篇:卷十:辵部第一百二十七:𨙂】以周切疾行也又音遙邎同上」
𨙔辵3+18=総画数21 U+28654 [チュウ/] 𨙦
◆(馬が)進まない、止まる「【水東日記:卷三十一】…且行且𨙦孰搏孰控…」
𨙕辵3+18=総画数21 U+28655 [カン、ガン/] 逭䠉𩁧
◆逃(のが)れる、避ける
𨙘辵3+18=総画数21 U+28658 [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨙞辵7+18=総画数25 U+2865E [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙙𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺䢬𨒟迁
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
辵4+19=総画数23 U+908F [ラ/]
◆(警戒や偵察などのために)辺りを見て回る、巡回ジュンカイする、「巡邏ジュンラ」
◆周りを取り巻いて遮(さえぎ)るさま
筆順
辵4+19=総画数23 U+9090 [リ/] 𨘶逦𨓦
◆「邐迤・邐迆リイ」「迤邐イリ」、(砂丘のように)高く低く或いは右に左に緩(ゆる)やかに起伏・蛇行しながら延々エンエンと続くさま、また長々と延(の)びているさま、同「逶迤・逶迤・㣦彵イイ」「逶迱・逶蛇・委蛇イイ・イタ」「【爾雅:釋丘】邐迤沙丘」「【封神演義:羑里城囚西伯侯】衆皆催動迤𨓦而行」
筆順
𨙙辵3+19=総画数22 U+28659 [セン/うつ・る、うつ・す] 遷𨙘𨗢𨗇𨗆𨕞𨔰𨒿𨗺䢬𨒟迁𨙞
◆今の場所・地位から高い場所・地位に移る、また移す、上(のぼ)る、同「䙴」「拪」、「左遷サセン(低い地位に移す、左は逆・下位の意)」
◆今の場所から他の場所に移る、また移す、移る、「遷徙センシ」、同「徙」「移」
◆位置・場所・状況が変わる、移り変わる
𨙚辵3+19=総画数22 U+2865A [バイ、マイ、メ/] 邁迈
◆後ろを振り向くことなくどんどん前に進んで行く、遠くへ行ってしまう
◆過ぎて行く、過ぎ去る
◆老いる、年を取る
𨙜辵3+19=総画数22 U+2865C [トク、ドク/] 䢱𨙋𨗣
◆馴(な)れ馴れしいさま、不躾(ぶしつけ)なさま、軽んじ侮(あなど)るさま、「媟䢱セツトク」、同「媟嬻」「【說文解字:辵部:䢱】媟䢱也」「【別雅:卷五】媟黷䙝瀆也(漢書枚乗𫝊以故得媟黷貴幸後漢書爰延𫝊上下媟黷有虧尊嚴按䙝瀆字依說文本當用嬻或用䢱後人減作瀆巳屬假借又譌作凟更非)」
◆未詳「【正字通:酉集下:辵部:䢱】同嬻説文媟䢱也本作𨙋篆作{⿺辵賣}」
𨙟辵3+20=総画数23 U+2865F [シン/すす・む、すす・める] 進进𨗃
◆前に向かって動く(行く)、前に出る、登る、上に向かって動く(行く)、昇って行く、状態が良い方向に向かう、逆は「退」
◆位や程度が上がる
◆人にものを差し出す、また差し上げる
◆中に入る、外から内側に向かって移動する
𨙠辵3+20=総画数23 U+28660 [ソウ/あ・う] 遭𨗐
◆(人や事態に)出会(でくわ)す、出合う、巡(めぐ)り合う、「遭遇ソウグウ」、同「傮」
◆周(めぐ)る、一回(ひとまわ)りする、周(まわ)りをぐるりと囲む、取り囲む
𨙢辵3+20=総画数23 U+28662 [ヘン/] 籩𥸅𨘚笾𠥣𠥫
◆食物を盛る竹製や藤製の高坏(たかつき、碗状また盆状の器に脚を付けたもの、「豆」という)
𨙣辵3+20=総画数23 U+28663 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:酉集:辵部:𨙣】余肖切音燿相隨行也」
𨙤辵3+21=総画数24 U+28664 [アイ、オ/] 靉叆
◆「𨙤靆アイタイ」◇雲や匂い・香りなどが辺り一面に)立ち籠(こ)めるさま◇雲が厚く空を覆(おお)うさま、厚い雲に覆われ薄暗いさま◇細かいものが大きく(はっきり)見える拡大鏡、眼鏡ガンキョウ(めがね)「【留青日札摘抄(テキスト版):靉靆】提學副使潮陽林公有二物如大錢形質簿而透明如硝子石如琉璃色如雲母每看文章目力昏倦不辨細書以此…」
◆「𨙤霼アイキ」、はっきりと見分けがつかないさま、ぼんやりとしたさま、同「僾俙」「【通雅:卷六:釋詁謰語】奄忽一作𩗷䬍𩃗{⿺風⿱豕豩}𩗷𩗛 …李登聲類曰僾俙之作靉霼猶奄忽之作𩗷䬍也僾俙不明莫如雲奄忽迅速莫如風…」
𨙦辵3+22=総画数25 U+28666 [チュウ/] 𨙔
◆(馬が)進まない、止まる「【水東日記:卷三十一】…且行且𨙦孰搏孰控…」
𨙧辵7+23=総画数30 U+28667 [イツ、イチ/しぎ] 鷸鹬𪈄
◆シギ(鷸・鴫)、シギ科の鳥
◆カワセミ(川蝉・翡翠)、カワセミ科の鳥、頭から背にかけて美しい青色をしていることから「翡翠」の字が当てられた、中国では「翠鳥」、別名「魚狗」「天狗」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 辵部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です