総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「矛部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 矛部」 [部首索引


矛5+0=総画数5 U+77DB [ボウ、ム/ほこ] 𢦧𥍥𥍤𥎠𢦵𢧟𨥨𨦜
◆両刃の剣(つるぎ)で柄(え)を取り付けられるようにしたもの、筒状の鞘(さや)を付け長柄を差し込めるようにしたもの、同「鉾」 {武器(刀剣槍)} {武器(矛戈戟)}
◆またそれを長柄の先に付けた槍状の武器
◆ほこ、ほこへん、むのほこ、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
矛5+3=総画数8 U+4086 [ケキ、キャク/]
◆長い柄(え)の先に矛(ほこ、両刃の短い剣つるぎ)を取り付けたもの、同「𥍠」「【正字通:午集中:矛部:䂆】俗𥍠字」
攴部
木部
矛5+4=総画数9 U+77DC [キョウ、キン、ゴン、カン、ケン/]
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)などを取り付ける柄(え)、同「㮗」「𥍵」「𥎊」 {武器(刀剣槍)}
◆自分の力(能力や才能など)を信じ誇(ほこ)る、自負ジフする、「矜持・矜恃キョウジ」「自矜ジキョウ」「驕矜キョウキョウ(得意気に自らを誇るさま)」、「武器などを装着する柄は固くしっかりいしている」ことから
◆哀(あわ)れに思い心を痛める、同「㥤」
◆老いて妻を亡(な)くした夫(おっと)、同「鰥」「𥎅」、「矜寡カンカ・キンカ(老いて妻を亡くした夫と夫を亡くした妻)」「【禮記注疏(禮記正義):卷十一:王制】…老而無妻者謂之矜老而無夫者謂之寡…(《疏》正義曰此一節論矜恤鰥寡孤獨之事無妻無夫謂之矜寡者…)」
漢字林(非部首部別)
筆順
𢦧戈部
𣭅毛部
𥍟矛5+4=総画数9 U+2535F [ケキ、キャク/]
◆矛(ほこ)の類、両刃の剣(つるぎ)で、柄(え)を取り付けられるようにした武器の一種
𥍠矛5+4=総画数9 U+25360 [ケキ、キャク/]
◆長い柄(え)の先に矛(ほこ、両刃の短い剣つるぎ)を取り付けたもの
矛5+5=総画数10 U+77DD [キョウ、キン、ゴン、カン、ケン/]
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)などを取り付ける柄(え)、同「㮗」「𥍵」「𥎊」 {武器(刀剣槍)}
◆自分の力(能力や才能など)を信じ誇(ほこ)る、自負ジフする、「矜持、矜恃キョウジ」「自矜ジキョウ」「驕矜キョウキョウ(得意気に自らを誇るさま)」、「武器などを装着する柄は固くしっかりいしている」ことから
◆哀(あわ)れに思い心を痛める、同「㥤」
◆老いて妻を亡(な)くした夫(おっと)、同「鰥」「𥎅」、「矜寡カンカ・キンカ(老いて妻を亡くした夫と夫を亡くした妻)」「【禮記注疏(禮記正義):卷十一:王制】…老而無妻者謂之矜老而無夫者謂之寡…(《疏》正義曰此一節論矜恤鰥寡孤獨之事無妻無夫謂之矜寡者…)」
网部
𥍡矛5+5=総画数10 U+25361 [サク、シャク/やす] 矠𥎏
◆先の尖った矛
◆矛で突き刺して取る
𥍢矛5+5=総画数10 U+25362 [シ、セ、シャ、ジャ/] 𥍸
◆柄(え)の短い矛(ほこ、柄の先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)、同「鉈」「釶」「鍦」
𥍤矛5+5=総画数10 U+25364 [ボウ、ム/ほこ] 矛𢦧𥍥𥎠𢦵𢧟𨥨𨦜
◆両刃の剣(つるぎ)で柄(え)を取り付けられるようにしたもの、筒状の鞘(さや)を付け長柄を差し込めるようにしたもの、同「鉾」 {武器(刀剣槍)} {武器(矛戈戟)}
◆またそれを長柄の先に付けた槍状の武器
𥍥矛5+5=総画数10 U+25365 [ボウ、ム/ほこ] 矛𢦧𥍤𥎠𢦵𢧟𨥨𨦜
◆両刃の剣(つるぎ)で柄(え)を取り付けられるようにしたもの、筒状の鞘(さや)を付け長柄を差し込めるようにしたもの、同「鉾」 {武器(刀剣槍)} {武器(矛戈戟)}
◆またそれを長柄の先に付けた槍状の武器
𥍦矛5+5=総画数10 U+25366 [ブ、ム/つと・め、つと・める] 務𠝸务
◆成すべきこと、ひたすら力を注(そそ)ぐべきこと
◆努(つと)める、成すべきことにひたすら力を尽くす、同「敄」
◆強(し)いて、押して、無理にでも
矛5+6=総画数11 U+4088 [トウ、ドウ/]
◆矛(ほこ、柄えの先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)を突き刺す {武器(刀剣槍)}
虫部
力部
𥍧矛5+6=総画数11 U+25367 [ケキ、キャク/]
◆矛(ほこ)の類、両刃の剣(つるぎ)で、柄(え)を取り付けられるようにしたもの
𥍨矛5+6=総画数11 U+25368 [キ/]
◆短い矛(ほこ、柄えの先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ) {武器(刀剣槍)}
𨾣隹部
矛5+7=総画数12 U+77DE [イツ、イチ/]
◆錐(きり)などの先の尖(と)った刃物で穴を開ける
◆めでたいことの前兆とされる三色に彩(いろど)られた雲、一説に外が赤で内が青の二色ともいわれる、同「霱」「【埤雅:釋天:雲】…雲五色而為慶三色而成矞或曰二色曰矞外赤內青謂之矞…」
◆(獣が)驚いて突然走り出すさま、また(鳥が)驚いて突然飛び立つさま、同「獝」「𥎕」「【集韻:卷九:入聲上:質第五:矞獝𥎕䎉】休必切驚遽皃禮鳥不矞」
漢字林(非部首部別)
矛5+7=総画数12 U+77DF [サク/]
◆長い柄(え)の先に矛(ほこ、柄えの先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)を取り付けた武器、槍(やり)、同「槊」 {武器(刀剣槍)}
筆順
𥍯矛5+7=総画数12 U+2536F [シン/]
◆先が鋭(するど)く尖(とが)る、先を鋭く尖らせた錐(きり)
𥍰い5+7=総画数12 U+25370 [ケキ、キャク/]
◆長い柄(え)の先に矛(ほこ、両刃の短い剣つるぎ)を取り付けたもの
注解:「【釋名:釋兵】{⿰矛芕}(徐本作移)矛長九尺者也{⿰矛芕}霍也所中霍然即破裂也」がある、{⿰矛芕}の「夕」を「勺」として「𥍰{⿰矛芍}」とするか?
矛5+8=総画数13 U+77E0 [サク、シャク/やす] 𥎏𥍡
◆先の尖った矛
◆矛で突き刺して取る
筆順
𥍵矛5+8=総画数13 U+25375 [キン、ゴン/]
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)などを取り付ける柄(え) 、同「矜」「𥎊」「【龍龕手鑑:卷一:矛部第二十六:{⿰矛𫝹}𥍵】二俗𥎊正巨巾反矛柄也」
𥍼矛5+8=総画数13 U+2537C [エイ、ヨウ/]
◆羽で飾り付けた矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器) {武器(刀剣槍)}
𥍷矛5+9=総画数14 U+25377 [ショウ、シュ/] 𥎋
◆柄(え)の短い矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)、同「鏦」
𥍸矛5+9=総画数14 U+25378 [シ、セ、シャ、ジャ/] 𥍢
◆柄(え)の短い矛(ほこ、柄の先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)、同「鉈」「釶」「鍦」
𥍹矛5+9=総画数14 U+25379 [ケン、コン/]
◆両刃の剣(つるぎ)で柄(え)を取り付けられるようにした矛(ほこ)の類「【集韻:卷五:上聲上:阮第二十:𥍹】博雅𥍹𥍿矛也」
𥍻矛5+9=総画数14 U+2537B [エン、オン/]
◆三つの刃を取り付けた戟(ゲキ、長い柄の武器)「【集韻:卷五:上聲上:阮第二十:𥍻䤷】戟三刃者謂之𥍻或从金」 {武器(刀剣槍)}
𥍽矛5+9=総画数14 U+2537D [ショウ、シュ/]
◆短い矛(ほこ、両刃の短い剣つるぎ)
𥍿矛5+9=総画数14 U+2537F [シュン、ジュン、トン、ドン/たて] 盾𠩮
◆刀や矢による攻撃から顔や体を護(まも)るための防具、「盾牌ジュンパイ」、同「瞂」「楯」
髟部
𥎃矛5+10=総画数15 U+25383 [キ、ケ/]
◆激しい戦(いくさ)、同「鎎」
◆弩ド(機械仕掛けの弓)
𥎄矛5+10=総画数15 U+25384 [ショウ、ソウ/]
◆槍(やり)、長い棒の先に矛(ほこ、両刃の剣)を付け突き刺せるようにした武器、同「槍」 {武器(刀剣槍)}
𥎅矛5+10=総画数15 U+25385 [カン、ケン/]
◆妻を亡(な)くした夫(おっと)、同「鰥」「矜」
𥎆矛5+10=総画数15 U+25386 [カイ/]
◆矛(ほこ、長柄の先に両刃の剣を付けた武器)の類
𥎉矛5+10=総画数15 U+25389 [未詳/]
◆未詳「【龍龕手鑑:卷一:矛部第二十六:𥎉{⿰矛(⿱攵月)}】二俗{⿰矛(⿱攵目)}瞀二正莫角反目不明也又莫候切瞽瞀也瞽音扣又莫胡反*瞀䤅揄子醤也…(「瞀䤅」は「*𨡭䤅ボト」の誤りかと思われる)
𥎊矛5+11=総画数16 U+2538A [キン、ゴン/] 𥎚
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)などを取り付ける柄(え) 、同「矜」「𥍵」「【龍龕手鑑:卷一:矛部第二十六:{⿰矛𫝹}𥍵】二俗𥎊正巨巾反矛柄也」
𥎋矛5+11=総画数16 U+2538B [ショウ、シュ/] 𥍷
◆柄(え)の短い矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)、同「鏦」
𥎍矛5+11=総画数16 U+2538D [サク、シャク/]
◆矛(ほこ)の類、両刃の剣(つるぎ)で、柄(え)を取り付けられるようにしたもの
矛5+12=総画数17 U+408C [ショウ、シュ/] 𥍽
◆短い矛(ほこ、両刃の短い剣つるぎ)
虫部
𥎏矛5+12=総画数17 U+2538F [サク、シャク/やす] 矠𥍡
◆先の尖った矛
◆矛で突き刺して取る
𥎒矛5+12=総画数17 U+25392 [ソウ/]
◆矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)
𥎕矛5+13=総画数18 U+25395 [キツ、キチ/] 𢨌
◆(鳥が)驚いて突然飛び立つさま、同「矞」「【周禮注疏:卷二十二:春官宗伯下】…禮運曰何謂四靈麟鳳龜龍謂之四靈龍以為畜故魚鮪不淰鳳以為畜故鳥不矞麟以為畜故獸不狘龜以爲畜故人情不失(《音義》…矞休律反本又作獝亦作𢨌同狘…)」「【集韻:卷九:入聲上:質第五:矞獝𥎕䎉】休必切驚遽皃禮鳥不矞」
𥎘矛5+14=総画数19 U+25398 [ゼン、ネン/]
◆軟らかい、弱々しい、同「軟」
𥎙矛5+14=総画数19 U+25399 [ソウ/]
◆矛(ほこ、両刃の短い剣、またそれを長い柄の先に付けた槍のような武器)が短いさま「【字彙補:午集:矛部:𥎙】充莊切音窗短貌」
𥎚矛5+14=総画数19 U+2539A [キン、ゴン/] 𥎊
◆矛(ほこ、両刃の短い剣)などを取り付ける柄(え) 、同「矜」「𥍵」「【龍龕手鑑:卷一:矛部第二十六:{⿰矛𫝹}𥍵】二俗𥎊正巨巾反矛柄也」
𥎜矛5+14=総画数19 U+2539C [ジョウ、ジュウ、ニュウ/] 氄𣰇𣰲𤮤
◆鳥獣の細く柔らかい毛、またそれがふさふさしているさま、同「𣯍」
矛5+15=総画数20 U+408D [ハク、ボク/] 𢑾
◆「䂍矟ハクサク」、長い柄の先に矛(ほこ、柄えの先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)を取り付けた儀仗用の武器
𥎠矛5+15=総画数20 U+253A0 [ボウ、ム/ほこ] 矛𢦧𥍥𥍤𢦵𢧟𨥨𨦜
◆両刃の剣(つるぎ)で柄(え)を取り付けられるようにしたもの、筒状の鞘(さや)を付け長柄を差し込めるようにしたもの、同「鉾」 {武器(刀剣槍)} {武器(矛戈戟)}
◆またそれを長柄の先に付けた槍状の武器
𥎢矛5+18=総画数23 U+253A2 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:午集:矛部:𥎢】七亂切音竄見海篇」
𥎣矛5+18=総画数23 U+253A3 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:午集:矛部:𥎣】七亂切音竄義未詳」
𧕑虫部
矛5+19=総画数24 U+408E [サン/] 𥎥𥎤
◆短い矛(ほこ、柄えの先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)、同「鑹」
矛5+20=総画数25 U+77E1 [キャク、カク/]
◆矛(ほこ)の類
𥎤矛5+29=総画数34 U+253A4 [サン/] 䂎𥎥
◆短い矛(ほこ、柄えの先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)、同「鑹」
𥎥矛5+31=総画数36 U+253A5 [サン/] 䂎𥎤
◆短い矛(ほこ、柄えの先に取り付けられるようにした短めの両刃の剣つるぎ)、同「鑹」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 矛部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です