総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「鼠部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 鼠部」 [部首索引


鼠13+0=総画数13 U+9F20 [ショ、ソ/ねずみ] 䑕鼡
◆ネズミ(鼠)、齧歯(ゲッシク)目ネズミ上科に分類される哺乳類の総称、「老鼠(ロウソ)」
◆「首鼠(シュソ)」、首だけを出してきょろきょろと周(あた)りを窺(うかが)うさま
◆ねずみ、ねずみへん、部首名
注解:「鼠」を部首とする漢字にはネズミ(鼠、ネズミ亜目)だけでなくリス(栗鼠、リス亜目)やネズミに似た動物の名に用いられる
漢字林(非部首部別)
鼠8+0=総画数8 U+9F21 [ショ、ソ/ねずみ] 鼠䑕
◆ネズミ(鼠)、齧歯(ゲッシク)目ネズミ上科に分類される哺乳類の総称、「老鼠(ロウソ)」
◆「首鼡(シュソ)」、首だけを出してきょろきょろと周(あた)りを窺(うかが)うさま
◆ねずみ、ねずみへん、部首名
漢字林(非部首部別)
𪔸鼠13+2=総画数15 U+2A538 [テン、チョウ/] 貂鼦𪔹
◆テン(貂)、イタチ科テン属の哺乳類、また同属の哺乳類の総称
𪔹鼠13+2=総画数15 U+2A539 [テン、チョウ/] 貂鼦𪔸
◆テン(貂)、イタチ科テン属の哺乳類、また同属の哺乳類の総称
鼠13+3=総画数16 U+4D82 [シャク/]
◆未詳、滑空するムササビ(鼺鼠、リス科ムササビ属)やモモンガ(鼯鼠、リス科モモンガ族)の類か?、「【說文解字注:鼠部:䶂】胡地風鼠(郭注爾雅鼫鼠云形大如鼠頭似兔尾有毛靑黃色好在田中食粟豆關西呼爲䶂鼠見廣雅音雀按廣雅云䶂鼠鼫鼠與景純皆合䶂鼫爲一物以說文正之鼫與䶂迥非一物也)」「【廣韻(宋本廣韻):去聲:效第十六:豹:䶂】䑕屬能飛食虎豹出胡地」「【廣韻(宋本廣韻):入聲:藥第十八:爵:䶂】䑕似兔而小也」
𪔻鼠13+3=総画数16 U+2A53B [シュウ、シュ/] 鼨𪕄
◆未詳、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類或いはネズミに似た動物、「【爾雅注疏:釋獸】…鼤鼠鼨鼠(《註》皆未詳…)豹文鼮鼠…」
注解:「【說文解字注:鼠部:鼨】豹文鼠也(釋獸曰鼨鼠豹文鼮鼠…以豹文爲鼮鼠則同…疑爾雅六字爲一物)」は「【爾雅】の「鼨鼠豹文鼮鼠」を「鼨鼠」と「豹文鼮鼠」ではなく「鼨鼠」は「豹文鼮鼠」と解するべきかという 「鼮」参照
注解:本字は{⿺鼠攵}ではなく{⿺鼠夂}
𪔼鼠13+3=総画数16 U+2A53C [シュン/]
◆ムササビ(鼺鼠、リス科ムササビ属)・モモンガ(鼯鼠、リス科モモンガ族)などの滑空する哺乳類、別名「五技鼠(ゴギソ)」「石鼠、鼫鼠(セキソ)」、同「𪕞」、「【龍龕手鑑:卷二:鼠部第三十七:{⿺鼠夕}𪔼】二俗𪕞正子峻反石鼠出蜀中毛可為筆」
鼠13+4=総画数17 U+4D83 [コン/] 𪕛
◆ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、「【正字通:亥集下:鼠部:䶃】舊註音含鼠屬按說文鼸䶃也」
◆トカゲ(蜥蜴)やヤモリ(守宮)などのトカゲ亜目の爬虫類、別名「蜥蜴(セキエキ)」、「【玉篇:卷二十五:鼠部第三百九十九:䶃】胡貪切又公含切蜥蜴也」
鼠13+4=総画数17 U+9F22 [フン、ブン/] 𪖅
◆モグラネズミ(土竜鼠)、ネズミ科モグラネズミ属の哺乳類の総称、別名「鼢鼠(フンソ)」
鼠13+4=総画数17 U+9F23 [ハイ、バイ/] 𪕟
◆未詳、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、同「𪖆」、「【爾雅注疏:釋獸】…鼣鼠(《註》山海經說獸云狀如鼣鼠然形則未詳…)」
鼠13+4=総画数17 U+9F24 [ブン、モン/]
◆未詳、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類或いはネズミに似た動物、「【爾雅注疏:釋獸】…鼤鼠鼨鼠(《註》皆未詳…)」
𪔿鼠13+4=総画数17 U+2A53F [ホク/]
◆「𪖈𪔿(ホクホク)」、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類或いはネズミに似た動物、未詳、「【廣雅:卷十:釋獸】…𪖈(卜)𪔿(音攴)…鼠屬」
𪕂鼠13+4=総画数17 U+2A542 [未詳/]
◆未詳、「【字彙:亥集:鼠部:𪕂】普卜切音撲𪖈𪕂鼠名」「【康熙字典:亥集下:鼠部:𪕂】《字彙》普木切音撲𪖈𪕂鼠名○按此亦𪔿字之譌」
𪕄鼠13+4=総画数17 U+2A544 [シュウ、シュ/] 鼨𪔻
◆未詳、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類或いはネズミに似た動物、「【爾雅注疏:釋獸】…鼤鼠鼨鼠(《註》皆未詳…)豹文鼮鼠…」
注解:「【說文解字注:鼠部:鼨】豹文鼠也(釋獸曰鼨鼠豹文鼮鼠…以豹文爲鼮鼠則同…疑爾雅六字爲一物)」は「【爾雅】の「鼨鼠豹文鼮鼠」を「鼨鼠」と「豹文鼮鼠」ではなく「鼨鼠」は「豹文鼮鼠」と解するべきかという 「鼮」参照
注解:「【說文解字:鼠部:鼨】豹文鼠也…𪕄籒文省」
𪕅鼠13+4=総画数17 U+2A545 [未詳/]
◆未詳
鼠13+5=総画数18 U+4D84 [ヘイ、ビョウ/]
◆ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の子、「䶄𪕌(ヘイレイ)」、「【廣韻(宋本廣韻):下平聲:靑第十五:扃:䶄】䑕子說文云䶄令䑕」
◆キヌゲネズミ科ヤチネズミ属に分類されるネズミ(鼠)
鼠13+5=総画数18 U+9F25 [ハツ、バツ、バチ/] 𪖆
◆「鼧鼥(ダバツ)」、マーモット(marmot、リス科マーモット属の哺乳類)の古名、現在は「旱獺(カンダツ、ハンタァ)」、別名「土撥鼠(トバツソ、トボォショゥ)」、「【集韻:卷七:去聲上:廢第二十:鼥𪖆】鼠名其鳴如犬吠」「【集韻:卷九:入聲上:末第十三:鼥𪖆】鼠肥者」
鼠13+5=総画数18 U+9F26 [テン、チョウ/] 貂𪔸𪔹
◆テン(貂)、イタチ科テン属の哺乳類、また同属の哺乳類の総称
鼠13+5=総画数18 U+9F27 [タ、ダ/]
◆「鼧鼥(ダバツ)」、マーモット(marmot、リス科マーモット属の哺乳類)の古名、現在は「旱獺(カンダツ、ハンタァ)」、別名「土撥鼠(トバツソ、トボォショゥ)」
鼠13+5=総画数18 U+9F28 [シュウ、シュ/] 𪕄𪔻
◆未詳、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類或いはネズミに似た動物、「【爾雅注疏:釋獸】…鼤鼠鼨鼠(《註》皆未詳…)豹文鼮鼠…」
注解:「【說文解字注:鼠部:鼨】豹文鼠也(釋獸曰鼨鼠豹文鼮鼠…以豹文爲鼮鼠則同…疑爾雅六字爲一物)」は「【爾雅】の「鼨鼠豹文鼮鼠」を「鼨鼠」と「豹文鼮鼠」ではなく「鼨鼠」は「豹文鼮鼠」と解するべきかという 「鼮」参照
鼠13+5=総画数18 U+9F29 [ク、グ/] 𪖏
◆「鼩鼱(クセイ)」「鼱鼩(セイク)」、トガリネズミ(尖鼠)、トガリネズミ科の哺乳類
注解:「トガリネズミ」は「ネズミ」の名を持つものの、ハリネズミ科やモグラ科などと共に真無盲腸(シンムモウチョウ)目に属し、ネズミ目(別名齧歯ゲッシ目)に属するネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠など)とは別種
鼠13+5=総画数18 U+9F2A [セイ、ショウ/]
◆イタチ(鼬)、イタチ科の哺乳類、同「鼬」「狌」
鼠13+5=総画数18 U+9F2B [セキ、ジャク/]
◆ムササビ(鼺鼠、リス科ムササビ属)やモモンガ(鼯鼠、リス科モモンガ族)などの滑空する哺乳類、別名「五技鼠(ゴギソ)」「鼫鼠、石鼠(セキソ)」、「【爾雅注疏:釋獸】…鼫鼠(《註》形大如鼠頭似兔尾有毛青黃色好在田中食粟豆關西呼爲鼩鼠見廣雅…)」「【太平御覽:卷第九百一十一:獸部二十三:鼠】詩義疏曰尔雅鼫䑕許慎云五𠆸䑕也今之河東有石䑕大能人立交前兩腳於頭上跳善鳴食人禾稼逐則走入樹空中亦有五𠆸或謂雀䑕其形大故云石䑕也」
鼠13+5=総画数18 U+9F2C [ユウ、ユ/いたち]
◆イタチ(鼬)、イタチ科の哺乳類、「鼬鼠(ユウソ、いたち)」、同「𪕏」「鼪」「狌」
◆「黄鼬(コウユウ)」、チョウセンイタチ(朝鮮鼬)、イタチ科イタチ属の哺乳類、同「黄鼠狼(コウソロウ)」
◆「鼬獾(ユウカン)」、シナイタチアナグマ(支那鼬穴熊)、イタチ科イタチアナグマ属の哺乳類、また同属の哺乳類の総称
𪕉鼠13+5=総画数18 U+2A549 [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:模第十一:𪕮𪕉猢】說文斬𪕮鼠黒身之𦝫若帶手有長白毛似握版之狀類猿蜼之屬或作𪕉猢亦書作*𪕱 (*《欽定四庫全書》本では「𪕾」)」「【正字通:亥集下:鼠部:𪕉】䶄字之譌說文有𪕮無𪕉舊註同𪕮誤」
𪕊鼠13+5=総画数18 U+2A54A [シ/] 𪕑
◆「𪕊鼠(シソ)」、同「䖪鼠」、姿はニワトリ(鶏)に似てネズミ(鼠)のような尾を持つ伝説上の動物の名、この鳥が現れると旱魃になるという
𪕋鼠13+5=総画数18 U+2A54B [リュウ、ル/] 䶉𪕚𪕢
◆タケネズミ(竹鼠)、タケネズミ科のネズミ(鼠)、比較的大形のネズミで竹の根やタケノコ(筍)などを餌とする
𪕌鼠13+5=総画数18 U+2A54C [レイ、リョウ/]
◆「𪕍𪕌(ケイレイ)」、未詳、「【廣韻(宋本廣韻):下平聲:靑第十五:扃:𪕍】𪕍𪕌班鼠 (「班鼠」は「斑鼠」の誤りか? 「斑鼠」は「ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)」)
◆「𪕖𪕌(音未詳)」、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、姿はウサギ(兔)に似て小さく尾は毛が多く鬚(ひげ)は筆に使うという、「【淳熙三山志:卷第四十二:土俗類四:獸】𪕖𪕌䑕(似兔而小尾多毳善緣藤蘿而走王右軍取其鬚以為筆)」
◆「䶄𪕌(ヘイレイ)」、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の子、「【廣韻(宋本廣韻):下平聲:靑第十五:扃:䶄】䑕子說文云䶄令䑕」
𪕍鼠13+5=総画数18 U+2A54D [ケイ、キョウ/]
◆未詳、「【御定全唐詩:卷六百十:皮日休:縹緲峰】…𪕍䶃鼠飛上千丈…」「【廣韻(宋本廣韻):下平聲:靑第十五:扃:𪕍】𪕍𪕌班鼠 (「班鼠」が「斑鼠」の誤りであれば「ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)」を指す)
𪕏鼠13+5=総画数18 U+2A54F [ユウ、ユ/]
◆イタチ(鼬)、イタチ科の哺乳類、「𪕏鼠(ユウソ)」、同「鼬」「鼪」「狌」
𪕐鼠13+5=総画数18 U+2A550 [未詳/]
◆「𪕐𪕠(音未詳)」、未詳、「【字彙補:亥集:鼠部:𪕠】■■切音■禹貢合註鳥鼠同穴山鼠名𪕐𪕠」
鼠13+6=総画数19 U+4D85 [カク、ガク/] 𪕘
◆「䶅鼠(カクソ)」、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、胡地(コチ、古代中国北方・西方の異民族の地)では皮を袋に作るという、「【說文解字:鼠部:䶅】鼠出胡地皮可作裘」
鼠13+6=総画数19 U+9F2D [シ、ジ/] 𪕵
◆ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、未詳、「【爾雅注疏:釋獸】…鼭鼠(《註》未詳)…」
𪕑鼠13+6=総画数19 U+2A551 [シ/] 𪕊
◆「𪕑鼠(シソ)」、同「䖪鼠」、姿はニワトリ(鶏)に似てネズミ(鼠)のような尾を持つ伝説上の動物の名、この鳥が現れると旱魃になるという
𪕔鼠13+6=総画数19 U+2A554 [ジ、ニ/]
◆未詳、「【廣雅:卷十:釋獸】…𪕔(耳)鼲(古門)…」「【玉篇:卷二十五:䑕部第三百九十九:𪕔】人市切鼠名」「【池北偶談:卷二十:蟙䘃硯】…化而為𪕔生生百族…」
𪕖鼠13+6=総画数19 U+2A556 [未詳/]
◆「𪕖𪕌(音未詳)」、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、姿はウサギ(兔)に似て小さく尾は毛が多く鬚(ひげ)は筆に使うという、「【淳熙三山志:卷第四十二:土俗類四:獸】𪕖𪕌䑕(似兔而小尾多毳善緣藤蘿而走王右軍取其鬚以為筆)」
𪕘鼠13+6=総画数19 U+2A558 [カク、ガク/]
◆「𪕘鼠(カクソ)」、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、胡地(コチ、古代中国北方・西方の異民族の地)では皮を袋に作るという、「【說文解字:鼠部:䶅】鼠出胡地皮可作裘」
𪕙鼠13+6=総画数19 U+2A559 [ケイ、キョウ/] 𪕍
◆未詳、「【御定全唐詩:卷六百十:皮日休:縹緲峰】…𪕍䶃鼠飛上千丈…」「【廣韻(宋本廣韻):下平聲:靑第十五:扃:𪕍】𪕍𪕌班鼠 (「班鼠」が「斑鼠」の誤りであれば「ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)」を指す)
注解:「【廣雅:卷十:釋獸】…𪕙(古熒)𪕌(零)…」「【百城煙水:卷之一:蘇州】縹緲峰…皮日休(…時驚𪕙𪕌䑕飛上千丈松…)」
𪕟鼠13+6=総画数19 U+2A55F [ハイ、バイ/]
◆未詳、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、同「𪖆」、「【爾雅注疏:釋獸】…鼣鼠(《註》山海經說獸云狀如鼣鼠然形則未詳…)」
注解:「【字彙補:亥集:鼠部:𪕟】與鼣同見本草綱目又廣博物志作鼣誤」
鼠13+7=総画数20 U+9F2E [テイ、ジョウ/]
◆ヒョウ(豹)のような斑紋(ハンモン、まだらの模様)があるネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)、「鼮鼠(テイソ)」、「【爾雅注疏:釋獸】…豹文鼮鼠(《註》鼠文彩如豹者漢武帝時得此鼠孝廉郎終軍知之賜絹百匹…)」
鼠13+7=総画数20 U+9F2F [ゴ、グ/] 𪕜𪕡𪁙
◆「鼯鼠(ゴソ)」、ムササビ(鼺鼠)やモモンガ(鼯鼠)などを含むリス科の滑空する哺乳類、別名「鸓鼠、鼺鼠(ルイソ)」「飛鸓、飛蠝、飛𤢹(ヒルイ)」「飛鼠(ヒソ)」
鼠13+7=総画数20 U+9F30 [未詳/]
◆未詳、「【康熙字典:亥集下:䑕部:鼰】《字彙補》南見切音睍《爾雅釋獸》鼰鼠《註》今江東山中有鼰䑕狀如䑕而大蒼色在樹木上 (「【爾雅:釋獸】…鼳䑕(今江東山中有鼳䑕狀如䑕而大蒼色在樹木上音巫覡)䑕屬」は「鼰{⿺䑕貝}」ではなく「鼳{⿺䑕狊}」)
𪕚鼠13+7=総画数20 U+2A55A [リュウ、ル/] 䶉𪕋𪕢
◆タケネズミ(竹鼠)、タケネズミ科のネズミ(鼠)、比較的大形のネズミで竹の根やタケノコ(筍)などを餌とする
𪕛鼠13+7=総画数20 U+2A55B [コン/]
◆ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、「【正字通:亥集下:鼠部:䶃】舊註音含鼠屬按說文鼸䶃也」
◆トカゲ(蜥蜴)やヤモリ(守宮)などのトカゲ亜目の爬虫類、別名「蜥蜴(セキエキ)」、「【玉篇:卷二十五:鼠部第三百九十九:䶃】胡貪切又公含切蜥蜴也」
𪕜鼠13+7=総画数20 U+2A55C [ゴ、グ/] 鼯𪕡𪁙
◆「𪕜鼠(ゴソ)」、ムササビ(鼺鼠)やモモンガ(鼯鼠)などを含むリス科の滑空する哺乳類、別名「鸓鼠、鼺鼠(ルイソ)」「飛鸓、飛蠝、飛𤢹(ヒルイ)」「飛鼠(ヒソ)」
𪕞鼠13+7=総画数20 U+2A55E [シュン/]
◆ムササビ(鼺鼠、リス科ムササビ属)・モモンガ(鼯鼠、リス科モモンガ族)などの滑空する哺乳類、別名「石鼠、鼫鼠(セキソ)」
𪕠鼠13+7=総画数20 U+2A560 [未詳/]
◆「𪕐𪕠(音未詳)」、未詳、「【字彙補:亥集:鼠部:𪕠】■■切音■禹貢合註鳥鼠同穴山鼠名𪕐𪕠」
𪕡鼠13+7=総画数20 U+2A561 [ゴ、グ/] 鼯𪕜𪁙
◆「𪕡鼠(ゴソ)」、ムササビ(鼺鼠)やモモンガ(鼯鼠)などを含むリス科の滑空する哺乳類、別名「鸓鼠、鼺鼠(ルイソ)」「飛鸓、飛蠝、飛𤢹(ヒルイ)」「飛鼠(ヒソ)」
𪕢鼠13+7=総画数20 U+2A562 [リュウ、ル/] 䶉𪕋𪕚
◆タケネズミ(竹鼠)、タケネズミ科のネズミ(鼠)、比較的大形のネズミで竹の根やタケノコ(筍)などを餌とする
𪕤鼠13+7=総画数20 U+2A564 [エン、オン/] 鼴鼹
◆モグラ(土竜、鼹鼠)、モグラ科の哺乳類の総称
𪕧鼠13+7=総画数20 U+2A567 [テイ、ダイ/]
◆「鼢𪕧(フンテイ)」、キヌゲネズミ科ハタネズミ亜科などに属するネズミ(鼠)、別名「田鼠(デンソ)」、同「鼶」、「【淮南鴻烈解:卷五:時則訓】其數八其味酸其臭羶其祀戶祭先脾桐始華田䑕化為鴽(桐梧桐也田鼠鼢𪕧鼠也鴽鶉也)」
鼠13+8=総画数21 U+4D86 [スイ/] 𪕪
◆ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類或いはネズミに似た動物、同「鼠」、「【玉篇:卷二十五:䑕部第三百九十九:䶆】之惟切南陽呼䑕爲䶆」
鼠13+8=総画数21 U+9F31 [セイ、ショウ/]
◆「鼩鼱(クセイ)」「鼱鼩(セイク)」、トガリネズミ(尖鼠)、トガリネズミ科の哺乳類
注解:「トガリネズミ」は「ネズミ」の名を持つものの、ハリネズミ科やモグラ科などと共に真無盲腸(シンムモウチョウ)目に属し、ネズミ目(別名齧歯ゲッシ目)に属するネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠など)とは別種
𪕪鼠13+8=総画数21 U+2A56A [スイ/]
◆ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類或いはネズミに似た動物、同「鼠」、「【玉篇:卷二十五:䑕部第三百九十九:䶆】之惟切南陽呼䑕爲䶆」
鼠13+9=総画数22 U+9F32 [コン、ゴン/]
◆獣名、未詳、貂(ショウ、テン、イタチ科テン属)や豽(ドツ、サル猴の類)と並んでその毛皮は大変良質だという、「【後漢書:卷一百二十:烏桓鮮卑列傳】又有貂豽鼲子皮毛柔蝡(豽音女滑反鼲音胡昆反貂鼲並䑕屬豽猴屬也)故天下以為名裘…」「【玉篇:卷二十五:䑕部第三百九十九:鼲】胡昆古䰟二切䑕名可以爲裘也」
鼠13+9=総画数22 U+9F33 [ケキ、ギャク/]
◆未詳、姿はネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)に似て体は大きく青いという、「【爾雅:釋獸】…鼳䑕(今江東山中有鼳䑕狀如䑕而大蒼色在樹木上音巫覡)䑕屬」
鼠13+9=総画数22 U+9F34 [エン、オン/] 鼹𪕤
◆モグラ(土竜、鼹鼠)、モグラ科の哺乳類の総称
鼠13+9=総画数22 U+9F35 [トツ/]
◆鳥と同じ穴に棲むという小形のネズミ(鼠)、同じ穴に棲む鳥は「鵌」
𪕮鼠13+9=総画数22 U+2A56E [コ、ゴ/] 𪕱
◆「𪖎𪕮(センコ)」、サル(猿)の一種、体は黒く腰は白い、手(腕)は白毛で長いという、同「獑猢」、「【說文解字注:鼠部:𪕮】斬𪕮鼠黑身白𦝫若帶手有長白毛佀握版之狀類蝯蜼之屬(見上林西京賦諸家說其狀乖異不同其字或作螹胡或作獑胡或作獑猢或作𪖎𪕱)」
𪕯鼠13+9=総画数22 U+2A56F [ケキ、ギャク/]
◆未詳、姿はネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)に似て体は白いという、「【玉篇:卷二十五:鼠部第三百九十九:𪕯】胡的胡姪二切似䑕而白也」
𪕱鼠13+9=総画数22 U+2A571 [コ、ゴ/] 𪕮
◆「𪖎𪕱(センコ)」、サル(猿)の一種、体は黒く腰は白い、手(腕)は白毛で長いという、同「獑猢」、「【說文解字注:鼠部:𪕮】斬𪕮鼠黑身白𦝫若帶手有長白毛佀握版之狀類蝯蜼之屬(見上林西京賦諸家說其狀乖異不同其字或作螹胡或作獑胡或作獑猢或作𪖎𪕱)」
鼠13+10=総画数23 U+4D88 [ハク、バク/]
◆未詳、「【玉篇:卷二十五:䑕部第三百九十九:𪕹】徒當切䶈𪕹䑕名」「【廣韻(宋本廣韻):下平聲:唐第十一:唐:𪕹】䶈𪕹䑕一月三易膓」
注解:【玉篇】【廣韻】共に「䶈𪕹」とする、これは「【廣雅:卷十:釋獸】…䶈(博)𪕹(唐)…」を引いたものと思われるが、【廣雅】は「䶈」「𪕹」をそれぞれ別義とするのか「䶈𪕹」の熟語とするのか判定が難しい、また【廣韻】の「一月三易膓」は「【藝文類聚:卷第九十五:獸部下:鼠】梁州記…山有易腸䑕一月三吐易其腸束廣微所謂唐䑕者也…」の「一月三吐易其腸」を引いたものと思われる、いずれも義は未詳
鼠13+10=総画数23 U+4D89 [リュウ、ル/] 𪕋𪕚𪕢
◆タケネズミ(竹鼠)、タケネズミ科のネズミ(鼠)、比較的大形のネズミで竹の根やタケノコ(筍)などを餌とする
鼠13+10=総画数23 U+9F36 [シ、テイ、ダイ/]
◆キヌゲネズミ科ハタネズミ亜科などに属するネズミ(鼠)、別名「鼢𪕧(フンテイ)」「田鼠(デンソ)」
鼠13+10=総画数23 U+9F37 [ケイ、ゲ/]
◆ハツカネズミ(二十日鼠、鼷)、ネズミ科ハツカネズミ属のネズミ(鼠)、ネズミの中では最も小形の種だという、「鼷鼠(ケイソ)」、「【博物誌:卷九:雜說上】春秋書鼷鼠…䑕之類最小者…」
鼠13+10=総画数23 U+9F38 [ケン、ゲン/] 𪕼
◆頬嚢(ほおぶくろ、頬の部分の内側にある食べたものを一時的に溜ためておくところ)のあるネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)
鼠13+10=総画数23 U+9F39 [エン、オン/] 鼴𪕤
◆モグラ(土竜、鼹鼠)、モグラ科の哺乳類の総称
𪕵鼠13+10=総画数23 U+2A575 [シ、ジ/]
◆ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、未詳、「【爾雅注疏:釋獸】…鼭鼠(《註》未詳)…」
𪕶鼠13+10=総画数23 U+2A576 [エキ、ヤク/]
◆ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類
𪕷鼠13+10=総画数23 U+2A577 [コク/] 𪕸
◆イタチ(鼬)の類
𪕸鼠13+10=総画数23 U+2A578 [コク/] 𪕷
◆イタチ(鼬)の類
𪕹鼠13+10=総画数23 U+2A579 [トウ、ドウ/]
◆未詳、「【藝文類聚:卷第九十五:獸部下:鼠】梁州記…山有易腸䑕一月三吐易其腸束廣微所謂唐䑕者也…」
𪕺鼠13+10=総画数23 U+2A57A [未詳/]
◆未詳、「【正字通:亥集下:鼠部:𪕺】同䶂」
𪕼鼠13+10=総画数23 U+2A57C [ケン、ゲン/]
◆頬嚢(ほおぶくろ、頬の部分の内側にある食べたものを一時的に溜ためておくところ)のあるネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)
𪕾鼠13+10=総画数23 U+2A57E [未詳/]
◆未詳、「【集韻:卷二:平聲:模第十一:𪕮𪕉猢】說文斬𪕮鼠黒身之𦝫若帶手有長白毛似握版之狀類猿蜼之屬或作𪕉猢亦書作*𪕱 (*《欽定四庫全書》本では「𪕾」)
𪖁鼠13+11=総画数24 U+2A581 [ショウ、ジュウ、ジュ/]
◆「𪖁鼩(ショウク)」、トガリネズミ(尖鼠)、トガリネズミ科の哺乳類、別名「鼩鼱(クセイ)」、「【爾雅注疏:釋獸】…鼩鼠(《註》小鼱鼩也亦名𪖁鼩…)」
注解:「トガリネズミ」は「ネズミ」の名を持つものの、ハリネズミ科やモグラ科などと共に真無盲腸(シンムモウチョウ)目に属し、ネズミ目(別名齧歯ゲッシ目)に属するネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠など)とは別種
𪖅鼠13+12=総画数25 U+2A585 [フン、ブン/]
◆モグラネズミ(土竜鼠)、ネズミ科モグラネズミ属の哺乳類の総称、別名「鼢鼠(フンソ)」
𪖆鼠13+12=総画数25 U+2A586 [ハツ、バツ、バチ/]
◆「鼧𪖆(ダバツ)」、マーモット(marmot、リス科マーモット属の哺乳類)の古名、現在は「旱獺(カンダツ、ハンタァ)」、別名「土撥鼠(トバツソ、トボォショゥ)」、「【集韻:卷七:去聲上:廢第二十:鼥𪖆】鼠名其鳴如犬吠」「【集韻:卷九:入聲上:末第十三:鼥𪖆】鼠肥者」
𪖇鼠13+12=総画数25 U+2A587 [ハン、ボン/]
◆「𪖇鼠(ハンソ)」、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類、またその名、未詳、「【玉篇:卷二十五:鼠部第三百九十九:𪖇】父元切白䑕也一名瓮底蟲」
𪖈鼠13+12=総画数25 U+2A588 [ホク/]
◆「𪖈𪔿(ホクホク)」、ネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠などを含む齧歯ゲッシ目別名ネズミ目の哺乳類)の類或いはネズミに似た動物、未詳、「【廣雅:卷十:釋獸】…𪖈(卜)𪔿(音攴)…鼠屬」
𫜣鼠13+12=総画数25 U+2B723 [未詳/]
◆未詳
𪖊鼠13+13=総画数26 U+2A58A [未詳/]
◆未詳、「【字彙:亥集:鼠部:𪖊】五耋切音業出海篇」
𪖋鼠13+14=総画数27 U+2A58B [セツ、セチ/]
◆未詳、「【廣韻(宋本廣韻):上平聲:模第十一:胡:𪕱】𪖋𪕱似猨身白𦝫手有長白毛善超坂絕巖也亦作𪕮 (「【說文解字注:鼠部:𪕮】斬𪕮鼠黑身白𦝫若帶手有長白毛佀握版之狀類蝯蜼之屬(見上林西京賦諸家說其狀乖異不同其字或作螹胡或作獑胡或作獑猢或作𪖎𪕱)」では「𪖋{⿰鼠截}𪕱」ではなく「𪖎{⿰鼠韱}𪕱」)
鼠13+15=総画数28 U+9F3A [ルイ/]
◆「鼺鼠(ルイソ)」、ムササビ(鼺鼠)やモモンガ(鼯鼠)などを含むリス科の滑空する哺乳類、別名「鸓鼠(ルイソ)」「飛鸓、飛蠝、飛𤢹(ヒルイ)」「飛鼠(ヒソ)」「鼯鼠(ゴソ)」
𪖎鼠13+17=総画数30 U+2A58E [セン、ゼン/]
◆「𪖎𪕱(センコ)」、サル(猿)の一種、体は黒く腰は白い、手(腕)は白毛で長いという、同「獑猢」、「【說文解字注:鼠部:𪕮】斬𪕮鼠黑身白𦝫若帶手有長白毛佀握版之狀類蝯蜼之屬(見上林西京賦諸家說其狀乖異不同其字或作螹胡或作獑胡或作獑猢或作𪖎𪕱)」
𪖏鼠13+18=総画数31 U+2A58F [ク、グ/]
◆「𪖏鼱(クセイ)」「鼱𪖏(セイク)」、トガリネズミ(尖鼠)、トガリネズミ科の哺乳類
注解:「トガリネズミ」は「ネズミ」の名を持つものの、ハリネズミ科やモグラ科などと共に真無盲腸(シンムモウチョウ)目に属し、ネズミ目(別名齧歯ゲッシ目)に属するネズミ(鼠、ネズミ鼠やリス栗鼠など)とは別種


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 鼠部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です