総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「漢字林(非部首部別) 身部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 身部」 [部首索引


【身】身7+0=総画数7 U+8EAB [シン/み] [身]
◆(頭部を除いた)体(からだ)、躯体(クタイ)、同「躯」「躬」
◆中に含まれているもの、また入っているもの、本体
◆人の一生、命(いのち)
◆吾(われ)、我(わ)が、自分(ジブン)、自(みずか)ら、同「躬」
◆子を孕(はら)む、懐胎(カイタイ)する
◆「身毒(シンドク、イェンドゥ)」、インドIndia・天竺(テンジク)の古称
◆み、みへん、部首名
【㑗】人2+身7=総画数9 U+3457 [シン/] [イ亻身㑗]
◆神の名
◆妊娠する
【𠲳】口3+身7=総画数10 U+20CB3 [シン/うめ・く] 【呻𣢘】[口身𠲳]
◆(病で苦しんでいる時のような)口をあまり開けずに低い声を長く伸ばす、「吟」よりもゆっくりとした感じ
【𡘪】大3+身7=総画数10 U+2162A [未詳/] [大身𡘪]
◆未詳、一説では「背丈が高くがっしりした人」の意という
【㛛】女3+身7=総画数10 U+36DB [シン/] [女身㛛]
◆妊娠(ニンシン)する、身籠(みごも)る、孕(はら)む、同「娠」
【射】寸3+身7=総画数10 U+5C04 [シャ、ジャ、ヤ、エキ、ヤク/い・る] [身十、丶寸射]
◆弓を引き絞って番(つが)えた矢を放つ、敵や的(まと)に向かって矢や弾(たま)などを放つ、同「䠶」「𢎤」
◆弓から放たれた矢が目標に向かって一直線に高速に飛んで行く、目標に当てる
◆的に当たる、まっすぐに飛んできたものが当たる
◆「射干(シャカン)」、ヒオウギ(檜扇)、アヤメ科アヤメ属の草 {ヒオウギ}、日本で「射干」は「シャガ」と読みアヤメ科アヤメ属の別種を指す {シャガ}
◆「姑射(コヤ)」、仙人が住むという山の名、「【列子:黃帝】姑射山在海河洲中(見山海經)山上有神人焉(凝寂故稱神人)吸風飲露不食五穀」
【㧶】手3+身7=総画数10 U+39F6 [コウ、キョウ/] [才扌身㧶]
◆琴の音、同「揁」
【𤶴】疒5+身7=総画数12 U+24DB4 [シン/] [广ン冫疒身𤶴]
◆呻(うめ)く、(病で苦しんでいる時のような)口をあまり開けずに低い声を長く伸ばす、同「呻」
【䆤】穴5+身7=総画数12 U+41A4 [セン/] [ウ宀ハ八穴身䆤]
◆穿(うが)つ、穴を開ける、孔(あな)が開く、同「䆥」「穿」、「【龍龕手鑑:卷四:穴部第二十:穿】今䆤正音川䆤穴也孔也通也」「【三家詩拾遺:卷一】行露何以䆤我屋」
【竧】立5+身7=総画数12 U+7AE7 [シン、セイ、ジョウ/] [立身竧]
◆まっすぐに立つ、姿勢を正す、同「䠴」
◆「劉竧(リュウセイ)」、人名、宋代(960年~1279年)の人、「【宋史紀事本末:卷五十六:金人南侵】…劉竧率衆晝夜摶戰…」
【裑】衣5+身7=総画数12 U+88D1 [シン/] [ネ衤身裑]
◆和服の身頃(みごろ)に当たる部分、衣服の袖(そで)や襟などを除いた体を覆う部分、同「裀」「袾」「𧘏」
【𨌈】車7+身7=総画数14 U+28308 [テン、デン/] [車身𨌈]
◆「𨌈𨌈」、身体を揺すって喜ぶさま、腹を抱えて笑うさま
【𨓉】辵3+身7=総画数10 U+284C9 [ヘン/あた・り、べ、ほとり] 【辺邊𨘢邉𨖂𨕙𨓙边𨑶𦍇】[身え辶辶𨓉]
◆境界、境目(さかいめ)、面状のものの区切りとなるところ、一般にはその先も同じような状態で続いているものの区切りとなるところを指す、そこで途切れその先がないものは「縁」、線状・棒状のものの先端は「端」
◆国が果(は)てるところ、中央から遠く離れたところ
◆~の近く、付近、側(そば)、傍(かたわ)ら
【銵】金8+身7=総画数15 U+92B5 [コウ、キョウ/] 【鏗铿】[金身銵]
◆金属や石などの堅いものが打ち当たる音の形容
◆鐘(かね)などを撞(つ)く
【鯓】魚11+身7=総画数18 U+9BD3 [シン/] [田、丶4灬魚身鯓]
◆「青鯤鯓」「南鯤鯓」「二鯤鯓」、いずれも台湾の地名
【鵢】鳥11+身7=総画数18 U+9D62 [シン/] [身鳥鵢]
◆鳥名
【射】寸部
【躬】身7+3=総画数10 U+8EAC [キョウ、ク/] 【躳𨈴】[身弓躬]
◆身(み)、(頭部を除いた)体(からだ)、同「身」
◆自身(ジシン)、自身で、自(みずか)ら、同「身」
◆(お辞儀をするように)背を曲げて前に屈む
【匑】勹2+躬10=総画数12 U+5311 [キュウ、ク、クウ/] [ノ𠃌勹身弓躬匑]
◆体を屈(かが、こご)める
◆体を屈めて謹(つつし)み敬う、畏(かしこ)まる、「匑匑(キュウキュウ)」、同「匔」「趜」
【窮】穴5+躬10=総画数15 U+7AAE [キュウ、グ、グウ/きわ・まる] 【穷竆】[ウ宀ハ八穴身弓躬窮]
◆限界まで行き着く、先が塞がっていてそれ以上身動きができない
◆行き詰る、貧しさが極まる
【𨈡】身7+4=総画数11 U+28221 [シャ、ジャ/] 【䠶𨉛】[身ノ丿一𠂉メヌ又攵𨈡]
◆射(い)る、弓を引き絞って番(つが)えた矢を放つ、敵や的(まと)に向かって矢や弾(たま)などを放つ、同「射」、「【字彙補:酉集:身部:𨈡】篇海註與射同」「【字彙補:酉集:身部:𨉛】與䠶同」
【𥨂】穴5+𨈡11=総画数16 U+25A02 [未詳/] [ウ宀ハ八穴身ノ丿一𠂉メヌ又攵𨈡𥨂]
◆未詳、「【中華字海:穴部:𥨂】同”窍”」
【𨖟】辵3+𨈡11=総画数14 U+2859F [ヨウ/] 【邀】[身ノ丿一𠂉メヌ又攵𨈡え辶辶𨖟]
◆招いた客を途中まで出て迎える
◆待ち受ける、「邀撃(ヨウゲキ)、相手を待ち受けて撃つ」
◆求める、「邀請(ヨウセイ、来てくれるよう請う、招く)」
【𩅓】雨8+𨈡11=総画数19 U+29153 [カク、ギャク/] 【𩅢】[雨身ノ丿一𠂉メヌ又攵𨈡𩅓]
◆同「覈」、「【龍龕手鑑:卷二:雨部第十六:𩅓{⿱雨𨈙}{⿱雨⿰身殳}】三俗𩅢通戶革反正作覈實也」「【集韻:卷十:入聲下:麥第二十一:覈𩅢礉】下革切說文實也考事西笮邀遮其辭得實曰覈或从雨从石[†篆書字の「襾」を「雨」に誤ったものと思われる]」
【䠶】身7+5=総画数12 U+4836 [シャ、ジャ/] 【𨉛𨈡】[身ノ大天矢䠶]
◆射(い)る、弓を引き絞って番(つが)えた矢を放つ、敵や的(まと)に向かって矢や弾(たま)などを放つ、同「射」、「【字彙補:酉集:身部:𨈡】篇海註與射同」「【字彙補:酉集:身部:𨉛】與䠶同」
【𣛘】木4+䠶12=総画数16 U+236D8 [シャ、ジャ/] 【榭】[木身ノ大天矢䠶𣛘]
◆高台に設けた屋根のある見晴らし台、「臺榭(タイシャ)」
◆倉庫や講堂のような小部屋に分かれていない大きな建物
◆楽器などの収蔵庫
【𧬄】言7+䠶12=総画数19 U+27B04 [シャ、ジャ/あやま・る] 【謝谢】[言身ノ大天矢䠶𧬄]
◆相手の誘いや勧(すす)めに、ありがたくは思うが、応(こた)えられない旨(感謝しつつも断りの言葉)を述べる、詫(わ)びて断る、辞退する、「謝絶(シャゼツ)」
◆別れの言葉(一緒に過ごせたことに対する感謝と別れなければならないことに対する詫びの言葉)を告げる、辞去する
◆礼を言う、詫びを言う
◆お礼やお詫びの気持ちを込めて金品を贈る
◆退く、去る、衰退する、「謝世(シャセイ、世を去る、死去する)」「代謝(タイシャ、それまでのものが退き代りのものがそれに取って代わる)」
【𪋧】鹿11+䠶12=総画数23 U+2A2E7 [シャ、ジャ/] 【麝】[广コノ丿ヒ𠤎匕2比鹿身ノ大天矢䠶𪋧]
◆ジャコウジカ(麝香鹿)、ジャコウジカ科ジャコウジカ属のシカ(鹿)、また同科同属のシカの称
◆「𪋧麘、𪋧香(ジャコウ)」、ジャコウジカ(麝香鹿)の雄の香嚢(コウノウ、麝香腺ジャコウセン)から分泌されたものを製した香料、また生薬
【躳】身7+7=総画数14 U+8EB3 [キョウ、ク/] 【躬𨈴】[身口2ノ呂身口2ノ呂躳]
◆身(み)、(頭部を除いた)体(からだ)、同「身」
◆自身(ジシン)、自身で、自(みずか)ら、同「身」
◆(お辞儀をするように)背を曲げて前に屈む
【匔】勹2+躳13=総画数15 U+5314 [キュウ、ク、クウ/] [ノ𠃌勹身口2ノ呂躳匔]
◆体を屈(かが、こご)めて謹(つつし)み敬う、畏(かしこ)まる、「匔匔(キュウキュウ)」、同「匑」
【竆】穴5+躳14=総画数19 U+7AC6 [キュウ/きわ・まる] 【窮穷】[ウ宀ハ八穴身口2ノ呂躳竆]
◆限界まで行き着く、先が塞がっていてそれ以上身動きができない
◆行き詰る、貧しさが極まる


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林(非部首部別) 身部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です