総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】[漢字林]「气部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 气部」 [部首索引


气4+0=総画数4 U+6C14 [キ、ケ/]
◆空中に立ち籠(こ)める「気」
◆繁「氣」
◆きがまえ、部首名
漢字林(非部首部別)
筆順
气4+1=総画数5 U+6C15 [ヘツ/]
◆軽水素、水素(Hydrogen、H)の同位体の一つ
气4+2=総画数6 U+6C16 [ナイ/]
◆ネオンNeon(Ne)、元素名、旧「氝」 {ネオン}
气4+2=総画数6 U+6C17 [キ、ケ/] 氣𣱛𣱖
◆中国古来の考えで、天地全ての事物の基本要素、目に見えず形状は一定しない、あらゆる事物の生死・盛衰などの変化・変動はこの「気」の移動・集散によるものと考えられた
◆形状が一定せず目に見えないが確かに存在しているもの、また感じ取れるもの、「空気クウキ」「雰囲気フンイキ」
◆ガスgas状のもの、「気体キタイ」
◆口から吐き出される息、「呼気コキ」
◆精神や活動の元となる力、「気力キリョク」「元気ゲンキ」
◆天候、またその変化や様子、「天気テンキ」「気候キコウ」
筆順
气4+2=総画数6 U+6C18 [トウ/]
◆重水素、水素(Hydrogen、H)の同位体の一つ
𣱕气4+2=総画数6 U+23C55 [キ、ケ/] 刏刉𣱚𣱞
◆刺(さ)す、ぐっと刺し入れて割(さ)く、刺し殺す、同「刲」
◆犬やヒツジ(羊)などの毛のある生贄(いけにえ)の耳の血を器物に塗(ぬ)る、またその祭礼、羽のあるにニワトリ(鶏)などを生贄にする祭礼を「衈ジ」、「神の耳に願い事が届くように」の意「【周禮《士禮居黃氏叢書》本:卷第七:夏官司馬第四】而掌珥于社稷祈于五祀(…*刉衈者釁禮之事也用毛牲曰*刉羽牲曰衈…)(《四部叢刊初編》本では「*刏」)
𣱖气4+2=総画数6 U+23C56 [キ、ケ/] 気氣𣱛
◆中国古来の考えで、天地全ての事物の基本要素、目に見えず形状は一定しない、あらゆる事物の生死・盛衰などの変化・変動はこの「気」の移動・集散によるものと考えられた
◆形状が一定せず目に見えないが確かに存在しているもの、また感じ取れるもの、「空気クウキ」「雰囲気フンイキ」
◆ガスgas状のもの、「気体キタイ」
◆口から吐き出される息、「呼気コキ」
◆精神や活動の元となる力、「気力キリョク」「元気ゲンキ」
◆天候、またその変化や様子、「天気テンキ」「気候キコウ」
气4+3=総画数7 U+6C19 [サン/]
◆キセノンXenon(Xe)、元素名、旧「氠」「氥」 {キセノン}
气4+3=総画数7 U+6C1A [セン/]
◆三重水素、水素(Hydrogen、H)の同位体の一つ
欠部
气4+4=総画数8 U+3CB4 [未詳/]
◆未詳「【字彙補:辰集:气部:㲴】職送切音衆心氣也」
气4+4=総画数8 U+6C1B [フン、ブン/] 𣱦
◆霧や雲などのような空中を漂う細かい水滴、同「雰」
◆辺りを漂うもやもやとした気、雰囲気、気配、特に不吉な(嫌な)気配
筆順
气4+4=総画数8 U+6C1C [ヨウ、ジツ、ニチ/]
◆陰陽インヨウの陽、日光が当たって明るい、同「陽」、日光が届かずに暗いのは「𣱙」「陰」「【正字通:辰集下:气部:氜】俗陽字本作昜」
◆ヘリウムHelium(He)の旧名、現「氦」
气4+4=総画数8 U+6C1D [ナイ/]
◆ネオンNeon(Ne)の旧名、現「氖」
𣱙气4+4=総画数8 U+23C59 [イン、オン/かげ、かげ・る] 陰阴𨼖阥𨹉𨹩隂𨻔𨽙𨽭侌𠆭𠊺𤽎
◆物に遮(さえぎ)られて光(日光)が届かない、日光が届かずに暗い、またそのようなところ、日光が当たるところは「陽」
◆山の北側、川の南側、日光が当たらない側、逆は「陽」
◆人の目に触れない側、裏側、内面、隠れて見えない側、逆は「陽」
◆隠す、見えないようにする
◆人(女性)の生殖器
◆日時計の影、時間、「光陰コウイン」
𣱚气4+4=総画数8 U+23C5A [キ、ケ/] 刏刉𣱞𣱕
◆刺(さ)す、ぐっと刺し入れて割(さ)く、刺し殺す、同「刲」
◆犬やヒツジ(羊)などの毛のある生贄(いけにえ)の耳の血を器物に塗(ぬ)る、またその祭礼、羽のあるにニワトリ(鶏)などを生贄にする祭礼を「衈ジ」、「神の耳に願い事が届くように」の意「【周禮《士禮居黃氏叢書》本:卷第七:夏官司馬第四】而掌珥于社稷祈于五祀(…*刉衈者釁禮之事也用毛牲曰*刉羽牲曰衈…)(《四部叢刊初編》本では「*刏」)
𣱛气4+4=総画数8 U+23C5B [キ、ケ/] 気氣𣱖
◆中国古来の考えで、天地全ての事物の基本要素、目に見えず形状は一定しない、あらゆる事物の生死・盛衰などの変化・変動はこの「気」の移動・集散によるものと考えられた
◆形状が一定せず目に見えないが確かに存在しているもの、また感じ取れるもの、「空気クウキ」「雰囲気フンイキ」
◆ガスgas状のもの、「気体キタイ」
◆口から吐き出される息、「呼気コキ」
◆精神や活動の元となる力、「気力キリョク」「元気ゲンキ」
◆天候、またその変化や様子、「天気テンキ」「気候キコウ」
气4+5=総画数9 U+6C1E [ナイ/]
◆ネオンNeon(Ne)の旧名、現「氖」
气4+5=総画数9 U+6C1F [フツ/]
◆フッ素(弗素、Fluorine、F)、元素名 {フッ素}
气4+5=総画数9 U+6C20 [シン/]
◆キセノンXenon(Xe)の旧名、現「氙」
气4+5=総画数9 U+6C21 [トウ/]
◆ラドンRadon(Rn)、元素名、旧「氭」 {ラドン}
气4+5=総画数9 U+6C22 [セイ、シン/]
◆水素(Hydrogen、H)、元素名 {水素}
𣱜气4+5=総画数9 U+23C5C [イン/]
◆天から降り注ぐ「気」「【古三墳:地皇軒轅氏乾坤易爻卦大象】風形氣 天氣垂氤 地氣騰氳 日氣晝圍 月氣夜圓 山氣籠烟 川氣浮光 雲氣流霞」
◆「𣱜氳インウン」、同「絪縕」「壹㚃イツウン」◇天の「気」と地の気◇天地(陽陰)の気が交じり満ちるさま、天地の気が漲(みなぎ)るさま◇もやもやとした気(雲や煙など)が立ち籠(こ)めるさま
𣱝气4+5=総画数9 U+23C5D [トウ/]
◆ラドンRadon(Rn)の旧名、現「氡」
𣱞气4+5=総画数9 U+23C5E [キ、ケ/] 刏刉𣱚𣱕
◆刺(さ)す、ぐっと刺し入れて割(さ)く、刺し殺す、同「刲」
◆犬やヒツジ(羊)などの毛のある生贄(いけにえ)の耳の血を器物に塗(ぬ)る、またその祭礼、羽のあるにニワトリ(鶏)などを生贄にする祭礼を「衈ジ」、「神の耳に願い事が届くように」の意「【周禮《士禮居黃氏叢書》本:卷第七:夏官司馬第四】而掌珥于社稷祈于五祀(…*刉衈者釁禮之事也用毛牲曰*刉羽牲曰衈…)(《四部叢刊初編》本では「*刏」)
气4+6=総画数10 U+6C23 [キ、ケ/] 気𣱛𣱖
◆中国古来の考えで、天地全ての事物の基本要素、目に見えず形状は一定しない、あらゆる事物の生死・盛衰などの変化・変動はこの「気」の移動・集散によるものと考えられた
◆形状が一定せず目に見えないが確かに存在しているもの、また感じ取れるもの、「空気クウキ」「雰囲気フンイキ」
◆ガスgas状のもの、「気体キタイ」
◆口から吐き出される息、「呼気コキ」
◆精神や活動の元となる力、「気力キリョク」「元気ゲンキ」
◆天候、またその変化や様子、「天気テンキ」「気候キコウ」
◆簡「气」
漢字林(非部首部別)
筆順
气4+6=総画数10 U+6C24 [イン/] 𣱜
◆天から降り注ぐ「気」「【古三墳:地皇軒轅氏乾坤易爻卦大象】風形氣 天氣垂氤 地氣騰氳 日氣晝圍 月氣夜圓 山氣籠烟 川氣浮光 雲氣流霞」
◆「氤氳インウン」、同「絪縕」「壹㚃イツウン」◇天の「気」と地の気◇天地(陽陰)の気が交じり満ちるさま、天地の気が漲(みなぎ)るさま◇もやもやとした気(雲や煙など)が立ち籠(こ)めるさま
筆順
气4+6=総画数10 U+6C25 [キ/]
◆キセノンXenon(Xe)の旧名、現「氙」
气4+6=総画数10 U+6C26 [カイ、ガイ/]
◆ヘリウムHelium(He)、元素名、旧「氜」 {ヘリウム}
气4+6=総画数10 U+6C27 [ヨウ/]
◆酸素(Oxygen、O)、元素名、旧「氱」 {酸素}
气4+6=総画数10 U+6C28 [アン/]
◆アンモニアammonia、NH3
气4+6=総画数10 U+6C29 [ア/]
◆アルゴンArgon(Ar)、元素名 {アルゴン}
𣱡气4+6=総画数10 U+23C61 [未詳/]
◆未詳「【集韻:卷二:平聲二:諄第十八:㰬𣱡】*㰬㰭喜皃一曰氣逆也(「*㰬{⿰旬欠}㰭」は「欨{⿰句欠}㰭」の誤りか?)
气4+7=総画数11 U+3CB5 [ショウ/] 霄䨭
◆空、天空
◆宵(よい)、夜
◆雪や霰(あられ)などが融け始め水を含んだような状態の雪、湿(しめ)り雪、或いは霙(みぞれ、雨交じりの雪、雪交じりの雨)
气4+7=総画数11 U+6C2A [コク/]
◆クリプトンKrypton(Kr)、元素名 {クリプトン}
气4+7=総画数11 U+6C2B [セイ、シン/]
◆水素(Hydrogen、H)、元素名 {水素}
气4+8=総画数12 U+6C2C [ア/]
◆アルゴンArgon(Ar)、元素名 {アルゴン}
气4+8=総画数12 U+6C2D [トウ/] 𣱝
◆ラドンRadon(Rn)の旧名、現「氡」
气4+8=総画数12 U+6C2E [タン/]
◆窒素(Nitrogen、N)、元素名、旧「㲷」 {窒素}
气4+8=総画数12 U+6C2F [リョク、ロク/]
◆塩素(Chlorine、Cl)、元素名 {塩素}
气4+8=総画数12 U+6C30 [チィン/]
◆シアンcyan、分子式CNで表される物質、旧「𩇛」
𣱢气4+8=総画数12 U+23C62 [未詳/]
◆未詳「【中華字海:气部:𣱢】音义待考」
气4+9=総画数13 U+6C31 [ヨウ/]
◆酸素(Oxygen、O)の旧名、現「氧」
气4+9=総画数13 U+6C32 [ウン/]
◆地から湧き上がる気、「気」参照「【古三墳:地皇軒轅氏乾坤易爻卦大象】風形氣 天氣垂氤 地氣騰氳 日氣晝圍 月氣夜圓 山氣籠烟 川氣浮光 雲氣流霞」
◆「氤氲・絪縕インウン」、同「壹㚃イツウン」◇天の気と地の気、「気」参照◇天地(陽陰)の気が交じり満ちるさま、天地の気が漲(みなぎ)るさま◇もやもやとした気(雲や煙など)が立ち籠(こ)めるさま
𣱦气4+9=総画数13 U+23C66 [フン、ブン/]
◆霧や雲などのような空中を漂う細かい水滴、同「雰」
◆辺りを漂うもやもやとした気、雰囲気、気配、特に不吉な(嫌な)気配
𣱧气4+9=総画数13 U+23C67 [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:气部:𣱧】"氙"的旧称」
𣱨气4+9=総画数13 U+23C68 [未詳/]
◆未詳
𩑡頁部
气4+10=総画数14 U+6C33 [ウン/]
◆地から湧き上がる気、「気」参照「【古三墳:地皇軒轅氏乾坤易爻卦大象】風形氣 天氣垂氤 地氣騰氳 日氣晝圍 月氣夜圓 山氣籠烟 川氣浮光 雲氣流霞」
◆「氤氳・絪縕インウン」、同「壹㚃イツウン」◇天の気と地の気、「気」参照◇天地(陽陰)の気が交じり満ちるさま、天地の気が漲(みなぎ)るさま◇もやもやとした気(雲や煙など)が立ち籠(こ)めるさま
筆順
𣱩气4+10=総画数14 U+23C69 [ショウ/]
◆消(き)える、消(け)す、次第に小さく(細く)なってやがて姿が見えなくなる、同「消」
气4+11=総画数15 U+3CB6 [ロ、ル/]
◆塩素(Chlorine、Cl)の旧称、現「氯」
𣱪气4+11=総画数15 U+23C6A [未詳/]
◆未詳「【字彙補:辰集:气部:㲴】職送切音衆心氣也…𣱪同㲴𣱯同上」
气4+12=総画数16 U+3CB7 [タン/]
◆窒素(Nitrogen、N)の旧名、現「氮」
𣱮气4+14=総画数18 U+23C6E [未詳/]
◆未詳「【漢語大字典:气部:𣱮】化学元素"氫"的旧译」
𣱯气4+17=総画数21 U+23C6F [未詳/]
◆未詳「【字彙補:辰集:气部:㲴】職送切音衆心氣也…𣱪同㲴𣱯同上」


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 气部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です